フラワー・ストーリー‐本編 access_time

フラワー・ストーリー 第11章

 私たちは、その日は少し早めに寝る事にした。
 戦いで精神的に疲れていたからだ。
 私たちは、地球人から隠れるために使ったあの穴で、そのまま寝る事にした。
 どっちにしろ、洞窟内では、時間がわからないし……。

**********************

 私は、夜中に突然目が覚めた。
 無意識のうちに辺りを見回すと、めぐみがおきているのが少し見えた。
「……めぐみ?何やってるの?」
「ああ、真衣。見てわかんない?見張りよ」
「でも、昨日は寝たわよね?おとといは?本通路に入る前くらいは……」
「……正直に言おうか?出発してから一睡もしてない」
 私は唖然としてしまった。
「言ってくれれば、交代したのに──」
「あたし、まだ完全にあんたたちを信用してないんだ」
 めぐみは私の言葉を遮ってそういった。
「何で?もしかして、あなたの過去が……」
 私はその言葉を最後まで言えなかった。
 しかし、めぐみはその言葉の意味をしっかりと理解しているようだった。
「……ごめん、それはまだ話せない……。でも、もしかしたら、あんたなら、信じられるかもしれない。
 何でかはわかんないけど、あんたとは目的も同じだし、年齢も、過去の体験も似てる。だからかな、少しは気を許せた。
 それでも、やっぱり……話せない……」
 その気持ちを、私は痛いほどわかった。
 私が美羽と仲良くなったのも、美羽が夢人と仲間になったのも、すべて同じ。
 過去の体験の共有。
 でも、それでも。
 どうしても話せない、それほどまでに苦痛な体験をめぐみはしたのだろう。
 それを無理に話させるのは、ただ傷を広げる事にしかならないだろうから。
「……その気持ち、よくわかるわ。別に、話したくないならそれでもいい。
 でも、私たちの事は、信用してくれない?
 過去にどんな事があったかは知らない。
 私たちの過去はみんな違う。
 私の過去も、美羽の過去も、めぐみの過去も、みんな違って、みんなつらいと思う。
 めぐみの過去が一番つらいかもしれない。
 孤独だったかもしれない。
 でも…………」
 そこで私は一旦言葉を切り、やがて微笑んでこういった。
「今は、独りじゃないでしょ?」
 その言葉を聞いて、めぐみも微笑んだ。
「そうよね……独りじゃ……ない……よ……ね…………」
 めぐみは、微笑みを保ったまま、ふらついて、倒れた。
 私はめぐみを急いで支えた。
 めぐみは、寝ていた。
 私はふっと微笑むと、私が今まで使っていた寝袋の中にめぐみを入れてあげた。
 そして、そのまま私は、一睡もしなかった。

**********************

 次の日、めぐみはかなり早く起き出した。
「あれ?あたし、何で寝てるの?」
「えーと……私と話している途中で、寝ちゃったから、寝袋に入れてあげたの」
「でも、見張りは!?」
「大丈夫。私がしたから」
「ええ!?でも、眠くないの!?」
「めぐみが言える事じゃないでしょ?明日から、3人で交代でやりましょう」
 本当は、めぐみが今までずっとやっていたのだから、美羽と2人で交代すべきなんだけど、正直それだと私の体が持たない……。

**********************

 それから1時間後、ようやく美羽がおきたので、皆で食事を取ってから出発した。
「今日は少し急いで行きましょう。地底の湖はもうすぐよ」
 めぐみがそういったので、私は必死に睡魔と戦いながら足を速めた。

 あそこを出発して10時間ほど経っただろうか。
 少し気が緩んできた時、先頭を行くめぐみが突然立ち止まった。
「どうしたの?」
「静かに。──誰か来る」
 この地下通路で会う人の、99.9%は敵だ。
 めぐみにはそう言われていた。
 よおく目を凝らしてみると、近づいていたのは5人のアーチの兵士だった。
「戦うしか、ない?」
 私はめぐみに問いかけた。
「ここでは隠れられる場所が無いしね……とりあえず、まずあたしが突撃してかく乱させるから、二人は後から入ってきて」
 めぐみはそういって、兵士たちの元へと駆け出した。

フラワー・ストーリー 第11章 への{{comments_list.length}}件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

フラワー・ストーリー‐本編 カテゴリーの最新記事