フラワー・ストーリー‐本編 access_time

フラワー・ストーリー 第26章

「真衣……」
 久しぶりに見た、母の姿。
 少しぼやけてみえるけど、それ以外は全く変わっていない。
「会いたかった……」
 私は母を抱きしめようと、駆け寄った。
 しかし、私は母に触れられず、そのまますり抜けてしまった。
「ごめんね、真衣……私は、あなたとはもう、住む世界が違うのよ……」
「……じゃあ、私は、もうお母さんと一緒にはいられないの?」
「ううん。そんな事ないわよ……」
 母は、今までで飛びっきりの微笑を浮かべた。
 再会して、初めての笑顔だった。
「真衣も、私たちの世界に、来ればいいのよ……」
「……え?」
 衝撃的な発言に、私は一呼吸置いて聞き返した。
「それって、つまり……」
 わかっていた。
 母は、すでに死んでいると。
 霊魂神殿で再会した時から、すでにわかっていた。
 住む世界が違う……つまり、母はすでにこの世の人ではないのだ。
「……痛いんでしょ?苦しいんでしょ?」
「ええ、ちょっと苦しいかもしれないわ……でも、一瞬よ。そうしたら、真衣はまた、ずっと、そう、永遠にお母さんと一緒にいられるわよ?」
 その言葉には、惹かれた。
 すでに夢人も、めぐみもいるかも知れない世界。
 今さら私が生き残った所で、何ができる?
 それよりも、永遠に侵されない世界で、母と幸せに過ごした方がいいのではないのか?
「さあ……用意はできてるわよ……」
 母は、そういって鏡の向こう側から手招きした。
「早く、おいで、真衣……」
 私は一歩一歩、鏡へと近づいた。
 苦しみの無い世界へ、行ける……。
 そう思ったその時、不意に私の頭に、美羽の顔が浮かんだ。
 あどけない顔で、笑う美羽。
 美羽は、まだ生きているのだろう。
 両親を失ってからも、常に笑顔を絶やさずに、必死に自分を偽り、耐えていた美羽……。
 それに、耐えられなくなった時、美羽はどうしたか?
 美羽は、私に助けられた。
 美羽は、私がいたからこそ、死の誘惑を断ち切った。
 じゃあ、私は?
 美羽には、私がいた。
 私にも、美羽がいる……。
「行けない」
「……え?」
「私は、行けない!」
 母の顔から、笑みが消えた。
「お母さんの事、嫌いになったの?」
 その言葉は、何よりも、私の心を揺さぶった。
 しかし、私の決心はそんなに弱くない。
「違う。お母さんの事は、大好きよ。
 でも、だからこそ、お母さんにもらった、大切な命だよ?大事にしないといけないじゃない……」
 母は、しばらく哀しそうな顔をしていたが、やがてふっと笑った。
 自然な笑みだ。
「わかったわ……あなたの人生だものね。
 あなたは、自由に、あなたが思うように、生きてちょうだい、真衣。
 私も、見守ってるわよ……」
 そういうと同時に、母の体、いや鏡が、眩しく発光を始めた。
「え、何!?」
 私は眩しさで手を覆った。
《最後に、あなたにせめてもの償いをするわ。あなたを残していった、償いを……》
 私の体を、光が包み込んだ。

**********************

 気がつくと、私は霊魂神殿の入り口に倒れていた。
「うっ……」
 私が起き上がったとき、遠くから私を呼ぶ声がした。
「真衣!」
 それは、美羽だった。
「ここにいたんだね?心配したんだよ?」
「ありがとう、美羽……」
 私の目から、一筋のしずくが零れ落ちた。
「え!?なんで泣いてるの!?」
 美羽は事情を知らず、ただ戸惑っている。
「私は、美羽のおかげで、今ここにいるんだよ……ね?」
「うん……あたしもだよ☆」
 こうして、私たちはお互いの友情を深め、第四の魔境へと出発した。
 美羽も真衣と同じように不時着し、どこにいるかわからなかったが、不思議な声が聞こえたので、その声に従って進むと真衣に会えたという。
 きっと、母が、美羽を呼び寄せてくれたのだろうと、真衣はどこにいるかわからない、しかし確かにいる母に感謝した。
 しかし、心の底で考えているのは、夢人の事だった。

フラワー・ストーリー 第26章 への{{comments_list.length}}件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

フラワー・ストーリー‐本編 カテゴリーの最新記事