フラワー・ストーリー‐本編 access_time

フラワー・ストーリー 第27章

 GPSを使って調べてみると、そこの近くには魔の火山と呼ばれる、巨大な山がある事がわかった。
 第4の魔境、魔の火山。
 巨大な山で、火口付近には溶岩でできた洞窟があるらしい。
 場所は、ちょうどこの近くだ。
「でも、この辺りって、何があるんだっけ?」
「確か、地球人の基地がいくつか……。地熱を利用した発電で兵器を作ってるらしいよ」
 地球人が近くにいるなら、油断はできない。
 そう思い、私たちは歩くスピードを速めた。

 夢人と別れてから、3日目。
 私たちは未だに夢人、そしてめぐみの事を考えていた。
 この旅に関わった人たちが次々と犠牲になっていくのは、耐えられなかった。
 しかし、悲しんでばかりでは何も始まらない。
 残念ながら、人は自分の人生を自由にする事はできない。
 母が私に言った事と矛盾しているかもしれないけど、それは事実だ。
 この世界には、無数の命があって、無数の意志がある。
 全員の意志を全て尊重させる事はできないから。
 幸せと不幸は表裏一体。
 幸せを感じる人がいるなら、必ず不幸を感じる人もいる。
 地球人が新たな環境で幸せに暮らしている時、アーチ人は奴隷として不幸な暮らしを送っている。
 私たちが不幸に苛まれても、地球人が幸せでいる限り、私たちの不幸は終わらないのだから……。

**********************

 魔の火山に近づいている頃、私たちの近くに地球人の基地がある事がわかった。
「どうする?基地に侵入して、捕まっている人を助ける?」
 自分の叔母が同じ目にあっていただけに、美羽はそういう立場の人を助けたいと思っていた。
 だが、私の答えは冷たかった。
「花びらを早く集めた方がいいわよ」
「そう……確かに、ここで私たちが捕まって、3枚の花びらが全部地球人に奪われたら、元も子もないしね……」
 美羽が自分に言い聞かせるようにそう呟くと、突然背後から声がした。
「あれ?
 あたしの知ってる人たちだと思ったんだけどな……あたしの知ってる人たちは、こんな冷たい事言わないはずなんだけど……助けるはずなんだけどな~……」
 その声を聞いた瞬間、私はすぐにわかった。
 間違えようのない、この声。
 私たちが地底の湖で失ったと思っていた、無二の仲間……。
「めぐみ!!」
「久しぶり、真衣、美羽。元気にしてた?」
「元気って……あの湖で……溺れたと思ったのに……」
「え?あたしが、あんなんでしぬわけないじゃない。
 それより、何なの、さっきの発言。捕まってる人たちを見捨てる、だなんて……らしくないわね」
「じゃあ、花びらがなくなってもいいって言うの!?」
 ついかっとなってしまった。
「いや、そんな事を言ってるんじゃない。
 あたしが言いたいのは、あんたたちの心境の変化の事。
 あたしは知らないけど、旅に出る前のあんたたちなら、迷わず助けたんじゃない?」
「それは……」
「まあ、いいけど。だって……」
 めぐみは一呼吸置いて、にやりとしていった。
「基地は、あたしが壊滅させたから」

フラワー・ストーリー 第27章 への{{comments_list.length}}件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

フラワー・ストーリー‐本編 カテゴリーの最新記事