ユニバース・アドベンチャー ★21

 ★21 We never lose our mate!

「どっちが倒しやすい!?」
 せん○くんのビームをかわしながら、あたしがほかの4人に聞いた。
「そういう問題じゃなくて、○んとくんを倒さないと。伏字をこれ以上使うのは大変だろ」
「そうね……なら!!」
 あたしはショックガンを取り出すと、せんと○んにビームを放った。
 せ○とくんが痺れ、地面に落下した。
 すかさずセインがポケットから取り出した爆弾に火をつけ、せんとく○に向かって勢いよく投げつけた。
 一瞬にして巨大な爆風が起き、せん○くんは木っ端微塵に吹き飛んだ。
「いいのか?この描写」
「いいんじゃない?断定はしてないし」
「いや、してるだろ!!わざわざ毎回伏字の位置変えて、しかも遷都1300年とか言ってるし!!」
「おしゃべりはそこまでにしてください。敵はまだ残っています」
 リアがそうたしなめたので、あたしたちは大蛇に向き直った。
 大蛇は真っ赤な瞳であたしたちの方をにらんでいる。
 一瞬の空白を置いて、大蛇が一気に突進してきたので、あたしたちはあちこちに散ってかわした。
 大蛇はすぐに方向転換すると、なんとあたしを狙ってきた。
 大蛇の鋭い牙が、勢いよくあたしに迫る。
 あまりの速さに、思わずあたしは目をつぶった。
 牙はあたしにまっすぐ突き刺さる……。
 ところが、ずぶっ、という音ではなく、がきん、という金属音がしたので、あたしは目を開けた。
 目の前には、剣で牙を受け止めるセインが立っていた。
「大丈夫でしたか?……はあっ!!」
 セインはあたしに笑いかけると、剣で大蛇に斬りかかった。
 大蛇の腹から血が吹き出し、大蛇は痛みと怒りでその大きな体をうねらせた。
 大蛇は怒りに我を忘れ、セインに突進してセインを壁に跳ね飛ばした。
「ぐはあああっ!!」
 壁に勢いよくぶつかったセインは、痛みでその場に倒れこんだ。
 大蛇はチャンスとばかりに大きく口を開け、噛みつこうとした。
「危ない!」
 リアはそう叫んで、大きな槍を構えると、大蛇の背中に思い切り突き刺した。
 大蛇は鮮血を舞い散らして倒れた。
 すると、なんと大蛇は蒸発するように実体を失って消えた。
 いつの間にかあの某大仏の破片も消えていた。
「なんだったんだ……これ……」
 ヒカルが問いかけた。
「こんなの、あり得ない……。
 絶対、おかしい……」
 サエが目を閉じてその場にへなへなと座り込んだ。
 あたしもおかしいと思う。
 カナの異常なまでの能天気さだけでなく、大蛇とせ○とくんというマジカル☆デストロイにも劣らないほどの不条理な組み合わせ、そして閉鎖空間でも起こりえないくらいミステリックな、怪物の遺体の消失。
 そう考え、あたしはある事に思い当たった。
「もしかして……これ……」
 あり得ない事が起きるのは、決まって架空のストーリーの中か、または夢である。
 あたしがいる世界は、架空のストーリーでは……あるんだけど、それでも一応現実の体を呈している。
 だとすれば、考えられるのは、ひとつ。
「……夢オチ……」
 昨日のバッドエンドがしゃれにならない展開……。
 あたしは めのまえがまっくらになった

**********************

 目が覚めると、あたしはホテルのベッドで寝ていた。
「嘘でしょ……こんな展開……どこからが夢だったの……?」
「夢ではありませんよ」
 リアがぬっと顔を出して告げた。
「え?でも……あたしはここに……あっちにいたのに……」
「それなら、すぐに説明します。
 でもまずは……、皆さんを起こさないと」

ユニバース・アドベンチャー ★21 への{{comments_list.length}}件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ユニバース・アドベンチャー‐本編 カテゴリーの最新記事