ひとりごと access_time

terminal

2学期も終わりました。 うん、何ともコメントのしようがない。大したイベントもなく、解放感もなく、終わりました。 ああ、相変わらずうちの学校の校長は頭悪いなあとは改めて。 2学期はちょっとしたトラブルを起こしまして、学校と世界と自分がますます嫌いになりました。 —————————— 前々から私は冬が嫌いだ、夏の方がマシだと公言していたのですが、 意外と冬も好きだなあと最近気づきました。 ものすごく寒い中を、全身防寒具を纏いながら歩いていく雰囲気が何となく好きで、 理由を考えてみた結果、3年連続で行った雪まつりの体験が相当美化されて身体に刻まれているみたいです。 家族旅行はそれなりに行ったものの、一人旅は未だに北海道だけなので、 あの「自由に時間を使える感覚」と「寒い中を必死に動く感覚」が強くリンクしているようです。 ああ、旅行に行きたい。雪まつりに行きたい。 来年の雪まつりはさすがに無理だけど。 —————————— ちょっとした空き時間があったのでちょっとしたものを作りました。 http://nico.ms/sm22476072 MADです。暇な方はよろしくお願いします。 —————————— 言い訳や理由と行動の境界線はどこにあるのでしょう。 今日の終業式である先生の言っていたことを例に挙げますが、 「今さら足掻いても無駄だから」勉強しないのか。 「今さら足掻いても無駄だと思うとやる気が出ないから」勉強しないのか。 「今さら足掻いても無駄だと思うとやる気が出ないと言えば、やる気が出ない理由を自分以外に押しつけられるから」勉強しないのか。 どこまでが本心で、どこからが自分を納得させる机上の論理として働いているのか、自分で自分がわからない。 という喩え話です。 —————————— 衝動的に新曲の歌詞を書き上げました。 これで未投稿2曲目となるわけですが、いや、またかっこいい歌詞です。自画自賛です。 曲として形になるのはいつかなあ……。 5曲の形が見えたことでそろそろミニアルバムも現実味を帯びてきました。 頑張ります。頑張れるようになったら頑張ります。 —————————— この世にあるあらゆる能力は才能だと思う。 そして、あらゆる能力が才能ではないと信じられる能力こそ一番の才能だと思う。 自分に足りないものなんて数え上げる間に成人を迎えていると思いますが、その最初に挙げるべきものはやっぱり努力に対する信頼だ。 嫌な言い方をすれば、自分が努力なしである程度の成功を得たからこそますます努力ができないのだろうな。残念なことに。 —————————— 前回お休みした分今回はポエムマシマシです。 まあ、カテゴリーひとりごとなんだから、いいよね。 もうすぐ年末です。あと何回更新するかわかりませんが、1、2回くらいは何か書くんじゃないかなあと。思ってます。できたらいいですね!

terminal への{{comments_list.length}}件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

*ひとりごと* カテゴリーの最新記事