ひとりごと access_time2016.10.07 01:25 update

もろもろ

 lyrical schoolのアルバムの情報が公開されました。

 されました、が……。

 メジャー1stアルバム『guidebook』の詳細発表!店舗限定先行試聴もスタート!! 10/4更新

 ワンダーグラウンドが収録されていない!!

 これは辛い。前作(インディーズ時代)のアルバムに収録されていない唯一のシングル曲で、最近のライブでも割と頻繁にやってる曲だから、絶対アルバムに入ると信じていたのに。

 hime参加バージョン楽しみにしてたのに……。

 レーベル移籍した絡みかな……と一瞬思ったけどそもそも1stシングルに過去曲(brand new day)のリメイク入ってるし。理解できない……。

 まあでも仕方ないので、今年の好きな曲ランキングは去年の曲も対象にすると思います。

 もうそろそろそんな季節だ……。早い。

——————–

 音楽つながり。

 

 『君の名は。』の三葉の声優、上白石萌音さんのアルバムが、なんとPrime Musicで即日配信!!

 超嬉しい。素晴らしい。

 ただ、せっかくのこの声質なので、カバー以外に普通にオリジナル曲が聴いてみたかったりも……。

——————–

 音楽つながり。

 ゲスの極み乙女。が活動休止というのでちょっと驚いています。テレビ出演だけでなくアルバム発売中止は予想外。

 ぶっちゃけ今更この人が何をしようとどうでもいいというか、叩く人(というか主に坂上忍)は何をやっても叩くってだけの話だし、

 これ以上イメージダウンする余地もないだろうと思って、今回のニュースも大して気にも留めてなかったのですが。。。

 やっぱり未成年飲酒という犯罪はまた重さが違ったということなのでしょうか。

 このあたりの世間一般の温度感がよくわからないけれど、自分の感覚がズレているのであればちょっと修正しなくてはなーと思ったりはします。

 

 とにかく、同じ不祥事でも1月の両成敗とその後のライブは別にキャンセルにならなかったわけで、不倫よりも未成年飲酒の方が罪が重いということは再確認できました。よく考えれば当たり前ですが、不倫は犯罪ではないんですよね。

 ……それにしても、未成年飲酒って、大学にいると当たり前のようにみんな受け入れてて、突っ込むと空気読めない扱いをされるので、この件で怒る人というのはどういう立場の方なんだろうという気もしたり。

 自分の学生時代のことは棚に上げているのか、それとも実際は未成年飲酒経験なんて少数派なのか。……あ、私はやってませんよ!

 というか、私も正直未成年飲酒はやはり許されるべきではないと思っているのですが……。

 少し前に、同級生が「2年前にお酒飲んでた時~」みたいなエピソードを話してる時に「ん?2年前?」みたいな突っ込み入れたことがあったんですけど、

 別に笑いにもならなかったんですよ。当たり前のことだから。「そこは今どうでもいいじゃん」みたいな。

 それが個人的にトラウマで、それ以来私の中で未成年飲酒はもはや犯罪ですらないのだと飲み込むことにしたのですが、世間一般ではそうでもない、ということなのか。

 

 と、そんなことを考えていたら、今度は慶應のミスコンが主催サークルの未成年飲酒発覚で中止だとか。うーん。

 別に大学の対応が間違ってるとは思わないものの、そんなに悪いことならもっと悪いことだという風潮であってもよさそうな気がするんですけどね……。なんで事後対応しか聞かないんだろう。事前対応できるものでもないけれど。

 飲酒運転とかドラッグと違って、明確に犯罪や被害や闇社会に繋がらないし、むしろ店側にも経済的に利益しかないから共犯関係が成立しちゃうのでしょうか。

 サークルの合宿先の旅館、思いっきり黙認してたなあ、飲酒。私が飲まなかったのも、正義感とか法の精神とかじゃなく、「お酒を飲んで羽目を外すのが怖かった」というだけなんですよ、結局。もしああいう風にお酒を勧められたのが、19歳から飲酒合法だったカナダでそのへんの不安が払拭された後だったら断れた自信がないです。

 私レベルに友達がいない・空気が読めない人間でもこんな感じなので、先輩に強要されたら飲んじゃう人は多くて当たり前だし、それを徹底させるなら、未成年を含む団体には酒類を一切提供しないことを法律か条例で定めるくらいやらなきゃダメなんじゃないかなあという気がします。新歓がだいたい全ての元凶だと思う。もしくはさっさと成人を18歳に引き下げるべきでは。

——————–

 現在……といっても今日までなのですが、

 Amazonでカドカワ系列の一部書籍のKindle版が半額になったりするセールをやっていまして。

 

 まあその大半はあんまり興味がなかったのですが、

 『ゲーマーズ!』が全巻半額になっていました。

 何かというと、『生徒会の一存』シリーズの葵せきなさんの最新作で、実はWebサイト『ファンタジアbeyond』で無料連載されてたんですよ。

 http://www.fujimishobo.co.jp/beyond/lineup/gamers.php

 ↑無料で結構たくさん読めるので暇な方はぜひ。

 で、『生徒会の一存』を地味に全巻持っていたりするので、この『ゲーマーズ!』も無料だった時は読んでたのですが、

 書籍化が決まったためWeb更新は途中で終了、という、なろう系によくありそうな展開を迎えており、途中から買うのもなーしかし全巻買い直すのもなーと放置していました。

 それがこのたびKindleで半額セール。5巻まとめて買っても1500円。

 

 これなら買ってしまおうと思い、まとめて買い、

 買った当日に全巻読み終わりました

 

 元々『ゲーマーズ!』がライトなラブコメで読みやすいというのもあるのですが、単純に私が小説を読むスピードがめちゃくちゃ速いということがあります。数少ない特技です。スピードが速いというか、いらなさそうなところを無意識でどんどん飛ばして読むので、設定がよくわからなくなってたりもするのですが。

 電車の中で1・2巻、昼休みに3巻、帰りの電車で4巻……と読んで行ったらあっという間に読み終えてました。

 ぶっちゃけ特に感想とか書けるタイプの話ではないです。高校生の男女が勘違いに錯綜しながらラブコメするお話です。

 タイトル通り主人公たちがゲーマーなので、ゲームの話題がたくさん出てきます。

 『生徒会の一存』と同じくパロディ・メタネタが満載で、婉曲ではなく伏字(ガ●ダムみたいな)も多いので、そこが合わない人は合わないかも。

 ラノベだなー、文芸ではないなー、と割り切って読む分には楽しい。生存もそうでした。

 私、基本的にはハルヒ・シャナ・ゼロ魔・禁書と、「この世代の厨二ラノベオタクの王道」を歩んできたつもりではあるのですが、

 その前に触れたのがハヤテだったりもするので、軽いコメディも割と好きです。

 

 まあ『青春ブタ野郎シリーズ』とどちらが好きかと言われれば、断然、青春ブタ野郎です。

 いや本当にこれ面白いし、読んでない人がタイトルから何となく想像する感じとは180度違うので、ぜひ読んでみてほしいんですよ。……かくいう私もタイトルで敬遠して2年くらい読んでなかったんですけど。

 ただ、絶対に今読むべきです。

 なぜかというと、最新刊がものすごく続きの気になるところで終わっていて、その待望の新刊が今月10日に出るからです。

 ……なのになぜ私があんまりテンションが上がらないかと言えば、Kindle版はそこからさらに1ヶ月遅れだからです!!死ね!!

 

 まあとにかく青春ブタ野郎シリーズ買いましょう。

 あ、別にこちらは半額セール対象ではないですが、でも小説6巻が3700円って冷静に考えるとなかなかコスパのいい世界ですよね。ゲームソフト1本分より安い。

 『ゲーマーズ!』含めてカドカワ系列の半額セールは明日までです。

 『君の名は。』など新海誠作品の小説版とか、ノゲノラなどのそこそこ有名なラノベ・漫画作品も対象になってたりするので、Kindleユーザーはちょっと見てみると良いかと思います。あ、『生徒会の一存』もありましたよ。買ってないけど。

 ……『さくら荘』がセール対象だったら速攻で全巻買ったのに……。

もろもろ への{{comments_list.length}}件のコメント

*ひとりごと* カテゴリーの最新記事