最近の話題 access_time

メランコリックサーカス、青ブタ新刊 など

最近聴いてる曲

メランコリックサーカス / meme tokyo.

 でんぱ組の姉妹ユニット。らしいです。

 歌詞の方向性としては『ぜんぶ君のせいだ。』に近いと思います。

 こういう、数年後に聴かれることを微塵も考えていない言葉選び、メッセージ性も何もかも捨てて語感だけで成立させてる感じの歌詞、結構好きなんですよねー。

 どこかで聞いたことあるフレーズの羅列みたいなJ-POP歌詞より全然良い。それこそ米津さんとかwowakaさんとかサクライケンタさんみたいに、既にある言葉の組み合わせで新しい違和感を生み出そうとしている人はまた別ですけど。

 2番の

パリ シャルル・ド・ゴール空港 経由エッフェル塔バンジー

 のところのリズムが特に好きです。

 ……いや、字面だけ見ても全く想像できないと思うんで、とにかく聴いてみてください。。。


しゅきしゅきしゅきぴ♡がとまらないっ…! / ねもぺろ from でんぱ組.inc

 こちらも似たような理由で好きです。歌詞にしろPVにしろ、いろいろな建前とかを全て捨てた感じが逆に新鮮なアイドルソング。ここまでストレートに媚びるの48Gでもなかなかできないのでは。


サクラになっちゃうよ! / クマリデパート

 クマリデパート。久々のサクライケンタ単独プロデュースですが、歌詞も曲調もブクガと全然違う世界観でありながらしっかり中毒性の高いメロディー。共作経験が完全に良い方向に作用してると思わされる。

 ところでイントロで何となく『ホドモエシティ』のBGM思い出しました。


ワンダードライブ / ORESAMA

 別に新曲でも何でもないけどたまたま自動再生で流れてきてハマってます。

 「鏡よ鏡 わたし世界を変えたいの」のフレーズがメロディーも歌詞も完璧。何かが始まる予感があってアニメOPとして満点。観てないけど。

——————–

青春ブタ野郎は迷えるシンガーの夢を見ない

[amazon_link asins=’B084CWQTSL’ template=’Original’ store=’galeglad-22′ marketplace=’JP’]

 久々のシリーズ新刊。大学生編スタート。

『青春ブタ野郎はランドセルガールの夢を見ない』感想とアニメ1話のこと

 現在私が追っているラノベは青ブタと禁書しかなくて、  10月から両方のアニメが一気に始まるとともに... 続きを読む

access_time2018-10-13

 なんと前作が2018年10月。

 高校生から大学生になってまた別の人間関係の問題が生まれてくる、という切り口で始まった大学生編。個人的には大学に入ってそういうものからいろいろ解放されて楽になったので、「ああこういうこともあったな」っていう感覚は高校生編ほどには得られませんでしたが、

 一方でそういうことに悩んでいる人もたくさんいるのだろうから、


 高校卒業で綺麗に完結でも良かったのでは、という感じもありつつ、しかも1年飛ばすという荒業まで使って入った大学生編で、鴨志田先生が何を描こうとしているのか? の片鱗は見えたような気がします。

 青春ブタ野郎シリーズは、実のところ中身はかなりハードなテーマ……自己の存在価値、空気を読むことの強要、スクールカースト、自己犠牲、など、学生に共通する普遍的かつ深刻な悩みを、思春期症候群というファンタジーな設定と接続することで描いてきた作品でしたが、

 でもそういう問題って別に高校生に限ったことではないし、もっと言えば今の社会のいろんな問題と同じルーツにあるんですよね。他者への無理解だったり同調圧力だったり。

 だからこその大学生編。

 あるコミュニティの中で誰かが得をして誰かが損をするとか、息苦しさを感じ続けているとか、そういうのってそのグループを構成する人たちのマインドチェンジによって変えられることが本来はできるはずで、

 大学に上がってコミュニティの重要度が下がったから、それを我慢できる人の割合が高くなったから、もうそういう問題自体は許容していいよね、ということではない。

 そういう社会の性質によって苦しめられている人は年齢層を問わずどこのコミュニティにも存在していて、実際に大学でもサークル内のノリで飲酒とか性被害とかの問題も起きるし、会社でも苦しんで自殺してしまう人がたくさんいるのが日本という国で、

 それはどう考えても正しい形ではないので、ちゃんと真正面から解決しなければならない。そういう問題意識を持つ人が増えなくてはならない。

 みたいなことを描いていく作品になっていくのかなと思うし、その意味では大学生編の後に社会人編が始まっても何らおかしくないような強度のある設定でもあるなと思います。

 そして、そういう鴨志田先生の作家性と、『さくら荘』という作品がそういった社会問題に意図しない形で巻き込まれて無残に潰されたこととは無関係ではないのだろうなとも。

——————–

 1年に1回だけ魚心くんが稼働する機会。よく「難民キャンプ」という言葉が使われますが、年に1回、ろこどるファンの生き残った精鋭が一堂に会するこのイベントほど、難民キャンプという言葉がふさわしいものもない……と思うのですが、

 残念ながら。来年ありますように。

 しかし、こういう機会になると自分が本当にインドアなのだなと改めて実感しますね。行きたかったイベントで中止になったのこれしかない。これも別にグッズ買うだけだから楽しみにしてたわけでもない。つまりノーダメージ。ラジコとTVerとNetflixとYouTubeがあれば全然生きていけるし、Firebaseがあれば無限に遊べる。

 今はスターバックスとガストが営業休止になるのだけが怖い。あとは本当にどうでもいい。

——————–

 2月後半。ブログ更新頑張りました。いかがでしたか?

 最近の話題カテゴリーを引っ張り出してきたり、わざとトピックを小分けにしたりしてみましたが、あんまり楽しくなかったですね。何のために書いてるんだろうと今この瞬間も含めて思う。そういう賢者モードに入る頻度が明らかにここ3年くらいで増えていて、だから楽しくないのだろうなと。

 まあ定期的に「あなたの記事を読んで不快になりました」というご意見を頂いて本当に疲れたからだと思いますが。

 こういう細々した内容はきっちりカテゴリー分けせずに一個の記事で乱雑に並べていく方が自分に合っているんだなと定期的に気づきます。読む側からしたらあんまり嬉しくないと思いますが……。なので3月はもう少し1個1個の記事が長くなるかなと思います。


 あとはもう少しちゃんとした記事を書こうと思いました。それこそ先延ばしにしてるレビュー記事とかたくさんあるので、いい加減……。

 とはいえ念願のFirestore移行もできて、ブログが爆速になって、モチベーション的な底の底は多少脱したかなと思います。引き続き頑張ります。

メランコリックサーカス、青ブタ新刊 など への{{comments_list.length}}件のコメント

*最近の話題* カテゴリーの最新記事