ひとりごと access_time2023.01.07 15:00 update

2022年好きだったテレビ・ラジオ・YouTube・ライブ

 2023年になりました。あけましておめでとうございます。

 普通に1年のまとめが書き終わらなかったので、2022年の総括と2023年の目標をまとめてしたいと思ったのですが、今年のエンタメ系の話をしているだけで普通に1記事分になってしまったので、そちらだけします。

——————–

 と、その前にここ1ヶ月のことをいくつか。

 まず、ポケモンSVをクリアしました。感想は2022買ったものの記事にだいたい書いたのですが、シナリオだけで見ると歴代トップクラスに良かったと思ってます。というか、ポケモンのゲームでシナリオが良かったなんて過去1度も感じた記憶がない

 ORASやSMなんて言うまでもなくアレだし、小学生の頃に遊んだRSとかDPも、印象に残ってない時点で面白くはなかったんでしょう。同時期に遊んだドラクエ4とか5のストーリーは覚えてるので。

 XYの、ビジュアルとか都市の空気感みたいなところでカロス地方が好きとかそういうのはありますけど、エンディングまでのシナリオの面白さで言えばSVは過去イチかなあと。

 ただクリア後になるといろいろ粗が見えるのも正直なところ。シナリオではそれほど気にならなかったUIの不便さも、延々付き合っていくアプリとして見るとストレスすぎるし、育成面も、楽になったとは言うもののそれは金策ニンフィア前提の話であって、テラピース・わざマシン・コレクレー等々でトントンにされていることを加味すると、現状は開発陣がプレイ時間を引き延ばす/後々DLCを売るためのゲームデザインになってるとしか……。スプラ3がいろいろ2から改善されているので余計ポケモンのダメさが際立ちます。

 ポケモン、結構頑張ろうと思ってたんですが年明けあたりで急に虚無になったのでいったんおやすみします。ポケソルとか観てて面白そうな環境になったりしたらまた……。

——————–

 すっかり時間が空いてしまいましたがM-1の話も少しだけ。ウエストランド良かったですね。いろんな意味でM-1そのものであったりお笑いファンという概念が既に万人受けする概念になっているから題材にできるという何周もした感じと、一部の人しか知らないはずのものが自然と目に入ってしまうTwitterという空間の影響力。Twitterなかったら痛いお笑いファンを見る機会なんて2chに覗きに行くくらいしかなかったはずなので。

 お笑いに分析なんていらないというのは理解しつつも、一番最初の恋愛映画ディスの微妙な的外れ感はその後のお笑いファン批判の粗を目立たなくするフリの効果もあったのかなあとか、どこまで計算だったのかとか語りたくなるところまで含めて実は完成度の高いネタだったと思います。

 でも個人的にはロングコートダディで一番笑いました。マラソンのネタ凄すぎてもう既に完成形のような気がしてしまう。


 あ、あと、トップバッターだったカベポスターの、「大声大会」という設定が個人的に全然入ってこなかったんですが、終わった後の感想とかでも「あれは完璧なネタだった」みたいにベタ褒めしてる人しかいなくて結構ずっと不思議な気持ちになっています。

 そもそも「大声大会の時に『ん』で終わる言葉を言ってはいけない」というのが頭の中でパッと想像できなかったので、最初の方は何をボケとしてるのか全然わからなかったんですよね。そもそもマイクあるから声量の差はよくわからなかったし、単に変な口のすぼめ方をしているところがボケなのかな? とか。3個目くらいでやっとわかったのですが、わかった時には既に中盤のテンションなのでついていけず……。

 ほんと個人的には断トツで最下位すぎて逆に面白いというか、自分の知らないジャンルのテーマとかそういう話でもなく常識の欠如だけでこんなに置いて行かれることあるんだというのが新鮮でした。

 

 敗者復活は全部観たわけではないですが令和ロマンが最高でした。絶妙に世代に刺さる面白さ。あとはシンクロニシティ、数年前のM-1の準々決勝あたりで見つけてから密かに毎年楽しみにしていたので、ついに準決勝まで! という感慨深さがありました。内容もしっかり毎年進化しているし。

——————–

 では、買ったものの記事で触れられなかった、2022年のテレビ・ラジオ・YouTubeの話をできる限り思い出して書いていきます。

2022年のテレビ

 テレビで今年印象に残ってるのは……まずは『じゃないとオードリー』ですかね。変わっていこうとする、責任を引き受けようとする人間のドキュメンタリーとして、いろいろと思うことがありました。

 他の特番だと『芸人シンパイニュース』『クイズ☆正解は一年後』は言うまでもなく。シンパイニュース、2023年頭のものも最高だったし、レギュラー復活してほしい……。

 『テレビギャング』は初回で若林がお休みだったりいろいろありましたが、初のスタジオトークとなった2023年始特番がめちゃくちゃ面白かったのでこのフォーマットでレギュラー化したら嬉しい。

 新番組では『午前0時の森』火曜日。若林×水卜アナのトーク、ずっと観たかったものがしっかり観れて良かった。2年目以降も続いてほしい。

 『あちこちオードリー』は言うまでもなくずっと面白かった。キングコング、ナイツ、新内眞衣、伊集院光など好きな回はいろいろありましたが、1つ選ぶなら中田敦彦回。そもそも地上波テレビに出なくなった中田と、そのキッカケとなったしくじり先生MCの若林の久々の共演。小規模なラフ&ミュージックといって良いくらいのお祭り感がありました。いっそのことあちこちのコラボ返しとして中田のYouTubeに若林が出てくれないかなと思うほど。その翌週がさらば&Aマッソという最高で最低な通常回だったのも良かったです。

 2022年、『オードリーと選の夜』『おるおるオードリー』『漫才JAPAN』と、オードリーにどうにか天下を取らせようといろんな業界人が動いているのがはっきりとわかるレベルで特番がバンバン打たれましたが、それらの何とも言えないハネきらなさを見て、こういう番組がどんどん増えてゴールデンにこういう番組を複数持つオードリーを果たして自分は見たいのか? とちょっと考えてしまいました。

 これが千鳥だとどんな番組でも一定の面白さが保たれるんでしょうけど。オードリーは2人とも賢すぎて企画を成立させすぎちゃうのかなあ……。若林が「オードリーは天下を取れない」と口にし始めた理由というか限界がそのあたりにあるのかもしれません。


 『日向坂で会いましょう』は毎週は観ていないのですが、新3期生・森本茉莉がどんどん覚醒していくのが最高。『世界一やりたい授業』での無意味なランキングからのEDM睡眠導入、『真夜中の懺悔大会』でのガチ窃盗、毎週のように見せ場があって完全に番組の功労者。

 日向坂メンバーのコロナ感染の影響で急遽行われた若林×春日×サトミツのトーク回もとても好きでした。ひなあい、オードリーと日向坂メンバー1人の個人面談みたいなスピンオフを毎週配信してくれたらひかりTVでもParaviでもNetflixでも絶対入るんだけどな……。

 日向坂は相変わらず好きだし2022年は影山優佳さんが完全にブレイクするなど明るい話題もありましたが、一番好きなメンバーだった宮田愛萌さんの卒業はかなりショック。4期生の名前は全然憶えられてないし、選抜制が導入されるのも時間の問題だし、ちょっと以前ほどの箱推し熱はなくなってきたかな……。

 あ、ちなみに、いい加減ひなあいをYouTubeで頑張って毎週探すのもどうかという気持ちになってきたので、ひかりTV のライトプランに入りました。月350円ならまあ最悪観なくてもいいか、という。

 そして入会のもう1つのキッカケは『弓木奈於とやみつきちゃん』が気になったことです。こちらも毎回ではないですが面白かったです。弓木奈於さんの独特なワードセンスは誰がどう見てもバラエティを席巻するに足るものだと思うので何かのキッカケで火がついてほしい限り。それこそキョコロヒーみたいにバラバラ大作戦で良い感じの相方が見つかれば……。


 『アメトーーク』は霜降り明星目当てに「第7世代、その後…」「女性人気ない芸人」だけは頑張って観ました。2023年ついにTVer配信解禁! 嬉しいよりもやっとか……という気持ち。これでちょくちょく観ることも増えると思います。

 『水曜日のダウンタウン』はあんまり観なくなったかな……。TVer、便利ではあるものの再生前広告の長さもあってちょっと観るのにハードルがある。それでも「K.カズミ検証」「旅行先で朝起きたとき誰もいなくなってたらだいぶ切ない説」とか印象に残ってるものはいくつか。

 Abemaでは『チャンスの時間』。毎週観ているわけではないですが「きしたかの日本最速iPhoneチャレンジ」は途中の展開から最後のオチまで出来過ぎているくらい完璧でした。リアルだからこそ起きる逆算ではない伏線回収が完璧に決まった名作。あとは「ブレイキングヤンチャオーディション」も爆笑した覚えがあります。「シン野田ちゃん選手権」も酷すぎて笑ったし、ああいうものが笑いになる千鳥の手腕もさすが。

 『しくじり先生』は当たり外れありつつ、お笑い研究部は結構観てます。中でも「ハマカーン神田を考える」の回は、何周もした今のバラエティを象徴するような面白さでした。あとは「キングオブう大」の改善点の出るスピードが凄すぎるのも好きでした。

——————–

2022年のラジオ

 去年に続いて『霜降り明星のオールナイトニッポン』が一番楽しい。トークもさることながらコーナーが全部外れなさすぎる。唯一ポケひみだけはマンネリ感がちょっと漂っていますがまあ…毎週の楽しみです。

 『オードリーのオールナイトニッポン』もそれなりに楽しいんですけど、一時期ほどのハマり方はしていないかなあ。オープニングトークでちゃんと考えさせられる話だったり面白い話は毎週あるんですけど、春日さんのトークゾーン付近で失速したままエンディングまで聴かずに終わる回が増えてきたので、「毎週欠かさず聞いてる」とは言えなくなってきた。「クイズ!東洋一のツッコミ」のコーナーそろそろ終わってくれないかなあ……という気持ち。「言語化できない」の方がニチレイタイアップになることを期待してたのですが……。

 その点『ハライチのターン!』は安定して面白い。ついにTBSが折れてアフタートークをポッドキャスト配信してくれたことでアフタートークも毎週聴けるようになりました。新年からはコンビでの帯番組『ぽかぽか』も始まるし楽しみ。フジテレビの悪いところが前面に出る可能性も高いと思ってるので毎日観るかどうかはわかりませんが……いやそもそもTVer配信ないのかな。

 『佐久間宣行のオールナイトニッポン0』は引き続きゲスト回を中心に聴いたり聴かなかったりですが、たまに聴くと絶対面白いんですよね。じゃあなんで毎週聴いてないのかと言われると、なんでだろう……ハスマナと曜日被ってるからかなあ? 自他ともに認める神回であった親子での鎌倉デートの話を聴けたのはとても良かったです。

 新番組『蓮見翔・紗倉まなのAuDee Connect』は好きなのですが、うーん……回を追うごとにだんだんと紗倉まなさんのこう……地頭の悪さがバレつつあるというか……蓮見さんの話や発言に対して、もうちょっとここで精度の高いツッコミだったりレスポンスだったりを返してくれる人が座っていたら何倍もテンポ良くて面白くなるんだろうなあという場面で、紗倉さんの微妙な勘の悪さにイライラすることが増えました。

 たまに話す分には楽しいけど別に深みだったり人生への良い影響はないというか……言葉を選ばずに言うと、ああ、大学行ってない地元の女友達との会話ってこういう感じになるんだな、みたいな……。高橋みなみさんに対してもそう思うことは時々ありましたが、その比じゃなく。

 とはいえ別につまらないわけでは全然ないし、紗倉さんだからこそ生まれる面白味も当然あるので毎週楽しみにしてはいますが……。『蓮見翔のオールナイトニッポンGOLD』も放送されましたが、それこそ沈黙の金曜日とアルピーDCGみたいな感じで、TBSラジオかニッポン放送で別にレギュラーがあったら良いのになーと思います。メールアドレスが90000@allnightnippon.com だったのが実は『ダウ90000のオールナイトニッポンX』の伏線だったりしないかな……?


 ハスマナに対してそんなことを強く思ってしまったのはやっぱり『朝井リョウと加藤千恵のオールナイトニッポン0』特番復活があったからだろうなと改めて。間違いなく今年のベストラジオ。というか自分がリアルタイムに聴いた中で一番と言っちゃって良いんじゃないかな……。

 異常に楽しかった反面、未だに喪失感を引きずっているところがあります。「もし今さら復活してもあの頃の面白さは戻ってくるわけではない」というところで諦めようとしていたのが、あれを聴いたことで「今でも確実に面白いことが保証されているのにただその場所がないだけ」という勿体なさだけが募るようになってしまいました。うーん……。

 あとはなんだろう……ニワカなので『マヂラブANN0』『Creepy Nuts ANN』の結婚報道回とかは聴きました。あ、あとラジオという枠でもないですが『Next Guitar Hero is…』のシノダ×じんの回も良かったですね。

——————–

2022年のYouTube

 今年になってハマったという意味で1つ挙げるなら『ポケモンソルジャー』だと思います。8月あたりまで毎日投稿でほぼ毎日観てたし、何なら毎日3周くらいは観てた。ポケソル観てなかったらSVで対戦復帰したいなーという気持ちも湧かなかったと思うので、そういう意味でも受けた影響は大きめ。ドラゴンタイプ最弱決定会議とか好きだったな。

 《【183-182-116-90-105-169】←ポケモン廃人は「ステータス」だけで何のポケモンか当てられるのか?》《【記憶の限界】ポケモン廃人ならS100のポケモン全部思い出せる?》あたりの異次元クイズ回も大好き。何回も観ちゃう。明らかに異常な難易度なのにメンバーが「良い問題や~」って楽しそうにしてるの面白すぎる。


 『フェアリーch』も去年に引き続き楽しかったんですが、最近あまりにも投稿が空き気味なのと、今年のデュエマのプールがあんまり映えるデッキを組みづらい……というかGoAに入ってから新機軸を押していてあんまり斬新なものを見せにくいのかな?と思いました。

 あー、ただDM全国大会2019はとても良かったですね。何だかんだ1日中観てた気がします。あんまりスポーツとかを応援する気持ちはわからなかったのですが、選手に対して人間的に好感を持っていると、その人が良い結果を残してほしい、その競技自体に自分が興味なくてもその選手が望む結果を得てほしいという目線で楽しめるんだなというのは納得しました。

 それにしても、♦ドラ焼きさん、DMロボットとかいうハードルの上げられ方にしっかり応える形でベスト4まで勝ち続けるしGPでも結果残すしシンプルに強すぎる。デュエマ、特に高速化しすぎた現代デュエマだとやっぱりどうしても下振れであっさり負けることとかあると思うんですが、その中で最大限に期待値を上げるプレイを常に取れるのはプレイングの頭の回転だったりメンタルの強さが光る。2023年は東京に引っ越してきたりいろいろあるようですが、活動を続けてくれることを祈るし、良い感じのところに就職できることも祈ります。


 『QuizKnock』は何と言っても《【マジ】この中に、結婚する人がいます【ご報告人狼】》が印象的。結婚を企画にしてしまうところも、結婚報告はちゃんと別で先に出す誠実さも、全てが完璧。

 企画は相変わらずネタ切れを感じさせる部分はありつつも《色んなクイズをごちゃ混ぜにして出来たクイズがろくなもんじゃない》《【クイズ×オセロ】問題文が見えたり見えなかったりするゲーム》と面白い企画を定期的に出し続けているのはさすが。ほんとYouTube界のアメトークくらいの安定感は既にある。

 個人的にはかなり好きなメンバーだった山上さんが卒業しちゃったのがちょっと痛いところ。QuizKnockの中でも純粋にクイズ強いメンバーの筆頭になりつつあったので。大学卒業後に戻ってきてくれたらいいなあと思ったり。あとは登録者200万人がもうすぐ。いろんな事情があるのは承知の上で、QuizKnock的に最後の宿題である川上さんとのコラボをやるなら、YouTuberとして表に出始めたこのタイミングしかないのでは……と密かに期待しているのですが、果たして。


 あと2022年に突如現れて全ての記録を塗り替えた『壱百満天原サロメ』さんもチャンネル登録してます。VTuberで登録するの初めて。

 普段の配信のテンションはそこまでなのですが、《【お部屋公開】初ローテンション整理整頓!長時間ですわ【ですわ~】》がギャップも相まって可愛すぎてあやうくガチ恋勢になるところでした。登録したもののバイオハザードは興味なさすぎてスルーしてたのですが、最近のポケモンSV配信は時々観ています。

 お嬢様というガワにあまり関係なく、素のキャラクターが魅力的すぎる。というよりもVTuberであるおかげで見た目とか年齢とかそういうものを曖昧にしたまま、キャラクターの魅力100%でアプローチできるのが良いのだろうなと。それはおそらくAdoとかずとまよも本質的には同じなのだと思いますが。

 にしても、QuizKnockにしろダウ90000にしろアンテナ高い人たちでVTuberにハマってる人やたら多いですよね。

 どこのインタビューだったか忘れたのですが、佐久間Pが数年前に、「2010年頃、ボカロがわかるかどうかで1つ世代がきっちり分かれていた。今はヒップホップ(フリースタイルダンジョン)がわかるかどうかがそうなってきている」みたいなことを言っていて、なるほどなーと思った記憶があるのですが、

 それから数年して、今はVTuberという文化を自然に認められるかどうかが若者とおじさんの線引きになっているのではないかと思ってちょっと怖くなっています。


 芸人系だと年間通して楽しかったのは『粗品 Official Channel』。あの忙しさで個人チャンネル毎日投稿も凄すぎるし、「おまだれ選手権」「ツッコミ引き出し選手権」「カスのコメントに反論」などYouTubeというメディアの特性を最大限活かしながらも、YouTuber的なフォーマットに安易に乗っかることなくどんどん新しい発明をしていくのが強い。

 《税金耐えた!!!!!!!!!!》《借金して新車買った》などの見たことないエンタメも凄いし、先月くらいから始まった週1のフリップネタ投稿も嬉しすぎるし、チンチロシリーズ《四兄弟で本気のチンチロ #1-1》も運任せのはずなのに毎回爆笑できる。たまに生配信覗くのも楽しいです。あーただ裏でほんとにお金賭けてて逮捕されるとかは全然笑えないししょうもなさすぎるのでそれだけ気をつけてほしい……。

 コンビの『しもふりチューブ』も。好きな回はいろいろありますが、ワンピースクイズのまとめ回《粗品ワンピースクイズ正解シーン【霜降り明星】》をぜひオススメしたいです。ワンピース、私も全然知らないので粗品目線で観れて楽しい。

 ラランドの『ララチューン』《泥酔フリースタイルラップバトル!!》も名作。説明できないけど爆笑してしまったのでぜひ。

 『さらば青春の光Official Youtube Channel』も《今回のYouTuberヒカルさんの報道について東ブクロからご報告がございます》を始めとして毎週面白かったです。

 『佐久間宣行のNOBROCK TV』は西野や中田とのガチトーク回も良かったし、アイドルのエピソードぶっこみドッキリとか100ボケ100ツッコミとかも好き。

 あと芸人じゃないですが『おもちもちもちももち』さんの架空の霜降り明星のオールナイトニッポンを2時間分再現はあまりにも異次元の才能すぎて……。こんなの共感性羞恥を発生させない時点でエグいし、たまに「あれ?このやり取りって本当にあったっけ、おもちさんの架空再現だっけ?」ってなるくらい。最低でもこの10倍再生されてないとおかしい。


 そしてYouTubeもダウ90000の話をせずにはいられません。

 コント『驚かない』は一番好きなコントだし、『ピーク』も「エモすぎて面白い」という革新性を感じさせる名作。佐久間Pが絶賛する固有名詞の使い方と着眼点のセンスの良さが光る『タイタニック』『ワンピース』。そして何と言ってもABCのいろいろなアレを全て最高の笑いに昇華させ、ダウ90000の活動を追っていて良かったと思えた『オーディション』。全部面白すぎる。

 8人でのラジオ『ダウ90000900000000』も最高。公開収録「#70」、リアルな揉め事が観られる「#78」、出てくる固有名詞が同世代すぎて嬉しくなる「#76」、itoをやってるだけで楽しそうな「#82」。蓮見さんのラジオパーソナリティ力と他メンバーのバラエティ力がメキメキと鍛えられてきていることで、最近は普通に楽しく観れるラジオになってきています。

 Vlog すぎる『「いちおう捨てるけどとっておく」メイキング』『2022/06/05 東京→大阪』もオススメしたいです。ほんと、自分が今からそうしたいかとかは置いといて、こういう男女の友達と楽しいことができる方の人生でありたかった……という眩しさ。

 道上珠妃さんの誕生日の喜び方が満点すぎる《ダウ90000大忘年会!!in山中湖》も最高。ちょっと最近の道上さんの見た目も性格もタイプすぎて自分で自分に引いちゃうくらい入れ込んでしまってます。

 8人ともガンガン売れてほしい、でも忙しすぎない範囲で幸せになってほしい。ほんとに。

——————–

2022年のライブ

 2022年は久々に現場に足を運んでライブに行きました。自分の記憶が正しければ2020~2021年はこういうライブ一切行かなかったので、自分の中でコロナ禍が終わってはいないけどちょっと付き合い方のモードが変わった1年ではありました。

  • ダウ90000『単独ライブ「10000」』@渋谷ユーロライブ
  • ヒトリエ『HITORI-ESCAPE TOUR 2022』 @恵比寿LIQUIDROOM
  • lyrical school『lyrical school tour 2022 “L.S.”』@柏PALOOZA
  • lyrical school『lyrical school tour 2022 “L.S.” FINAL』@日比谷野外大音楽堂
  • ダウ90000『いちおう捨てるけどとっておく』@新宿シアタートップス
  • ヒトリエ『10年後のルームシック・ガールズエスケープ』@渋谷 CLUB QUATTRO

 劇場に足を運んだライブは、この6つ。ヒトリエ、リリスク、ダウが2つずつというのは確かに2022年この3組で構成されてたなあという感があります。

 リリスクはコロナとか抜きにしても久々という感じなのですが、さすがに現体制のラストは見届けなければという感じ。まあ新体制はよっぽどじゃなかったら追わないと思うので自分の中でここまでの熱量でアイドルを応援することはもうないかなあ……。

 ヒトリエは、アーティストとしての位置づけはベストソング記事に書きましたが、ライブはまあなんといっても「10年後のルームシック・ガールズエスケープ」が素晴らしかった。こう、1つのアーティストを長年追ってる人間だけに与えられるご褒美というか。こういう奇跡のような時間を数年に一度観るためにヒトリエを追い続けたいなあと思えるような内容でした。

 ダウ90000は生で観れて良かったという気持ちもある一方、お笑いに関しては作品として距離を取って観れる配信の方が好きかもしれないという気持ちもちょっとだけ……w 結局ライブと配信チケット両方買ってるので、今後も単独公演は両方行きつつ、コントライブとかユニットライブは興味があったら配信で、という形になるかなあと思います。


 その他、配信で観たのは

  • ダウ90000『あの子の自転車vol.8』
  • 『女子中学生がさらば青春の光に100分間質問攻めするライブ』
  • ダウ90000『第3回本公演「ずっと正月」』
  • 粗品単独ライブ『怪獣少女は火を吹かない』
  • あちこちオードリーオンラインライブ『夢と希望だけじゃ生きていけない 私の絶望ワイドショー』
  • ダウ90000『あの子の自転車vol.9』
  • ヒトリエ『Summer flight tour 2022」
  • ダウ90000『劇場版ダウ90000ドキュメンタリー 耳をかして』
  • ダウ90000×Aマッソ『+90000』

 でした。お笑いライブほんと手を出し始めるとキリがないので適度に抑えてるんですが、さらばの質問攻めのやつだけ全く記憶に残ってないけど他は面白かった記憶があるし後悔してないです。ダウはともかくお笑い系の配信は大体安いですしね。

 ところで、今年観たライブを確認するためにイープラスとLチケとチケットぴあとZaikoとテレ朝チケットとFANYの購入履歴見に行ったんですけどもうちょっと減ってほしい……。いや自分でメモしておけよって話なんですが。

——————–

 2022年はこんな感じでした。疲れた……。

 2023年は……まあ変わらずYouTube漬けの日々になるんだろうなと思ってます。ラジオもまあ今くらいのペースでちょうどかな……と思っているので。

 ライブは……電蟹いちど行ってみたいなと思ってます。粗品の単独。あとはダウ90000の単独公演も楽しみ。90000900000000の公開収録もやってほしいなー。

 ヒトリエは少なくとも配信はあれば買い続けようと思ってます。配信続けてほしいので。現地も1~2回くらいは行きたいかな。

 ではそんな感じで。

2022年好きだったテレビ・ラジオ・YouTube・ライブ への{{comments_list.length}}件のコメント

*ひとりごと* カテゴリーの最新記事