フラワー・ストーリー 14年前

超微妙な伏線を引きまくる者

こんにちは。  というわけで、月曜から言っていた「frower*story」序章(プロローグ)upです☆  意外と待てませんね、ブログの更新。  このままだと、また1週間は暇ですし・・・  まあ、それはそれとして。    なぜか知りませんが、ぼくはどちらかというと主人公は女にしたほうが物語が動かしやすいのです。  というわけで、主要人物二人で構成されるプロローグ。  主役二人は、両方女です。  まあ、それも当然ですよね、親友同士という設定ですから。(裏話の後に言っても説得力なし)    気づきましたよね、この話の語り口が「過去形」である事に。  そう、この物語はプロローグからさらに未来の話です。  このプロローグ自体、現在からさらに未来の話なのですが・・・  ぼくの話は、たいてい「近未来」か「別世界」か「別惑星」のどれかなのです。  要するに、ファンタジー丸出しなわけで。    いろいろ書きたい事はありますよ?  でも、こんなプロローグしか載せていない状況で、人物紹介しても、ただのネタバレですし☆  というわけで、このへんで終えたいと思います。  でも、来週は文化祭で忙しい・・・かもしれないので、土日で第1章を載せるかもしれません。  その時は、やっぱり人物紹介をしたいと思いますので。  とりあえず、第1章を更新するまでは、二人の名前とを何となく気に留めて下されば嬉しいです。    あ、もう一つ。  デスティニー・ダークネスのウェブページ・記事を少し編集しました。  何が変わったか、わかりますか???  あ、本文の修正は無いので、わからなくても全く問題はありません。 ...

comment  0
favorite  0
フラワー・ストーリー‐本編 14年前

序章

「ねぇ、真衣ちゃんは、こんな噂、聞いたことある?」  だいぶ前、親友の美羽にこう聞かれた時、私は全くピンと来なかった。 「何が?」 「6色の花びらが、この世界のどこかにおいてあって、それを集めると、願いが叶うんだって」 「へぇ、じゃあ、それを集めたら、恋でも夢でも、何でも叶うの?」 「その代わり、1度その花びらを集めた人間には、二度とその近くに入れなくなるんだって。それに、そのあたりには、すごい仕掛けがあって、一つでも集められた人は、今までいないらしいよ?」 「ふぅん。まあ、私はそんなのには興味ないけど……」  まさか、8歳の時の私は、その話が自分の人生を大きく左右するとは、夢にも思っていなかったから……。 ...

comment  0
favorite  0