ななのそよかぜ 13年前

地に還り 桜とともに 遥かな天空(そら)へ

はやーっす。  久々のPC更新です。  ただしねむいので手短に……    「ななそよ第17話(前編)」  久しぶりの小説更新。  内容的には、久々に「カレンダーに書いてあるイベント」です。  つまり強制イベント。  だいぶ前に書いていた、「風華と紗輝の対立」です。  この2人の対立は、ななのそよかぜ 第1部でひとつのメインになると思います。  第1部は……ゴールデンウィークくらいまでかな、と勝手に思っています。  というかたぶんそうです。  カレンダー上、第1部を終わらせることができるのはそこしかないんで。  その間に、3つ、ストーリー上で大事な事件が起きます。  そのうちの1つがこれです。  まぁ前編だけなので何とも言い難いですが、  この2人の対決はオリエン内では終わりません。  オリエンテーションはこの17話で終了しますが。  そして18話からは舞台をそよ風中から移して、別の話をやります。  内容に関しては……ちょっと私の気が狂ったのだと思ってくださいね。  シャナとかハルヒとかゼロの使い魔とか、ライトノベルを読んで、  「ライトノベルには萌え要素が必要である」と結論づけました。  ……というわけで18話からは若干萌え要素が含まれてる話です。  ついでに私の得意技でもある「ハイパーリンク」も仕込んであります。  ハイパーリンクとは、まぁここでは同じ作者による違う作品間が同一世界の出来事として描かれていることです。たとえばハヤテとか  デスダーとフラストとユニアドが全て同一世界だったように、ななそよも同一世界として組み込みたいと思っています。  んー、まぁ読んでもらえればわかるかと。    ちなみに指摘のあったメインコンテンツは……現在鋭意改良中。ただしいつ完了するかは不明。  理由がよくわからないもんで……fc2のレベルが低いのかな?    で、今までスルーしてきたさっきの記事「詩」ですが……  まぁスルーして結構です。  強いて言うなら暗喩の塊。長門の文芸誌に載せたあれみたいな。  特に意味はないのでまぁスルーして結構です。    最後にこの記事のタイトル、また俳句です。季語は桜。  私が最初に書いていた5つの中で一番ネガティブだと班の人の太鼓判をもらった句。  字余り以前の問題な気がします。  そしてちゃんと隠しメッセージを込めるのが言葉の遊び人(←フリーターともいう)ルーラ。  遥かな天空(そら) はなのは2期のOP ETERNAL BLAZE から取りました。『遥か天空(そら) 響いてる...』  さらにさらに、もう一個別のメッセージが。  地 というのを変換してみてください。  いえ、血じゃないですよw  知でも値でも痴でもなく、「千」。  そしてこの字と2行目の最初の文字を合わせると、「千桜」  つまり春風千桜になるわけです^ ^  ……3行目と繋げちゃダメですよ?  3行目はあくまでETERNAL BLAZEのパロディであって、それ以上の意味はないですよ?  …………ちなみに俳句は現在19個できている上に、どうやら他の俳句も掲示してもらえる=提出した俳句とか考えなくていーじゃんということになるので、  まぁ提出したやつも載せます。  書いた順番に載せていくので、明日が提出したやつ。  結構自信作。てか俳句というよりどっかの歌詞みたい。  隠しメッセージはないけど暗喩はたっぷり。  こんなんを新学期に書く私はきっとくそネガティブなんだろうなぁ……  では、今日はこのへんで。  ちなみに明日はWebサンデー更新ですよー^ ^  では、はややー☆ ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 13年前

反抗心は憎しみに変わり、やがて殺 意へ

はやーっす。 嫌いな方の先生の指示には徹底的に背くという方針に従って、校門を一歩出た瞬間に携帯の電源をつけたルーラです。 なんかもぉあれですね。 鬱でもネガティブでもなく、ただただ不愉快。 もういろいろ承知で書きますが、 殺したい。 DEATH NOTEに名前書きたい。 ……うーん、でも死んじゃうとさすがにまずいからBREAKAWAY NOTEくらいで…… ちなみにbreakawayは離脱です。 明日にでも学年主任の先生とクラス替えの実態についていろいろ聞くつもりですが。 前にも書きましたが、私は自分がどうなろうと知ったことではありません。 この学校に入りたいと強く思っていた訳ではないので、別に退学にされても全く興味ありません。 強いて言うならレポートをパソコンで作れなくなるのが若干心残りですが、 あんな教師と同じ校舎であと11ヶ月半生活するよりは全然まし。 蚊が飛んでる集合住宅とゴキブリが巣食う高級マンションくらいの差。 ……話が逸れましたが、とにかく我慢してまでこの学校にいる気はこれっぽっちもないのです。 でもだからといって自分から逃げるのは嫌です。 だから、限界までは反抗し尽くしてやろう、と。  ...

comment  1
favorite  0
ひとりごと 13年前

木の芽風 新たな奇蹟を 巻き起こす

はやーっす☆ 登校中、一生懸命に野球の素振りに取り組む少年を見つけて自分の存在が悲しくなったルーラです☆ ごめんよ少年…… 君がひたむきに努力を重ねているとき、私はなのはの挿入歌を大音量で流してたよ…… 世の中にはこんな真面目な少年もいるんですね、日本の未来に期待が持てますよ。 だからといって私はこの性格とこんな生活を改める気はさらさらないですけどね★ で、今回のタイトルはパロディ満載な俳句。 木の芽風はハヤテの最後のED『木の芽風』。奇跡的に木の芽が季語だったので。 巻き起こす奇蹟は絶チルEDの『Break+your+destiny』。 ちなみに新たな奇蹟っていうのはなんかクラスの半分が元担任な、私があんまり嫌いじゃない方の先生が終業式直前に言ってたことです。 『ここで出会えたのは奇跡』。なら新入生やクラス替えは新たな奇蹟ですねってことで。 ただし私は真面目人間では(少なくともブログにおいては)ないので、 まークラス替えは誰かさんの都合のいいようにされた、いわば『謀られた奇蹟』ですけどね というオチをつけます。 他の俳句は学校批判や現在の心境をもっと明確に皮肉っているのですが、これだけはパロディ中心に作ったので、パロディを知らないと普通の俳句になっちゃうんですよね。 うーん……こ、こんなはずでは…… まぁとりあえず今朝はこのへんで。 ……といいつつ暇なのでまた更新するかもしれませんが。 あ、ちなみにななそよ第17話を更新しました。 フォローは今夜、時間があれば…… てかフォローって言うと失敗の尻拭いって感じですね。 コメント? 解説? 裏話?? ……うーん…… まっ、考えてもムダなので、とりあえずはややー☆ ...

comment  0
favorite  0