ひとりごと 12年前

久々に時間をかけた記事。約50分

 えーと。  こんにちわ。  ……誰だっけ?私。   というわけでSSSに入隊したルーラです。  ん、嘘。   とりあえず名前を忘れるというつかみが2秒で思いついて、 適当に書いてみたはいいけどどうつなげればいいかわからず、  まぁ最初に浮かんだAngelBeats! をパロってみた次第です。   そうそう、AB観ましたよ。 あ、Angel Beats!の略ね。  出来は、まぁ悪くない。  説明が多すぎるけど、まぁ説明回だしね。 1話がつまんないのはアニメとしてどうかと思うけど、脚本家が一流エロゲメーカーだから。  ただ。  2ちゃんではフルボッコ。  なぜか。   事前にハードルを極限まで引き上げたから。   これは2ちゃんのアンチスレのテンプレからのコピペですが。  ■麻枝氏(脚本)>第1話を見てもらったら、全話見たくなるようなおもしろい作品になっている自信があります。>繰り返しになりますが、とにかく第1話を見てください。期待を裏切らない作品になっている自信はあります。■鳥羽P>凄いです!シナリオの段階で「これは凄い第1話になるぞ」と思っていたのですが、>監督が麻枝さんのシナリオからアイデアを足して、更に密度を上げたという感じです。>特に、アクションシーンとライブシーンは本当に必見です。>これは、テレビではなく、劇場作品なのでは?と思ってしまうほどのボリュームがあります。>ギャグシーン、アクションシーン、ライブシーン、シリアスドラマ全てを30分の1話に詰め込んでいますので、>息つく暇の無いくらいハイテンションな展開です。■岸監督>もう、ライブの作画競争はやめましょうよ、と思っています(笑)ので、>その競争の終止符になるように、ピーエーワークスさんには頑張ってもらっています。>オンエアされたときに、バカか、と笑われるか、伝説になるかのどちらかになりそうです。>通常のアニメは1話4000枚ですが ABは1万枚使ってます。2.5倍ですよ 2.5倍!!■アニプレックスゆま>Angel Beats! 第1話アフレコが素晴らし過ぎた件 [アニプレックス]  >アフレコで泣きそうになったのは、初めての経験でした。>担当云々は抜いて、お世辞抜きに素晴らしかった。>音無役の神谷さんとも「これは凄い事になりますね」と話していました。>会話の密度も、映像の密度も、とんでもなく高次元で融合してます   ここまで第1話放送前に自分のアニメをベタ褒めするスタッフがかつていただろうか!?というノリです。  しかも  >ライブの作画競争はやめましょうよ、と思っています(笑)   これ、完全にハルヒとけいおんのことだよね。  あの2000年代最強のアニメと最強の制作会社・京アニに喧嘩売りやがってるよね。   そして、出来はというと。  ……微妙。  悪くはないけど、よくもない。  そりゃ叩かれるわ。  しかも、その後に放送されたけいおん2期の出来がよすぎたんだもん。   で、けいおんといえば。 ゴッピさんのブログにけいおんの話が。   んー。  まぁ、絶賛しておいてこんなこというのもアレですけど、  私はゴッピさんと同感ですね。   けいおんって、 そもそもストーリーがないじゃないですか?  一応部活という軸はあるんだけど、 だからといって「コンクールで優勝してやるぜ!!」って感じのテンプレ部活ストーリーでもないし。  ん、別にジャンプマンガを否定してる訳じゃないよ? 好きでもないけど。  ……ダブルアーツちょろっと読んで結構面白かったのになーってのはおいといて。   けいおんの魅力は、たとえばキャラの可愛さとか、細かな掛け合いの自然さとか、そういうところにあるわけで。  厨二病って言ったら私もそうだから変なんだけど、そういう壮大な世界観とかを望む人には合わない作品なんだろうなぁとは思いますね。  たぶんゴッピさんにはABのような話の方が合ってるのかも、と思ったり。 またはシャナ・禁書みたいな、正統派のファンタジーラノベ。 間違っても生存は合わない。   ま、だからけいおんはゆる~いただの日常を描く話で、  内容なんてあってないものだから。  雰囲気を楽しめる人が勝ちって感じなんでしょうね。   と、勝手に語ってみる。  なんだかけいおん好きからもけいおん嫌いな人からも不満が出そうな記事ですがねwww    そして新クラス3日目。  ちょっと怖いことがあります。   それは、「もし今のクラスの担任が教祖様で全く同じことをしたら、たぶん全力で叩いてたんだろうなぁ」ということ。  だんだんと新担任のやり方が教祖様2代目を襲名しそうな感じになってきました。   私のダメなところに、「人のイメージを1つで固定してしまう」ことがあります。  特に一度嫌いになってしまうと、もぉ、ダメ。  面白いこと言ってたり優しくしてくれたりしても、基本的に嫌悪しか持てなくなります。   定義付けが好きなんですよね、私は。 この人はこういう人!!みたいな。  だから教祖様が何やっても無理に負の方向に結びつけるし、  逆に前の担任の先生みたいに好きな先生だったら、何しても無理やりプラス解釈するし。  まぁそれでも最近は多少改善してきた気もするんですがね。  というかそれをわかってるならなぜって感じですw   私は「客観的に見られるけど主観的に動いてしまう」人間なので。  どうせこうしたらこうなるんだろーなーとか、 今これやったら後で怒られるだろーなーとか。  洞察は割とできるのに、それを活かせない。  不器用って言うんですかね、こういうの。   んなわけで、今の担任の先生は2年間英語を教えてもらってて、 まず私が英語が好きなうえにその先生の問題との相性が異常に高いため、  現担任=いい人!!という公式が出来上がっている訳です。  だからその補正で今はいいなぁって感じ。  ま、たぶん教祖様関連といろいろ怒られたことで自分の性格を分析してなければ、 それも気づかず「新担任マンセー」で半年後くらいに痛い目見てたと思いますけどwww  半年後。 たぶん文化祭終わったあたり。  ちょうど去年も総合発表会で、 その後のこのブログの方向性をある程度決定づけた事件がありました。  http://oswdiary.jugem.jp/?eid=2191 http://oswdiary.jugem.jp/?eid=2217   この2つの記事はあまりによく引き合いに出されるので、 プロフィールページに登録しておきました。  特に下の記事は、地味にこのころから今までたぶん変わっていない、 私の本音です。    その前の入学から半年後、 1年の時の文化祭は、 私がクラス内で孤立する直前でしたね。  いや、望んでやったことなので別に文句は全くないんですけど。   そうそう、そういえばさっきの記事がちょうど2周年ってことで、 コメントを読んで思ったんですが。  ……ゴッピさんのブログの1周年ってそろそろじゃね?  http://goppi.blog38.fc2.com/blog-entry-4.html  てか、これが最初の記事だから。  3月22日。   http://goppi.blog38.fc2.com/blog-entry-361.html  …………。   えーと……。   

...

comment  1
favorite  0