ひとりごと 9年前

非常識常識

昨日はある意味更新しなかったのですが、  それはそれで違和感がものすごかった。  嫌々だろうと何だろうと習慣づいたものは止めるに止められないな。別に嫌々じゃないけど。   いろんなものをそれなしでは生きられないくらいに習慣化したい。勉強とか早寝とかな。    今日は文化祭準備でした。 おそらく私がクラスメートと交わした会話1学期分に相当するコミュニケーションを今日1日で取ってガタが来たので1ヶ月ほど学校を休まさせていただきます。ありがとうございました。    ……こんなネタを多用する程度に学校を嫌いつつも私たぶん高校入ってから休んだ覚えがない。純真すぎて涙が出るね。     「○時までに終わらせる」というのを事前に連絡されると、自然とその時間ギリギリまでやるようになってしまう (ただしこれは「限界までクオリティを高める」のではなく「適度に遊びまくって結局最後の1時間でスパートかける」だけ)  この大変非効率な現象は絶対やめた方がいいのに生徒も教師も「それこそが文化祭の醍醐味」みたいに考えているフシがある。頭が悪いからだな。   こういう学校での「夜遅くまでみんなで残った思い出の積極的美化」が現代日本の「残業を歓迎する風潮」に貢献している気がしてならない。  3時に終わったクラスの方が6時まで残ったクラスより何千倍も優秀だし賢いし頑張ってるはずなんだけど。なんなんだろうね。   運動部の頭の悪い顧問なんかにもありがちだけど、「労働量×時間=努力」という考え方を「労働量÷時間=努力」という価値観に半強制的にでも変えるだけで日本はかなりいい国になると思う。  政治家や公務員が当然のように高給を得ているのは「それだけ"頑張って"いる」という価値観からだし、 残業にしたって国民の物差しが「どれだけの時間働いたか」から「どれだけの量働いたか」になれば自ずと「上司がまだ仕事しているから」なんて馬鹿げた価値観はなくなる。 その上司は「真面目」ではなく「能力不足」を頭から爪先までの全身でアピールしているだけだよ。      明日の文化祭はライブだけが楽しみです。今年は知り合いのバンドの時間を調べてシフトを入れたから問題はない。    ……え?中夜祭? 行かないよ。中学のとき毎年行って毎年つまらなかったもの。   うちの高校のイベントのポリシー  「いいじゃないココ(内輪)が盛り上がっていれば!」  が如実に現れたイベントだと思うよアレは。  まぁ、どうでもいいですけど。 ...

comment  0
favorite  0