ひとりごと 8年前

ray(BUMP)、KANA-BOON、LIVING DEAD

いろんな音楽を聞いたので、いろんな感想を書きます。        BUMP OF CHICKENの新アルバム「RAY」のリードトラック「ray」の、  初音ミクとコラボしたバージョンを聴きました。    あ、もちろん原曲も聴きましたが。      私は中学の頃は友人の影響でそれなりにBUMPは聴いていて、  「COSMONAUT」の頃の「宇宙飛行士への手紙」「R.I.P.」「ウェザーリポート」「三ツ星カルテット」なんかは結構ハマった覚えがあるし、  それ以前の「ハンマーソングと痛みの塔」「乗車権」「カルマ」みたいなのも好きです。    しかし、ここ2、3年はあまり聴いていなくて、だから3年ぶりくらいに「BUMP」の新曲を聴いた、浦島太郎みたいな感覚なのですが。        まず、「宇宙飛行士」の頃も相当バンドサウンドから外れた音を使っていた記憶はあるのですが、「ray」はさらにそれが進んでいて。    声にも多少エフェクトがかかっているし、前奏はシンセリードが前面に出ているし、2番のAメロのピコピコ感とかもう完全打ち込みという感じで驚きました。    あ、これは酷評ではなくてむしろ絶賛です、この曲は大好きです。  メロディーセンスや歌詞の雰囲気は以前のBUMP/藤くんそのままで「ray」という曲名通りの未来感が出ていて最高です。      そして、だからこそ最初に聞いた時は「絶対合わないだろ」と思った、藤くん×ミクの声も、何度か聴けば違和感がなくなるほどにハマっていました。    いや、本当にいい曲です。    とりあえず友人から「RAY」を借りれることになったので、アルバム自体のことも後で書くことになると思いますが、とりあえずray単体でも十分すぎる名曲です。楽しみです。        --------------------    せっかくなので、この機会に今のJロックにいろいろ触れてみようと思い、    ヒトリエの紹介記事の時に「同系統」としてくくられることがあって、前から気になっていたものの聴く機会のなかった、  「次のJロックシーンの先鋒」として名前が上げられる「KANA-BOON」の曲をいくつか聴いてみたのですね。      「結晶星」「ないものねだり」「盛者必衰の理、お断り」の3曲です。      で、その感想なのですが、  あれはヒトリエの系統ではない。      確かに曲は「ポップでキャッチーな四つ打ちバンド」だと思うのですが、  歌詞が全く違う。    あまりにも捻りがなくて、直接的すぎて、そのせいで耳をすんなり通ってくれない。    曲のキャッチーさを歌詞のストレートさが殺しに来てる感覚。      例えば、ないものねだりで言うと「あっち見たりそっちを見たり美人が好きなのね 君だってさっきのカフェの店員さんがタイプでしょ?答えて」    こういう感情って、言葉にすると凄くダサいと思うんですよ。    だからこそ、難しい単語だったり抽象的な単語を使うわけで。      そういうことで、KANA-BOONの歌詞はwowakaさんのセンスとはもう逆方向と言っていいと思う。  似たような方向性なのはむしろRADWIMPSなんじゃないかな?      曲が似ている、という点でくくられているのだと思いますが、    ヒトリエの曲は「歌詞の意味」より「語感の良さ」が優先されているわけで、    KANA-BOONの曲は「歌詞と曲がバラバラ」というか、    「その歌詞に対してその曲である必然性がない」のは、  もうヒトリエと何もかも違うんじゃないかなあと思いました。       --------------------    米津さんの2ndアルバム「YANKEE」より、  「リビングデッド・ユース」が公開されました。        これだよこれ!って言いたくなる。    「意味不明な歌詞と、異常な語感による気持ちよさ」こそが米津サウンド・ヒトリエサウンドの真骨頂。    「このメッセージを伝えたいから曲を作る」なんていうものではなく、  「この言葉を歌いたいから曲を作る」というスタンスなのではないかと思わされる。      アルバムがとても楽しみです。     ...

comment  0
favorite  0