ひとりごと 7年前

未来的

ようやく金曜日です。  この1週間は何となく長かった…。長かったっていうかほぼ毎晩仕事してたからなんですけど…。  計算したらこの案件だけで軽く25時間は働いていることになりそうです。これに今夜の分を合わせると…少なくともアルバイトの実働時間ではない。と思う。  まぁただ作業自体はそんなに大変じゃないんですけれども。できれば日付が変わる前に蹴りをつけてスプラトゥーンしたい…。フェス…フェスに参加したい…。 --------------------  で、まあ何だかんだ言いつつもこれだけの量働いてるということはそれなりの報酬が発生するわけなんですけど、  それを注ぎこもうと思っていたミリオンライブへの課金がストップされたので、  何かゲーム買おうかな…リズム天国あたりかな…なんて思っていたところ、  Xbox LiveのDeals with Gold(オンラインの有料会員のみが利用できるゲームの割引サービス)に  「Sunset Overdrive」が!  いや、そもそも私はこのゲームに惹かれてXbox Oneを買ったんですよ。  厳密にはこのゲームとろこどるBDなんですけど。  ただ、同梱でついてきたHalo:TMCCがあまりにもボリューミーだったため、なかなか次のパッケージソフトに手が出せず、そうこうしているうちに購入から3ヶ月ほど経ってしまったのです。  で、Xboxのオンラインサービスって根本的に有料会員前提になっているところがあって、  ゲームプレイ動画の共有はおろかスクリーンショットの共有も有料会員前提なのですね。  そういうこともあって、どうせならいつかはゴールド会員にならなきゃなーと思っており、  せっかくなので「Sunset Overdriveが割引対象になったらゴールド会員になってSunset Overdriveも買おう」と密かに決意していたのですね。  で、待っているうちに3ヶ月経っちゃったんですけど、  このタイミングでついにそれが来てしまった!  しかも!手持ちが割と余っているこのタイミングで!  というわけでXbox Liveのゴールドメンバーシップを買ってきました。  13ヶ月分です。なんか1ヶ月お得になるプリペイドカードみたいなの売ってたので。  これで来年7月まではゴールド会員だ…。  いい機会なのでSunset Overdriveもさっさと買いたいと思います。  まあただプレイするのはいつになるかわかりませんが…。  今は割と忙しいし、ちょっとした隙間時間ならスプラトゥーンやりたいし、そうこうしてるうちに来月は留学だし。積みゲーが増えていく…。 --------------------  そういえばMicrosoftのゲーム絡みでもう1個ニュースありましたね。 製品版「Oculus Rift」はXbox Oneのゲームプレイが可能 - ITmedia ニュース  MicrosoftとOculusがタッグを組み、来年初めに一般発売されるOculus Riftの製品版にXbox Oneのコントローラーが標準付属し、Windows 10を経由することでXbox OneのゲームをOculusでプレイできるというもの。  Oculus自体は私は以前雪まつりの会場でミクさんの映像を見て感動し、そのインパクトがあったので結構期待してるんですけど、  まさかそれとMSが結びつくとは!やはり目の付け所が違う!!  いやまあソニーのPS4もProject Morpheusという似たような取り組みを自社でやってるのですが。   Xbox Oneを購入しようか迷っていた時に、大きな後押しになったのが  「Microsoftがなんかすごい未来を見せてくれそう」という雰囲気で、そこへの先行投資みたいな感じで購入に踏み切ったわけですが、  実際にHoloLensやWindows 10のリモートプレイ、そしてOculusの連携まで発表されたことで、  いよいよその期待を本当に叶えてくれそうな感じがしてとてもワクワクしています。最高。  OculusでMinecraftできたら絶対面白いよなあ。楽しみ。  実用化まではいろいろあると思うけど頑張ってほしいです。Oculus RiftもHoloLensも。  いやあ来年が楽しみだ。バックトゥザフューチャーの世界は2015年になっても実現しなかったけど、意外とSF的な未来の世界って実現しかけているのかもしれない。 --------------------  Surfaceを買ってからというものMicrosoftには全幅の信頼と期待を置いているわけですが、  今回の発表でますます期待が高まりました。  改めて思いますけど、現状で勝ってる側というか上手くいってる側には世界を変えることってできないですよね。  AppleのiPod・iPhoneも、任天堂のNintendoDS・Wiiも、既存の市場でライバルに負けていたからこそ新たな市場の開拓に成功したわけで。  そういう意味で、現在の主流であるスマートフォン・タブレット市場で負けている今のMicrosoftこそが次の時代を引っ張ってくれるんじゃないかなーとか思っています。  というわけでとりあえず早くMicrosoft Bandの日本語版出してください。買います。 ...

comment  0
favorite  0