ひとりごと 6年前

一人

9月が終わろうとしています。  いつも通り月8回ペースを守って、月末にもう1個くらい記事を投げて終えたいと思います。  が、溜まっているネタがいくつかあるのでもしかしたら超えるかも。超えないかも。的な。  これも休みのたびに言っていることですが、連休中はまとまった時間が取れなくて逆にブログが進まないという現象。よくある。 --------------------  米津さんのアルバムのクロスフェードが来てましたね。  YANKEEと違って統一性のあるコンセプチュアルなアルバムになっているようで、中毒性の高い曲や電波的な曲が少ないのかな?という感じです。  でも何だかんだ聴き込むことになるのは確実なので楽しみです。  個人的には「Neon Sign」と「シンデレラグレイ」が気になる。早くフルで聴きたいー。  いろいろな曲が詰め込まれているタイプのアルバムって、最初は聴いていて楽しいんですけど、時間が経つにつれて「好きな曲・好きではない曲」に分かれていき、  アルバムを通して聴こうと思っても、途中で「好きではない曲ゾーン」に入ると思わず止めてしまったりすることがあります。4分耐えられないというか。  具体的にはBUMPのアルバム「RAY」がそんな感じですかね…。5曲目あたりまで大好きなんですけど。  その意味で、ある程度まとまったアルバムの方が長く聴きやすいような気がします。  『モノクロノ・エントランス』はまさにそういうアルバムで、1曲が短めなことも相まって、未だに何度も何度も通して聴いています。5曲しかないのも大きいですが。  去年YANKEEを買った時に、クロスフェードを聴きすぎてアルバムを買った時には飽き始めていたという残念すぎる現象が起きたので、今回はクロスフェードも何回かしか聴かないようにしています。期待を高めていく。……と言いつつちょこちょこ聴きたくなるのですが。 --------------------  私の好きなものって、思ったほど周りと共有できないことが多くて、  つまり、アニメとか、ゲームとか、ボカロとか、ロキノンとか、そういう括りでは周りに共通の趣味を持つ知人がいるものの、  その中で、ピングドラムとか、ドンキーコングとか、wowakaさんとか、ヒトリエとか、細かいレベルで一致する人はあんまりいなくて、だからこそそれをブログに書くしかないという側面もあったのですが、  スプラトゥーンは久々に大ヒットというか、周りの人が結構な割合でハマっているものに私もハマっているのでとっても幸せです。こんな素晴らしいコンテンツを生み出してくれてありがとう…っていう気持ちです。 --------------------  最近、休日より平日の方が楽しい。  より正確に言えば、授業の少ない平日の方が楽しい。です。  理由としては、まあ単純に言えば家族と一緒にいるとストレスが溜まるという身も蓋もない感じなのですが。  いや、別に家族関係が悪いわけでは決してなく、  高校生の弟とは未だに毎晩スプラトゥーンを交互にやってウデマエが落ちた責任を擦り付け合うくらい仲が良いのですが、  それはそれとして、家にいることで常に対人関係を要求され、自分の時間を管理され思うように使えなくなることのストレスを、本当は前から感じていたのだと思うけど、留学で疑似一人暮らしを経験したことでますます感じるようになりました。  「一人になってみると家族のありがたみがよくわかるよ」みたいな話、よく聞きますけど、  実際一人になってみると全然ありがたくもなくひたすら解放感しかないですからね。  カナダにいる間、友人と会いたいなーということはあっても、家族と会いたいなーと思うことはあんまりなかった。気がする。  まぁ自炊とか洗濯とかが絡んでくるとまた違いそうですが、でも家事を理由に求めてしまう時点で家族である必要もあんまりないですよね……。  そんなわけで、大学の図書館とかカフェとか学食にいる方がよっぽど快適だし幸せです。もしくはそのへんのマックとかスタバとか。  大学がそこそこな近さにあれば休日も通ってたと思います。中学や高校の頃と違って居心地いいし。  ああ、でもこれはどちらかというとSurfaceを買ったことの方が要因としては大きいのかも。フルスペックのワークスペースを完全に持ち運べる以上、電源さえ確保できれば家に帰る理由が一切ないですからねもう。レポートも創作もネットも全て外でできる。  さらに言えばこの半年で収入が劇的に増えたことも重なっていて、毎日外食とかしても金銭的には一切危なくない、というのも大きい。  それでも、一人暮らしの諸経費を全て賄うレベルの収入ではないし、学費などで依存している身なのも変わらないので、今のところ一人暮らしを今すぐ始める気はないのですが……。  あー。家に帰りたくないー。  最近特に面倒なことになっていて苦痛度が増しています。この土日は私の人生を通しても珍しい、「早く平日になれ…」と思う週末でした。  でも中学の頃も似たようなことを思っていたし、高校の頃もそうだった気がする。いや学校にもいなかったですけどね。帰り道の駅前のデパートで何となく時間を潰しているとかそういう感じ。  基本的に一人でいるのが好きなのですが、大学入ってからの1年くらいがある意味特殊で、高3の頃の「家に帰ると受験勉強の話をされて気が休まらない」状態の反動でそれなりに居心地が良かったのと、そもそも家にしかパソコンがなかった状態が重なって、結構早めに家に帰ってたんですよね。  まぁ、20歳にもなって一家団欒大好き~みたいな方が気持ち悪いんである意味正常なのではないでしょうか。たぶん。  そんなわけで今もマクドナルドでブログを書いていたりします。紫いもシェイク、マックの新商品にしては久々に美味しいです。 --------------------  一人が好きであること、と、  他人と一緒にいたいこと、とは、  別に矛盾しないよなぁと思っていて、  というか、人間はだいたいみんなそういうものじゃないかなぁなんて思うのですが。  私の場合は、単に「一緒にいて楽しい相手とは一緒にいたいし、そうではない相手とはそうではない」というだけの話で、  逆に、ごく一部の人とはもうむしろ毎週でも毎日でも会って話がしたいなんて思うこともある。  まあそんなことを思った相手というのは人生で2人か3人くらいかなぁという感じですが。  最近、とにかく自分の孤独に耐えられないことが多くて、  できる限りの自分の感情を共有せずにいられなくなっていて、  もちろんその一部はブログやツイッターで満たされているし、  同様にその一部、または大部分、は現在いる友人で満たされてもいるのですが、  やっぱりそれでは足りないと思うことも最近あって、どうにかできないかなぁ…と考えている日々です。  考えているだけでは何も起きないのですが、考えないことには何も始まらないので、考えています。  何でしょうね。この記事、本当に読んでいる人に意味を理解してもらえるのでしょうか。不安です。でも上げます。  「マックにいる」って書いちゃったせいで、この記事を書き終わらないとマックから帰れないんですよ。そろそろ終電がヤバい。…いやさすがにそこまでではないか。 --------------------  ブログに関することの発表を早いうちにしようと思っていたのですが、あまりにめどが立たないので先送りになりそうです。今年中には……。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 6年前

SW

気づけばシルバーウィークも終わってしまいました。  …何もしてない!びっくり!  いろいろ進めたかったんですけどねー…。  出かけてたり、面倒なことに巻き込まれたり、スプラトゥーンしてたり。でした。…うん、たぶんスプラトゥーンが悪い。  そういえばようやくガチマッチでウデマエがSに上がりました。必ず一試合に1~2人ほど化け物が混じっていて変態的な動きで無双していて、最初は面食らっていましたが段々と慣れてきました。Sランクは修羅の世界だ……。  武器は相変わらずスプラローラー使ってますが、たまーにボールドマーカーも使うようになりました。あのへんからちょっとずつシューターにも慣れていきたい。 --------------------  以前の記事で迷っていたほぼ日手帳のカバー兼ペンケース、どうしようかなーと思っていたのですが、  LOFTでPC(タブレットケース)やペンケースなんかを眺めているうちに、  「手帳も収納できるサイズのポーチを買えば解決なのでは?」ということに気づきました。  いや、元々、Surface用のケースを無印良品の500円のエンペロープにしていたので、  ちゃんとしたものを買いたいなーと思っていたのですが、  PCケースというよりインナーバッグみたいなものを買って、  それとお揃いの小さめのポーチを買って…という風にすれば、  手帳とペンとSurface(ついでにマウスやバッテリー)が常にひとまとめになるわけで。  しかも、そこそこ良い感じのケースを2つ買ったとしても、だいたい5000円~7000円。  手帳カバーに13000円出すより明らかにコスパが良い。  ……というわけで高い手帳カバーは買わない可能性が濃厚です。  正直、代わりが見つからなければ買うことも覚悟していたんですけどね……。  あと、サンドウィッチカバーのレビューが(おそらくネットで唯一)上がっているブログがあって、参考にさせてもらったのですが。  [購入レビュー]ほぼ日手帳2016WEEKS専用カバー「サンドウィッチ(オリーブ)」、柔らかなコットンと革のしなりのコンビネーション! #ほぼ日手帳 #手帳ゆる友 #hobonichi : ナックルウォークで行こう!  とても良い感じで惹かれるのですが、「中にペンとかを入れすぎると文字が書きづらくなる」ということが書いてあって、  ペンケースとしての機能をメインにするくらいの気持ちがあった私からすると、ちょっと合わないかなー…という不安も、購入を踏みとどまらせました。  欲しいんですけどね……。値段と性能とを見比べて、今回はパスかなー…という感じ。    ちなみにそのPCケースとポーチですが、買うのは手帳含め来月になりそうです。  今すぐ欲しいわけではないのと、もしかしたら来月発表されるSurface Pro 4を買う可能性があって、  しかもSurfaceはサイズがどうなるかさえ未知数(Pro2→Pro3でサイズが変更という前科アリ)なので、そのへんいろいろ見定めないことにはケースが買えない、という…。  しばらくはLOFTで悩んでいようと思います。 --------------------  そういえばMicrosoft Band 2の画像リークが来てましたね。  microsoft-band-2-1-480x231-3912692  Microsoftの新しいリストバンド型活動量計「Microsoft Band 2」が流出 | ガジェット通信  うん。かっこいい。  機能としては元々のBand 1からさらにセンサーがいくつか追加されるという、まあ予想通りの感じ。  Apple Watch路線に行って値段2倍、みたいなことにはならなさそうで一安心です。  Surface シリーズがタブレットとPCの中間(両方のいいとこどり)で新たな市場を開拓したのと同様に、  Microsoft Bandもスマートバンド(Fitbitなど)とスマートウォッチ(Apple Watch)の中間を狙っていくのがいいかと思います。  あとの問題は日本語対応するかどうか。これに尽きる。  ぶっちゃけ日本発売自体は最悪Amazonで輸入するのでどうでも良いし、  アプリのローカライズも英語で特に不自由しないのでどうでも良い。  問題なのは、通知の日本語表示、つまり、届いた日本語メッセージをそのまま映すことが可能かどうか。  もう本当に期待してます。今一番欲しいです。  いや、もう日本語表示もできなくてもいいんじゃないだろうか……。スケジュールを英語で登録すればいいだけだし……。  Twitterもアプリ自体を英語設定にすれば「@xxx favorited your tweet!」とかは読めるわけだし、それで十分なのでは……。  ……うん、とりあえず発表を待ってます。気づけばもうあと2週間ですよ。 --------------------  ところでブログに書きたいネタが既に4つくらい溜まっていて大渋滞起こしてるんですけどどうすればいいのでしょう。  最近、何とかしてこのブログの「ひとりごと」カテゴリーの分割を考えているのですが、  強いて言えば「日記」「世の中の出来事」「考えごと」みたいな感じに分かれると思うのですよ。私のブログ。  ……ただ、それをしっかり分割した記事を読みたいか?と言われると微妙なところで、  それぞれが1つの記事に同居しているからこそ、あまりくどくなってないのかなぁとも思ったり。  いや、前々回の記事とか割とくどかったですけど。  まして、考えごとで純度100%の記事とか本当に誰が読みたいのかって話ですし、今くらいがいいのかもしれません。  むしろ複数カテゴリーでタグ的に管理した方がいいのかなー。しかし「ひとりごと」カテゴリーで近況報告しないことの方が珍しいしなー…。  と、まあ、そういうことで、今の、「基本的にアクセスガン無視したひとりごと、たまにアクセス狙いで媚びた記事」というスタンスがちょうどいいのかなぁ、などとも思っています。  媚びた記事というのはだいたいゲームカテゴリーに入ってるやつです。  ちなみに現在のこのブログのアクセスの大半はスマブラDLC記事によるものですので狙い通りって感じではあります。  このブログのアクセス数を増やしたいのはヤマヤマなのですが、一方でそのために自分の書くことを縛るのは本末転倒だし、そういうブログにすることの意味もないので、いろいろ考えています。 --------------------  とにかく、近いうちに予告しなきゃいけないのにしてないことがあるんで明日こそは……。  でも金曜提出のレポート課題が残ってるんですよね。  なんで連休中に全く進んでいないのか、自分でも不思議なのですが。……死にたい。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 6年前

ウェブログ

ここ1ヶ月半ほどバイト関連がだいぶ落ち着いていたのですが、また一波乱ありそうです。  今のところはそんなに忙しくないんですけどねー。今月末から来月あたりに何かありそう。  まあ割と暇してたしお金貰えるのだからそれはそれでいいんですけど、個人的にやりたいこともたくさんあって、具体的にはこのブログ関連とかあとニコニコ関連で。  そういうものって、後回しにしようと思えば後回しにできてしまうんで、だからこそ頑張らなきゃなーって思います。  具体的な告知とかは近いうちに。シルバーウィーク中には目途が立つのではないでしょうか。 --------------------  米津さんのブログが久々に更新されたので読んだのですが、  やはり米津さんの書く文章は素晴らしいなと。  こういう独特の感性と言葉選びを持つ人の長い文章を読むと、何となく嬉しくなります。  ブログという媒体が優れている点は、文章と文章の繋がりを自在にコントロールできる点だと思って、  TwitterやFacebookに書いた言葉は、タイムラインという共有スペースの一部として挟まって押し流されていくのだけど、  ブログに書いた言葉は常にその位置を保って、その人が一人で作り上げた全体に対する一部として置くことができる。  そういう文章を書くためにブログをやっているのだと思いました。  私がそうであるように、おそらく米津さんもそうなのではないかと思うのですが、  自分一人で考えを巡らせ、思いを詰まらせ続けている人は、きっとツイッターでは物足りなくなってしまうのです。  どんなにツイッターが優れたツールであったとしても、完全にブログの立ち位置を奪ってしまうことはないのだろうなと。 --------------------  私は数日に一度ブログを更新するのですが、  書き終えたブログ記事を読み終えて、「ああ、今日はいい記事になったな」とか、「今日の記事はあんまり良くないな」とか、そんなことを考えます。  記事の内容のクオリティは、実はどうでもよいことが多くて、  記事の内容なんて、何か面白いことがあれば充実するし、何もなければ充実しないし。  むしろ文章表現に価値を見ていたくて、  例えば、自分の思っていることをすっきりと表現できたり、書いている中で「この視点は世の中にあんまりないんじゃないか」というものを提供できたり。  私自身が、そういうものを読むのが好きだし、そういう人間になりたいとも思うので、  皆さんにもそんな感覚であったり価値であったりを提供したいなと思います。  別に情報ブログでもなければまとめブログでもない、こんなブログを読まなくなったからといって何も損はしないのだけど、  でも、このブログを読んでも損はしないよね、みたいに思ってもらえれば何よりです。 --------------------  ブログをやっていてよかったなと思うのは、昔のことをいつでも読み返せることで、  たとえ読み返す必要がなくても、もしくは二度と読まないとしても、読み返せる状態にあるというのは大事なんじゃないかなって思います。  たまに3~4年前の記事とか読むと結構面白いですしね。  1年前にブログに書いたことは、見ようと思えば誰でも今すぐ見られるのだけど、  1年前にツイッターに書いたことは、二度と誰にも見られない。  そこに、形に残らない世界の怖さがあると思っていて、  今ツイッターに書いている言葉たちは、そのまま消えていって、どこにも残らないんですよ。  だからこそ、考えていること、感じたことは、ちょっと億劫でもブログに書いておきたいな、と改めて思いました。  ブログを読みさえすれば、ああ、1年前の今頃、Pokemon GOの映像を観たり、ヒトリエのシングルの情報が出たんだなって、1年後の私は思い出せるんだけど、  1年前の今頃、私の周りにスターライトステージ沼にハマる人が多かったなって話は、思い出せないかもしれなくて。  だから、こういう場所にいろんなことを書いておくのは、できる限り続けていたいな、と思いました。  ……あ、ちなみに私はデレステやってません。機種古いし、そもそもキャラ知らないし…。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 6年前

足かせ

前回の記事で書く内容を予告したので、次の更新は余裕、土日にでもすぐに行ける!と思っていたんですけど。  実際、内容が固定されるプレッシャーって思った以上に重たくて困りますね。SEALDs記事を書いてる時も思いましたが。  やっぱり書きたい時に書きたいことを書くのが一番ですね。  ところでこのブログの説明文、トップページは「生きるってことは、罰なんだね。どうしてそれが、それがハッピー?」というもので、  アニメ『輪るピングドラム』のセリフと、楽曲『アンハッピーリフレイン』のフレーズを組み合わせているんですけど、  それとは別にGoogle検索やTwitter Cardsで使っている「好きなことを、好きなように。」というキャッチコピーがあります。  これは、さすがに外部サイトで表示する時はもう少しマイルドでわかりやすい説明文を載せようと思ってやっているのですが、  そもそも外部サイトで紹介できるような特徴がなさすぎるところに問題があるような気がします。  なんだカテゴリー「ひとりごと」って。バカにしてるのか。SEO死んでるぞ。  というわけでちょっと近いうちにもうちょっと何かしたいです。  できるかわからないけど目指してます。 --------------------  そういうわけで米津さんの新曲「フローライト」です。めっちゃ聞いてます。    爽やか!なんかシュガーソングとビターステップの雰囲気とか思い出させます。  アンビリーバーズもこれもかなり歌詞がストレートになっていますが、一方で独特の節回しや語感の良さは保たれていて、米津さんのオリジナリティはほんと凄いなーと。 気づけばアルバム発売も近い。楽しみ! --------------------  ところでヒトリエも新譜出すみたいですよ。11月4日、「シャッタードール」。

 新曲自体は楽しみなんですけど、シングルとは思えない値段がちょっとネック。 ¥2300+税って高くない?iTunesだと¥750なのに?  特典のフォトブック(252P)、wowakaさんが写真に目覚めたのはインタビューとかで知ってるんですけど、しかしそれを売り物にするのはちょっと違うというかまだ早いような…? でも何だかんだヒトリエのCDは初回限定盤をコンプリートしてるので買っちゃう気もします。  あ、あと、『ルームシック・ガールズエスケープ』と『non-fiction four e.p.』が合体したものが再販されるそうです。  この2枚は本当に名盤なのでぜひ買ってください!特にe.p.の「ハネルマワル」が埋もれているのは本当に惜しい。あれは名曲。  あと、これが再販されることで昔の曲を久々にワンマンでやってくれることにも期待。トーキーダンスは留学中で行けなかったので次は行こうかなー。あるなら。  サブリミナル・ワンステップ→トーキーダンス→踊るマネキン、唄う阿呆→ハネルマワル→ワールズエンド・ダンスホール  みたいな感じで踊り狂うセットリスト来たら本当に嬉しい。  ……っていうか踊ってばっかりだなヒトリエ……。 --------------------  「Pokemon GO」の情報ありましたね。ポケモン×Ingress。    これが本当に実現するならやばい…やばいぞ…!って感じですが実際どうなのでしょう。  位置情報連動はともかく、バーチャルリアリティ部分はどこまでが「※あくまでイメージです。」ってことになるのでしょうか。実際に触ってみないことにはなー。でも絶対やってみたい。  そして通知機能があるならますますスマートウォッチが欲しいですな。まぁPOKEMON GO PLUSも買いますけど。 --------------------  ほぼ日手帳の話は後日にします。眠いです。  いや、いつの間にか手帳を買うシーズンなんですけど、いまいち決めきれてないーっていう話です。  結局今年は全然手帳使いこなせなかったんで、なんとかしたいんですよね。  そのためにはまず、「手帳と筆記用具(ペン)を両方探さなきゃいけない」という状況を解決したい…。  なんてことを思っていたら、  ミッドナイト - 手帳ラインナップ - ほぼ日手帳 2016  hobo  手帳がポーチになる!すごい!  色もデザインもオシャレだし、ペンケースは大学で絶対出すわけだし、これなら手帳を持ち歩く習慣を強制的につけられるに違いない。  まさに私のためのアイテム!  これはどんな値段であっても買うしか…! hobo2  買う…しか…。  …高い!  いやでも、手帳カバーとケースが一体化していると考えれば、このくらいの値段は許容範囲…。  いや高い!やっぱり高い!!    正直、5桁超えなければ割と即決レベルでした。  でもさすがに手帳本体合わせて15000円は…どうしよう…って感じです。だってNew 3DS買えちゃいますよ。  しかしこのカバーは本当に魅力的だ…。すごく悩む……。  そんなわけでここ数日悩んでいます。誰か買ってください。 --------------------  悩んでいるうちに9月がもう半分終わっています。  10月は米津さんの新アルバムにMicrosoftの発表会と楽しみなイベントがたくさんあるので早く10月になれ~って感じなのですが、 でもやることもいっぱいあります。さしあたっては5連休でいろいろ進めなければならない…!  がんばります。あと3日で連休だ~。  …今週まだ半分も終わってないんですね。絶望した。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 6年前

買ったもの、買うもの、いろいろ

金曜日です。  私にとっては新学期最初の1週間が終わりました。  学期が始まって早々に大雨の連続で滅入るばかりでしたが、なんとか乗り切りました。  ……前日夜にスプラトゥーンやってて今日の授業思いっきり寝坊したのは秘密。 --------------------  前回のSEALDs記事を書くのに1週間くらいかかっちゃった関係で、結構話題が溜まっちゃってるのですが。  『ドラゴンクエストVIII』の3DS版を買いました。  といっても、電車の中などの空き時間に本当に少しずつしか進められていないので、まだ序盤ですが……。一応ゼシカが仲間に加わりました。  ロードが微妙に長かったり、アクションがリアルになったが故にもっさりしていたり(タルを持ち上げて壊す動作など)、微妙に不満点もありますが、総じていつものドラクエの安心感はそのままで、ついつい止め時を見失います。レベル上げしてるだけで楽しい。  マップはもちろん3Dなんですけど、スプラトゥーンのやりすぎで上を向くときに3DSを持ち上げたり、Xボタンでジャンプしようとしたりしてしまいます。あとCスティックのカメラ操作が強制リバースなのがクソ。  フルボイスは最初どうなのかなーと思っていたんですけど、意外と気にならないですね。リメイク前をやってなかったからというのもあるのでしょうが。 ただテンポが悪くなるので基本的には最初の3文字くらい聞いたところでスキップしてます。  好きな声優でも出てたら別なんですけどねー。そう、たとえばゼシカ役が伊藤美来さんだったりしたらもうちょっと真剣に聞いてたかも……。 --------------------  『スーパーマリオメーカー』も発売されましたね。 私自身もですが弟が欲しがっていたので買いました。  注文忘れててディスクフリー版の発送が遅れそうだったので、値段も考えてダウンロード版にしました。パッケージは別にいいかなーって。 Splatoonとディスク入れ替えなしで切り替えられるの素晴らしい。  内容ですけど、演出がいちいち「わかってるなあ…!」って感じで最高です。 クリエイトツールをメインにしたゲームがフルプライスってあんまりないと思うんですけど、それを逆手にとって、これでもかとばかりに要素が詰め込まれているので楽しいです。  ただ使えるパーツがリアル時間連動で解禁なのだけが勿体ない…早く使わせてほしい…。  と、言いつつ、実際初期パーツでも頑張れば結構いろいろ作れるんで、アリっちゃアリかなーと思いました。  あと、キャラマリオの解禁がAmiiboなしだと相当面倒臭いので、Amiibo買おうかなってちょっと思い始めているのが汚い。 ディディーコングのキャラマリオ解禁してスパドンSE出してみたい…。  これを楽しめるかどうかはほんと人によるかなーと思います。 あと、クリエイトツールの醍醐味として、ユーザー配信ステージに関しては大半がクソなので安心してください。かくいう私もクソみたいな難易度のステージ作りましたけどね…。  ステージ名は「クリボージャンプとノコノコステップ」で配信中です。 何となく語感が某アニメのEDっぽいのは気のせいだと思いますよ。 --------------------  ここ数ヶ月でいろいろなものが出る(出た)ので、右サイドバーのおすすめ商品を一挙に追加しました。  マリオメーカーWiiU、米津さんの3rdアルバム「Bremen」、スプラトゥーンサウンドトラック、ドラクエ8。  ……で、スプラトゥーンのサントラを追加しようと思ってAmazonで検索してたら、    こういうものが出ることを発見し、シオカラーズのストラップを即予約しました。  楽しみー。楽しみ。  シオカラーズは本当にキャラクターの見た目も性格も関係性も設定も何もかもが好みなのでどんどんグッズ展開してほしいですね。具体的にはキャラスリーブとか欲しい。 --------------------  Apple新製品の発表もありましたね。  私はMicrosoft信者になりつつあるのでAppleにはそれほど注目していないというかiPod nanoの新型出たら起こしてって感じなのですが。  コンセプトが斬新すぎてTwitterでSurfaceがトレンド入りしたiPad Proといい、 加速度センサー付リモコンで体感ゲームが遊べるApple TVといい、 ジョブズ亡き後のAppleって基本的に他社の後追いしかしてないよなーって。  ただ、Apple Watchもそうでしたけど、Appleが凄いのは、  他社のアイデアを参考にしながらも、デザインコンセプトとインターフェースを極限まで洗練させて出す完成度の圧倒的な高さと魅せ方の上手さだなーと。  Apple自体が築いたブランドイメージの強さも含めて、そのあたりはGoogleやMS含めた他社には太刀打ちできない部分だと思うのですが、  でもiPad Proはそんなに売れないでしょ…。  ノートPCの代わりになるタブレット、と言われても、マウスやトラックパッドがなくて、PCソフトが動かない(フォトショやOfficeなど一部アプリ化されてる人気ソフトのみ)、って Surfaceと争う以前にMacBookAir買った方がいいのでは?と思います。  値段的にも、Surface Pro(キーボード込み) < MacBookAir < iPad Pro(キーボード・ペン込み)らしくていよいよ何が何だか。 RAMも4GBなら無印Surface 3でいいのでは?という。  「PCっぽいものは欲しいけどPCのOSはよくわからない」という意識の低い大学生が買うくらいしか思い浮かばないんですけど、実際どうなんでしょうね。  こういう2 in 1 方面のアプローチをしようと思うと、最終的に問題になるのはスマホ・タブレットとPCのOSの違いをどうするかで、 MicrosoftはWindows8でそこに取り組み始め、いろいろと失敗もあったもののWindows 10で何とか「全てのデバイスで動くOS」を達成しようとしています。AppleやGoogleが今後どうしていくのは気になるところ。  あと、Apple TVのコンセプトを見ていると、「ああ、岩田社長がWii Uでやりたかったのはこういうことなんだろうなあ」と思ってちょっと切なくなりました。  リビングを支配するガジェット、テレビで動画を流したりインターネットを見たりできて、さらにゲームもできる。みんなで遊べるゲームもできるし、一人でも遊べる。 実際、Apple TVのリモコンは確かに革新的で便利だと思うのですが、「ブラウザや動画検索の際には手元の画面があった方が良い」というのも理に適っているんですよね。  ただ、Appleはゲーム会社ではないので、スペックを落として価格を下げられるし、 たくさんのアプリを最初から用意できるし、動画コンテンツも用意できる。 「手元の画面はあなたの持っているiPhoneやiPadを使ってね」と言える。  そういうやりたいことに対して、方向性は間違いなく先見の明があったのだけど、任天堂一社で実現するには早すぎるし大きすぎる思想だったのかなあ…なんて考えてしまいます。  ゲーム機の電源を入れてもらうために。 - ほぼ日刊イトイ新聞  この、Wii U 発売直前に岩田さん・宮本さん・糸井さんが対談した記事を読むと納得してもらえるんじゃないかと思います。  普通に面白いし興味深い内容なので、ぜひ。 --------------------  そういえばMicrosoftも10月に発表会をするようです。2つ前の記事でさらっと触れましたが。  新型Surface Pro 4やMicrosoft Band 2が10月にやってくる : ギズモード・ジャパン ...

comment  0
favorite  0
かんがえごと 6年前

国会前デモに行ってみて、SEALDsに感動したこと、そして意見したいこと

少し前の話になってしまいますが、8月30日の国会前デモと、9月4日の国会前抗議活動に行ってきました。  その中でいろいろと気づかされたことや、思うことがあったので、それを文章にしてみたいと思います。  あくまで個人的な主観ですので、間違っている点や的外れな点も多々あると思いますがご容赦ください。 --------------------  8/30の安保法案反対デモは、その規模からニュースでもそれなりに取り上げられたので、知っている方も多いと思います。  主催者発表は12万人、警察発表は3万人とのことですが、実際に行った感覚としてはちょうどその間くらいかな、と。 航空写真を元にした計算で10万人はあり得ない、というような考察もされていましたが、実は国会前にいた人が全てではなく、人が多いことを理由に途中の交差点で警察が通行規制かけたりしてたし、もともと日比谷公園に集まっていた人もいたのです。そのへんは計算に入れたのかな?と疑問に思います。  年齢層としては、SEALDsの影響か若い人もちょこちょこ見かけましたが、基本的には年配の方が多かったです。  私自身はデモに参加するのは初めてだったのですが、その熱気は凄いものがありましたし、現実における行動として大勢の個人が一丸となって意見を主張するのは、民主主義の1つのピースとして確かに価値のあるものだな、と改めて思いました。  もちろん、完全に賛成できたわけではなく、違和感を覚えるシーンもあったのですが、それは後で書きます。 --------------------  「SEALDsのデモは新しい」、という話は前々から耳にしていたのですが、8月30日の国会前デモは様々な団体が一つになっている関係でその感じがあまり見えなかったので、9月4日、毎週金曜に行われている国会前抗議行動にも行ってみました。  確かにSEALDsのデモは新鮮でした。  ラップ調で英語交じりのテンポの良いコールは、今までのデモにはなかったものです。  "Tell me what democracy looks like!"  "This is what democracy looks like!"  という英語の掛け合いなんて特にクールとしか言いようのない光景で、8.30ではコールを入れることにあまり乗り気じゃなかった私も思わずノリノリでコール入れてました。  コールとメンバーのスピーチを交互に入れるスタイルも新鮮で、SEALDs側も参加者も過度に疲れずに済み、イベント自体にも緩急がつく、素晴らしい発明だと思います。 8.30は1時間ほどいたところで飽き始めてしまったのですが、9.4は気づいたら2時間経ってました。 このあたりはアーティストのライブイベントでMCを入れることにも近いものを感じます。  デモに参加して何になるのか、ということを、SEALDsデモに参加する前の私はいまいちわからずにいました。  しかし、9.4のデモに行ってみて、何よりも驚いたのは、  そんな難しいことを考えるまでもなく、SEALDsのデモは、楽しい ということです。  他の団体の、なんだか暗くて、傍目にも異様な雰囲気を醸し出している抗議行動と違って。  義務感や正義感に駆られてイヤイヤ行く必要もなく、日常の延長線上に確かにデモがあるのです。  好きなアイドルのライブに行ったり、好きなバンドのコンサートに行ったり、前から気になっていたレストランに行く、そういう感覚でデモに行くことができるのが、凄いな、と思いました。  それは、ともすれば、「不真面目な若者の集まり」だと思われるかもしれないけれど、日本でデモを当たり前のものにするためには、これが必要なのだと気づかされました。 --------------------  さて、SEALDsのデモを実際に目の当たりにした上で、SEALDsに対して意見したいところが6点あります。…多いですね。  1.コール・スピーチともに理論的な根拠が弱い。  2.「反自民・反安倍」を前面に押し出しすぎている。  3.他の左派団体に同調しすぎている。  4.インターネットでの無関心層への情報発信が弱い。  5.SEALDsへの批判・指摘に反論しきれておらず、間違った理解が広まっているのを見過ごしている。  6.Twitterのツイートがなんか感じ悪い。  順に説明したいと思います。  重ねて言いますが私はSEALDsの活動理念やその方向性は素晴らしいと思っていて、応援したいし、今後も参加したいのですが、だからこそ、あえて苦言も呈したい、ということです。 --------------------

1.コール・スピーチともに理論的な根拠が弱い。

 前述したような「This is what democracy looks like」というコピーのキャッチーさは言うまでもなく、 その日本語版である「民主主義ってなんだ?」「これだ!」も同様にハイセンスです。  しかし、これらのコールには特に主張が入っているわけではありません。  「戦争反対」「絶対廃案」という意思表示も同様に伝わるのですが、「なぜ戦争反対なのか」という部分が弱く、合間のメンバーのスピーチでも、感情的な主張がメインで、その論拠に触れることはあまりありませんでした。  もちろん、感情面の話、個人的なエピソードを話すのが悪いわけではありません。  9月4日(金)の抗議行動で紅子さんの行ったスピーチ、私も生で聞きましたが、共感できる部分も多くありましたし、しっかりと意志が伝わる、素晴らしいスピーチだったと思います。
【スピーチ全文掲載】「従順さと物分かりの良さがファシズムに加担しないために、私は学ぶことをやめません」ーー8.30国会前大行動直後の金曜日 SEALDs紅子さんスピーチ  特に私と同世代の大学生にとって、耳の痛い、しかし筋の通った内容であると思うので、ぜひ一度全文に目を通してほしいのですが、しかし、あえて指摘したいのは、最後の部分。
 ゆとり世代と呼ばれた私たちの、考えないでいられるというゆとりを壊すために。従順さと物分かりの良さがこれ以上ファシズムに加担しないために、母の言葉に感謝しながらこれからも私は学ぶことをやめません。  そして、ここまで学んできて現在、欠陥だらけの安保法案の廃案と安倍政権の即刻退陣を求めます」
 なぜ「安保法案は欠陥だらけ」であることを前提として流してしまうのでしょうか。  「わかりやすい言葉でのコール・スピーチ」を心掛けるというSEALDsの姿勢は素晴らしいのですが、それは「難しい部分を省いて感情面の説明に終始する」とイコールでなくても良いのではないでしょうか。  

2.「反自民・反安倍」を前面に押し出しすぎている。

 1とも関連することなのですが、SEALDsのコールは「絶対廃案」「戦争反対」など、安保法案にフォーカスしたものも多いですが、同時に「安倍はやめろ」「どうでもいいなら総理をやめろ」「国会サボる総理はいらない」など、安倍首相への個人攻撃という趣旨のコールも多いです。  また、「なんか自民党感じ悪いよね」という石破氏の発言をパロディにしたコールも取り入れられています。  しかし、本来、SEALDsの目的は「安保法案を止めること」であって、だとすれば、反自民にこだわる必要はないのではないはずです。  これは私の主観ですが、有権者の多くは、「安保法案に喜んで賛成するわけではないけど、自民党以外の選択肢がほぼないし、アベノミクスも一応成功してるらしいから、まだ自民党が一番マシかな」という感覚を持っているように思えます。  そういった層に対して本気で説得したいのであれば、SEALDsは「自民でも民主でも共産でもいいけど安保法制は廃案にすべきだよね」というアプローチをすべきだし、そういう形で支持基盤の切り崩しをされることが自民党にとっては一番痛いのではないでしょうか。   もちろん、安倍首相である限り安保法案は通そうとするので辞めさせなくてはならない…ということもわかるのですが、あまりに「安倍やめろ」という主張が先行しすぎて、特定政党の支持をする団体、というイメージを持たれて敬遠されている部分があると思うのです。  トレンド入りさせるべきハッシュタグは「#国会サボる総理はいらない」ではなくて「#本当に止める」でしょう。  安倍首相を呼び捨てにすることも含めて、過度に攻撃的な態度を取ることは、むしろ一般の人を引かせてしまうように思えます。  

3.他の左派団体に同調しすぎている。

 2とも関連する話なのですが、SEALDsはどこに向けたアピールとしてデモをしているのか?という疑問があります。  SEALDsは日本の政治運動に久々に現れたフレッシュでセンセーショナルな存在です。高齢化・先鋭化して「デモは一部のおかしな人がするもの」というイメージすらあった日本において、若い人をデモに呼べて、しかもそれをカッコよく演出することに成功している唯一の存在です。  だからこそ、自民党を快く思わない人たちは、団体も個人もSEALDsを絶賛して持ち上げます。左派運動に燦然と登場したカリスマだから当たり前です。  しかし、SEALDsがそれらの団体に方向性を寄せることは、結果的に「なんだ、SEALDsも結局他の団体と同じか」と思われることに繋がらないでしょうか。  少し話が逸れますが、私は、2011年の震災後に起こった反原発デモが、東電の起こした問題の圧倒的な深刻さにも関わらず、あまり一般人に受け入れられなかったのは、その主張があまりに行き過ぎていたから、だと考えています。  原発の廃炉後の処理や事故が起きた場合の損失、40年しか稼働できない故の長期的なコスト面の損失、クリーンエネルギーなどの代替案も含めて適切な主張ができていれば、一般の人も反原発に傾いた可能性もあるのに、安全面や感情論ばかりを喧伝した結果、「放射脳」のレッテルを貼られ、「原発は必要悪」という聞こえのいいキャンペーンに押し負ける形となりました。  安保法案に対する反対運動も、同じ結果を辿ろうとはしていないでしょうか。 SEALDs以外の団体のデモは、もはや政治活動に興味のない一般人が参加する余地はあまりなく、それに向けたアプローチもできていません。外部に発信することをメインにしていない、どちらかといえば内向きのデモだという印象を受けました。  SEALDsにはまだそうならない可能性があります。自民党を応援する必要は特にありませんが、反自民・反安倍色を薄めて、「安保法案への反対」「民主主義の危機」にフォーカスした方がもっと多くの層を取り込めるように思えます。  

4.インターネットでの無関心層への情報発信が弱い。

 さらに3から派生して。  SEALDsはパンフレットを作ったり勉強会を開いたりと、無関心層や、少しだけ関心はあるような層を引き付ける活動も行っています。  しかし、インターネットではその動きがあまり見られず、Twitterの情報発信はデモの実況や感想がほとんどです。  せっかくデジタルネイティブ世代が先導している運動なのだから、もっとネットを活用してもいいのではないでしょうか。 SEALDsサイト上のコンテンツは「SEALDsを知ってくれている人にだけ見てもらう」という感じになっており、外部に発信する活動は、割と他のサイトやメディアに頼っている部分がありそうなので、もう少しそちらの強化もしてほしいなと思います。  訂正)SEALDsの奥田君達に会って来た  このような内容を、SEALDs自身で発信することはできないのでしょうか。   ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 6年前

BIRTHDAY

例年はこういうのを当日に自分から言い出すこともないのですが、たまには、ということで、  20歳になりました。という報告です。  誕生日でした。ドラえもんと同じ9月3日です。  ちなみに誕生日を迎える瞬間は友人とカラオケにいました。たぶんトーキーダンス歌ってました。  そのまま徹夜で朝5時まで歌って、帰宅して就寝、15時に起きてスプラトゥーンやって現在に至ります。  ……なんというか、生きててごめんなさいという感じですが、ともかく20歳になりました。  当たり前ですけど特に何もないですね…。  特に私の場合、法律を順守して一切お酒を飲まないようにしていたんですけど、  カナダで合法的にお酒を飲みまくったので特に変化がないという…。別にタバコとかは吸わないですし。選挙もしばらくないし。  あ、ただ、母親がコーヒー豆を漬けたホワイトリカーを使ったカルーアミルクを作ってくれたんですけど、これは本当に美味しかったです。 --------------------  20歳になることの変化って、大学にいたり友人と接したりする分にはあんまり感じることはないのですけど、  私の場合、バイトの関係で年上の方を相手に、かつそれなりの役割と責任を持った状態で仕事をすることが時々あって、  そういう時に「まだ10代である」というのは一種の免罪符であり、同時にステータスでもあったので、  それが使えなくなることはやや寂しいなーなんて思ったりもするのですが、  とはいえ後戻りすることもできないのでそれなりに進んでいければと思っています。 --------------------  20歳にもなったので、自分自身のこととか、昔のこととか、そういうことを考える機会にしてもよいのですが、  そんなことは割といつもやっているので止めておきます。  10年前に何をしてたかなー…とか考えてみたのですが、私がブログを始めたのがだいたい8年前なんで、さすがに10年前から続けてやっていることはあんまりない気がします。  あー、ピアノはその頃に習ってまして、今でもたまに弾いてます。  ドーナツホールとかアイネクライネとかLet It GoとかDragon Nightとか、結構いろいろ練習してるんですけど、これを披露する機会は一生来ないような気がします。演奏してみた上げるほどでもないですし…。  あ、でも他ジャンルで人気出た後の信者相手の生放送で演奏すれば褒めてもらえるかもしれません。まずは信者を囲う方法を考えなくては……。  で、何の話でしたっけ、誕生日です。誕生日プレゼントに欲しいものをまとめてAmazonリストにしようと思っていたのですが、実名を非公開にしたまま公開する方法がよくわからなかったので来年にしたいと思います。  というか欲しいものが今はそんなにないんですよねー。ドラクエ8なんかは買おうか迷ってはいるのですが、まあ欲しければ最悪自分で買いますしね…。  今一番欲しいものとしてはやはりMicrosoft Bandなんですけど、日本未発売ですし。  10月にMicrosoftが発表会をやって、そこでMicrosoft Band 2が発表されるとの噂があるので、  そのタイミングで日本発売が発表されたら買いますし、発表されなかったらFitbitでも買ってやろうと思います。頼みますよMicrosoftさん…。  そんなわけで気づけばいつものブログになってしまいました。20代になったからといって雰囲気が変わるはずもありませんね。  そういう感じで今後ともよろしくお願いします。一緒に成長していきましょう。  ブログをあと何年続けていけるかわかりませんが、10年後に「そういえば10年前に20歳の誕生日の話なんかもしましたね」みたいな話ができたら最高ですよね。…なんだか洲崎西の洲崎綾さんみたいなこと言ってますね。そんなブログではないのに。  そもそももう少しコメントとか拍手とかが来ないことにはそういう雰囲気にもならないわけですが。……送ってくださってもいいんですよ? --------------------  それはそれとして明日は学校がありまして、明日までに留学関係の書類の提出と履修登録があるんですけど、まだ手を付けてすらないので今から急いでやります。  ではまたー。 ...

comment  0
favorite  0