ひとりごと 5年前

年度末

3月が終わる。年度が終わる。忙しい!  制作中のウェブサイトは4/1公開に向けてラストスパート。がんばってます。 --------------------  2015、2016と、ほぼ日手帳WEEKSを2年連続で買ったものの、結局使いこなせていなくて、  理由を考えてみたところ、「書くことが毎日あるわけではない」のに、「いざ書くときに、そのページの他の部分が空欄になっていることが気持ち悪い」からじゃないかな、と。  週に1回書いたら、ページの6/7が空白になってしまうわけで。  それで結局、ほぼ日手帳も巻末のメモページばっかり使ってしまうという。  で、ほぼ日手帳のWEEKSではなく1日1ページのものを買えば多少はその違和感も改善されるのかもしれませんが、それ以前に、  「私が欲しいのは手帳じゃなくてメモ帳なのではないか」ということに気づき。  新年度に合わせて……というわけでもないのですけど、買ってきました。    ミドリMDノート。ネットで調べていて、割と評判が良く、それでいて値段もお手頃という。  WEEKSが確か1900円くらいだったので、約1/3。この値段なら衝動的に買ってみても問題ない。  で、実際使ってみてですが、これは良い。  たとえ1週空いても2週空いてもやる気が損なわれない偉大さ。手帳なんていらんかったんや……。  スケジュール管理はOutlookがあるし、日記はブログがあるわけで、私には手帳は必要なかったというオチ。社会人とかになったらまた違うのかもしれませんけどねー。  ってこれだけだと別に100均のメモ帳でもよさそうですが、書き味とか紙の質感も好みです。あと、まあ、気分の問題ですけど、ちょっといいもの、使っていて満足感を得られるものの方が作業が捗るような気がします。Surfaceもそうなんですけどね。  生産ツールにお金をケチるのは良くないなぁと改めて思いました。そういうものです。 --------------------  お仕事でWordPressサイトを構築してみて、改めてその多機能性に驚き、  同時に、JUGEMのクソさにも気づいてしまうわけでして。  改めて移行を考えたいところです。デザイン作らなきゃなー。  作曲もしたいしブログの更新も増やしたいしアプリも作りたい。いろいろやりたいので、いろいろやるためのベースとして、やっぱり自分のサイトはもっと強化したいところです。  ほんと時間も足りないし能力も足りない。足りないなりに何とか頑張りたいです。  4月になったらブログを毎日更新したいなぁとか考えてるんですけど、無理そうな気もします。やっぱ5月かなあ。去年も一昨年も5月は毎日更新してるんですよ。逆5月病。  うん。5月までにブログをWordPress移行しよう。あとできれば5月までに一人暮らししてその環境を整えよう。  家族がいるところだとブログ書きにくいっていうのはどうしても要因として大きくて、土日とか長期休みにブログ更新減る理由の半分はそれなんですよね。だからこうやって週3ペースでスタバに来てるわけですけど。早く一人になりたい。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 5年前

満足感

書くことが溜まりすぎてどこから手をつけていいのか。みたいな案件。  あ、書き忘れないうちに、ろこどるOVA上映会行ってきました。おおたかの森。 IMG_20160320_121238  アクリルキーホルダー。結局これしか買わなかったんですけどね。可愛い。  今わたしのバッグにはこれとシオカラーズキーホルダーが両方ついているので、持ち運ぶときにカチカチ音がしてます。傷つかないか不安。  OVA第2弾の最速上映だったので、ネタバレとかは避けますが、面白かったです。個人的には第1弾より面白かったと思います。オススメです。  しかし、少し前なら一瞬で埋まっていたと思われるイベントの席だったのですが、今回は満席にはならず。まあそれでも相当な集客だったし、ぶっちゃけあれにみっくとかああいうアイドル声優が一人でも来てたら一瞬で消えてた気はしますが。  仕方ないこととはいえさすがに熱量を維持しにくい感じになっていて、2期本当にできるのかなあ……という不安が少し。監督や制作委員会の方々はやる気マンマンみたいだし、流山市との関係も良好みたいなので、どうにか頑張ってほしいところ。どうせならクラウドファンディングとかしたら良いのではないでしょうか。 --------------------  で、ここ最近なにをしてたかというとまぁずっとウェブサイト作ってました。頻繁にスタバに通って。今もスタバにいますが。    ただ、そのおかげで(?)クオリティはめちゃくちゃ高いものになりそうです。というか、今回のサイト制作は、Webに詳しくない団体から丸投げされてるので、私の裁量がものすごく大きくてですね。その分仕事も多いんですけど。  パワポでの企画書提出・イラレでのサイトラフ案・htmlでの仮ページ・WordPress化・jqueryでのという一連のフローを全部やりましたし、サイトタイトルとサイト説明文も考えたし、ロゴ制作もやりました。なんというか、電通が会社単位でやってることをギュッと詰め込んだ感じ。もちろんクオリティとか規模は別にして。  そんな感じなので、正直「納品する仕事」というより「個人作品」みたいな感じで、趣味全開で作り込みまくってます。せっかくなのでスクリプトとか「やってみたい挙動」を詰め込みました。これでお金が貰えるのだから幸せすぎる……。    いや、実のところ今月この仕事絡みで嫌になるほどコードを書きまして、こんなイチからWordPressサイトを作るような大型のお仕事はもうしばらく勘弁してほしいなと思うのですが、  ただ、コード書く仕事はここまで長時間やってもあんまり苦にならないなーとも。  たぶんPCと飲み物とお菓子とトイレしかない部屋に1日閉じ込められても全然仕事してられると思った。実際スタバはそんな感じの環境ではあるんですけどね。  動画編集とかはもう少し億劫なので、やっぱりコーディングとかプログラミングの方が向いてるのかなーって思いました。これが仕事になったら疲れるけど楽しいだろうなあ。いやでも仕事になったらストレスばっかりで嫌になるのかもしれない。 --------------------  私のコンピューターに関する特性として、「調べるのが上手い」っていうのはたぶんあると思っていて、よくわからないことでも付け焼刃で対処するのが得意なんですよね。  ググって出てきたコードをとりあえず突っ込んで、ダメならそれっぽい関数を書き換えたりしてみる。みたいな。  そのへんをバイト先の人もだんだんとわかってきたらしくて、無茶ぶりで私に丸投げしてやってもらうみたいな案件が時々入ってきたりします。「このサイトのコレみたいな動きにしてくれる?」みたいなイメージだけもらって、コード見て調べる、みたいな。  で、それを自分自身でもわかってきたので、今回のWordPressに関しては、自分で自分に無茶ぶりしたわけです。「今はできないけど3月までにできるようになると思いますよ」みたいな。  そんなわけで正直2月後半とか「どうしよう……」って感じだったんですけど、何とか乗り越えられたのでだいぶ自信がつきました。  この調子でアプリ開発もモノにしたい……ので誰かアプリ開発のお仕事を私に投げてください。 --------------------  まあそれはそれとして、理系脳を最近使いすぎてちょっと疲れているので、文系の作業をしたいところ……。 KIMG0060  というわけで届きました。VOCALOID4 結月ゆかり & VOCALOID 4 Editor。インストールもしました。  まあ、これが来たからと言って……って話ではあるのですが。なんとか形にしていきたいです。  もう歌詞書いたり曲作ったりとか最近まったくしてなかったので、その領域の脳ミソが衰退している気がする……。最後に曲を投稿したの2年前ですよ2年前。ヤバい。  なんとかがんばります。 --------------------  あー、がんばるといえば個人サイト制作とかブログのWordPress化もねー。やらなきゃですよね。  ここまでWordPressに慣れてしまうと、サイトとブログの融合もしたいところですよね。すでにoswdiary.netでドメイン取っちゃったのが問題ですけど。  まあ、identalecordsとour storys diaryでどっちが今集客力あるかと言ったら確実に後者なので。……もっとマトモな固有名詞を早い段階で考えておくべきだった……。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 6年前

ハッピー

なんか更新が遅れたりほかの話題が溜まっている間に、ミリオンライブのイベントで入賞しました。2回。  €€Screenshot_2016-03-18-01-21-53 Screenshot_2016-03-24-15-59-44  アイテム余っていたので軽い気持ちで走ったら思ったより地獄でした。特に1つ目の方。貯めていたアイテムが800個くらい削られました。この系列のイベントは半年に1回くらいにしておかないとアイテム尽きるのが怖くて走れない……。  それに比べると春香さんの方はだいぶ楽でした。軽い気持ちで中間1000位を取って、まあその20%チケットは外したんですけど、あと2日だったのでついでに取るかー。みたいな。結構消耗してしまったけれど仕方がない。  そんなことを言いながら、明日から始まる次のイベントも走ろうかなとか考えています。  いや、Viの単色極大がほしいなーと前々から思っていたところに、ミリマスの中で5本の指に入るか入らないかくらいに好きな育ちゃんの極大が来るとのことなので。これは行くしかないかなーと。  どうせ無課金程度ではBMDは走れないですしねー。うん。  なんだかんだミリマスめっちゃ楽しんでます。好きなゲームかはともかく、プレイしてる時間はSplatoonより全然多いと思う。 --------------------  あと「Miitomo」も入れてみました。任天堂の初スマホアプリ。  一発目がトモコレ系のコミュニケーションアプリってどうなんだろ?と思っていましたが、意外と面白いし意外と流行っててびっくり。  ただ、Twitterの「#お前の○○晒せよ」タグとか見てると、「自分から喋るのは苦手だけど、きっかけがあれば喋りたいし、訊かれたい」という人間は結構多いわけで、Miitomoはそれのゲーム化なんですよね。  そこに目を付けてゲームにしてしまったあたりは、まさに脳トレやペットをゲームに取り入れてブームを起こした任天堂の本懐、という感じでさすがだなぁと思うのですが、  一方で、「自分から好きなことを喋るのは得意だけど、咄嗟に訊かれると返答に詰まってしまう」タイプの人間というのもこの世界には存在していて、  私はまさにそのタイプなのでMiitomoは結構苦手です。    ただ着せ替えは超楽しい。ガールズモードにはまった私としてはそっちの方がよっぽどキラーコンテンツでした。もちろんMiiも女性です。  とはいえ、それメインにするならMiiじゃなくて普通のアバターでやりたいし、Miitomoでやるには不十分なんですよね……。  というわけでガールズモードのスマホアプリ化を待つことにしました。どう森とかポケモンのスマホアプリ化はさすがにやらないと思うけど、ガールズモードくらいの小規模IPならそのうち配信するんじゃないかと思わなくもないです。そうなったら課金するしか……って、F2Pで出ると決まったわけでもないのですが。    あとMiitomo楽しいけど重すぎます。ロード長いしアプリ切り替えて戻ると必ずロード入るし。マルチタスク非対応のアプリとかニコニコ動画の再生プレイヤーくらいしか見たことないんですけど……。  というか、スペック低いスマホ使ってるにも関わらずミリマスをここまで続けられてる理由の1つに、Surfaceでプレイできることがあるんですよね。イベントとかスマホオンリーなら絶対やらない。というわけでMiitomoもWindowsアプリ版を……。 --------------------  そういえば、だいぶ前に言っていた買いたい物の話ですが、  いい加減買うなら決めようと思い立ちまして、  ついに!!1年悩んだ!!  VOCALOID4 結月ゆかりを購入しました!!  まあ、届くのは明日なんですけど。  動機として大きかったのはやっぱりVOCALOID2ライブラリインポートツールですね。実質ミクといろはとゆかりを全部買ったに等しい。  あと、一人暮らし始めると周りにCDドライブがなくなるので、ネットワーク共有でSurfaceにインストールできるのが今しかない、という。  ……っていうかVOCALOIDはダウンロード販売もないし、PCソフトでは定番の学割もないし、いろいろと不満が。  数年前のニコニコ/ボカロの隆盛を支えてたのって基本的に暇な大学生だったわけで、そういう学生をボカロ制作側に呼び込むためにも学割はあった方がいいと思うんですけどね。  今の大学生は(私含め)中高生の頃にボカロブーム直撃だった世代だけど、あと数年したらそうでもなくなるぞ? --------------------  あとはSurface Dockをどうするか……まあ、一人暮らしする時に買おうかなって感じです。有線LAN必要だしな……うん……。  お仕事いっぱいなのでお金もいっぱいある。ので買うことはできる。はず。旅行とゆかりさんで既に今月4万くらい飛んだのは秘密。  とはいえ、基本的には私そんなにお金かかる趣味抱えてない、というか今の私はむしろ仕事が趣味みたいなところあるので、買い物くらいちょっとはお金をかけてもいいよね、という……。  冷静に考えてみると、春休みに私がやってること、旅行とか友人に会うのを除けば、  ・Splatoon(オンライン無料)  ・ミリオンライブ(無課金)  ・ブログ(月額約500円 - 僅かなアフィリエイト)  ・お仕事(お金が貰える)  なのでお金が減る要素ないんですよね。  あ、あと、VOCALOID4を買うにあたって、このブログからSurfaceを買ってくださった素敵な方がいたおかげでそこそこな額の値引を受けることができました。本当にありがとうございます……。  まあ、JUGEM PLUSとロリポップにドメイン取得費用まで加わってるので、ブログ全体で見たらトータル赤字なんですけど。気持ちの問題です。  年度末ということでめっちゃ忙しかったりもするのですが、なんとかブログの時間も捻出していきたいところ。なんせ楽しいからな!私が!  あ、Splatoonの記事は……お仕事がひと段落したら書きます……(遠い目)。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 6年前

セーフティネット

相変わらずの春休み。  春休みだったので1泊2日の旅行なんかに行ってました。日光に。  華厳の滝とか東照宮とか。小6の修学旅行以来に行きまして、まあほとんど覚えてないんですけど。  小学校の時に、華厳の滝を見せられて、「こんなもの小学生で見たって何も感じないな…」と思った記憶はうっすらとあって、  10年ぶりに見た華厳の滝は、多少は良いものだと思いました。    ただ、自然の良さは多少わかってきているんですけど、文化的なもの、特に日本文化の良さはあんまりわからないままで、  お寺とか神社とか見てもあんまり心に響かなかったです。これはもう年齢とかの問題じゃないんだろうな。たぶん日光東照宮より越谷レイクタウンの方がテンション上がると思う。行ったことないんですよね。  歴史的な知識、つまり、日光には家康様のお墓があって、眠り猫の絵があって……という、自分の生活に直接関係なくて、たぶん一生使うことがないような知識が、頭に入っていようがいまいが何も変わらなくて、  何も変わらないものはなくてもいいものだろうと思ってしまうんですよね。これが、家康の人心掌握術の話とかだと、また違うんですけど。  政治とか経済みたいに今の暮らしに直接繋がっているものならともかく、文化史ってあんまり興味が湧かない。  そもそも過去の文化を継承することにあんまり興味がないというか、木造建築技術にしろ江戸時代の浮世絵にしろ、あとは歌舞伎とかもそうですけど、  それは現代に不要/不適だから使われて/必要とされていないのであって、必要とされていないそれを無理矢理に守っていくことの意味って何なんだろう? って時々考えます。あ、まあ、観光業のために必要って言われたら反論できないんですけど。  似たような理由で絶滅危惧種の保護とかも、大切だという感覚が全然理解できないんですよね。  人間が生まれる前から様々な自然環境の変化でいろんな種が淘汰されていたはずなのに、どうして人間が生まれた後しばらく経ったこの時代に限って、自然環境の変化についていけなかった種をわざわざ保護しようとするんでしょうか。  失われるべくして失われるものなんだから潔くバイバイしたほうがいいんじゃないのかな?って思います。 ——————–  話が一気に変わりますが、  ここ最近でいろいろと思うことがあって、割としんどいことになっています。  しんどいというか、完全に私に非がある話なので、自責の念に駆られているだけですけど。  要するにここ最近何度か話題に挙げている一人暮らし絡みで、金銭的なところをあまりにも他人任せ、というか両親任せにしすぎてたなっていう、それについて叱られて、なんというか、前提条件から見誤っていたなという……。  「両親に頼らざるを得ないのは当たり前だから、それを認めてもらえるかどうか」みたいに考えていて、それを指摘されるまでその考え方に疑問を持てなかった自分があることが本当に情けなくて。  で、そんなことを思いつつも、その話をした時の親の態度というか言い方についてもイライラしていて、まあその詳細はここでは書きませんけど、  とにかくもう親とは可能な限り早く距離を置いてしまった方がいいなと。そういう気持ちがとても強くなっていて、  なので、奨学金を借りようと思っています。……なので?かどうかわかりませんが。  自分の行動に対して自分で責任を負うことを避け続けていたなと思うし、おそらくそれができない人間だと周りから思われて、そのことで蔑まれているに違いないので、いい加減それをしなければならない。 ——————–  私は、自己の利益のため、とか、人間関係を円滑に進めるため、とか、面倒なことを避けるため、とか、  そういうことを理由・目的にして、自分の感情を抑制したり、我慢したりするのが、苦手だし、できない、というより、したくないので、  なるべくそうならないために、どんな相手に対しても、どんな物事に対しても、依存状態を作らず、「もしそれがなくなっても大丈夫なセーフティネット」を用意しておきたいと思っています。  それが1つあれば、つまり、最悪の失敗をしてしまった時の逃げ道、切り札があれば、多少無茶なこともできるし、いろいろなことを我慢しなくて済む。    例えば、どんなに仲の良い友人であっても、気に入らない部分、自分の中にある不満は外に出したい、ため込まずに放出したい、と思ってしまうのですが、  そのためには、「最悪その友人と縁を切っても後悔しない」、「本当に譲れない部分の齟齬があったら関係を断ってもいい」というスタンスをキープしておく必要があって。それは、逆に言えば、そうされてもいいという覚悟を持って人と接するということでもあるのですが。    で、成人した、ということは、家族というか両親に対しても、そういうスタンスを取り得るのだということに気づいていなかったなと。いや、これは別に、両親に感謝してないとか、縁を切りたいとか、そういうわけではなくて。  昨年末の重大ニュースでもちらっと触れたのですが、昨年秋あたりから家庭内でいろいろあって、結局、両親だって完璧な人間ではないのだという、当たり前といえば当たり前ではあることに気が付かされて。  私自身は、両親のことはすごく尊敬していて、いろいろな面で憧れているところもあるのですが、だからといって100%全てを肯定する必要はなくて、いいところもあれば悪いところもあると考える方がむしろ自然だったのに、そうしていなかったなと。  でも、親に対してそういう考え方をする、というのは、自立していなければ取ることができないスタンスであるので、それをするためにはやっぱり距離を置く……という言い方が適切なのかはわかりませんが、部分的にでもそこを離れる必要があるんじゃないかなと思いました。それは、物理的にも、精神的にも、様々なところで。 ——————–  必要不可欠でない相手に関しては遠慮なく関係を絶ったりしますけど、  その逆で、必要不可欠である相手に対してどうなるかといえば今年1月の例の記事みたいになるわけで、  そこの温度差というか、ある一線を越えた場合の心理的ハードルの低さみたいなものは時々友人から驚かれたりします。「第一印象は大人しそうなのに、仲良くなったら意外とたくさん喋る」みたいな。まあ、人と話すのが好きだからこんな ログにこんな長文を載せているわけなのですが。  で、そういう対応の差を作ろうと思うと、  「必要不可欠な相手が、自分の許せない行動を取った時にどうするか」というパラドクスがあって、  例えば私が絶対に間違っていると思うものを正しいと言い張って、しかもそこに私の納得できる論拠がない、みたいな場合。それでもその相手のことが大事で、関係を絶てない、という事態に陥らないのか、ということ。  それに対する今のところの答えは、「私が必要不可欠だと思う相手はそもそも自分の許容できない行動を取ることがない」で、  それは、「自分の許容できない行動を絶対に取らないと信じられる人間だからこそ、私が無条件に好きでいられる」ことの対偶だったりもします。    でも、それを言い出すなら、自分にとってどうしても許せないことをしたら、その時点でその相手は、「必要不可欠ではなかった」というカテゴリーに振り分け直される印象の改竄が行われるわけで、  その論理はある種無敵というか、結局のところ一緒なんじゃないのか、と思ったりもします。  だから別に不変的な話がしたいのではなくて、あくまで一時的な、今の時点での認識のカテゴリーなのだと思うのですが。  そのレベルでフィーリングが合う相手が見つかるのは幸せなことで、そういう相手と大学ではまだ知り合えていないので、やっぱり人間関係を広げていく必要があるのかなあ、なんて思ったりもします。  用意された環境で、気が合いすぎるほどに合うような相手と、偶然に出会う可能性なんてめっちゃ低いわけで、  でも、偶然に出会う可能性を信じて、その確率を上げようと思ったら出会いの試行回数を増やすしかないんですよね。この2年間、というかそれ以前の人生でもずっとそうですけど、そういう試行がほとんどできなかったので、増やしていかなければいけないなと思います。  特に、私は「気が合うかどうか」の要求レベルが高いのだから、なおのこと。ソシャゲのリセマラだって、単にSSRがほしいんじゃなくて、アイドル一致のSSRがほしい人はその分リセマラ回数も増えますしね。  ……他人との出会いをリセマラと表現している時点で、出会いなんて一生うまくいかないような気もしますけれど。 ——————–  他人との出会いがリセマラなら、出産・育児は気の長い投資だなあと最近思います。  両親が、稼いだ給料の大部分を子どもに20年も使うのは、そのあとの40年でそれ以上のリターンが見込めるからに違いないし、だからこそ、自分は少なくともそのリターンは親に返さなくてはなあと思います。  結婚して、子どもを産まずに貯金し続けていれば、老後を豊かに暮らすことができたはずなのに、子どもを産んだせいで老後が苦しくなるんだったら、わざわざ育ててきた意味がないっていう話ですからね。できる限りそうさせたくはないなあと思います。どんなところに就職するかもわからないので、そうしたい、という以上のことは強く言えないのですが……。 ——————–  久々にプライベートの暗い話になってしまってすみません。ろこどるの話とかMiitomoの話とかしたかったんですけどこの記事に混ぜるわけにもいかないのでまた今度。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 6年前

WPとMS

毎日更新、意外とあっさり途切れましたね。いや、単純にあの何日かは暇で、そのあとは暇じゃなかった、という話なんですけど……。  何をしていたかといえば、お仕事してました。あと幼馴染に会ってました。春から就職で広島に行くとのことなので。まあ、だからといってそんなに話すこともなかったのですが……。  成人式の時も思ったけど、中学校とか高校の友人ならまだしも、幼稚園・小学校の頃の友人って、隔絶しすぎて話すことがないし距離感に困る……。いや中学の友人だって困るし高校の友人だって困るけど。  結局のところ小学校の頃から継続して付き合いのある友人と話しているのが一番楽しい。みたいな感じです。    で、お仕事の方はといえば、相変わらずいろんな仕事が次々降ってきてます。動画編集と、簡単なウェブページ作りと、重たいウェブサイト作りと、もっと重たいWordpressサイト作り。  ただWordPressに関してはだいぶ希望が見えてきて、カテゴリー一覧や最新記事など、トップページがちゃんと機能するレベルまで形になってきました。まあ記事ページとか全くできてないんですけどね。  はじめてWordPressのオリジナルテーマを作るときの参考になればと思って書きました(サンプルダウンロード)  ↑このサイトにお世話になりまくってます。ありがたい。    WordPressでのサイト作りは初めてだったので試行錯誤しながらではありますが、思ったほど難しくはなかったという印象。今回の案件を乗り越えれば結構できることが広がりそうだし、このブログのWordPress移行も本格的に考えていきたいです。まあデザイン考えなくてはいけないのですが。  ウェブサイトのデザイン自体は何度かやったことあるんですけど、基本的には機能から考えていくタイプなので、このブログみたいに何の機能も目的もないシンプルな日記だと一番困るんですよね。何か面白いコンセプトが見つかればいいのですが。    あと、「Visual Studio Code」が予想以上に使えました。  Visual Studioというのは、Microsoftが提供しているソフト・アプリ開発用ソフトなのですが、  基本的にはiOS・Androidなどのアプリ開発が主な用途で、プログラムの実行・デバッグ・実機プレビューなど多機能すぎるあまり、単純なWeb開発程度には逆に使いにくい、と思っていました。重いし。  そこにきてVisual Studio Codeは、去年夏に新たに提供された簡易版で、MacやLinuxでも使えて、全機能が無料で使えることが特徴なのですが、とにかく軽い。  機能としてはぶっちゃけ見やすいメモ帳みたいな感じ(※私がそういう使い方しかしてないだけ)なのですが、その分使いやすいし、それでいてサジェスト機能とかコードの色分けとかもしっかりついてる。  2016-03-20  ↑こんな感じ。まあ見よう見まねなので、どういう意味のプログラムなのかはぼんやりとしかわかってなかったりするのですが……。  普段使っているのはAdobeのDreamweaverなんですけど、とにかく重い。重いし時々落ちる。  そのうえ、WordPressサイトはphpという言語を併用してサーバー上に構築するので、Dreamweaverのプレビュー機能がまともに動かないんですよね。やり方があるのかもしれませんが。  で、どうせプレビューできないなら、Visual Studio Codeでさくっと書いて、いちいちネット上のサーバーに上げてテストする方が楽だし確実、という。  さすがにこの1年でWeb開発もこなれてきて、html・CSSに関しては、プレビューしなくてもそれなりの精度で編集できるようになってきたので、VSCodeは良い相棒になってくれそうです。  まあ、基本的なhtml・CSSサイトに関しては、リアルタイムプレビューのあるDreamweaverの方がやっぱり便利なのですが……。 --------------------  SurfaceとXboxを買ったあたりから完全にMicrosoftファンになりつつあって、Visual Studioを使いたい理由のうちの消極的な1つに、MS製品だから、というのがあったりもします。  今はスマホのランチャー(ホーム画面)もMicrosoftのArrow Launcherですからね。さすがにWindows Phoneにはしてないけど。  スマホをこの前変えたときに、せっかくだからランチャーも変えてみようかなと。しばらく使っていたSmart Launcherもお気に入りではあったのですが、Androidなのにウィジェット置けないのもなんかなぁと思いまして。Arrow Launcherもユーザー側で設定できる内容はそんなに多くないのですが、その分使い勝手が良くてそこそこ気に入ってます。    メーカーでサービスを選ぶといろいろと迷わなくて済んで楽なんですよね。  もちろん製品の機能だけを見て選ぶ方が本当はいいのでしょうけど、  ぶっちゃけ今の時代はソフトにしろハードにしろ、やれることはそんなに差がなくて。  macbookでもSurfaceでもレッツノートでもやれることはほとんど一緒なんですよ。タッチパネルの有無やペンデバイスなどの操作体系の違いはあるけど、それだって無ければ無いなりにタッチパッドやマウスだけで扱えるだろうし。  そうなると、あとはデバイスに使い方を合わせていく自分の問題というか……。もちろん、大外れとかはありますけどね。  で、外れを引きさえしなければ何でもいい、というのであれば、少なくとも外れを引くことはなさそうなMicrosoftにしておいて、あとは自分が慣れていけばいいんじゃないかと。  まあ別にMicrosoftじゃなくてAppleでもGoogleでもSONYでもSHARPでもいいと思いますけど、ブランドってそういうものなのかなあ、って思いました。    で、Microsoftさんが素晴らしいのは、テクノロジー周りではだいたい全領域をカバーしていることで。  あの会社、OSもソフトもハードも作ってるし、PCもスマホもタブレットも扱ってるし、検索エンジンやクラウドサービスも提供してて、ゲーム機もゲームソフトも作って……と、事業分野としてはAppleとGoogleと任天堂を足したくらいのことやってますからね。それぞれのシェアや規模は別として。  なので、Microsoftを選んでおけばだいたい間違いないみたいな気分になってます。あ、今ブログ書いてるこれもWindows Live Writerです。  まぁそうは言いつつもiPodやAndroidスマートフォンは使ってるのですが。Windows PhoneというかLumiaがauから出たら買うかもしれない。かなり可能性の低い未来ですが。 --------------------  ところでMicrosoft Band 2が日本語表示に対応したというニュースがありました。  Microsoft Band(初代)を使っている私としては歯軋りするしかない。日本語表示機能が付くとわかってたら多少高くてもBand2を買ったのに……。  まあ、もしかしたらこれが日本で公式に発売される布石かもしれません。だとしたら、値段次第だけど買い換えちゃうかも。2万円以内に収まってくれたら嬉しいところ……。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 6年前

思い出話

昨日は中学の頃に仲良くしていた同級生と久々に会ってきました。久々といっても同窓会以来とかなのでそんなにご無沙汰でもないんですけど……。  で、通っていた高校の近くで会ったので、話のはずみで高校にも遊びに行こう、みたいな話になり、先生方に会ったりしてきました。なんかとても卒業生っぽい。特に用事なく高校に行ったりとか、あんまりしたことなかったのですが。  でもいろいろな話ができてよかったです。  たまに会って話をすると楽しい相手と、定期的に会って話しても毎回楽しい場合があると思うけど、たまにしか会わない人はどちらのパターンであっても楽しいから安心ですよね。 --------------------  私の中学・高校時代……といっても中高一貫なので割と不可分ではあるのですが、  特に高校での3年間に関しては良い思い出も良い印象もほとんどなくて、嫌なことがあったり、つまらない時間を過ごしていたり、逆にトラブルを引き起こしたり、とにかくそんなことばかりしていましたし、  先生や同級生のほとんどが嫌いで、その多くを今でも憎み続けてすらいるのですが、  だからといって、「あの中高に行かなければ良かった」と思っているわけではなくて。  在学中は学校を辞めたいと考えたことも何度かあるのですが、結局、日本の義務教育とその延長にある高校というシステムの中では、私が学校を好きになる、とか、私にとっての理想的な学校生活を送れる、みたいなことは、どんな選択をしたとしてもありえなかった。  その前提で見れば、私みたいな人間がいじめられたりすることなく6年間過ごすことができたというのは、かなり”マシ”な方なのだろうなと思いますし、  何よりも、「あのような中学・高校が大嫌いである今の私」は、あの中高に行ったからこそ形成された人格なんですよね。  世の中には私の嫌いな、多様性を許容したり相手の気持ちを尊重したりできず、自分の頭で考えることを喜んで放棄するような人がたくさんいて、そういう人たちがむしろ社会を動かしていて、社会から賞賛される存在である、などということは、  もしも私が最初から、つまり中高の頃から、今通っている大学のような、多様性を許容して一人一人がマジメに物を考えるようなコミュニティにいたら、知ることができなかったし、そこへの問題意識とか対抗心を持つことも、おそらくできなかったに違いないので。  で、少なくとも私のいた中学校は、そのような考え方を推奨することは当然なくても、矯正したり弾圧したりするような先生や同級生は、ほとんどいなかったので、それだけでもありがたいことだと思っています。……まあ高校には割といましたけどね。    そもそも私みたいに今あるものに片っ端から噛みつくことに快感を覚えるタイプの人間は、どんな学校に行ったとしてもそこを嫌いになっていたと思うし、  「嫌いであることを許容してくれる」という懐の深さがあったことには感謝していて、あの学校に通っていたことは、ベストではなくてもベターな選択であったんじゃないかな、と考えていたりします。まあ、嫌いは嫌いなんですが。    っていうか1月頭の例の記事でもちらっと書きましたけど、私が嫌いなのは高校であって、中学は別に嫌いじゃなかったんですよ。中3の時は普通に楽しかったし……。  それこそ昨日会ったような人とか、先生方とか、それ以外の未だに連絡を取っている何人かを含めて、  なんだかんだで今の私を支えている交友関係のほとんどが中学でできたものでもあるし、それが必要不可欠で、大切な時間だったことの自覚はあるし、それを否定するつもりはないです。  まあ、そういう人たちの何人かと最近交流途絶えたりしてるんですけど。なので、もっと世界を広げなきゃなーとも同時に思う日々。 --------------------  あ、あとカラオケにも行ってきました。深夜に。  他の人たちがアイマス曲入れまくってる中、一人だけ米津さんとかパスピエとかカラスは真っ白とか邦ロック大好き感出してました。楽しかったです。  あと「るらるら」がいつの間にか入ってたので歌ってきたのですが、なぜかメロディーが全然わからなかった。ガイドメロディーがなんか変な音程だったのと、あと単純に最近聴いてないからかもしれません。あの曲がもう3年前ですよ。  最近パスピエすっごい好きなんですよ。「演出家出演」をずっと聴き続けてる。まあPrime Musicなんですが。  パスピエのメロディーってほんと聴いてても歌ってても気持ちいい、シンプルに良い曲。「ON THE AIR」のサビとか、もうほんと完成度高い。文句のないメロディーライン。  逆に言えばそんなに目新しさはないというか、ところどころ「あの曲に似てね?」みたいな感じもしたりするのですが。「△」とか。でもいいものはいい。  アルバムも買おうかなあ……最新アルバム割と出たばっかりなんでポチってもいいんですけどね。悩み中。 --------------------  一応「毎日更新するかも」的なことを一昨日に書いたので、何となく毎日更新してます。書くことが思ったよりいっぱいあった。  あと、URL変更を周知させるためにもちょっとペース上げていこうかなーと。  https://oswdiary.net/ です。お気に入り登録し直してもらえたらありがたいのです。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 6年前

スタバアンバサダー

昨日の記事はスターバックスで書いていたのですが、  書き終わったあとというかその前後はずっとお仕事をしていまして、夜遅くまで粘っていたら新商品の試飲のプレゼントがありました。カフェラテ(Tall)1杯で6時間粘ったクソ野郎にも優しいスタバの店員さん。 20160301apricot-3875980  「アプリコット ハニー ソイ ラテ」というものらしいのですが、これ、めっちゃくちゃ美味しかったです。かかっているクランチの粒々も絶妙だし、いい感じの甘酸っぱさ! あと色もキレイ。  期間中にもう1回飲みに行きたいし、フラペチーノの方も一度味わってみたい。  試飲って実際どのくらい効果あるのかわかりませんが、SNSにシェアしてもらえる今の時代だと割と効果高そう。まぁそれを抜きにしても私はリピーターになりました。  あ、ちなみにおなかがすいたのでマックでシャカチキの新しいフレーバー(アメリカンBBQ)も食べました。そっちは……うん。まずくはなかった。というか美味しかった。ただ、これはシャカチキ全般に言えることですけど、あの粉のクスリ感が強すぎて、とにかく後味が悪いんですよね……。何度も食べる気にはならないかなぁ。  鶏肉が基本的に好きなのでシャカチキも好きなんですけど、なんかこう、食べるごとに味覚を破壊されてる感ありますよね……。あとあの値段ならLチキとかファミチキの方が普通に美味しいんだよなあ。  ミスドのドーナツはたまに食べると「さすが専門店」って気がするけど、マックのチキンとかコーヒーとかはコンビニに確実に負けてて「まあ居座れるメリット込みなら許せる」みたいになるのは何なんでしょうね……。 --------------------  ところでスターバックスで6時間作業してた話に戻ると、  ブログ書いてたのは1時間くらいで、あとドメイン取るのが10分くらい。あ、ドメイン取る時だけはフリーWi-Fiじゃなくてテザリング使いました。クレカ情報とかあったし、気休め程度にですが。  で、それ以外は動画編集とサイト制作の仕事をしてました。どっちも思いっきり溜め込んでてやばい。    ただ、スターバックスでそれだけ作業していて、改めて思ったのは、やっぱり作業は一人の時間を確保して行う方が捗る……というところで。  家族と一緒に生活しているとどうしてもこうはいかないんですよね。  勉強とか、片付けとか、そういうものに関して、例えば「今やろうと思ってたのに親に言われてやる気なくなったー!」みたいなのは確実にやらない言い訳でしかなくて、それは別に一人暮らしだろうとスタバだろうとやらないものはやらないんですけど、  動画編集とか、プログラミングとか、記事執筆とか、そういうものって、少なくとも私にとっては嫌な事ではないんですよ。ただ、ちょっとエネルギーを使うものなので、気が乗らない、というだけで。  で、そういうものって、始めるのが億劫なだけで、始めてしまえばのめりこめるのですが、  家族と一緒に生活している空間だと、そこにどうしても邪魔が入るんですよね。  それは、食事とか、お風呂とか、洗濯とか、片付けとか、寝る時間とか、そういう。まあ寝る時間はさすがに大学入ってからは何も言われなくなってきましたが。  たとえ5分、10分だけでも、ご飯の時間だから中断してー、とか言われると、また作業に戻るのにエネルギーを使うわけです。その億劫さは半端じゃない。    一緒に生活していると、どうしても生活リズムを縛られてしまう。そのストレスって結構大きいぞ、というのは留学から帰ってきて強く思ったことなのですが。  留学中、一度だけ授業が朝10時くらいで終わる日があったのですが、その日は昼食後の13時から27時くらいまでずっとWebコーディングしてた記憶があります。  そんなの、家族と暮らしてたら絶対無理じゃないですか。  で、プログラミングというのは特に、作業を細切れにするほど生産性も効率も著しく落ちてしまうので、まとまった時間を確保することはすごくメリットが大きくて。    だから、スタバとかドトールとかそういう喫茶店で作業するメリットって、  「家だとマンガやゲームなど誘惑が多すぎる」みたいな部分も確かに一理あるんですけど、そういう言い訳めいた要素だけじゃなくて、  実家暮らしとか既婚者とかにとっては、そういう「自分だけでコントロールできる時間と空間の確保」という面も、案外大きいんじゃないかな、と思いました。 --------------------  で、こういうことを考えるとやっぱり一人暮らししなきゃな、って思うわけです。  昨日の記事でも書いた通り、割とうちは家族間の仲が良いので、ぶっちゃけ友人よりも家族と離れる方で躊躇ってたりするのですが、そんなこと言ってたらいつまでたっても自立できないしなあ……なんて考える日々です。  一人暮らししない方が金銭的な負担は絶対に軽いので、しない理由もちゃんとあるのがまた悩ましいのですが……。  弟と一緒にSplatoonする夜の楽しみが失われるのが一番惜しいかもしれない……。でも弟とSkypeしながらSplatoonのタッグマッチするのもめちゃ楽しそうだな……。  ……なんかブラコン感出てて気持ち悪いな。止めとこう。寝ます。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 6年前

モラトリアム

3月も中旬に入りましたが、まだ更新3回目です。  なので月後半はちょっとペースアップしていこうかと思っています。  いろいろとネタはあるので……。時間と思考が追い付かないだけで。  何ならこれから毎日更新してもいいのですけどね……意外と忙しいのです。 --------------------  それはそれとして、お知らせ。  前々から予告していたブログお引越しの準備として、  独自ドメインを取得しました。  簡単に言えば、URLが変わるということです。  新URLは「https://oswdiary.net/」。comとnetで迷いましたが、安かったのでnetにしました。  といっても、今までの「http://oswdiary.jugem.jp/」も使えます。ただ、一番上のサイト名をクリックしたり、ツイート・シェアしようとすると、oswdiary.netの方に切り替わります。    で、ここからが重要なのですが。  今すぐ、ではないし、いつになるかわかりませんが、このブログをお引越しする、つまりJUGEMから自前のレンタルサーバーに移動することが、そのうちあるかもしれません。  その際、oswdiary.net というURLは、サービスを移動しても引き継ぐことができますが、oswdiary.jugem.jp は、JUGEMサービスから離れたら、使えません。当たり前ですね。  なので、もしこのブログをブックマークしてくださっている方は、URLを変更するか、改めてブックマークし直してもらいたいのです。  もちろん、移転した後も、jugem.jpのアドレスが消滅するわけではありませんが、更新は途絶えますし、そのうち有料版から無料版に戻すと思います。  ということなので、よろしくお願いします。ほら、URLも短くなるしね。 --------------------  先週金曜から日曜にかけて徳島に行ってました。祖父母やいとこに会いに。去年夏は留学で行けてなかったので。  まあ、旅行っていうほどの目的があるわけでもなく、単に遊びに行っただけで、観光も何もしてない(というか何もない)ので、別にブログにまとめたりはしなかったのですが。    ただ、ちょっと思ったのは……数年前までは、いとこや祖父母と会って、話をしたり遊んだり……というだけで、十分楽しかったのですが、もう、そういう時期は過ぎたんだな、と……。  大富豪とかポンジャラとかして遊んだんですけど、まあ、正直、そんなに楽しくなかった。なんといえばいいんでしょう、とにかく、居心地の悪さを強く覚えたというか。  親戚という血縁だけに頼った繋がり、というのは、ある種の表面的な関係で、それは「クラスメート」とか「サークル」とかと似たような位置づけにあって。  子どもの頃は、誰と遊んでも楽しいし、誰と遊ぶかを決めるほど世界が広くない。小さなコミュニティの中に生きているから、いとこと遊ぶのも、家が近いだけの友人と遊ぶのも、楽しくて仕方なかったけれど、  高校、大学、そして社会人と進んで、いろいろな人と出会って、その中でもっと気の合う友人が見つかっていくと、結局、腐れ縁的な関係はオミットされていくのがむしろ自然なのかなあと……。いや、もちろん、小学校の頃から死ぬほど気が合って、気が合い続けているような友人も、いますが。  夏休みのたびに徳島に行って、いとこと毎日遊んで……というのが、当たり前のようになっていたけれど、もう、そういうことで無邪気に遊べる時代は終わっていたんだなあ、と。  自分がもう子どもではないということを、つい忘れそうになるけれど、こういうときに思い出させられます。  なので今年の夏は、徳島には行かないか、行っても3日~4日くらいあればいいんじゃないかなーって思いました。 --------------------  うちの場合やや特殊なのは、兄弟間の仲が割と良いことだと思うんですよねー。未だに高校生の弟や小学生の弟と一緒にスマブラをしたり、交代でSplatoonをしたり。あとボカロの話とかゲームの話とかも結構するし。  それに加えて中学校の頃から今まで常に電車通学であることもあって、家での過ごし方、家族との付き合い方が小学校・中学校の頃からあんまり変わってない。  その結果、大人になった感覚があまりなくて、義務教育の延長線上で大学に行ってる感じがする。だから、小学校の頃から今までずっと地続きというか。それこそ一人暮らしとか始めたら変わるのかもしれませんが。  あー、でもSplatoonの発売前はもっと弟たちとの距離があったかもしれない。弟はみんなパズドラとかマイクラとかスマホゲーやってるけど、私だけやってないので。Splatoonで久々に共通のゲーム話題ができた感じ。  「新しいイベントダンジョンの情報出たよ」みたいな会話に一人だけ入れなかったのですが、「新しいステージ情報出たよ」みたいな会話ができるようになりましたからね。スプラトゥーンには感謝してもしきれない。 --------------------  このブログを独自ドメイン化することに関しても、少しだけ躊躇があって、  というのは、「飽きてしまった時に戻すことができない」という点。  JUGEM PLUSに入ることに関しては、まあ、高いと思ったら辞めればいいし。ちょっと不便になるだけだし。という話だったのですが、  たとえばこれで、自前でWordpressを用意して……ってすると、その時はいいですけど、たとえば数年後に飽きてしまった時に、お金を払うのを止めた時点でもうそのサイトは消滅してしまうわけですよ。  私はとにかく、そういう「不確定な未来の自分に責任を負わせること、未来の自分の選択肢を狭めること」がすごく苦手で、今まで基本的に避けてきました。  スケジュールとかもギリギリまで空けておきたいし、クレジットカードも最初は使うの避けてたし。最近クレカを躊躇なく使えるようになったのは、常に10万単位のお金をマージンとして置いておきつつ、お小遣い帳には物を買った時点で出費を記録することで、自分の中ではタイムラグが発生しないのと同義になったからです。    で、そういう意思決定の方法を今まで取っていたのですが、  ここ1年ほど、フリーっぽい形で仕事をすることが増えて、その中で、「来週に素材が来るので再来週中に上げてね」とか、「今月は忙しいと思うけど3月末までにやってね」とか、「」みたいな、とにかくタイムラグのある仕事が増えて。  おそらくこういう繋がりとか関わりが、社会に出たらもっと増えるのだと思うし、  さらに言えば、こういうことに耐性がないのは、私が、高校、または大学2年に至るまで、そういう未来を縛る形での人との交流を避けてきたために起こった弊害なのだろうと思うと、  やっぱりそれを、いろいろなところで受け入れなければならないのだろうなと。    その1つとして、ブログという、小学校の頃から続けてきたものに関しても、  いつ止めてもいいように。いつでも止められて、いつでも再開できるように。という安全圏をキープし続けていたのですが、  実際問題としてこれを止めるということもあんまりリアリティがなくなってきているし、おそらくそういうこともしないと思うので、  とりあえず独自ドメインを取ってみました。  ま、年間維持費も1280円とかで、そこまで切羽詰まるものでもないですしね……。    ……というか、本音を言うと、独自ドメイン+ロリポップのサーバー代(月額108円)の方が、JUGEM PLUS(月額324円)より安いので、さっさと移行した方がお得だったりします。なので準備しなくては……。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 6年前

ポジショニング

いつの間にか3月になった、って2月にも同じこと言った気がする。  ついさっき年が明けたばっかりのような気さえしますが、もう6分の1はとっくに終わっている。恐ろしい話です。  そして最もヤバいのはお仕事です。「3月中に終わらせます」って適当に安請け合いした仕事が2つくらいあるんですけど、いつの間にか3月です。焦る。  春休みどうせ暇だろうし……と思ってたのですがなぜか旅行の予定が入ったり他にもいろいろだったり、あと何だかんだスプラトゥーンがまだまだ楽しすぎたりして全然暇になる気配がない。  あと単純に最近、仕事に対するモチベが低い。いや何を甘えたことをって感じではあるんですが、先月とかは割と楽しく仕事できてたのが、最近はできるだけ後回しにしたくなる、みたいな……。  そしてそんなふわふわした感じで仕事してたらメールの送り先の相手の名前を間違えるというビジネスで絶対に許されないミスを犯して死にたくなった。送り先を、じゃなくて内容は合ってるのに名前だけ間違えるという一番アレなやつ。    楽しいことがしたい。せっかくの大学の春休み、しかも来年は就活解禁してるからこれがラストチャンスかもしれないわけで、今しかできないことをしたいのに、なんでこうフリーランスみたいなことになってるのか……。  結局一人暮らしとかもずるずると先延ばしになったまま4月を迎えてしまいそうな気しかしません。辛い。でもこれに関しては金銭的な問題もあるから簡単に動けない……。 --------------------  Nintendo Direct がありましたね。もともとE3前だしNX発表前だしで期待のハードルが低かったので、その割にはカービィ新作とかペパマリ新作とか新情報多くて結構楽しめました。  まあWiiUソフト足りなさすぎ問題は相変わらずですが……それでも今冬の絶望的な感じからは多少抜けたような気がしないでもない。気のせいかも。  Splatoonアプデ継続は嬉しい。嬉しいけど、ここまで無料アプデを続けるのは任天堂的にどうなんだろうという気がするし、そろそろスプラトゥーン制作陣にもっとお金を落としたいという気分になってきたので有料DLCでも全然よかった。っていうかシオカラーズAmiibo出そう? 出せば出すだけ売れると思う。  あとは、アプデ内容そのものに不満はないのですが、そろそろブキのバランス再調整してほしいなあと。Rブラスターエリートを相変わらず愛用しているというか基本それとデコしか使ってないんですけど、間違いなく弱い部類なのでどうにかしてほしいです。  威力は仕方ないにしても、インク効率か連射力かどちらかだけでもラピブラ含めて改善してほしい……。RエリートでSランク維持してるのそれなりに頑張ってる方なんじゃないかという気がしています。    あとNew3DSにスーファミVCは最高ですね。任天堂よくやった。「New専用とか死ね」みたいなコメントめっちゃついてたけど、発売直後に旧3DSから買い替えたのに今まで専用ソフトが1本しかなかったNew3DSユーザーの身にもなっていただきたい。スマブラの起動時間を除くとガルモにイカAmiiboかざしたことしか恩恵受けた記憶がない。  とりあえずスーパードンキーは買いました。2と3も来たら即買います。  ドンキー1、「なんだかんだ小学生だったから苦戦しただけで、リターンズ200%にした今の私にとっては余裕でしょ」と思ったのですがしっかりマインカートコースターで落ちました。あのゲームやっぱ難易度高いでしょ……。あとボーナスステージが全部見つかる気がしない。  それでもリターンズ以降よりは難易度低い気がします。まあ雪ステージというトラウマがまだ待っているんですけど……。  他には……MOTHER2は悩み中だけど、WiiUでやってからそんなに時間経ってないし今回はいいかなー。もう少し忘れたころにやりたい。  今後のラインナップで発表されている限りではそんなに欲しいものはない感じ。本当はスーパーボンバーマン来てほしいけど、WiiでもWiiUでも来てないしどうなんでしょう。  あとやっぱりシムシティですよシムシティ。SFC版はBGMも神がかってるし、あれを外出先でできたら幸せすぎる……。    ところでWiiU品薄問題に全く触れなかったけどあれ本当にただの品薄だったんですかね。一応値下げ期待してるんですけどやっぱないのかな……。  SFCVCがNew3DSにも来ちゃったことで、WiiUを買い直す理由がまた1つ減ったんですけど、実際どうしようかなあ……という感じです。Splatoonができるメリットだけで3.5万円……出せないこともなさそうなのがまた。アプデ続くならなおさらね。 --------------------  ヒトリエ記事その補足について。何度も言いますけどあんなバズり方するとは全く思ってなかった。好き勝手書いたらあんな感じになったのでとても動揺した。  ただ、なんというか……このブログで、というかブログに限った話でもないですけど、  私がやりたいことって「他の人と違う視点を提供すること」であって、というかそれができないなら私が生きている理由なんてそんなにないと思っているので、  ああいう方法でそれができるのか、というのはちょっと嬉しい発見でした。まああんなの何度も書いてたら炎上商法待ったなしなんでそうそう何度もやる気はないですが。    最近レビュー記事とか書くようになって思うことなのですが、  私は基本的にプライドが高いので、自分の書いたことに突っ込まれたくないんですよね。意見のぶつかり合いという形ならいいんだけど、一方的に相手が正しいみたいな場所から殴られたくない、というか。  だから、「書きたいことのために実際の内容を捻じ曲げてすり合わせるやり方」というか、「イメージを根拠にして論理を作り上げていく方法」というのをあんまり取りたくない。  例えば、「日本人は残業してばっかりで生産性が低い」、というのは簡単だけど、本当に他の国ではサービス残業は存在しないのか、ということを、私は見たことがない。もし、そういう方向から間違いを指摘されたら反論できなくて悔しいので、そもそもそういう論を展開したくない。  そんな理由で、レビュー記事とか「自分の感想の域を越えて、ブログ読者以外にアプローチする可能性のある記事」を書くときはかなり気を遣っていたのですが、そのせいで言いたいことがあっても結構な割合で言えずにいたんですよね。  そこのもどかしさから一歩踏み出す意図をもって書いたのが今回のヒトリエ記事だったわけですが、  今までだったら「言いたいことを全部言おう」としていたところを、「ちょっとでも正しいかどうかわからない内容があれば、それはそもそも書かない」という方法で、とにかく記事としての体裁を整える手法をとってみました。なのでいろいろ削りました。その一部はあの補足記事に載せましたが、それも一部。    というわけで「論として成立させるところまで行かなかった独り言」を適当に並べておきます。  ・メジャーデビュー以降、wowakaさん以外のメンバーが作詞作曲のプロセスに関わる割合が増えてきた、という話を、正直手放しには喜べなかった、というか今もあまり喜べない。ヒトリエ的な進化もいいけど、wowakaさんが一人で手掛けた曲もまた聴いてみたい。楽曲提供とかしてほしい。  ・「W&W」「DEEPER」はライブ向きで、「モノクロノ」は音源向きなのかなと思う。理由は説明できないけど、モノクロノは何度も聴くたびに沁み入る感じで、W&Wは一発でカッコいいと感じる曲が多い、みたいな。フェスで盛り上がるのは後者なんでしょうけど。  ・人それぞれ意見があると思いますが、私は楽曲の完成形は音源にあるという確信がありますし、ライブ演奏が完成形だという主張は一切理解できません。「楽曲」と「演奏」を切り離して考えずにいられないのは、DTMずっとやってたからなのかもしれませんし、耳コピアレンジとかやってたからなのかもしれません。  ・ヒトリエの楽曲の方向性の変化は、ライブ好き・フェス好きにチューンした結果なのかなぁと思ったりします。バンドとしてファンの市場規模が大きいのはそっちだから狙いは正しいと思うけど、ボカロ時代からのファン、家に引きこもって毎日ニコニコ観てた私みたいな人種もヒトリエファンには潜在的に多かったと思うんですけどね……。  ・で、実際ヒトリエのCD売上がメジャーデビュー当初から全く伸びる気配がない、夏フェスであれだけ活躍してもDEEPERそんなに売れてないのは、そのへんファンが出入りしてるだけなのではみたいな邪推。米津さんがdioramaからBremenで3倍くらいに売上伸ばしてるのを見ると、ヒトリエももっとうまくやれたんじゃないかなーという感じも。  ・ヒトリエの進化に対してはそんな感じですけど、米津さんの進化の形は個人的に超ストライクでして。個人的な好きの度合いがボカロ時代はwowaka>ハチだったのが、最近はヒトリエ<米津になった気がする。どっちも大好きなんですけどね。 --------------------  言いたいことを言い終えたのですっきりした。  ところで、これはTwitterにも書いた話ですが、  今回の記事を書いてみて、事実があって言葉があるのではなく、言葉があって初めて事実が作られるんだなって思いました。  私、最近のヒトリエのことこんなに嫌いだったんでしょうか。そうでもない気がするんですよね。  あの記事を形にするために、自分がヒトリエに持っている好きと嫌いの感情のうち後者だけを引っ張り出してきたわけで、その過程で本当にヒトリエに対する嫌いが大きくなったような気がします。ヒトリエに限った話でもないのですが。    「ポジショントーク」という言葉は恐ろしいもので、ポジションを前提にトークを作るのではなく、トークを作るためにポジションを決めないといけなくなる。  「自分の言いたい内容」ではなくて、「その内容を言いたいと思う自分」を作っているのではないか。  自分の本当に感情ってどこにあるんでしょう。それを言葉にした瞬間、それは感情から離れていってしまうのではないか。  みたいなことをちょっと考えました。  ポジショントークじゃないトークってどこにあるんでしょうね。 ...

comment  0
favorite  0
映画・音楽・小説の感想 6年前

最近のヒトリエはなんか違う、の話の補足とかお礼とか

いろいろと反応を頂いた、前回の記事について。  冒頭に書いた通り、「アクセス数とか気にせずに書きたいことを書く」というスタンスで臨んだわけですが、  何を間違ったのかヒトリエクラスタの間で小さくバズったらしく、結果的に私の過去記事で最高クラスのアクセス数を記録しました。  普段デイリー100アクセス前後のブログが、1日で700アクセスとか達するのはほんと心臓に悪い。いや、ありがたいことなのですが……。 Screenshot_2016-03-02-09-46-42 ↑やばい。  改めてあの記事読み直すといろいろ粗いところがあって恥ずかしいのですが。  こんなに読まれるなら1日おいて精査しとけばよかったとも思いつつ、そもそもあれを1日で書き上げた理由は2月中の8回更新達成がかかっていたからなのですが。  まぁ、ああいう内容は文章を整えて隙を完全になくすとむしろ皮肉っぽくなりますからね。なんとかTIMESみたいに。なので、あのくらいの勢いでよかったのかもしれません。 3471 ...

comment  0
favorite  0