ひとりごと 5年前

おしまい

そろそろ7月も終わり……ってここ3回くらい毎回同じ入り方をしている気もしますが、  今月、死ぬほどスターバックスに通った月でもありました。  やっぱりコーディングとかの作業って一人きりの空間で進めるのが一番捗るんですよね。いや別にスタバ個室じゃないんだけど。家にいるとどうしても時間をコントロールできない。  ……言い換えると、親の家事手伝いをしたくないっていうワガママでもあるわけですが。  まあそういうわけでここ2週間くらい、週2程度のペースでスタバに通い詰めました。  これだけお世話になってるのでちょっとステマしますけど、スタバの「チョコレートチャンククッキー」が超美味しいの知ってますか?  kimg0121_thumb-9494132  この右側のやつです。店員さんに温めてもらうことができるんですが、そうするとチョコレートが良い感じに溶けかかってめっちゃ美味しくなるんですよ。とても甘いのでアイスコーヒーと合う。  しかもこれで200円(税抜)! いや言うほど安くもないですが、スタバのフードメニューとしては最安価クラスです。  だいたいお昼過ぎにスタバに行って、アイスコーヒーを頼んで、ちょっとおなかがすいてきたらクッキーとワンモアコーヒー(普通のコーヒーに限り、100円でおかわりできるサービス)を頼む、というのが定番になってます。  これで600円。……意外と高いな。今月スタバにつぎ込んだ金額は考えないようにしてます。その分ちゃんとスタバで仕事してるので……。 --------------------  以前に書いてプチ炎上したヒトリエ記事に、コメントがついておりました。 http://oswdiary.jugem.jp/?eid=4656#comments  ええと、最初にどうしても謝罪しないといけないのですが、この頂いたコメントは新ブログに持っていけません。  すでに全記事・全コメントのエクスポート・インポートが終わっているので、今からこの記事だけ移し直すというのは無理です。ごめんなさい。  というわけで、ブログにコメントしたい方は、ちょっと待っていただいて、8月以降に、新ブログの方にお願いします……。    で、中身の方ですが、はーみっとさんの仰ることも全く間違っていなくて、今のヒトリエは今のヒトリエで良い曲作ってるんですよね。私だってワンミーツハーもシャッタードールも好きだし、W&WもDEEPERも嫌いな曲はない。  ただ、「ヒトリエ度」が上がってくるにつれて「wowaka度」が下がっていく、これはもう避けようがないもので、wowaka100%な曲が好きだった私にとってはそれは進化ではなくてむしろ退化なんですよね。  カフェラテが好きなのにカフェモカを出されて「カフェラテにチョコレートまで入ってるんだから美味しいに決まってるだろ!!」って言われても、確かに美味しいけどチョコレートいらねえんだよ!!って言いたい人がいて当たり前じゃないですか。そんな話です。 --------------------  ところで先日wowakaさんがとあるツイート(削除済)をしまして、それに対して私がキレたという事件(事件じゃない)があるのですが、  せっかくなのでその話もここで書いときますね。

 まあこれ読めばだいたいわかると思いますが、ちょうどポケモンGO配信日にヒトリエBDの宣伝映像が上がって、wowakaさんがポケモンGOを軽くネタにした(disったと解釈できなくもない)ツイートをした、ということです。  なんでこれがイラッときたかというと、まあ別にこれだけじゃないんですが、  最近のwowakaさんの調子に乗ってる感がモロに出てるツイートだなあと思ったからです。で、こういう本人の変化というのは、そのまま歌詞の変化にも繋がっているんだろうし、それはつまりwowakaさんは昔のような歌詞はもう書くことができないんじゃないか、という……。  地下室TIMESならこれで1記事書きそうだけど、私がやると本気でヒトリエファンに殺されそう。まあ、きっかけがあればまた。 --------------------  ブログのお引越しについて。  完成しました。  いや、何を以て完成とするかは非常に難しいところではあるのですが、とりあえず問題なく動く状態です。ページ送りは相変わらず死んでます。  ミニブログの扱いについてはもう少し考え中。やっぱりTwitter埋め込みの仕様で行こうかな、とも……。ただ、少なくともTwitterとの付き合い方はちょっと変えていきたい。です。    それ以外のことは……まあ、公開した時に改めて。    公開は8月1日……と言いつつ、移行作業はたぶんそれより前にやります。不安なので。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 5年前

消費

今日は記念すべき日です。  ついに!!  kimg0145_thumb-1-2632916  スプラトゥーンでウデマエS+に上がることができました!!!!  昨日の昼間と夜が異様に調子が良くて、その勢いでS60付近から一気に駆け上がることができました。  Rブラスターエリートという正直弱い部類に入るブキでここまで上がれたのは嬉しいです。私、ゲーム好きだけどあんまりゲーム上手くはないんですよね。基本的に。なので達成感もひとしお。  ……まあこれで引退するわけではないんですけどね!暇だったら全然やります。次はS+カンスト……を一応目標にしておきますが、まあ無理だろうなと思ってます。というかあっさりSに落ちそう。 --------------------  最近、深夜の作業中にラジオをよく聴いています。  『オードリーのオールナイトニッポン』。まあ、リアルタイムではなくYouTubeなんですが……。  すごく面白いし、良い感じに作業に集中できます。タレント名鑑とかもたまに観ながら作業したりするのですが、ラジオだと画面見なくていいのがありがたい。セカンドディスプレイとかあったらまた別なんでしょうが……。  それで、このオードリーのANNが面白いっていう話は、面白いですよー以外に特に言うこともないので終わりますが、  オードリーのラジオって毎週必ず2人がそれぞれフリートークをするパートがあって、それに向けて毎週なにかしらの話題を持ってきて話すんですけど、  この感じ、いいなあ、って。  私の場合、このブログで毎週以上のペースでフリートーク的なことをしているわけですが、それは所詮、「書きたいと思うことがあった時に書く」スタイルじゃないですか。  それって、言い換えれば、たとえブログをやっていなかったとしても私が思いついていたはずのことで、そういうものの単なるアウトプットを行うためだけにブログを使うのは、ちょっと勿体ないな、と。  身も蓋もないことを言えば、ブログのお引越しを機に、もう少しどうでもいい話をしたいんですよね。  このブログ(のひとりごとカテゴリー)の内容って割と単調で、  最近あったニュース(スプラトゥーンのフェスとか任天堂の新情報とか)か、私の近況(仕事が忙しいとか大学が忙しいとか)か、最近聴いてる曲・観た映画とかのエンタメか、メンヘラポエムしか書いてない。  いやブログってだいたいそういうものなんですが、人間というのはそんなわかりやすいことばっかり考えているわけでもなく、  何が勿体ないって、そういうどうでもいい話が全てツイッターに吸い込まれている現状、というか。

 例えばこんな話をツイッターで呟いたのですが、こういうことをブログでちゃんと文章化したいんですよね。本当は。  ツイッターというのは議論に全く向かないメディアなんですが、それだけでなく自分の思考を深めることにも全く向かないメディアで、アーカイブ性に乏しく字数制限も厳しい。  要は、今を刹那的に消費してしまうためのメディアなんですよね。  それが良い面ももちろんあるし、そういう手軽さが流行った要因ではあるのだけど、私は、今の私を刹那的に消費したくないからブログを続けていたはずだし、それなのに現在の私の思考の一部がツイッターというブラックホールに消えていく。それを止めたい。    なので今回のブログのお引越しを機に、ツイッターと距離を置こうと思っています。思っているだけでうまくいくかはわかりません、が。 --------------------  そしてブログのお引越しについての話ですが、  前回の記事で書いた「カテゴリーページでページ送りが機能しない」問題、原因が判明しました。  私がサーバー代をケチっていたせいでした。  つまり、ロリポップには月額100円・250円・500円のプランがあって、100円のプランはWordPressを正式サポートしていないのですよ。  正式サポートしていないところに無理やり突っ込んで動かしていたわけですが、やっぱりダメでした。  というわけで、250円のプランにアップグレードします。  ……というつもりだったのですが。  契約更新のタイミングがちょうど5日前とかだったため、8月中旬までアップグレードできませんでした。    ということで、仕方なく。  移行からしばらくの間、カテゴリーページ・タグページでページ送りができない問題は既知の不具合として放置することにします。すみません……。    前回の記事で8月2日と言いましたが、やはりブログなのだから月初から書きたい、ということもあり、8月1日にお引越しを行いたいと思います。  ページ送り以外のところを完成させて、何とか8月に間に合わせます。そこから何とか軌道に乗せて、しっかりアップグレードします。    正直、jugem.jpにもそれなりにアクセス数あると思うので、どのくらいついてきてもらえるかすごく不安なのですが……。面倒だとは思いますがぜひブックマーク変更など7よろしくお願いします。oswdiary.netで見てる人はURLそのままでページだけ変わるので大丈夫です。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 5年前

OVER

気づけば7月も終わりが近づいていて恐ろしい。  Pokemon Go。やってます。正直社会現象すぎてちょっと引きつつ。  なんだかんだ楽しいんですが、やっぱりスマホのスペックの問題で重くなるのがきつい。  まあ、母親のiPhone6Sでも時々アプリ落ちてたからスペックの問題じゃないのかもしれませんが。  そして何よりも取られる時間が尋常じゃない……。何となくですが割とすぐに飽きそうな気もしています。  いや、飽きるって表現とも違うのかな。このゲームにエネルギーを費やす理由がわからなくて虚しくなりそう。ガルモもどう森もポケモンORASもそうだったので……。 --------------------  Splatoonラストフェスでした。ホタル派でした。前半は勝率酷かったけど後半盛り返した感じ。最後勝てて良かったけど、それ以上に終わってしまうのが寂しいし、あと得票率で大差がつかなくてホッとした。  Splatoonの方はまだまだ飽きずに続けられそうです。やっぱり私にはアクションゲームという動物的なゲームの方が向いているようです。  とりあえずはガチマッチのウデマエS+を目標にしています。なかなか上がれない……。さすがにA+に落ちることはほぼなくなりましたが。 --------------------  今月中盤にあった地獄のような数日間のせいで、ずっとテンションが低いままなのですが、  とりあえず人生の目標が1つできまして、この秋に海外旅行したいです。秋休み。  父親から「大学生の時くらいしか旅行なんてなかなか行けないんだから、行ってみたらどうだ?」と言われ、確かにそれもそうだなと。  来学期はシェアハウスも借りないし、もう免許も取らないし、それなら旅行くらい行くお金も貯められるはずだと。  そういうわけで秋にどこか行きます。行くならアメリカかヨーロッパかカナダだなあ。  またカナダかよって気もしますが、前のは留学だったので、ちゃんと旅行したい。バンクーバーもう一回がっつり見てみたい。ヨーロッパは……EU脱退前にイギリス行っといた方が楽そうではある。  ……と、そんなことを考えていて、ふと、今年の年始に上げた記事に、今年の目標的なことをメモったことを思い出しまして。

 せっかく新年ですし、今年の目標とかを掲げてみようかと思ったのですが。  そもそも現時点でやらなきゃいけないことだけで手いっぱいで、少なくとも3月くらいまでは割と身動き取れない感じがするんですよね……。  でも一応今年やりたいことをぼんやり挙げておくと、優先度順に  1.TOEICを受ける。  2.スマホアプリ開発。  3.作曲する。あと小説書く。  4.海外旅行する。
 ……意外と全部達成できそうで怖い。作曲しなきゃな……。 --------------------  それはそれとして、このブログの8周年が近づいています。  考えてみれば、8年間もJUGEMさんにお世話になったわけで、なかなか感慨深いものがあったりなかったり。  ……と言っても8年前に始めた時はJUST BLOGだったのですが、そのあたりの経緯は2年前の記事(
http://oswdiary.jugem.jp/?eid=4460)でそれなりに詳しく振り返っているので割愛します。  ともかく、中学入学直後からこのブログをやっているとなると、実質的に物心ついてからの私の人生の大部分はこのブログとともにあるわけで、そんなものが全世界に晒されていることの恥ずかしさもありますし、今回ブログお引越し作業で昔の記事とかが一瞬目に入って死にたくなることも何度もありましたが、  そういうものも含めて1つ1つが今の自分に繋がっているんだろうなあとも思うので、何とか守りながら続けていきたいです。    その中で、自分のドメインを取って、レンタルサーバーで運用する、という、9年目の新たなチャレンジ。  やはりこれは「自分のホーム」としての価値を高めるために、そして長期的に続けていくために、どうしても避けて通れないものなので、挑戦してみようと思いました。  いろいろと不慣れなので、もしかしたら一時的に以前より不便になる部分もあるかもしれないし、様々なトラブルがあるかもしれませんが、お付き合いいただければ、と思います。  これからもよろしくお願いします! --------------------  ところで、皆さんに1つ大事なお知らせがあります。  ブログのWordPressへのお引越しを延期します。    ……ええとですね。  まず、現状の進捗を見てください。 image_thumb-3707851 image_thumb-1-9530073  見てもらえればわかる通り、雛型はもうほとんど完成しています。  そして、たぶん今のブログよりも見やすくなっています。特にPC版。  カテゴリーが一部変わっていること、タグクラウドができていることなどの変更点は、本公開時にしっかり説明しますが、  ともかく、あとは独自ドメイン(oswdiary.net)の設定をJUGEMから上のサイトに変更するだけで、移行することはできるんですよ。    しかし。まず、パッと見でわかる通り、「Now」「Recommend」タブがあからさまに未完成です。  「Now」欄はミニブログ的なことをやろうと思っているのですが、その準備ができていません。「Recommend」欄も、現行のこのブログの右サイドバーのようなテキストベースにしたいのですが、ウィジェットを貼って応急処置しています。  また、「プロフィール」「Author欄」などいくつかのパーツも不足しています。  そして、何よりも最大の問題として、バグが多い。  例:カテゴリー別・タグ別の一覧ページのみページ送りが機能していない。    これらの問題を「既知の不具合」として解決せずにとりあえず移行して、追い追い直していく、とか、  しばらくは並行運用する、みたいなことも考えました。  しかし、そこまでして7月26日という日付に間に合わせることが、最優先でいいのか。  未完成なものを読者の方々に押し付ける形にする必要があるのか。    など、いろいろ考えた結果。  やっぱりもう少し時間をください。  という方向に収まりました。    あと、本当は明日出社するのでそっちのサイト制作もやらなきゃいけないのに放置してこっち進めてたのですがそろそろ限界です。  21時からはそっちの作業やらせてください。お願いします。    で、お引越しの日程はどうするか、という話ですが……ええと、今月中に作業する気ではいるのですが……、  念のため、Windows10のAnniversary Updateと同じ8月2日にします。すみません……。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 5年前

どきどき

ポケモンGOがついに配信されました。ね!  やってます。まあ家から出る用事がほとんどないのであんまり進んでないのですが……。  しかし私のDIGNO rafreはなんとジャイロスコープ非搭載だったことが発覚し、ARモードを使えないという悲劇。  現実世界にポケモンを映せないポケモンGOとか魅力半減どころじゃない……。  ロースペックの落とし穴。大人しくiPhoneを買うべきだった……。  というわけで現在、iPad miniのWi-Fi + Cellularモデルを購入するかどうかを割と真剣に検討中だったりします。いや、iPadじゃなくてもいいんですが。Wi-FiモデルだとGPS使えないので。  タブレットとの2台持ちは元々アリだなあと思ってて、そこにタブレットを買う絶好の理由が出てきたので、これは……!みたいな。  ちょっと明日あたりauショップか家電量販店に行って月々いくらかかるか聞いてみたいと思います。 --------------------  しかし今の私の最大の関心はスプラトゥーンのラストフェス!ですよ!  とうとうこの日が来てしまいました。  フェス、最初の頃は「ガチマッチできなくてつまらない」と思ったりもしてましたが、しかし終わるとなると寂しくなってしまいますね。チーム同士で連戦を重ねた時の妙な一体感。普段以上にナイスが飛び交うお祭り騒ぎ。そしてハイカラシティの独特な雰囲気。  まさに祭りの終わりという感じで趣深いです。  この1年以上もの間、Splatoonという1つのコンテンツが辿った奇跡とも呼ぶべき成長に、ずっと立ち会えたことがとても嬉しい。  考えてみれば、自分の好きなゲームは全て、自分の生まれる前からあるものばかりですからね。マリオもドラクエもドンキーもMOTHERも。ポケモンは、一応1歳の頃にあったけど。    最近、一番読みたい同人誌がアオリ・ホタルのシオカラ百合で、その次がニック・ジュディのイチャイチャなんですけど、これはひょっとしてケモナーなのでは。 --------------------  最近聴いている音楽。  BPM15Q「BPM15Q!」    正直に言いますが地下室TIMESで知りました。中毒性すごい。時々片方の声がハム太郎に聞こえるのはご愛敬。電波ソングここに極まれりって感じですね。    襷坂46「サイレントマジョリティー」    そういえばCMで聞いたことある気がする。襷坂46とか全く関心なかったんですが、結構クールで低めな声が多いんですかね。かっこいい。  なんとなく歌詞に共感できたりもしたし、ちょっとは知名度ある曲を知っておきたい的な下心も相まって、iTunesで買っちゃいました。秋元さんこういう系の歌詞も書けるのになんで「女性は勉強できなくていい」とか保守全開なことも言っちゃうんでしょうね。……1人で書いてるという設定にはあえて突っ込まない方向で。    MAISON BOOK GIRL「LOST AGE」    驚愕の変拍子。しかし気持ちいい。  ほんとアイドル界って日本音楽の最前線を突っ走ってますね……。  そしてさっきのBPM15QもこのMAISON BOOK GIRLも元BiSメンバーがいるらしい。BiSの存在感すごい。 --------------------  ブログのお引っ越し作業。進んでます!本格的に!  なんとか7月26日に始動できるんじゃないかと。  このブログの8周年。いわゆるAnniversary Updateです。  前回貼ったこの画像、    いくつか補足し忘れてました。  まず、今回、個人的に初めての試みなのですが、モバイルファーストで作ってます。  といっても、Web業界の人以外にはピンと来ないと思いますが。要は、スマホデザインを最初に作って、その延長にPCデザインを作る、という考え方です。  いくら現代がスマホ全盛とは言っても、やっぱりWeb制作者はPCサイトの作り方に慣れてるわけで、「PCサイトを作ってからスマホ用に配置を変える・内容を削る」みたいな作り方が一般的なわけですよ。もちろん私も。  でも、今回は、スマホから作るやり方を試してみたいなあ、と。  ……まあ、理由はそれ以外にもあって、「まずスマホデザインを思いついていたので、それを作ってからPC用に広げていきたかった」ということです。    で、気が付けばもう3日前なわけで、そろそろネタバラシというか、詳しい情報公開をしていこうかと。 image  スマホデザイン!こんな感じです!  どうでしょうか。って、全体が見えないと何とも言えないですね。。。  色もこっから結構変わるかもしれないです。背景もグレーじゃない方がいいかなあ、とも。    ともあれ、今回のブログ新デザインのコンセプトは、以下のようなものです。  ・レスポンシブデザイン、モバイルファースト  ・Twitter的なコンテンツ(ひとことブログ)をサイト内に置く  ・「ひとりごと」と「レビュー・感想」の差を明確につける  ・今までのブログデザインの印象をモチーフとして残す(不思議の国のアリス含む)  このうち、1番目の話はしましたし、2番目は実際に動かさないと何とも言えないのですが、  3番目と4番目について、考えて出した私なりの回答が、「トランプ」でした。  トランプの4つのマークで、このブログの記事を大きく括り、その記号でそれぞれのジャンルを表す、というもの。  これによっていろいろな問題がクリアになりました。  というのは、「ひとりごと・日記」と「レビュー・感想」という、大カテゴリー・小カテゴリー的な関係を、「トランプの赤と黒・4つのマーク」で分類することができたからです。    そして、「今までのブログデザインをモチーフとして残す」という点について、  これは正直かなり難しいのですが……。  「全く違うブログになった」という印象を持たれないために、できる限りイメージを寄せたいと思っています。  ただ、難しいのは、このブログは、今までスマホとPCで違うデザインを採用していたので……。  幸いどちらも緑色系統ではあったので、できる限り両方の意匠を汲みつつ、かといってオリジナルデザインでなければ意味がないので、うまくいいとこどりをしていけたらと思っています。    あと3日。明日がんばって追い込みたいと思っています。がんばります。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 5年前

息抜き

今日は渋谷に行ってました。lyrical schoolを観に。  少し前まで、「毎週末アイドルのライブ観に行くとかよく時間作れるなあ」と思っていたのですが、逆でしたね。  暇で仕方ないからライブに行くんですね。ライブなら友達いなくても問題ないですからね。  そんなわけでリリスク観に行ってきました。観に行っただけでCDとかは買ってないのですが……。  リリスクは、というかアイドル全般に言えることですけど、やっぱり魅力が一番伝わるのはライブだと思うので、ぜひライブへ行きましょう。インストアイベントなら無料だし、無料ライブでもしっかり1部2部で曲変えてくれるので最高ですよ。  このあたり、Pokemon Goが配信されると外出する口実がもう1つ乗っかるのでぜひ早くしていただきたいところ。来週中だと嬉しい。  とりあえずhimeさんが超かわいかった。アイドルに可愛いとか好きとか言い始めたらやばいかなと思ってなるべく自重したいのですがhimeさん超かわいいですよ。    このMVの4:00~4:05あたり、前列の一番左のhimeさんに注目してください。表情の変化。プチデビル。かわいい! というか、一度この可愛さに気づいてしまうとこのシーンの他のメンバーが目に入らなくなる。ごめんなさい。  そして、『サマーファンデーション』、花火とのシンクロMVも凄いんですけど、曲が良い。もうiPodで280回くらい聴きまして、私の中での再生回数トップ30に早くも入ってきてます。 --------------------  最近YouTubeで若干ハマってる「夢みるアドレセンス」。  アイドル。キャッチコピーが「カワイイだけじゃダメなんですか!?」というなかなか煽った感じになってますが、実際かわいいです。この曲は反重力MV。ほんとアイドル業界みんないろんなこと考えますね。大変そう。    曲の方は……なんというか、別に好きじゃないのに何となく中毒になる感じです。  より厳密に言えば、サビがクソダサいんだけどイントロの「Sexy Leader Ship.」のところが良いのでそれ目当てに聴いてたらそのままフルも好きになっちゃうみたいなやつ。    この曲の方が好きかなー。これも微妙なダサさというか、ほぼ気志團ですよね。曲も歌詞も。  少し前に話題になった『泡沫サタデーナイト!』にも通ずるものがありますが、この曲の場合はとにかく途中に挟まれるセリフがいちいちあざとかわいい。個人的には2:10あたりの「なにそれ?しらな~い」が好き。    しかし、「夢アド」の全体的なキラキラ女子感ってどうなんでしょうね。  雰囲気的にE-Girlsとかも近いですけど、クラス内ヒエラルキーの頂点でした感が凄くて、個人的には曲は好きだけどアイドルのファンとは行かないかなーって感じがします。 --------------------  今月はたくさん更新してますね。  理由は暇なのがひとつ。  あと、精神的に不安定なのでどこかに吐き出さないと辛い。笑  大学終わってから全然知り合いにも会えてないし、とにかく外に吐き出せない。  まあ、先々週に友人会ってから思いっきりdisるという酷いことをしてるんで、ブログに吐き出す方がみんなハッピーなのですけどねー。というわけでお付き合いください……笑  あ!  ブログデザイン、作り始めてます!  image  超ふつうですね。  いや、厳密にいうと、現時点でもう少し進んではいるのですが、普通のブログにはない仕掛けを検討していて、そのためにちょっと隠してる感じです。  うまくいくといいのですが……。    こういう作業をしているとつくづく思うのですが、私が向いてるのは美的なデザインじゃなくて、もっと実用的・機能的な方面でのデザインだなあと。  カテゴリー分けとかアイデア出しとか、そういうの。ディレクションとも違う気がするんですけど……デザイナーの人と対等に話ができるチーム、みたいなのに入る仕事ができたら、いいなあ、なんて思います。まあ、デザイナーがいないので、一人でやってますが。  楽しいです。最近ずっと仕事に苦しめられているので、自由にサイトを作れるのがとっても楽しい。いや、仕事の方も全然終わってない中で現実逃避で作ってるんですけどね!! --------------------  なんかテンションが気持ち悪いですね。情緒不安定なのだと思ってください。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 5年前

sweet

7月も気づけば半分終わり。  ええと……まあ前回までの記事に書いた内容でのダメージからあんまり立ち直れていないのですが、仕事もやることもいっぱいある。ので、何とか奮い立たせています。  とりあえず春学期の成績がそれなりに良かったのでちょっと嬉しい。 --------------------  ポケモンGOが話題ですね。  ……話題ですね、としか言えないのですが。  配信を楽しみにしてます。日本で流行るかどうかは微妙なところではありますが……。  とりあえず欧米であれだけ流行ってるなら、Microsoft Band 2のPokemon Go用アプリとかも結構早めに誰かが開発してくれるんじゃないかという気がして楽しみです。まあ、GO Plusも買うつもりではいますが。 --------------------  Amazonのプライム会員限定セール「プライムデー」がありました。  去年に比べるとそこまで安い!!って感じの商品はなかった気もしますが、Kindle Paperwhite。

 Kindle Paperwhiteは5000円以上の値引きが来たら買おうと思っているのですが、問題は「Prime会員向け割引+プライムデー割引」の重ね掛けだった場合、Student会員はプライム会員向け割引の対象外なので、大した値引きを受けられない可能性。というか去年がそうだったからな……。一律で下げてもらいたいところ。
 みたいなことを言っていたら、しっかり一律で下げてくれました。しかも、6300円とかいう太っ腹な値引き額。  こうなると買わない言い訳がないですよね。買っちゃいました。  
KIMG0123  第一印象としては、軽い。めっちゃ軽い。200g。  そのうちレビュー記事は別に書く……といってもそんなに特筆することもないのですが。ただ、紙と比べても遜色のない読みやすさ・綺麗さなので、おすすめです。プライムデー終わってからおすすめしたところで誰も買わないと思いますが……。  ちなみに恐ろしいことですが青春ブタ野郎シリーズすでに5巻目まで買いました。「Amazonプライムなら普通の本でも1日待てば届くんだし、そんなに変わらないだろう」と思っていたのですが、やはり「欲しい本が今すぐ手に入る」というのは素晴らしいですね。  しかし、せっかく買ったわけだし今後は全部Kindleで買う……つもりではあるのですが、やはり紙の本という実体を得られないため、所有欲を微妙に満たされなくて残念な感じ。  そういう意味でリッピング大歓迎のCDって一つの正解なのかもしれないですね。ゲームとか本とかも、今後は「ハードソフト一体の”物”」ではなく「コンテンツそのもの」に対してお金を払うことになるのでしょうか。ちょうどディズニーのMOVIE NEXみたいに。    ちなみに私が買ったのは「ホワイト・キャンペーン情報なし・Wi-Fiモデル」です。  スリープ解除時に広告情報が表示されるタイプとされないタイプ(+2000円)のものがあって、どうしようかと迷ったのですが。  せっかくKindleの世界に足を踏み入れるのなら、なるべく最良の状態にしたい、というか。自分から使い勝手を悪くしておいて「Kindle微妙じゃん」って思いたくはなかったので。  キャンペーン情報つきを使ったことはないので比較できませんが、たぶん1アクション挟まってたらイライラしてたような気がする。たぶん。 --------------------  6月末に書いた記事(if I can / if I do)で、できる・できない、やる・やらない、ということの話をしていたのですが。  結局それは曖昧なものだなあと改めて思いながら。    やりたくないからやっていないことをできないと捉えるのは「逃げ」なのでしょうか。  事実として、自動車学校から私は逃げ出したわけですが、  しかし、あの場面、あのシチュエーションで、自分は「逃げずに続ける」という選択肢があったのだろうか。  選択肢がたくさんある中で自分の意志としてそれを選んだのか、それとも、自分の性格上、他に選びようがなかったのか。    逆のパターン。つまり、ポジティブな行動の理由をそこに求めるなら、いくらでも開き直れたし、納得できる。  「私の性格上」という枕詞をつけた上で。  この大学に行く以外の選択肢はなかった。この仕事を受ける以外の選択肢はなかった。Surfaceを買う以外の選択肢はなかった。この女性に告白する以外の選択肢はなかった。  優柔不断な私は、今までそうやって無理やりにいろんなことを決めてきた。  そして、ここ最近……といっても数年単位ではありますが、大学に入ってからの自分は、そういった動機、自分の性格に起因する選択を、全てポジティブな効果に結びつけることができていました。というより、そうでない選択を記憶から消去していただけかもしれませんが。  だから、それでお金がかかるとか、時間に余裕がなくなるとか、失敗に終わるとか、そういう付随するデメリットも全て受け入れることができた。    しかし現実として、自分はその性格によっていろんなものから逃げ出している。大学1年の時の学祭委員もそうだし、一般的なアルバイトもそうだし、そして今回も。  そういう時にも、つまり今回も、「私の性格上、これを続けるのは無理だ」という風に無理やり納得させた。  その表裏一体である意志決定プロセスを、「切っても切り離せないものだ」として開き直るのはやっぱり逃げなのか。卑怯なのか。  それとも、その決断の強さ、厳しさを引き受けてきた私には、その決断の弱さ、甘さによりかかる権利もあるのでしょうか。    そういうもやもやとずっと相談しながらここ数日いるわけですが、  しかしはっきりしているのは、こういう相談が無駄だということで、  それが言い訳であろうと本心であろうと、事実は1つだけ、「私が自動車学校から逃げ出しすという選択を行った」ということ。    自分は強い意志を持った人間ではなかった。  たまたま強い方の選択に感情が振れていただけの人間だった。  そういう自覚を持っている必要があるし、その自覚が欠けていたなあと強く思います。 --------------------  もっとフランクな言い方をしますけど、  ほんと、何が嫌かって、自分がどれだけ調子に乗っていたかということですよ。それはもう、天狗ってこういうことを言うんだろうな、って。  自分でも仕方ないとは思うんです。毎月あり得ないくらい稼いでたし、今学期は授業も割と充実してたし(そして実際好成績だったし)、TOEICが割と良かったし(地味に嬉しかった)。  そういうのがほんと今となっては浅ましいというか、自分の価値ではないものを自分の価値だと思っていたことのツケだなあと……。  なので今後は調子に乗って変なところに手を出さないようにしようと。  シェアハウスとかもそうですけど、人間には人それぞれ無理なことがあって、少なくとも私の場合は努力しても無理なこと、または努力すること自体が無理なことがたくさんあるのだと。そういう風に納得してエネルギーの配分を考えていきたいなと思います。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 5年前

節目

帰りの新幹線の中でブログを書いています。  そういえば行きの新幹線でもブログを書いたし、滞在中に2回更新したので、5日間で4回更新したことになります。  思ったより精神的に辛かったのかもしれないし、そうでもないのかもしれない。  充実した大変さは「不幸自慢」としてSNSにいくらでも書けるけれど、自分の弱さに起因することはやっぱりSNSには書けない。FaceBookじゃなくてTwitterになら書けるという人もいるけれど、私には難しい。    ところでもう帰宅中だから好きなこと書くけど浜松自動車学校の宿舎の食事は普通においしくないぞ。それ以外は割と快適でしたが。食事への不満は地味に毎日のモチベーションを蝕んでいたと思う。 ——————–  参院選がありました。まあ、だいたいあんな感じなのではないでしょうか。  改憲派は無所属議員含めてギリギリ3分の2、というのは、審議中に何らかの問題が起きて数人離反した時点で通らなくなるわけで、しかも参議院には解散もない。内部分裂してくれないかなー、っていう期待しかできないところが悲しいし、何なら野党の方が先に分裂しそうなのが辛いけど。  日本の行く末はやっぱりヤバそうなので、私は世界共通語たる英語とプログラミングの勉強を続けようという決意を新たにした次第。 ——————–  実はこっそり買っていた『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』1巻を読み終えました。  前作『さくら荘のペットな彼女』は、アニメでめちゃくちゃハマって、アニメを観てから小説を全巻買い揃えるほどにハマったのですが、今作もまた、すごく良質なライトノベルでした。前作よりもちょっとミステリー/ファンタジー的な雰囲気が強いけれど、あくまでリアルに根付いている感じ。  「普通であること」「変人にならないこと」「場の空気に合わせること」「見えないルールに縛られること」。そういった、思春期の誰もが意識的・無意識に経験することを、繊細に描いています。  ただ、まあ、私みたいに、大学に入ってそういう空気から解放された身としては、リアリティを失ってしまった感じもあり……。さくら荘の時は、あのタイミングで読んだからこそ強く影響を受けたのだなあと改めて思いました。  おすすめです。1巻で綺麗にまとまっているので、今すぐじゃないけれど2巻以降も機会があれば買い集めていきたい。今、ライトノベルは禁書とHOしか買ってないしな……。 ——————–  7月11日は、任天堂・岩田前社長の命日だそうです。  1年前の記事。 → #ThankYouIwata  訃報を知ったのはちょうど留学の最中。それも最初の週末くらいのタイミングだったと思います。  岩田社長は、今も昔も私の憧れの人物の1人で、だからこそ「いつかは会ってみたい」というのを1つの願いにしていたのですが、それは叶わなかった。今でも時々ほぼ日やその他サイトの岩田さんの記事を読んでは、この人の考えを直接聞けなかったという悔しさを感じます。    自分にできることは、時間も機会も無限ではないことをかみしめて、毎日を無駄にしない事です。頑張ろう。ちょうど5日間を無駄にしたばかりだけれど。 ——————–  2015年末に書いた記事(2015を振り返って)で、岩田さんのインタビュー記事の内容を引用しました。  引用自体はその記事にも載っているので端折りますが、  「好きなものと得意なものは違う」「得意なものを見つけてそこにリソースを割いた方がいい」という話。  結局、今回の運転免許のことも、そういう結論になるのかなあ、と……。    自分の得意なこと、苦手なこと、を考えた時に、やっぱり私が一番苦手なのは「一発勝負の失敗できない対人戦」なんですよね。いや、別に戦いじゃなくてもいいんだけど。  もし、しっかりと時間が与えられて、何度でもやり直しが利くなら、自分のパフォーマンスを最大限に高めたものをアウトプットするだけだし、  もし、事前に内容を完全にコントロールできる、スピーチとかプレゼンテーションであれば、事前に準備をしていくだけだし。  そういった心構えができない状態で何かに放り込まれることがとても苦手で、自動車の運転がその最たるものだし、他には単位が危ない期末試験とかもそう。レポートなら余裕。    とにかく「未来に繋がる、後戻りのできない一歩を踏み出すのが怖い」んだと思います。そういえばニコニコに動画を投稿していた頃も、どんなに自信があっても投稿する1時間前くらいから吐き気を催してたな。  だからたぶん就活も、面接自体よりも面接で通った時にその会社に就職するかどうかで一番悩むと思います。いや、通ればの話ですけど。 ——————–  自分が一般的な人に比べて、一般的に大したことじゃないとされる部分の能力が著しく低いということを、いつも忘れてしまう。今回もまた。  私は「やろうと思ったことは全て実現できるスーパーマン」じゃなかった。  そんな当たり前のことに、つい5日前の私は本当に気づいてなかったんですよ。  だって、この1年間、やろうと思ったことが全てうまくいっていたから。バイトも、大学も、留学も、それらの両立も。  別に免許のこととそれは直接関係ないじゃんって思うかもしれないけれど、私の中で関係あるんですよね。結局、なんで免許を取ろうと思ったかっていえば、  「○○に加えて免許も持ってる私すごいでしょ!」っていうアピールがしたかった、「仕事抱えながら免許取れちゃう私凄いでしょ!」って喧伝したかったんだなあって、  そういう貧しい自分に気づいてしまって、しかも、実際はそれを達成することもできない惨めな人間だった。  自分の能力の限界をもっとしっかり把握できなければならない。気を抜くといつだって過信してしまう。自分自身のことを。 ——————–  『青春ブタ野郎は~』の中にこんなセリフが出てきます。

「『やりたくないことはやらない』っていうのが僕の持論」  誰にともなくそう告げる。 「それ、続きがあるんじゃないの?��� 「ま、『やらなきゃならないことはやるしかない』っていうのとセットなんだけど」
 やりたいことと、やらなきゃならないことを、やる。だけです。  やりたくないしやらなくてもいいものをやることは、そもそも私は向いていなかった。受験だってバイトだってそうだったのに、なんで忘れてたんでしょうね。免許をもっと軽く取れるものだと思っていた、というのもあるのですが。 ——————–  そういうわけで今週来週はかなりの時間が取れそうなので、いろいろ頑張ります。お仕事も、趣味も。ブログのお引越しとか、ね。  そして何より、Twitterを早く辞めたい。最近ずっとTwitterとの付き合い方を考えている。  Twitterに代わる、ブログよりも短いスパンで吐き出す場所があれば、それはTwitterじゃなくてもいい。私は自分で書いたことに対するリプライなんかほしくない。勝手にやっててほしい。さらに言えば、自分の書いたことに対するコメントは元記事の下にあってほしい。  このあたりのことはそのうち改めて書こうと思いますが、Twitterは「元のツイート」と「それに対するコメント」が完全に同列になっていて、それがLINE TLやFacebookやGoogle+などとの大きな違いで、その点で唯一無二だと思うし、それによってコミュニケーションが気軽になったという部分はある。と思う。  しかし、コミュニケーションが気軽になったことのデメリットというものも間違いなくあって、特に私のように、自分の言いたいことを吐き出した時点で満足する人種と、それに対して気軽に絡むことを推奨するTwitterの思想は根本的に相容れないのではないかと。  なのでそのへんをうまくやりたいです。考えていること、「こうすれば自分の理想的な付き合い方ができるのではないか」というイメージは何となくあって、ただそれはブログのお引越し・WordPress移行と不可分なので、一刻も早く移行させたいです。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 5年前

よわさ

特にオープニングにするような楽しい話題もないので本題の結論から言いますと、  自動車学校を途中退校する方向で考えをまとめています。    考えをまとめている、というのがまたどうしようもないところで、結局今日だけでは辞めるという結論を出せず、結局一晩考えて、という逃げに入ってしまったわけですが。  つまりこの記事は、「自分の考えを整理するために書く記事」であり、まさしく”ひとりごと”なので、興味のない方はここでブラウザを閉じていただいて構いません。   --------------------  尤もらしいことを先に言ってカッコつける感じになるのがみっともないので、先に一番みっともないことを言いますけど、  今日のお昼の講義で思いっきり居眠りしてしまいまして、それで追い出されて単位が一個取れなくなって、その時点で延泊+追加料金が決まっちゃったんですよね。てへ。  ……いや、てへ、っていう話ではなくて、ただただ馬鹿な奴って話なので、客観的に見たらゴミクズめ、で終わっていいんですけど、  これが主観的には結構深刻な問題で、  なぜかといえば、合宿初日に「授業中に遅刻・居眠りすると追い出されて追加料金を取られる」っていう警告を散々受けていて、そのことに(普段から大学で寝坊とか居眠りとかが割と多いので)危機感を覚えた私は、仕事と集合時間との関係で2時間しか寝てなかった初日を何とか耐え凌いで以降、  合宿寮では仕事がどんなに調子良くても日付が変わる前に必ず寝て、朝6時に起きて1~2時間仕事をしてから授業に向かう、という、まさしく理想的な生活リズムをキープしていたんですよ。  それでも、あっけなく寝てしまった。先生に見つかるレベルで思いっきり。  というのが、なんというか、個人的にすごくショックで。  だって、そんなやつ、運転中にも寝るに決まってるじゃないですか。どう考えても。 --------------------  で、そういえば自動車学校の誓約書の「運転に支障をきたす症状の有無」という確認項目の中に、  >過去5年以内において、十分な睡眠時間を取っているにもかかわらず、日中、活動している最中に眠り込んでしまった回数が週3回以上となったことがある。  っていう一文があって、「これ、適当にサインして大丈夫なやつか……?」という不安があったのですが、  まさにこれじゃんっていう……。    いや別に、自分は睡眠障害だ! だから仕方ない! とか言うつもりはないですよ。  ないですけど、しかし、6時間寝て朝6~7時に起きて、寝起きすぐの眠さすら払拭して、万全の態勢を整えて臨んだ以上、  逆に、これで寝るようならお手上げだ、自分の意志とか決意でどうにかなるものじゃねえよと、  そういう開き直りがあって。  だから、こういうこと言うと痛いですけど、  居眠りで追い出された時に、妙な清々しさがあったんですよね。  ああ、これはお手上げだ、っていう。    これが、前日朝3時まで仕事して、それから講義に来て、寝た、とか、  前日朝2時まで小説読んでて、寝坊した、とかだったら、間違いなく、自分はなんて愚かなんだ、という自責の念に駆られていたと思います。  (実際大学とか留学中にそういうことは何度かあったのですが)  ただ、今回のに関しては、やれることはやってたから、自分の中で反省するポイントが、なかった。  だから、逆に言うと、仮免後の講義とかも含めて、また何度でもやらかすだろうなとも。  心入れ替えるとか生活習慣変えるとか、そんなことはとっくにやって万策尽きてるという……。  今朝は睡眠6時間で、確かに来てから着々と睡眠時間減ってはいるんですけど、そもそも睡眠7時間とか8時間あった昨日とか一昨日も、普通に意識が朦朧としてましたし……。 image  ↑関係ないけど、こういう時にMicrosoft Bandは優秀です。  途中で目が覚めた時間(自分では全く覚えてない)が除かれてるので若干短めに出てますが、今朝もトータルでは5h50m寝てますよ。っていうか今朝(7/9夜)についてはアプリの計測切った後に二度寝したからプラス1時間されるはず……。(アプリの意味がない)    まあとにかく、7/8以降は明らかに充分な睡眠時間だし、Sleep Restoration: Good(睡眠回復度:良好)てお墨付きもある。今日はもう0時超えてるけど。  これはなんというか、改善の余地がないんじゃないかなあ、と……。 --------------------  で、まあ、この講義中の居眠りで(自分の)心が折れてしまった、というのが、一番のきっかけだし、そこに対してする言い訳は何もないのですけど、  私がこういうことを考える時って、その前からとっくにやる気がなくて、あとはタイミングを見計らってる場合が多くて、今回だってその前から辞めたい感情は当然ありました。  自分が運転に不向きすぎる、ということを、運転技能教習を受けるごとに痛感していて、これはよく考えたら運転以外でもそうなんですけど、とにかくマルチタスクが苦手なんですよ。  臨機応変と対極的なところにあって、目の前のことにしか意識がいかない、という。  例えば「この仕事とこの仕事とこの仕事を同時進行で」という時も、とにかく1つを片付けることに集中してしまうし、  ○○しながら同時に△△しつつ××のことを考えておく、みたいなことができないので、今までマルチタスクや臨機応変を要求されるものは、「○○した後で△△した後で××のことを考える」という形で進めてきました。  ところが、そのやり方ができるのは、○○と△△と××が相互に影響を与えずに並んでいる場合であって、○○の結果次第で△△と□□に分岐して、みたいになるものは、とりあえず○○が終わった時点で改めて考える、という方法で問題を単純化して何とかやり過ごしていました。  で、自動車の運転だと、それが全く上手くいかなくて、一瞬の判断を次々に要求されるので、すぐに自分の処理能力がオーバーフローしてしまって、これは、きついなあと……。 --------------------  私はとにかく早く結論を決めて思考停止したいという欲求が強くて、1つの目的を定めると他の選択肢が見えなくなってしまって、  先日書いた「失敗しても大丈夫という保険を見つければ一気に行動できる」という話も、  「とりあえず『次はこれをすれば安心』というものを悩みながら1個1個積み上げていく、できれば1個目を積み上げる前に2個目・3個目・4個目くらいまで全部決めておく」という思考でやっていることで、  連続した判断を次々に要求されるとめっぽう弱い。事前に全ての手順を確認して、フローチャート的なものを用意した上で、「これさえやれば大丈夫」というものを用意しておかないと不安で動けない。    結局、自動車学校に合宿免許を取りに来るという行為自体がそれだったんですよね。  別に免許を取りたい理由もなくて、合宿免許のメリット・デメリットも大変さも碌に調べもせず、「とりあえず夏休みは時間があるのだから合宿免許に行こう」という結論ありきで過程を積み上げて、勢いだけで来てしまった。  そういう思考ルーチンって、例えば、優先道路なのに交差点の前で無駄に減速徐行したりとか、危険な道なのに最短距離だから回り道しないとか、アンカー出したら曲がることしか考えないとか、狭い道から抜けることだけ考えて左右から来てる車に気づかないとかみたいな危険運転にも思いっきり通じているなあと、実際に走ってみて思ったわけです。  そしてそれは、慣れとか技術とかで抑え込めるものでは、ないのではないか、とも……。 --------------------  ええと、ここまで、見苦しい言い訳に終始しているように見えてしまったら、申し訳ないなと思うのですが……。どうしても話の内容が言い訳にしかならないですよね。別に「やらない言い訳探し」みたいなことをしたいわけではないのですが。  ただ、なんでこんなに安易な気持ちで免許合宿に来たんだろうと考えた時に、はたと気づかされたのは、  自分の自意識過剰な性格が出てしまったな、と。  そのことが一番情けないのですが。    実は、ちょうど今と同じような気持ちになったことが前にもあって、  それは大学1年生の夏休み。塾講師のバイトの募集に電話をかけて実際に見学まで行っておいて、自分から断った日の帰り道。  その時に、「ああ、自分は社会的に不適格な人間なんだ」という思いを新たにして、  そう思ったはずなのに。    その翌年、バイト先で重い案件を次々に受けたり、留学に行ったりして、  6週間の留学や、そこそこ厳しい大学の中間・期末とバイトを見事に(!)両立させて、TOEICまでそれなりの高得点をマークして、翻訳の仕事を受けたりして。  正直に言って、自分は凄い人間だという思い違いに陥っていました。  調子に乗ってました。ごめんなさい。  みんな取ってる免許くらい取れて当たり前だろう、余裕だろう。バイトや留学や○○大学の授業よりきついわけがないんだから。    実際は、全くそうではなくて、  今の自分は、たまたま需給が一致して、たまたま自分の得意分野を活かせる場所にいるだけで、それ以外の分野では、平均的な人間にも遥かに劣る底辺で、まともな人間のすることができない。   ...

comment  0
favorite  1
ひとりごと 5年前

憂鬱

自動車学校に来ています。  ええと、思ったよりきついです……。  私の想像では、もう少し楽というか、それこそ高校や大学や留学のノリで、「とりあえず時間通りに授業に出席さえすれば普通に卒業できる」ものだと思っていたのですが、結構真剣にやらないとダメみたいです。いや、まあ、考えてみれば当たり前なのですが……。  昨日で技能講習は3時間目(シミュレーター含めれば4時間目)だったのですが、3時間目の途中で指導員の人に「普通はこのへんまで1時間目で行くんだけどね……」と言われてかなりへこんでいます。遅れているとは思っていたけどそんなに遅れていたとは……。  まあ、私だって今のペースのまま来週路上に出たら確実に事故る自信があるし、講習の進みが遅い分の延泊は(授業に遅刻したとかでなければ)追加料金を請求されないので、まあ、多少遅れるのも仕方ないかなあ、という感じです。  スプラトゥーンのラストフェスは、うん、仕方ない……。正直スプラトゥーンセットが定価で売ってたらこの場でポチろうかと一瞬考えたけど、さすがに思いとどまりました。    このブログでちょくちょく書いたような気がしますが、私は「失敗しても大丈夫だという覚悟ができるといくらでも無茶ができる」という性格でして、最悪の事態を想像して、最悪の事態になった場合の対処法をシミュレーションできれば、自己判断でどうにでも動けるし、全力を出すことができます。  それこそ大学受験の時も、最悪の場合でも浪人して1年頑張ろう、ととりあえずは思えたので、過度に緊張せずに臨めました。  翻って自動車運転はといえば、最悪の場合は事故で人命が失われるわけで、これはどう考え方を変えても最悪の場合の対処法がないわけで、つまり私は自動車運転に向いていないという……。  このことにどうして来る前に気づかなかったのか。っていうか別に免許欲しかったわけじゃないし、おとなしく自動操縦車の登場を待つべきだった……。    あと、何が辛いって1日2時間しか乗せてもらえないという法律の縛り。仮免試験(予定)の前日とか、講義が1個も入ってないのに、それでも2時間しか乗れない。暇だし、もっと練習したい。○時間空けたら乗ってもいい、とか、そういう縛りにどうしてなってないんだろう……。    あと並行してやばいのがお仕事で、もっと合宿中が暇であることを前提に仕事を大量に抱えてきてるので、そこのストレスも凄いです。  まあ、講習の方をクリアできて技能で残される分には、2時間しか授業がなくなるので、1日当たりの余裕はむしろ増えそうですが……。  何とか合宿から帰る前に仕事を終わらせて、同時にこのブログのお引越しも進めたいところなのですが……うーん。厳しいかなあ……。 --------------------  それはともかく7/12はプライムデーですね。結構楽しみです。  とりあえず狙ってるもの貼っときます。    Kindle Paperwhiteは5000円以上の値引きが来たら買おうと思っているのですが、問題は「Prime会員向け割引+プライムデー割引」の重ね掛けだった場合、Student会員はプライム会員向け割引の対象外なので、大した値引きを受けられない可能性。というか去年がそうだったからな……。一律で下げてもらいたいところ。  隣の「Bluetooth Designer Desktop」。Surfaceに繋ぐ無線キーボードが欲しいのですが、タイプカバーの打ち心地が気に入っているので、あんまり変えたくない。あと、キー配列が変わるのも困る。  そこにきてこの製品は、おそらくPro4タイプカバーの原型になったと思われる商品で、キー配列もキーの感触もタイプカバーに近い(らしい)。買うならこれかなあ、と思っています。ちょっと、というかかなり高いのがネックなので、プライムデーでセールが来たら嬉しいのだけど。  あとはまあ、いつも通り、ディスプレイとコネクターです。はい。デュアルディスプレイしたい……。 --------------------  そういえばリリスク新曲『サマーファンデーション』をずっと聴いています。ずっと。たぶんもう100回くらいは聴いた。詳しい感想は昨日書きましたが、最高です。明るさと切なさが絶妙なバランスで同居している。ワンダーグラウンドに続くリリスクのイチオシ曲です。  今日の朝10時にMV上がるらしいですよ。ぜひ。ぜひ!  サマーファンデーション聴きすぎて運転中もずっと頭の中で鳴り響いていて危険です。 ...

comment  0
favorite  0
映画・音楽・小説の感想 5年前

『リリカルスクールとの未知との遭遇』の、指摘の野暮と私的な感想

最後に観たのが1か月前くらいなので、相当に書くタイミングを逃してしまったし、もう東京で上映してすらないので何を今さらという感じしかないのですが、  それでも書き留めておきたいリリスク映画のお話。    正直リリスク知らない人に向けて何か書いたところで読んでもらえるともあんまり思っていないのですが、  lyrical schoolとは……6人組ヒップホップアイドルユニット、通称リリスク。最近メジャーデビューしました。かわいい。  本題の前にちょっと寄り道しますが、今週発売された最新シングル『サマーファンデーション』、これは、いいぞ  ティザー映像。フルMVも近日公開されるようです。  私がリリスクにハマったきっかけである『ワンダーグラウンド』と同じLITTLEさん作詞で、2番目に好きな『brand new day』と同じ作詞LITTLE・作曲AxSxEという、期待しかできない制作陣だったので、発表時からずっと楽しみにしていたのですが、しっかり期待を超えてきてくれました。  夏祭りをテーマにした繊細な乙女心、高校生くらいの甘酸っぱい恋愛の感じが見事に描かれています。こういう歌詞好きです。  リーダーayakaさんのソロパートがクライマックスまで一度もない、というパート構成も凄い。最後はしっかりリーダーがキメる!みたいな感じ。  ラップパート、それぞれの魅力が出ていて良いのですが、やはりhimeパートが、ラップスキルの高さと現役高校生ならではの説得力があって良いです。1番の「突然お祭りの誘いってマジか」の「マジかー↑」の言い方が最高です。  リリスクは楽曲から入ったので誰々が好きみたいなものはあんまりないのですが強いて言えばhimeさんが好きで、himeさんの写真が載っているという理由だけでZipper買いました。  写真1枚しか掲載されてなくてさすがにキレそうだったけど、WEGOの10%オフクーポンがついていたからギリギリ納得できた。せめて写真2~3枚はあると思ってたよ……。    CDのバージョンについて、限定盤AはライブDVDなので気になる方が買うとして、私が購入したのは初回限定盤Bです。  と、いうか、通常盤を5月頭のリリースイベントで予約したものの、予約券を紛失したため、今週のリリースイベントで限定盤Bを買い直しました。もし予約券が後から見つかった時のために一応バージョン違いにしておこうと。  ……決してリリイベの特典目当てに複数買いしたわけではない、いいね?  で、初回限定盤Bに収録されているのは前回シングルのアレンジだけなので、興味がなければ通常盤でもいいのかなー、と思います。いや、リリスクファンとして、そしてアフィリエイターとしてそれでいいのかって感じはありますが。  限定盤BのRemixは簡単に言うと「MOTHERシリーズっぽいアレンジ」です。なぜかRUN and RUNがめっちゃホラーになってました。AmazonとかiTunesで試聴・配信してるので、それを聴いて惹かれたら買うといいのではないでしょうか。 ——————–  そんなリリスクの主演映画が『リリカルスクールの未知との遭遇』だったわけですが、さて。  そもそも、そこまで知名度のないリリカルスクールというアイドルの主演映画、そして1館上映、さらに上映終了後に毎晩メンバーのトークイベント開催……というところからして、  まあ、雰囲気としては妖怪メダル付きスナック菓子みたいな、そういう類の匂いが上映前から漂ってるわけでして、  そして実際に観てみた感想なのですが、THE・低予算映画って感じでした。  別にこれは悪口とかじゃなくて、自主制作感出ててあれはあれで良かったと思うんですけど、  そもそも、なぜ低予算なのに特殊エフェクトを必要とするSFを題材に選んだのか……?という謎があって、  たとえば、映画の冒頭、メンバーのayakaが膝をすりむいてしまったところを、宇宙人が不思議パワーで治してくれるシーンがあるのですが、  ケガを治す前後で、パッと膝の位置が微妙にずれる。いや、そこはわざわざ撮り直さなくてもフォトショで修正すれば良かったんじゃ……?  他にも、brand new dayに合わせてメンバーが街に出ていくシーンのあからさまなBB合成映像感とか……まあ、別にリアリティ重視の映画でもないので、味があったのも事実なのですが。 ——————–  それはそれとして、脚本に関していうと、「もう少しどうにかならなかったの」みたいな突っ込みどころが結構あって、  例えば、せっかく側近であるマネージャーを洗脳したのに、最初にやったことが顔丸出しで強盗という、マネージャーである必要が一切ないパワープレイだった。せめて誘拐くらいは実力行使じゃなくても良かったのでは……?  他にも、終盤にリリスクを襲う忍者2人の関係性とか、ベムさん(宇宙人)が元の宇宙に帰るラストシーンでの「LINEするわー」っていうセリフとか、事前に前フリが数秒でも差し込まれてたら全然違ったと思うんで���よ。(ベムさんにメンバーがスマホの使い方を教えるシーンとか)  全体的に、居酒屋で飲みながら思いついたネタを盛り込んでみました的な脈絡のなさがあったのですが、  パンフレットを買ったら本当に居酒屋で話し合いながら脚本考えてて納得しました。    まあ、ただ、ここまで伏線・前フリにこだわって観てしまったのはその数日前にズートピアを観に行ったからで、あんな伏線中毒映画の後に観たらどんな映画も物足りなくなってしまうとは思うのですが、  しかし、例えばマネージャーが実はメンズブラしてたところとかはしっかり前フリがあって笑えたので、ああいう時間差のネタがもっとたくさんあれば深みがあってよかったのになーと。 ——————–  それ以外の小ネタでいうと、途中、何でもない日常トークなのに明らかにhimeだけ不在のシーンがあって、これはhimeが敵サイドに捕まって洗脳されてスパイになってる的な伏線なのか……!? とドキドキしながら観てたのですが、  何もなかったのでおそらく撮影日が期末試験だったんだと思います。仕方ない。 ——————–  で、まあぶっちゃけここまでの話は些末なことなんですけど、ここから本題。  この映画の「テーマ」とは何だったのか? ということを考えてみたところ、    1.リーダー・ayakaの「何のためにアイドルをやっているのか?」という悩み  2.リリスクの「売れることが一番の目標なのか?」という問い  3.マネージャーの「ゆとり世代への先入観とリリスクへの横柄な態度」問題  これらが、ストーリーの序盤において、軸として提示されていたように見えました。  ところが、映画はこのどれにも答えを出さないまま映画は終了します。  マネージャーに関しては、洗脳されて悪事を働いていたところをやっつけられて終わりで、例えば、意識を取り戻した後にリリスクのことを見直す……みたいなよくある後日談はありませんでした。  また、最後のライブシーンについても、普通の映画であれば、ライブ後に「私たちはxxのためにアイドルやってるんだ!」みたいな一応の解が出てくるものだと思うし、アイマスもラブライブもそんな感じなのですが、  ライブが終わってそのままエンディングです。後日談なしです。    普通の映画の文法に従えば、なかなかあり得ないストーリー構成になっていて、最初に観た時はそのギャップに強い違和感を覚えたのですが、  個人的に咀嚼した結果、1つ考えたこととして、  「実在の人物を描いた本人出演映画である以上、未来のことには触れられない」という縛りがあるのではないかと。  つまり、『ayakaは○○のためにアイドルを続ける!』とか、『リリスクはアイドルとして○○を目指す!』とか、それを映画の中で言わせるのは確かにちょっと厳しいだろうなあと。  さらに言えば、そこについては現実世界のリリスクに任せる、というか、  実際にリリスクがアイドルとしてどういう姿を目指しているのかは、現実のリリスクがきっと答えを見せてくれるのだろう、ということなんじゃないかなあ、と……。    ……とはいえ、マネージャーとの軋轢については最後に触れても良さそうなものですが、  やはりそこは、映画として見せたいものがストーリーではなくライブシーンにある……、という姿勢なのではないかと。ライブ後・エンディング後にエピソードを追加すると、その話がメインに見えてしまうので。 ——————–  私は今まで、アイドル映画を他に観たことがないし、そもそも今年春にリリスクを知るまで、アイドルに関心を持ったこと自体がほとんどなく、強いて言えばアイマスやってたくらいで、  なので、この『リリスクの未知との遭遇』が、アイドル映画のフォーマットとしてどの程度一般的で、どの程度外れているのか、というのはわかりません。  しかし、少なくとも、普通の映画と同じ観方をすると絶対に楽しめない作品であることは間違いなく、  私がこの記事でやったような、突っ込みを入れまくったり、テーマ性を考察したりというのも、普通の映画の観方の延長にあるものです。    では、この映画の1つの理想的な楽しみ方は何なのか、というのを、2回目観た時に何となくつかんだのですが、  ちょっと固い言い方をすれば、  『現実のリリスク』『劇中のキャラクターとしてのリリスク』の間に、『演技をするリリスク/映画を作るリリスクチーム』の存在を感じることで、ある種のメイキング映像的な楽しみ方ができる、ということ。  そもそも、アイドル(偶像)というのが一種の空想世界で、『プライベートのアイドル』と『ステージに立つアイドル』はもちろん多かれ少なかれ差があるはずだし、  それを含めた『現実のアイドル』と、この映画のような『アイドル本人が演じるアイドル(役柄)』も当然違いがある、というのはメンバーも監督も認識していて、  さらに、監督のイメージした『脚本上のアイドル』と、それを本人が演じることでアウトプットされた『劇中のアイドル』にも違いがある。  そのあたりの揺らぎみたいなものを楽しめるのが一番の魅力で、だから、映画としての完成度とか、ストーリー構成の緻密さとか、そんなものはなくても全く問題ないのだなーと。    正直、初めてあの映画を観た時は戸惑ってしまって、果たしてこれは映画としてどうなのだろう……と思ってしまったのですが、  2回目、既にストーリーを知っている状態で肩の力を抜いて観ると、メンバーの可愛さとか魅力が随所に出ていることに気づいたんですよね。  ああ、これは、『演技が下手だから役者としてダメ』みたいな話をするのは的外れで、『初めてなりに演技をするメンバーの頑張り』を観るものなのだなぁと。そういう目線で観れば確かに面白い。面白いっていうか可愛い。可愛い! めっちゃ可愛い!  気づけば3回目観に行きたくなっている自分がいたのですが、予定が合わず結局2回しか行けませんでした。再上映……あるのかなあ……?  ...

comment  0
favorite  0