ひとりごと 6年前

自分のバランス感覚のこと

ご報告:炎上しました。  「間違っていないけれど多数派の耳に障ることを言った」みたいなパターンだと、何か言われるのも仕方ないかなとも思うのですが、  今回は自分に明らかな非があるので、反省しています。

 その……最近あんまりこういうことはツイッターに書かないようにしてて、政治の話題とかは(RTするだけにとどめて)なるべく触れないようにしてたんですけど、結局こういうトラブルに首を突っ込んでしまうのは、たぶんもう避けようがない性格だとも思うのですが、良くないです。  決定的に違ってたのは3番目のツイートで、個人攻撃になった時点で負けで、その観点でやっぱり自分の方が正当性に欠けてたし、向こうの方が何枚も上手だったなとも。  そもそもとして、あのタイミングでああいう論点のずらし方をした私が寒いし、それを「自分が間違っていないと思いたいがために賢い頭を使っている」と一発で見抜いたことが凄い。フリースタイルダンジョンでいえばクリティカル。  copywritingをRTする行為が、その一点で責められるところにあるかと言えば……、個人的には割とレッドカードに近いところだと思うのですが、それが  そして、実はその1つ前に送ってる内容面の反論を完全スルーしたことも上手い。完全に向こうのペースに乗せられたなという思いはありますが、だからといって私の失点が消えるわけでもないので、、、どう表現したらいいんでしょう、やられたなーという悔しさだけです。  向こうの方がフォロワーが多いからとかファンが多いからというのは本質的ではなくて、ああいうTwitterにおける圧倒的な強さがあるからフォロワーも多いという因果関係なのだと痛感しました。  あとは、たぶん人生経験の差なんだと思います。私は20代なので。  ……、明らかにdisるつもりで言ってることよりも、悪意なく言ってるっぽいことの方がダメージ大きいですね。  だからといって、「アニメ・アイドル好き」とかもノーダメージというわけではなく、言われたからってキレたりはしませんが、ただ、普通に落ち込んでます。昨日からずっと落ち込んでます。    あ。ただ、「誰も見てないツイッター」と言われても、そこは全然大丈夫です。はい。  誰も見てないブログを、それこそ地下室TIMESよりはるかに長い期間、続けているので、そういうのは慣れています。  むしろ不特定多数の誰かに見られること・それを意識して何かを書くことに慣れていないので、ああいうことを言ってしまう感じです。 --------------------  この最後のツイートは別に議論から逃げようと思って書いたわけではなくて、皮肉でなく本当にタメになることを言ってもらえたという感覚があって、腑に落ちたからそれ以上追いかけるのを止めたのですが、  せっかくアドバイスを頂いたのでちゃんと自分のこととして整理しようと思ってこの記事を書いています。  もちろんアドバイスする気なんてなくてただの皮肉である可能性もありますが……。    石左さんの「自分の正当化のために何かを攻撃しても~」というツイート、最初に見た時に「いや、どの口が?」としか思えなくて、だから突っ込んだんですけど、  その返答を見て、元のツイートを読み返して、何となく納得したというか、アドバイスはアドバイスとして受け入れる気になったというか。  「人より優位に立とうとするな」「何かを攻撃するな」の部分だけ見ると説得力がないのですが、  実は、あのツイートのメッセージは、「普通の人は恐ろしがって遠くへ離れていってしまう。」の方に集約されるのかなと。    私は、自分が正しいと思ったこと/間違っていると感じたことが、100あったら100全部書かないと気が済まない人間なんですけど、  それをやってると結局のところ、100のうちどれか1つでも合わないと感じた周りの人が順々に去っていって、最終的に100全てについての感覚が一致する自分自身だけが残る、という状態になる。  それは逆も同じで、自分と何か1つ感覚が合わない人のことをそれだけで切り捨てていくと、やっぱり誰とも相容れなくなるんですよね。  結局今回のことでいえば、別に嫌いでもない地下室TIMESやそのファンのことをdisったり、そういう当たり屋的な行為を続けても消耗するだけだし誰からも支持を得られなくて、  だから地下室TIMESファンからも叩かれるのに、地下室TIMESを嫌っているヒトリエファンを怒らせる記事も書く、みたいなことになってしまうのです。 --------------------  あとは……、そうですね、自分の感覚がものすごく変わっている、というか、捻じれたところにあるのが面倒なところで、  アイドルもアニメも好きだし、  でもロックも聴くし、米津さんやヒトリエは高校生の頃から好きなのでライブも行くしCDも買うし、それ以外のバンドも気になったら聴いてるし、その中には地下室TIMES経由で知った音楽もあるし(Mrs. ...

comment  2
favorite  0