ひとりごと 6年前

lives forgiven

9月1日にNintendo Directがありました。    結構盛りだくさんでしたね。  マリオメーカー3DS、ヨッシーウールワールド3DS、ピクミン3DS……とどれも全く予想してませんでした。  意外と3DSってスペック高かったんですね……という感想。  とはいえWiiUで出たものを買い直す気もあんまりないし、ヨッシーウールワールドは3DSで買うならその前にWiiUで買うし……っていう。ピクミンも2Dアクションなら別にいいかなあ。  マリオメーカー買うくらいならRPGツクール興味あるけど、あれもねー。  ぶっちゃけこの年齢になってここまでPC使えるようになると、「3DSで作るくらいならスマホ向けアプリとして開発してマネタイズしたい」って思っちゃいますよね。どっちかというと暇な弟に買い与えて少しでもクリエイティブに時間を使わせたいなと思う程度。    あと、結構桃鉄が楽しみです。  桃鉄、実は去年までやったことがなくて、家にも一本もなくて。  パーティーゲームって、初回プレイの時はどうしても手探りになっちゃうんですよね。  「今のこの借金額が、どのくらい後半で取り返せるレベルの負け方なのか」というのが全然ピンと来ないので、  そういうわけで、去年初めてやった時にめっちゃ空気が悪くなって嫌な思い出があったのですが、1年半ぶりにこの前の旅行でやったら結構面白かったです。  任天堂のパーティーゲーム(スマブラとかマリオカートとか)って、結構短いスパンで勝ち負けが入れ替わるようになってるんですけど、  桃鉄ってその勝ち負けのスパンが異常に長いので、精神的にキツいゲームですよね。  貧乏神、普通は1位に付けるべきじゃないですか。ボロ負けしてる最下位に貧乏神まで押し付けられるって、滅茶苦茶なゲームバランスだよなあと未だに思ってます。    そして任天堂さんはKONAMIから版権引き上げるなら桃鉄より先にボンバーマンを救ってほしかった……。  自分の小学生時代の思い出はだいたいボンバーマンでできています。特に低学年の頃は、友達がいなかったので弟か母親と延々ボンバーマンやってました。スーファミの。  きっと3DS次世代機(NX?)までお預けなのだと思っておきます。  たぶんコナミが抱えているゲームの中でも断トツに任天堂と相性の良いゲームなので。ぜひ新作出してほしいです。信じてる。    あと、ヨッシーウールワールドより先にトロピカルフリーズ3DSを出してほしかった……。  WiiU版ももちろんやったんですけど、2Dアクションの死にゲーはやっぱり携帯機向きなんですよね。空いた時間に遊べるから。  きっと3DS次世代機(NX?)までお預けなのだと思っておきます。  ドンキーの2Dシリーズ本編は、携帯機移植されなかったことがないので。信じてる。    しかし、思った以上に3DSにソフトたくさん発表されましたけど、NX本当に来年3月に出るんですかね?  そろそろ何らかの情報が出てこないとヤバそうな気がしますが、もしかしてiPhoneやSurfaceみたいに発売1ヶ月前まで隠す戦略なのでしょうか。  ……とりあえず私は発売延期にベット。 --------------------  今日はlyrical schoolのミニライブ&特典会 @ ららぽーと新三郷がありました。  久々のライブ!と思ったけど前回は8/12だからそんなに空いてなかった。    何が嬉しいって今日は私の誕生日で、誕生日にライブが観られるだけでもラッキーだし、  1080円払うだけで5人のアイドルから誕生日をお祝いしてもらえるわけですよ。  ……まあ、別に特典目当てを除いても元々CDも買うつもりだったので。  大満足でした。  ただ、誤算だったのは、初回限定盤を予約しようと思って財布を開けたらお札が1000円札1枚しかなくて。  何とか小銭をかき集めたらギリギリ通常盤を買うことができたのでセーフでした。超焦った……。メインがゆうちょ銀行だからそのへんのATMも利用できないし。  なので今は財布に25円しか入ってない状態で、Suicaを使ってタリーズでアップルティーを飲みながらブログを書いています。  そのSuicaも帰りの電車賃を払ったら20円くらいしか残らない。  紙一重で生きている21歳です。もう少し現金をたくさん持ち歩く癖をつけよう……。 --------------------  そういうわけで21歳になりました。  正直、20歳を過ぎると自分が何歳なのかがどうでもよくなってきますが、  ヒリヒリと死に近づいているなあという感はあります。     それでもとりあえずやりたいことはたくさんあるので、頑張ります。  やらなきゃいけないことも、たくさん。  そして、できないことも、たくさん。    去年から先月までの自分は、とにかく全能感に酔いしれたくて、  または、負けず嫌いだからどんなことでも誰かに劣っていると思いたくなくて、  それでいろいろなことに手を出していました。  それこそ米津さんであったり岩田さんであったり、オールラウンダーにいろんなことをこなしている人への憧れが強かった。    でも、今年1月のアレだったり、先月のアレだったり、そういう、心をバキバキに折られるようなことをいくつか経験して、  いい加減そういうのはやめよう、と思いました。    自分はたいていのことが人並み以下にしかできない人間で、  ただ、運が良いことに、どうやら他の人よりも優れているらしいことが数えるほどはあるので、  そういうことにエネルギーを割いていたいなと思います。    とりあえずブログは数少ない、私が得意で、ストレスなく続けられることで、それが多少なりとも他の人に楽しんでいただけているらしいものであるらしいので、これからも続けます。  どうかよろしくお願いします。 --------------------  最後に、  ここ数ヶ月でトップクラスに元気をもらったニュース記事のこと。    若手女優の新川優愛、意外な趣味を告白「通帳を記帳して、残高が増えると嬉しい」|ニフティニュース  https://news.nifty.com/article/economy/economyall/12144-275895/

「私は会社(所属事務所)から給料が振り込まれるのですが、通帳を記帳したとき口座残高が増えていくのがすごく嬉しくて。それを見るのが楽しみの一つ」
 無駄遣いをまったくしないわけではなく、恥ずかしい失敗談も明かした。昨年、免許取得のため自動車学校に通ったものの、挫折してしまったそうだ。
 すごく励みになった。生きる気力がだいぶ回復した。  いや本当にこの記事に出会えてよかった……って思ってます。    免許の話って自分の中でものすごくきつくて、できれば触れてほしくないなと思うほどに思い出すだけで辛くなるんですよ。  必要に迫られて、例えば家族とかバイト先の人とかには話をするわけですが、  真剣に自分を責めていることなので笑い話にされるのも傷つくし、かといって慰められるのも違うというか。私だけに非があることなので。  もちろん、バイト先からの仕事を並行して持ち込んでいた、とか、合宿先の環境が良くなかった、とか、言い訳しようと思えばできるけれど、それが本質でないことも私自身が一番わかっているし。  そして、「そういうこともあるよ」的な慰めを、周りの人からどんなにされても、その人たちは免許をちゃんと取った人か、もしくはそもそも取ろうとしていない人で、やっぱり私が一番ダメなことには変わりなくて、  そういう中で、一番精神的な救いになるのは、実際に自分と同じような失敗をしている人がいて、しかもそれがありふれたこと、失敗と呼べない失敗として受け入れられている光景を見られることなのだなと……。  新川優愛さんのことはこれから全力で応援したいと思います。感謝しています。本当に。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 6年前

9th

9月になりました。  旅行はそれなりに楽しかったです。  というか、今回の旅行ではっきりわかったのは、私が旅行に求める条件は「朝食がバイキングで美味しいコーヒーがある」「お風呂が綺麗」の2点くらいで、ぶっちゃけ観光とかは二の次だったり。。。  今回泊まった旅館は、朝食も美味しいしお風呂も綺麗だったので本当に言うことなしでした。良かった。探してくれた友人に感謝です。  とりあえず自分の旅行に対する希望がはっきりしたので、秋に一人で海外旅行という目標を実現させるため、早いところ旅行会社に相談したいと思ってます。  といっても、まだどこに行くかさえ決めてないのですが……。  あ、グアムでみっくの写真集の聖地巡礼というプランが若干浮上中。  いや、そもそも写真集買うかどうかすら微妙というかたぶん買わないのだけど、元々行ってみたかったんですよねグアム。近いし。  あと、11月末までにMicrosoft Band 3が発売されないかなーという淡い期待があったり。なのでMicrosoft Storeがあるアメリカかカナダかハワイも候補です。  ヨーロッパも行ってみたさは凄くあるのだけど、一人で行くなら英語圏の方がまだ安心かなあ、とも……。  別に観光したいわけではないので(世界遺産とかガッツリ巡るなら一人じゃない方がいい気もするし)、せっかくならハワイとかグアムみたいなところでのんびりする方が楽しいかも。  一人旅!って感じにはならないかもですが。。。 --------------------  そんな中、ブログを引っ越して初めてコメントが付いてました。気づくのが遅れてしまってすみません。  https://oswdiary.net/archives/3692#comment-810    「勉強好き」と「学校好き」って本来は全く別物なのに、高校までだと常にセットになっちゃうのがおかしなところで、矛盾してるわけではないと思います。  高3の頃は予備校の方が学校より好きでした。2学期あたりからストレスで予備校も割と辛くなってきてましたが。  教師こそが法であり絶対的な正義であるという感覚はすごくよくわかります。私も学校や教師は大嫌いでしたし、無条件に従うのはおかしいと思っていました。  体育会系の教師にひょっとしたら殺されるんじゃないかレベルの剣幕で説教された時に、レコーダーアプリでその内容を録音して恐喝で訴えようとしたこともあります(最終的には断念しましたが)。ちょうど高3の今頃です。  前回のゴルスタの話とも共通しますが、そういうトラブルを起こすことなく表面だけ取り繕って後で陰口を叩くのが日本の中学・高校における最適解です。そういう空間であり今更変えようがないことも、高3ともなれば(そしてこんなブログを読むくらい捻くれた思考をお持ちの方なら)だいたいわかってるのだと思いますが……。    中学・高校の日本の一般的な”学校”の特殊性っていろいろあるのだけど、一番は、とにかく評価軸になりうる価値観が異常に少ないことだと思います。  制服だからファッションも同じだし、勉強の能力だって高校までで問われるのは「詰め込み暗記教育に適性があるか」に言い換えられるし、小学校で推奨されてた表現力やら個性やらをなるべく潰そうとするし。  そして、あらゆることについて及第点を取ることが要求される。  例えば、部活で先輩の言うことを聞く、とか、先生に指された時にうまく受け答えする、とか、文化祭でクラスの他の人と協力する、とか、それら1つ1つは高いハードルではないかもしれないけど、その低いハードルを1つでも超えられない人の存在はそもそもシステムとして想定されていない。  だからこそ明確に、勝者と敗者が出ちゃうんですよね。学校の空気に馴染めるかどうか、中学・高校のローカルな法にうまく適応できるかどうか、教師や先輩に可愛がってもらえるかどうか。    高校を出ても、残念ながらそういう価値観を引きずっている場所はたくさんあります。大学の一部サークルとか、古い体質の日本企業とか。  それでも、100%ではないし、強制参加ではない。  大学(特に自分の通っている大学)がそうだというだけで、社会人になった際にどうなのかは、私もよくわかりませんが、そうではない企業もあると信じています。  私の場合は、高校の頃は(少なくとも教師や同級生には)全然評価されなかったhtml編集や動画制作が大学とバイトで一気に評価されるようになりました。  上下関係や人付き合いは未だに苦手ですが、社員数4人の小さなベンチャー企業でのバイトなので何とかこなせています。  勉強も、理由のない丸暗記(化学式とか歴史の人名とか)と興味のない科目の勉強が大の苦手だったので高校では赤点常連でしたが、興味のあることに関する勉強は嫌いじゃなかったので大学では良い成績を維持できています。    とにかく、ありきたりなメッセージになってしまいますが、受験頑張ってください。大学によっても違うと思うけど、高校よりは息苦しくない世界です。  このブログを読むような方には是非ともうちの大学を勧めたいのですが……さすがに名前を出すのは気が引けますね。  とはいえ、新学期がこんな時期に始まる大学ってあんまりないので、このブログに書いている情報を元にちょっと調べれば簡単に特定できそうな気もしますが……。    あ、受験勉強そのもののアドバイスは一切できないです。私はポケモンXYを英語版で進めたおかげで合格しましたが、ポケモンSMを英語で進めたせいで落ちても責任は取れないです。 --------------------  コメントが来ると嬉しいのですごい長文になってしまった。  やっぱり最終的にはコメントでしか読者の存在を実感できないんですよね。  アクセス数とかアフィリエイトとかは、一時的なビジターとリピーターの区別をしないので、「こんなブログを好き好んで定期的に見てくださっている方」というのは浮かんでこない。  なのでとっても感謝しています。これからもよろしくお願いします。  あとこれも投稿したのでよろしくお願いします。 ...

comment  0
favorite  0