ひとりごと 4年前

distance

たぶん今月最後の更新。もしかしたらもう1回あるかも。  今月は本当に就活とバイトに挟まれてあっという間に過ぎていった……。暇になりたい。  来月は……と思ったけど別に暇になる気もあんまりしませんね。まあ、バイトの修羅場度は少し緩和されるかもしれない。少しは。  エンディングトークが長いので逆説的にオープニング短めで切り上げます。 --------------------

New ニンテンドー2DS LL発売

00000634_820_461-1265144
大画面の2DS「Newニンテンドー2DS LL」 7月13日発売! | トピックス|Nintendo  現行2DSは折り畳み廃止・モノラルスピーカーなどなど様々な機能がオミットされたわかりやすい廉価版でしたが、今回はうってかわって本当に3D機能のないだけのNew3DS LLが来ました。  値段も14980円で、New3DSLLと4000円しか変わらないし、New3DS(無印)とは1000円しか変わらないので、価格的にはそんなに訴求力ないんですよね。  2DSもしばらくは併売するっぽいし、ここまでするなら出さなくても良いんじゃ……という気もします。3D液晶そんなにコストかかるのかな。かかるんだろうなあ。  何だかんだ裸眼3Dには夢があったので、続けてほしかったけど、後継機には絶対引き継がれなさそうですね。    それにしても、Newシリーズがここまで拡大すると、今後もNew専用タイトルとかNew対応とかで延命しそうな雰囲気ありますが、  そうなるとやっぱりNew3DSで多少でも画質上げておくべきだったのでは……と思わずにいられません。さすがにあの画質であと5年とか戦われるのは辛い。  近いうちに3DS次世代機出すつもりならここでNew2DSはないと思うので、本当に3DSシリーズとSwitch併売していくつもりなのかもしれません。  でも、Switchがこれだけヒットしていて、同時にスマホ向けタイトルも開発しなきゃいけない現状、3DSにどこのリソースを割くのかという問題はありますよね。ポケモンDPリメイク?  

Splatoon2 Twitter

 生うどんじゃん。    初報PVの気になるカットから何となくわかってましたが、ところでこの話はゲーム内にどう組み込まれるのでしょう?  ヒーローモードのストーリーに関連付けるのも難しそうな話だし、普通にただの裏設定として、ゲーム本編では仲直りした姿が見られるのか、それとも。気になります。    あ、ちなみにマリカ8DX買いました。まだ遊んでないけど。  このブログ経由で商品を買ってくれた皆さんのおかげで、700円くらい安く買えました。ありがとうございます。  

『ご本、出しときますね?』書籍版

 まだ読み終わってないので、とりあえず買いましたという報告だけ。    まあ、全部観てた番組の書籍化なので、知ってる話なんですけどね。観てない方は絶対おすすめです。小説家の思考回路ってほんと面白いですよ。  

Windows 10 スマートウォッチ発売

MS、「Windows 10 IoT Core」搭載ウォッチを発表--小売りや製造などで活用狙う  ここ半年くらいゾンビのように「Microsoft Band 3……」と呟いていたらなんかそれっぽいものが出てきました。  まあこれは完全にビジネス向けのサードパーティー製品ではあるのですが。IoT向けのWindows 10エディションは元々あったので、それ活用したスマートウォッチはいつか出そうだなあとは思ってたんですよね。  ぜひMicrosoft謹製のウォッチを出してほしいです。5/2のイベントは教育市場向けということで、学生向けのウォッチとか出してほしいなーという願望。  

最近観たテレビ

水曜日のダウンタウン 2hSP

 各所で話題になっていますが相変わらず他のバラエティの数段上を行く圧倒的なクオリティでした。  まずオープニングが豪華だったし、スター名鑑のマッシュアップで謎の感動が。  中の企画にもスター名鑑の没ネタっぽいものが結構あって、追悼的な意味もあったのかなあと。  そして例のアレは、残念ながらツイッターで軽いキーワードのネタバレを踏んじゃったんですけど、てっきり一人だけだろうと思ってたので結局驚かされました。気づかなかったー。  スター名鑑よりも間口が広くて一見普通のバラエティなのに、同時にこんな攻めたこともやって、ただただ凄いです。  

勇者ああああ

 ものすごい面白いと思ったのに意外とネット上でゲームファンから嫌われてるっぽくてびっくりしたんですけど、  よくよく考えたらこの番組は「バラエティとゲーム両方好きな人のための番組」なんですよね。  というか、もっと言えば「アルコ&ピースとゲームが好きな人のための番組」っていう。  なので個人的には最高の番組なんですけど、まずアルピーが超ニッチだし、ああいう芸風ゲームオタクが一番嫌いそうだし。  そういう意味で、ゲーム×バラエティは相性の問題ではなく単にゲームオタクがテレビバラエティを毛嫌いしすぎて成立させにくいのかなあと思いました。  水ダウのマリカ企画がギリで、アメトークもゲーム回はたいてい外してる印象。  

欅って書けない?【メンバーのあだ名と関係性を整理しよう!】

 前半の呼称整理はともかく、気になったのは後半の相関図企画。  「このメンバーはこのメンバーが好きで、でもそのメンバーのことを他にも好きなメンバーがいて、このメンバーとこのメンバーが相思相愛で、」とやっていく企画。  要するに声優ラジオによくある百合アピール営業。地獄でした。    女性同士の関係性って男性同士の友人関係からはあんまり想像もつかないところにある場合があって、  それが結果的に男性の感覚で友人よりも恋愛に近く見えてしまうこともあると思うんですが、  でもそれはやっぱり友人なのであって、本気でレズ解釈するのはなんか気持ち悪いし、ファンに媚びるためにあからさまに誇張してる感じも苦手。こいつらやってんなーって思います。声優とかアイドルにレズがゼロとは言わないけど、そんな比率高いわけないじゃん、っていう。  TrySailとかPyxisとかミリマス声優とか洲崎西とか、挙げたらキリがないんですけどね。この中だとトラハモが一番きつかった。あそこはファンがそれの二次絵とか描いてるのもイタいし、あと事務所的に本人の意志ではなく……いや、このへんでやめておきます。    でも、そういう意味でも改めて欅坂ってアイドル声優から流入するのに完璧なイメージ戦略だなと。  声優とかアニメ好きからそのまま三次アイドルにシフトするためには、いろんな壁があるのですが、それをかなり吸収できているグループだと思います。  顔も可愛いし、曲も良いし、運営体制も盤石だし、地下アイドルみたいにファンとの距離が近くないし、他のAKBグループのようなカースト上位感も薄い。   ...

comment  1
favorite  0
ひとりごと 4年前

期待感

月末なので多少ペース上げての更新。  この、ただでさえ更新空きまくっているところに、  スマートウォッチ巡りだのSurface関連グッズだのといった、いわゆるアフィ媚び系記事を挟み込んでいくの本当にクソだなと思うし、  このブログの更新を楽しみに待っている3~4人をガッカリさせてしまっているのではないかとも思うのですが、  これは本当に、前から書きかけだったものがたまたま同時に仕上がっているだけなのです……。  Surface記事に関しては、さすがにPro5が発表される前に上げておかないとヤバいというのが主な理由でもあるのですが。 --------------------

Microsoft発表イベント

 5月2日に行われるイベント。まあ、秋のイベントのように新製品発表会ではないので、そこまで盛り上がるかわかりませんが。  5月2日に「Windows 10 Cloud」と「新Surface」が発表される? (1/2) - ITmedia PC USER  メインはChromeBook対抗で安価な機能制限版の「Windows 10 Cloud」が出るらしいです。  アプリしか使えないWindows10ってどうなんでしょうね。  教育分野として考えると、ブラウザとOfficeとSNSアプリ使えれば学生にとっては十分な気もします。私の場合はAdobeとかVisual StudioとかFLとかフルで使えないと困るのでナシですが。  実際大学でアプリしか使えないWindows RTのSurface 2使ってる人いましたが、あんまり困ってなさそうでしたよ。私が大学1年の頃ってSurface2がギリギリ現役だったので、犠牲になった同級生も結構いるんですよね……。    このWindows10Cloudを搭載した廉価版Surfaceの新型が出るという予想もありますが、そういえば、SurfaceBookの次世代機は2in1じゃなくなる、っていう噂もあるんですよね。  “Surface Book 2”は普通のノートPCスタイルになる? - エキサイトニュース  これ、ひょっとして同じものを指してるんじゃないでしょうか?  ChromeBook対抗なら2 in 1のタブレットに拘る必要もないし、「Surfaceブランドの安価なノートPC」というのがSurfaceBook2ではなく廉価版Bookのことだった、みたいな。  この推理が万が一当たってたら褒めてください。  実際、SurfaceBookの発表時も、事前のリークは「Surface Pro 4は11インチと13インチの2サイズ構成になる」という、まあ、大外れではないけど……みたいな精度だったので、今回もこういうオチに着地する可能性はなくもないんじゃないかなと思います。    あと個人的に期待しているのはやっぱりSurface Pro 5。  とはいえこちらも大きなアップデートではないらしいので、すぐに買い替えるつもりはないんですけど、タイプカバーの新型が出たら嬉しいですね。  希望する機能としては、取り外すとBluetoothで無線接続するJoy-Con機能と、カバー側にバッテリーが内蔵されていて本体を充電できるパワーカバー機能。どちらかが搭載されてPro4と互換があったら絶対買います。なくても買うかも。    あ、あとはMicrosoft Band 3……。ほんとにお願いします。  Gear S2にも良い面はたくさんあるんですけど、やっぱりMicrosoft Bandの機能の過不足ない感じは最高水準だったなと改めて思いました。  

スーパーボンバーマンR アップデート

 レビュー記事の方にも追記しましたが。  ステージ追加、CP強さ設定にカメラ修正などなど、  この内容のアップデートが有料だったとしても500円までは出すかなという感じの素晴らしいアップデートでした。これでVer2.0名乗らないのが不思議なレベル。  とりあえずお布施のつもりでLINEスタンプ買いました。  スーパーボンバーマン R - LINE STORE  しかしこのLINEスタンプのボンバーマン愛ゼロな感じ、いっそ清々しいですね。販売元がSONYになってるのも謎。    こんなに良くなると思っていなかった一方で、  この内容のアップデートが、発売後の不評を見て慌てて準備したものだとはさすがに思えないので、  やっぱり発売時点で未完成の状態で、アップデートで後からまともにするところまで織り込み済みだったんでしょうね、というところ。  ローンチに間に合わせた方が売れるのは確実だし、さらに邪推するなら、ローンチに出すことで何らかのサポートが任天堂から受けられたのかもしれません。  実際、ゼルダと1-2-Switchの次に売れてるので、大成功と言えるでしょう。  そういう未完成版を売りつける姿勢について不満が全くないと言えば嘘になりますけど、そういう話はコナミに親を殺された人たちがあちこちでしているでしょうから。    私としては、このアップデート前の時点でフルプライスくらいの価値はちゃんとあるゲームだと思っていたので、もう純粋にありがとうコナミという感想に尽きます。  実際、このアップデートがなくても「遊べないほどの致命的なクソゲー」では決してなかったわけですし、  ギリギリ及第点のものが無料アップデートを行ったのですから、それはもう高得点ですよ。  今後のアップデートも予告されているし楽しみです。キャラ追加だけでなくステージ追加まで継続的にあれば最高。    それにしても、マリオカート発売前に間に合わせないと誰も遊んでくれなくなるという強い意志を感じるような滑り込みのアップデートです。  オンライン対戦も結構やってますが、思ったより楽しいですね。  壁を通して反対側にボムを送れるので、他の人たちが戦っているところに爆弾を投げ込んで漁夫の利狙いができたりして、結構シビアな勝負になります。  1ミスで全てが終わるゲームシステム上、1戦ごとにかなりの集中力を要するので、あんまり長く遊び続けられないところはありますが。  Splatoonはそのへん多少雑に遊んでも楽しいから凄い。    ただ、まあ……ボンバーマンとしてはもう文句のないクオリティに仕上げてきたし、パーティーゲームとしてはもう十分な完成度ではあるんですけど、  じゃあ、ラグも操作性の難も解消されたオンライン対戦もめちゃくちゃ面白いかと言えば、意外とそうでもなくて、  根本的にボンバーマンというゲームが既に行き詰まってるところがあるというか……、  キャラクターの性能が同一になる時点で、スプラシューターしか選べないスプラトゥーンみたいなもので、オンラインで延々遊び続けられるようなゲームではそもそもないんですよね。  それは、コナミが悪いわけではなくて、ボンバーマンというゲームがそういうものなのです。根本的にランダム性がかなり低いので。  というか、操作性問題とオンラインバグとコナミ叩きで隠れていましたが、そもそもハドソン末期(DSやWii時代)のボンバーマンも大して売れてなかったわけで、   ...

comment  0
favorite  0
おすすめレビュー 4年前

Surface Pro シリーズと一緒に使って良かったアクセサリ30点をまとめて紹介

私は2014年末にSurface Pro2を買ってから、Pro4、Pro5、Laptop 2を経て、現在はSurface Pro 7を愛用しつつサブでSurface Goも持ち歩いている……というSurfaceマニアです。  それと同時に、関連アイテムも結構な割合で買い揃えており、気づけばかなりの数になりました。 (冒頭の画像はその一部です)  1つ1つ記事を書いていくとキリがないので、まとめて雑感とオススメ度を書いてみました。  巷にある「Surface向けグッズまとめてみた」記事とは違い、あくまで私個人が実際に使ってみた感想がベースですので、客観的なレビューとは異なることをご了承ください。  どちらかというと自分用の備忘録も兼ねており、定期的に見返して自分の物欲に愕然とするための記事です。なので何か買うたびに追記しています。 [amazon_link asins='B07Y2WDP51' template='Original' store='galeglad-22' marketplace='JP']  現在はPro 7をメインに使っているので、その視点での記事にはなりますが、Surface Pro X / Go / Laptop / Bookシリーズのユーザーでもある程度参考になるかと思います。 (一部のモデルに当てはまる内容にはできる限り補足を入れています)

公式アクセサリ

Surface Pro タイプカバー(ブラック)

おすすめ度:★★★★☆ [amazon_link asins='B071GPZWD6' template='Original' store='galeglad-22' marketplace='JP']  Surfaceを買ってタイプカバーを買っていない人なんて見たことがないけれど、一応別売。  昔は薄くて打ちにくいものでしたが、アイソレーションキーが採用されたPro 4以降のタイプカバーの打鍵感は、もはや一般的なUSBキーボードより全然良いレベルになったと思っています。  もちろん好みもあると思うんですけど、個人的にはノートPCのキーボードよりも断然このタイプカバーの方が好きです。  ブラックは他の色よりも約4000円安くなっていますが、両方使った身としてはAlcantara素材の方がオススメなので★4。

Surface Pro タイプカバー(Alcantaraモデル)

おすすめ度:★★★★★ [amazon_link asins='B07Y1LF49B' template='Original' store='galeglad-22' marketplace='JP']  素材にAlcantaraが使用された高級モデル。Pro 4の頃はSignatureなどと呼ばれていましたが、現在はブラック以外の色のタイプカバーは全てこちらに。  やはり見た目の高級感と手触りの良さはAlcantaraの方が優れています。  2万円のキーボード……というとやや尻込みしてしまいますが、その価格に見合う満足度ではあります。  使っていると汚れてきますが、キーボードだけ買い換えられるというのもSurface Proならではのメリットなので、汚れてきたなと思ったら1~2年おきに買い換えるものとして割り切るのもオススメです。  本体を買い換えなくてもPCを新調したような気分が味わえるので、ブラックのタイプカバーを最初に買った人はぜひ他の色にもチャレンジしてみてほしいです。

Surface ペン

おすすめ度:★★★☆☆ [amazon_link asins='B0721P53Z1' template='Original' store='galeglad-22' marketplace='JP']  ペンはPro 4まで同梱でしたが、第5世代以降は別売りとなりました。  別売りになったことによって、ペンの色を選びやすくなったというポジティブな面もあります。価格はさらに上がりましたが、4096段階の筆圧感知や傾き検知が付いたので、お絵描き用途としても十分使えそうです。  絵心がないので頻繁に使うわけでもないですが、大学の授業中にあると結構便利。  教授のスライドとか板書とか、文章だけならキーボードで打ちますが、図とかの場合はペンでOneNoteに直接書き写した方が早かったりします。PDFで配布された資料に書き込みもできますし、配布されたプリントもOffice Lensで撮影して取り込めば全てオンライン管理できます。  プリインストールの『Drawboard PDF』が割と便利でしたがPro 5以降では有料ソフトに。PDFでよく書き込みを行うなら購入推奨ですが、普通にMicrosoft Edgeで開くのが良さそう。  単なるメモ用途としてはやはり『OneNote』が定番。iOS / Android / Macとの同期も簡単にできて便利です。

Surface Dock

おすすめ度:★★★★☆ [amazon_link asins='B016ZYWG56' template='Original' store='galeglad-22' marketplace='JP']  USBポート×5、Mini DisplayPort×2、イヤホンジャック、有線LANポートがひとまとめになっていて、Surface Connectと呼ばれる充電端子部分に接続するだけで簡単にその全てが使えます。  このように、ケーブル1本をバチッと付けるだけで、ネットに有線接続できて充電もできてUSBポートも増設できる素敵なアイテム。外部ディスプレイと接続するにも便利。Mini DisplayPortに対応していないモニターの場合は変換アダプターが要りますが。  できることが増えるわけではないものの、この快適さは一度体験すると戻れない。USBと充電とディスプレイを別々に接続するのが面倒という方にはもってこい。  2本以上のケーブルを別々に繋いでいると、付けたり外したりするのがだんだんストレスになってくるはずです。USB-Cハブよりも着脱は簡単です。  ……とはいえやっぱり高いのがネック。余裕がある人は買えばとても便利、という感じです。定価だとさすがに高すぎるので、2万円切ってるならお買い得かなー、というところ。   ...

comment  2
favorite  3
ひとりごと 4年前

多忙

本格的に授業が始まり、並行して就活のES提出も本格的に始まってきているわけですが、  忙しい。常に予定が埋まっているタイプの忙しさではなく、やらなきゃいけないことが山積みになっているタイプの忙しさだから困る。だからこうやってブログ書いたり、バンドリとかポケモンとかもやってるんですが……。  あとバイトも忙しい。なかなかの修羅場状態で、結局今は週2で大学、週2でバイト行って、残りの3日で就活やってる感じです。大変だー。  本当はバイト減らしたい方がいいんでしょうけど、私しかできない仕事だからそうそう抜けられないし、あと普通にお金は欲しいのでバイト入りたくないわけじゃないんですよ。大学の授業行きたくない!  去年の前期くらいまでは、期末試験かレポートさえどうにかすれば講義中後ろで寝てるだけで単位が降ってくるような授業が多かった気がするのに、そういう系の授業を取り終えてしまったからなのか、授業のたびにミニレポート提出とか小テストがあるものしか見つからない……。辛いです。  でもさすがに「HTMLやJavaScriptを使った簡単なウェブページ作成」を課題に含む授業を選択することは自分のプライドが許さなかった。授業一切聞かなくてもA取れる自信ありますけどね。    最近更新してなさすぎて話題詰まりまくってるの許してください。よく見たら今月ひとりごと記事2回目ですよ。ヤバすぎる。先月20回更新したとはいえさすがに……。 --------------------

Nintendo Direct 2017.4.13

 今回からリニューアル。OPは海外版には当初からあって、なんでやらないんだろうとずっと思ってたので、導入されて嬉しいです。  ヘッドライン方式で最初からネタバレしてるのは気になったけど、ARMSとかSplatoonみたいな重要タイトルはヘッドラインから外してたので、もう少し大粒な情報の多いDirectだったらネタバレも減っていくのかなーと思いました。  岩田社長時代のDirectは、プレゼンテーションという演出上、最初と最後のサプライズには適してたけど、どうしても小さい情報が並ぶパートではテンポ悪くなるところがあったので、コンパクトにまとまったのは改善だと思われます。  というか、あの頃のWiiUに関してはそもそも小さい情報があんまりなかった(ソフトの少数精鋭感が強かった)から別に良かったんですけどね。  任天堂の新作はカービィDLソフトくらいしかなかったので、でかいサプライズはE3のDigital Eventに取っておいてるのだと信じましょう。  ただ、まあ、「直接!」くらいは継承してほしかったかなあ……。  あと森本さんどこ行ったんでしょう。岩田さんほどプレゼン上手くなかったけど、でもいなくなるのは寂しい。ちょっとDirectとかやるなら見たい。    Nintendo Directというのは要するに映画上映前の予告編みたいなもので、  「全部面白そうだったけどよく考えたら買うほどのものはなかったな」という気分にいつもなるのですが、  今回も3DSに関してはそんな感じ。たぶん何も買わないです。  一方のSwitchも、いろいろ驚きはしたものの、結局は『マリカ8DX』『ARMS』『Splatoon2』を予定通り買うことになりそうです。  Splatoon2は予想以上に早かったし、ARMSは期待より遅かった。5月末に出してほしかった。Splatoon2に全部客を持ってかれる気がしてならない……。  でも個人的には逆にあれは発売日に買わないと一生買わなくなる気がしたのですぐに買います。マリカも含めてDL版にするかどうかで迷い中……。SplatoonはDL版一択ですけど。    『Fate/EXTELLA』の完全版はちょっと凄い商売だなと思いつつも、スマブラfor SwitchもDLC全部乗せで出してもいいのになーって思いました。  DLC全部入りの完全版は既にマリカ8で一回切ってるカードではあるので、このパターンが恒例になっちゃうのは不味いと思いますけど。スマブラ出すなら、完全新キャラでイカとARMSあたりを追加しつつDLCキャラは今回も有料、くらいが落としどころなのかな。……それならもう完全新作にした方がマシな気もしますけど。    ところで、3DSの時に、「DSブームの時の客層がスマホに流出した分を、PSPのモンハン層の流入でカバーして市場縮小を防いだ」という話があって、それはたぶんそうだと思うんですよ。  で、Switchもこの発想がベースにあって、  もちろん新しい市場拡大だったりWiiの頃の客層の呼び戻しを狙っていないわけでもないでしょうけど、  「最低限3DSとWiiUとVitaの客層を全部引っ張って来れれば失敗しない」という計算があるハードだと思うんですよね。  今回のDirectのラインナップ見てると、まだ3DS後継の色は出てないけど、Vita後継の雰囲気はもう出始めてるなーという。  Vitaの市場って要するに……上手い言葉が見つからないけど「オタク向けなゲーム」と「小学生向けのマイクラ」の2つだと思ってて、  少なくとも、ワールドの広さが据置並で、しかもおすそ分けマルチプレイもできるという時点で、マイクラブームが収束してなければ普通にマイクラ市場は引き継げるはずで、  あとは前者がどうなるか、という感じでしょうか。それとも実はVita次世代機が出るのかもしれませんが。  

ポケモンGO イースターイベント

 イースターで2kmタマゴからいろんなポケモンが出るキャンペーン。しかし2kmタマゴなんて真っ先に割ってるから全然手に入らなくて死んだ。  冬の間にちゃんとポケコイン貯めてれば孵化装置買いまくれたのに……。でも課金はしてません。ポケモンGOのヘルシーな課金体系はとても素晴らしいと思うのだけど、でも今課金するならバンドリでガチャ回したい……。  でも2kmタマゴギリギリ1つ割ってヒトカゲが生まれました。嬉しい。御三家採集進化のうちリザードンだけまだ手に入ってないんですよねー。  しかし、サンムーンでリザードンが嫌いすぎて「リザードン 対策」で検索するんですけど、ポケモンサンムーンはもちろん「ポケモンGO ジムでリザードンを倒す方法」だの「スマブラforでのリザードン対策」だの「ポッ拳でのリザードン対策」「ポケモンコマスター リザードン攻略法」だのいろんなゲームがヒットするので、もうあらゆるゲームで害悪じゃねえか!!!とキレてます。  いやほんと、まずXの炎ドラゴンの範囲が詐欺くさい(ドラゴンを半減できる鋼に抜群が取れるので複合フェアリーとヒードランしか等倍取れない)のに、炎を半減できる水フェアリーと岩フェアリーはYのソーラービームで消し飛ばされるわけで。  早くメガチルタリスを……できれば種族値配分見直した上で返して……。フェアリースキンの倍率下がったの、ボーマンダみたいな化け物火力は仕方ないんでしょうけど、チルタリスみたいにスキン入ってやっと並みたいな子は完全に死んでますよね。それならAC110じゃなくてA80C140とかにしてくれないと……。  

ドラクエ11発表会

 5月発売と言いつつさすがに情報出なさすぎなので延期するんだろうと思ってたら延期した。  でも7月って意外と早いですね。また延期するかもしれないけど。  とはいえSplatoonと1週間違いという頭おかしいスケジュールなので、とりあえず様子見したいと思ってます。  母親とか弟がやるかもしれないのでその場合は3DS版渡して、評判良かったらSwitch版を待って遊ぶかも。  そもそも8のリメイクも超序盤(海に出る前)に投げたわけで、4・5・9に思い入れある以外はそんなにドラクエ好きでもないんですよね。    しかし、何となく気になってまとめサイトの反応とかちらっと見てたら、3DSとPS4合わせて200万みたいな低めの売上予想してる人が意外と多くてびっくりしました。普通に売れると思うけどなあ。  3DSで300万、PS4で100万くらいじゃないかと予想してます。あー、でも、Splatoon2とかスナックワールドとぶつかったから3DS版はきついのかなー。今の小中学生とかって、どのくらいドラクエブランド通じるんでしょうね。    あと、ドラクエ11とFF15は何だかんだ国内でも100万は超えると思ってるんですけど、  そうなると、この世代の据置(PS4・WiiU・XboxOne)での国内ミリオンタイトルが、  2Dマリオ(マリオU、マリオメーカー)・マリオカート・ドラクエ・FF・Splatoonとなるわけで、  なんだかスーファミ時代に巻き戻ったような安心感がありますね。Splatoon以外。結局これだよなーみたいな。  

バンドリ新イベント

 結局バンドリって呼ぶのかガルパって呼ぶのかどっちが良いの? 『ガルパ』っていう呼び方が浸透している気が全くしないからバンドリって書いてるんですけど、これはこれでポケモンっぽくて困る。  『ハロー、ハッピーワールド!』がメインのイベントが来ました。そしてガチャも。  とりあえず無料スター突っ込んで10連2回引いたんですけど、もちろん★4こころは出ない。課金するか迷い中……。別に10連1回分課金した程度では取れないって頭ではわかってるんですけどね。怖い。  ストーリーは完全にハルヒ。元々バンドストーリーもハルヒだったけど、今回のイベントは完全に孤島症候群なのでハルヒ好きな人は始めてください。やればわかる。  そしてこころちゃんパワーでセールスランキングも3位に浮上してたとか。まぁハロハピが一番ストーリーもキャラクターもよくできてると思うので納得です。  伊藤美来さんのあの独特の声質、オリジナル曲やるよりカバー担当した方がインパクトあるというのは盲点だった。  そう考えるとキャラ的に「普通の良曲」ばかり回ってくる百合子は微妙に美味しくなかったというか、ポテンシャルを引き出しきれてなかったのかもしれない……。  シュガビタもシルエットもいーあるも全部みっくの曲になる。脳が溶ける。  正直5回に1回とかじゃなくてハロハピのカバー曲ばっかり追加してほしい。オリジナル曲はポピパとRoselia、みたいに分担してほしい。    しかし、考えてみると別にキャラが3Dで踊ったりもしないし、人気アニメが原作であるわけでもないし、声優もそこまで豪華じゃないし、そんな感じでデレステスクフェスに渡り合おうとしてるのなかなかストイックですよね。  どこまで長続きするのかわかりませんが、普通に曲も良いし譜面も楽しいのでしばらく続けたいと思ってます。別に希望も「曲追加ペース早めてほしい」以外に特に言うことないですしね……。  そしてバンドリに時間取られすぎてミリマスのログイン率がどんどん下がっています。音ゲーはスタミナ消化に時間がかかって困る……。  ライブブーストシステム、スタミナなくてもプレイできるのはいいけど、「遊ばないと損した気になる」という強迫感みたいなものは別に薄れてないから辛い。  まあ、それ薄れさせたらもはやスタミナ導入する理由がないので、運営的には狙い通りなのでしょうけど。  

ツインエンジェルBREAK『ラブって♡ジュエリー♪えんじぇる☆ブレイク!!』

 皆さんは「快盗天使ツインエンジェル」というアニメを知っていますか。いや、原作はパチスロなんですけど。  私は高1~2の頃だけはアニメを週10本くらいのペースで観ていて、その頃のアニメだけはマイナーなものも結構押さえてるんですけど、  そんなアニメの1つ『ツインエンジェル』の続編が始まっててびっくりしました。しかも1期が6年前……。  とりあえず本編はまだ1話も観てないんですけど、OPが良すぎてiTunesで買いました。  既にiTunesでフルバージョンが配信されててしかも1曲150円という素晴らしさ。他の全てのアニメが見習うべきです。    そもそも、ツインエンジェルアニメ1期の内容は正直大して覚えてないんですけど、OPの印象がとにかく強くて、放送当時衝撃を受けました。  なぜかといえば、TVバージョンを何度聴いても1分半以上あるとしか思えなかったからです。  YouTubeとかニコニコで探してもTVサイズが上がってないので、ニコニコで無料配信中の1話を貼っておきます。OPは1分頃から。
 あまりに驚いたので、当時何で他のアニメOPより長く感じるのか分析したんですけど、  普通のアニメOPは「イントロ→サビ→Aメロ→Bメロ→サビ」で終わるじゃないですか。(イントロがない場合もありますが)  ところが、このOPは、「イントロ→サビ→Aメロ→Bメロ→Cメロ→サビ→サビ転調」という構成です。  元々サビっぽいCメロがあって、そこからサビに戻る、この時点で普通のOPなら終わるのに、そこからさらにサビの転調に入る。だから転調前で1分半経ったように感じられたのです。  これを可能にしているのが、元々速いBPMと、Aメロ・Bメロを1フレーズで終わらせる最小構成。展開を詰め込み切っています。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 4年前

スマートウォッチ巡り

少し前に、Microsoft Band 2が壊れた話をしました。  一応ゴム接着剤で補修するというアナログな対処で使ったりもしてみたものの、どんどん亀裂が大きくなっていくのでさすがに諦めて、今は家に置いて行ってるのですが、  腕時計のある生活に一度慣れると、いちいちスマホを取り出して時刻を確認するのが面倒になり、新しい時計がほしくなってきました。  とはいえ、今さら時刻しか見れない普通の時計を着ける気にもならない。  というかBandなくなって困るのも時刻とかじゃなくて「電話が鳴った時に内容が確認できない」「そもそも電話に気づかない」の2つがメイン。  しかしMicrosoft Bandは2が生産終了でディスコン……。  せめて値下げとかされてたら買い直す選択肢もありましたが、むしろ品薄で高くなってるという惨状。  需要あるんだからせめて2は売り続けてほしかった。  というわけで、代わりとなる新たなスマートウォッチを探す長い旅に出ることとなりました。    ※この記事はスマートウォッチをあれこれ比較検討するだけの記事です。    条件としては  ・LINEやGmailなど全てのアプリの通知を受け取れる。(電話やSMSのみでは不十分)  ・Androidで使える。(最悪iPadとペアリングしてもいいけど、電話の着信が受け取れない問題があるので)  ・電池がそこそこ持つ。(毎晩充電するのは別にいいけど、1日は確実に持ってほしい)  ・そんなに高くない。(理想は1~3万程度)  ・見た目がダサくない。あまりでかすぎない(目立たない方が嬉しい)  このあたり。 --------------------

活動量計?スマートウォッチ?

 スマートウォッチ(ウェアラブル端末)には大雑把に3種類あるというのが私の認識ですので、カテゴリーごとに検討していきます。  まずは活動量計付き時計。  画面や操作はなく、歩数や運動などを計測してスマホに送る機能を持った時計。  Withings、Misfit、Fitbitの安いモデルなど。最近ではSONYのWena Wristとかも結構Web広告出してますよね(私がスマートウォッチ調べてたからよく表示されるだけかもしれませんが)。  安いのは良いですが、個人的にスマートウォッチの利点の9割は通知にあると思っているので今回は候補外。    次にスマートウォッチ。  最も高機能。良いものになるとほとんど小さなスマホ。  代表的なのはApple Watch、Android Wear、そしてPebble。  Android Wearは各社から様々な端末が出ていますが、有名なのはMotorolaのMoto 360、ASUSのZenWatch、国産だとソニーのSmartWatchあたりでしょうか。  ソニーはSmart BandとかPS VRとかもそうですけど、検索性を下げるこの手の安直ネーミング本当に辞めてほしい……。  Apple WatchはiPhoneとしかペアリングできないので無視。  iPad mini買ったので、iPadとペアリングできればまだ検討の余地もありましたが……。 なんでダメなんでしょうね。でかいiPad + 小さい腕時計って普通に相性良いと思うんですけど。LTE対応モデルならGPSも受け取れるから機能的にはほぼiPhoneだし。  そしてPebbleはFitbitに買収されて開発終了。Fitbitは今後本格的なスマートウォッチ出すつもりなのでしょうか?  考えてみると去年はMicrosoft BandとPebbleが死んでスマートウォッチ業界的にはかなり暗い年となりました。別に今年が明るくなる感じもありませんけど。  ともかく、消去法でAndroid Wearしか残っていませんが、Android Wearはあまり良い評判を聞きません。どうにも不安定らしく、またOSとしての操作性にも難があると。  Android Wear 2.0が来てある程度は良くなったようですが、バッテリーの持ちの悪さが改善されていないのもネック。  というわけで一旦スルー。  

Fitbit?

 上の2つの中間。画面はあるものの歩数や心拍数、機種によっては着信通知や天気などの情報を表示する程度。基本的にはアプリを動かしたりはできません。  Microsoft Bandはこのカテゴリーのうち最もスマートウォッチに近い、中間のような端末でした。なので、Band2の後継として探すならやはりここから。  まず代表格はFitbit。種類がたくさんありますが、この中で最もBand2に近いのは最新モデルであるCharge2とBlaze。  ところが、2つとも通知機能が弱い。  Charge2は着信のみ、Blazeは着信・SMS・カレンダーのみ(サードパーティーのアプリを入れればできるという話も聞くけど、スマホの機種によってできなかったりするようで不安定)。  カレンダー通知は良いとしても、やはりLINEとGmailとOutlookの通知を受けられないようでは意味がないわけで、ちょっと候補外。あとBlaze意外と高いよね。    と、正直ここまでの知識は(単純にガジェット好きでもあるので)今回調べる前から知っていました。  しかし、大のMicrosoftファンである私はBand2以外をほぼ選択肢に入れていなかったし、  知っている中では乗り換え先の筆頭候補だったFitbitもよく調べてみたら意外としっくりこなかったので、リサーチを再開しました。  

Garmin?Samsung?

 次に知ったのはウェアラブル市場で現在急成長中のGarmin。機能としてはまさしくフィットネスバンド。  中でも、このvivosmart HR Jはかなり評判が良く、機能としても歩数・心拍数計測に通知機能に音楽コントロール・天気確認と、Microsoft Band 2の持っていた機能をほぼ満たしています。 【腕時計×心拍計】Garmin vivosmart HR Jを2ヶ月使ってみた【レビュー】 | LOVE CYCLIST  このレビューを読んでも、私の求める機能は一通り揃っている感じがします。  バンド側から携帯に逆通知して居場所を調べる機能とかも便利そうだし。  ただ、問題は、私が欲しいのは別に活動量計ではない、という点。  Microsoft Bandもフィットネス志向ではありましたが、それをメインで買ったわけではなく。  サイクリングとか趣味でやる人にはうってつけの端末だと思うし、その副産物として通知機能があるのも便利だと思いますが、基本的に家から出ない、唯一の運動がポケモンGOである私にとっては、あまり欲しいものではない、というか……。   ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 4年前

大量

4月に入ったのにブログ書いてる暇あるならその時間でES書けよっていうその理由だけでブログから遠ざかっていたのですが、  定期的にブログ書かないと死んじゃう病なのでそろそろ溜まった話題を吐き出すためにブログ書いてます。そのためだけに大学帰りにマックに来てます。  大学の健康診断直後に不健康なものを食べるのもどうかと思うけど、とりあえず体重は増えてなかったので一安心。いや体重50kgないので健康には程遠いんですけれど、最近人との付き合いだったりで外食が増えてるのでちょっと不安だったんですよ。  こういうクズな性格でインドア気質の人間が太り始めたら割と救いがない感じがしてるので、だったら痩せてる方が全然いいなって思います。逆の人は逆のことを思ってるのかもしれないですけどね。  ちなみに今週ブログ更新してないけど別にES書いてたわけでもないのが悲しい。就活絡みで何もしてなかったというわけでもないですけど、あとは単純に仕事しまくってたのと遊びまくってた春休みだった。 --------------------

Windows 10 Creators Update

 Windows 10 Creators Updateが配信開始となりました。  通常のWindows Updateで全ユーザーに強制配信されるのは4/11ですが、ダウンロードサイト(
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10)から直接DLできます。  前回のAnniversary UpdateがWindows Ink、Edge拡張機能など割とわかりやすい機能があったのに対して、  今回のアップデートは一番のウリが「3D Paint」「Storeに電子書籍」というほとんどの人に関係ないものなので、微妙かなーと思ってたのですが、  Edgeの共有機能アイコンがわかりやすくなったり、「夜間モード(ブルーライト軽減に色を調整する、iOSのNight Shift)」が追加されたりと、細かいところでパワーアップしているようです。  というかたぶん変わった点を知る際に一番良いのは設定画面を一通り眺めることですよ。iOSでもそうだと思いますが。  最大9時間しか設定できなかった「アクティブ時間(勝手にUpdateで再起動したりされたくない時間帯)」が最大18時間に伸びてたり、なぜかコントロールパネルに飛ばされてた「テーマ」の変更・DLが設定アプリとストアに統合されたり。  やっぱりアップデートってわくわくしますね。もう少しスパン上げてほしい気もするけど、ちまちま出すよりもまとめて出した方が話題にもなるしちょうどいいのかもしれない。  あと、これはユーザーには全く関係ない話ですけど、Web開発者としてはついにEdgeが「CSS Custom Properties」に対応しました。ここで説明しても仕方ないのでググってほしいのですが、簡単に言えばCSSで変数が使えるようになるという神機能。  私は今まで使ったことなかったのですが、IE・Edge以外の主要ブラウザは全て対応済んでいるので、Edgeが最新バージョンで対応したとなればもうこれは実戦投入して良いはず。  しかし、ユーザー視点ではいろいろ文句も言われてますが、Windows Updateを強制的に全ユーザーに押し付けるの、バージョンごとの使用率とか考えなくていいので開発側としては感謝しかないですね。ありがとうMicrosoft。  ところで同様に他ブラウザが全対応しているbackground-blend-modeとmix-blend-modeへの対応はまだですか!!  

Maison book girl『Image』

 届きました。    えーと、まあ名盤なので早く買いましょう。  ポエトリーリーディングと10分超のインスト曲が挟まるので適当に流すには若干厳しいところありますが、とにかく他に類を見ないジャンルの音楽が詰まっているので、好きな人はもうこれだけで生きていけるのではないでしょうか?  個人的に『End Of Summer Dream』が好きですね。いや全部好きなんですけど、特に好きです。  

欅坂46『W-KEYAKIZAKAの詩』

 『不協和音』が劣化サイマジョ感あって微妙だと思ってたらカップリングがヤバかった。  歴代シングルの振り付け入れたり、グループの歴史を想起させる演出だったり、こういうの弱いので一発でやられました。スタッフロールでメドレー流すゲームが大好きです。  こんなのライブの最後に歌われたら死ぬに決まってるよなーって思います。  「君の声は聞こえているよ」っていうサビも、集団への反抗とか孤立をずっと歌ってきた欅坂だからこそさらに輝いてる気がしますね。良い曲。  

コーヒー&クリームラテ

20170404_070958637_iOS  スタバ大好き意識高い系なので新商品に飛びつきました。TwitterもInstagramもやってないのでなんか損した気分になる。  さくらラテとかマンゴーティーとかも別に嫌いじゃないんですけど、コーヒーが好きだからスタバに行ってるのであって、やっぱりこういう商品が一番好きです。  レギュラーメニューにしてほしいくらいなんですけど、12日までの期間限定だそうです。凄く美味しいのでぜひ。  

『キングちゃん』SP

 22時台。観たけど、正直期待値高すぎて思ったほど面白くなかった。  「嘘でしょ!?グランプリ」って要するに「嘆かせ王」を今後もやるための苦肉の策だったと思うんだけど、やっぱり無理があった。  これもそうだし「プロデュース王」とかもそうですけど、キングちゃんってドッキリ企画の割合が多くて、ドッキリ企画ってそう何回もやるものじゃないので、ゴッドタンでいう「マジ歌」「キス我慢」みたいに出演者が企画趣旨を理解してても面白くなる、ドッキリ以外の定番企画を早めに見つけないと息切れしそう。『水曜日のダウンタウン』みたいに企画を使い捨てる覚悟があるなら別ですけど。  

『ネプ&ローラの爆笑まとめ』と90年代アニソン

 たぶん全部観た。純粋に面白かったのはオードリーとか南海キャンディーズとかなんですけど、個人的に気になったのはおかずクラブのネタ。両親の再婚で義理の家族になった姉と弟が恋に落ちるっていう、少女漫画のパロディだったんですけど、その時に使われてたBGMが『ママレード・ボーイ』の主題歌。これ、94~95年に流れてた、30代にはそれなりに知名度のあるラブコメらしいです。私は少し前にバイト先の忘年会カラオケで初めて知ったのですが。  で、気になってYouTubeでこれの動画を観たりしてたら、90年代アニソンの関連項目にSURFACEの『さぁ』が表示されて。コロコロチキチキペッパーズがキングオブコントで優勝したあの卓球ネタの曲です。  つまり何が言いたいかというと、90年代サブカルが共通文脈としてお笑いで使われる時代が来てるんだなあってことです。もう少しすると、ハルヒ・らきすた・ひぐらしあたりも、飛び道具ではなく前提知識として使われる時代が来るのかもしれません。  

『しゃべくり007』

 今週のやつじゃなくて先週のやつです。  ところで  刺された。  冷静に考えて、例えば「毎日更新できなくてすみません」って謝るの、まるでこのブログを楽しみに待っている人がいることを前提にした表現じゃないですか。それってどうなんだろうと思うんですけど。  このブログ誰に向けて書いてるんだろうと思うことは凄くあって、だからエイプリルフールも完全に無視したんでうk、  そもそもこのブログ読んでる人なんてほぼいないのはアクセス数とかから私自身が一番理解しているし。  ただ、このブログが更新されていることで確実に幸せになっている人間が一人だけいて、それも私自身なんですよね。  こういう記事を書くこと自体が楽しいのはもちろんそうなんですけど、読み手としても、1週間後に読み返しても、1か月後に読み返しても、1年後に読み返しても面白いんですよ。何が起きたか、何にハマっていたのか、何を考えていたかを思い出せるので。  アーカイブ性というのはSNSにはないブログだけの力なので、1年後に「1年前どんなこと考えてたんだろう」っていうことを、まとまった情報として引っ張り出せるのは凄く楽しいです。  それならプライベートな日記でやれよっていう話もまあ確かにそうだと思うんですけど、  じゃあこういう文体、こういう客観的な書き方を、誰にも見せない日記でやれるかって言ったらそれはそれでヤバいやつなのは間違いないし、私自身のモチベーションとしてそれも無理なので、  やっぱりブログという形で一応誰でも読める体裁を取るのが私にとってもちょうどいいわけです。  そんなのに付き合っていただけている方がいることには感謝しつつも、誰も見ていないとしてもたぶんこのブログは続けていくんだと思います。  ……でも、びっくりすることに、時々Amazonアフィリエイト売れてたりするんですよ。意外と。ドメインとサーバー代と差し引きしたら相殺されるくらいですけど。 ...

comment  0
favorite  0