最近の話題 4年前

MY DATE II、ANN0、ロキ、武道館など

lyricalschool『MY DATE II(第2部)』

 行ってきました。「月見ル君思フ」でのバンド編成のスペシャルライブ。  前半の通常ライブも「プチャヘンザ!」「FRESH」など旧体制曲多め。これはこれで良いですね。  後半のバンドライブは「ひとりぼっちのラビリンス」というまさかの選曲から始まり、どれも新鮮。『マジックアワー』良かったなあ。  そしてライブの最後には新アルバムの告知! ですが、「去年のシングル曲、『DANCE WITH YOU』と書き下ろし新曲7曲」ということで、DANCE WITH YOU以外の曲の音源化はー? という腑に落ちないところも。  『(GET AROUND!) TOKYO GIRL』『I.J.』『PIZZA』『NOW!』『GIRL’S QUEST』が順番待ちしてる状況で新曲7曲って?とか、そんなに新曲増えたらライブでますます旧体制曲押し出されちゃうじゃんとか、それ以前に『ワンダーグラウンド』含めて旧体制曲の新体制カバーも聴きたいのに、とか、まあいろいろあるんですが、  まあ何を言うにも新曲を聴いてから。モヤモヤを払拭するくらい爆裂に良い新曲であることを期待しています。  それこそtofubeatsさんとかAxSxEさん・LITTLEさんとかが楽曲提供してくれてるパターンだったら全然問題ないというかワンダーグラウンド超える可能性出てくるから期待したい。  そして何よりアルバムタイトルが『WORLD’S END』!  リリスクでワールズエンドってもう私のためのアルバムと言っても過言ではないのでは?  世界で一番好きな曲が『ワールズエンド・ダンスホール』(2番目が『ワンダーグラウンド』)、他にも『WORLD’S END UMBRELLA』『world’s end, girl’s rondo』『ワールドエンド・エコノミカ』などなど、  好きなワールズエンドを挙げたらキリがない。ワールズエンド界に殴り込みをかけるリリスクのワールズエンドに期待です。表題曲のタイトルにもワールズエンド入ってたら最高なんですけどねー。

最近聴いてる曲

 Storiesにも書きましたが結構ボカロが個人的に来てて、といっても半分くらいはwowakaさんとか昔の曲聴きたいだけなんですけど、最近の曲も良いものあるなーみたいな。

パンダみっく「オモカゲプラスティック」

 Soundcloudでオサカナとか聴いてたら関連で出てきた。良い。地下アイドル楽曲良いか悪いかで言ったらキリがない……。

みきとP『ロキ』

 今話題の曲。みきとPが2018年にヒット飛ばしてるという状況がもう面白い。 https://www.youtube.com/watch?v=Xg-qfsKN2_E  ロキノン系を意識してるような歌詞でシンプルにカッコいいです。  他には……まあなんかオススメに出てきたバンドの新曲とかいくつか聴いた気がしますがそんなに引っ掛からなかったです。ポルカとか。  最近もう完全に可愛い女性ボーカルしか聴きたくない気分です。  元々中学の頃にアニソン(I’ve)とボカロばっかり聴いてた人なので自然なんですけどね。

オールナイトニッポン4月改編

CreepyNuts、根本宗子&長井短、四千頭身!「オールナイトニッポン0」の新パーソナリティが決定  Creepy NutsのオールナイトニッポンZERO、レギュラー化決定。嬉しいニュース。  他の新パーソナリティーとしては月曜の2人(根本宗子&長井短)も気になります。  まだどんな人かわかりませんが、女性2人のラジオも珍しいし、芸人ではない、しかもラジオ好きらしいということで、『朝井&加藤』や『ヨブンのこと』のような笑いつつも考えさせられる番組になるのではないかと期待してます。  4月からどこまでラジオを聴く時間を作れるかわからないし、正直オードリー以外に2組も毎週2時間のラジオを増やすのは辛いかもしれませんが、楽しみです。

朝井リョウ『武道館』

[amazon_link asins='B07B959XMF' template='Original'] 「握手券つきCD」商法は悪か?現代のアイドルにまつわる問題が満載!朝井リョウ『武道館』文庫版 | ほんのひきだし  朝井リョウさん自身がツイートしていたこの記事を読んで興味を持ったのでそのまま買いました。Kindleは本当に読みたい時にその瞬間読めるから最高。  アイドルがテーマではありますが、人から見られること、ネット上での炎上などもあって、いろいろ考えさせられました。
匿名での悪口、盗撮、執拗なまでの過去の詮索、きっとこれまではこちらから怒ってもよかったであろうことが、日に日に、そうではなくなっている。煽り耐性、スルースキル、それらの言葉は自分たちが小さなころにはこの世になかったのに、本当についさっき生まれたような新しい言葉なのに、その習性をあらかじめ持ち合わせていることを当然のように求められる。(本書p.113より引用)
 上の記事でも引用されている、スルースキルの話とかまさに。  それこそ一昨年の自分が久々に炎上した時のこととか思い返して、たぶん自分が取った対応は明らかに正しくないのだけど、じゃあ正しい対応って何だろう、誰が決めてるのだろうと。何か言われた時に無視する、自分の中に閉じ込めることが正義で、言い返すことが悪だという価値観は本当に絶対的なのか。  『ラジオラジオラジオ!』の時のように感想を書かないのは、だいたい上記の記事に載ってるのと、そのエネルギーを今ブログに向ける気がないからです。 ...

comment  0
favorite  0