最近の話題 4年前

スペシャルウィーク感想(アルピーDCG、CreepyNutsのANN0など)

先週は2か月に一度のラジオのお祭り、スペシャルウィークでした。  どの番組も最高に面白くて満足しました。  普段は会社で仕事中に聞くのですが、我慢できなくて行きの電車で聴いてから仕事中にもう1回聞き直したものも多いです。  

アルコ&ピースD.C.GARAGE(7/31)

『夏休み特別企画!結成!地球防衛軍!最強ムシ軍団でUFOをやっつけろSP』  他のラジオの追随を許さない、圧倒的にくだらなくて圧倒的にサイコパスなネタのオンパレード。アルピーANN時代のムービーラジオを彷彿とさせる、馬鹿みたいに長い設定説明、案の定1時間には全く収まってないw  まあアルピーANNはもうまさにここ数ヶ月YouTubeで聴き漁ってるだけの雑魚なので偉そうに語る資格はないのですが、それでもこの生放送ならではのドキドキ感に立ち会えるのは本当に嬉しいですし、一刻も早く毎週生放送に戻してあげてほしい。  ……いやほんと地上波ではハネたことのないラジオだけが取り柄のアルピーに2時間生放送枠与えずに1時間の録音枠で2年も飼い殺しにしてるの人類の損失だから……ANNでもJUNKでもいいから早く枠を与えてほしい。  ここ数年、あまりにも盤石すぎて代わるところのないと言われてきたJUNKですけど、幕引きを匂わせてる月曜だったり、意外と聴取率下がってきてる水木だったり、世代交代が近づいている感はあって、やっぱり来年春と言わず今年秋の改編でどうにかならないものでしょうか……。  

Creepy Nutsのオールナイトニッポン0(7/31)

『君もラッパーデビューだッ!Creepy Nuts、新メンバーオーディション!』  正直、今回のスペシャルウィークでどの番組よりも一番笑いました。一番馬鹿なことをしていて一番ぶっ飛んでた。  この番組はアルピーANNの裏の後継者という側面が確実にあって、アルピーANNと同じ作家の福田さん、さらに元ハガキ職人のトゥルーマン翔さんというスタッフの時点でそうなのですが。  パーソナリティーにガンガン突っ込んで弄るリアクションメール、有名人をネタにして笑う意地の悪さ、  今回の音源募集も、去年アルピーDCGで行われたボイパ王選手権の系譜でありながら、本職のラッパーのオーディションということでガチ寄りの投稿もある一方、本気の悪ふざけ投稿もあって振れ幅が凄い。  完全に全てを持って行った黄桜おじさんを始めとした質の高すぎるネタに対して、Creepy Nutsの2人も頭の回転が速くて言葉のチョイスも的確。「おじさんがふざけてるだけ」「声が雑魚」w  あとリアクションメールで蔦谷好位置さんとかプロデューサーの名前が出てくるのも面白すぎましたw そして深夜ラジオのネタになるレベルに裏方の知名度を引き上げた関ジャムの功績がここで改めて。    アルピーANNにリアルタイムで立ち会えなかった人への救済であるかのような新しい時代のラジオ。それを担うのが芸人ではなくDJ、明らかに今の10代のヒーローであるCreepy Nutsというのがまた素晴らしい。YouTubeの転載動画のコメントなんか見てても、単純なお笑い好きとは違うところにも届いてることがわかる。  それは単純に次世代という意味でもそうだし、オードリー若林さんもよく言ってますけど、30代後半とか40代の人が何かに噛みつくのは捻くれというよりもパワハラになって笑えなくなっちゃうんですよね。坂上忍みたいな。その点Creepy Nutsは若くて、しかも芸能界とは少し違うところにいるからしがらみもなくて聴きやすい。この才能を発掘したのは素晴らしいです。まあニッポン放送のことだから1~2年で切るんでしょうけどね。  そしてだからこそアルピーが笑えない年齢になってしまう前に早く生放送枠を……という話にも繋がる。  

ハライチのターン!(8/2)

岩井勇気生誕祭スペシャル!』  まあ企画というか仕掛け自体はほとんど前回と一緒でしたが、最後の歌はベタながら良かったです。  同じTBS三兄弟でもハライチのターンの魅力はある意味でアルピーDCGとは対極にあって、コーナーもほとんどなく、その面白さの大部分を岩井さんの単品で売り物になるレベルの聞かせるトークと、バラエティ能力最強な澤部さんのツッコミの心地よさが担っているので、ぶっちゃけコーナーもSP企画もオマケという……。リスナーの投稿ももちろん面白いのですが。  なのでこっちは1時間でもあんまり物足りなくならないというか、むしろダレてしまいそうなので1時間の録音枠でちょうどいい気がします。……あ、水曜のうしろシティは聞いてないです。  

三四郎のオールナイトニッポン0(8/3)

はんにゃ金田の引退を阻止しようSP!』。  クリピーの新メンバーオーディションといい、どことなく前回のDCG企画の怨念を感じさせるタイトル。  前回聞いてないのでどこから引退の話が出てきたのかわかりませんが、1時間半中身のない会話で終始していて下らないながら面白かったです。しずる池田が酷すぎて最後形勢逆転するところもw  はんにゃが活躍してた時代もそういえばあって、ピラメキーノという単語を聞くと懐かしいなあと思います。  例えば『めちゃイケ』だったり『いいとも』だったり、私は直接覚えていませんが『ごっつ』とか『夢で逢えたら』『笑う犬』なんかの思い出話が、伝説的に至るところで語り継がれるのは、その出演者が今大活躍してるからでしょうけど、  例えば5年後10年後に、『ヘキサゴン』『はねトび』『ピラメキーノ』『レッドシアター』『ピカルの定理』みたいな、私世代(今の20代前半)にとってのバラエティの象徴みたいな番組たちの思い出話を聞くことは果たしてできるのだろうか、という気がします。  あまりにもその出演者たちが番組終了後に活躍していなさすぎて軽んじられるけれど、やっぱりはねトびはある世代にとってはめちゃイケ並みのパワーを持っていたと思うし。  結果的に2010年代のバラエティで今も定期的に話を聞けるのが、番組自体は速攻で打ち切られた『ミレニアムズ』だというのが皮肉すぎるw  

オードリーのオールナイトニッポン(8/4)

 ひらがなけやきの3人(宮田愛萌さん、井口眞緒さん、佐々木久美さん)ゲスト回。  普段と毛色が違いすぎるというか、ゲストのアイドルの話を聞いてあげるのがメインでひらがな推し番外編みたいな空気でしたが、個人的には楽しかったです。  正直ひらがな推しは退屈すぎて数週に1回程度しか観れてないし、今回のラジオも欅坂46の3人はなかなか……という感じでしたが、  それでも「30過ぎたら普通にキャリアウーマンになりたい」みたいな、今のアイドルの感覚だなーというトークは普通に面白かったし、「オードリーの2人がセットチェンジ中にイチャイチャしてる」という暴露も最高だったし、  「40を超えてらっしゃるんですよね」「超えてねえよ!」という流れは鮮やかすぎて。    CM明け、お約束的な『ヒロシのコーナー』の説明に入るも、3人ともあまりピンと来ていないことから、若林がリスナーではないことに勘づいて質問。
若林「そういえば3人は聴いたことある?オードリーのオールナイトニッポン」 3人「…………(沈黙)」 若林「やめてくれよ~(笑)」 井口「歌だけ聴いたことあります!」 若林「歌…?歌って何?」 井口「~~~♪(ビタースウィートサンバのメロディーを口ずさむ)」 若林「嘘だろ?歌だけ聞いたことあるって言うの?」 春日「ビタースウィートだけ!?」 井口「あっでも、ちょっとだけ、なんか、出るっていうことで、調べて、ちょっとだけ聞きました」 若林「ちょっとだけ聞いてみた、それ何分くらい聞いてみたの?それ」 井口「え、な、5……分くらい」 春日「全然聞いてねえじゃねえか! 全然ハマってねえじゃねえか!(笑)」
 ここのやり取り面白すぎました。芸人やラジオ好きとのトークでは生まれない爆発力。ぜひここだけでも聞いてほしい。
  先日 オードリーのオールナイトニッポンさんに 出演させてもらいました! オードリーさん 呼んでくれてありがとうございます! こんなに心の奥底から笑ったラジオは 初めてでした! (中略) しかし 私はお調子物なので 調子に乗って楽しみすぎてしまいました 途中から 我を忘れるくらい楽しんでしまって 暴走してしまいました リトルトゥースのみなさん うるさくしてしまい 本当にすみませんでした もっとリトルトゥースのみなさんの 空気感に合うように ちゃんとラジオを聴いて 勉強して行けば良かったです 後悔後に立たずですね、、、 オードリーのオールナイトニッポンさん|井口 眞緒公式ブログ | 欅坂46公式サイト
   別にTwitterとかでリスナーをフォローしたりとかしてないので全然わからないのですが、思ったより叩かれてたっぽいですね。  まあちょっと自己主張強すぎた感はありますし、ところどころ空気を壊してるところもあったものの、いつもと違った回になったという意味では面白かったです。  正直ここ数ヶ月……まあ最近持ち直してきましたが、5~6月の毎週マネージャー弄りでループしてたオードリーANNは相当つまらなくて、DJ松永さんも聞きながら寝落ちするほどでしたし。  ちょっとこのままマンネリが続くと辛いなあと思っていたので、  何でもいいから外部からの刺激(©朝井リョウ)が与えられたのは良かったと思います。  通常回よりは面白かったし、ヒロシのコーナーが要らないのもいつも通りなのでw  ここからSPW毎回けやき呼ばれるようになったらしんどいですし、武道館ライブに出演とかしたらキレますけど、1年に1~2回くらい出演するなら全然アリかなあというところ。今度は3人じゃなくて1~2人でいい気がしますが、そこまでハマるメンバーの関係性がひらがな推しで生まれるかどうか。   ...

comment  0
favorite  0