ひとりごと 3年前

まばら

すっかり寒くなってきました。  日本の良い点として未だに「四季を感じられる」とか言ってる人って日本に住んでないんですかね? 秋なんてとっくに暦上にしかない概念なのに。  Tシャツ1枚で出かけるのが適正な気温から、シャツの上にパーカーを羽織るようになるまで1週間もかからなかったような。    毎年言っていますが私は暑いより寒い方が嫌ですし、しかも今年は久々に「毎日早起きしないといけない」っていうのが乗っかるので嫌すぎますね。去年の冬なんて昼に起きてスプラやってから卒論やるためにちょっと出かける、みたいな感じだったので。布団から出るのが辛いというのが冬の一番のデメリット。夏はさっさと起きてシャワー浴びるのが最適解なので。 --------------------  配信開始した任天堂×Cygamesの『ドラガリアロスト』。一応始めました。 https://youtu.be/F4l7kUmCcMA  iPadでやってるガルパミリシタと違って、スマホで遊ぶゲームをポケモンGO以外にもう1個くらい始めたいという思いがあって、地味に結構期待してたのですが、  たぶんすぐ止めちゃうかなあ……。  移動がタッチしたところに向かうポケ森方式ではなく仮想スティック方式なのでやりづらいことこの上ない、とか、ストーリー・キャラのテンプレさ、とかいろいろ不満はあるのですが、  これをやる意義があんまり感じられないというのが一番大きいです。やっぱり音ゲー以外のスマホゲーム、身体的なフィードバックが得られないから遊んでてどうも楽しくない。  マップを探索しつつ敵の攻撃を避けて技を発動して、っていう動作が、「楽しいゲーム」じゃなくて「スタミナ消費を妨害する邪魔な要素」になってしまう。ポケ森もそうでしたけど。  だったら旧ミリマスやポケモンGOみたいに脳死連打で進める方が潔くて良いと思うんですよね。余計なものが挟まってるだけというか。Splatoonやスマブラくらいアクションそのものが楽しければ別ですけど、スマホでそれは不可能ですし……。  あとDAOKOの曲が主題歌だけかと思ったらほぼ全編DAOKOのボーカル曲がBGMとして流れてて笑いました。マイページでもマップでもボスバトルでもずっと歌ってる。しかも新曲でもなく普通にDAOKOの以前のCDに収録されてた既発曲。サイゲームスDAOKO好きすぎでは……。  ボーカルだけ切ってインスト化する設定もありますが。マイページで流れている曲が好きですがもう発売されてるのでしょうか? どれが既存なのかわからない。  まあとはいえ、全体的なクオリティは高いし、今後フレンドとの協力要素とかがどんどん増えていけば普通にグラブル白猫モンスト枠としてウケそうな気はします。  けど、これ任天堂アプリとして配信する意味はあったのでしょうか……? サイゲ側は宣伝に使えるメリットが大きかったのでしょうけど、任天堂のメリットがあんまり見えない。  Switchへの導線にもならないし、ガチャは普通に渋いし、単にイメージ落ちるだけのような……。  まあ長期的なメリットとか抜きにぐうの音も出ないほど儲かることだけを期待しているのかもしれませんが。良くも悪くもただのサイゲのソシャゲって感じなので、個人的にはちょっと肩透かしでした。  岩田社長がDeNAと最初に組む時に「全く新しいビジネスモデルを発明したい」的なこと言ってたの、もう誰も覚えてないだろうな……。 --------------------  仕事中にテレビやラジオを消化しまくっているので毎週観ている番組を定期的に書き留めてたい。  別に感想書きたいなーって思うほどの番組はあんまりないのですが、全部面白いのでぜひ観てほしいです。 毎週観る:相席食堂、テラスハウス(地上波)、セブンルール、勇者ああああ、水曜日のダウンタウン 時々観る:ゴッドタン OPトークだけ観る:激レアさんを連れてきた。  最近特に楽しみなのは『相席食堂』と『テラスハウス』。この2つが今一番面白いと思ってます。Netflix入るかどうかずっと迷う。  『水曜日のダウンタウン』もテラスハウスパロディが始まるようで最高に楽しみ。 https://twitter.com/kentaro_fujii/status/1044951342098173952  ちゃんとこち亀SPがつまらなかった自覚もあってひと安心だし、4月から放送時間が10分伸びたことが完全に間延びに繋がっていた問題も連載企画で改善されるはず……。  あと気づいたら来週は『オールスター後夜祭』なんですね。今年一番笑った番組だし、楽しみ。『正解は一年後』も近い。 毎週聴く:アルコ&ピースD.C.GARAGE、ハライチのターン!、CreepyNutsのANN0、オードリーのANN、ヨブンのこと 時々聴く:根本宗子&長井短のANN0  時々というか今週クリーピーの方で根本長井の話が出てたのでタイムフリーで両方聴いたのですが、前よりは面白くなっている気がします。新コーナー「重たい話」もかなりぶっ飛んでるし、しばらく聴くかも。聴かないかも。  まああとはもう全部好きです。聴きたいラジオもっと増えてほしい(わがまま)。  ここ数ヶ月YouTubeで聴き漁ってきたアルピーANNもいよいよ最終回を迎えそうです。わかっていても苦しくなるしニッポン放送が嫌いになっていく。どうせクリーピーも根本長井も来年で打ち切られるだろうし。  アニメは全然観てないんですけどいよいよ10月からは『青春ブタ野郎』『禁書目録』『SAO』が始まるのでそれは楽しみです。青ブタと禁書の新刊も出るし、幸せ。 --------------------  気づけば9月も終わり。そして、ブログ更新がすっかり滞ってしまってすみませんでした。  今月5回しか更新してないんですね。やばい。  まあいろいろ想定外のことが起きてしまった月だったので……。小説書いてから1ヶ月経ってないんだなというのもあるし。  まあブログ更新しなかった理由のもう1つは、月後半にちょっとしたことを進めてるのですが……それはもう少しまとまってから。  この前の小説の時に思いましたが、期限決めずにやろうとしていることの話はあんまブログに書かない方がいいですね。  だったらちゃんと形になるギリギリまで隠しておいて「早く言いたい」って思う方が気持ちが引っ張られる。なのでRG方式でしばらく黙ってます。  まあでも10月中には発表したいです。逆算してというか、10月中にそこまで辿り着けないといろいろ計算が狂ってしまうというか……。  そして来月はブログももう少し書いていきたいです。あとこのブログそのものもちょっと拡張したかったり……いろいろです。  今週末が3連休じゃないのが本当に悲しい。  と言いつつ、結局3連休もなんか人と会ったり出かけたりしたのでちゃんと自分の作業時間が取れる土日は嬉しい。頑張りたい。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 3年前

flexible, fruit, flow, fly

9月になってからそんなに経っていないと思っていたのですが、気づけばもう3分の2だとか。辛い……。  9月前半いろいろあったりして一瞬で通り過ぎていきました。  ついさっき夜22時に修正が来て、家でやらされる代わりに明日午前休みになったのでこんな時間まで起きてブログを書いています。  これが俗に言うフレックスタイム制……。いいなあフレックス。  下手に残業手当とかみなし残業とか言われるよりこっちの方が合理的な気がします。1時間残ったら次の日1時間遅く来てもいいよ、っていう。これなら残業しても得もしないし損もしない。  まあ現実的にはそこまで厳密に適用できないので、「めちゃくちゃ残ったら午前休んでいいよ」みたいな雑な感じで、その恩恵を初めて受けられたのです。  会社のルール作りってほんと難しい。というか、労働者が時間に対する仕事の効率を上げることのインセンティブがなさすぎるのが……。タクシー運転手とかホストとかそういう完全歩合制にするのが一番なんだろうけど、そういう仕事ばかりでもないからなあ……。  しかし考えてみれば大学生の頃は平日も毎日こんな時間までスプラやってたわけで、そんな生活が許されるわけがないと思う一方で戻りたいとも思ってしまう…… --------------------  9月はスタバの新製品ラッシュ。相変わらずスタバニスタとしての活動頑張っています。 20180908_140909_HDR  こっちがキャラメリーペアーフラペチーノ。 20180913_210525  こちらがクリスピースイートポテトフラペチーノ。スイートポテトというより芋けんぴでした。  どちらも+¥100でエスプレッソ追加とソイミルク変更だったはず?キャラメリーはRewardなので無料ですが。  甘くて美味しい。  けどめっちゃ好みかと言われると……そこまでフルーツ好きではないので、前のアフォガートフラペチーノとかああいうコーヒー!チョコ!みたいな方が好き。  月末からの第3弾はどんな感じで来るのでしょう。梨、さつまいも、と来たから、順当に行けばマロン?モンブランフラペチーノとか名前だけで美味しそう(単なる予想です)。でも普通にティラミスとかが良いなあ(秋なのかわからない)  自分は割と食べ物に幸せ感じるタイプかもしれないと思い始めました。最近。  といってもあんまり高いものも食べないんですが、値段とか節約のために食べたいものを我慢するのはあまり苦手かもしれないです……。マックでチキンクリスプ2個じゃなくて月見バーガー頼んだりとか、ラーメンとかうどんに半熟卵乗せたりとか、コスパ悪いのはわかってるけど惹かれてしまう。……卵好きなだけ?  いきなりステーキも何だかんだクーポン来たりJALのキャンペーンだったりで月1くらいでは行ってる気がします。  というか価格だけ考えると仕事中のお昼が本当に近くの学食か松屋の二択になるんで、それはちょっと悲しい……。 --------------------  3連休が続きます。来週も。嬉しいことです。久々に友人に会ったりしました。  お酒はたまに飲むと美味しい。だいたい大学の友人と会う時かライブ行く時にしか飲まないんですけどね。加賀フェスとか。  サイゼで集まってスプラとかゲームしつつ安いピザ食べながら話をするっていう中学とか高校の時から変わらない感じがいつまで続くのだろうと思ったりしますが、一人暮らしも引っ越しもしなければそんなもんじゃないかとも。  むしろ関係性が変わる理由がないというか。  これから何かあるとしたら、どちらかが転職して一人暮らしするか、結婚とか子どもできるとかそういうレベルになるんじゃないかなあ。もちろん会う頻度は下がっていくでしょうが……。  まあとはいえ、留学以降で友人があまりに増えていないので、ちょっと新しい友達が欲しいなあと思ったりしました。大学卒業しちゃったからもう無理かなあ…… --------------------  先々週、祖母が亡くなりました。  なのでこの前の土日は徳島に行っていました。  ブログ更新が空いた最大の理由がそれです。入院とかしていたわけではなく、突然のことだったので、わかりやすくバタバタしていました。  まあだからといってそれを引きずってるとかそういうことはなく……、むしろ、こんなにも自分は精神的ダメージを受けないものなんだなと、怖くなりました。親や兄弟や従兄弟が泣いてる中、自分だけ一滴も涙が出てこないのとか、ホラー。自分はあの告別式の場に居てはいけない人間なんじゃないかと思ってしまいました。  亡くなったことを聞いた時も、驚きはありましたが、取り戻せないこととして事実はすっと受け入れて、その後はずっと計算で動いていたような気がします。会社休めるなら休みたいなとか、夜行バスの中で小説書けるなとか、そういう打算的な部分をゼロにできない自分が本当に嫌だし、それを考えていること自体がサイコ。無理に平静を装っているとかじゃなくて、本当に平静だったような。  もちろん悲しいし淋しい……という感情も、あると思うのだけど、それもこうやって書けてしまうということは本当は思っていない、嘘をついているような気がします。  感情がないとかドライというわけではなくて、感情の起伏が怒りと憎しみに偏りすぎている。言い返せなくて悔しくて泣くとか、ネットで叩かれて落ち込むとか、そういう、自分と他者との関係でしか心が動かない、つまり自分のこと以外は極端にどうでもいい人間なんだろうなと自分で思います。  自分の両親が亡くなった時はどう思うんだろう。その時はちゃんと悲しくなるんだろうか……。  でもそれとは別に、母親と祖母の年齢差考えて、そうか、母親と一緒にいられるのもあと〇年なんだなあ、みたいなことは考えました。  そういう「死んでほしくない」という思いは強くありますが、実際に亡くなってしまったらそこで整理がついてしまうような気がします。それも年齢を重ねれば変わっていくものなのでしょうか。 --------------------  でも、少し前だったらこういうこと全部ブログに書いてたと思うんですよね。  「祖母が死んだのに悲しくない」とか、そういう、直接言えないものを全部吐き出すための、「王様の耳はロバの耳」の穴だと思ってこのブログを続けてきたわけで、  だから中学の担任への不満も別れた元カノへのメッセージも全部ここに書いてきたんですけど、  そういう「損得を考えずに今の自分が思っていることを正直に書く」という行為が、さすがにちょっとできなくなったなあという気もします。自分が大人になったからだし、このブログに書いたことがきっかけで炎上した経験もそうだけど、  何よりも、このブログとchiffonという名前がある程度の価値を持った媒体として、失いたくないものの1つになってしまった。chiffonというネット上の人格の価値を棄損したくない自分がいるのが何よりも悲しい。そういうことを考えなくて良い場だったはずなのに。 --------------------  小説書きたい、っていうここ何年かのぼんやりとした思いが1つ解消されて、ちょっとだけ楽になりました。大学の頃にやろうと思って結局果たせなかったものの1つ。  自分が小説書くの向いていないと再確認しましたが、それは書かないとわからないことなので。  会社入ってからむしろ大学の頃より自由な時間としては増えていて、まあその主な原因は大学時代にバイトしすぎてたからなんですが、  メドレー作って、小説書いて、ブログたくさん更新して、大学の頃に失いかけていたいろいろを取り戻す作業をしています。  次は何をしよう。  もちろん、転職のことまで考えたら、やるべきことはたくさんあるのですが……。  さしあたっては少しだけ動いていることもあります。遅くとも来月には形にしたいところ……。 ...

comment  0
favorite  0
最近の話題 3年前

Nintendo Direct, iPhone新製品, Surfaceなど

NintendoDirect 2018.9.13

 1週間焦らした上でハードルを越えていくDirect。面白かったー。  いつも通り買うものはあんまりなさそうですが、観ているだけでもワクワクする。ルイマン3とかFF15とか。  マリオテニス、今後もキャラ追加続くらしいけどディクシー追加されたら買うかもしれません。  どう森Switchはまあいつかは出ると思ってたし、個人的にはとび森そこまでハマらなかったから買わないかなあ……スマブラ楽しみにしてます。  あとはNintendo Switch Online……安いのは良いことだしもちろん1年は入りますが、クラウドセーブにSplatoonが非対応らしいとか、アカウント本体紐づけが結局改善されてないとか、いろいろガッカリな仕様なのが気になる……。今後改善されていくと信じたい。  しずえ参戦は予想はされていましたけど、さすがにないだろうと思ってたから驚きました。  前作のFitトレーナー・むらびと・パックマンあたりもそうでしたが、予想段階では浮きまくりそうなのに実際動いているところを見るとしっかり馴染んでしまうスマブラの懐の深さが凄すぎる。  HAL研が最初にスマブラ64試作してプレゼン持って行った時もこんな感じで映像の力で押し切ったんだろうなあと思いを馳せる。  とはいえさすがにしずえさんはまだ違和感が拭えない……しずえ側が攻撃するのはともかく、ボコボコにされるのとかあまり見たくないような……。でも実際遊んでたら気にならなくなるんだろうなあ。  そしてSplatoon 2がいよいよ今年いっぱいでのアプデ終了宣言。  Wii U版だってアプデ終了後もずっと遊んでたので、2もアプデが終わったとしても全然遊ぶつもりではいますが、かといってこれであと5年は続けられないので早めに新作を出してほしい。  来年の今頃にスプラ3が発表されるくらいのスケジュール感ならいいのだけど……。  正直スプラはもうゲームとして替えが効かないので、スプラ遊ばなくなったら普通にSwitch Online更新止めるくらいスプラ依存です。  ブキ調整はその後も続くみたいですが、終わるまでに一度ちゃんとマニューバがナーフされてバランスがまともになりますように……。  今回追加された「スプラシューターベッチュー」がかなり好みな組み合わせで使ってるのですが、これ触ってると本当にゲームバランスがめちゃくちゃなことを痛感しました。スプラシューター持てば簡単にキルが取れる。ラピエリ使ってる時と比べて難易度が違いすぎる……。

iPhone Xs / Xr発表

 秋の風物詩。とはいえ今回はさすがにちょっと……。  私自身はiPhoneは買うつもりがないので関係ないんですが、母親とか弟がiPhoneユーザーで、かつ私みたいなガジェットマニアではないので、  iPhoneの価格がどうかとかどの機種を選ぶべきかみたいなことは何となく頭に入れておく必要があって。  その観点から言うと、うちの母親なんかは5Cから6sに変更した時もサイズアップに困惑していたし、弟もiPhone 7 / 8の無印を使っているので、  何でサイズ(横幅)の最低基準をまた上げるのかという不満が強くあります。大きいものが大きくなる分には別に止めませんけど、小さいモデルを勝手に大きくするのはメーカーのエゴでしかないでしょう。  ホームボタン/Touch ID全廃も、もちろんXの流れを見たらそうなるのだろうとは思いますが、なんでしょう、「ホームボタン/Touch IDがなくなって嬉しい!」っていう人を見たことないですよね。「慣れれば楽」「Face IDでも代替にはなる」とか、消極的な賛成ばっかりで。  使い勝手という面で劣化でしかないのでユーザーのこととか本当に考えてないんだろうなあと思います。  一度iPhoneに慣れるともうiPhone以外には変えられないというプラットフォーム囲い込み戦術、Appleに限らずハード・ソフト問わず全てのIT大手企業がやっていることではありますけど、  そういう独占体制を目指すのであれば、それに伴う責任として、儲けが少なくても需要があるところはサポートし続けてほしいんですよね。営利企業である以上そうもいかないのでしょうが……。

Surface 新製品予告

 こちらは純粋に楽しみ。
新Surface発表は日本時間10月3日、MSより招待状。焦点はLaptopとProか  Surfaceシリーズ、Pro4までの問題だった「バッテリーの持ちの悪さ」がPro2017で完全解決した時点で、もうSurfaceにこれ以上望むことなんて何もないし、  順当に性能アップして、USB Type-Cにそろそろ対応してくれればもう完璧。  Intelの今年のCoffee Lakeはコア数が増えることでスペックの向上幅が大きいらしいので、そこも期待です。  2019年には大幅なモデルチェンジがあるとの噂もありますが、Surfaceのモデルチェンジ後の1世代目は(最近はそうでもないけど)地雷になりがちなので……(Pro、Pro3、Book1など)  完成度MAXな今年のProを買うのは賢明かと思われます。  Surface Pro、今年5月に会社の経費で買ってもらったばっかりですからもちろんPro2018をすぐに買う予定はありませんが、きっと1年以内に会社辞めるのでその時に自分用に2018を買います。笑 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 3年前

オートなスロープ

9月になりました。  ブログ放置している間にしれっと誕生日を迎えてました。9月3日に。……10日前ですが。  更新できなかったのはまあ小説書いてたり、他にもいろいろあったのですが……いろいろのもう片方は別の機会に。  20歳を超えてから自分の年齢が本当に覚えられなくなったのですが、もう23歳らしいです。成人したばっかりとかそういうレベルでもなくなってきました。  別に祝われたくもないしめでたくもないというのはずっと思っていることなのですが、最近もう……逆張りの逆張りが私の中で常態化しすぎていて、  何も言わずにしれっと年を取るのもそれはそれでダサいというか……、なんというんでしょうね、そういうことで他人から関心を持たれているかどうかの確認を行うほどの価値を持っている人間ではないだろうと思うし。  とにかく、23歳の1年って、結構人生の中で重要な気がするので、ちょっと頑張りたいなと思います。  いや、高校とか大学は別に受動的に流されているだけでも卒業できましたから、別に頑張らなくても言われたこと与えられたことこなしてるだけで十分だったんですよ。特に大学は、バイトと授業っていう与えられる課題量がおそらく他人より多かったこともあるし。  ここからの2~3年くらいは能動的に動いていかないといけない、何もしないと押し流されて落ちていく予感があるので、前に進んでいかなきゃな、と思います。  でも2年ぶりくらいにメドレー作ったり10年ぶりに小説書いたりして再確認しましたけど、私、大学の時かなり忙しかった気がします。  やらなきゃなあという思いはあったし実際本当に(スプラとかブログを完全に捨てて)頑張ればやれたとは思いますけど、でも実質的に空き時間のほとんどをバイトに充てる状態だったから、他のことができなかったのもある程度は仕方ないのかなあとも。  そこそこ厳しい大学で単位一つも落とさずに月10万稼いでたの褒めてほしい。その代わりサークルとか大学で友人を作ることは捨てたし就活と合宿免許は落としましたが!  そういえばこのブログを始めたのが12歳なので、来年にはいよいよ人生の半分以上このブログと付き合っていることになるわけです。  私みたいにブログ黎明期に乗っかって小学生の頃にブログ開設してそのまま惰性で続けている人間ですら、まだ人生の半分も通過していないことの違和感の方が大きいのですが……  そう考えると、人生の半分以上を一つの何らかの著作物とともに生きている人間って案外多くない気がしますね。ZUNさんだって0歳からトータルしたら東方作ってない時間の方が長いのでは。調べてないですけど……。 --------------------  オードリー若林さんの『ナナメの夕暮れ』読みました。  面白かったけれど一方でなかなか読んでいて苦しいところも。若林さんがだんだんと社会の生きづらさを克服していくのは、もちろん理解できるし、それを裏切りだとか思うことは全くないけれど、  いつかは自分もこういう風に若い人のことをもてなす側だと考えたり、エネルギーがなくなって社会を維持しようと思う側についてしまったりするのか。そうはなりたくないけれど……難しいんでしょう。  自分の嫌いな大人に自分はなりたくない……と図らずも『D.C.GARAGE』とリンク。  自分はもうある程度ナナメ目線に折り合いをつけたような気でいるのですが、その対象がインスタ映えやナイトプールがどうの言ってるリア充ではなく、それを揶揄するインターネット上のマジョリティーに変わっただけで、他人の楽しみにケチをつけるタイプの人間であることには変わりがない気もしています。  やっぱりソシャゲのガチャがどうのとかツイッターのクソリプ投げ合いとか気持ち悪いって思ってしまいますからね。  自分の中のそういう反抗心が消えるまではそれと向き合って生きていくしかないと思います。  そういうものに折り合いをつけて生きるのは恥ずかしいことだと、今は信じているし、それはもっと大人になったら自然と思わなくなることなのでしょうけど、頭でわかっていることと心はまた別なので。  最近同じ会社のバイトで入った人に指示を出したりすることがちょっとだけ増えてきて、もちろん仕方ないことだから嫌ではないんですけど、それを指示できるような立場にあるのかどうかみたいなことはやっぱり考えてしまうし。  年下のバイトの子とかにもちゃんと敬語を使っていきたいです。  部活に所属してなかったので、相手が敬語で自分が敬語使わないっていう関係性で他人と接したことがないんですよね。大学のサークルでは自分より後輩が入ってこなかったし。強いて言えば弟の友人に勉強教えてた時くらい?  そういう関係で他人に接することができる人って、年齢が上というだけで無条件で相手より自分が優れていると確信を得られるのであればうらやましいメンタルの持ち主だなあって思います。  私は年齢の上下で相手より偉かったり偉くなかったりすることは全くないと思っているし、中学生とかならともかく大学生より上はもう20歳も60歳も等しく一人の人間だと思ってるので、そこに対して敬語を使わない発想はないんですけど、  でもだんだんと自分が年をとるにつれてそんなことも言っていられなくなるのだろうなあ。  今週の『Creepy Nuts ANN0』でしれっと「俺らももうそんなに若くないもんな」みたいな発言が飛び出したのもドキッとしました。平成1桁生まれとかもう老害でしかないという自己認識はしていかなければ。 --------------------  唐突に最近聞いてる最高な曲貼ります https://www.youtube.com/watch?v=M_Bc81OSHl0  『Nekomimi Girlは今日もパーティ』  クセになりすぎる……最初から最後まで好き。YouTubeで関連動画に表示されるたびに再生してる。  毎年やってる「今年のお気に入り30曲」、今年ヒトリエと米津さんが新曲出さなすぎて相当寂しいことになりそうだし、こういうSoundcloud系の曲がバンバン入りそう。  どちらもシングルが出るのでそれは楽しみですが。ヒトリエなんてアンノウンマザーグースから1年音沙汰ないから結構不安でした。  バンドはどうかわからないけど、地下アイドル追ってると契約解除とかレーベル変更とか当たり前のように見るからな……まあヒトリエの動員ならそうそう切られることもなさそうですが、BORUTOタイアップでいい加減売れてほしい。カップリングにワールズエンドダンスホールカバー入れるくらいの形振り構わなさを見せてほしいw あとガルパに入ってください。 --------------------  8月は結構アクセス数やAmazonのクリック率その他が良い感じでした。  とはいえ今こんなに商品が売れてるのただSurface記事パワーでしかないのですが……。こうやって定期的に更新してることがSEO的に多少なりとも貢献していれば良いですけど、更新しなかった今月上旬もそんなにアクセス落ちなかったので関係なさそうです!  まあちょっとサボりすぎたので戻していきます。  今後ともよろしくお願いします。 ...

comment  0
favorite  0
解説記事 3年前

『青ブタ』アニメ化記念・青春小説コンテストに参加しました

9月になりました。  いろいろあってブログ更新が遅くなってしまいましてすみません……。  いつもと違って本当にいろいろあったのですが、ここ2週間ブログ更新が滞った最大の理由として、  小説を書いてました。  いや、ほんと、もう誰も覚えていないし私も積極的に隠していることですが、このブログの「Our Story's Diary」という名前は、自作小説を載せていたところから始まっていたりしまして、  とはいえもう小説なんて10年くらい書いていないんですけど。  10月からアニメ化される『青春ブタ野郎』シリーズの、二次創作小説コンテストが開催されるというのを見まして、  「思春期症候群をテーマにしつつオリジナルキャラを使ったほぼ一次小説コンテスト」かつ「原作者・鴨志田先生が選考に参加」という、結構凄い条件になっていて、  せっかくだし勢いで書いてみました。……勢いで、というか、何となく手を出してみたらだいぶ苦戦して2週間くらいかかったのですが……。 https://kakuyomu.jp/works/1177354054886731340  『砂時計少女は愛されバタフライの夢を見ない』というタイトルです。  もちろん、最近全然小説書いていないような人間が食い込めるようなものでもないでしょうから、  正直入選することなんて全く期待してないし、コンテストの結果もどうでもいいのですが、  こういう機会でもないと小説なんてなかなか書かないだろうし、自分の大好きな作品だし、テーマ的にも自分の書きたいことをうまく盛り込めるフォーマットだと思ったので、参加してみました。  これのPV数とかが結果に関係するのかどうかもよくわかってないのですが、  まあ興味のある方は読んでください。お願いします。  ストーリー的に面白いかどうかというのを二の次で書いてしまったので、読んでどうかよくわかりませんが……。  テーマ的には完全にこのブログでいつも書いていることだし、というかこの前の青春高校絡みでプチ炎上した後に書いたことが割とそのままぶち込まれてるし、  要するに青ブタ関係なく自分の思想が漏れ出してるだけなので、果たしてあれを小説と呼んでいいのかという疑問もあるくらい、  割と書き上げた時点で目的が達成されたタイプの自己満足なので、ぶっちゃけ読まれても読まれなくてもどっちでもいいです。 --------------------  そういうことなので、たぶんこれは誰も読まないと思うので特に解説とかもしないつもりです。  自分の作品について作品外で語るの大好き人間なのでいろいろ言いたくもあるのですが、一応コンテストだし、二次創作だし、そこそこにしておきます。というか短編だし特に裏話とかもない。  あ、ただ、このコンテスト5000字制限なんですけど、  なぜか前日まで1万字制限だと勘違いしてまして。  8月8日の夜、夜行バスの中で書き上げて、何とか1万字に収まったー! と思って要項見たら5000字って書いてあって、完全に詰んだと思いました。  で、どうしたかというと、思春期症候群パートを全部削りました。  前半の5000字で、主人公が不思議な現象に巻き込まれ始める部分を書いてたんですけど、全部捨てて、いきなり内容の相談から入りました。  まあ、本当に書きたいことはSFパートではなかったので、結果的には無駄が削ぎ落されて程よくコンパクトに収まったかもしれない……。唐突な展開なのはそういう感じです。  あとタイトルも大変でした。本家のタイトルを踏襲するかどうかが特に、他の参加者の方もかなり悩んだんじゃないかとw --------------------  小説もまたそのうち書くかもしれません。短編は本当にきつかったので、できれば長編で。楽しかったです。  そして青ブタアニメ化が本当に楽しみ! 10月なんてだいぶ先だと思っていたのにもう来月です。ろこどる並みにタイトル切りされそうな作品ですが、何とかたくさんの人にその面白さが伝わりますように。  禁書3期もSAO3期もあるし、10月は楽しみなことがたくさん。何とか生きていけそうです。 ...

comment  0
favorite  0