ひとりごと 3年前

ブログ納め

2018年が終わります。最後の更新です。  「最終週は毎日更新する」みたいなことを言っておきながら、なんと、3回。雑魚。  ただ年間の更新数で見ると、2016年が112回、2017年が122回、2018年が118回で、良い感じに収束した感じがあります。まあ、1~4月で54回なんですが。明らかに仕事始まってからブログ更新に力を入れられなくなった感じがあって、それはたぶん来年も変わらないと思います。  というかまあ毎日がローテーションでしかなくなっているので……。  ただ来年は週1でその週のテレビ・ラジオのこととかまとめる記事を恒例でやった方が良いかもしれないなと思いました。どうせほぼ日手帳とか続かなかったし。  あとレビュー記事で触れた『Fitbit Versa』と「Surface Connect to USB-C dongle」のレビューは今書いてる最中なので来年上げます。

2018年のエンタメ

 音楽とゲーム以外は単独記事上げる余裕がなかったのでさくっと。  今年で言うと、テレビはやっぱり『オールスター後夜祭』と『水曜日のダウンタウン』、『クイズ☆正解は一年後』。  モンスターハウスの最終回ちょっと凄すぎた……。「平気で嘘をつけるクロちゃんがモテてハーレム状態になる」というテレビ史上見たことのない流れから、「嘘をついたこと、全員に手を出そうとしたことがきっかけで結局全員から振られる」という、寓話のような教訓オチ。  平気で嘘をつける、自分の利益を優先できることで他の2人に先行していたクロちゃんがフラれて、蘭からの告白を軽はずみにOKすればいいものを真面目すぎて振ってしまったせいでクロちゃんにとられた大雅が、二股かけなかったおかげで莉音と付き合う。あまりにもできすぎている……。  その後の国民投票ゲージぶっちぎりからとしまえん大混乱の流れも圧倒的。  視聴率40%の紅白の視聴者投票に肉薄する投票数。水曜日のダウンタウンがいかに若者に支持されているか、視聴率がどれほどアテにならないか。リアルタイムでテレビの前にいて、ながら視聴などではなく真剣に観ていた人たちが280万世帯もいた。平成最後の年末にテレビの底力を見せつけた。Twitterの自分に近いTLだけ見ていると、まるで水曜日のダウンタウンよりもゆくM@SくるM@Sの方が人気であるように錯覚してしまいますが、そんなわけがなかった。    水曜日のダウンタウン、2018年の失速感を吹き飛ばしたモンスターハウスが終わってしまって、また2019年が不安にはなりますが、きっとまた面白い企画を考え付いてくれると信じています。  あと本家『TERRACE HOUSE』も面白かった。反面教師コレクション。  毎週観てたテレビは結局『水曜日』と『テラスハウス』だけかも。TVerで『相席食堂』ほぼ毎週、『激レアさんを連れてきた』『セブンルール』はトーク中心に観てたけどここ数ヶ月は観てない、後は『ゴッドタン』『ひらがな推し』の面白そうな企画(スナック眞緒とか腐り芸人とか)だけ。月イチで『久保みねヒャダ』も一応毎回観てたかな。  あ、あと夏くらいまでは『青春高校3年C組』も観てた。思い出したくもないけれど。アイドル部やライブなんかが盛り上がっていることは聞こえてくる一方、不登校になった子が出ていたりまあそれはそうだろうなと。  あんな形で精神的にも肉体的にも異常な負荷をかけて番組のために尽くすことを強要していたら、そりゃバラエティ適性が覚醒して売れる子も出るだろうけど、その過程で心折れて人生終わる子も大量に出てくるだろうし、当然スタッフはそういうものを全て自己責任で片付けてしまうのでしょう。  ラジオは……週7本くらい聴いてたと思いますが、『Creepy NutsのオールナイトニッポンZERO』が一番楽しかった。リスナーとの削り合い、レベルの高い投稿ネタの数々。  中でも去年のアルピーのボイパ王決定戦の進化系のようであった『新メンバーオーディション』、「肩で出た話」「エセ関西弁ツッコミ」「アナルスロット」と全編通して最高を更新した『ハロウィン回』はぜひ一度聴いてほしいです。何とかもう1年続いてほしい……。  他には『オードリーANN』の「元旦の南沢奈央回」、『アルピーDCG』の「ファルコン脱退SP」という飛び道具は別にして、アルピーdcgのスペシャルウィーク企画『TBS独占スーパーナイター中継!』『結成!地球防衛軍!』が記憶に残っています。あとはハライチのターン、ヨブンのことはもう毎週面白かったので割愛。  やっぱり記憶に残る企画があるのはスペシャルウィークで、それがあることで通常週が引き立つ。スペシャルウィーク企画が聴取率に貢献していたかはともかく、ラジオの視聴習慣を維持するためには貢献していたと思うので、それを廃止したTBSラジオは明らかに失敗だと思います。  あ、YouTubeで過去のアルピーANN0とか朝井リョウ・加藤千恵のANN0とかを馬鹿みたいに聴き漁ったのも今年。仕事中ずっとラジオ消化していた1年でもあった。アルピーANN0、毎週面白かったけど特にジーパン飯とホームアローン回は名作なのでぜひ探して聴いてほしいです。  あとは……映画は『勝手にふるえてろ』『若おかみは小学生!』どっちも最高だった。  他には『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』も観ました。良い作品。ただ、それを受け取って自分の中で何かを考えることに意味があるのか(そのメッセージを受け取って何か変わらなければならないのは私ではないし、変わるべき人間はその映画を観ても自分が反省すべき人間だということに気づかない)という自問もしました。  アニメは『宇宙よりも遠い場所』『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』、どっちも良い作品だった……。もうアニオタとはとても自称できませんが、だからといって別にアニメ嫌いではないので面白そうなものにはアンテナを張っていたい。『ハッピーシュガーライフ』『異世界魔王』あたりは1話だけ観て全然ハマりませんでした。  ここ数年は特にエンタメを摂取するばかりになっていて、単なる視聴者になろうとしている、それはそれで悪い人生ではないとも思う、そういう人の方が多いし。でも自分はそうありたいわけではないので、何とかそういう自分が面白いと感じるインプットを誰かに面白いと感じさせられるようなアウトプットに変換できる方法を、見つけていきたい、そうしなければならないと思います。

今年の個人的10大ニュース

 大したことがあった年でもありませんが、これは一応恒例にしていきたい。 1.卒論を書く・卒業する(1~3月)  これが今年であることが信じられないのですが、どうやら大学に在籍していたらしいです。もう二度と戻れない。 2.就職する(4月~)  4月以降は逆に一瞬だったようにも感じられます。特に下半期が本当に一瞬だった……。 3.加賀温泉郷フェスソロ参戦(7月) 4.カプセルホテルにハマる(6月~)  結構これ大きいなと。初めての一人旅……は一昨年ハワイ行ったけど、夜行バスで移動して、旅館に泊まって、みたいなのは初めてだったので。旅行の空気もあって今まで観たリリスクのライブの中で一番楽しかった。  新宿ロフトプラスワンでイベント参加してそのままカプセルホテルに泊まって、みたいなことも含めて、自分の行動の選択肢が広がったような気がします。それは金銭的な部分であって、時間的・体力的な拘束から実際に取れる行動は減ったので、だからこそどう動いていくかが大事になった。 5.青春高校絡みで炎上(8月)  こいつ2年に1回くらい炎上してんな。Twitterだったりインターネットだったりの魔力と自分の性格の相性の悪さを定期的に思い出しては絶望する人生です。 6.ニコニコに久々にメドレー動画を投稿する(6月、12月) 7.青ブタ二次小説を書く(9月) https://www.youtube.com/watch?v=trmGbWomWmU https://www.youtube.com/watch?v=xi5zGc9d_Hg  何かを取り戻そうとしてうまくいかなかった1年でした。  バイトと授業に追われ続けた大学の頃よりもメリハリが付いて活動できるようになったけど、だからといって精神的な余裕がないと何も作れないし、自分が作るべきものはこれではないなという、その再確認のための1年でもあったように思います。  メドレー制作は好きなのですが、好きなものを作ってもそれを楽しむ人、刺さる人が少ない。それはつまり、自分が面白いと思うものを面白がる人が残念ながらニコニコにはあまりいないということを知ったので、自分はニコニコメドレーではないところでアウトプットを目指すしかないと思いますね。  それがわかりながら12月にもまたリベンジしてしまったのは、6月の制作時点ではまだ作ること自体を楽しめたからだと思います。もしかしたら伸びるかも、という希望を持って作れたので。  12月の『超新星祭』は正直最後の方苦痛しかなくて、特に『宝島』が伸びた時点でもうこれは要するに100%伸びないものを作るために毎日頑張っているなと、  そして実際に上げてみたら自分の期待を大きく下回る伸びなさだったのでもう終わりです。 8.祖母が亡くなる(9月)  父方の祖父は自分が4歳の頃に亡くなったので、ちゃんと近い親戚の死を感じるのは初めてでした、が、こんなに悲しくないものなのかという驚きがありました。年に1回しか会わない相手だったから、そこまで変わらないというのもありますが、そんなことを書けてしまう時点でだいぶヤバい。  それはそれとして、逆算して20~30年後には両親も死んでしまうし、それは全く予期しないタイミングでいきなり死んでしまうことも全然あり得るという、そのあたりの現実味は増してきたような、それでも信じられないような。 9.父親が●●●に●●●して●の●●●いをきっかけに●が●●●になる(9月~) 10.就職相談で自分の年収がエンジニアの平均より●●●万ほど低いことを知らされる(12月)  9はだいたい上の記事に書いてありますが。  地獄だった。そして今も地獄が続いている。  10は伏字の桁数でだいたいわかってしまうw  自分の人生があとだいたい60年くらいあって、その中であと40年くらい働くとして、  弟が全員就職するまであと×年で、母親が定年になるまであと×年で、と計算していくと、もう常にまとまった収入が必要な時間が続いていくわけで、鬱でしかない。当然、結婚とか子供とかあり得ない、どころか今の収入だと誰かと付き合って毎週デートして、みたいなことも非現実的。  中学生の頃のようにマックで待ち合わせてカラオケで1日潰してサイゼで終わるデートはたぶんできないのでしょうし笑、それで同棲とか考えだすと一気に月10万とか支出が増えて、それはちょっと厳しい。まあ相手がいないので皮算用ではありますけどw  そういうことを考えていくと未来に何の希望もないです。  いつの間にか自分に自殺する選択肢すら取り上げられている、そう考えるとメンヘラって10代にのみ許された特権なのかもしれません。

今年の総括と来年の展望

 まあ本当に今年は一瞬で過ぎ去っていきました。それに尽きる。  4~6月は割と仕事のことで鬱だったりもしましたが、そのあたりは秋頃からある程度の割り切りができるようになってきて、会社での適切な振る舞いもわかってきたし、電話に出たりメール返したりも一応できるようになってきました。嫌なのは嫌なままですけど。  だからこそ今の何の変化もない毎日が続いていくことを良しとしてしまいそうな自分がいて、でもそれは緩やかに死を迎えるだけでもある。転職とかも少なくともそれができる準備はしておかないと、本当に金銭的な面でどうしようもなくなった時に動けないし。  いよいよ来年は12周年、自分の人生の半分を超えることになります。  最近だんだんと、ブログに何かを吐き出さなくても生きていけるようになった自分にも気づいているので、更新頻度に関して戻せる保証はありませんが、それでもこのブログはやっぱり自分にとって必要な場所ではあるので、もう少し守っていきたいです。お付き合い頂ければと思います。  さしあたって、2019年、このブログに関して、とあるプロジェクトを考えています。2019年というかこの年始休みでやりたいこととして。年末は意外と忙しかったので……。お楽しみに。 ...

comment  0
favorite  0
おすすめレビュー 3年前

2018年買って良かったもの&遊んだゲーム

こちらも恒例のまとめ記事。ですが、今年はおとなしめ。  買ってもそれを使いこなす時間がないのと、社会人になったことで逆に人生設計とかを考えるようになった。  旅行に行ったりとか、カプセルホテル泊まったりライブイベント行ったりという体験・時間にお金を使うことが増えたし、  収入を得たことで調子に乗って家族の食事を軽率に奢ったりしてたら意外とお金が貯まらないことに気づきました。が、別にそれを親にちゃんと立て替えてもらったとしても、それは将来的に仕送りする額が増えるか相続する額が減るかの話なので、そこはどっちでもいいと思っています。

Fitbit Versa

 買ったの割と最近ですが。  昨年買ったGear S2は非常に良いスマートウォッチで、正直不満もそんなになかったのですが、Paypayに釣られて買ってしまいました。  とにかく電池持ちが正義。2泊3日の旅行から帰ってきても40%残っているのはびっくりしました。旅行に充電器をもっていかなくて良いというだけで、時々日本語メールが文字化けするなどの不満を補って余りある。そのうち(できれば明後日)レビュー記事書きます。

Surface Pro (2017)

 会社の経費なので厳密には買ってないですが。Pro 4と見た目も中身もほぼ一緒ですが、電池持ちが良い。それだけで圧倒的な価値があります。……Fitbitと同じこと書いてる。  正直i5の性能向上は全然ピンと来ないです。Pro 6ならコア数上がってるので感じるのかもしれませんが。キックスタンドの安定感は確かに上がっている。  Surface Pro 6も欲しいのですが、今Pro 5で困ってないのと、来年モデルチェンジが予告されているPro 7が出たら、Pro 6が一気に古く見えてしまってスタバでのドヤ顔戦闘力が下がってしまうことを考えると、今は待ちかなあ、というところ。来年の昇給次第でもある。どうせ買うなら、夢のi7 16GBを手に入れたい。

Surface Connect to USB-C dongle / cheero Power Deluxe / Aukey USB アダプター

 これもレビュー記事書いてる途中なのですが、良すぎます。良すぎるんですが、海外Amazonだったり楽天市場だったりで貼れるものがない。  ざっくり言うと「USB-C Power DeliveryでSurfaceを充電できるようにするドングル」「USB-Cで充電できる大容量モバイルバッテリー」「電源アダプター」  3つセットで買うことで、Surfaceのでかい充電器を持ち歩くことなくカフェでも充電できるしモバイルバッテリーでどこでも充電できるようになりました。最高  Surface Proのバッテリー改善と合わせて、大学の4年間ずっと戦ってきたSurface充電問題がついに解決した年と言えるのでは。本当に、今から大学生になってSurfaceデビューする人がどれほど恵まれているか……。

Switch Pro コントローラー

 Splatoon 2。もうJoy-Conには戻れない。すぐに壊れそうですが、Joy-Conも同じくらい壊れやすいのでセーフ。

Qiワイヤレス充電パッド、AirPlus

 AirPodsをワイヤレス充電するケース。初めてクラウドファンディングで入手しました。  クラウドファンディングというだけあって作りはなかなか甘く、蓋が結構早めにガバガバになったりしたのですが、完全ワイヤレスイヤホンなのにライトニングケーブルが必要という片手落ち感の解消は何物にも代えがたい。  というか、スマホ(Android)との共通規格であることに何よりも価値があるんですよね。  会社にQiワイヤレス充電器を置いておいて、Surfaceのアダプターに差しっぱなしにしておけば、勤務中にスマホとAirPodsを交互に充電して帰れる。休日だけ充電パッドを持って帰ってる感じです。家ではAirPodsはほとんど充電したことがない。

ゲーム

 別々に記事を書く時間と分量がないので駆け足で。  正直ここ数年ゲームは弟が遊んでるのを眺めて追体験するために買ってるみたいなところがあります。いろいろ書いてますが毎日スプラしかやってないですからね。スマブラ出た翌週も兄弟で数戦遊んだ後は普通にスプラしてた。

ドンキーコング トロピカルフリーズ

 Switch版。クリアしてない。  ドンキーに関してはさすがにお布施のつもりで全部買います。あと、今後携帯しやすいサイズのコンパクトなSwitchが出て、今は家庭に据え置いているSwitchを毎日持ち歩くようになって、  かつ通勤に使ってる某路線の混雑が何かの間違いで緩和されて座って通勤できるようになったらやるかもしれません。

ぷよぷよ e-sports

 安すぎて買う一択だった。モード少なすぎてストイックな戦いしかできないけどまあ500円ならアリ。

R-TYPE DIMENSIONS

 スーファミ世代なので買いました。ほとんど遊んでないです。  こういうのは弟と一緒に眺めて「あー懐かしい~~~」っていうだけで1000円の元は取れてます。スーファミのシムシティとかスパボン1~5みたいな、どこが版権持ってるのかもよくわからないやつのリメイク、高くてもいいから気軽に出てほしい。

大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL

 一人ではやる気になりませんが、この前の旅行で友人と無限に遊んだら無限に楽しかったのでやっぱ最強のパーティーゲームだなあと思います。キングクルールも出たし、文句なし。いややっぱりディクシーも出せ。

Splatoon 2

 ほぼ毎日やってた。週3を切ったことはほとんどないんじゃないかと思うほどにずっと。  ずっとやってたけどゲームとして褒められるかといえばそんなことはなく、ずっと愚痴と怨嗟を履き続けた1年だったと思います。Splatoon一人でやってる時の自分の口汚さはちょっととても他人には見せられないw  一時期我慢しようと思った時期もあったんですけど、「嫌なことがあった時にそれを口に出さずに溜め込まなきゃいけないんだったら会社と一緒じゃん」ということに気づき、むしろ心置きなく他人を罵れること自体が悦びであると捉えることにしました。上司がクソでも「クソが」とは言えないけど、スプラで味方がクソなら「クソが!!!」と言える。それを隣にいる弟にいつも白い目で見られています。  楽しい楽しくないという次元を超越しつつありますが、たださすがに最近面白くなさすぎて遠のいています。面白くないというか勝てなさすぎて。バランス調整が一向にまともにならないのは何なんでしょう。メイン性能アップもただブキ格差広げるだけだったし、ラピブラみたいな燃費ゴミで他のギアに枠を割けないブキにとっては弱体化みたいなもの。  新サブのトーピードも、おちばシューターとの相性が良いから暴れてただけで、ラピブラとは全然相性良くなかったので、弱体化されるといよいよラピブラベッチューが救いようのない感じに。スキンの倍率弱体化で消滅したメガチルタリス状態。だったらおちばシューターのタンク元に戻すだけで解決だったのに……。  ポイズンミストという残念サブは未だに救済されないし、もうちょっとイライラだけが募る。  新ブキ追加も終わったので後はアップデートに期待。  そんな感じで不満はありつつも、やっぱり今でも会社から帰ってきた夜にわざわざSwitchを付けようと思うのはスプラトゥーンしかない。  Splatoon 3が早めに出ることを祈ります。いや別に大型有料DLCとかでもいいんですけど。  任天堂的には年間で1~2本キラータイトルを出せればいいのでしょうし、今はスプラ開発チームがどう森作ってるからスプラ3は早くて2020年だと理解はできますが、  遊んでる身からするとSplatoonの代わりはSplatoonしかない。移る先もない。  ドラクエ8・ポケモンORAS・スマブラforの残念さでもう自分がゲームに興奮することは一生ないんだろうな、と思っていたところ、Wii UのSplatoonで奇跡的にゲーム熱が復活したので、  Splatoon3が5年後とかになるなら普通にゲーマー引退だろうなと思います。友達と会った時とかで半年に1回スマブラやる、とかはあるでしょうけど、それはゲーマーではないし。

ドラガリアロスト

 ソシャゲの時間の無益さを教えてくれてありがとうという感想に尽きる。悪いゲームではないんですけどね。合わなかった。

ガルパ、ミリシタ、ポケGO

 ドラガリ効果で全部止めた時期もありましたが、ちょくちょく触ってます。ポケモンGOはやっぱり電車の中とか出先で立ち上げたくなるのが強い。音ゲーと違って集中する必要もないし片手でできるし、ジムバトルやらなければ時間の拘束もない(1分とかですぐに止められる)ので、隙間時間を潰すお供としては最強。  ミリシタはかなしほフェスガシャで2ヶ月ぶりにログインしたら無料10連でフェス限志保引けたので終わりです。……嘘です。覚醒値上げのためにひっさびさにスタミナ回してます。知らない曲ばっかりで楽しいですが、ちょっと知らない曲が多すぎて逆に何からプレイしたらいいのかわからなくなっています。  ガルパはもう生放送だけ観るのと、面白そうな回だけアフラジ聴くのがメイン。最近のカバー曲に全然惹かれなくて辛い……。エクストラマジックアワーは良かったけど。雪まつりコラボに期待したいけど、どうせSNOW MIKUテーマソングとかグリーンライツセレナーデとかでしょうし。  ミリシタと違って好きなキャラがいるわけではないので、「このキャラのガチャが来たから」みたいなことで復帰する動機にならないのが辛いところ。 --------------------  とりあえずこんな感じでしょうか。なんか忘れていたら追記します。  来年は……Surface Pro 7かSurface Go欲しい、とかありますが、根本的にお金がもっと欲しい。下手に金銭的に買えてしまうと逆に買う必要性だけで悩むことになって困りますね。学生時代は「今月バイトたくさん入ったし買っちゃえー☆」みたいなことがテンションでできましたが、毎月安定して20万以上入ってくるとお金は常にあるからこそテンションも上がらない。ボーナスが欲しい……。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 3年前

2018年個人的ベストソング25

今年もこの季節ですが、今年は去年ほど暇ではないし、そもそもそんなに好きな曲がなかったので25曲に減らしました。あと、ランキングもカウントダウンで説明に戻しました。  正直そこまでして続けるべきものなのかという疑問もあるのですが、とはいえ2010年から続けていて今年で9年目ともなれば辞めるわけにもいかないわけなので続けます。    ちなみに2018年じゃなくて泣く泣く切ったのは、 クマリデパート『ピアノ』 https://www.youtube.com/watch?v=-njVLDujvkg うさぎのみみっく『シンメトリック』 https://www.youtube.com/watch?v=Q8Lb2oLM3HU Fullfull☆Pocket『東京少女』 https://www.youtube.com/watch?v=LghMo0Bp33U など。    ところでYouTubeリンクですけど、今回もうほぼ全曲YouTubeにあってキリがないのでトップ以外は埋め込み省略してリンクだけにします。  

25位~21位

25. おやすみポラリスさよならパラレルワールド / でんぱ組.inc  でんぱ組。人数の増減もありつつも、電波曲の第一人者なのは変わらず。お洒落なピアノといい、「でんぱ組=ピコピコ」というイメージを外してきたのが  あとカップリングの『ギラメタスでんぱスターズ!』も良かったです。ヒャダインが「ポケモンとテレビについて語る人」としての仕事がメインになって久しいものの、やっぱり良い意味でくだらない歌詞を書かせたら最強だなあと思いました。ニコニコに新曲とか上げないのでしょうか。   24. ワンルームシュガーライフ / ナナヲアカリ / ハッピーシュガーライフ  ナナヲアカリさん×ナユタン星人。曲も声もビジュアルもキャラ付けもあざとい。オールナイトニッポンでパワープッシュされてたこともあって気に入りました。  ただ、この人のYouTuberやってみた動画とか観てると、これがオタク界隈で人気ならやっぱりVTuberは一過性のニッチなブームで終わるんじゃないかと思わずにはいられないのですが。  アニメ声優が10年かけてただのアイドルになったように、最終的にVTuberやりつつコスプレで顔出しもできる人が総取りしていくような未来が……。 23. TEENAGE RIOT / 米津玄師  米津さん。紅白おめでとうございます。  米津サウンドは2016年あたりまでは確かに毎年最高を更新していたと思うのですが、  個人的に米津さんの魅力の1つであった「wowaka&ハチが完成させたボカロっぽさを損なわずにJ-POPに持ち込む」という路線は『LOSER』で完成されてしまった感じがあって、  今年に関しては、明確にポップス度を高めた『Lemon』のような曲は良いものの、そうでない曲が劣化YANKEEになってしまった感じがあってなかなかに辛いです。さすがに今後米津さんが私の中で更新されることはないんじゃないかなと。  このTEENAGE RIOTも正直LOSERやNeon Signと比較するとパンチに欠けるような……。  それはサウンド的な問題というより、社会性を手に入れることで狂った成分が減ってしまったのかもしれません。『Flamingo』と『ホラ吹き猫野郎』あたりを比較すると。 22. アディショナルメモリー / じん(自然の敵P)  ついに復活したカゲプロ。と言いつつ、去年の失想ワアドはそこまで刺さらなかったのですが。  『アヤノの幸福理論』のフレーズの引用、に入る直前のAメロ終わりのピアノの「ッデッデッデッデッ」みたいなフレーズが凄く好きです。 21. 有頂天 / ポルカドットスティングレイ  明るい。ポルカの新境地。  ポルカのクール系では『テレキャスター・ストライプ』を超える曲は未だに出てないと思ってますが、別ベクトルでそれを更新したとは言えるのではないでしょうか。  東京03というキャストも嫌味がなくて絶妙。  でもブラスバンド導入してみたり、バンドサウンドから離れていくあたり、ひょっとしてセカオワフォロワー? 良い悪いではなくて驚いています。  芸人を起用する感じも、どうしてもファンキーモンキーベイビーズが脳裏に浮かぶ。  

20位~16位

20. ヒューマノイド / ずっと真夜中でいいのに。 / 正しい偽りからの起床  あざとい。セルフプロデュースがどうにも完璧すぎる。  この声が出せてこの曲が作れたらボカロ系の客層を全部持って行けてしまう。来年アニソンEDタイアップとか取れそう。  ずとまよはPlay Musicでアルバムも全部聴きましたがこれが一番好きです。『雲丹と栗』の歌詞の意味のわからなさも好きですが。 19. New Stranger / sora tob sakana  オサカナ。  アニソンタイアップ取れてしまったけど、そう簡単には売れなかった。  オサカナとかブクガとか、このレベルで神曲連発してしっかりタイアップも取れて、それでも売れない。  まあこれらの曲が大衆に売れたらそっちの方がおかしいんで、米津さんみたいにある程度割り切って捨てるか、貫き通すかの問題になってしまう……。 18. High5 / lyrical school / WORLD’S END  初公開ライブ行きました。リリスクの曲は本当にライブ楽しい。ノれる。  「インとロー 陰と陽 金・土曜あたりのシンドローム」あたりから歌詞の完成度がダジャレをちゃんと超えてる。  リリスクも今年は良い曲たくさんあったけど、去年のベストソング記事で「来年はGIRL’S QUESTとNOWが上位確定です」って書いたのにまさか未だに音源化されないとは思わなかった。はよ。 17. 花ざかりWeekend✿ / 4Luxury / アイドルマスター ミリオンライブ!シアターデイズ ...

comment  0
favorite  1
ひとりごと 3年前

取り返し

1週間が終わりました。なんだか妙に長かったような、そうでもないような。前にも書いた気もしますが、平日は一瞬で過ぎていって休日はもっと一瞬で過ぎていって、このまま死んでいくのだろうなと思います。 --------------------  スタバ。この冬の個人的ヒットはもう「ジンジャーブレッドラテ+ソイミルク変更」でした。たくさん飲んだ。  20181221_210328_HDR  こんなにハマったのは去年夏の「コールドブリュークリームフロートラテ」以来。ジンジャーラテは毎年冬に出るようなので、来年も期待しています。  そして次の「ゴマ ゴマ ゴマ ラテ」も期待しています。フラペチーノの方、貯めまくったRewardsチケットを久々に開放する時期かも。 --------------------  最近のこと……相変わらずラジオとテラスハウスとモンスターハウスが面白いです。  モンスターハウスは面白いというかなんというか……  「クロちゃんは罰を受けるべき」みたいな感想がネットに溢れてますけど、今回に関しては真っ当に恋愛して真っ当に落としてるので別に叩かれる要素もないような。嘘をつくのは犯罪ではないし、恋愛で嘘をつくのって別によくあることだし。それがナチュラル過ぎるのも、率直に凄いなあ……という感じ。  テラスハウスのことを『ヨブンのこと』で朝井リョウさんがテラスハウスは「反面教師コレクション」として楽しむコンテンツだと語っていましたが、モンスターハウスにおけるそれはクロちゃんではなくそれ以外だと思うんですよね。  あんなにカッコいい大雅が、蘭にキスされてからの対応の不器用さでクロちゃんに乗り換えられる流れなんて、まさに。  「そんなにイケメンじゃなくてもモテる人」「イケメンなのにモテない人」のお手本としてこの上ない番組になっているように思いますし、  女性にとっては「あんな男に騙されてはいけない」という意味での反面教師。客観的に見たら明らかにヤバいけど、自分に対して客観視できないのが人間なので。  ちなみに本家テラスハウスも、今週のFOD配信分は反面教師力が非常に高くて副音声も大盛り上がりの神回ですので、ぜひ観てみてください。そして興味を持ったらNetflixに……。 http://fod.fujitv.co.jp/s/genre/variety/ser2444/  ラジオはTBSラジオがスペシャルウィーク止めてしまったことで盛り上がりに欠ける感じ。ああいうやり方でドーピングしてたら聴取率調査が有名無実になってしまう、というのはそう思いますが、聴取率とか関係なく、2ヶ月に1回イレギュラーなイベントが起こることでマンネリ化を防ぐ意味があったので、止めたのは悪手なんじゃないかなあと……。  短期的に課金額が減らなかったとしても、イベントのスパンを長くしたり復刻イベントを増やしたソシャゲが必ず衰退していくのと同じで。まあニッポン放送も別次元に残念なので聴取率首位を脅かされることもないでしょうけど。  とりあえず次回以降のスペシャルウィークでも0時台3兄弟の生放送が維持されるのかが気になります。 --------------------  メドレー作りました。  この1ヶ月ブログ更新が少なかった主な理由です。  このブログを定期的に読んでる方が仮にいるとして、そういう方はニコニコメドレーなんて興味がないでしょうから、ブログの中で並列に扱うのがなかなか躊躇われるのですが……まあ興味があったら観てやってください。  今メドレー作るのはどうなのだろうと思いつつ、前回の成功体験というか、楽しかったことが忘れられなくてこうなりました。次回どうなるか……まあそれはまたこのブログを汚染してしまう解説記事の方で書きます。  ただ、エンディングの方はいよいよ抑えきれなくなった自我が出ているので、ニコニコに興味のない方は13分頃からだけでもぜひw 特に曲名クレジットの最後の方に注目してもらえれば……意図がわかるかと……。 --------------------  明日から旅行です。2泊3日。そのためにメドレーを仕上げました。  別にクリスマスイチャイチャラブラブ旅行ではなく、友人と、たぶんほとんどスマブラやって終わると思いますが、単純に楽しみです。すっかり失われた学生気分を取り戻していきたい。  そろそろ2018年も終わりですけど、1年前の今頃まだ卒論書いてたっていうのが信じがたい。もう今の生活を永遠に続けていたような気がします。  そんなわけで旅行なので、この3連休はブログ更新できません。行き帰りのバスで疲れてなければ更新するかも、程度。  ベストソングにベストゲームに今年のニュース、いろいろ溜まってるレビュー記事、来週全部片付けます。どうにかできるはず……。  仕事納めが遅すぎると強く感じます。26日くらいに終わっても良いのに。 ...

comment  0
favorite  0
解説記事 3年前

12/21「ニコニコ動画超新星祭」について

明日、12/21 20:00に、『ニコニコ動画超新星祭』という動画を投稿します。  2018年6月に投稿した『ニコニコ動画新星祭』をベースにした、半リメイク・半新作のニコニコメドレーです。    前作では、投稿までの1ヶ月、できる限り期待を煽ろうとしてみたのですが、自分にそういうものが向いてないことがわかったので、今回はそういうのは無くしました。  ただ、投稿前に触れておきたいこともあるので、ここで少しだけ。  なお、このブログはchiffonでメドレー作ってるのはrularで、というややこしい事情については以前にも書いたのでなし。そもそもニコニコメドレーって何ですかみたいな話も割愛。  恐ろしく使いづらいブロマガで記事を書くのが嫌になったのでここに書いているだけで、ほとんど異世界の話なので興味のない方は読まなくて大丈夫です。 --------------------  まず、メドレーの完全版、というと、  既存のものに曲を追加して長くするようなものをイメージされると思いますが、今回はそうではありません。  今回の「超新星祭」のコンセプトは、  『新星祭』の良いところを凝縮して、できる限り短くすることでした。  前回の反省点として真っ先に考えたのがやはり長すぎるという部分で、そこを削ることを優先しました。  具体的には、15分程度のメドレーになっています。  決して短くはないのですが、ニコニコメドレーとして適正な範囲にはなっているかと思います。  『新星祭』の発想のベースが『流星群』であるように、今回のこれは『流星娘』でもあります。ただ、あちらと違い、2/3程度の長さで、結果的に一般的なメドレーの長さになりました。    この「半リメイク・半新作」というコンセプトは、その昔に作った『ニコニコ動画幻日環!』と共通しているですが、  正直、あんなに変わってはいないです。  曲順も構成も選曲も変えすぎた結果、  リメイクのつもりで作っていたのに「同作者のニコニコ動画幻日環と間違えやすいが、選曲・構成ともに全く違う作品である」と大百科で勝手に書かれたあのメドレーくらいの変化を期待されるとガッカリするかと思います。  使用ソフトもFL Studioで変わっていませんし、流用したアレンジも少なからずあります。  当然、削った曲もたくさんありますし、その過程で新星祭にはなかった重ね・繋ぎもいろいろ生まれていますが、ベースとなる構成はほとんど弄っていません。  メドレーが短くなることを最大の目標にしているので、新しい楽曲追加についてはあんまり期待してほしくないなあ……と思っています。    最後に、半年前、新星祭投稿後に書いた記事について。

 そういうことなので、今後ニコニコメドレーを作ることはもうないと思っています。  そう言いつつまた作りたくなる日も来るかもしれませんが、今のところはないかなと。  打ち込みメドレー自体はもしかしたらまた作るかもしれませんが、少なくとも今年はない、くらいの感覚ですし、  今後こういう正統派のニコニコメドレーを作ることは全く考えていないです。  『新星祭』は、「この作り方をすればひょっとしたら伸びるかも」というところを狙って作りましたが、逆に言うと、これが伸びなかったのに自分の次のメドレーが伸びる可能性もないので。  ニコニコメドレーというフォーマットでやりたいことも今回全部やり尽くしたと思っているので、これ以上のものは作れません。 https://ch.nicovideo.jp/rularitl/blomaga/ar1614316
 こんなことを書いておいて半年で復活、あまりにもダサすぎる、という見方は当然あると思うし、自分でもそう思います。  何でこれを今作ったのか、その本当の理由は投稿後に改めて書くつもりでいますが、  一つ言えるのは、新星祭というメドレーについて、私個人として何か問題があったとは思っていなくて、自分ができる最大限のものだし、大好きなメドレーです。だからこそ、「少し何かが違えば…」という未練を捨てきれなかった、というのが、とりあえず最大の動機です。  なので、今後5年は正統派メドレーを作れない、と断言した半年前の気持ちにも変化はなく、  新たにメドレーを作ってもこれの劣化版にしかならないからリメイクという方法を選んだ、という、とんちのような理屈になるわけですが。  これをわざわざ作る意味について自問しつつも、迷うなら作った方がいい、と思いました。  その意味については、今書くと全部がネタバレになってしまいそうなので(それを隠す意味があるかはともかく)、投稿後にしますが、『新星祭』の先にあるものとして一つ答えを出せたかなと思っています。  12/21 20:00。明日夜です。よろしくお願いします。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 3年前

おざなり

ブログの更新をすっかりサボっていてすみません。今月は頑張ると言っていたのに……。  来週!来週は!毎日更新するので!!  なんで今週ではなく来週なのかは、まあ、今日の夜か、明後日あたりにわかって頂けるかと思います。きっと。 --------------------  スマブラ。やってます。少しだけ。  別にスマブラは好きではないので、兄弟とか友達とは遊びますが、オンラインは全然やらないし、灯火の星とかスピリッツも、Directで見た時点で1ミリも惹かれなかったので触ってすらいません。キャラ解放は弟がいつの間にか全部やってました。  UIの悪さや導線の甘さ、対戦以外の部分が一般受けしにくい作りなのに「全部のモードを遊んでください」と言わんばかりの実績・キャラ解放システムなど、  任天堂の看板タイトルにも関わらずいわゆるゲーマー好みな作りになりすぎている、という、スマブラというか桜井ゲーの問題点は別に今回に限ったものじゃなくforも昔のカービィもそうだと思うんですが、それがYahooニュースに上がるくらいの論争を巻き起こすということはそれだけSwitchと任天堂が注目されてるんでしょうね。  まあそれはそれとして、今のところ対戦ツールとしては文句なしに楽しいのですが、オンラインでフレンドと遊ぶ時の仕様は酷すぎる。マリカ8もだけど、「1台の本体でみんなで遊ぶ」「オンラインで知らない人と遊ぶ」の2つのパターンしか考えられてないのはあまりにも杜撰では。 --------------------  M-1。面白かったー。霜降り明星、粗品さんがフリップ芸やってた頃から知っていてめちゃくちゃ面白いと思っていたので、最高です。ゆにばーすは完全に1年目がピークのハライチコースを辿っているというか、あの路線だと相当新しい発明をしない限りたぶん優勝はできないと思うんですけどどうなんでしょうね。  暴言騒動に関しては、「上沼恵美子の審査が酷い」という根本の問題がこのせいでもっと公言しづらくなるというか、面と向かって批判すること自体がタブーになってしまうので本当に逆効果なことをしてしまったなというのと、あと「更年期障害」という最悪な発言のせいで擁護の声さえ上げられなくなったのが痛かったなと。それがなければもう少し別の角度からの意見もあったような……。  まあでも上沼さんと松本人志が両方審査員辞めるならハッピーエンドなんじゃないでしょうか?w 何だかんだ1年後にはしれっとどっちも審査員席に座ってると思いますけど。  前にも書きましたがもう私の中で松本人志アレルギーが凄すぎて……IPPONとか水曜日も含めてもう全部、面白いことを言ってるのはわかるけれどもう権威と差別意識の塊の人間だというのが前提にあるから全部笑えない。安倍首相とかと同じカテゴリーの人。 --------------------  あとはもう……いつも通りの毎日。辛かったら辛いって書けるけど、辛いっていうほど辛くもなく、適度にストレスの溜まる仕事とストレスの溜まる家との往復です。  ラジオもテレビも楽しんでるけど、楽しんでいることに何か意味があるのか……。という気分です。  ここから悪くなることこそあっても、これ以上良くなる未来がない、つまり今が今後の人生の最高点だと思われるのが辛い。  このくらいの分量で良いなら毎日書けるはずだし毎日書かなきゃいけないのにな。本来は。それすらできない。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 3年前

満足感

昨日は『根本宗子の相談室』に行ってきました。  ゲストはCreepy Nuts、ANN0パーソナリティー夢の共演。  あまりにも行きた過ぎて、チケット売り切れた後もキャンセル狙いで張り付いて取りました。数年前にろこどるオールナイトイベントのキャンセル待ちを成功させた記憶が蘇る。  まあ内容はノーツイートなので書けませんが、最高に面白かったです。こんな最高の2組のラジオがどっちもあと3ヶ月で打ち切られるなんてニッポン放送は本当に……(まだ決まってない)  『3600』に『LOVE or SICK』に『米津さんワンマン』と、今年に入ってから行きたいイベント基本的に全部射止めてますが、残るはオードリー武道館ライブのみ。バックスタンド席でいいから何とか……。 --------------------  その後はいつもの『ドシー恵比寿』に。今年に入ってから泊まるの3~4回目ですけど、ここ本当に良いですよ。  前に行った時からちょっとだけルールが変わっていて、「サウナ/シャワーのフロアに行く前に一度フロントに寄る」というのがなくなって、客室とサウナを行き来できるようになったので、ますます便利に。  夜にサウナに入って、朝にもう一度シャワーを浴びてから、エクセルシオールでモーニングを食べて、会社に行く。幸せ。 20181211_090055  スタバももちろんよく行ってますが、今回の期間限定のピスタチオドリンクが久々に苦手な味だったので遠のいてます。いや、ピスタチオ味という触れ込みから想像できる味そのものなので、別に美味しくないとかではなく、好き嫌いなのでしょうが。しばらくは普通のドリップコーヒーか、ジンジャーラテかな……。 --------------------  Amazonサイバーマンデーが終了しました。  あんなことを言っておきながら結局何も買いませんでした。  いや、厳密にいうとちょっと違って、まずモバイルバッテリーに関しては楽天で買ったんですよ。  cheero Power Deluxe 20100という、Ankerが出しているSwitch用のモバイルバッテリーと同じ容量でありながら、最大出力が45WでMacBook Proの充電までできるというモデル。  これが前から欲しかったものの、Amazonでは売り切れて商品ページも削除されていたので諦めてAnkerの方を買おうと思っていたのですが、なぜか楽天のみ再入荷していることに気づいて、買ってしまいました。  そして、そうすると楽天の買い回りポイントアップが発動したので、何か買おうと思い、マリオパーティー Joy=Conセットを購入。兄弟でスマブラをするにあたりJoy-Conを増やしたくなったのも理由です。  で、もう1つ、Fitbit Versaも買いましたが、これもAmazonではなくビックカメラで。そう、みんな大好きPayPayキャンペーンです。サイバーマンデー対象になったわけでもなく、1000円程度しか違わなかったので、それならビックカメラでいいかと。買ってすぐ手元に来るし。カプセルホテルのカプセル内で開封の儀を執り行いました。今着けてます。  ただGear S2の単純な上位互換かというと……ちょっと悩みどころ。どちらかを母親にプレゼントしようと思ってるので。というか正直バッテリーの持ちさえ考えなければS2でいいんですけどね。そのうち記事書きます。  ワイヤレスネックスピーカーも迷ったのですが、結局これもサイバーマンデーで無理に買わなくてもビックカメラで良いんじゃないかとか考えて見送りに。実際どのくらい使えるかわからなかったので、一度実物を見て考えたいです。  でも久々にたくさん買い物をした数日ではありました。何だかんだ今年大きな買い物しなかったので。Gear S2も去年だし、紛失して買い直したAirPodsくらいw --------------------  それにしてもレビュー記事とか溜まりすぎている……他にもやりたいことたくさんあるのに。12月頑張らなくては。もう1/3終わってることに恐怖しかないですが。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 3年前

Amazonサイバーマンデーの注目商品

今週末から始まるAmazonサイバーマンデー。  個人的に気になるもの、買う予定のもの、値段を見て買いたいもの、自分ではたぶん買わないけどおすすめしたいものなどをざっとまとめておきます。    物欲の準備です。Amazonのタイムセール祭り、毎月やってて有り難みが薄れているところはありますが、まあさすがにサイバーマンデーくらいは何とか頑張ってくれるでしょう。  そもそも大前提として、サイバーマンデー期間中はセール対象でなくてもAmazonポイント還元率が上がるので、大きな買い物するならとりあえずこの時期、という感じです。なのでこの記事ではセール対象とか関係なく欲しいものを載せてます。  もちろんそれがAmazonの思う壺なのですが、大企業が他社に勝つために思い付いた策略にはまんまと乗っていく方が余計に悩むことなく幸せになれるかと思ってます。

ガジェット

ウェアラブルスピーカー

 「自転車に乗りながら音楽を聴く」という人類の夢を合法的に実現する画期的発明。JVCのウェアラブルスピーカー「NAGARAKU」がセール予告済ですが、SHARPの「AQUOSサウンドパートナー」の方がそもそも定価が安いので、より安くなった方を買う予定です。

Fitbit Versa

 前々から気になっていたスマートウォッチ。デザイン・機能の両面でApple Watchに対抗できてApple Watchより安いスマートウォッチは結構少ないので、貴重。  セールとか関係なく少し前に¥25,000だった価格が¥18,000に下がっていて、普通にお得感が増しています。もう一声……と思いつつも下がらなくても買っちゃうかも。  ところでこれの読み方「フィットビット ヴァーサ」なんですね。ヴェルサの方がしっくり来ると思う。

Kindle Paperwhite

 防水機能がついた新モデル、早速のセール。Amazonデバイスは発売日以外に定価で買ってはいけない。  まあ私は今のところKindlePWの使用率自体が低いので、買い換えるつもりはありませんが……。  Fire HDやEchoも良さそう。買わないけど。iPad mini 4あるし。

Anker モバイルバッテリー

Ankerは最大55%オフ、Amazonサイバーマンデーのラインナップを予告  少し前まで半額セールをやっていたNintendo Switch公式ライセンス付のモバイルバッテリー、なんと55%オフです。待っててよかった!  Power Delivery対応しているとプレイしながらでも充電ができます。対応していないと減っていきます。

ゲーム

Nintendo Switch

 去年は超品薄でほとんど値引きもありませんでしたが、今年も定価で売れ続けている状況なので、良くて5%オフくらいが狙える範囲かなあと。まだ持ってない方がいることが信じられませんが、持ってないならスプラ同梱版とかスマブラ同梱版とかの方が値引きされやすそうで狙い目では。Switch買うのにスプラ買わない人とかいないんだから同梱版一択でしょう。

スマブラSP

 セールされることはないでしょうが、発売日がサイバーマンデーセール初日となる明日なので、18時のスタート直後に購入すればポイント還元率が上がって美味しいです。まあ私はあらかじめダウンロードしたくて買っちゃいましたが……。  上のカタログをDLすると500円引きクーポンが貰えるのも美味しい。  ダウンロード版2本買うとお得というセールもありますが、個人的には気になる2本目はないかなあ。

マリオパーティー、ポケモンピカブイ

 Joy-ConセットとかモンスターボールPlusセットが安くなったら欲しい。DL版を買うほどの興味はないので。モンスターボールPlusは普通に充電できるGo Plusとして便利っぽい。  マリパのJoy-Conセットはあちこちで完売してますが、果たしてAmazonはサイバーマンデー用に溜めているのかどうか。

PS4 Pro、Xbox One X

 私は買わないけど、PS4はサイバーマンデー関係なくセール&DLソフトついてくるキャンペーン中ですし、Xbox One Xもセール対象だし、気になってるなら良いのでは。  去年のサイバーマンデーでXbox One Sが20000円くらいだったので買いましたが、DVD・BD・UHD BD再生機として活躍しています。 https://oswdiary.net/archives/4560

PC(Surface、Macbookなど)

MacBook Air、iPad Pro

 秋に新モデルが発売された1つ前の世代。やめとけ。  キープコンセプトだったSurface Pro 6と違って、MacBook AirとiPad Proはこの秋で数年ぶりの大幅なモデルチェンジされたばかり。  無線充電式じゃないApple Pencilとか、非RetinaディスプレイのMacBook Airとか、今買うのは本当にヤバい。ロゴが白く光るMBAをスタバで開いてたら笑いものです!  ……というのは言い過ぎで、別に悪いモデルじゃないんでちゃんと自分で価値判断の軸がある方が全然買うのは全然アリだと思いますが、  正直Apple製品とSurfaceはドヤ顔税込みの値段みたいなところがあるんで、ドヤ顔できないMacBook Airはちょっとどうなんでしょう……。iPad Proも、うーん……。

Surface Pro 3点セット(セール予告対象)

 ペンとタイプカバーとのセット。私自身も使っています(会社の経費で春に購入)。  通常価格は¥189,000。10%オフくらいまでは探せばよくあるので、大幅な値引きに期待……と言いたいところなのですが。  注意点として、既に後継機種Surface Pro 6も発売されている上に、Pro 6のi5 8GBモデルは定価¥129,380で、さらに¥18,000のキャッシュバックキャンペーン対象です(Proのi5モデルは対象外)。  Pro 6本体 + タイプカバー + ペンを全て定価で買って上記のキャンペーンを適用すると¥141,830で、ペンが要らないのであれば¥129,090。  あれ、そもそも型落ち3点セットの定価がむしろぼったくりなのでは……?という気分に。  半額で10万円を切るくらいでなければお買い得!とは言えない気がします。というかPro 6がサイバーマンデー関係なくお買い得すぎる……。  ある意味MacBook Airより悩ましくて、Pro5→Pro6は外見同じなので別に買っても良いと思うんですが、Intelの7th→8thでのCPUの進化がかなり大きいので……。  でも並べて使わないと気づかないんですよね、PCのスペック差って。だから少しでも安く抑えたいならPro 5でも良いかもしれません。  どうせ2019年にはUSB-C採用&極狭ベゼルなPro ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 3年前

リピート

日曜日に『若おかみは小学生!』2回目を観てきました。  監督やプロデューサーが登壇するトークショーが終演後に行われる上映が意外と近くで行われて、そのチケットが意外と余っていたので。  2回目観ると改めてこの映画はファンタジーと現実がうまく入り組んでいるというか、最初に事故で助かるところから全部ファンタジーのお話で、  ただ物語で実際に起こり得る奇跡とか偶然を描くと全部わざとらしくなってしまうからむしろファンタジーの方が気持ち良く観られるかもしれないなあ、と。  それこそ今やっている『青ブタ』にも通じる話ですが。  「両親が亡くなって主人公だけが生き残る」っていう設定からして、ファンタジーで描かない限り全部ご都合主義を感じてしまいそうだし、それを隠蔽してくれるからこそ、そもそも小学生が何で働いてるのみたいなところの負の側面を見せずにひたすらポジティブに描ける。気持ち良い作品です。  しかしほんと良い作品だし、SNSで爆発しそうな雰囲気を見せながら、結局そんなに盛り上がりきらなかったの、サブカルの限界みたいな感じがします。  『勝手にふるえてろ』とか『溺れるナイフ』とかもそうですけど、観た人に何かを考えさせる、訴えかけるような作品がSNS全盛の今は本当に弱い……。いや、そんなものが大衆に広く受け入れられた時代なんて過去にだってなかったのだろうから、当たり前なのかもしれませんが。サブカルが受け入れられる時代が来たのでは全くなくて、オタクがアングラからただのポップカルチャーになっただけ。  トークショーで監督が「何とか監督業を続けさせてもらえそうなので」とぶっちゃけてましたが、これを機にこの監督やスタッフ陣に次はもっとちゃんと予算が貰えることを祈ります。 --------------------

最近(というか今日)ずっと聞いてる曲

https://www.youtube.com/watch?v=LL_eANvdQVs  アニメ『RELEASE THE SPYCE』OP。  ヒゲドライバーさんの作る曲、全部似たような曲に聴こえるけどまあ毎回クオリティ高いし、声優ソングとしてアイドル声優のボーカルを最大限に活かしてるから文句なんて一つもない。  今は完全に無限リピート中ですが、たぶんずっと聴いてたらすぐに飽きるのでそれも1クールのアニメにぴったりなのだろうなと。そういう意味ではヒャダイン系?  『回レ!雪月花』とか『ヒャダインのカカカタ★カタオモイ』とか、今聴きたくなったりは全然しないじゃないですか(私だけ?)。聴き直して懐かしいなーとはなっても、「今聴いてもいい曲だなあ」みたいなことは全然感じない。  その点『Sparkling Daydream』とか『irony』とかは同じアニソンでもたぶん10年後に聴いても色褪せてないと思うし。それは志向するものの違いなのだろうなと。  あと今回初めて「聴きたくなった曲がPlay Musicにある」ことのありがたみを知りました。わざわざ買わなくてもフルで聴ける。素晴らしい…… --------------------

スタバアルバムのコーナー

20181104_192257_HDR 20181124_200642 20181201_170302  ジンジャーブレッドラテ。  程よくスパイスが効きつつも甘みもあって最高。値段も高いけど高すぎない。  ホイップ倍増させたりショット入れたりチョコレートソースかけたりいろいろ試してます。 20181108_134939  ストロベリーケーキミルク。  下のホワイトチョコレートスノーもですが、ラテじゃない期間限定ドリンクにショット追加してラテにするやつは絶対に外れないから強い。 20181129_200505  ホワイトチョコレートスノーにチョコチップをトッピング。チョコチップ全部底に沈んでなかなか残念でした。  結局スタバが一番落ち着く。コスパ悪いとかいろいろ言われてますけど、ドトールと違って禁煙だし、めちゃくちゃうるさい客もいないし、 --------------------  12月は毎日更新しようかなと一瞬だけ思っていたのですが、気づいたら3日でした。すみません。  先月は5回更新。少ないと思いつつもライフワークとしては妥当なのかもしれません。  まあ最近更新できてない理由は  ・仕事が忙しい(残業がヤバい)  ・プライベートも忙しい(家族のいろいろ)  ・趣味も忙しい(あるものの作業中)  そりゃブログ更新する暇なんかないですよねっていう。ちょっとなかなか今ハードです。夏、9月くらいまでは、仕事終わってからの毎日夜が結構自由だったのですが、仕事で使うエネルギーがだんだん増えてきた(自分が背負う責任だったり、自分が他の人に振る仕事とかを計算しないと回らない案件の割合が大きくなってきた)  プライベートのいろいろはそのうちというか年末記事でまた吐き出します。とはいえ今年は全部書いちゃうといろいろ不味い話があるので、『重たい話(©根本長井のANN0)』よろしく伏字を入れながら書くことになりそうですw  まあ今月はそれなりのペースで更新しようとは思ってます、一応。15回くらいは目指したいですね。宜しくお願いします。誰も見てないと思いますが。 ...

comment  0
favorite  0
最近の話題 3年前

『ポラリス』『Flamingo』『Yume』

気づけば12月に入りまして、無駄に毎年やってる『今年のベストソング』を選ぶ時期なのですが……  正直、今年は微妙ですね。ヒトリエも米津さんもアルバム出さなかったし、ブクガとリリスクとyunomiの無双になりそう。  毎年30曲に収まりきらなくて四苦八苦しているのですが、今年こそ30曲埋めるのが大変になりそう。もうそろそろインプットを増やさなくても聞き続けていられる幸せな曲がたくさんある、という証左であるのかもしれません。 --------------------

ヒトリエ『ポラリス』

 新曲。フル先行配信中に買いました。  ストレートに良い曲。  テンポ早いのに暖かい曲は意外と珍しい、『リトルクライベイビー』以来?  1番では「wowakaっぽさ」だった早口パートが、2番では語りに近い「ヒトリエ節」になっていて、抑えきれないテンションの高まりを感じられます。  シングルは何よりも『日常と地球の額縁』収録というサプライズ。  ……BORUTOタイアップというタイミングでボカロカバーの音源化という切り札をせっかく切るなら、WEDH収録で正面からセールス狙って欲しかった気持ちも少しだけありますが……、そのあたりも含めて今後に希望が持てるようになっただけでも嬉しい。ボカロ曲の音源化なんて5年前のヒトリエ結成当初からずっと言い続けてましたし、初期の物販でもアンケートでも実際に伝え続けてましたから、ようやく。  『シャッタードール』『ワンミーツハー』は売り方がアレすぎて買わなかったので、ヒトリエのシングルを買いたいと思ったのは『センスレス・ワンダー』以来。  まあアルバムは全部買ってるし、シャッタードールもワンミーツハーも実質1曲収録という舐めた商売だったんで、手元にない曲音源は1つもないんですけどね。  で、買おうと思ってたのですが、このタイミングでYouTube Music入ったので買わなくても良くなってしまいました。  聴いてみて気に入ったら買おうと思ったのですが、うん……。2曲目も期待ほどではなく、3曲目『日常と地球の額縁』はまずリフのメロディーが微妙に違うのが引っ掛かってすんなり聴けない。音源で聴くならボカロで良い、となってしまうなあと思いました。なので結局買ってないです。『ポラリス』だけ。  結局、アンノウンマザーグース以降初、かつアニメタイアップという絶好のタイミングにも関わらず、ニコニコに投稿したりもせず。『額縁』収録の割にはそんなに話題にもならず。  ヒトリエはどういうところを目指していくんだろう、と考えてしまったり。売れたいみたいな感覚が全然ないのだろうか。バンドはそれでもやっていけるだろうからそれで続けてくれるなら良いんですけど、未だに『ワールズエンド・ダンスホールの人』なんですよね、それは場合によっては、完全に卒業していった米津さんと比べたら、私にとっては幸せなことなのかもしれませんが。

米津玄師『flamingo / TEENAGE RIOT』

 もうすっかり日本の音楽シーンのトップに躍り出てしまった米津玄師。  どうせツアーチケット目当てに馬鹿売れするのだから曲は2/3曲YouTubeにアップ。正しい。そして実際に初動記録更新。  で、奇跡的にワンマンツアーのチケット当たりました!! 1枚しか買ってないのに。  まあ幕張じゃなくてツアー初日の徳島なんですけど。帰省もできて一石二鳥かなと。楽しみです。  ……あ、曲は正直そんなに刺さらなかったです。前回の両A面の『LOSER』が良すぎたので、それに比べて『TEENAGE RIOT』の何とも言えない感じ……。嫌いではないんですが。

Maison Book Girl『yume』

 instが欲しかったのでAmazon限定盤買いました。  個人的にはアルバムは楽曲単位でバラバラに聴きたい派なので、今回のinstが挟まってくる構成はあまり好きではないし、  あと馬鹿でかい紙パッケージも……。  そもそも紙パッケージ嫌いなんですよね、『モノクロノエントランス』も『LOSER/ナンバーナイン』も。長期的に保管して置きたいからCD買ってるのに、保管しにくい劣化しやすい紙で作るの本当に止めてほしい。だったらせめてちゃんとしまえるプラスチックのインナーケースも付けてほしい。薄い紙で挟んだだけのCDとか、それ開封後はどうしろと?  まあともかく中身はもちろん最高です。ブクガの良さを全く損なわない形で曲の幅がどんどん広がっていくサクライケンタ氏の天才ぶりが際立つ。  『ボーイミーツガール』は珍しいアップテンポだし、『十六歳』『おかえりさよなら』『影の電車』まで幅広い。 https://www.youtube.com/watch?v=4sS65oEu_h8  歌詞も、どれも似ていると言えばそれまでですが、だからこそ良い。  抽象的で芸術的な耳触りの良い言葉が並び、一貫したモチーフだからこそ刺さる人には全曲刺さる。このあたりの言葉選び、明らかに昔のwowakaさんハチさんやトーマさんといった私が好きだった頃のボカロに通ずるところがあるんですよ。それでいて今のボカロと違ってその時代の劣化コピーでもないですし、ただただ好き。  ただ……これをきっかけに売れるかっていうと難しいとも思います。ストリーミング時代に何でこのスタイル、みたいなことも含めて。
Maison book girlメジャー2ndアルバム『yume』インタビュー③――「ブクガの創作を押し広げた、自由と苛立ち」  ブクガにしろリリスクにしろ、やっぱり「曲が良い」だけでは売れないし、売れない中では一生続けていくことはたぶんできない。今年で言えばアイルネやベビレがそうであったように。  それに対して何かできることがあるとも思っていなくて、ただ、マスに届くことのない曲たちがコンスタントに供給されて聴くことができる今を幸せに感じることしかないなあと。 --------------------  最近ラジオを聴くようになって特に、最高なコンテンツで、本人が続けたいと思っていても、いくらファンが続けてほしいと願っても、あっけなく終わらせられてしまって、その割に後にはもっと劣化したものしか残らないことなんてざらにある、そういう不条理を感じていて、きっとアイドルもバンドもそうなるのだろうなと。それは避けられないことなのだろうと。  自分の好きなものは大衆に好かれないものである以上、ヒトリエもブクガもリリスクもきっと立ち行かなくなってあと10年も持たないんだろうなって勝手に思うし、それはもう諦めています。米津さんはたぶんその過程で自分の好きからだんだん離れていくだろうとも思うしw ...

comment  0
favorite  0