ひとりごと 3年前

2018年個人的ベストソング25

今年もこの季節ですが、今年は去年ほど暇ではないし、そもそもそんなに好きな曲がなかったので25曲に減らしました。あと、ランキングもカウントダウンで説明に戻しました。  正直そこまでして続けるべきものなのかという疑問もあるのですが、とはいえ2010年から続けていて今年で9年目ともなれば辞めるわけにもいかないわけなので続けます。    ちなみに2018年じゃなくて泣く泣く切ったのは、 クマリデパート『ピアノ』 https://www.youtube.com/watch?v=-njVLDujvkg うさぎのみみっく『シンメトリック』 https://www.youtube.com/watch?v=Q8Lb2oLM3HU Fullfull☆Pocket『東京少女』 https://www.youtube.com/watch?v=LghMo0Bp33U など。    ところでYouTubeリンクですけど、今回もうほぼ全曲YouTubeにあってキリがないのでトップ以外は埋め込み省略してリンクだけにします。  

25位~21位

25. おやすみポラリスさよならパラレルワールド / でんぱ組.inc  でんぱ組。人数の増減もありつつも、電波曲の第一人者なのは変わらず。お洒落なピアノといい、「でんぱ組=ピコピコ」というイメージを外してきたのが  あとカップリングの『ギラメタスでんぱスターズ!』も良かったです。ヒャダインが「ポケモンとテレビについて語る人」としての仕事がメインになって久しいものの、やっぱり良い意味でくだらない歌詞を書かせたら最強だなあと思いました。ニコニコに新曲とか上げないのでしょうか。   24. ワンルームシュガーライフ / ナナヲアカリ / ハッピーシュガーライフ  ナナヲアカリさん×ナユタン星人。曲も声もビジュアルもキャラ付けもあざとい。オールナイトニッポンでパワープッシュされてたこともあって気に入りました。  ただ、この人のYouTuberやってみた動画とか観てると、これがオタク界隈で人気ならやっぱりVTuberは一過性のニッチなブームで終わるんじゃないかと思わずにはいられないのですが。  アニメ声優が10年かけてただのアイドルになったように、最終的にVTuberやりつつコスプレで顔出しもできる人が総取りしていくような未来が……。 23. TEENAGE RIOT / 米津玄師  米津さん。紅白おめでとうございます。  米津サウンドは2016年あたりまでは確かに毎年最高を更新していたと思うのですが、  個人的に米津さんの魅力の1つであった「wowaka&ハチが完成させたボカロっぽさを損なわずにJ-POPに持ち込む」という路線は『LOSER』で完成されてしまった感じがあって、  今年に関しては、明確にポップス度を高めた『Lemon』のような曲は良いものの、そうでない曲が劣化YANKEEになってしまった感じがあってなかなかに辛いです。さすがに今後米津さんが私の中で更新されることはないんじゃないかなと。  このTEENAGE RIOTも正直LOSERやNeon Signと比較するとパンチに欠けるような……。  それはサウンド的な問題というより、社会性を手に入れることで狂った成分が減ってしまったのかもしれません。『Flamingo』と『ホラ吹き猫野郎』あたりを比較すると。 22. アディショナルメモリー / じん(自然の敵P)  ついに復活したカゲプロ。と言いつつ、去年の失想ワアドはそこまで刺さらなかったのですが。  『アヤノの幸福理論』のフレーズの引用、に入る直前のAメロ終わりのピアノの「ッデッデッデッデッ」みたいなフレーズが凄く好きです。 21. 有頂天 / ポルカドットスティングレイ  明るい。ポルカの新境地。  ポルカのクール系では『テレキャスター・ストライプ』を超える曲は未だに出てないと思ってますが、別ベクトルでそれを更新したとは言えるのではないでしょうか。  東京03というキャストも嫌味がなくて絶妙。  でもブラスバンド導入してみたり、バンドサウンドから離れていくあたり、ひょっとしてセカオワフォロワー? 良い悪いではなくて驚いています。  芸人を起用する感じも、どうしてもファンキーモンキーベイビーズが脳裏に浮かぶ。  

20位~16位

20. ヒューマノイド / ずっと真夜中でいいのに。 / 正しい偽りからの起床  あざとい。セルフプロデュースがどうにも完璧すぎる。  この声が出せてこの曲が作れたらボカロ系の客層を全部持って行けてしまう。来年アニソンEDタイアップとか取れそう。  ずとまよはPlay Musicでアルバムも全部聴きましたがこれが一番好きです。『雲丹と栗』の歌詞の意味のわからなさも好きですが。 19. New Stranger / sora tob sakana  オサカナ。  アニソンタイアップ取れてしまったけど、そう簡単には売れなかった。  オサカナとかブクガとか、このレベルで神曲連発してしっかりタイアップも取れて、それでも売れない。  まあこれらの曲が大衆に売れたらそっちの方がおかしいんで、米津さんみたいにある程度割り切って捨てるか、貫き通すかの問題になってしまう……。 18. High5 / lyrical school / WORLD’S END  初公開ライブ行きました。リリスクの曲は本当にライブ楽しい。ノれる。  「インとロー 陰と陽 金・土曜あたりのシンドローム」あたりから歌詞の完成度がダジャレをちゃんと超えてる。  リリスクも今年は良い曲たくさんあったけど、去年のベストソング記事で「来年はGIRL’S QUESTとNOWが上位確定です」って書いたのにまさか未だに音源化されないとは思わなかった。はよ。 17. 花ざかりWeekend✿ / 4Luxury / アイドルマスター ミリオンライブ!シアターデイズ ...

comment  0
favorite  1