メディア・カルチャー 2年前

多様性を自己肯定に使えない矛盾 ── 『テラスハウス TOKYO 2019-2020』#2 感想

#1感想

まえがき

 最近の日本で、「社会の多様性」「個性の尊重」といった言葉で以て、勝者・多数派の論理を少数派に押し付けることを戒める言説をしばし目にします。  例えば、「学校が嫌で自殺するくらいなら学校なんて行かなくてもいい」「会社で鬱になるくらいならどんどん会社を辞めた方がいい」みたいな逃避の肯定、  「女性は社会でまだまだ冷遇されているから保障を増やそう」「LGBTにも夫婦と同じ権利を主張すべき」などの権利主張、  「生きがいなんて別になくても生きていける」「頑張りすぎなくてもいい」「毎日全力で生きなくても、時々は休憩してもいい」といった凡人の肯定。  もちろん私はそれらは基本的にすべて正しいと思っています、学校や会社なんか軽率に辞めていいと思うし、女性もセクシュアルマイノリティもそれ以外のあらゆる今の社会で差別されている人たちについては早く是正されればいいに決まっているし、  自分がたまたま強者であることに寄りかかって弱者のそれを甘えだと切り捨てる、本田圭佑や坂上忍や松本人志みたいな人間の言葉が正論だとされている風潮は本当にクソだと思っているし、  だから、生きがいがないからといって気に病む必要なんて全くないんですけど、  ただ、それを自己の肯定に使えるかって言ったら使えないよなあ、と思うこともしばしあります。  生きがいなんてなくてもいいから毎日ダラダラ生きていてもいいと思うし、そうしている人を責める気はないけれど、私自身が毎日ダラダラ生きていていいとは全く思えないんですよね。  でもそれって、「辛かったら逃げてもいいんだよ(私は辛くても逃げないけど)」という意味になってしまって、  それは結局、いくら口では綺麗事を言っていても本心ではそうやって逃げた人のことを見下しているのだと思うし、  そういう本心を完全に隠すことはできないので、見下されている側の人も「自分は逃げていてもいいんだ」とは到底思えないだろうなと。
目に見える形での個人間の対立が奪われていき、自分で自分の意義や価値と向き合い続けた結果、謙虚とも違う、自己否定が積もっていってしまう。その先には、自分なんてこの世界に存在していたって意味がない、と思い込んでしまう『自滅』が待っていると思うんです。 (中略) 私はこの作品を書く前、『プロットができていないのだから会議で発言してはいけない』と確かに思っていたし、それまでも『原稿のノルマを達成できなかったから、今日はあったかい布団で寝ちゃいけない』とよく考えていました。自分で自分の存在意義や価値を定義しようとなったとき、最も簡単なのは自分の『生産性』を数値化することですよね。何人の子どもを育てているとか、これだけの額を納税しているとか」 「家族もいない、仕事もない、友人も恋人も何もない、自分の存在をどうしても実感できない――そう思い悩んでいたとき、『多様性の社会だからそれでいいんだよ』なんて言葉を投げかけられたら、私はその人のことを傷つけてしまうかもしれない。多様性なんてどうでもいいから数値化できる生産性をくれよ、と、思わない自信がない」 朝井リョウさん「素晴らしき“多様性”時代の影にある地獄」|平成 -次代への道標|NHK NEWS WEB
 『死にがいを求めて生きているの』発売後の朝井リョウさんのインタビューにもこんな言葉がありましたが、他人を責めてはいけないと思う一方で、他人を責めないようにしている人たちの存在によって本人は傷ついてしまうし、ということは「責められない」ことはそれだけでは救いにならない。自滅を助長するものでしかない……。  というこの問題にはもう1つ、表裏一体の問題があって、それは  「多様性や個性を自己肯定の材料として自分から言ってくるヤツは大抵ただの言い訳」ということです。  これも凄く厄介で、それを言い訳として使われるとめちゃくちゃムカつくんですが、それはただの言い訳でしょ、と言って責めること自体が多様性の肯定を拒否している人間になってしまうのではないかという。  ということを考えたのが今週のテラスハウスでした。

結果を出せていない人間に発言権がないのか

 前半のいろいろは飛ばして、翔平と春香が仕事観の違いから対立、というのが今回の主題。  1つのことをやっていると飽きちゃう、あれもこれも手を出している翔平。  「1つのことを突き詰められない、どれも中途半端だと(世間的に)思われる、応援」という他のメンバーからのアドバイス交じりの意見に対して「複数のことをやっているのと、1つのことを極められるかどうかは別」という意見を貫く翔平。
1本でやってれば極められると思ってるのって すげー勘違いだなって思っちゃうんですけど 俺は
 この「いろんなことをやっていて極められている人もいる」という発言に対しての、副音声の山ちゃんのコメントがキモだと思っていて、
山里)まずそれはある程度達成してないとダメだけどね 山里)でもこれを言うと、あまり頑張ってない人の場合はタチが悪いんだよなー
 これをどう捉えるか、という問題でもあるんですよね。  つまり、「1つのことを極めるかいろんなことを試してみるか」という生き方と、「その結果成功するかしないか」は別問題だと思っていて。特に社会における成功って運にも左右されるし、翔平がテレビや舞台にバンバン出てるブレイク俳優じゃないからといって  「お前が小説書いてる時間も演技の練習に充てていればもっと売れてただろ」  「『歌詞書きながらでも演技が極められる』っていうのは役者の世界で菅田将暉くらい売れてから言え」  っていうのもそれはそれで違うんじゃないかなと。それは結果論でしかないし、  そうなると今度は役者1本でやって全然芽が出てない俳優の全否定になっちゃうし、「(翔平と違って)役者1本でやってる人は限界まで頑張ってるから仕方ない」っていうのも逆に酷い話w  「演技がやりたい」「歌詞が書きたい」っていう生き方の選択の中に「演技と歌詞両方やる」っていう1つの選択もあっていいはずで、その結果、どちらかで成功する、どっちも成功する、どっちも失敗する、それは別に本人の生き方とめぐり合わせでしかない。  ……ただその一方で、いろんなことをやってどれも芽が出てないことで、その「いろんなことをやりたい」という発言自体が凄い軽い言葉に見えてしまう、っていうのも事実としてあるんですよね。  それが冒頭の「多様性や個性を自己肯定の材料として自分から言ってくるヤツは大抵ただの言い訳」にも繋がってしまうんですけど、  そういう生き方を選ぶこと自体は別に誰にも否定する権利はない、ないですけど、それをドヤ顔で語られると「いやいや、ただ単に1つのことに打ち込まない言い訳に使ってないか……」というのも人間の心理としてある。  もっとはっきり言えば、例えば、時間が100あるうち演技50小説50でやっててその発言なら説得力あるけど、演技10小説10女遊び80だったらそれは全然違うぞっていうw  ただこれだって1本でやってるかどうかとは別の問題なんですよね。その人が努力に使える上限の問題なので。  もう少しわかりやすいところで、例えば「バイトしながら浪人して結果二浪しました」っていう人が、もしバイトしていなかったら……と思うけれど、  実際この世界には、バイトせずに浪人1本に絞ったように見せかけて勉強20スマホ80で二浪するクズとかたくさんいるわけだし。  それこそ軽井沢編(OPENING NEW DOORS)の雄大が良い例でしょう。料理人1本に絞るために料理学校辞めたけど、料理もまともに作らず昼過ぎまで寝てるという。  複数のことを両立できない人間が1つのことなら極められるかと言えば全然そんなことはない。  ……そして、こういう翔平擁護みたいな方向になってるのも結局、自分が翔平寄りの人間だなという自覚があるからです。  私だって、ブログ書いたりDTMやったりプログラミングやったりいろいろ、何となくマルチに頑張ってる雰囲気を出してますけど、  その中でやりたいことは1つも形になっていない、このブログも1日200~300アクセス程度のゴミだし、作曲も全然できてない、ウェブサービスやアプリのリリースとかもできたことがない。  そして、実際それらの活動に100使ってるかと言えば、たぶん30~40くらいで、テラハ観たりラジオ聴いたりSplatoonやったりしょうもないネットニュース見たりで過ぎていく時間の方が多いし、  その言い訳に「複数のことに手を出しているから」というのを使ってる自分がいないとは言い切れない……。

自分を貫いて生きるか、一時的に曲げて結果を目指すか

 もう1つ考えさせられたのはこの発言でした。
翔平)いや 何か そういうヤツら もうどんどん死んでくからよくない? 春香)えっ? 翔平)そういう何かさ──専業しか認めませんみたいなヤツらもどんどん年老いていくからさ
 山ちゃんがこの発言にかなりキレていましたが、個人的にはわからなくもないなと……  それも全て「新しい価値観の方に合わせていく」ということを二者択一的に捉えているんだろうなと。
 結構考えるんですよね。例えば、「会社でバレンタインのチョコを配る」って、それが半強制の習慣になっているとしたらそれは本当にクソな会社だと思うんですけど、実際、自分が女性だったら配るかもしれないな、とか。  初詣とか、サービス残業とか、年賀状とか、旅行のお土産とか、LGBT弄りみたいなことも含めて、  生産性が低い、意味がない、将来的に許されなくなるものたちについて、  「止めればいいのに」と思いながら「でもやらないと何となく失礼な気がする/空気が壊れるから自分は消極的にやる」っていうのはあまりにも日本人すぎる思考で、  誰かが止めないといけないのであれば、まず自分一人でも止める、という人が増えていかないと変わっていかないなと。  年始の瀬 | Our Story's Diary
 社会というものが個人の集合体であるとして、  「ゆくゆくは自分のこの新しい価値観がスタンダードになっていくだろうけど、今はまだそうではないから古い価値観に合わせる」という判断をする人たちがいる限りその新しい価値観は根付かないだろうと思うんですよね。  であれば、そういった場面で、多少周りとの軋轢を生み出したり、それによって生きづらくなったとしても、新しい価値観に基づいた行動を選択して、その正しさを主張するべきなのではないかという……。  ただそれによってその人が周りから応援されない、社会から受け入れられない、というのは、権力を手にできないという意味なので、結局社会の変化から遠ざかってしまうし、  そこを割り切って会社を辞める選択をした香織が、一方で翔平の考え方自体には理解を示しているように、  またはそれこそオードリー若林さんが、自意識の葛藤に苛まれながらも一旦そこを引き受けてメディアスターになったことで、今度は『ひなあい』『激レアさん』『セブンルール』で新しい価値観を温かく肯定する役割を担っているように、  一時的には社会をうまく渡っていくための妥協が必要だという意見自体は間違いなくその方が正しいと思うし、  だから何事もバランスなのだというありふれた結論に落ち着くのですが……。

まとめ

 テラハほとんど関係ない自意識の記事になりましたが、  こういう記事を書きたいと思ってテラスハウスの毎週レビューをやろうと思っていた ...

comment  0
favorite  1
ひとりごと 2年前

急激

に暑くなりましたね。憂鬱です。  今の日本に憂鬱でない季節が果たしてどれほどあるのかとも思いますが。  4月と10月くらい?  次の会社はTシャツ勤務の方も結構いるよーという噂を聞いたのですが実際どうするかは悩み中です。そういう激カジュアルな服装が似合うキャラの人以外は何だかんだ上にもう1枚着てるんじゃないかなと思いますし、そういうキャラでいられるかと言われると……。 -------------------- ▼雑な目次▼

最近のテレビ・ラジオ

テレビ

    ロンドンハーツ』相方暴露→裏でこんなこと~の流れ良かった。霜降り明星ほんと最近あらゆるバラエティで観るし、トーク面白くて毎回結果出してるし、あとはもう変に飽きられて消えないことを信じるだけ。というかこれで消えるのはもう番組作る側の問題でしかない……。 『テレビ千鳥』毎週ゴリゴリのお笑い過ぎて怖くないですか?笑 2人しか出てないのにずっと面白いし、毎週お腹抱えて笑えるポイントが絶対ある。最高。 『相席食堂』も前半だけはほぼ毎週観てます。 『相席食堂』も『テラスハウス』もそうですけど、もはや副音声側が主役になってる副音声システムってそれ自体が一つの発明ですよね。視聴者が聞きたいのは瞬発力のある喩えツッコミと弄りであって、極論メインVTRは何でもいいという……。 できればオードリーにもそういう番組を1つくらい与えてあげてほしい。まあ千鳥みたいに2人が喋れるタイプでもないから、『激レアさん』が実質それというところはありますが。『人生のパイセンTV』が続いていればな……。アオハルTVそういえば1回も観てない。 『モニタリング』所沢ロケ、お蔵入りにはならなかったものの異様に短かったのはいろいろカットしたんだろうなと……オードリーANNで裏側暴露してたからテンション低いところも流してほしかった、というか、それを流してくれないからリトルトゥースがモニタリングを信用しないんだろうなと。 『欅って書けない?』2期生家族アンケート、りこぴ(松平璃子)のエピソードが割と衝撃的。正直この子絶対性格悪いだろと思わずにはいられませんが……2期生は良くも悪くも欅坂に新しい風を吹き込んでくれてる。変に1期生の抜けた穴埋め補充要員にするくらいならこれで正しいと思います。 『日向坂で会いましょう』好き。安定しすぎ。いよいよ次回はフライデー後の収録……果たして。

ラジオ

    霜降り明星ANN0』かいけつゾロリで2時間、面白すぎる。冒頭のイシシノシシの押し付け合いが特に好き。地味に「お前がイシシノシシや。ほんでノシシや」がツボでした。 今週(というか今日)はホリさんがゲストなのでそういう路線の話は少ないと思いますが、まあ楽しみ。 『オードリーANN』突然ハガキ募集。それ自体がコント。あれに対応してメール送れるリスナー凄いですね。。。 『ヨブンのこと』ついに高橋さん結婚トークに追いつく。30分面白すぎました。 『Creepy NutsのANN0』R-指定が冷徹な無感情ラスボスキャラで行くという話。クール路線で行くかはともかく強さがアイデンティティーになると本当に負けられないというか「勝って当たり前」になるから毎回めちゃくちゃ大変だろうなと。IPPONのバカリズムとか、VTuberブーム初期の猫宮ひなたとか、ヘマをしても弄られにくい。 「ラスボスの話を差し置いて松永の自意識の話に付き合った」みたいな話も出ていましたが、ラジオリスナー的に聴きたいのは断然そっちなんですけどね。ハガキ職人は当然わかった上で弄りとして送っているでしょうけど、YouTubeの再生数とか観ると何だかんだヒップホップファンが支持してるのかなあ。。。 『佐久間宣行ANN0』来週は加地さんゲスト! それにしてもパーソナリティー1人だからフリートークとかの余裕があるはずなのに毎週1時間半があっという間。 まさかのリリスク『ひとりぼっちのラビリンス』!選曲センスが良すぎる。 そしてこの選曲の副産物で、リリスクyuuさんが毎週聴いてるとの情報まで!嬉しい! Creepy NutsのANN0も聴いてるという話でしたが、普通にラジオ好きなのだろうか。。。今度握手会があったら訊いてみたい。 『アルコ&ピース D.C.GARAGE』コンビ名を改名するかどうか問題。1時間ずっと嘘ついてる感じがBGMとして心地よい。 『ハライチのターン』岩井さんの嘘トークもそれとは別方向で心地よいですよね。あと、レストランに虫が出てきた話のオチで「森へお帰りーって言って放した」っていうそれはひょっとしてチカっとチカ千花? ラジオクラウドの澤部がトークライブをするなら~という話も面白かったです。娘と嫁w 『沈黙の金曜日』待望の梅澤美波さん再登場! しかもゲストにパスピエ! 「負けませんよ」の返しを後半で忘れ始めるところだけ勿体なかったですが、全体的には相変わらず頭の回転早くて楽しかったです。それにしてもずっと平塚の話しかしてないw 『ChelmicoのANN0』もうレギュラー決定です。ラジオ愛、アーティストとしての将来性、女性パーソナリティーという華。フリートークできるかどうかだけ気になるので秋あたりにもう1回単発挟んでレギュラーで良いのでは。 まあ問題はその場合、ヒップホップ枠でCreepy Nutsが追い出される予感しかしないところですが……。Creepyが爆発的なヒット曲出して紅白とか出たら1部に上がる可能性もあるのでしょうけど。 Creepy Nuts、佐久間P、霜降り明星、三四郎、どれも「1部でやるほどではないけど打ち切るには惜しい」メンバーばかりで、ANN0の争奪戦が激しすぎる。コアなラジオファンだけを意識したお笑いラジオだけでなく、月木みたいな番組もバランス的には必要だというのもわかりますし。もうTBSラジオみたく0時台に日替わり枠作ってください! ただ、Chelmicoがここと争う枠かと言われると、意外と爆笑できる感じでもなかったので、それも含めてちょうどいいというか、月木どちらかの後継として、根本長井ANN0みたいな枠に落ち着きそうな気がします。本人のラジオ愛が上回っちゃうというか。 まあ作家に福田さんが入ってガンガン下ネタ弄りされる流れになったら話は別ですが……。 ラジオパーソナリティーとして最強になる条件は「頭の回転早い」+「自身がラジオ好き」っていう2つで、両方兼ね備えてるのがなかなか難しいんだろうなって思います。特に若い人でラジオ聴いてる人はなかなかいないだろうし、かといってラジオ好きが前面に出すぎると気持ち悪くなっちゃうという。 その点、朝井リョウさんはどこを取っても明らかに最強のラジオスターなのに、何で30分番組に閉じ込められてるのかと……。 最近また『朝井加藤ANN0』の過去回をYouTubeで聞き漁るブームです。
 こうして観ると頭おかしいくらいテレビラジオずっと観まくってますね。まあ仕事中のBGMとして……というのが主なのですが。  最近は電車の中でシャニマスやりつつ流してるパターンもあります。 --------------------

弘中アナ

 アレの話をしそびれていました。弘中アナの連載!
弘中綾香の「純度100%」~第1回~ | Hanako.tokyo 弘中綾香の「純度100%」~第2回~ | Hanako.tokyo  文章力、着眼点、それらへの批判を全て無に帰してしまう可愛い写真、どこを取っても完璧……。ここまで才色兼備な人を見るともはや辛くなります。
「1991年生まれの入社7年目。夢は革命家で、当面の目標はラジオ番組を持つこと。現在の担当番組は『激レアさんを連れてきた。』(土曜夜10時10分~)など。公式インスタグラムはhttps://www.instagram.com/hironaka_ayaka/
 このプロフィールも凄いですね。オードリーANN出演からの数週間で完全に本性をむき出しにしてきている。オードリーANNの「歴史に刻まれる放送」という自称がひょっとしたら真実になってしまうのではないか。 --------------------

ヒトリエ

 5/26からJOYSOUNDでヒトリエ曲が一気に配信されるらしいです。 1558710454611  本当にただただありがとうって感じですね……。   ...

comment  0
favorite  2
ひとりごと 2年前

Pixel 3a、Galaxy A30など

最近書きたいことが凄く多くて更新頻度が上がっています。  更新頻度が上がっているだけで、やっていることは毎回ラジオかテラハの感想だったりレビュー記事だったりなので、読みたいものは全然供給できてない感じが凄くするのですが、皆さんの読みたいものを書いているブログではないのですみませんって感じですね。  そして読者への配慮とかを完全に捨てた、タイトルとサムネの不一致。

Pixel 3a / 3a XL発表

 噂の廉価版Pixel。  ちょっと思ったよりもかなり凄くないですかこれ……。
Pixel 3aの技術仕様 - Google Store  CPUのスペックダウンとワイヤレス充電非対応にさえ目を瞑れば、  OLED、RAM4GB、USB-C、防滴・防塵、Felica搭載、イヤホンジャックあり。完璧。  むしろこうなってくると、2倍の価格を出してまでハイエンドを買う人って誰? みたいなレベルになってきました。  特にこの価格でFelica対応が強い。  個人的に自分がV30を買うまでずっと京セラに拘ってきた理由の8割くらいはおサイフケータイだったので、Google謹製のSIMフリースマホがこの価格でFelicaを載せてくるといよいよ国産スマホは終わりかなあという感が……。  もちろんゲームを遊ぶ層にはCPUのスペックダウンは問題なのでしょうが、そもそもゲーム遊びたければAndroid買う時点で間違っているし、iPad mini 2019買ったことで解決しましたからね……。  個人的に今使っているLG isai V30+でも、ゲームどころか普段の操作でさえ重さを感じることがあって、これはスペックというよりもOSの最適化レベルの問題ではないかと思っています。(Fitbitなどバックグラウンドでいろいろ動かしてることにも問題があるのかもしれませんが)  つまり逆に、Google謹製の端末ならたとえCPUがスペックダウンしていても軽快に動いてくれるのではないかという期待もあります。  そんなPixel 3aですがやっぱりauでは取り扱われず。  一応auのSIMでも使えることは保証されていますが、  機種代と通信料の分離・SIMロックの緩和が進んできたとはいえ、キャリアを通して購入していないスマホを使うといろいろデメリットがある(au walletアプリを入れられない、余計な料金がかかる)し、  そもそもそこまでするならauに拘る理由も全くない。最初から格安スマホ契約すれば良い。  なのでauがPixel 3を扱わないのが本当に不満……だったのですが……

Galaxy A30

Galaxy A30(ギャラクシー エーサーティ)SCV43 | スマートフォン(Android スマホ) | au  こっちの方が凄くないですか!  Pixel 3aの防滴に対してちゃんと防水防塵だし、Felica積んでるし、有機EL・高画質、しかもRAM4GB。水滴ノッチを気にしなければ最強。  価格もPixel 3aの¥46,800に対して¥43,200とさらにお手ごろ(ちなみにUQ Mobileでは¥31,644。……なぜ?)  なんかもういつの間にかAndroidのミドルレンジでもメモリ4GBが当たり前になってきてるんですね。2017年末はハイエンドでもRAM4GBと6GBが混ざっている感じでしたが……。  料金の分離も進んできましたし、少なくともAndroidに関して言えば、その時々で一番良いスペックを48回分割とかで買うよりも、Pixel 3a、Galaxy A30などの4~5万の端末を毎年コロコロ買い替えていく方が快適なのではないか? と思ったりします。  一応ミドルスマホといえばHUAWEI P30 liteなんかもあるんですけど、Felica載ってない時点で個人的に論外だし、何よりファーウェイは今ちょっと危なっかしすぎて……。Xperia Aceも意外と悪くなさそう。液晶なのが残念ですが。  ただまあ、Pixel 3aに魅力を感じる一番の理由が「Google謹製によるOS最適化とアップデート保証」なので、その点でGalaxyは微妙なんですよね。  isai V30+を2年使っていて一番の不満が、「Android 9.0のアップデート提供予定が発表されてから半年音沙汰なし」という雑さにあったりもするので……。  年末で今の機種使い始めて2年なので、そろそろどうするか悩むタイミング。わざわざPixel 3aとかGalaxy A30に乗り換えるほどでもない気はするんですよね。RAM4GBは「悪くない」スペックですけど、だったら2年前のハイエンドであるV30+でも十分だと思いますし。   まあPixel 4をauが取り扱ってくれればいろいろな悩みが解決するのですが……。

Galaxy Watch Active

[amazon_link asins='B07RR2S2B3' template='Original' store='galeglad-22' marketplace='JP']  おしゃれー。やっとApple Watchに見た目で対抗できるスマートウォッチが出た。気がする。……っていうこの褒め方ももう何度かって感じですが。  しかも、デザインの代償として、操作性でApple Watchに大きく差をつけていた回転ベゼルがなくなってしまったのでうーんという感じ。ないならないでどうにかなるとは思いますが。  今はFitbit Versa使ってはいるんですけど、それまで使っていたSamsung Gear S2と比べた時に、Versaが勝ってる点って正直電池持ちしかないんですよ。だから別に価格も近いGalaxy Watch Activeを選ぶべきだとは思ってるんですが、  ただその電池持ちが圧倒的だからVersaに落ち着いちゃうんですよねー。1日着けて帰ってきて、まだ78%とか残ってるの驚異的。そのおかげで旅行に充電ドックを持っていかなくて済む。  それを解決するためのアイデアとしてスマートフォンからのリバースチャージは頭が良いと思ってはいるんですが、しかしウォッチの充電中はスマートフォンが使えないという欠点が……まぁでも自分に限って言えばiPadあるから良いのかなあ?  結局どのエコシステムに取り込まれるのが良いのかっていう悩みになってしまいますね。Galaxy Watchも汎用的なQi充電に対応しているらしいのは救いですが……。まあしばらくはFitbit Versaで困らないかなあという感じ。  仕方ないといえば仕方ないんですけどガジェットって乗り換える時に古いものの処分が一番困りますね。家族にプレゼントして使ってもらえれば一番良いのだけど……腕時計の中古ってあんまりメルカリで売るようなものでもない気がするし。厳しい。

プリンアラモードフラペチーノ

 唐突なスタバ。 20190520_160619  期間限定ということで飲んだのですが……  甘すぎる……。これはマジな話なのですが飲んだ後途中で吐きそうになってその日は夜まで体調崩してました。せっかく平日に休みを取ったのに死んでました。  ちょっとこれはきついです。個人的な感想ですが。  ホイップ減らしてショット追加すれば多少はどうにかなるかもしれませんけど、甘いの苦手なら最初からアフォガートフラペチーノの方が絶対良いですよ。安いし。飲む前に気付けそうな話ですが……後悔。  これから夏本番でアイスコーヒーの季節ですが、今年もやっぱりクリームフロートバレンシアは復活しないのかなあ……。ワンモアコーヒーを捨ててなお1日2杯飲むくらい最高だったのになアレ……。 ...

comment  0
favorite  1
メディア・カルチャー 2年前

『TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020』#1 感想

テラスハウス 1st Weekが配信開始となりました。  テラスハウスについては、配信直前に書いた通り、  基本的に毎週追って感想を書くつもりではいるのですが、ただ、とはいえ何も起こらない週も当然あるわけです。  そういう週に無理やり掘る内容を見つけるつもりはないので、何もない週は簡潔にまとめるつもりでいます。それをやろうとすると後々しんどくなって続けられないので……。  あと、別にその回のあらすじをまとめたりもしません。  今週は導入。  自己紹介、ファーストインプレッションなど、定番の流れ。当然ながらここまでは何も起きない……  とはいえ、「女の子苦手」アピールに何とも裏がありそうな流佳、初日からケニーを「やってんな」と軽くディスる翔平、プライドの高さを匂わせる女性陣など……もう既にきな臭さが漂っています。  特に、「トリンドルが気に入る男子メンバーは後半株下がりがち」というあるあるも含めて、流佳は確かに危険。  「バイト週3~4」という発言に山里の「少なくない?」というツッコミもありましたが、そのあたりも軽井沢編の雄大と印象が被るし、同じような問題を起こすのではないかという気がしてなりません。  そもそも流佳の夢とか目標への言及がなく、学生でもないのに「ショップ店員のバイト」しかやっていないというあたりもなんというか、不自然。  「夢への努力が足りてない」説教もテラスハウスでは恒例行事ですし、将来設計に関してもどこかのタイミングで刺される気がします。  それにしても「家でゲームばっかりやってた」という発言はどう捉えたら良いのか。  「家でゲームばっかりやってた(1日2時間くらい)」みたいな自己紹介の仕方って割とあるあるだと思っていて、それは別に嘘というわけでもない。  私だって実際趣味は?って訊かれたら、今ゲームなんてほとんどやってないけど消去法でゲームって答えると思いますし(ブログとか地下アイドルとか説明が面倒臭いので)。  そのパターンと、盛ってなくて本当にただのニートパターンと……どちらに転んでもヤバいですね。  香織さんも、女性陣3人の中では一番年上で、穏やかで良い人っぽい雰囲気があるし、スタジオでは板挟みになるんじゃないかという予想をされていましたが、  その一方、顔が似ている兄弟のことを「コピペ」と表現したり、ちょっとだけ言葉選びが危なっかしいので、それで真意が間違って伝わってしまってトラブルになるのではないか……という予感も。「実は性格悪い」パターンはないと思いますが。  「100%の善人はいない、100%の悪人もいない」というのがテラスハウスの裏テーマだと勝手に思っているので、誰か一人に肩入れしないように気を付けながら観たいと思っています。  さて、次回 #2、サブタイトルが「Tempura Incident」なのが既に不穏。  東京編(2016)の「お肉事件」を彷彿とさせますし、早くも事件が起こるスピード感。  山ちゃんねるの反応も見るに、結構早めに何らかの大事件が起こるようなので、楽しみです。  とにもかくにも毎週これを観てあれこれ想像できる楽しさ!  今回は導入ということもあってあまり細かいところは触れられませんでしたが、こんな感じで自分自身の経験ともリンクさせつつ何となく思ったこと・気になったことを書き残していけたらと思っています。興味がある方はぜひNetflixに入ってみてください。  まだテラハを観たことがないという方は本当に幸運ですよ。だって過去の全シーズンを一気に観れるわけですから。しかも30日無料の体験入会まであるので。 ...

comment  0
favorite  1
ひとりごと 2年前

地上

lyrical schoolの全校集会に行ってきました。  ライブも当然ながら、MCも中学校の体育館ということで独特の雰囲気があって面白かったです。  メジャーレーベル移籍発表後に出てきたCONNECTONEの高木さんの雰囲気が普通に校長先生っぽすぎて一人でずっと爆笑してました笑  その後の一人ずつのコメントで、初っ端から大号泣しているyuuさん、サプライズもありながら、それだけメンバーにとっては悲願だったのだろうなあとも……。  久々にちゃんと観たライブも盛り上がってました。新体制後の楽曲オンリーだったのも何らかの決意表明のようでもあり、ただどうせなら『プチャヘンザ!』でhimeさんの即興ラップやってほしかったけどなーという思いもあり。 lyrical schoolがビクターに移籍、アルバムリリースも決定 - 音楽ナタリー  メジャーアルバム、また新曲オンリーなのでしょうか。『NOW!』『GIRL'S QUEST』『秒で終わる夏』とか音源化されてない曲多すぎるから、そっちを収録してほしいんだけどなあ……『ブランニューガール』などのグループ内ユニット曲も含めて。あと当然ながら旧体制曲も新録してほしい。 https://twitter.com/Minan1205/status/1129621417039843329  まあリリスクの過去を考えたら、当然メジャーデビューを手放しには喜べないわけですけど、とはいえいつまでも地下でやっていても先はないので、進んでいくしかないのでしょうね。  ライムベリーの解散ということもあった中で、この2年間ひたすらポジティブなニュースが続いているのは本当に凄いことだと思います。  あと、大きな発表というアナウンスがあった時に、もちろん本命はメジャーデビューだろうなと思ってたんですけど、対抗は新メンバー加入かなと思ってました。  これもずっと書いてますけどメンバー変更なしで2年っていうのはまあまあ長いと思っていて、いつ誰が卒業してもおかしくない状況ではあるし、限られた時間の中でどうなるか……という感じ。やっぱりhinakoさんのことがどうしても引っかかる…… --------------------  昨夜は『ナインアワーズ赤坂』に宿泊しました。初めて。  同じ会社が運営していて何度も泊まったことのある『ドシー恵比寿』『ドシー五反田』と比べると、サウナもないしシャワー室も狭いしという使いづらさはあるのですが、  寝る場所が圧倒的に快適でした。  ドシーはただのカプセルで窮屈だし2段積まれているので登りづらいのですが、ナインアワーズはカプセルユニットが独立していて上がりやすいし、中もそれなりに整っていて快適。  サウナを求めないならナインアワーズの方が良いなあという感じでした。 -------------------- https://www.youtube.com/watch?v=Ywq4XR0G4Qk  昨日発見したこれを昨日から常に無限リピートしています。  『まりっか'17』の制作チームにアニメEDを発注するというのが凄いし、それでちゃんと評価されているのが何だか嬉しい。  ゴッドタンの佐久間Pなんかもそうですが、  実力があっても活動しているジャンルの規模で知名度が低い人たちを起用することでその人たちが潤うというのは理想的なカルチャーの在り方だと思うし、  今は深夜アニメもとっくにメインカルチャーの側に来ているわけだから、こういう垣根を超えて良いものを広めていく試みはどんどん増えてほしい。  ぶっちゃけそういう誰かが引き上げない限りは売れないんですよね。それこそUNISON SQUARE GARDENとかもアニメタイアップあってこそだと思いますし、  そういう機会が存在することで、どんなジャンルであっても「良いものを作っていればいつか売れる」が間接的に成立する世の中であってほしいと思います。  まあこういうことを考えていくと、wowakaさんとヒトリエについては、「いつか売れる」という希望すら取り上げられてしまったことへの虚しさが募るのですけど。 --------------------  本日は『ワールズエンド・ダンスホール』9周年、『アンハッピーリフレイン』8周年です。初音ミク・巡音ルカ オリジナル曲 「ワールズエンド・ダンスホール」  wowakaさん、ヒトリエ、というアーティストに対しての感情は、本人たちの変化と連動して常に揺れてしまい、そこに愛だけを持って見ることができなくなっている時期もありましたが、  「一番好きな楽曲は?」と訊かれたら『ワールズエンド・ダンスホール』だと答えることはこの9年一度も変わっておらず、今後も一生変わらないだろうなと思いますし、  それに関してはwowakaさんの訃報も全く関係なく、自分にウソをついていないということも言えます。一番好きなアーティストにヒトリエだと答え続けるのは、もちろんそうしますけど、それはああいうニュースがあったから好きなフリをしているんでしょと突っ込まれたら100%では反論できないですよね。 --------------------  5月ももう終わろうとしています。いろいろやりたいことはあるのになかなか……頑張ります。さしあたっては6月頭のヒトリエメドレー、GWで止まっているWordPressのFirebase移行記事の続き、の2本を軸に。その先も考えていかなければと思っています。 ...

comment  0
favorite  2
ライフスタイル 2年前

au 新料金プランをなるべく簡潔にまとめる

au 新料金プランが発表されました。  「新ピタットプラン」「フラットプラン7」「auデータMAX」の3種類。  単純に興味があるのと、家族全員でauを利用している関係で、auの料金体系は毎回かなりしっかり調べるんですが、  今回の料金プランは過去最高に複雑だとして各所から批判されています。 https://twitter.com/sm_hn/status/1127819141950214144  とはいえ、「よくわからないから今のままでいいや」というのもキャリアの思う壺なので、条件を必死に見て、何となく把握しました。  新auピタットプラン | au とそのリンク先を見て調べながら書いていますが、もし間違いがあったらすみません。

簡単なまとめ

 新料金を一覧にすると下の表のようになりました。 1558010714888  こう見ると意外とわかりやすいのではないでしょうか。  過去の料金との比較は一旦置いておいて、
    4GB以下に収まるなら新ピタット(数ヶ月に1回4GBを超えるくらいならアリ) 4~7GBならフラット7
    普段8~10GB程度で使えてる方も、通信制限覚悟で突っ込むのはアリかもしれない
それ以上ならフラット20か25 家にWi-Fiがなかったりで毎月20GBでも足りないならデータMAX  これ以外のプランは新規入会の受付が終了するので、当たり前と言えば当たり前ですが、こういう選び方になります。

家族割プラスの是非

 今回導入された家族割プラスに対するスタンスを先に書いておきます。  条件が「同居している家族3人以上が指定のプランに加入」となかなか厳しく、しかも家族割を前提としていた料金を広告に記載しているというのは、批判されて然るべきものではあると思いますが、  もう独身の方はMVNOに移った方が賢明だと暗に言っているような気もします。  固定回線でスマートバリューを組まないと高くなるという状況も以前から変わっていませんし、それが推進されただけ。  私自身は、実家暮らしで、家族4人+iPad 2台の計6台を契約し、auでんきとauひかりに加入して、au wallet ゴールドに入会してau walletポイントを貯めまくり、Netflixもauのセットプランで入会するという方法により、auに魂を売った側の人間です。  そういう同梱商法に可能な限り乗った上で、iPadのよくわからない毎月割とか、スマホのアップグレードプログラムとかを併用して機種代金の割引を受けつつ、  それでも維持費が格安スマホより多少高いのは、データ量と通信速度などの安定性を加味すれば仕方ないか……と思っています。  逆に、「家族4人でau使ってるのに、何で家族間通話無料しか恩恵受けられないの?」という不満がここ数年あったので、今回の家族割プラス導入は割と嬉しかったりします。  ということで、この後の記事でも、基本的には「家族3人以上で回線契約している場合」にお得になるのかどうかを書いています。

これまでのプランから変更すべきなのか

 一番難しいのはここだと思うので、場合を分けて説明します。

データ定額プランに入っている場合

 以前からある「データ定額」は、いわゆるauが喧伝する「4割下がった」の比較対象になっているプランなので、基本的には変えるべきです。わざわざ比較するまでもなくグッと下がります。  ただ、機種代金を分割で割り引く「毎月割」が入っている場合は別で、  例えばiPhoneを買ってから2年経っていない場合などは、プラン変更すると毎月割が打ち切られ、結果的に高くなる、または大して変わらないことはあり得ます。  とはいえ、分離プランがメインになってからそれなりに経ったので、今はデータ定額の方も、そろそろ毎月割が切れるのではないかと思いますが。  「端末代と通信量の分離」というのは、「機種変更と同時に特定のプランに入っても別に安くならない」という意味でもあって、  つまり今続いている毎月割さえ切れたら、機種変更のタイミングを待たずにどんどんプランを変えて良いということです。「秋にiPhone XIが出た時に考えよう」とかは無意味です。

旧ピラットプランに入っている場合

 旧ピタットプランを使っている人は、家族3人以上なら100%変え得です。  そうでない人も基本は変えた方が良い。
データ通信量旧料金新料金
~1GB2980円2980円
~2GB3980円
~3GB4480円
~4GB4480円
~5GB5480円
~7GB5980円
~20GB6480円
3段階定額の「新auピタットプラン」、月1980円から - ケータイ Watch
 5段階から3段階に変わったので、1~2GBにちょうど収まっていた方はもしかしたら高くなるかもしれませんが……。  あとは5GB超えた時に旧料金だと20GBまで速度制限の対象外でしたが、5GB超える月があるような方はどう考えてもフラットプラン入った方がいい。  ちなみに、広告で安く見せるためのトリック施策として、上記の表から
    旧ピタットは「プラン変更から1年間は毎月1000円割引」 新ピタットは「家族3人以上なら永年1000円割引」
 となりますので、旧ピタットプランに入って1年以内かつ同居家族が2人以下ならまだ変えない方が良いかもしれません。

フラットプラン20に入っている場合

 以前のピタットプラン/フラットプランは、「月々のデータ通信量が3GBを超えるなら20GBにした方が得」という無茶苦茶な状態でした。 (ピタットプランの3~5GB利用時の料金と、フラットプラン20の価格差が20円しかないため)
「auピタットプラン」と「auフラットプラン」の選択基準は「毎月のデータ通信量」です。 毎月のデータ通信量が3GB未満の場合、「auピタットプラン」がおすすめです。毎月のデータ通信量が3GB以上の場合、「auフラットプラン20」がおすすめです。 「auピタットプラン」と「auフラットプラン」どのプランにすればいいかわからない | よくあるご質問
...

comment  0
favorite  0
最近の話題 2年前

最近のラジオ(霜降り明星ANN0など)

霜降り明星のオールナイトニッポンZERO(5/10)

 5/10の回もやっぱり最高でした。  メールテーマはゲーム、「ロックマンエグゼのCMモノマネ」「『クラッシュバンディクー』と『バンジョーとカズーイ』を間違えるせいや」「マリオカートDSで直ドリを極めていた粗品」などなど、もう出てくる例えが全部若い。  極めつけはがんこちゃんのくだり。  「♪頭に石~のリボンをつけて」「どこやっとんねん!」www  先週のかいけつゾロリのくだりもそうでしたが、この世代ドンピシャなボケが電波に乗って流れていること自体が最高すぎる。  自分の小中学生時代の思い出が、Twitterやまとめブログでバズることはあっても、プロの話術を持ったお笑い芸人が、共通のあるあるネタとして話しているこの感覚はちょっと新鮮すぎて、毎週感動しています。  キン肉マン世代がオードリーのラジオを聴いてる時はこんな感じだったのだなあと……。  霜降りバラエティでマリオメーカーの難関コースに挑んでいたり、三森すずこと『ファッとして桃源郷』好きを公言していたり、  粗品の趣味がオタクっぽいんですが、それもオタクが市民権を得た後の世代の感覚なんですよね。別にせいやも趣味自体を引くことはないし、むしろせいやのアグネス好きの方がおかしいという。  ただこの感覚をいわゆるテレビのバラエティで通用させるのは難しいと思うので、ラジオでこそ本領発揮するコンビだなあと改めて……。

オードリーのオールナイトニッポン(5/11)、欅って書けない?(5/5)、日向坂で会いましょう(5/5・5/12)

 さらっと入籍。生放送直前という何とも言えないタイミングでしたが、あの騒動があってテレビで入籍密着はしてくれないと踏んだのでしょうかw  若林がガンガン弄ってるのを見ると、むしろ先週はあえてその話題にほとんど触れないようにして通常回のテンションを思い出させたんだろうなと思いました。そのあたりのバランス感覚も凄い。  話題に触れることもタブーになるかと思われた『日向坂で会いましょう』も、「この数週間後、メンバーをもっとガッカリさせることになりますが」とさらっと伏線を張っていく。あのイカレリトルトゥーススタッフなら春日の謝罪を兼ねた奢りロケにすら期待できる。  あと『けやかけ』たまに観るんですがこの前のマッチング企画良かったですね。  バラエティ能力が低くて全然スタジオが盛り上がってないの叩く気持ちもわかりますが、日向坂メンバーが異常にできるだけで、  別にバラドル目指してない女の子の通常テンションってこんなもんだし、それが観れる番組は逆に貴重なのであんまり染まらないでほしいしもっとのびのびやってほしいなあと……。言い慣れてない欅坂メンバーの気恥ずかしそうな「ちょっと待ったー」コールとか良かったと思います。  あとはやっぱりMCをハライチに替えてくれればそれだけで毎週観るのですが……。

アルコ&ピース D.C.GARAGE(5/14)

 先週のオードリー若林との遭遇、霜降り明星に緊張、宮下草薙の草薙と仲良くなる……最近DCGがまた少し面白くなってきてる気がします。別に毎回安定して面白いのですが、ここ数週は特に調子が良い。  LIFEのコーナーもエジプトに移動してからホラー系の雰囲気になって良い感じ。  ただオードリーANNを受けての話だったり、ゴッドタンの話だったりができないの、収録じゃなかったらリスナーからのメールも含めてもっといろいろ発展しそうなだけに本当に惜しいです。この嘆きももはや毎週言ってる気がしますが……。  ところでチョコナナの来週の日記のコーナー、アルピーANN踏襲してるだけあって確かに面白いんですが、  「集えネタ職人」って自分から言っちゃうのは違うと思いません? あくまで番組側は「来週の日記を送ってください」のスタンスでいないと……。  あと前回の記事で「#このラジオがヤバい」の話をし忘れましたが、まあ忘れてる時点でそんなに……お笑いパートだけ聞きましたが。やっぱり三四郎の……テレビスターにもラジオスターにもなりきれない内輪感みたいなの何なんでしょうね。それが好きという方もいるのでしょうが……。

ゴッドタン(5/11)、Creepy NutsのオールナイトニッポンZERO(5/14)、佐久間宣行のオールナイトニッポンZERO(5/15)

 ゴッドタン『芸人ラジオサミット』。面白かった。  酒井とDJ松永の対決も、ABChanZOOで中途半端に消化されたのが残念でしたが、今回でようやくきちんとエンタメになった感じ。  しかし誰が見ても時間足りなくなるのはわかってるんだから後日未公開とか言わずに最初から前後編でやればよかったのでは……。  テレビの1時間ってちょっと長く感じますけど、ラジオだと2時間でもあっという間だったりしますが、ラジオ芸人サミットはその空気感が出てるので当然時間が足りない。というかいっそ佐久間さんのANN0に3組とも呼んでトークさせれば良いのでは?w  そんな佐久間宣行ANN0は毎週面白すぎるし、アルピーとか伊集院とかの名前がどんどん出てくる、ラジオ好きのための至福の時間。  5/15放送回の最初、前日のDJ松永のテレビでの悩み(童貞弄りをされたくないが童貞なので恋愛トークで返せない)に対する返答があまりにもマジすぎてラジオでする話じゃないw どうせならオードリーみたいに電話繋げば良かったのに。  あと最後は加地さんに推してましたが、Creepy Nutsがアメトークとかロンハーに出てるのはあんまり観たくない……まあそれこそ本当にバラエティ1周して『行列』とかで雑に弄られまくるテレビスターになる可能性もあるのかもしれませんが……。  それよりもまずは朝井リョウとDJ松永ともう1人誰かで『ボクらの時代』をぜひ。  逆にCreepy Nutsがハネるごとに機嫌が悪くなるアルピーw 酒井のことをdisりながらも「ラジオではあんなにすげえのに」ってちゃんと評価してるところも良いですよね。  佐久間ANN0、作家の福田さんも一番生き生きしてる感じがします。Creepyやアルピーと違って1対1だから合いの手の比重が高くなるというのもあるでしょうけど。  そういえば佐久間ANN0とCreepyNutsのANN0はどちらもアルピーANNの亡霊を特に強く受け継いでる感があるので、鬼門とされたリスナーとの電話企画もいつかやりそうですよね。楽しみです。 ...

comment  0
favorite  1
ひとりごと 2年前

つらつら

すっかり暑くなってきたし気づけば5月も半分終わり。早すぎる……。  今週GW明けで体感長い。まだ水曜日……。来週は月曜休むつもりなので何とか耐えています。 --------------------  スタバ。アフォガートフラペチーノ最高すぎて何度も飲んでる。  新商品が出た後も残ってくれて嬉しい。というかこれと『ロイヤルミルクティーフラペチーノ』は普通にレギュラーメニュー化しても良くないですか。 20190512_190419  チャイシロップ追加したりショット追加してみたりしていますが、個人的にオススメはライトアイス(氷少なめ)です。単に甘くて美味しいコーヒーが飲めます。いっそ氷なしでも良い気がするけど、それだと分量物凄く減ってしまいそう……。 --------------------  シャニマスずっとやってます。主に電車の行き帰りと寝る前とかに。リズムゲームのないブラウザゲーが最高。  やっぱり『バンドリ』とか『荒野行動』『フォートナイト』みたいなゲームにモバイルでハマれるのって10代までかなあと思うんですよね。  それが単に世代間の感覚の違いなのか、社会人と学生の時間の使い方の問題なのか、体力の低下なのかはわかりませんが……。  ミリマスがミリシタに移行した時からずっと唱えていましたが、ゲーム性の有無っていうのは別に優位点じゃなくてトレードオフの関係で、『ポケ森』『ポケGO』くらいの方がむしろちょうどいいという層がたくさんいるんだと思います。  それにしても改めてシャニマスのあのゲームがブラウザで動いてるのはWebエンジニアとして本当に夢がある……。  少し前にも書いた気がしますが、個人的に今からRubyやJavaやObjective-Cを学ぶメリットをあまり感じてなくて、それは自分のやりたいことがJSだけで実現できる時代がもうすぐ来る(もしくは既に来ている)という予感があるからだったりします。  だってわざわざネイティブアプリ開発できなくてもシャニマスが作れるんですよ。そして裏で動く技術もたぶんFirebaseでどうにでもなるんですよ。だったらそっちに投資した方がコスパ良くないですか……。 --------------------

最近聴いている曲

 最近聴いている曲のことをあまり触れていませんでした。

パスピエ『グラフィティー』

https://www.youtube.com/watch?v=p5x3WekFoEs  新しさと懐かしさが入り混じるパスピエ節。ずっと良い曲を出し続けてくれるの素直に有難いなあ。。。アルバムおそらく買います楽しみです。

Marvin Valentin『ラストメッセージ』

https://www.youtube.com/watch?v=9uHnWjz0i64  話題の曲。  海外Pの作品ということで日本語の節回しにちょっと違和感が残りますが、メロディーやリフは完全にwowakaさんのそれ。凄い。  そして同時に、このくらい直球のリスペクト作品を日本のPが出してほしいとも思ってしまう……。  あと、ヒトリエ作品の歌詞から引用してないのどうなんだろうってやっぱり思ってしまいますね。この方に限りませんが、『アンノウンマザーグース』が遺作になったとか言ってる人見るといろいろと思うところが……まあ仕方ないのですが。

テラスハウス: Tokyo 2019-2020

 始まりました。配信開始と同時に観ました。  まあ前回の記事で書いた通り、感想は毎週単体で上げていくつもりですが、さすがに1話ではあんまり書くことがないかもしれません……。  連載記事とまで行きませんが、ブログのコンテンツそのものを増やしていくことは考えていて、今後しばらくの軸の1つになっていくと思いますので、このブログを読んでくださっている方はぜひテラスハウスも観てほしいなと思いますね。っていうか軽井沢編が傑作だからぜひそっちを。。。

wowaka&ヒトリエメドレー

 作りました。  改めて思いますけど曲順と選曲が完璧だと思っていて。ヒトリエファン全員納得させられる構成になっているのではないでしょうか。。。  強いて言えば『ハグレノカラー』は割と趣味ですね。ヒトリエ曲で一番好きだったりするので。でもまあ、DEEP/SEEK初披露の衝撃もあるので、『IKI』からリトルクライベイビー以外に入れるなら妥当かなと。  とにかく前回の記事に書いた通りで、wowakaさん、ヒトリエの存在をなかったことにしない、忘れさせないために、できることは全部やらなきゃいけないと思っていて、その最初の1つです。そんなのは身勝手だし死者への執着だし自己満足だし本当はこんなことが起きる前にやるべきことだったのですが、それでも。  ちなみにこれを作るために先週の金曜は会社休みました。金曜土曜は本当にずっとFL Studio触ってた。  木曜までは最初の調すら二転三転してたし、金曜朝の時点で完成してたの『ローリンガール』までだったので、割と追い込まれてました。  とはいえ、メドレーってだいたい後に行けば行くほど選択肢が少なくなって楽なんですけどね。  とりあえず6/1に上げる打ち込み版は、追悼会の後に観に来る人に向けて、いろいろ振り返れるようなものにしたいと思っています。ある種、バーチャル二次会的な空間にできれば理想的かなと。  構成が現状のもので完成されすぎているので難しいかもしれませんが、多少は曲を追加したいと思っているので、「この曲入れてほしい」みたいなのあったらコメントください。  コメントもらっても入れるかどうかはわかりません。個人的な感覚を最優先にしますので。今のところ入れられたら入れたいと思っているのは、積み木の人形、日常と地球の額縁・リバシブルドール・プリズムキューブ、SLEEPWALK、シャッタードール、あとai/SOlateからもう1曲くらい……。 --------------------  頂いたメッセージもちゃんと読んでいます。ありがとうございます。お返事欲しい方は質問箱かコメントでお願いしますー。 --------------------  久々に普通のブログを書くなあという感じがしますが、でも今月めちゃくちゃ更新頻度高いですよね。GW頑張ったので。  これでもまだau新料金プランの話と最近のラジオの話とiPad miniレビューという残弾があるのでしばらくそこそこのペースで上げていけるのではないかと思っています。テラハ毎週レビューもありますしね。  気づけば今の会社に行くのもあと2週間半。最終日の翌日が6/1新木場で、週明けから新しい職場だというのも何だか皮肉ですが。別にその土曜日で何かが終わるわけでもないのに。  自分で思っているよりも会社を辞める/変わることに関して周りの大人から心配されていて、ちょっとびっくりしました。転職先決まったっていうと凄い安心されたりとか。うーん……。  一つの会社にずっといるべきっていうのはアドバイスとしてはわかるけれど、これからの40年間をただいるだけで養ってもらえる会社なんてどこにもない気がするので、  何というんでしょうね、転職することが成功率が高いという話ではなくて、どっちに進んでも真っ暗闇であることを前提に生きているかどうかの感覚のズレになってしまうのかなあと……。あと他人が転職できるかどうかってあんまり推し量れないのもあるんでしょうね。私が実際エンジニアとしてどんなレベルなのかって、私自身もよくわかってないのに親がわかるわけがないので……笑  まあちょっと心配かけたことへの罪悪感は出てきたので次の会社にはなるべく長くいられたら……と思ってはいるのですが。良い環境だったらいいなあ……本当に。 ...

comment  1
favorite  1
メディア・カルチャー 2年前

『TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020』配信開始に寄せて

いよいよ日付が変わって5/14、テラスハウス新シーズンがスタートします。 https://www.youtube.com/watch?v=usryGhl1jHg  私はテラスハウスには前シーズン『OPENING NEW DOORS』で初めて知った新参なのですが、  あまりの面白さ、特に終盤の加速度的な盛り上がりに、Netflixで前シーズン・前々シーズンまで一気見するほどにハマりました。  そしてテラスハウスのためだけにNetflixに今月から再入会しました。  前作は終盤まではFODの遅れ配信(4週遅れ)で追っていたため、今まではテラスハウスで検索した瞬間に絶対ネタバレを踏んでしまうので一切感想を見ることができませんでしたし、「テラスハウスに休日課長が加入!」みたいなニュースをおすすめされて死んだりもしましたが、  今シーズンは最初から最速で追いかけるので、何もかもが楽しみです。  まだどうなるかわかりませんが、当ブログでは、今シーズンは毎週感想記事を上げていきたいと考えています。  それにあたって、テラスハウスの基本事項、魅力、楽しみ方、私なりのスタンスを整理しておこうと思います。

概要

テラスハウスに暮らす、見ず知らずの男女6人による“台本のない日々”をつづるリアリティーショー。 舞台は東京。2020年夏、56年ぶりにオリンピックが開催されるこの地で、 男女6人の新たな青春の日々がスタートする。 スタジオメンバーはYOU、トリンドル玲奈、徳井義実、馬場園梓、山里亮太、 葉山奨之。 TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020(バラエティ) | ザテレビジョン(0000953797)
 テラスハウスの基本的な流れとしては上記のように見ず知らずの男女6人が共同生活を行うことにあるのですが、意外と観るまでわからない点として
    卒業のタイミングは各人の自由。誰かが卒業したタイミングで同じ性別の別のメンバーが新たに入居してくる。 メンバー同士で恋愛することが必須ではない(特に恋愛せずに卒業する人や、既に恋人がいる状態で入居するメンバーも稀にいる)
 恋愛模様を追いかけるのはあくまで一部に過ぎず、6人の人間の生き方を追いかけるのがテラスハウスです。

テラスハウスの魅力とは?

 テラスハウスを観たことがない人の中で、その魅力が「甘酸っぱい恋模様にキュンキュンする」みたいな部分にあると思っている人がいるのであればそれは全くの勘違いです。  以下、私がテラスハウスのどこに魅力を感じているかということを説明します。

反面教師コレクション

 テラスハウスの魅力については、2018年12月9日の『高橋みなみと朝井リョウ ヨブンのこと』で解説されている、朝井リョウさんの講座を聞いて頂くのが一番良いのですが。  (東京編のネタバレが含まれていますが、今観てない人が興味を持つにはネタバレを踏むしかないと思っています) https://www.youtube.com/watch?v=dW5NoLq4a9U  この回の後半に出てくる「反面教師コレクション」という形容はまさに的確で、  テラスハウスにはいろいろな人たちが出てきて、その人たちがいろいろな失敗をしていきます。  それは恋愛でもそうだし、仕事でも、同性同士の友人関係でも。  「掃除をしない」「料理を手伝わない」「同居人への感謝の言葉を口にしない」といった共同生活の失敗から、  「デートの時にお礼を言わない、楽しそうな素振りを見せない」「好かれていないのにオラつく」といった恋愛的な悪手、  「酔っぱらったまま他人を説教する」「自分を棚に上げて他人を叱る」などのついついありがちなミス、  そして「自分が努力していないことを責められると言い訳ばかりして逃げる」「自分のプライドが傷つかないように他人の発言を自分に都合の良いように解釈する」「本人のいないところでその人の陰口を言う」といった普通に人間として最低の行為まで、  様々な失敗が生々しく映し出されます。  そしてそういった人間関係のトラブルは必ずスタジオトークで受けられ、「若い時はああいうこともあるよね」なんてフォローとともに、どうすれば良かったのかが語られます。  それを見て、自分はこうならないようにしよう、と考えるきっかけになるのです。

根っからの悪人はいないということを知る

 しかも、それを行うのは別に極悪人でもなければ、それを悪意を持ってやっているわけではなく、  自分では正しいと思っている選択の積み重ねで起こしてしまうのです。  例えば実際の社会でも、浮気や不倫、ドラッグなど、それをしたからといってその人が100%真っ黒な人間だとは言えない事件がたくさんあり、  それに対して、その一件だけでその人の全てが真っ黒だと信じ込んで、それ以降その人が何をしても批判するような人たちが、SNSやYahoo!ニュースやワイドショーにたくさん見受けられますが、  人間は善と悪にはっきり二分されるわけではなく、一人の人間に善い部分と悪い部分があるだけなのだということを思い知らされるのが、テラスハウスなのです。  それを「こいつらは最低だ」と叩いて炎上させる人たちもいますが、私がしたいのはそうではありません。  「こういう人はこういうことやってしまうよね」という理解と共感を示す教材にし、同時に「自分はこういうことを本当にやっていないのだろうか」と振り返る反面教師にするのです。  例えば私が3ヶ月前にハワイ編(ALOHA STATE)を観た感想はこうでした。
 さすがにALOHA STATEの展開のネタバレは気にせず書きますけど、「最初は杏奈にアプローチしていた大志が、後から入ってきた仁希に惹かれてどっちに行けばいいか迷っているということを杏奈本人に言っちゃう」という、悪手中の悪手、  でも、「言わなくていいことまで全部言っちゃう、正直に自分の考えていることを全部話すのが人間関係において誠実な態度だと思っている、自分に自信がないのでとりあえず相手に全て話して助言を仰ぎたくなる」みたいなことって私も凄くあるし、親しかった友人とかにはめちゃくちゃそういう態度で接してるなあと……。  だからこのブログに全部書いてる「今の会社への不満」とかもそうだし、最近は少ないけど「友達と会っても会話が弾まなくて楽しくない」みたいな、絶対内に秘めておけばいいことを結構SNSとかブログに書いちゃう。というよりも、それをあえて言わないという判断をすることが相手に嘘をついているような気持ちになってしまう。 guility
 まさしく反面教師。しくじり先生よりしくじり先生。  テラスハウスを観て出演メンバーを責めるのは間違った見方です。まして本人のインスタに突撃なんてもってのほか。  自分にそういうところがないかを常に考えるために最適な教材です。

人間の多面性と多様性

 テラスハウスに関して、台本があるかどうか、ヤラセかどうか、スタッフの意思が反映されているかどうか、と言えば、もちろん多かれ少なかれ確実にあるでしょう。撮影OKのお店やスポットを選んでデートに行き、抜群のカメラワークでそれを撮っている時点で、スタッフと相談していないわけがないので。  ただ、そんなことは本当にどうでもいい話で、  なぜなら、「カメラが入っているからといって人間は100%自分を偽れるわけではない」からです。  「この日にここでデートしてください」ということはスタッフとメンバーで相談して、カメラが入っていることも意識しているでしょうけど、その前提であっても自分が全く思っていないことを言ったりはしないでしょう。会話には必ず本心が100%でなくても含まれるし、その場では言わなかったことも必ず後で暴かれる。  最初は猫かぶっていた人の本性が徐々に見えてきたり、カメラが回っていないシーンの振る舞いを他のメンバーに暴露されたり、ということも含めて全てをリアリティショーにしてしまうのがテラスハウスの唯一無二の発明なのです。  そして、人間の多面性を感じることは、「誰かに揉め事が起きる時に、どちらが100%悪いということはない」「どちらかが良い人だという先入観を持って判断してはいけない」という教訓にも繋がります。  軽井沢編については、どうしても前情報なしで観てほしいのでネタバレは避けますが、途中までは悪い部分が1つもないと思われていたメンバーが一気に悪人に転じるという叙述トリック的展開は凄すぎました。あの山里亮太ですら完全に善人だと信じ切っていて、そのメンバーに危害を加える人を悪者扱いしていましたが、  視聴者もスタジオメンバーも全員がバイアスにかかってしまっていたということ。あの一件があったので、  これから始まる新シーズンでは誰かを全面的に信用してはいけない、「この人は絶対に性格が良い/悪い」みたいな思い込みをしてはいけないなと肝に銘じながら観るつもりです。  それは同時に、この社会に生きる人間の多様性を認めることにも繋がると思います。

スタジオメンバーの解説

 テラスハウスを最大限楽しむにあたって、スタジオメンバーの6人の副音声は欠かせません。  恋愛マスターのYOU・徳井が、童貞のヒーローである山里に解説する構図、3人のやり取りが下ネタに寄ると嫌悪感を示すトリンドルなど、それぞれの役割がはっきりしています。  山里がメンバーを叩きすぎると女性陣が本気で怒ったり、メンバーの恋愛面での不可解な行動をスタジオが責める流れになると徳井が「でもこういう気持ちはわからんでもない」と理解を示したり、そのバランス感覚が本当に絶妙。  軽井沢編で加わった葉山奨之さんも、初期は無理に大声で発言していてネットで叩かれたりしていましたが、途中からはちゃんと空気を読むようになりました。意外とあまりモテないっぽいところがあり、山里さんと4対2の構図が増えたことで、俳優枠が割と置物に近かった過去シーズンよりもさらにスタジオコメントの深みが増しました。  そして副音声のもう1つの楽しみ方は、純粋に6人がリアルタイムの大喜利大会をやっているところです。マッサージをしてあげるシーンを「インドの前戯」、整形した聖奈を「アバター」など、ただ面白がっているだけのコメントの数々。やはりYOU・徳井・山里の3人が群を抜いてセンス抜群なコメントを添えて笑いを取っていきますが、最近ではトリンドルが一番口が悪くなっていたりもします。  住人に対して普通に失礼すぎるコメントも連発しますし、たまに言い過ぎじゃないかと思うところもありますが、それも含めて楽しむことができます。  この記事は結構道徳教材寄りの書き方をしていますが、何も考えずにただのバラエティとして観てもめちゃくちゃ面白い番組です。

テラスハウス今シーズンを追いかけるにあたって

 これから毎週、このブログでテラスハウスの感想を書いていきたいと思っているのですが、  それには3つの目的があります。

自分が毎週何を思って観ていたかを記録する

 やっぱりその時々でどういう感想を抱いていたかを記録するのは大切なことだと思っていて、特に軽井沢編のように善悪の価値観をひっくり返される展開が今後も起きるのであれば、  自分がいかに先入観を持ってその人のことを観ていたかというのを記録しておくのは、後々の変遷を振り返るためにも意味があるかなと思います。   ...

comment  0
favorite  1
解説記事 2年前

『裏表ラバーズの最初の音でwowaka&ヒトリエメドレー』

裏表ラバーズの最初の音でwowaka & ヒトリエメドレー』を投稿しました。

作るまでの流れ

 元々、wowakaさんの10周年に寄せてwowaka・ヒトリエメドレーを作る構想はあって、半年前に予告していたのですが、HOWLS発売後に、ちょっとヒトリエに対して熱を持つことができなくなり、制作を中止するという話をしました。  発表したのは4/7でしたが、3月には大体決めていました。  その後、wowakaさんの訃報があって……それから2週間くらいは、当然作る気がありませんでした。  そもそもメドレーを作るという行為自体が原曲に対する冒涜のように思える部分もあって、それを今やるべきことなのかというのもありましたし、  訃報の直前までこういう書き方をしておきながらメドレーを作ることの整合性が取れるのか、  もっと直接的に言えば、「wowakaさんが亡くなったからといって急にヒトリエのことを大好きであるかのように振る舞うのは卑怯だ」という。  それは、生前にすべきことをしなかったことに対する自分の中での贖罪、一方的な自己満足にしかならないし、本当にそれをすべきなのか。  そういうこともいろいろ考えたのですが、  今の自分が、wowakaさんとヒトリエに対して持つべき態度として、  wowakaさんとヒトリエの存在を残すこと、一人でも多くの人に知ってもらうこと、その存在を思い出す機会を増やすこと、以外は全てどうでもいいし、  そうしたいという思いは嘘でも自己満足でもないと思ったので、作ることを決めました。  もう1つ、このメドレーの製作を断念した理由の1つに、「wowakaヒトリエメドレーを作るなら決定版と言えるものを作らないといけない」という勝手な思い込みがあったことが挙げられます。  『アンハッピーリフレイン』のVOCALOID曲は全て入れたいし、各アルバムからも3~4曲入れたいし、『ヒトリワラッテ』『and I'm home』なども入れたい、アレンジも過去最高のものにしなければならない……。  そういう自分で決めたハードルを超えられるほどの熱量が出なくて折れてしまった、というのが正確なところでした。  しかし、再始動してからは、限られた時間であることも逆にプラスに働き、  「とにかく作ること、ヒトリエを知るための接点の1つになること」を何よりも優先すべきだという切り替えを行うことができたので、一気に作りやすくなりました。  同時に、アレンジに関しても、裏表音源であれば余計なことに頭を使わずに済むので作りやすかったというのが正直なところです。

動画について

 歌詞を表示したのは、このメドレーは原曲に興味を持ってもらうこと、原曲の思い出を呼び起こすこと、だけが目的だからです。歌詞の良さを知ってもらいたい。  ヒトリエのMVをほぼそのまま使ったのもそのためで、wowakaさんがこの10年をどのように生きていたか、どれだけ行き急いでいたのかを感じられる動画にしたかったのです。  『センスレス・ワンダー』『リトルクライベイビー』あたりのMVの表情はちょっと不意に見ると泣きそうになります。

アレンジ・音源について

 とにかくヒトリエの楽曲の雰囲気を再現することを目指したので、コードアレンジや別のメロディーを足すことはせずに、原曲の要素を抽出することに注力しました。  過去作ではドラムもなしで裏表の音だけを使っていましたが、今回、ヒトリエ楽曲を再現するにあたってドラムがないのはさすがに厳しかったのでドラムは普通に打ち込みました。  あと、一部でローリンガールの最初の音も使っています。それはただのピアノじゃないかというツッコミはあると思いますが、短い音しか取れないのでメインに据えるのは無理でした。『グレーゾーンにて』『アンノウンマザーグース』だけでしか使ってないので許してください。

構成について

 元々、製作に1~2週間しか取れないこともあり、「代表曲に絞って15曲くらい、だいたい3~4分のミニメドレーにしよう、もし評判が良ければ曲を増やして作り直そう」という気でいたのですが、  いかんせん思い入れのある曲が多すぎて、絶対に入れたい曲だけを入れていった時点で7分強にはなっていました。  (『5カウントハロー』『後天症のバックビート』『深夜0時』が構成上のバランスで後から加えた曲です)
    裏表ラバーズ / アンハッピーリフレイン グレーゾーンにて。 / アンハッピーリフレイン るらるら / ルームシック・ガールズエスケープ インパーフェクション / WONDER & WONDER コヨーテエンゴースト / HOWLS ハグレノカラー / IKI ローリンガール / アンハッピーリフレイン アンチテーゼ・ジャンクガール / イマジナリー・モノフィクション リトルクライベイビー / IKI ポラリス / HOWLS SisterJudy / ルームシック・ガールズエスケープ 5カウントハロー / WONDER & WONDER 後天症のバックビート / DEEPER 深夜0時 / モノクロノ・エントランス アンハッピーリフレイン / アンハッピーリフレイン センスレス・ワンダー / WONDER & WONDER ワンミーツハー / DEEPER フユノ
...

comment  0
favorite  1