最近の話題 3年前

iPhone 11、au新プランなど

iPhone 11が発売されました。  私自身はAndroidユーザーですが、まあ話題として追う分には面白いです。  三眼カメラのデザインはさすがにないだろうと思いますが、ノッチみたいに標準になっていくのだろうか…………。  あと他の家族は全員iPhoneなので新機種の情報には敏感。  母親のiPhone 6sがさすがに古すぎて支障が出ていたので、iPhone 11に買い換えることになりました。  本当は別にXRでも良かったのだけど在庫がなかったので……。家族で初のホームボタンのないiPhone、慣れてくれることを祈りたいです。  私自身がスマホを買い換えるかは悩み中。この冬で2年。  isai V30+にはほとんど不満はないですが、最初で最後の48回分割プランに入っているので今年替えた方が得な気もする……と思ったら急に新しいプログラム出ましたが。  とりあえず冬スマホのラインナップ様子見ですねー。isaiブランドが続いているのかは知りませんし、isai V30も微妙に電波やGPSなどの感度が悪い(現在位置が不正確なことが多い)という不満があるので、選ぶかわかりませんが。  理想はPixel 4をauが出してくれることだけど望み薄かなあ……。何だかんだOS作ってるところが作るハードが一番信用できる。Pixel 4の発表会、10月頭にあるらしいので期待しています。  それかもうGalaxy S10でも……と思ったらあれは夏モデルでもうほとんど在庫ないっぽい?冬に買うならGalaxy Note 10になるのかな。Galaxy Watch Active 2も買うつもりだし、今回のLGで国産への未練もなくなったのでGalaxyで揃えるのはアリ。  auで取り扱うのかどうかだけが問題だけど、そもそも48回分割プランを利用しないなら別にauで買うことに拘らなくても良いような気もします。Pixel 4も含めて。  SIMフリー端末使う場合にどうなるのか調べなければ。でもau系のアプリ使えなくなるのは結構怖いな……。  というかAndroidスマホのRAMっていつの間に8GBとか12GBになったんですか? isai V30が4GBで、次はまあ奮発して6GBかな~くらいに思ってたのですが。  確かに4GBでもすぐにバックグラウンドのアプリが落ちたり、YouTubeのPiP使ってるとフリーズしたりしますが、それにしてもスマホで12GBって……うちのSurface Laptop 2より多いじゃん……。買うとしても無印Note 10なのでたぶん8GBですが。  SurfaceといえばMicrosoftの発表会も10月にあるらしいですね。正直Laptop2買ったばかりなのでそんなすぐには買わないと思いますが……。  ただ、会社で支給されるPCがとうとうRAM 16GBになって、初めてメモリ16GBの世界に触れることになったので、今のPCに我慢できなくなったら買い替えるかもしれません。その時はLaptopじゃなくてPro 7に戻しますねたぶん。13.5インチと12.3インチ、画面の広さという快適さよりも持ち運びの時の不便さの方が勝ってる。  とはいえ、最近お金に余裕が出てきたので油断すると何でも買っちゃいそうなのでSurfaceはさすがに自制……。まだLaptop 2買ってから半年経ってないので。 --------------------  あと、スマホ絡みだとこっちの方が個人的に嬉しいですね。 auデータMAXプラン Netflixパック | 料金・割引:スマートフォン・携帯電話 | au  既存のデータMAXプランと比較して、安い代わりにテザリングが極小!というところで賛否両論が出てましたが、  私が現在契約している「フラットプラン25 Netflixパック」が完全に死んだことがあまり騒がれていないのが不思議。  最初の半年だけの値引きとかは一旦忘れて、

 データMAXプラン Netflixパックフラットプラン25 NetflixパックデータMAXプラン
価格¥5,880~¥6,150~¥6,980~
データ容量無制限25GB無制限
テザリング2GB0GB(オプション¥500)20GB
世界データ定額2GB25GB(国内容量と共通)20GB
映像サービスNetflixNetflix + ビデオパスなし
 一応テザリング20GBという強みが残されているデータMAXプランに対し、フラットプラン25GBは元々テザリング有料だったので無関係。  少なくとも現在テザリングを契約していないし海外旅行も行かない、ビデオパスも観ない、そして元から家族割プラスの対象でもある私としては、  「スマホのデータ容量が25GB→無制限になるのに料金も下がる、しかもテザリング2GBがオマケでついてくる」という完全な上位互換プラン。  今はプラン変更に伴う違約金とかもないはずなので、来月から早速加入したいと思っています。  いや、実際データ無制限って結構夢じゃないですか?  今もあんまり気にしてはいませんが、それでも電車の中でNetflixとかはちょっとなーと思ってしまうので。無制限とは大きな開きがある。  Wi-Fi弱いファミレスでTVerとかAbema TVを無限に流しててもノーダメージってことですし、  会社での仕事中にGoogle Play Musicでダウンロードしてない音楽を再生する時のストリーミング音質も落とさなくて良い。  未来がやってくる……。普通に楽しみです。  ちなみに今は月25Gプランですが、9/22時点で残り5GB。ダメそうです。こんな通信制限とも今月でお別れのはず……。 ...

comment  0
favorite  2
最近の話題 3年前

最近のラジオ(霜降り明星ANN0など)

霜降り明星のオールナイトニッポンZERO(5/10)

 5/10の回もやっぱり最高でした。  メールテーマはゲーム、「ロックマンエグゼのCMモノマネ」「『クラッシュバンディクー』と『バンジョーとカズーイ』を間違えるせいや」「マリオカートDSで直ドリを極めていた粗品」などなど、もう出てくる例えが全部若い。  極めつけはがんこちゃんのくだり。  「♪頭に石~のリボンをつけて」「どこやっとんねん!」www  先週のかいけつゾロリのくだりもそうでしたが、この世代ドンピシャなボケが電波に乗って流れていること自体が最高すぎる。  自分の小中学生時代の思い出が、Twitterやまとめブログでバズることはあっても、プロの話術を持ったお笑い芸人が、共通のあるあるネタとして話しているこの感覚はちょっと新鮮すぎて、毎週感動しています。  キン肉マン世代がオードリーのラジオを聴いてる時はこんな感じだったのだなあと……。  霜降りバラエティでマリオメーカーの難関コースに挑んでいたり、三森すずこと『ファッとして桃源郷』好きを公言していたり、  粗品の趣味がオタクっぽいんですが、それもオタクが市民権を得た後の世代の感覚なんですよね。別にせいやも趣味自体を引くことはないし、むしろせいやのアグネス好きの方がおかしいという。  ただこの感覚をいわゆるテレビのバラエティで通用させるのは難しいと思うので、ラジオでこそ本領発揮するコンビだなあと改めて……。

オードリーのオールナイトニッポン(5/11)、欅って書けない?(5/5)、日向坂で会いましょう(5/5・5/12)

 さらっと入籍。生放送直前という何とも言えないタイミングでしたが、あの騒動があってテレビで入籍密着はしてくれないと踏んだのでしょうかw  若林がガンガン弄ってるのを見ると、むしろ先週はあえてその話題にほとんど触れないようにして通常回のテンションを思い出させたんだろうなと思いました。そのあたりのバランス感覚も凄い。  話題に触れることもタブーになるかと思われた『日向坂で会いましょう』も、「この数週間後、メンバーをもっとガッカリさせることになりますが」とさらっと伏線を張っていく。あのイカレリトルトゥーススタッフなら春日の謝罪を兼ねた奢りロケにすら期待できる。  あと『けやかけ』たまに観るんですがこの前のマッチング企画良かったですね。  バラエティ能力が低くて全然スタジオが盛り上がってないの叩く気持ちもわかりますが、日向坂メンバーが異常にできるだけで、  別にバラドル目指してない女の子の通常テンションってこんなもんだし、それが観れる番組は逆に貴重なのであんまり染まらないでほしいしもっとのびのびやってほしいなあと……。言い慣れてない欅坂メンバーの気恥ずかしそうな「ちょっと待ったー」コールとか良かったと思います。  あとはやっぱりMCをハライチに替えてくれればそれだけで毎週観るのですが……。

アルコ&ピース D.C.GARAGE(5/14)

 先週のオードリー若林との遭遇、霜降り明星に緊張、宮下草薙の草薙と仲良くなる……最近DCGがまた少し面白くなってきてる気がします。別に毎回安定して面白いのですが、ここ数週は特に調子が良い。  LIFEのコーナーもエジプトに移動してからホラー系の雰囲気になって良い感じ。  ただオードリーANNを受けての話だったり、ゴッドタンの話だったりができないの、収録じゃなかったらリスナーからのメールも含めてもっといろいろ発展しそうなだけに本当に惜しいです。この嘆きももはや毎週言ってる気がしますが……。  ところでチョコナナの来週の日記のコーナー、アルピーANN踏襲してるだけあって確かに面白いんですが、  「集えネタ職人」って自分から言っちゃうのは違うと思いません? あくまで番組側は「来週の日記を送ってください」のスタンスでいないと……。  あと前回の記事で「#このラジオがヤバい」の話をし忘れましたが、まあ忘れてる時点でそんなに……お笑いパートだけ聞きましたが。やっぱり三四郎の……テレビスターにもラジオスターにもなりきれない内輪感みたいなの何なんでしょうね。それが好きという方もいるのでしょうが……。

ゴッドタン(5/11)、Creepy NutsのオールナイトニッポンZERO(5/14)、佐久間宣行のオールナイトニッポンZERO(5/15)

 ゴッドタン『芸人ラジオサミット』。面白かった。  酒井とDJ松永の対決も、ABChanZOOで中途半端に消化されたのが残念でしたが、今回でようやくきちんとエンタメになった感じ。  しかし誰が見ても時間足りなくなるのはわかってるんだから後日未公開とか言わずに最初から前後編でやればよかったのでは……。  テレビの1時間ってちょっと長く感じますけど、ラジオだと2時間でもあっという間だったりしますが、ラジオ芸人サミットはその空気感が出てるので当然時間が足りない。というかいっそ佐久間さんのANN0に3組とも呼んでトークさせれば良いのでは?w  そんな佐久間宣行ANN0は毎週面白すぎるし、アルピーとか伊集院とかの名前がどんどん出てくる、ラジオ好きのための至福の時間。  5/15放送回の最初、前日のDJ松永のテレビでの悩み(童貞弄りをされたくないが童貞なので恋愛トークで返せない)に対する返答があまりにもマジすぎてラジオでする話じゃないw どうせならオードリーみたいに電話繋げば良かったのに。  あと最後は加地さんに推してましたが、Creepy Nutsがアメトークとかロンハーに出てるのはあんまり観たくない……まあそれこそ本当にバラエティ1周して『行列』とかで雑に弄られまくるテレビスターになる可能性もあるのかもしれませんが……。  それよりもまずは朝井リョウとDJ松永ともう1人誰かで『ボクらの時代』をぜひ。  逆にCreepy Nutsがハネるごとに機嫌が悪くなるアルピーw 酒井のことをdisりながらも「ラジオではあんなにすげえのに」ってちゃんと評価してるところも良いですよね。  佐久間ANN0、作家の福田さんも一番生き生きしてる感じがします。Creepyやアルピーと違って1対1だから合いの手の比重が高くなるというのもあるでしょうけど。  そういえば佐久間ANN0とCreepyNutsのANN0はどちらもアルピーANNの亡霊を特に強く受け継いでる感があるので、鬼門とされたリスナーとの電話企画もいつかやりそうですよね。楽しみです。 ...

comment  0
favorite  1
最近の話題 3年前

アルピーDCG、霜降りANN0、佐久間ANN0など(4/30~5/8)

アルコ&ピースD.C.GARAGE(4/30)、チョコレートナナナナイト!

 『うしろシティ 星のギガボディ』『ハライチのターン!』に連なる令和の金子3部作。楽しかったです。珍しくギガボディも聴きました。  しかしアルピーには普通に生放送をやってほしかった気持ちも少しだけ……序盤のイカれメールが普通に面白かっただけに……。  チョコナナもやたらと評判良いので聴いてみました。確かにこっちの方が面白い。  時間が長い&リアルタイムなおかげでリスナーが生き生きしている。作家福田がいないとダメなのかと思ってましたが沈金スタッフがダメなだけだったっぽい……。まあ乃木坂に配慮してあまりにも酷い下ネタメールとかは弾いたりしてるのでしょうが。少なくともリスナーと酒井ちゃんの生放送能力は衰えてないことが証明されたのでどうにかJUNKに……

オードリーのオールナイトニッポン(5/4)、佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)(5/1、5/8)

 『オードリーANN』は通常回。このくらいがちょうどいい感じ。南沢熱愛もヒルナンデスでは毎週やってたけどラジオではあんまり広げなかったし。そういうお互いのゴシップを突くのはあくまでよそ行きという感じがします。  オードリーANN、爆発的な面白さはなくても毎週安定して聴けるし、このくらいの方が続いていくんだろうなーと思います。福田さん担当の番組は爆発力あるけど人を選びすぎるし当たり外れが……。  『佐久間宣行ANN0』5/1、令和初回。「偶発的に格が上がった」。  昭和から平成への改元の際の水曜2部は伊集院さんだったということに触れて「(伊集院光は)ラジオの覇王。名前をラジオに変えてもいい」w  その後の弘中アナが飲み会に来た話も最高。ANN土曜0早くやってほしい。し、次のSPWでは弘中アナをゲストに呼んでほしいー。中井りかもそうだったけど、佐久間さんとああいうヤバめな女性との相性は良いと思う。  佐久間さんと若林さんが普通に仲が良いというのもなんだか嬉しかったです。  5/8の回は福田さんからのガチのダメ出しがあったり。佐久間P、「会社員としては異常に喋れる」けど、何だかんだ言っても出る側の人ではないんだなーと思う瞬間も確かにちょくちょくある。というか朝井リョウがむしろちょっと異常なのでは……。  5/1、令和平成への改元の際の水曜2部は伊集院だということに触れて「ラジオの覇王。名前をラジオに変えてもいい」w

霜降り明星のオールナイトニッポン0(ZERO)(5/3)

 エンタの神様の流れ凄かったー。粗品がムーディ勝山の歌をフルで歌えるのめちゃくちゃ笑っちゃったけど、確かに私も何も見ずに歌えるかもしれないw  粗品の下ネタに対してせいやが「それかいけつゾロリの本の中でしかウケへんやつ!」という喩えツッコミしてたのもポイント高かったです。若すぎる。  コーナーは「ポケットいっぱいのヒミツ」が一番面白いです。深夜4時台にちょうどいい頭の悪さで毎回笑いが止まらない。  逆に「霜降り交遊録」はただのモノマネ披露みたいになってて何だか微妙……もう少し「アルコ&ピースの1週間」的なことになると期待してたのですが。(リスナー投稿ネタにあんまり言うのも良くないけれど)

フリースタイルダンジョン(5/7)、Creepy Nutsのオールナイトニッポン0(ZERO)(5/7)

 たまたまテレビ点けてて観た回がR-指定ラスボス指名でした。ぶち上がる。それにしても、「次の試合も観たい」補正なしでR-指定に勝てるチャレンジャーがどれほど現れるのか……。  藤井聡太や田中将大のような、「最強無敗」的キャラクターの存在はシーンのエンタメ性を一気に上げてくれるけど、それをフィクションではなくリアルでやるプレッシャーは半端ないと思うし、まして即興のフリースタイルなら尚更。心理負荷がヤバいと思うけれど、頑張ってほしいです。  ANN0は上記の放送直後に生放送。「俺らCreepy Nutsはラスボスなんで」と関係ないのにイキる松永w  中継ルームに松永がレギュラー参加する可能性を予想している方が何人かいましたが、もしそうなったらそれ目当てで毎週観ちゃいそう。

その他

    アメトーーク!』「夢見るチェリー芸人」面白かったしめちゃくちゃ共感できたけど隣に母親がいたのでリアクション取りづらくて辛かった。 『ロンドンハーツ』宮下草薙・草薙を加地さんが気に入りすぎてる。しかしあの職務質問ドッキリだけ本当に要らなかったな……。 『ものまねグランプリ』で霜降り明星が優勝したらしいということだけ聞きましたが、ちょっとこれは正直逆風でしかない……。ゴリ押しだと思われて視聴者から一気にそっぽ向かれる気配が漂いすぎてる。オールナイトニッポンもナイナイコースなら何十年も続けられるけど、オリラジ・はんにゃコースも全然あり得る。とはいえ2人ともお笑い能力が圧倒的なので、その地力で何とか逆風をはねのけてほしいです。
--------------------  GWの反動ですっかり更新が空いてしまいました。  まあ別にネタが尽きたわけではなく(ネタは一定期間で貯まっていく中から絞り出すしかないので)、他にいろいろやっているからなのですが……。  明日そのうちの1つ、全然ブログで匂わせてなかったものをたぶん公開できますので、お楽しみに。 ...

comment  0
favorite  1
最近の話題 3年前

オードリーANN、菅田将暉ANNなど

昨日のが平成最後の更新だったらしいですね。平成最後も令和最初もオードリーANNの話ばかりしています。  平成最後の日はお昼ビッグマック、夕方アフォガードフラペチーノ、夜サイゼリヤでした。どれも私の平成のソウルフード。 20190430_172147  チャイシロップ変更が美味しかったです。 ※アルピーDCGの令和生放送終わりましたがとりあえずこのまま投稿します。 --------------------

菅田将暉のオールナイトニッポン(4/22)

 ゲスト米津玄師。紅白以来のメディア出演。  何だかんだ2人とも関西の人だからかトークが軽妙で良かったです。米津さん本当に明るくなったなあ……と保護者みたいな気持ちに。  そして作家福田の手腕が相変わらず光っていました。米津さんというそれなりに扱いにくいであろう方をゲストに招いて、普通に面白い深夜ラジオを成立させてしまうのが凄い。  というかこれなら来年あたり『米津玄師のオールナイトニッポン』始まってもおかしくないのでは……。

アルコ&ピース D.C.GARAGE(4/23)

 ラジオスターになっていく酒井ちゃんと平子の格差。面白かったです。ただ、やっぱり、これにリアルタイムでリスナーがメールを送れたらどんなに……と思ってしまいますが。  今週、TBSラジオでは令和初の番組として、生放送。楽しみ過ぎる。GWだしリアルタイムで聴きます。アルピーDCG、最近ちょっとパワーダウン感が否めないので、このあたりの生放送でラジオスターの本領を発揮してほしい……。  あとハライチのターンを生放送しないTBSラジオ本当にダメですね。「スペシャルウィークは止めるが、新年度など適切なタイミングで代わりの企画を打っていきたい」とかいうのが大嘘もいいところ。  特別企画で新規リスナーを獲りに行くとしたら、GWで10連休、遅くまで起きていられるこの週より適切なタイミングはなかったでしょう。4月初週も何もしなかったし。  Creepy Nutsをちゃんと継続させたり、ここ1~2年の動きに限って言えばニッポン放送の方が明らかにマシ。まあアルピーや朝井加藤を終わらせたことの負債はまだ返せていないわけですけど……。

鷲崎健のヨルナイト×ヨルナイト(ゲスト:伊藤美来)

 マンスリー。三澤さん以来のこのためだけに500円お布施しました月間でした。幸せ。  Pyxisのこの手の活動全部好きだし全部追いたいんだけどタイムシフト予約するほどでもないしプレミアム登録するほどでもないしYouTubeにアーカイブ残してほしい。なのでハロハピ放送局だけ観ています。

オードリーのオールナイトニッポン(4/27)

 神回。前回からの振り幅も凄かった。  フライデーされるとか浮気されるとか、それで執拗にメディアから叩かれたり仕事を失ったりっていうのはおかしな話だと思うんですよ。それは以前から自分もたびたび書いている通りで。別に被害者も(クミさん以外には)いないわけだし。  ただ、それはそれとして、プロポーズ10日前に、別の女性を家に連れ込むっていうのは、まあ倫理的におかしいし、  それについて批判する権利はないけれど、まあやらない方が良いことではあると思います。  若林さんの言い方も終始「自分はこういうこと(説教)をする人間ではない」という前提があるし、要するに「関係者以外がわざわざ怒る理由はないけれど関係者だから怒る」という話で。  これが春日ではなくて別の人だったら、同じことをしても別に怒りはしなかっただろうし。  そういうところでやっぱり若林さんの、メディアスターになって40歳を迎えても全然狂わない、感覚のズレのなさというか……。  その流れで、やっぱり一番嬉しかったのは「ワイドショーのMCのオファーを断っている」という発言があったことですね。ああいう人間の底辺のような仕事をちゃんと蹴っている。仕事を選ばない人間ではなかった。  ということがわかったし、それと同時に、そういう人たちが長いスパンで評価される時代が来てほしい、来るんじゃないかと思うんですよね。前に、何の番組だったか忘れたのですが、若林さんが(別の人だったらすみません)「今は正論がブームになっている」みたいな話をしていた記憶があって、  そうだとしたらそろそろブームが終わるんじゃないかという気もするんですよね。それこそ、電気グルーヴの件でバイキングが叩かれ、NGTの件で文春が叩かれ、そういう正義感を振りかざす動きにちょっとずつ異を唱える人が増えてきている印象があり、  それがある一定の割合を超えた時には、『ワイドナショー』『バイキング』のような番組で、毎週正論と偏見と差別と悪意を振りまいてきた松本人志や坂上忍はまず真っ先に大衆の支持を失うはずだし、そこで次の時代を担うのが若林さんなのではないかということを前回の記事に書きました。  ところで、あの放送のハイライトはやっぱり「若林が春日を家に呼び出して2人で話した」というところなんですよね。  武道館ライブから1年間、何度も冗談交じりに家に来るように誘ってきた若林、それを断ってきた春日が、こういう局面ではちゃんと2人で話す。  開演直前にトイレに行った時にメールで注意していたことが明かされたり。もう普通にイタいファンになってしまいますけどキュンときましたね……。  クミさんの電話出演、話題を変えさせずに進む若林のフリートーク、その後の春日のどうしようもないフリートーク。「寝るな」「立ってろ」という若林のツッコミの入れ方が、逆ズレ漫才。この形でそのまま検索ちゃんで披露できるんじゃないかと思うほど。  でも今回の件、世間的にはどのくらいの扱いなんでしょうか? NON STYLEみたいに永遠に弄り続けられるのか、バナナマンみたいに何となく流されるのか。まあオードリーANNでは一生弄られると思いますが。  スタッフがリトルトゥースでお馴染みの「ひなあい」「スクール革命」「モニタリング」でどういう扱いをされるのかが気になります。特にひなあい。弄ってくれた方が面白いんだけどアイドル番組だしなあ……。  クミさんのトークの上手さにも驚かされましたが、同時に、クミさんが思ったよりも気が強い方だなとも思いました。春日のこれまでの狙ってる女時代のフリートークだと、春日が何をしてもあまり怒らないような雰囲気だったので……。  そういう夫婦の形だと、例えばこれから……年齢的にちょっと不明ではありますが、子どもができたりした時に、それでもずっと深夜ラジオを続けてくれるのか、5年後・10年後もオードリーの今の関係性が続いていくのかというとわからない部分があるなと。  以前の記事でも書きましたが、
    春日が結婚するということは、永遠に中学の同級生という関係の延長にあったオードリーの2人にとっての思春期がついに終わってしまうことでもあって、若林が号泣していたのもそこへの想いがあったりするのかな、と想像したり。 それこそ、まさに『ナイナイANN』のようにいつか終わりが来るんだろうな、とも思ってしまったし、何年も先のことかもしれないけれど、それが春日が若林に対して主体性を見せる最初で最後の機会になるのではないかとも。
 wowakaさんの訃報があってから、割と「この人が明日死ぬかもしれない」みたいなことを考えることが多くなっていて、  例えば「でも明日急に春日が事故で死ぬかもしれないんだよな」とか考えるんですよ。それは全然あり得ない話じゃないし。芸能人だから死なないとかそういうこともないし。  で、まあそれは突拍子もないことかもしれませんけど、例えば10年後、20年後、30年後、春日が亡くなった時に、弔辞を読むのが若林だとして、  若林が「最後に春日と2人きりで話したのは、クミさんと結婚する直前にフライデーに撮られた時だったな」って泣きながら言うんじゃないかなと思って、急に寂しくなったり悲しくなったりした放送でした。 ...

comment  0
favorite  0
最近の話題 3年前

新iPad、AirPods、Cupheadなど

春のガジェット祭り。

iPad mini / Air (2019)

 ついにアップデート。噂はありましたがようやく発表となりました。  mini 4ユーザーとしてやっぱり嬉しいのはiPad mini (2019)。  iPhone 6相当だったmini 4からスペックも何もかもがジャンプアップ。  性能3倍でありながらホームボタンもベゼルも据え置き、重さもほぼ同じ。これぞ皆が待ち望んでいたmini!
新型iPad mini発表! 僕らが望んだminiの続編 | ギズモード・ジャパン  iPad mini 4への愛とmini 5待望論を語る記事をApple発表会のたびに毎年書いていたGizmodo小暮さんのエッセイ。ほっこりしますね。  何よりも嬉しいのがApple Pencil。  「持ち運べるサイズのタブレットがメモ帳になる」って絶対便利だと思うし、ここって意外とデジタル化しにくい領域なんですよね。  SurfaceはノートPC感が強くて、例えば急にかかってきた電話の内容をメモ、みたいな場面だと画面が遠いので意外と役に立たない。かといって、単なる電子メモ帳はおそらく持ち運ばなくなる。邪魔なので。  この点、新iPad miniとApple Pencilの組み合わせは、重量、その他の用途、どこを取っても最適解だと思います。 [amazon_link asins='B07PRWXRF6' template='Original' store='galeglad-22' marketplace='JP']  iPad Airも、iPad Proほどの性能は要らないけどApple Pencilでお絵描きしたいという層に刺さりまくりだと思います。Kindleも結局Paperwhiteが一番人気であるように、iPadもAirが一番人気になるのではないでしょうか。  欲を言えば防水とワイヤレス充電にも対応してほしかったけど、価格も割と抑えられているので全然気になりません。  iPad mini 4、個人的にはそこまで不満に思っていなくて、というかそもそも使用頻度が低くなっていたので、別に買い替えはいいかなあ……という感じだったのですが、  実際このスペックアップを見せられると物欲が止まらない……。  なので就職が決まったら買おうと思ってます!笑  買うとしたら64GBでCellular版ですかねー。GPSはやっぱり欲しい。というかauのmini4の3年契約が残ってるからSIM差せるものにはしたい。あとはauの3年契約をまた更新するか、それともApple StoreでCellular版を買ってしまうか……どちらか安いのだろう。  実際、auで買う場合、毎月割とかタブレット割とかいろいろ計算すると、3年間で¥83,160払うことになる(端末代金+3年間の月額)らしいんですけど、これをAppleで買うとSIMカード抜きで本体が¥65,664だから、差額だと月¥500でLTE通信できる計算になり、ここに家電量販店のポイントとかクーポンとかを上手く利用すれば、別にぼったくりではないと思うんですよね。……もちろん半年くらい契約して違約金払って抜けるのが最強ですが……。  容量は64GBと256GBがありますが、私はmini4の32GBモデルでも別に困らなかったので64GB一択です。Netflixをガンガン端末に保存するなら……と思ったけど、Netflixはテラスハウスの副音声版をダウンロードできない残念仕様なので使わない。  ガルパとミリシタの曲全部DLしても別に32GBで足りてますが、音ゲー10個くらい掛け持ちしてたら大変かもしれないですね。

AirPods (2nd)

 AirPodsもアップデート。 [amazon_link asins='B07PSZ8395' template='Original' store='galeglad-22' marketplace='JP'] [amazon_link asins='B07PRWYVN4' template='Original' store='galeglad-22' marketplace='JP']  ケースには待望のQi充電が搭載されました。  今から第2世代を買うのであれば、家にQi充電パッドがある場合は迷わずこちらを選ぶべきだと思います。Lightningケーブル差す充電は間違いなく面倒になっていくので。  個人的には、AirPlusというQi対応化するケースを既に購入済みなので、わざわざ買い替えるほどではないですが……。  イヤホン側の進化はというと、Hey Siri対応はAndroidと併用している身には無縁ですし、接続が2倍というのもたぶんiOS / Macだけではないかと思っています。  遅延が30%軽減と言われても、実際ガルパの遅延とか30%でどうにかなるレベルではないしなあ……というのが正直なところ。ただ、ミリシタはなぜかほぼ無遅延で遊べてたので、ソフト側がちゃんと対応した上で30%軽減されれば有線と同じレベルに達するのかもしれません。  まあただAirPodsはとにかく最高のアイテムなんで、持ってない方は絶対買うべき。  ビックカメラやAmazonなどのApple公式の代理店が、第1世代AirPodsを在庫処分で値下げする可能性はそれなりに高いし、それがそのままAirPodsの底値になると思うんで、欲しい方はウォッチしておくべきかと思います。 [amazon_link asins='B01N2VMGT6' template='Original' store='galeglad-22' marketplace='JP'] ビックカメラ.com | アップル Apple AirPods (エアポッド/第1世代) ブルートゥースイヤホン フルワイヤレス インナーイヤー型 MMEF2J/A 【純正】 通販

Cuphead Nintendo Switch版

日本語対応版のNintendo Switch用「Cuphead」が4月18日より配信開始。PC版,Xbox One版も同日に日本語対応を含むアップデートを実施  「Cuphead」がSwitchに登場。Xbox Oneでプレイして、あまりの難易度とロードの重さなどで途中で詰んではいる身ですが、  言うまでもなくクオリティはめちゃくちゃ高いし、高難度な2Dアクションって任天堂ユーザーの大好物なんで、もちろん売れると思います。  これと『オリとくらやみの森』はどう考えてもSwitchに出すべきソフトだと思ってたので嬉しい限り。オリ森も来てほしい。  ただ個人的にSwitch版を買い直すかどうかは……迷い中です。だったらXbox Oneでやってしまえば良いし、あとSwitch対応の中で動作の軽量化なども行われたらしいので、だったらSurfaceでも動くのでは? ...

comment  0
favorite  1
最近の話題 3年前

鯨工場、キュン、ひらがな推し など

MaisonBook Girl『鯨工場』

https://www.youtube.com/watch?v=LMaRQiYIez0  一貫して最高。  ブクガは変拍子も面白いけど4拍子も良い曲多いんですよね、『十六歳』『ボーイミーツガール』とか。  4拍子でありながら、それを3+5に割ることでブクガらしさと違和感をちゃんと残す、というその発想も凄い。  毎回似てるという批判すらそろそろ毎回で飽きていますが、  それこそEveや須田景凪、セカオワやゲス極がそうであるように、またはkemuさんやトーマさんがそうであったように、芯の通った同じ路線の新曲を供給し続けることこそが、アーティストに対してファンの求めてるものであって、合わない人は他のアーティストの曲を聴けば良いだけなので、そんな声を気にして路線を変えられても困ります。wowakaさん聞こえてますか……。

日向坂46『キュン』

https://www.youtube.com/watch?v=wYanmkSEJco  なんだか各所で絶賛されてますが、個人的にはあまり……  日向坂のあのイメージだと、『僕たちは付き合っている』くらいにひたすらハッピーで、闇のない曲が聴きたかったので、  イントロの英詞だったり曲調だったり、全体的に「欅坂と乃木坂の中間」みたいな路線になってることの違和感がありました。  というかAKBにも乃木坂にも言えることですけど、歌詞に必ず入ってくる"秋元康の作家性"が不協和音を生じさせているのが少し気持ち悪く思います。  欅坂はそこも噛み合ったのだと思いますが(それを秋元が書いている、というねじれは別にして)、  日向坂に関しては、そのポテンシャルをもっと引き出せる作詞家たくさんいると思うし、そういうプラットフォームになれるアイドルとしての強みを活かせるももクロみたいなアイドルだったらどうなってたのだろう……とも。 https://www.youtube.com/watch?v=EMPh6J6lQ_E  ただこのコールは好きです。こっちが本編と言っても良いのでは。

ひらがな推し『1stシングルヒット祈願駅伝』

 ついでに書いておきます。  やっぱり「ヒット祈願」と「マラソン」が繋がってないの気持ち悪くないですか? 24時間テレビと同じ感動ポルノでしょうこれ。女の子の頑張っている姿に魅力を感じる気持ちはわかりますけど、この駅伝は「頑張る姿を見たい」という欲望が先にあって成り立ってる企画なので、自作自演。  アルバムヒット祈願のバンジージャンプも含めて、何か違うだろうと思う。デビューライブまでの道のりを追ったドキュメントで感動するのならわかりますけどね。どうせなら「井口の1週間ダンス特訓企画にメンバーが交代で励ましに行く」とかそういう、企画のゴールに生産性がある挑戦をしてほしい。駅伝走り切ったとして何が起きるというのか。  ただ、そういうことを抜きにして、バラエティとして観るなら、2人ずつをフィーチャーするフォーマットとしては良い感じで、かとし×ひなのなののトークは幸せに満ちていたし、合間のトークも見どころがある。井口筆頭に応援の様子もいちいち面白いし、スタジオのオードリーのツッコミもさすが。  テンポ良く笑えるシーンが挟まっているので、24時間テレビのような感動企画になりすぎない仕上がりになってはいますが、これはお寒い企画を押し付けてくる坂道運営に対するテレ東バラエティ班の抵抗として観るべきなのでしょうか?  マラソンのラストもサトミツの号泣でちゃんとオトしてくれることがわかっているので、そのフリだと思えば……それでもやっぱり別にマラソン選手とか目指してない女の子に12㎞走らせる動機がないのが納得できない。欅坂46の滝行企画よりは、それでもいくらかはマシですが。

TBSラジオ『ACTION』

https://twitter.com/djmatsunaga/status/1107944891961663489  ANNとTBSの掛け持ち。  作家福田なしの松永1人で2時間はどうなのだろうと思いつつ、これが面白ければいつニッポン放送に切られても大丈夫ですね。  ニッポン放送が発掘して即捨てた人材を活用するTBSラジオの戦略は流石だなと思いつつ、  この並びなら朝井リョウ起用してほしかった……。いっそ松永と朝井の2人でも良かった。月イチくらいで呼んでくれないかなあ……。ついでにかとちえも。

井口裕香&東京ホテイソン『RADIO UnoZero』

https://twitter.com/cho_ag/status/1106484077622771713  これ結構面白そうじゃないですか?  東京ホテイソン、ネタは面白いけどアドリブ弱いことがこの前の三四郎ANN0で判明したし、単純なトークだと霜降り明星に勝てないので、トーク慣れしてる井口裕香と組むのは良い組み合わせ。ゆかちが東京ホテイソンのツッコミ速攻でパクるのも想像できるし。  芸人声優×若手芸人の組み合わせのラジオ増えてほしい。しっかりお笑いやって男性芸人とも普通に絡んだ方がアイドルとしての人気にも繋がりやすい、という女子アナや秋元アイドルのメソッドが声優にも下りてきますように。  4月からの新番組も継続番組も楽しみで、時間を確保できるかが不安ですが、4月は無職で暇なのでたっぷり聴きまくります。笑 ...

comment  0
favorite  1
最近の話題 3年前

オサカナ、CY8ER、黒い羊など

タイトルに入りきらないので曲名だったりアーティスト名だったり。  

sora tob sakana『knock!knock!』

https://www.youtube.com/watch?v=MyikIWSAEE4  オサカナ新曲。良すぎませんか……。  アレンジとサビは言うまでもなく気持ち良いし、サビに入りそうなところに割り込んでくるインドテイストの間奏も不自然さを感じさせない。  あと、このPV普通に可愛くないですか?「knock!knock!」のところの振り付けなんか特に。普段は曲しか聴かない派なんですが、何となく目を奪われるPV。  これだけ作曲者が好き勝手やってる楽曲なのに、歌唱とダンスでアイドル本人の良さが存分に引き出されているの理想的すぎる。  ここまで良い曲を投げつけられると、アルバムも欲しくなる。 [amazon_link asins='B07L8XWHP9' template='Original' store='galeglad-22' marketplace='JP']  ダンスが良すぎたのでBlu-ray同梱の限定版も気になるものの、ちょっと価格が高すぎるので素直にAmazon Musicかなあ……。  

CY8ER『デッドボーイ、デッドガール』

https://www.youtube.com/watch?v=71z2gjTavnE  相変わらず最強なyunomiサウンド。  地下アイドルの変拍子はそろそろ当たり前になってきましたが、ここまでの変態転調はあんまり聞いたことがない気がする。BPM15Q時代のハッピー感を押し込めた病み曲で、一時期のマンネリ感からも脱却して、やっとBPM15Qの劣化ではなくなった……かもしれない。  ゆのもきゅの『インドア系ならトラックメイカー』に代表されますけど、にかもきゅさんの歌声は多幸感が強いので、こういう地下アイドルに求められる方向と上手く噛み合わなかったのかなあ……と想像しています。たぶん違うと思いますが。  

欅坂46『黒い羊』

https://www.youtube.com/watch?v=MAkIYZiyJq4  YouTube PremiumのせいでカップリングのMV公開がしづらくなったの、なるほどという感じもしますが、だったら定額制で先行配信という選択肢もあるはずだし、  そもそも楽曲が握手券を合法的に高く売る口実でしかない欅坂46で楽曲そのものの価値を守る意味が何かあるのかと疑問を呈しつつ。    『サイレントマジョリティー』の頃の「普遍的な少年少女を肯定する」というテーマは、実際に欅坂46という居場所を与えることとそれが結び付いていましたが、  『黒い羊』のように「少女が逆境に立ち向かう、葛藤に抗う」テーマの楽曲を今落とされると、  「いや、その少女たちに試練を与えて苦しめてるのはお前ら運営だろ」という、他人事感が気持ち悪くなってしまう。乗り越える必要のない試練を与えた結果として今の崩壊寸前な欅坂があるわけで。それでてちの感情の乗った迫真の演技が、と言われても、それはマッチポンプでしかないわけで。  まあ、イモトに特に意味もなく山に昇らせたのもスタッフなのになぜか感動的なナレーションを差し込む日テレが支持されるのと同じように、欅坂46のこういう売り方でも感動する人はたくさんいるでしょうから、ビジネスとしてもちろん成立しているのでしょうけど。  あと楽曲としても圧倒的に『アンビバレント』の方が好きです。  

ライムベリー解散

https://twitter.com/rbstko/status/1099345811698180096  リリスクでhimeさんを知ってから逆算で知っただけで、後追いすらしてないし、別にファンだった期間があるわけでもない私が何か言うことでもないのですが……何らかの歴史が一つ終わってしまう。ラップアイドルの2大巨頭にして先駆けの片方が失われてしまうことに。  解散する前に今のリリスクとの共演が観たかったという気持ちはありますが、それはオタク側がエモの自己満足をするためだけの要望になってしまうのでおそらく叶わないのだろうなあとも……。 https://www.youtube.com/watch?v=zVzz7hwiF6Y  ライムベリーとリリスクの2マンの映像がYouTubeに残ってるんですけど、この頃のメンバーがhimeさん一人しか残っていない(しかもこの時とは別のユニット)という因果。  

ヒトリエ『HOWLS』

 買いました。聴きました。 [amazon_link asins='B07NVQ2Z96' template='Original' store='galeglad-22' marketplace='JP']  感想は後日まとめる予定ですが、このアルバムを気に入った方のご期待には沿えないものになるのでご了承ください。 ...

comment  0
favorite  1
最近の話題 3年前

テラスハウス、最近のラジオなど

最近のテレビ

ひらがな推し

 上村ひなの登場回、キン肉マン回、ずっと尊い。全員可愛くて毎回ちゃんと面白くて誰も傷つかない理想郷バラエティ。来週はキラーコンテンツスナック眞緒だし、ゲストの中に若林さんとの関係がすっかり出来上がってる加藤史帆がいるし、楽しみ。
今回も悩みを抱えてメンバーが来店。密かに想っている人がいる高瀬、犬を飼いたい東村、どうしてもへにょへにょしちゃう加藤の悩みは解決出来るのか!?そしてバレンタインをめぐり、常連ワカちゃんとマスターのバトル勃発!? ひらがな推し【お悩み解決!スナック眞緒】
 もうこの予告だけで楽しそう。  突然日向坂に改名されましたが、『ひなた坂』の方がひらがな感あって可愛かったのにとか、何でそれをひらがな推しじゃなくてメンバーのうち数人しかいないSHOWROOM配信で発表するんだろうとか思いつつ、まあ私は別にオタではないのでオードリーとの番組だけ名前を変えて続いてくれれば十分です。

テラスハウス OPENING NEW DOORS

 軽井沢編がとうとう完結。  Netflixで全話観終えましたが、もう全員悪役としか言いようのない怒涛の展開……あまりにも面白すぎた。  言いたいこと全部スタジオメンバーが言ってくれるから逆に語ることも特にないけれど、もう本当にいろんな人に観てほしいです。手っ取り早く楽しみたいならPart 6(#41以降)だけ先に観ても良いかもしれない。  あの最後の展開を踏まえた上で最初から観直すといろいろ発見がありそうで、それも楽しみなのですが、とりあえず今はALOHA STATEを最初から観ています。声だけでも十分楽しめるので、仕事中ずっと流してます。  Netflix無料体験が終わる前にハワイ編観終えて軽井沢編ももう1周したい。  でもハワイ編は軽井沢と比べるとスロースタートかな?と思いますので、軽井沢編が今から観るにはちょうどいいんじゃないでしょうか。もちろん理想は最初から観ることだと思いますけど、軽井沢は割と最初のメンバー6人の時点でヤバい人が多かったので。  そして6月から待望の新シーズン! 意外と近くて楽しみです。たぶん無料体験終わったら一旦解約して、6月になったらNetflix入り直します。 https://www.youtube.com/watch?v=EnyAqa6l0mU  山ちゃんねるも面白すぎる。ただ、コメント欄が……クロちゃんへの反応でも思いますけど、たまに本気で「死ね」とか「不快なのでテレビに出さないでください」とか書いてる人ってテレビに何を期待してるんでしょう?  優衣のクズさは否定しようがないし、怖いとも思いますけど、優衣がテラスハウスに出てくれたことそのものについては感謝と尊敬以外の気持ちはないし、本人のインスタに嫌がらせとか本当に意味がわからない。別にその嫌がらせしているお前は何かされたわけではなくてただエンターテインメントを提供して頂いただけの人間でしょう。  実際に会って危害が加わったらそういう反応になるかもしれませんが、遠くに観ている分にはあのままの振る舞いで生きていてほしいですけどね……。  それにしてもNetflixとかAmazon Prime Videoとかの自動で次のエピソードに流れていく感じはもうストレスなさすぎますね。アルピーANNとかもちゃんと全話揃ったものが公式でどこかにアーカイブされていれば全然お金払うんだけどなあ……。

最近のラジオ

 スペシャルウィーク。と言いつつTBSラジオがSPウィークを止めたことで完全にお祭り感が失われてしまった……。

沈黙の金曜日 ゲスト:渡辺みり愛 (2/1)

https://www.youtube.com/watch?v=UWpZ-1NaT8o  少し前ですが。面白かったです。  中田花奈さんも別に嫌いじゃないんですけど、こういうサバサバしててさらっと毒を吐ける人の方がラジオ向きだしアルピー向きじゃないかなあと。以前出て同様に良かった梅澤美波さんはラジオレギュラーになる格ではない次世代エースらしいので、みり愛さんがレギュラーになったら毎週聴きたい。  おまけにこの週のゲストがthe peggies北澤ゆうほさんとかいう奇跡まで起こってびっくり。「SNSで暴言吐いてクラスから孤立した」というイタいエピソードが最高でした。

根本宗子・長井短のオールナイトニッポン(2/4)

 ゲストは北島兄弟。と言いつつ個人的には何の興味もないので途中でギブアップ……。  「重たい話」のコーナーがあった頃はまだ楽しめたのですが、それも終わってしまい、ちょっと聴くのが辛くなってきました。  性別で何かを区別するのは良くないと思うし個人によるのだろうと思うものの、女性同士のラジオに共通する内輪感って何なのでしょうね。単に自分が男性だから共感しづらいのか、好きになるもののベクトルの違いなのか…  そしていよいよANN0改編の季節。と言っても、この2人が2年目継続する可能性はさすがに全くないと思いますが、後任は誰になるのでしょう。  芸能人じゃない方を起用するオシャレ枠なので、全然知らないところから引っ張ってくるのかなあ。ZEROはド深夜だしギャラ安いしラジオ好きじゃないと受けてくれなさそうな気がしますが、YouTuberとか若い世代でラジオ好きな人はどのくらいいるんでしょうね。この前のミューコミでリトルトゥースを公言した月ノ美兎委員長を起用するサプライズに期待してます。

Creepy Nutsのオールナイトニッポン0 (2/5)

 ゲストにZEEBRA。作家福田さんもリスナーも緊張しながら進めるという謎の時間でした。その反動で今週の番組が楽しみだったりします。  全体的にはラジオファンよりヒップホップファン向けな番組でしたが、「メタファー」のくだりはこれ放送して良いの?という内容で凄かったです。  CreepyNuts、そういえば新メンバーオーディションの企画まだやってないことを思い出したので、このタイミングで打ち切りはないんじゃないかと思うんですよね。ただWANIMAと同じく月イチ送りにされる可能性はありますが……。今一番面白いラジオなのでせめて2年目は行ってほしいところ。3年目はよほど数字取れないと無理だろうから諦めもつく。

アルコ&ピース D.C.GARAGE (2/5)、ハライチのターン! (2/7)

 スペシャルウィークが廃止されて生放送もなくなり、無。悲しい。  ただ、作家福田さんの最近の売れっ子ぶりを見ると、仮にDCGがJUNK昇格みたいな奇跡が起きたとしても、ANNのような全力投球は見れないんだろうなあという気もします。いろんな意味でアルピーANNはあの時だけのお祭りだったのだろうし、あれにリアルタイムで乗れなかったことを悔やみ続けるしかないのでしょう。

三四郎のオールナイトニッポン0 (2/8)

 ゲストにフジモンと東京ホテイソンたける。やっぱりフジモンが圧倒的に面白くて凄かった。東京ホテイソンはあらゆる意味で霜降り明星に全部持っていかれる雰囲気しか……  通常回は特に聞く気にならないのですが、三四郎と新内眞衣さんはそろそろ1時台で良い気がするんですけどね……。今のAKBと坂道の差の付き方を見ると、AKBの週替わり枠がZEROでも妥当な気が。

オードリーのオールナイトニッポン (2/9)

 こちらも実質スペシャルウィークなし。フリートークが1週休みになることでスペシャルウィークの翌週が面白くなるのがラジオあるあるなので、スペシャルウィークの前の週にフリートークお休みにしたのが功を奏したのか、ここ最近ではかなり面白い回に……まあ偶然でしょうけど。ただゲストはゲストで呼んでほしいところ。日向坂メンバーも今ならもっと面白くなるでしょうし。

ヨブンのこと (2/10)

 スペシャルサイエンスウィーク。今回は珍しく企画がそこまでハネなかった印象……前半の朝井リョウさんの構成力は流石でしたが。  ラジオに関して言うと別に毎週面白いし聴くのを止めたいと思うようなラジオも特にないんですけど、ただやっぱりDCGはアルピーANNの劣化だしヨブンのことは朝井加藤ANN0の劣化だし、そのリアルタイムに立ち会えなかったこと、ここまで面白くてコストもかからないコンテンツでさえ続いていかなくて簡単に奪われてしまう絶望をどこにぶつければいいのかと……。  自分と社会の価値観が違うせいで、自分の好きなものが消され、自分の好きではないものばかりが世界の中心に行き、自分の好きなものは続いていく過程で自分の好きではないものに変容してしまう。それを変えるには自分が社会を動かす立場にのし上がる以外にはないのでしょうか。 ...

comment  0
favorite  0
最近の話題 3年前

シャダーイクン、Dr.Mario Worldなど

いろいろあって土日更新できなかったのですが、書きたいことは溜まっているので明日書きます。

最近聴いてる曲

クマリデパート『シャダーイクン』

https://www.youtube.com/watch?v=hP4tIlbXHag  でんぱ組の玉屋 2060%とブクガのサクライケンタのコラボ。結果的にクマリデパートでありながらブクガ色も強まっていて最高の中毒性。  ブクガは純度100%のサクライケンタ世界観で殴ってくる感じなので、その分冒険はしづらく、他の作曲者とコラボするならクマリデパートなんでしょうね。大森靖子とのコラボもありましたし。  中田ヤスタカがPerfumeときゃりーとCAPSULEでそれぞれ作風変えつつ相互に変化しているのと同様、こういうアウトプットのプラットフォームが複数あるとやれることの幅が広がって強いんだろうなーという感じ。

星歴13夜『おやすみ未来と恋乙女』

https://www.youtube.com/watch?v=_YLz_SDNTFw  こちらは「ぜん君」プロデューサーの新ユニット。同じ作曲家・プロデューサーが複数のアイドル手掛ける事例がどんどん増えてますね。それぞれのマネジメントが適当にならなければとても良いと思うのだけど。  ぜん君よりも作詞・作曲それぞれの個性を丸めた感じで、曲調も千本桜を筆頭に「需要はあるのに意外と供給がない」でおなじみの和風ロック。こっちの方が一般受けして売れそうな感がありますが、個人的にはやっぱりぜん君の唯一無二なメンヘラ歌詞の方が好き……。

lyrical school『Tokyo Burning』

https://www.youtube.com/watch?v=ZuB-bBpxlpU  最近のリリスクの脱アイドル的なヒップホップ偏重路線はあまり好きになれない部分もあるのですが、この曲は割と好きです。ただなんか根本的にどの曲もあんまり変化がないように感じられたり……何でしょうね、ヒップホップって明確なメロディーラインが少ないし、歌詞も韻を踏むという制限があるので情報量が少ないというか、割と似たり寄ったりになっちゃう……まあごちゃごちゃ言ってますがAxSxEさんまた起用してくれないのかなあ。  リリスク、昨日のネットサイン会、ちょうど買ってないCDだったし初参加するにはちょうど良いタイミングだったなあと今更後悔してます。握手会、行かない時期が長くなると本当に覚えられてるのか不安になって行きづらくなる負のスパイラル。だからこそ定期的に行こうというモチベーションにもなるわけですが。 https://twitter.com/hinako_805/status/1092070545770729479 https://twitter.com/Minan1205/status/1092084160124968963  学生の活動に配慮してくれるリリスク運営素晴らしい。最近は芸能界でも割と本人の意志と事務所の利益の対立みたいな問題が少しずつ出てきてはいますが、アイドルビジネスって結局人材マネージメントの問題になるわけで、  こういう部分で信頼できる運営であることが長期的にちゃんと報われる世界であってほしいですね。  ……しかしhinakoさん何年生なのだろう? インスタライブでちらっと言ってた感じ理系の医学部?らしいので、院に進むのかもしれませんが、どちらにしても大学卒業とアイドル卒業がイコールになりそうな経歴ではありますよね。青春の一瞬をファンのために消費したことが、ちゃんと良い経験として活かされてほしい。

ずっと真夜中でいいのに。『眩しいDNAだけ』

https://www.youtube.com/watch?v=VJy8qZ77bpE  あーこの方向性か……という感想。ガールズゆるふわラップ。DAOKOとかまさにですけど、この手のラップパートって好き嫌いはっきり分かれるから、先鋭的な信者とアンチの二分化がますます進むのでは……と思ったり。  ラップ、特にシンガーソングライターのラップパートってなかなか厳しいですよね……好きなアーティストがやる分にはいいけど、その本人のことが好きじゃないと聴いてて恥ずかしくなるというか。自意識がもぞもぞする。  ヒトリエのラップパートもファン以外からはなかなか厳しいんじゃないかと思うし、それをボカロの機械的な音声で緩和しつつも歌い手に感情を乗せる自由を与えたからこそ『裏表ラバーズ』『ワールズエンド・ダンスホール』が流行ったじゃないかとも。  だから最初から人間ボーカルのラップパートになってるこの曲は……ボカロファンがこの曲きっかけに冷めつつ、歌い手ファンから流れてきた人は絶賛、という感じに落ち着くんじゃないかと思います。それで十分ビジネスになると思いますし。  そういう意味では、ずとまよの短期的なゴール(今年末あたりに上手く進めば到達できるポジション)って今のナナヲアカリなのかな。ボカロ/ニコニコ出身の尖った客層をガッチリ掴んだという意味で。

任天堂×LINE『Dr.Mario World』

 DeNAのポケ森、サイゲームスのドラガリ、NianticのポケGO、と来て次なる協業。「スマホゲー会社ガチャ」という比喩にはちょっと笑ってしまった。  ディズニーツムツムや妖怪ウォッチぷにぷになど、一見課金に繋がりにくそうなキャラクターで利益を異常に上げる会社なので、任天堂との相性は良さそうですが、  別にキャラクター人気で売ってるわけではないマリオとの相性は果たしてどうなのだろう……?  LINEと組んで女性層狙うのであれば、ポケモンどう森カービィスプラのどれかで行くべきだったのでは。どう森ツムツムとか出たらポケットキャンプの100倍くらい稼ぎそう。  それにしても、最初にDeNAと組んだ時にはまさかここまで次々と提携を発表するとは思いませんでしたが、ブランドを貸し与えることでスマホゲーのメーカーに対してお墨付きを与える戦略で、AppleやGoogleと同じようなプラットフォーマーポジションをスマホゲー業界でも奪ったの凄すぎないですか。  ポケモンGOの大成功とマリオラン発表時の特別待遇で、GoogleやAppleとも対等に付き合えている印象もあり、結果的に業界の中心軸の1つになりつつある。  で、こうなると「次はどこと組むのか」という話になって、パズルゲーをLINEに取られたガンホーは完全に見切られたのかなという気もしつつ。  個人的な希望としてはPUBG Corpと組んで任天堂IPのバトルロワイヤルゲー出すというパターンですね。  PUBG×スプラのバトロワをスマホで出せば、少なくとも日本では今のフォートナイトと荒野行動とPUBGとその他もろもろのプレイヤー全部持って行けるくらいのインパクトがありそうです。スマホで動くなら当然Switchでも動くでしょうから、マルチ/クロスプレイの道もあるでしょうし。  それ以外には……いっそ岩田社長の遺産の1つである健康事業でFitbitかGarminかNokiaあたりと提携してNintendo Watchを出して打倒Appleという展開も見たいです。  モンスターボールPlusのようにスマホともSwitchとも連携できるようにすれば、3DSのすれちがい通信の進化系としての可能性も見えてくるのでは。 ...

comment  0
favorite  1
最近の話題 3年前

テラスハウス、ひらがな推しなど

ブログのデザインとかちょこちょこ手を入れたりして一時的に画像表示されなかったりスマホ版のメニュー切り替えが動作しなかったりしていたのですが、明日以降触れます。たぶんそのタイミングで見た人とかはいないと思うんですがもしいたらすみません。

テラスハウス(1/21、1/28)

 年明けてからも相変わらず最高。  反面教師オブザイヤーだった颯太先生のどうしようもなさと最後まで空回りを続ける様子はもう見てて辛かったし、スタジオメンバーの毒も止まらない。誰も残念がっていない別れが酷いw  一度ネットのコメントを見て心折れたかに見えた優衣がナチュラルにマウントを取る姿に、炎上したくらいでは人間の本質は変わらないのだと思わされるし(ブーメラン)、  女子が2対1になるありがちな構図と、それを男子がいる前では微塵も見せずに仲良しに振る舞える女子の怖さに共感しきり。  一見うまくいきそうなペアが、「一人称が名前呼びになることがある」「デート中に鼻クソほじることがある」みたいな一点だけで急に冷めてしまうあたりは、恋愛の機微をドラマよりよっぽど上手く描いてるし、人間関係のトラブルでどちらかが悪いみたいなはっきりしたことはそうそうないのだと客観的に見ているとよくわかる。当事者は相手が悪いと思っているだろうけど。  もうテラスハウスをキラキラした青春だと思ってるのは番組を見たことない人だけなはず。毎週楽しみすぎる、というよりも毎週欠かさず観てるバラエティがこれしかない……。真面目にNetflix加入するか迷う……。

Creepy NutsのANN0(1/29)

 ZEEBRA登場を来週に控えた通常回がまたも面白すぎたのでメモ。個人的に神回だった去年のハロウィン回に匹敵するかも。  テーマメールも面白かったけどやはりラッパー弄りがたまらない!  数週前から「チェケ」という語感でラッパーを揶揄するのが五周くらいして一番面白いことに気づき始めたリスナー(と松永)。  「梅田サイファーの予約」というネタメールから「チェケログ3.5」「チェケラン星3つ」「チェケナンデス」「チェケ町ック天国」とパワーワード連発。  そしてやっぱり2人とも20代だけあって即座に出てくるネタのチョイスが若いんですよね。  アルピーやオードリーのトークに出てくる例え、または『スター名鑑』なんかの、そういうよくわからないものを拒絶せずに面白がる感性、というのももちろん大事で、楽しいのだけど、  やっぱりそれは「あるある」として本人と同じ目線で楽しめるのが一番良いのであって、  自分と同じ世代のパーソナリティーのそれは圧倒的に刺さってくる。  だから例えば朝井リョウが『ヨブンのこと』の少し前の回での遊助のアルバムのタイトルのネーミング弄り(『あの・・こんなんできましたケド。』『あの・・涙があるから愛があるんですケド。』)とか、朝井加藤ANN0での執拗なNOTTV弄りとか、  あれはオードリーからは絶対に出てこないトークだし。  そういう意味でも自分と同じ世代、つまり、20代前半がやるラジオというのは面白い。今一番期待できるのは霜降り明星になるんでしょうかね。ポケモン好きだし。
霜降り、NSC生に新時代到来を宣言「イーブイやシャワーズで笑い取れる時代が来る」 - お笑いナタリー  まあただ、一般的な同世代がそれを求める対象は、ラジオではなくYouTuberなのだろうな、とも思いますが。  月ノ美兎がニコニコ組曲歌ってみたとか、もう完全に同世代だなというのが伺えるし、逆に、そういうあるあるがネットの狭いコミュニティでしか成立しないのが細分化の時代かな……とも思うし、だからこそ『はねるのトびら』っていう最強カードを自前で持ってるカジサックが強い。

ひらがな推し

 毎週観てるバラエティもう一個あった。スタッフのオードリー愛が強すぎてひらがなファンよりオードリーファン向けの番組という趣がありますが……。  でもそのおかげでちゃんとバラエティとして成立してるし、しかも主役はメンバーだから結果的にどんどんメンバーのことも知れるし好きになる。ひらがなメンバー、初々しいのにガヤもリアクションもちゃんとできてて凄いなあと思います。  ただちょっとオードリー弄りすぎじゃない?と思うところはたまにありますが。スクール革命のHeySayJumpもそうですけど、アイドルが春日のことをスベりキャラとして扱うのは違う気がする。  というか春日とか他にも何人かいますけど、もうそのフリだと何を答えてもスベるに決まってるみたいなパッケージがあまり面白いと思えなくなってしまった。水ダウとかアメトークでよく見るやつ。ただのいじめだし。

ヨルナイト×ヨルナイト、ミュ~コミプラス

 伊藤美来ゲスト回を両方聴きました。やっぱりヨナヨナの方が好きだなー。よっぴーの褒め方はなんかわざとらしくて薄っぺらく感じてしまう。トムブラウンとみっくの共演という奇跡は面白かったけど、肝心のネタメールのレベルがどうしようもない……。まあ真裏がハライチのターンだから仕方ないか。  それこそひらがな推しがまさにそうですけど、純粋に面白い、笑えるコンテンツとして成立している方が結果的にその人の面白さも映えるように感じます。まあ、だからといって可愛い人全員がバラエティ対応をする必要はないから、例えば『けやかけ』みたいなのもあっていいと思うんですけど、やっぱり成立するに越したことはない。  そして今夜のゲストが三澤紗千香さん! からの2月のマンスリーアシスタント!  もう本当に楽しみすぎる。  三澤さんの誕生日生放送とかも観ましたし、アフラジも時々聞きますけど、いわゆるコミュ障タイプなんだから、一人喋りとかゲストを招いてのトークよりも、気を許せる相手とのコンビでずっと続ける方が向いてると思うんだけどなー。とはいえ上坂さんとのコンビは逆に甘すぎて中身がなくなってしまうので、何とか対等に突っ込み合える人と……やっぱりもえし適任だと思うんだけどなあ。事務所的な難しさはありそうですが。 ...

comment  0
favorite  1