最近の話題 3年前

トニカクカワイイ4巻、ろこどる7巻など

トニカクカワイイ(4)

[amazon_link asins='B07MNN3C69' template='Original' store='galeglad-22' marketplace='JP']  うーん。トニカクカワイイ。その言葉に尽きる。  いや、割とストレートに良い漫画だと思いますよこれ。キャラクターの多さとか風呂敷の広げすぎとかハヤテ後期の問題を適切に消化しつつ、ハヤテの面白さだけを的確に抽出してる。  ハヤテ卒業した人のための精神的続編なので、全盛期ハヤテの人気を超えることも絶対にないと思いますが、ひっそりと末永く追いかけていられるし、畑先生もそういうつもりなのではないかと。セカンドキャリア、安住の地としての漫画。  メインヒロイン争いというファンが熱くなる要素を最初から切り捨てているのも凄い。全盛期のハヤテが盛り上がったのもやっぱりナギvsマリアvsヒナギクvs西沢さんvs etc. のヒロイン戦争と、人気投票企画あってこそだと思うので、そういうものとは一線を画してる。

普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。(7)

[amazon_link asins='B07MVTKLRL' template='Original' store='galeglad-22' marketplace='JP'] [amazon_link asins='B07MVWBHF5' template='Original' store='galeglad-22' marketplace='JP']  少しずつ作品世界が広がっていったりというのは見えるのだけど、ぶっちゃけ作品のテーマ的にはアニメの12話で(オリジナル展開込みで)描かれたあたりがメインディッシュだったので、行き詰まっている感が見えなくもなく……何が問題って奈々子がこれ以上何をするのかが全くわからないという。幼馴染だったり別の市のローカルアイドルの成長は描かれてますが、今回に関しては流川ガールズが何かした感が薄すぎて引き延ばしに思えてしまったりも。  ここ何巻かチラついている縁さんの海外留学問題が次巻あたりでそろそろメインに出てくるのだと思いますが、せっかく「お金の概念が出てくるアイドル」という題材があるのだし、アイドルのセカンドキャリア的なところを描いてほしいなあと思ったりしてます。縁さんが卒業して新メンバーが入るとか。  そういう卒業・メンバー交代みたいな展開をするアイドルって意外と二次元ではいない、というか、普通のアイドルモノだとそれぞれのメンバーにファンが付いちゃうから、本人の人生みたいなものに左右されない二次元アイドルでわざわざ卒業させる意味がないわけで。(ラブライブは三次元側のライブはそうなりましたけど、アニメキャラクターとしてはスクフェスで続いているようだし)  あと、劇的に魅力溢れる新メンバー加入で人気爆発しかろこどる2期の望みは残されていないのでそういう面でもぜひ……

その他の最近買ったもの

 漫画の話だけだとちょっとボリューム足りなかったので、年始から買ったものをちょっとだけ並べます。

Switch充電スタンド&Proコントローラーケース

[amazon_link asins='B07D4R5GBJ' template='Original' store='galeglad-22' marketplace='JP'] [amazon_link asins='B07K7N96JQ' template='Original' store='galeglad-22' marketplace='JP']  Switchのこのへんのグッズ、別になくてもいいかなとは思ったんですが、Proコントローラーのスティックが1年経たずに壊れたようなので、それは持ち運び方に原因があったのかなと……。Proコンは修理に出しました。フェスまで帰ってくることを祈ってますが無理かなー。  充電スタンドは別に要らないと思ったのですが、Amazonの「1万円以上買うとポイントアップ!」のやつに釣られて買いました。持ち運びしやすいのは便利です。上のProコンケースの空いてる部分に入れて一緒に運べるのも良き。  ところでスプラのアプデ……ブキ追加は嬉しいです。もう既に内容バレてるからRエリート亜種が出ないのが決まってるというアレはありますが。  アプデについてはもう……毎回言ってるけど辛い。何でナイスダマ強化なのか、何でシューター系列一律強化なのか。マニューバとシューターのどちらかが強すぎるともう片方が下位互換になってしまう関係だから調整に苦労していることはわかりますけど、その2つの調整に躍起になって他のブキがどんどん置いていかれるんだったらそもそも他のブキ種いらないじゃんっていう。弱くても差別化できてるから調整不要とかいう寝言は止めてほしいです。せめて使用率低いブキは安直にSPポイント減らすとか、そういうレベルでいいから、忘れてないことをアピールしてほしい。Rエリートのアメフラシとか減らしても別に誰も困らないでしょう……。あとポイズンミストのボム系と比較した際のどうしようもなさもいい加減どうにかしてもらえませんか。 ...

comment  0
favorite  1
最近の話題 3年前

パレイドリア、Want you! Want you! など

須田景凪『パレイドリア』

https://www.youtube.com/watch?v=NQ12-0TYgAs  最近ずっと聴いてる。小気味よいテンポ。わかりやすく『MAD HEAD LOVE』感がある。  実写PVも含めて、ようやく「これをボカロに歌ってほしい」と思うこともない、ほど声と曲がマッチしているように感じます。  この路線でメジャー化しても米津さんにはなれないだろうし、ちゃんとこの狂った音楽をずっと続けてくれるなら良いけど、そんなこともない気がする。どちらかというとトーマさんと同じで急に消える未来の方が想像しやすい。  というか実はこの人がトーマさんだったりしないのかな。なんかアザレアに収録されてたトーマ本人歌唱と声が似てないこともないような? と思いつつ別にそんな噂も立ってないようなので気のせいかな。  そしてオールナイトニッポンのパワープッシュで定期的にラジオで流れてくれるの幸せしかない。  去年は『ワンルームシュガーライフ』が選ばれたこともありましたが、サブカル的なところから新人を発掘しようとするとニコニコ方面から探してくるしかないのでしょうか。  まあでも、ANNがグループアイドルとかフェスメインのバンドから発掘しても仕方ないし、楽曲性で戦ってる人たちが芽を出すとしたらやっぱりYouTube・ニコニコになるのか。今年のどこかで「ずっと真夜中でいいのに。」も選ばれそうですね。

須田景凪『mock』

https://www.youtube.com/watch?v=6IRvgqoziho  ショートバージョン。  なんかバルーンさんって系譜として米津フォロワー扱いされがちですけどwowakaさん/ヒトリエの影響も強いよなあとこの曲聴いてると思いました。サビのメロディーの歌い上げ方とか。声質が違いすぎるのであんまりヒトリエっぽくないですが。  しかし徹底して期待された通りの楽曲を上げてくるあたりが本当に新時代というか、Eveさんもそうですけど、昔であれば2~3曲に1曲ヒットを出せば良い方、みたいな余裕があったのが、もう1曲たりとも外せない、毎回バズらないと生き残れない。そういうSNSの支配下にある音楽みたいに思います。  そういうところを一度超えてファンを掴めれば、『灰色と青』みたいなちょっと変わったものを出しても行けると思うんですが、  2017年からのカゲプロ復活劇がどうにも以前ほどの熱を生めなかった原因はやっぱり『失想ワアド』が変化球だったことにあるんじゃないかなと……。あのタイミングでは期待されている通りのものを『チルドレンレコード』レベルで出すしかなかった。シンプルに『イマジナリーリロード』出すべきだったと思うんですけどね。

=LOVE『Want you! Want you!』

https://www.youtube.com/watch?v=Bot92Nn-ozk  イコラブあんまり追ってなかったのですが、昨年の長井根本ANN0のドッキリ企画で名前を知って、この前のミューコミ(荻野可鈴&野口衣織ゲスト回)でかかってたこの曲、ちょっと良すぎて今無限に聴いてます。  去年のうちに知ってたら絶対ベストソングに入れてた。そのくらい刺さってる。  最近流行のK-POPテイストを取り入れて女性向けにアピールしているのでしょうが、ちゃんと可愛いし、コール&レスポンスも用意されててライブで絶対楽しい曲。  K-POPやEDMを意識してあえて英語詞多めにしていると思うんですが、あれ以上難しいことを言おうとすると伝わらないギリギリになっていて、  1:31からの拙い英語なんか特にですけど、アイドルソングとして聴いてて一発で意味が誰でも理解できる中学生レベルの語彙。それが可愛らしさの演出と、アーティストではなくアイドルであることの提示にもなっている。  これが本当に指原さん作詞で狙ってやってるなら才能が凄すぎる……。

ヒトリエ『HOWLS』

 フルアルバム。今のところ曲名で惹かれるものはそんなにありませんが、それでもフルアルバムなら1曲くらいは中毒性の高い曲がある、『5カウントハロー』や『ハグレノカラー』のように、と信じたい。  いろいろ思うところはありつつもwowakaっぽい曲の強度としてwowakaさんを超える存在は未だにいないので、期待せずにいられません。 ...

comment  0
favorite  3
最近の話題 3年前

最近のテレビ・ラジオ(1/1~1/7)

昨年末の記事でちらっと書いた、備忘録としての最近観た番組の記事です。

新春テレビ放談2019(1/2)

 ついにテリー伊藤がいなくなったり、佐久間Pが復活したりと大分マシな面子に。  「視聴率以外の指標が必要」という話が毎回出ていて、オリジナルの賞を……なども言われていますが、要するにそれがギャラクシー賞なのにそうなれていないことに問題があるような。  別にNHKとか権威とか関係なく、AbemaTVとかYouTubeで「今月の面白かったテレビ番組を紹介する」的な番組を誰かが月イチでやればいいのに、と思います。  ところで『相席食堂』が2018年話題になった番組として取り上げられてましたが、その「話題になった」というのはどの規模なのでしょう。テレビっ子の間で話題、というのが、実際100人くらいしかいないコミュニティの話のような気もしていて、相席食堂TVerで観てる人が実際どの程度いるかというと……  と思いつつ水曜日のダウンタウン観てる人は280万人いたわけで。インターネットってどんなニッチなコミュニティでも成立してしまうけど、その大きさはわからない。「テレビ=大きなコミュニティ」みたいなことがどこまで正しいのかは他の数字がないと実感できない部分があります。  それにしてもあの数字は衝撃的……。280万世帯ってことは、Splatoon2人口より水曜日観てる人の方が多いってことになりますけど、そんなことあります? ちょっと自分の感覚を疑わなければならないなと思いました。

霜降り明星のオールナイトニッポン(1/3)

 ちょっと凄すぎた……。霜降り明星、特に粗品さんのネタの面白さは前から知っていましたが、フリップネタの印象が強くて、だからこそ事前に練ったネタが得意な芸人だと想像していたし、  『アメトーーク』や『R-1』のイメージから、せいやさんの方は最近よくいる「ネタ書いてないポンコツ枠」、相田西村ラインだと認識していたのですが、  「ごきげんようか!」「国際条約か!」などそのままネタに持っていけそうな切れ味の例えツッコミがフリートークでポンポン出る、粗品がボケに回るコーナーではせいやがツッコんで進行できる、  芸人ANN恒例のリスナーのリアルタイム嘘メールにも難なく対応、しかも粗品が不条理ネタを武器とすることもあって、アルピーANN的なシュールネタとの相性も抜群。  完璧……。  関西ローカルのラジオ経験があるからでしょうが、それにしても既にオードリーANNに匹敵するレベルの面白さと安定感だったし、すぐにでもレギュラー化できる。4月から四千頭身の枠に収まるか、もしくは三四郎追い抜いて一部でもできそうなほど。

その他レギュラー番組

Creepy Nutsのオールナイトニッポン0(1/1)

 収録。ただし12/24の生放送後。ハイテンション。  深夜5時スタートの収録を決めたことを後悔する中で「来年は絶対やらないようにしよう」と口走っていましたが、それはそういうことですよね?期待していいですよね?

アルコ&ピース D.C.GARAGE(1/1)

 すごろ9。新年1回目からぶっ飛んだネタメールの宝庫。ホルモンマン。これぞアルピーラジオ。  でもやっぱりなー、Creepy Nutsとか霜降りのラジオ聴くと生放送ならこの何倍も面白くなるのに……と思わずにはいられない。今年こそは……。『沈黙の金曜日』もたまに聴きますが、やっぱり作家・福田あってこそのアルピーだよなあとも思うし、沈金でやたらと名前を聴く「かんぱち太郎」さんが霜降り明星で学校あるあるの不合格例として晒されてたのはちょっと面白かったです。  『ハライチのターン!』が割と収録放送と相性良く進めているのに対して、D.C.GARAGEはどうしても劣化ANNになってしまうし、最近(昨年のラスベガス回以降?)のフリートーク偏重もそのあたりを探っているのでしょうが、でも劣化だろうと何だろうとリスナーとやり合うANN路線で行ってくれなきゃ別にアルピーである必要はないのが正直なところ……。ただのフリートークなら他にもっと面白い芸人さんいるし、それで戦えるならアルピーはもっと売れてるし……。

ハライチのターン!(1/3)

 新年。収録。タイムリーな「THE W」の話題だけど、別にリアルタイムでもそんなに盛り上がってはなかったからちょうどいい。ラジオクラウドが特に面白かったです。

高橋みなみ 朝井リョウ ヨブンのこと(1/6)

 年始から2人のトークが炸裂。朝井さんのお腹痛くなるトークはやっぱり最高。しかしああいう話を聞くとファミレスで財布とかSurface放置してトイレ行くのやめようって思いますね、思うだけでついやっちゃうのですが。  しかしかとちえとのトークもたまには聞きたい……。最近YouTubeに大量に上がったニャーゴ水アーカイブを漁ったりしてましたが、やはり抜群に面白いし一番引き立ってる。Netflixで配信始まったらすぐにでも入っちゃう。

水瀬いのり Melody Flag(1/6)

 これ最近毎週聴いてるって話書いたことないですよね? 水瀬さんのトーク結構心地よいです、決して面白くはないし、前半のライブの感想とかはスキップして後半のネタコーナーだけ聴くことも結構あるんですがw  リスナーや作家への返し、リアクションとして出る台詞がいちいち上手い。  ああいうワードセンスって生まれつきの頭の回転と先輩から受け継いだ技術の半々だと思うので、やっぱりごちうさラジオとかで鍛えられてるからなのでしょうか。  結局バラエティ的なお約束というか、「こういうことが起きた時にこういう返しをしたら面白い」っていうテンプレはある程度なぞってくれないと、どうにももやもやしちゃうんですよね。それを逸脱するのは基本を押さえてこそだし。  だからこそ「ラジオ聴いてた人のラジオは漏れなく面白い」わけで、Creepy Nutsや朝井リョウ×加藤千恵が文化人枠であそこまで面白いのも2人ともラジオリスナーのツボを押さえているからだし、洲崎西もそういう面がありました。  だからPyxisも……、もえしの頭の回転の良さとかはわかるので、あともう一段トーク向上して、みっくの天然ポイントを全部ちゃんと拾って突っ込めるようになったら絶対化けると思うのですが……『キラピク』でも『ハロハピ放送局』でも微妙にふわふわしていてなかなかもどかしい。まあキラピクはスタッフの企画とか編集も悪いんですけど。  ガルパラジオとか三澤さん×もえしの2人パーソナリティーで毎週やってくれないかなあ……。  そう考えるとろこどるの流川チャンネルが三澤さんの事務所移籍のゴタゴタで潰れたのもつくづく悔やまれる。ラジオだけでも続けられていたらもう少し息の長いコンテンツになれた可能性もあったし、みっく×三澤さんのコンビももっと息が合ってたかもしれない。いろいろ不遇だった。 ...

comment  0
favorite  0
最近の話題 3年前

『ポラリス』『Flamingo』『Yume』

気づけば12月に入りまして、無駄に毎年やってる『今年のベストソング』を選ぶ時期なのですが……  正直、今年は微妙ですね。ヒトリエも米津さんもアルバム出さなかったし、ブクガとリリスクとyunomiの無双になりそう。  毎年30曲に収まりきらなくて四苦八苦しているのですが、今年こそ30曲埋めるのが大変になりそう。もうそろそろインプットを増やさなくても聞き続けていられる幸せな曲がたくさんある、という証左であるのかもしれません。 --------------------

ヒトリエ『ポラリス』

 新曲。フル先行配信中に買いました。  ストレートに良い曲。  テンポ早いのに暖かい曲は意外と珍しい、『リトルクライベイビー』以来?  1番では「wowakaっぽさ」だった早口パートが、2番では語りに近い「ヒトリエ節」になっていて、抑えきれないテンションの高まりを感じられます。  シングルは何よりも『日常と地球の額縁』収録というサプライズ。  ……BORUTOタイアップというタイミングでボカロカバーの音源化という切り札をせっかく切るなら、WEDH収録で正面からセールス狙って欲しかった気持ちも少しだけありますが……、そのあたりも含めて今後に希望が持てるようになっただけでも嬉しい。ボカロ曲の音源化なんて5年前のヒトリエ結成当初からずっと言い続けてましたし、初期の物販でもアンケートでも実際に伝え続けてましたから、ようやく。  『シャッタードール』『ワンミーツハー』は売り方がアレすぎて買わなかったので、ヒトリエのシングルを買いたいと思ったのは『センスレス・ワンダー』以来。  まあアルバムは全部買ってるし、シャッタードールもワンミーツハーも実質1曲収録という舐めた商売だったんで、手元にない曲音源は1つもないんですけどね。  で、買おうと思ってたのですが、このタイミングでYouTube Music入ったので買わなくても良くなってしまいました。  聴いてみて気に入ったら買おうと思ったのですが、うん……。2曲目も期待ほどではなく、3曲目『日常と地球の額縁』はまずリフのメロディーが微妙に違うのが引っ掛かってすんなり聴けない。音源で聴くならボカロで良い、となってしまうなあと思いました。なので結局買ってないです。『ポラリス』だけ。  結局、アンノウンマザーグース以降初、かつアニメタイアップという絶好のタイミングにも関わらず、ニコニコに投稿したりもせず。『額縁』収録の割にはそんなに話題にもならず。  ヒトリエはどういうところを目指していくんだろう、と考えてしまったり。売れたいみたいな感覚が全然ないのだろうか。バンドはそれでもやっていけるだろうからそれで続けてくれるなら良いんですけど、未だに『ワールズエンド・ダンスホールの人』なんですよね、それは場合によっては、完全に卒業していった米津さんと比べたら、私にとっては幸せなことなのかもしれませんが。

米津玄師『flamingo / TEENAGE RIOT』

 もうすっかり日本の音楽シーンのトップに躍り出てしまった米津玄師。  どうせツアーチケット目当てに馬鹿売れするのだから曲は2/3曲YouTubeにアップ。正しい。そして実際に初動記録更新。  で、奇跡的にワンマンツアーのチケット当たりました!! 1枚しか買ってないのに。  まあ幕張じゃなくてツアー初日の徳島なんですけど。帰省もできて一石二鳥かなと。楽しみです。  ……あ、曲は正直そんなに刺さらなかったです。前回の両A面の『LOSER』が良すぎたので、それに比べて『TEENAGE RIOT』の何とも言えない感じ……。嫌いではないんですが。

Maison Book Girl『yume』

 instが欲しかったのでAmazon限定盤買いました。  個人的にはアルバムは楽曲単位でバラバラに聴きたい派なので、今回のinstが挟まってくる構成はあまり好きではないし、  あと馬鹿でかい紙パッケージも……。  そもそも紙パッケージ嫌いなんですよね、『モノクロノエントランス』も『LOSER/ナンバーナイン』も。長期的に保管して置きたいからCD買ってるのに、保管しにくい劣化しやすい紙で作るの本当に止めてほしい。だったらせめてちゃんとしまえるプラスチックのインナーケースも付けてほしい。薄い紙で挟んだだけのCDとか、それ開封後はどうしろと?  まあともかく中身はもちろん最高です。ブクガの良さを全く損なわない形で曲の幅がどんどん広がっていくサクライケンタ氏の天才ぶりが際立つ。  『ボーイミーツガール』は珍しいアップテンポだし、『十六歳』『おかえりさよなら』『影の電車』まで幅広い。 https://www.youtube.com/watch?v=4sS65oEu_h8  歌詞も、どれも似ていると言えばそれまでですが、だからこそ良い。  抽象的で芸術的な耳触りの良い言葉が並び、一貫したモチーフだからこそ刺さる人には全曲刺さる。このあたりの言葉選び、明らかに昔のwowakaさんハチさんやトーマさんといった私が好きだった頃のボカロに通ずるところがあるんですよ。それでいて今のボカロと違ってその時代の劣化コピーでもないですし、ただただ好き。  ただ……これをきっかけに売れるかっていうと難しいとも思います。ストリーミング時代に何でこのスタイル、みたいなことも含めて。
Maison book girlメジャー2ndアルバム『yume』インタビュー③――「ブクガの創作を押し広げた、自由と苛立ち」  ブクガにしろリリスクにしろ、やっぱり「曲が良い」だけでは売れないし、売れない中では一生続けていくことはたぶんできない。今年で言えばアイルネやベビレがそうであったように。  それに対して何かできることがあるとも思っていなくて、ただ、マスに届くことのない曲たちがコンスタントに供給されて聴くことができる今を幸せに感じることしかないなあと。 --------------------  最近ラジオを聴くようになって特に、最高なコンテンツで、本人が続けたいと思っていても、いくらファンが続けてほしいと願っても、あっけなく終わらせられてしまって、その割に後にはもっと劣化したものしか残らないことなんてざらにある、そういう不条理を感じていて、きっとアイドルもバンドもそうなるのだろうなと。それは避けられないことなのだろうと。  自分の好きなものは大衆に好かれないものである以上、ヒトリエもブクガもリリスクもきっと立ち行かなくなってあと10年も持たないんだろうなって勝手に思うし、それはもう諦めています。米津さんはたぶんその過程で自分の好きからだんだん離れていくだろうとも思うしw ...

comment  0
favorite  0
最近の話題 4年前

10月SPW以降のラジオ備忘録(DCG、CreepyNutsのANN0など)

ここ1ヶ月のラジオ。もう完全にいろいろ終わっているのですが、自分用の備忘録として書き留めておきたいのです。  前回のスペシャルウィーク、すっかり感想を書きそびれてもうだいぶ前ですが、  オードリーANNのゲストがCreepy Nutsだし、爆笑問題カーボーイのゲストがハライチだし、アルピーはラフターナイトに出てるし、実質好きな番組が2倍になったような楽しさがありました。

アルコ&ピース D.C.GARAGE(10/16、23、30、11/6)

 10/16のSPWはゲストにチョコプラ。普通にトークとして面白かったし、有吉の壁に関する話題など十分笑えましたが、やっぱり今までのクレイジーラジオを期待していると肩透かしな感が……まあ1時間でそこまで展開することはないだろうと思っていましたが。  10/23はM-1グランプリ敗退という悲しい事件。ハライチともども来年は本当に出ないのでしょうか……。  アルピーのラジオのこの面白さってどうにか漫才に落とし込めないものなのかと他人事ながら考えてしまいます。前半で平子が瀬良社長的な演技をして、酒井が乗っかるふりをして追い詰めるようなやり取りとか、全然観たいんだけどなあ。  10/30は誕生日プレゼントを贈るやり取りにほっこり。11/6はうしろシティ乱入のラジフェストーク。  しかし最近コーナーやらないことが増えてますけど、ネタ切れならボイパのコーナーはリニューアルして良いのにな。

Creepy Nutsのオールナイトニッポン0(10/16、23、30、11/6)

 10/16は初のゲストにハマ・オカモト。微妙でした。いや、バラエティノリをやる必要はないのだけど、だったら別に出てこなくて良かった。  「お前らのそういうイジリに乗ってやんねえから」「はいはい、その通りですね」みたいなリアクション、もう本当にダメ。冷める。リスナーと共犯関係を築いて面白くないものを面白いかのように錯覚させるのがラジオなので、現実に戻して冷や水浴びせることをしたら全部終わる。ああいうスタンスが面白いと思っちゃう姿も含めて痛々しかった。二度と出ないでほしい。  罰ゲーム失敗という10/23の地獄を挟んで、10/30はハロウィン回、いわゆる神回。ハロウィンというメールテーマから脱線していくCreepyNutsラジオの醍醐味が存分に発揮され、  「渋谷に住んでいるがコスプレギャルに肩パンされたのでハロウィンを肯定し続けます」というメールを受けて、最低な会話から、助演男優賞への完璧な入り、そして「肩で出た話」という意味不明なテーマに発展。パーソナリティーとリスナーのワードセンスのぶつかり合い!  「大江戸シーラン」も史上最高傑作が誕生し、今後何度も聞き返したくなる最高の回でした。  11/6の録音放送回もリスナーの「新曲の感想メール」が届いたりとやりたい放題。  そろそろニッポン放送恒例のクソ改編の足音が聞こえてきますが、YouTubeの転載動画を観ても今まで芸人ラジオを聞いたことのない層にも刺さっているし、そこを汲んで何とか2年目残ってほしい……。  ANN0リアルタイムでハマるのは初めてなので、辛い。まぁさっさとTBSラジオに移るならそれでもいいんですがw  そういえばこの前のリリスクネットサイン会でyuuとhimeがCreepy Nutsのラジオ聞いてる発言してて良かったです。himeさんゲスト出てくれないかな……。 https://www.youtube.com/watch?v=J5CPJX3Ysgw

根本宗子と長井短のオールナイトニッポン0(10/15、22、29、11/5)

 ゲストにフットボールアワー岩尾を迎えてからというもの、突然ほぼ毎週ゲストを呼ぶ大盤振る舞い。  CreepyNutsや芸人のラジオほど面白くはないのですが、何となく聴きやすいのと月曜夜(火曜昼)に聴きたいラジオがないので流してます。  11/5のあやなちゃんゲスト回は面白かったのですが、あれが「お灸を据える」ドッキリかと言われると……「知らない可愛い素人かと思った?知らない可愛いプロでした!」って言われても別に可愛さは変わらないので……。ヨブンのことのラジオマジシャン回もそうですけど、理屈が通っていないことが妙に気になりました。藤井P脳。

ハライチのターン!(10/18、25、11/1)

 安定しすぎて怖いくらい面白い。やっぱり岩井のフリートークが全て。  10/19のスペシャルウィークでも発揮されていましたが、レクサスの代車トークに「たまにある嘘じゃん」、やっぱり澤部のツッコミセンスが抜群。
「総合力で澤部に勝てる芸人はいない」ハライチ岩井勇気の相方論 - 朝日新聞デジタル&M:朝日新聞デジタル  11/1の回は、仲良くないカメラマンに誘われた時に当たり前のように断ると語る澤部の闇が見えたかと思いきや、韓国料理屋から平気で帰る怖い話でした。ハライチもオードリーもそうですけど、どっ ちも根が暗くて好きです。というか、「根が明るい、何の闇もない」人って本当にいるのかな、とも思いますが。『ヨブンのこと』のたかみなも、朝井さんに共感することもありますし。  11/8での、泥酔を理由に羽目を外す人にキレる岩井さんも最高でした。「今週は、以上です」という斬新な終わり方w

オードリーのオールナイトニッポン(10/20、27、11/3、11/10)

 Creepy Nutsゲスト回は面白かったけど、ヒロシのコーナーは本当にいらない…いくら関係性が前提にあるとはいえ、先輩が後輩にああいうことをやらせるノリは誰であっても苦手です。若林さんがそうであるように、年を取ったら自分のような人間でもあのノリを認めることになるのでしょうか。  11/3は完全に狙って土曜朝にニュースを出されたとしか思えない、南沢奈央さんとの破局の話題。やっぱり1月の時より勢いがないというか辛さが見えるのと、こういう話題だと春日さんがなかなか攻め込んでいかない。この点では『激レアさん』『セブンルール』の方が楽しみなので、早くこのニュース後の収録回になってほしいですね。11/10の

ヨブンのこと(10/21、28、11/4、11/11)

 ここまでの話題でちょこちょこ触れてますが、スペシャルウィークの予防接種回とかもうずっとふざけてて最高でした。  あとはCreepy NutsのANN0が終わる前に何とかゲストに……チア男子映画化という口実もあるし、何とか。  11/11は「自分が普通の人間だと再確認するためにバレーボールで知らない子の中に混ざる」という朝井リョウさんのトークが完全にオードリーANNのDJ松永と一致してて笑いました。この2人が共演するトークが未だに電波に乗ってないの本当に日本の損失。何ならロフトプラスワンでトークイベントしてください。

沈黙の金曜日 ゲスト:梅澤美波(9/28、10/5)

 ちょくちょく聴いてるのですが、梅澤美波さんゲスト回が凄い良かったです。アルピーの面倒なノリに初対面とは思えないほどしっかり対応していて能力の高さを見せつける形に。平塚出身という微妙な育ちの悪さも酒井と相性が良くてかなり盛り上がってました。  人気メンバーらしいので沈金レギュラーになることはなさそうらしいですが、普通にいろんなバラエティとか出てほしい。

その他

 『ノースリーブスのオールナイトニッポン(11/7)』。ラジオスターたかみなのツッコミ力の高さ。そして「週刊ノースリー部」がアルピーDCG・CreepyANN0などを手掛ける天才作家福田さんの担当番組だったことも知っていたので、メールのテンションも高くて最高でした。  『AKB48のANN(10/24)』、中井りかさん出てたので最初だけ聴きましたが、全然ハネてなかったので途中で止めちゃいました。やっぱり根がメンヘラなだけあって青春高校やNGT48みたいな内輪じゃないと本領発揮できないし、  同時にMCの役回りするよりもおぎゆかとか佐久間Pとか吉田アナみたいな包容力のある常識人がいた方が面白いよなーなんて思いました。  『山里亮太 不毛な議論(11/7)』。1月の熱愛報道の後3週間だけ聴いた以来に聴きに行きました。今週あたりまでは一応聴こうかな? --------------------  単発含め聴いてるのはこのくらい。いやーたくさん聴いてるー。  テレビは『水曜日』『テラスハウス』くらいしか楽しみがないかも。水曜日のダウンタウンはとにもかくにも毎週やってほしい。久々に隔週状態に突入していて困る。あともしヤラセ理由に『イッテQ』終わるなら同じ時間帯に『スター名鑑』がガチ相撲で復活するしかないのでは?  『相席食堂』『勇者ああああ』『ゴッドタン』『セブンルール』とかも更新されたら一応観てますが。あ、ゴッドタン前回の西野回は久々に腹爆発するかという勢いで最高でした。あれでも髪切りデスマッチよりはまだ心を痛めずに観られるのも有難かった。  ラジオだったりテレビだったり受動的な楽しみだけで充分に生きていけているのは嬉しいようなそれに満足していてはダメなような。仕事中にラジオが聴けるというだけでいろいろ感謝しなくてはならない環境なのだろうとも思いますが。 ...

comment  0
favorite  0
最近の話題 4年前

Kindle PW、Pixel3など

KindlePaperwhite

 新型発表。
Amazonの新「Kindle Paperwhite」ファーストインプレッション:そして時代は「読書 2018」へ | ギズモード・ジャパン  4G対応、防水対応、ベースモデルが容量8GB、薄型軽量化。  元々OasisやVoyageが踏み台にしかなってないんじゃないかと思うほどにコスパの良かったPaperwhiteですが、特に防水機能でもう完全に隙がない。今までの防水Kindleは最安価でも¥29,980のOasisだったので、驚きです。  もちろん実際買うと「物理ページ送りボタンと自動輝度調整欲しいなあ…」と思うので、Oasisも無駄ではないのですが、でもこの価格ならやっぱりPW一択。  と言いつつ私自身が買うかと言われると……今持ってるPaperwhiteも、iPad mini 4を買ってからはそんなに使ってない、というよりiPadすら最近はそんなに使ってない(満員電車でiPadは出せないので結局Kindleもスマホで読んでる)という状態なので、買う予定はありません。  それでもKindleの読書体験はiPadも紙の本も敵わない、目も疲れないし、物理的にページめくるのが面倒になるほど快適さを堪能できるので、一度試してほしいです。毎日座れる電車で通勤できたらな……。  あとはお風呂の中で読めたらと思うのですが、今そんなにお風呂に長く入れないんですよね。時間とかガス代とかで笑  一人暮らしとかしたら欲しくなるかなあ……。  旧Paperwhiteの容量4GBでも困らなかったし、別にダウンロードはWi-Fiですればいいし、でも広告は入れたくないので買うなら絶対このモデル。読書の際のストレスや心理的ハードルをなくすためにKindleがあるのだから、ストレスになる要素は減らすべきです。

Pixel 3 / Pixel 3 XL

 Google謹製のスマートフォン、日本上陸。  Felicaを載せてローカライズも完璧、小さい方のスマートフォンにはノッチもないし理想的。  イヤホンジャックがなくなるのはもう仕方ない流れなのでしょう。  auで発売されないのは残念ですが……どちらにしても自分が買い換えるのは来年末以降なので、今回のがヒットしてPixel 4はauでも取り扱われればいいなと淡い期待をしています。今のところisai V30+で全く不満を感じてないので、来年になっても買い替えないかもしれませんが……。  でも本当に、最近のAndroidスマホはどれも良い。  スペックや機能の進化が頭打ちになったことでiPhoneもAndroidも差がなくなってきましたし、デザインもベゼルレスの流れで差別化できなくなったというw  少し前は「面白い機能はあるけど基本的な使い勝手に問題あり」だったAndroidも、スペックやデザインのクオリティの水準が底上げされて、純粋に個性だけで選んで良い時代になったし、そうなるとiPhoneがむしろすごく普通に見える。もちろんiOSという唯一無二の個性があるから選ぶ人は減らないでしょうけど。  しかし最近は総務省とか官房長官が「携帯代高すぎるから下げさせる」って息巻いてますけど、基本料金高い代わりに端末料金下げるビジネスなので、それに文句言ってる国民の皆さんはiPhone依存止めてRAM2GBのクソザコAndroid使う覚悟があって言ってるのかなあ? といつも疑問です。  どうにも詐欺っぽい「最初の1年だけ月額1000円引」も、「端末料金から1.2万値引」を言い換えただけだし、  ちゃんと料金体系わかっていればそんなにぼったくりでもないと思うんですけどねえ。クソわかりにくいけど。まあ値下げされるに越したことはないから期待はします。

Fitbit Versa

 このサービス凄い良くないですか?? “Fitbitを試しに使って、気に入ればもらえる” Rentioの「もらえるレンタル」に ウェアラブルデバイス4種類が新登場|レンティオ株式会社のプレスリリース  月額で気軽に手を出せて、新品しか来ないから実質ただの分割払いでしかも定価より安い。  着けてみないと良さがわからないスマートウォッチとも合っていて良いビジネス。  ……まあ私自身はスマートウォッチの良さは認識済みなので、もし買うとしても普通にAmazonで買うつもりですが……。  スマートウォッチ次に買うならFitbit Versaだなあとは思っていて、今使っているGear S2も、結局ニュース見たり天気見たり音楽聴いたりとかにはほとんど使ってなくて、通知受け取る以外はただの時計+歩数計。  だったら、それよりは健康機能に特化してた方が嬉しいかもしれないなと。睡眠追跡も、Microsoft Bandの頃は取っていたけど、Gear では止めちゃったし。電池の持ちが微妙なのと、着け心地の悪さで。  その点でもFitbitのヘルス機能、軽さ、電池の持ちは過不足なく最高という気がします。ただ……Gear S2が壊れたわけでも別にないので、そのために¥25,000払うのが適切かどうかという部分だけで迷ってます。

Wear OS

 上に書いたAndroidスマホの話とは逆で、Wear OS by Google はこう……どうにも発展途上というか、もう少し頑張ってほしいなと強く思います。Apple Watch Series 4の完成度の高さを見ると特に……この点だけはiPhoneユーザーが羨ましい。  Wear OSのスマートウォッチもいろいろ見てますが、「Apple Watchを宗教上の理由で買えない人が妥協で買うもの」の域を超えてないように思います。iPhoneとも張り合えてるPixelやGalaxy、MacBookとも遜色ないSurfaceシリーズに比べるとどうも……。  「Apple Watchと同じようなことができる」という安さだけが取り柄のものって一番ダサいじゃないですか。たまに街中で馬鹿でかくてピカピカ光ってるAirpodsモドキ着けてる人を見た時も思いますが、もちろんコスパとしては悪くないのかもしれないけど、個人的には着ける気にはなりません。  「何でApple Watchじゃなくてこれにしたの?」の理由を「Apple嫌いだから」以外に答えられる魅力があって欲しい。Surfaceとisai V30+はそれだけの魅力があるから使ってるし、AirPodsとiPad mini 4はその理由を見つけられる対抗馬がないので普通にApple製品だし。  なのでApple WatchもAndroid対応していれば普通に買ってましたが、残念ながらそうではないので……。  価格、デザイン、性能の総合点でApple Watchと贔屓なしに争えるのは、現状かろうじてGalaxy WatchとFitbit Versaくらいかなと思います。  とはいえWear OSもなかなか良くなってきてはいて、あともう少しかなーという気がしてます。 SKAGENの次世代タッチスクリーン スマートウォッチ「Falster 2」|@DIME アットダイム  今気になるのがこれ。デザインも良い。あとはもう少し安ければ……と思ってしまうけれど。 --------------------  なんか今日の記事「良いけど自分では買わない」しか言ってないですね。良いガジェットがたくさん出るのは嬉しいことですが。iPad mini 5の噂もありますが、なんだかんだ別にmini 4に不満ないので今すぐは買わないですw  そもそもガルパとミリシタ最近は全然やってないので、iPad自体の稼働率がめちゃ低い。  ドラガリアロストでソシャゲの虚しさを突き付けられて、連鎖的にガルパもミリシタもポケモンGOも全部熱が冷めてしまった。ポケモンGOはダイパ投入でちょっとはやっていますが……。 ...

comment  0
favorite  0
最近の話題 4年前

新約禁書21巻、トニカワ3巻など

新約とある魔術の禁書目録(21)

 前巻から引き続いて、尋常じゃなく面白い巻。  禁書旧約とか新約中盤で脱落した方も、新約19巻あたりから試しに読んでみても割と楽しめるのではないでしょうか? そのくらい総決算な展開です。 [amazon_link asins='4049120259' template='Original' store='galeglad-22' marketplace='JP']  笑えるシーンも可愛いシーンもありつつちゃんと熱い。  新約20巻でついに上条・一方通行・浜面の共闘が実現しましたが、  今巻はさらに美琴・操祈まで本筋に絡み出して、いよいよメインキャラクターの揃い踏み。  「上条軍団」的な言葉が初登場したのがいつだったか覚えていませんが、それがようやく成立するまで10年は待った。10年追ってきた読者のための展開。  最近、
ドラゴンボールを一気に読んでみてつまらなかったという記事が炎上していましたが、  まとめ読みに適した作品と、リアルタイムで追うことに適した作品はやっぱりあって、後者の方が強烈な思い出、人生の一部として刺さるから熱狂的なファンも生まれるのでしょうが、それは後追いだと体験できないので、後追いしても意味がないんですよね。先入観とか関係なく。  私自身も読んだら同じような感想になるのが目に見えてるからDBもワンピナルトハンタジョジョも読む気はありません。時間の無駄。  だったら今の時代のそれと同じ感覚を味わえるものを選ぶべきで。  私にとってのそれは禁書で、あれをリアルタイムで追えたことは強く刺さってますし、高校生の頃には馬鹿みたいに勢いのあった禁書スレ見たりもしてましたけど、  今の中高生がとっくに成熟した禁書を今から読んでもそうした面白さの半分も味わえないでしょうから、Re:ゼロやノゲノラやよう実を読んだ方が絶対良い。カゲプロもそういう位置にある作品だったでしょう。  『ハルヒ』はまだその点、後追いでも楽しめる強度がありそうですが、『禁書』はそうではないと思います。そして私も同様にドラゴンボールも読まないしRe:ゼロも読まない。  しかしいよいよ禁書もクライマックスという雰囲気がありますが、とうとう完結するのか、それとも新章突入なのか。  旧約冒頭から出ていたローラやアレイスターの伏線が回収された今、これ以上の盛り上がりを作れるのかという気になりますが、でも新約前半ラストのオティヌス戦の時もそう思わされつつ続いていったので、新展開があることを信じます。  

トニカクカワイイ(3)

[amazon_link asins='4091285570' template='Original' store='galeglad-22' marketplace='JP']  『ハヤテのごとく!』の畑健二郎先生新作、3巻。  本当に、全体に流れる空気もセリフの面白さも全てハヤテ。だがそれがいい。新作なのに懐かしさしかないこの感覚。  もっと言えばハヤテ初期の、「主人公が○○というヒトやモノに出会った」という1シチュエーションでの1話完結コメディが展開される心地よさが宿っている気がします。  自分がハヤテ脱落した中盤は、1話かけて本当によくわからない伏線と物語上必要なネタ振りだけで終わる回とかがあったような印象が……。  そういう「自分が好きだった頃のハヤテ」という匂いがあって、本当に良い。  ただ電車の中でKindle版読んだのですが、読み終わるまで12分しかかからなくてさすがにもう少しボリューム欲しいなと思ったりしました。  

『青ブタ』アニメ2話「初デートに波乱は付き物」

[amazon_link asins='B00NH9AZTM' template='Original' store='galeglad-22' marketplace='JP'] [amazon_link asins='B07HZ87CYW' template='Original' store='galeglad-22' marketplace='JP']  シュレディンガーの猫の例えってアニメで物知りキャラが語る知識としてはそろそろ見てて恥ずかしくなる気もするのですが、この作品はちゃんと物語の核を担うものなのでさらっと流すこともできないので難しい。  本当に小説で良かった部分がことごとく減衰していてもどかしい……。麻衣と母親のシーンなんて明らかにもっと時間を割いて描写しなくてはならないのに、あらゆる「間」が完全に省略されていて、感情が全然動かされない。  3話使った1巻でこれなのに、映画化から逆算して残り4巻をおそらく9話で消化しなくてはならないという絶望。  これだったらいっそ実写ドラマ化して毎週1時間流してもらった方が良かったのでは……。 ...

comment  0
favorite  0
最近の話題 4年前

『青春ブタ野郎はランドセルガールの夢を見ない』感想とアニメ1話のこと

現在私が追っているラノベは青ブタと禁書しかなくて、  10月から両方のアニメが一気に始まるとともに最新刊が同時に出てという個人的に最高のお祭りが先週あったわけですが、とりあえず青ブタの話からします。

アニメ1話『先輩はバニーガール』

 AbemaTVで配信中のほか、Prime Videoでも1話は無料(2話以降有料)なのでいろいろ観れます。まだの方はぜひ。  とはいえまあ……原作既読からするとどうももやもやしてしまいますね。  いろいろ展開早すぎて。アニメにする以上は仕方ないのでしょうけど。  アニメにするにあたって、「生理か?」みたいな作中でパンチのあるシーンばかり拾ってしまった結果、咲太が典型的なイタい中二病みたいになってしまうのも、うーん……という。  ニコニコだとそのへんの無粋で何もわかってないコメントが多すぎて最後まで観れませんでした。AbemaTV最高!  「お前誰?」「人間ですが」というぶっちゃけ原作でも痛々しかったやり取りをさらっと流したり、スタッフ側もそういう感覚は持ち合わせてるようなのが救いですけど、小説では魅力的なやり取りが声と映像で見せられると全然なくなっちゃってるなあと……。  何でもない会話だったり心理描写だったり地の文だったり、そういう細かいところの積み重ねと読者への揺さぶりがこの作品の最大の魅力だと思うので、あんまりアニメ向いてないんじゃないかなあと思いました。  まあでもこれは原作大ファンだからこそ感じる不満であって、アニメから入ったら全然気にならないのかもしれません。  アニメに関しては学校・社会への風刺・問題提起みたいなことを全部捨てて、心理描写の丁寧さも捨てて、  不思議現象を論理で解決するストーリーラインと伏線回収の美しさにフォーカスしようと最初から割り切っているのかもしれません。それでも普通に面白いアニメとしては成立するでしょうし。  でもアニメ気に入った方はその2万倍面白い小説読みましょうね!  

『ランドセルガール』感想

 そんなわけで青ブタ最新刊ランドセルガール。  気づかなかったのですが、いつの間にか文庫版発売日とKindle版発売日がズレなくなったんですね。  8巻は1ヶ月遅れという嫌がらせだったので、8巻9巻だけBook☆Walkerで買っちゃったのですが。  別に2巻くらい買い直すのは良いんですけど、禁書が相変わらずKindle版発売されてない……。  禁書もKindle版配信してくれれば心置きなくBook Walker捨ててKindleに絞れるんですけど。まあでも次から青ブタはKindleでいいかな。  まあそれはそれとして、ここからネタバレです。  小学生の麻衣が登場という前の巻の終わりがどう転ぶかと思ったら、そうではなく、今回は咲太自身の悩みを解決するという方向でした。  ちょうど個人的にも家族のことだったり兄弟のことだったり……まあいろいろあったので、そのあたりも含めてかなり心にくる回でした。人が誰かから必要とされること、必要とすること、必要とされているという確信を得られること。  ラストでは鴨志田先生の、物語的な演出のために勿体ぶらずに作中時間をぶっ飛ばすクセが発動。  Just Because!もさくら荘もそういうところがありましたが、その2つは最終巻の話だったので、今回は特に衝撃。普通だったら絶対引き延ばしそうなのに……。  とはいえ、時間軸としては大きく飛びましたが、8~9巻で張られた伏線や残された謎もいくつかあり、そこに踏み込んでいく話になりそうな気がします。  ……しかしそもそも大学生って「思春期」に含まれるのか?  ひょっとしたらそのあたりもテーマに組み込まれるのかもしれません。「いつ大人になるのか」みたいな話がちらほら出ていましたし。  映画化が発表された原作6巻『ゆめみる少女』と7巻『ハツコイ少女』で物語的にはひと段落していて、それまで張られていた伏線が一通り回収し終えました。正直あとがき読むまで終わるのかなと心配になりました。  7巻から8巻まで1年半空いたのは、Just Becauseだったりで鴨志田先生が忙しかったこともあるのでしょうが、作品スタート時に計画していたネタを出し切ったところで、次の展開をどう組み立てるかを考えていたのではないかと思います。  綺麗に高校生の話として終わらせずに、大学生編を銘打つのは、当然何か考えがあってのことでしょうし、  であれば次巻でいきなり終わることもなく、結構大きな仕掛けがこれから始まるのではないでしょうか。とても楽しみです。 ...

comment  0
favorite  0
最近の話題 4年前

水曜日のダウンタウンSP / オールスター後夜祭感想

水曜日のダウンタウン(10/3)

 期待通りの、期待以上の面白さ。ここ数ヶ月のパワーダウンを払拭するほどの面白さ。  前半の挨拶ドッキリ、ヤバめ素人の時点で十分に「当たり回」という感じでしたが、やはりクロちゃんが出た後は段違い。  『人住める説』の数少ないちゃんと仲良くしている後輩が番組に協力した時のマジの怒り方は一瞬可哀想になる部分もありましたが、ただ翌日に「不法侵入で批判」みたいなネットニュースが出てたのを発見した時は「今更?」としか思えなくて不思議な気分になりました。  そして最大のトピック、MONSTER HOUSE。  クロちゃんのヤバい生態とかは言うまでもなく面白いんですけど、  そもそもテラスハウス自体が面白い。ここを理解してない視聴者は可哀想。
 この人のブログきっかけでテラスハウスの面白さに気づいて、今シーズン(OPENING NEW DOORS)は毎週欠かさず観ていて今一番面白いバラエティだと思っている身としても、これは本当に同意。  見る人/見られる人の二元化が成り立たなくなったネット時代だからこそ、見られている中でも素が出てしまうし、恋愛を前にしていかに人が不自然で非効率な行動に走ってしまうのかであったりとか、  そういう意地悪な見方を手に入れると、正直クロちゃんが映ってない別のカップルの会話シーンも面白いんですよ。   ちゃんと聞きたいからできれば副音声カットしたバージョンを配信してほしいw  6人の中で断トツフォロワー少なくてゲーム実況ニコ生が活動のメインっぽい山崎大雅さんと、明らかにスクールカースト上位な蘭さんの探り合いトークとか。山崎大雅さんの「一度も彼女できたことがない」に説得力が生まれる会話の進め方。  最初にクロちゃんが連れてこられたところの、素人5人の反応とか、結構アツい。全員『水曜日のダウンタウン』がコンテクストとしてあることもまず凄いのだけど、  そのうえで佐野建太さんの「冷静に見えてると思いますけどこっち側の5人もめちゃめちゃテンパってますよ」っていう、そのセリフが素人から出てくること自体が現代の人間ならでは。  学校の日常会話が当たり前のようにバラエティの文法で進んでいく、  「ボケ」「ツッコミ」「スベる」とか、そういう今されている会話を引いた目で俯瞰しない限り出てこない単語が一般人同士の会話で普通に出てくるからこそ、それをテレビに落としても見れる。それがテラスハウスの面白さで、それを完璧すぎるほど完璧に再現しすぎてる。  あれを観ていてテラスハウス自体も面白いってところまで行ってほしい。  その上で、あのパッケージだからこそ今までとは違うクロちゃんのナチュラルな黒さが出てくる。  そして何より、副音声(ワイプ)に浜田雅功というスーパー優秀なツッコミがいることで魅力が増幅されてる。  ただやっぱり今回はそこに今田・劇団ひとりといった、ある程度恋愛バラエティのことをわかっている芸人がいることで補完されてたのが大きいので、今後も毎週ちゃんとそういう人を呼んでほしいですね。  ちょっとさすがにダウンタウンの2人はそもそもテラスハウスのいろんな前提が入ってなさすぎて……初回は別にいいのですが、回を追ってもその面白さに気づけずに変な水の差し方をしたりしませんように。クロちゃんじゃない素人のシーンに「何を見せられてんの?」とか、そういう野暮なツッコミしそうで怖い。  山里・徳井はさすがに露骨すぎて呼べないでしょうけどw、フジモンとか、それこそベッキーだったりとか。春日も今ならその役割を担えそうだからプレゼンター側で出てほしい。  ただそのポジションで言うとたむけんが今回かなり冴えてたので、毎週いるなら十分かも。水曜日のダウンタウンで初めてたむけんの必要性を感じましたw 時代とか世代が関係ないツッコミだとどうしてもダウンタウンの2人が上位互換になってしまうので。  しかし水曜日のダウンタウン、次の放送が3週間後というのが辛い……本家は1st weekとして1週間単位で追ってましたが、次の放送ではどこまで行くんでしょう? クロちゃんも大抵は仕事でいない時間が長いだろうし、さすがにクロちゃんのいない時間は流さないだろうから、2週間くらい一気に見せるのでしょうか。  そういう水曜日のダウンタウン的には要らないシーンも含めて全部ParaviかBlu-rayかどこかで放出してほしい。それなら全然お金を払いたい。

オールスター後夜祭(10/6)

 半年に一度のお祭り。  まあ悪ふざけ問題にしろロードピリオドにしろ、初回の衝撃はさすがに超えてこなかった感はありますが、それでもずっと面白かった。クイズとしても普通に成立しつつツッコミどころのオンパレード。  途中の実家に電話企画は恒例にする必要があるのか謎でしたが、ああいう企画もメリハリとして必要なのだろうと納得しておきつつ。体重計クイズは『正解は一年後』でハネなかった企画のリベンジなのでしょうか?  Loadが突然流れたの、完全に仕込みだと思っていたら本当にトラブルだったようで。凄すぎる。  クイズ的には相席食堂視聴者だけがわかるアグネスチャンのブログ名で全滅したところとか、魑魅魍魎並び替えが普通に東大王とかで出ても全然通用しそうなところとかw  そしてやっぱり東京03パロディ。何の説明もないストイックさ含めて痺れました。別に今紳助をネタにすることが尖ってるとかではなくて、風刺とかも含めて、単純に面白いから良い。 ...

comment  0
favorite  0
最近の話題 4年前

Surface新製品が発表(Pro 6 / Laptop 2 / Studio 2 / Headphones)

10/3、MicrosoftのSurface新製品発表会がありました。午前5時という凄い時間なので当然リアルタイムでは観ませんでしたが、感想とかいろいろ。  

Surface Pro 6 / Laptop 2

surface-announcement-panos-1024x578  Surfaceシリーズの顔であるProは、Pro 4→New Proと来てまさかのナンバリング復活。  なぜ?とは思いますが、ナンバリング復活してほしかったので嬉しいです。  一方でその内容はなかなか……。進化が少なかったPro 4→Proよりもさらに進化が少ない。「ありきたりじゃ、つまらない」というキャッチコピーが皮肉に思えるほど。    特にUSB Type C不採用が痛い……。昨年のSurface Book 2がMini Displayport廃止&Type C追加を行い、Surface GoもType-Cに統一されたので、当然今回で追加されると思っていただけに、悪い意味でのサプライズでした。  まあなくて困るということもないのですが、ね……SurfaceがType-C充電に対応したら、PowerDelivery対応モバイルバッテリーでSurfaceもSwitchもスマホも充電できて最高だったのになあと思ってしまいます。    ブラック追加もされましたが、個人的にはシルバーの方が好きです。  このシルバーこそSurface! みたいな。Windows PCでブラックはありふれてるというか、Thinkpadとかあのへんのイメージが……。  まあPro2まではブラックだったので原点回帰でもありますが。    どうせならシアンブルーのタイプカバーもいつか復活してほしいなあ。 20surfacehome_4_contentplacementpanel3up_1_v1-2579698  ↑この色こそSurface、という気もしませんか?  

Pro 6 / Laptop 2は買い?

 今回のアップデートは非常に地味ですが、じゃあ「買うべきではない」かと言えば全くそんなことはありません。  CPUが第7世代から第8世代になったことがほぼ唯一の変化ですが、もうそれで十分。  今回はIntelが頑張ったので性能面の上昇がかなり大きく、Pro 6は前世代比67%、Laptop 2は85%向上。ちょっととんでもない数字です。Pro 4ユーザーもそろそろ買い替えても良いタイミングではないかと。  そして一番嬉しいポイントが価格。  下記の表は全て税込です。ストレージ増えただけのやつとかは省いてます。
CoreRAMSSDSurface Pro 6Surface Pro(2017)
m34GB  114,264
i58GB128GB129,384136,944
  256GB150,984158,544
i78GB256GB195,264206,064
 16GB512GB242,784280,584
 なんと! 全体的に価格が下がっています!  Pro 4までは「新型=大幅値上げ」が当たり前だったし、Pro 4→New Proもペン非同梱の実質値上げでしたが、今回は正真正銘の値下げです。  特にi7の16GBが凄い。ヨドバシなどの10%オフを考慮すれば20万程度で買えてしまう額。  私自身はPro 2から一貫してi5 8GBのPCを使っていて、特に不満はないのですが、だからこそ「i5でも十分快適なのにi7 16GBなんて手に入れてしまったらあらゆる作業が秒で終わっちゃうのでは」みたいな夢を見ています。実際はそうでもないんでしょうけど。    3年前、発売直後のPro 4 i5 8GBを18万で購入した時のイメージが未だにあるので、そこに約3万足すだけでi7 16GBの最新Surfaceが手に入るなんて、という驚きがあります。i5 8GBなら15万程度というのも驚き。  最低価格だったm3 / 4GBモデルはなくなりましたが、2017モデルでi5がファンレスになった時点で優位点もなく、Surface ...

comment  0
favorite  0