最近の話題 3か月前

限界無限大ケン% など

最近聴いてる曲!

限界無限大ケン% / クマリデパート

 クマリデパート。サクライケンタ×玉屋2060%の共作第2弾。最高。  頭がおかしくなるほどの転調、カオスすぎる展開、そして歌詞も意味不明。  2日目くらいまで気づかなかったんですけど、1番に対して2番ではBメロを強引に飛ばして曲の密度を上げていたり、ラストで5拍子+6拍子のブクガ感満載なリズムがあったり、1曲に対して要素が極限まで詰め込まれています。  あまりにも好きすぎてこの数週間で確実に100回以上聴いてます。仕事中もずっと流してる。  ブクガロスをこの曲で埋めています。というか、この曲を除くと解散したアーティストの曲しか聴いてない日が最近多い。

トンデモワンダーズ feat.初音ミク (+KAITO) / sasakure.‌UK

 プロセカ、もう最近はやってないのですが、たまたまオススメに出てきたので聴きました。ボカロらしいボカロ。  自分の音楽の聴き方として、言葉を断片的にしか摂取していないなということに最近気づきまして、歌詞としてちゃんと全文を解釈しているというより、耳障りの良い言葉をただ流しているだけ、というか。なので、10回目とか100回目とかで急にそのフレーズが引っかかって、「あれ、この部分めっちゃオシャレな言い回ししてるな」と気づいたりします。  みたいな聴き方自体がたぶんボカロによって育てられたんだろうなと思います。ちゃんと言葉を追って聴くようなつくりではなかったですからね。そしてそれは当然辿っていくとwowakaさんにつながるわけですけど。

日向坂46個人PV

 1ヶ月くらい前ですが、『君しか勝たん』の特典映像で、各メンバーの個人PVの予告編が上がっていて、それが各メンバーの個性が出ていたので、気に入ったものいくつか。  ちなみにCDは買っていないのであくまで予告編の感想です。

宮田愛萌『私たちの未来』

 推し。決して歌が上手いというわけではないけれど、真面目さが伝わってくる綺麗な声。  井口・柿崎といったがな推しでコンビプレーを発揮していたメンバーが卒業してしまったことでなかなか難しい位置にいましたが、この前の料理企画のおっとりキャラが可愛すぎたのでこの路線で今後も観たい。小坂さんと2人でラジオやってくれたら安眠できそう。

金村美玖『水色、美玖色』

 とにかく曲が良い。まりっか推しらしいので納得の世界観。  金村美玖さん、ひなあいとかでもそうですけど、発想が良い意味ですごく普通というか、変わった人ではなくてまっとうに良い人なので、大喜利企画とかで頑張ってボケてるのを観るたびに一番共感性羞恥が働いてしまいます。なのでこういうところで存分に輝いてほしいです。

上村ひなの『明日はもうちょっとアイドル。』

 変わった人の代表。頭に残りすぎるフレーズ。ある意味で『一番好きだと~』に続くソロ曲、声は特徴的なのに歌える曲に幅があって底が知れない。  

髙橋未来虹『そういえば、あの頃』

 正統派。歌詞と映像の両方で、何となくコロナ禍の高校生活の様子も取り入れていて、現役高校生ならではの説得力があります。  あと屋外パートの左右で別の服をくっつけたみたいな衣装がハイセンス。ああいう洋服名前あるのでしょうか?  紹介はしませんが新3期生の他2人のPVも良かったです。

加藤史帆『5年間』

 他の全員のPVをフリにしていてさすがに笑いました。

松田好花『真夜中の松田さん』

 これも曲が良くて何度も聴きたくなる枠。ダサいジャージの中に一瞬だけ私服カット挟むのがあざとい。  それにしてもこれが再生数トップで伸びてるの、松田好花さんの人気は当然あるのでしょうけど、絶対的な人気で言えばもっと高い人もいるわけで、  ファン層のYouTubeとの親和性が高いというか、オードリーのラジオをYouTubeで聴いてコメントで盛り上がるけどお金を落とさないファンが大量についているのではと思ってしまいました。    あと個人PVと言いつつ全体的にソロ曲が多いの、この特典映像が唯一秋元康の作詞ではない楽曲を歌えるチャンスだと考えると奥行きがあって良いですね。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 3か月前

アップデート

6月も気づけば半分。……毎月そんなことばっかり言っている気がしますが、本当にあっという間でした。  先週からはいろいろ割り切ってクーラーつけてます。5月中は我慢してたんですけど。最近は仕事が忙しいこともあってちょっとしんどいなと。  今こうやって一人暮らしをしていること自体もそうだし、食洗機を買ったりとか、お昼買いに行ったりするのもそうなんですけど、せっかく給料を割と多めに貰っているのに、ちょっとの節約のためにストレスを溜めて、仕事のパフォーマンスが落ちるのは本末転倒だなと言い聞かせています。単なる言い訳だし、結局は自分の面倒臭がりな性格に起因しているので給料大して貰ってなくても変わらない気がしますが……。  それにしても更新空きすぎですね。すみません。  前回の記事がそこそこ良い出来で満足したので放置してしまいました。  ちょっと今のスケジュールだと毎日というのは非現実的なのですが、毎週くらいのペースには戻せたらいいなと思っています。1週間分の日記的な記事を土曜日に出しつつ、合間で最近の話題を書いていくような。……だとしてもこの2週間でいろいろ逃しすぎて取り戻せない感じにはなっているんですが。 --------------------  もう2週間前ですけど『明日のたりないふたり』を観ました。  ちょっとあまりにも凄すぎました。圧倒的。  『さよならたりないふたり』で1つのピークを迎えた上で、さらにその先を模索するという難題に対して、見事な回答を出していて、綺麗に終わったな、という感じ。  直接の内容には触れないですが、いわゆる「価値観をアップデートしていないことは悪だ」という論調について、個人的にはそちらの考えに近い人間ではあるんですけど、それをしないという選択も1つの多様性として受け入れる必要はあるし、ゼロイチではないよな、と自戒しなければなと思いました。  性差別的な発言にしても、それによって職を失って社会から追放されるレベルの発言と、公共の場では許されないけどクローズドな場だったら別に良い発言と、ちょっと不快に思う人はいるかもしれないけど別に問題視するほどでもない発言とあって、  でもそもそもそれって別に差別とか関係なくそういう発言ってあるじゃないですか。  例えば(具体的に身近にいるわけではないけど)奥さんのことを平気で貶すとか、部屋がめっちゃ汚いとか、服がダサいとか、借金があるとか、別に時代の流れとか価値観とか関係なく不快だし、  でもそういう人とは単に距離を置くだけで良いはずなのに、ポリティカルコレクトネスに関する事象に限っては単に距離を置くだけじゃなくてその意見自体を潰さないと気が済まない、というのが、何となく行き過ぎ感のある原因なのかもしれません。  とはいえもちろん9割の人が不快に思うことであればやっぱり言わないべきだし、テレビではアウトなラインがより高く設定されるし、というのはあるんですけど。山ちゃんに関してはもうそういう方向で戦っていく人なんだろうなと思うんですよね。だから『さよならたりないふたり』翌週の不毛な議論での、若林さんが倒れた件への「その場にいた全員が若林に注目していて自分を労わる人がいなかった」という感想も正直かなり引いたんですけど、それはまあ別にそういうのを好きな人が聴けばいいのであって、自分は聴かないけど別に否定する必要はないんだよな、という。  それこそ粗品の尖り方だったり東ブクロのクズさだったりも人によっては全然笑えないと思いますけど、自分は許容しているわけだし、それはダブルスタンダードとかではないと思うので。 --------------------  実はこっそり昨日深夜にブログのリニューアル作業を完了しました。  見た目は全く変わってないので何も気づかないと思いますが、コードとしては全く別のサイトに変わっています。一からリポジトリ作り直しました。  詳しい中身は明日あたりに別の記事で解説しますが、とにかくあらゆるページ移動が速くなりました。カテゴリーとかタグとか。ぜひポチポチ触ってみて、何かバグなどあったら教えてください。Twitterとかで来たら気づくと思います。  リニューアル、全体の8割くらいはGWにやって、残りの細かいタスクを潰しつつ進めた感じなんですけど、割とスムーズに進められたのはやっぱりこれまでの積み重ねというか、直近のリニューアルで少しずつモダンなコードに書き換えていったことと、移行自体が2回目なので大体の勘所が掴めていたことが大きいなと思いました。まあ、この1年の私のスキル面での成長も大きいと思いますが。笑  前回のFirebase移行の時にTypeScriptベースになっていたからこそ、今回もAPI部分など処理部分のコードはほとんどそのままコピーしてくるだけで良かったし、前回のFirebase移行も、一昨年にデザインのベースをBulmaに変えて、REST APIを試していたからこそシームレスに切り替えられたし。  今回のReact移行でより型付けが強固になっていたり、少しずつ基盤が安定してきている感じはします。  あと、React力はかなり上がりました。ReactというかJSX力かな。何となく毛嫌いしていましたが積極的に使っていきたいと思います。というか仕事ではVue + TSXで書いてます。  今回で結構気軽に移行できることがわかったので、次は夏休みにNuxt V3で書き直したいと思います。beta版がそろそろリリースされるはずなので。  自分が自由に管理できて、急に見れなくなっても別に怒られないけど、そこそこの規模とアクセス数があるのでモチベーションとやりがいがあるサイトがあるというのはすごくありがたいので、どんどんいろいろ試したいですね。 --------------------  先週と今週は本当にずっと仕事してました。休日も深夜も。  今月はそういう割り切りで進めると決めていたし実際それが楽しいと思っているので別にいいんですけど、7月以降元の世界に戻って来れるかなという心配はあります。メリハリをつけられなくなっているのではという。  でも結局自分が仕事に一番求めていることって「働いていて苦じゃない」という部分に尽きるなと思っていて、嫌な仕事はどんなにお金積まれてもどんなに労働時間短くても無理だろうなと。例えば今の給料の2倍になるとしても営業周りはしたくないし、週4勤務だとしても接客業とか無理だし。  だから今の仕事はストレスが少ないということが一番ありがたくて、それでいて給料もかなり貰えているので、とにかくこの仕事を手放したくないという気持ちが強いんですよね。もちろん会社が傾くとか社風が変わるとか、この先そうではなくなる可能性はたくさんあるし、そうなったら転職も含めて考えないといけないんですけど、今のところは満足している。そういう意味で、残業が多いとかは正直自分の中ではあんまり優先度として高くないので、別にいいかなと思っています。残業が少なくても同僚がクソな会社とかよりはよっぽどマシ。  まあそれとは別に、そもそも趣味がないので時間に追われていないというのはあります。ラジオとかYouTubeは別に仕事しながらでも聞けるし、それ以外、土日に何かしたいことあるかと言われると今は本当に何もないので。今はそういう時期ということでいいのかなと。  やっぱり会社の他の人とか見てると、それこそ子どもが体調崩したので早退しますとかいろいろあって、それはそれで大事なことだと思いつつ、一方でこんなに自分一人のことしか考えなくて良い生活ができるのは今だけかもしれないので。それこそ実家にいた頃はここまで生活時間コントロールできなかったですしね。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 4か月前

有限

どこから触れて良いかというくらいに、ここ数週間は話題が多かったのですが、ひとつずつ。  赤い公園の解散ライブについて。アーカイブで翌日ですが観ました。  といっても、私は津野米咲さんがいた頃の赤い公園のライブを観たことはなくて。厳密にはYouTubeに上がっている動画とかをちらっと観たことはありますが、それも基本的には石野理子さん加入前のものしかなかったので、あんまり比較はできないのですが……。  そういうニワカ目線で観た時に、ボーカルが変わったわけではないし、ギターもサポートメンバーが入っているので、何か不足を感じさせるようなパフォーマンスではなくて、  だからこそ、「これが最後である」ということと、「足りないメンバーがいる」ということ、その事実だけで見え方が変わってしまう、辛い空気が伝わってしまう音楽の凄みも感じさせられました。もちろん決して悲しいライブというわけではなかったんですけど。  ライブパフォーマンスの合間のトークの何とも言えないふわふわ空気感も良かったです。バンドのファンはああいうオチも何もない拙いトークを聞きたくてライブを観に行くみたいなところありますよね。たまにそうではないバンドもあると思いますが。  本当に良いライブだったからこそもう観れないのが寂しいし、去年のワンマンライブの配信を迷って買わなかったことも後悔してしまう。Blu-rayで出してほしいです。 --------------------  そんなタイミングでMaison book girl の解散が唐突に発表されました。

 新曲がたまに上がったら聴くだけのファンなので、ライブがあったことも知らなかったし、カウントダウンがされていたことも知りませんでした。なので本当に事後報告という形で初めて知りました。  まあもちろん衝撃的だし寂しいんですけど、ここに関してはただ曲が好きなだけで追い続けていたので、そこまでのダメージはないというか、仕方ないかなという感じもしました。  sora tob sakanaもCY8ERもそうでしたけど、やっぱりメンバー固定の女性アイドルという形態の宿命として(perfumeやももクロ・negiccoのような例外を除いて)期間限定のものにならざるを得ないし、その中では十分やりきったということになるのかなと。  アイドルとしての好きではありませんでしたが、その分楽曲に対する好き度で言えばめちゃくちゃ高くて、アルバムもほとんど家にあるし。割とヒトリエに並ぶくらい新譜・新曲が楽しみだったグループでした。  ライブとして観たのはリリスクとのツーマンの1回だけ……ああ、あと加賀温泉郷フェスもありました。あれももはや行ったのが遠い昔に感じますが……。  世界観が濃縮されたワンマンライブを一度も観なかったことの心残りはありますが、まあそういう好きではなかったんですよね。結局、そのラストライブの配信チケットもアーカイブで買おうとはならなかったので……。  この複雑なピアノを中心とした楽曲も、その世界観も本当に唯一無二だったし、少女を主人公に据えた上で綺麗な言葉だけを選んで構成されている歌詞が、ある意味でボカロ時代のwowakaさんに通じるところがあると思っていて、あらゆる意味で自分の好みのど真ん中な曲ばかり。  サクライケンタさんがこの先また新たなアイドルをプロデュースするのかわかりませんが、どちらにしてもブクガの世界観そのままではないだろうし、それも期待しつつ、ブクガの楽曲たちはずっと聴き続けると思います。  それにしてもブクガの活動終了は全然予想していなかったな。オサカナもそうですけど、いわゆる楽曲派のアイドルって傍目から見るとやりたいことを好きなようにやっているだけで、何か野心とか目標があるように見えないから、そういう兆候が見えない。見ないようにしているだけだったんだと思いますけど。
 2018年の1位に赤い公園の『消えない』を選んでいますが、この2010年から11年続けているランキングで、1位に選んだアーティストはwowaka/ヒトリエ・米津・ブクガ・リリスク・赤い公園の5組しかない
 と昨年末のベストソング記事に書きましたけど、ブクガも赤い公園も解散して、ヒトリエも作曲者としては残っていないし、リリスクに関してもベストに選んだのは旧体制なので微妙に作風変わってしまったし、  純粋に残ってるのがとうとう米津さんだけになってしまった。  新譜が楽しみなアーティストという枠組みでも、もう米津さんとパスピエしか残ってないし、本当に自分の好きなアーティストが全滅しそう。  そういう意味で、あんまり音楽に対して趣味という感じがなくなってきました。好きなアーティストを追いかけています! みたいなことを言えなくなってきたというか。  現代でいうサザンとかB'zとかをいつまでも追っているような、自分の青春時代の楽曲だけを聴き続けるおじさんになってしまうことを3年くらい前までは危惧していたんですけど、wowakaさんのことがあってから全部どうでもよくなってしまったので、それで良いと思っています。今もほぼ毎日ヒトリエの曲聴いてますしね。『ポラリス』とか。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 4か月前

無計画

5月も終わりですね。本当にあっという間。ついこの前ゴールデンウィークだった気がします。ネタではなく。   ゴールデンウィークで元々ボロボロだった生活リズムがさらに崩れたのか、夕方くらいに異常な睡魔に襲われることが増えたのが最近の悩みです。そして、その状態で椅子に座ったまま居眠りしても誰にも怒られないテレワークという環境がますます加速させてしまっている気がする。良くない……。と言いつつ当たり前にこんな時間なのですが。 --------------------  オンラインライブ。『さらば青春の光 単独ライブ 四季折々』と『勇者ああああ HP1 vol.2』を観ました。  どちらもさらば青春の光目当てって感じですね。ああいうことがあったので、お金は多めに落としておこうかなという気持ちで。それなりに面白かったです。  『勇者ああああ』のオンラインライブ、第1回は別にいいかなと思って観なかったし、第2回もまあ今後も絶対観よう!という感じでもなかったです。  アルピーチャンネルも一応登録はしているけどほとんど観てないし、自分は別にアルピーが出るコンテンツ全て追いたいというタイプのファンではないのだなと改めて。というか別に地上波放送時も毎週観ていたわけではない。  なんでしょう、ここ1年でオンラインライブちょこちょこ観てますけど、物凄い満足感というほどのものは意外となかったかも。というか、テレビ番組発のオンラインライブってあんまり体験として良くないかも。出る側も作る側も無料で観られることに慣れすぎてて、そんなに攻めたことも言わないし、結果的に何か損した気分になるというか……。そういう意味で『あちこちオードリー』のオンラインライブが一番良かったかも。あとは『小川のせせらぎTV』も。  仕事中でまだ観れていないのですが赤い公園の解散ライブ、来週はたりないふたりのライブがあるので何だかたくさん配信ライブを観る月になりました。まあこの2つは観ないという選択肢もないし、さすがにお金を払う価値が間違いなくあると思います。 山里亮太&若林正恭『たりないふたり』5・31ライブ開催 生配信も実施 | マイナビニュース (mynavi.jp) 赤い公園ラストライブのサポートメンバー発表、会場から有料生配信も決定(音楽ナタリー) - Yahoo!ニュース --------------------  前々回の記事、露骨にいいね稼ぎをしてしまってすみませんでした。7件。  なんかこう、ツイッターでこういうことして100いいねされたとしても、あんまり実感がわかなくて意味のある数字に感じないだろうなと思うんですけど、  7件ってなると逆にもう確実に7人の人間が押してるんだなという気持ちになりますね。ありがたいです。  で、それを受けて6月から毎日更新再開します! って言えれば良かったんですけど、ちょっと厳しそうです。  理由としては普通に仕事がめちゃくちゃ忙しい月になりそうなので……。  5月までにやってた仕事は全く減らないというか何ならちょっと増えるくらいのところに、プラスアルファでもう1つ案件が乗っかってくる感じで、これ今まで通りの働き方だとちょっとこなせないなというか。  でもそれが嫌とかではなくて、こう、やりたいことをやらせてもらえる機会だし、積極的に引き受けたい、他の人に取られたくないので、そこに時間を割きたい。  みたいな状態で24時間の中にブログを更新する時間を組み込むのはなかなか厳しい。  本当はこの記事も火曜か水曜あたりに書こうと思ってたんですけど、それどころじゃなかったという……。  改めてこういうのってなかなか自分ではコントロールできないなという気持ちです。  ……裏を返せば4月はすごく暇だったということでもあって、ちょっと4月は仕事に対する向き合い方が杜撰すぎて良くなかったなとも思っていて、やるべきことがあるタイミングではちゃんと仕事にエネルギーを割きたいなと。ブログ頑張っても給料増えないですからね。正直。優先順位は今の自分の中では決まっているので。  本当は趣味での開発とかもやりたいし、DTMとかも仕事が暇だったらたまには再開したいなとは思ってたんですけど、今はそこじゃないのだろうなと。  とはいえ、さすがに5月は極端すぎたので、ひとまずは週2くらいのペースで何とか更新していけたら良いなと思っています。 --------------------  あ、あと、ブログの速度改善リニューアルに関してももうすぐ。ちょっとだけ調整というか動作確認が終わってないところがあるので、それが完了したら数日以内の深夜に移行作業を行うと思います。  ……いや、本当はどう考えてもメンテナンスとかで閉じるべきなんですけど、個人ブログなので。急に繋がらない時間帯とか出ても、すみませんという感じです。よろしくお願いします。  具体的な更新内容はリニューアル完了後にお伝えしますー。と言ってもすぐには何も変わらないのですが……。 ...

comment  0
favorite  0
最近の話題 4か月前

Bring the noise、君しか勝たん など

最近聴いてる曲。最近というか今月というか。

rinahamu『ヒーロー feat.4s4ki,KOTONOHOUSE』

 1年前の曲ですが。良い曲と良い歌詞。2番Aメロの「そんな態度じゃ許さんぞ なんて戯けてみるけど」の歌い方が好きすぎて、そこ目当てに何度も聴いてる。  元CY8ERのりなはむさん、今度はプロデューサーとして新アイドルを立ち上げたようですが、私の興味は楽曲をyunomiさんがやるかどうかだけなので、曲が好みなら聴くしそうでなければ聴かないと思います。

lyrical school『Bring the noise』

 ライブ映像。サムネから全部hinakoさん可愛すぎてつらい。  Bring the noise、近年のリリスク曲の中でもトップクラスに好きなんですけど、去年の割と最初の方に発表されてたので、年末にすっかり忘れてこっちじゃなくて『FIVE SHOOTERS』の方をランクインさせてしまったことに今更気づいてちょっと後悔。

日向坂46『君しか勝たん』

 クセになるメロディー、最高のMV、凡庸な歌詞、ダダ滑りした曲名。  曲名で食わず嫌いしかけてたんですが、歌詞に目を瞑れば普通に良い曲で、何だかんだ公開されてから何度も聴いてます。メロディーがとにかく頭に残る。  MVも今までのMVに比べて映像作品としてのクオリティが普通に高い。ワンカット風MVというのは割と使い古されてはいますけど、MVを撮る風景をMVに組み込む演出は新鮮だし、1番のサビでフロントメンバーが撮影役になることで後列のメンバーを目立たせるあたりに愛を感じる。それでいてラスサビはちゃんとセンターのかとしをフィーチャーしているし、振り付けも良い感じ。  いやほんと曲名がこういう流行語を適当に入れました系じゃなければ何でもよかった……。サイレントマジョリティー・サステナブル・インフルエンサー・ハッシュタグとかこの手のバズワードを周回遅れで入れるのはもう今に始まったことではないので仕方ないんですけど、さすがに……。  あと、2番終わりのCメロで「Sunday, Monday, Tuesday...」と英語の曜日を順番に入れるの、1stの『キュン』と丸被りしていてもう少し頑張っても良かったのでは……という気持ちになる。秋元康の作詞量考えたらある程度仕方ないというのもわかるんですが。 --------------------  余談ですけど、YouTubeのコメント欄、新曲に過去曲と同じ単語が出てくると、「○○の歌詞と同じ××が使われててエモい」みたいにやたらとエモを感じる人が多くて、優しいなと思います。  私は「この人この単語が好きなんだな、別の語彙が浮かばなかったんだな」と思うので。というか、明らかにたまたま単語が被っただけの普通名詞ですら過去曲との関連をこじつけるコメントを見ると、逆に厳しすぎるというか、もっと別物として見てあげた方が良いのではという気持ちになります。ちなみにDECO*27さんのコメント欄に多いです。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 4か月前

5/22:堕落

気づけばゴールデンウィークもあっという間に終わってしまいました。  ……というのはさすがに無理がありますね。すみません。明らかに空けすぎました。  理由は……まあ単純にゴールデンウィークで完全にエネルギーが切れたというのが1つ。  生活リズムが崩れたのもそうだし、休み明けで憂鬱な気分の時にブログを書こうというところまで気を回せなかった。  連休明けって仕事をするのが当たり前ではなくなってしまうので、仕事をしただけで一日のタスク終わり! 十分頑張った! という気分になるので、ブログだけじゃなくて全体的に何もしなくなるんですよね。  で、その中で、そろそろ休み明けを言い訳にするには限界だなとなった時に、まず戻さなきゃいけないのが自炊で、その次がリングフィットアドベンチャー。というわけでブログに戻ってくるのに3週間かかりました。すみません。 --------------------  というのもありつつ、一番の理由はゴールデンウィーク明けからいろいろあって、ちょっとメンタル的に毎日更新を頑張ろう! という感じにならなかったというのがあります。  GW前に少し触れましたが、会社でのトラブルがいくつか重なってしまったり、プライベートの人間関係でもちょっとうーんと思うこともあったりしたし、  あと単純に仕事が上手く回っていない……回っていないというのも違うんですけど、なんというか、  仕事において……他の人がどうかは知りませんけど、私の場合、「とりあえず手を動かして目に見える成果を出していれば良いフェーズ」と「ひたすら頭を使って今後の計画やアイデアみたいなものを煮詰めなくてはいけないフェーズ」に分かれると思っていて、  そういう時って「早めに仕事が終わったからブログ書こう!」みたいな気持ちの切り替えができないんですよね。ずっと積み残しの課題がある状態というか。  GWに入る直前あたりから今月いっぱいくらいが割とそういう感じで、4月末は惰性で走りきることができたのですが、それも結局先延ばしにしていただけだったので、そういう綻びが出た感じです。  みたいなことを考えると先月はすごくメンタルとして調子が良かったんだなとも思いますね。  ああいう感じで一生暮らしていけたらどんなに良いだろうと思うほどに。4月は結構ポジティブな思考が作れていたように思うんですけど、今はまた、こういうことを続けていっても何が残るんだろうとか、そういう思考に陥っています。たぶんこれもずっと抜け出せないんだろうなとも。  改めてブログを書くって本当に自意識過剰な行為だなという気がしていて、自分と自分の考えに何らかの価値があるという思いが少しでもなければやらないわけで、 --------------------  ところで先月のAnalytics見たら、全体のアクセス数としては微増程度なんですけど、トップページのアクセス数は2倍でした。当たり前と言えば当たり前なんですけどアクティブに読んでくださる方の訪問率は上がっていたのだろうなと。ありがたい限りです。  ……と言いつつ、このブログのメインコンテンツって結局Surfaceとかボンバーマンとか昔書いた長めの記事なんで、そちらが減ると全体的に減るんですが。  ということはちゃんとそういう記事を厚く増やしていくべきなのではと今さら気づきました。  人気記事に2019年以降に書いた記事がほぼ入ってないのなかなか危ないというか、いつ廃れてもおかしくない状態でもあると思うので、そういうちゃんと需要のある記事も継続的に増やしていきたいですね。本のレビューとか。でもそういうの大体noteの方が強いからこういうブログで書いてもなーって思いますよね。難しい。そもそも2018-19年と今だとTwitterを辞めたことで相対的な発信力も落ちてるので初速が出にくい。これは仕方ない。 --------------------  そういうわけで毎日更新に関しては一旦保留でお願いします。そもそも5月頭に書き溜めていたストックが何個かあるし、書きたいテーマもあるので、しばらくは毎日くらい更新するかもしれませんが、1日も空けないというところには無理にこだわらず。1~2日に1回くらいのペースを守れたらいいなと思っています。  ……というつもりで油断すると2週間とか空けてしまうのが私みたいな怠惰な人間なので、やっぱ毎日更新を決めないと無理だなと思ったら戻すかもしれません。  実際どのくらい需要あるんでしょう? 更新頻度高い方が嬉しいという方がいたらこの記事にいいねして頂けるとありがたいです。別にそれで2桁行ったからといって何かが変わるわけではないですが……単純に気になる。 --------------------  あ、あと、ブログのリニューアル作業が終わりはしなかったものの良い感じに進んでいて、そういう時が最も暇さえあればどんどんコード書きたくなる熱が一番高いのでブログに振り向けられなかった、というのも更新が空いた理由だったりします。  ここ1~2週間くらいは体力的に疲れていたりしてあんまり進められていなかったのですが、割と開発終盤ではあります。今月中にはどうにか、という感じ。まあ見た目的な変化はあんまりないし、速度も言うほど上がらなかったのでやる意味があるのかちょっと迷っているところはあるのですが……。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 5か月前

5/1:行動指針

昨日と一昨日の記事書いた時はバリバリ記事書いていくつもりだったんですけど、意外と面倒臭いなという気持ちになってきたのと、これに時間取られて本当にやりたいこと(ブログリニューアルの開発)が終わらなかったら本末転倒すぎるので  ゴールデンウィークは毎日更新お休みします。もう1~2回は更新するかもしれませんが、ちょっとストック作って立て直す期間にします。……GW明けにモチベーション失って戻ってこなかったらすみません。 -------------------- :: 4/23:ふてくされる機械 | HoneyDipped :: (jugem.jp)  この記事を読みながら、ちょっとたまにはちゃんとこういう社会情勢的な話にも触れておこうかなと思ったりしました。  個人的な話で言うと、割とちゃんとステイホーム的な生活スタイルを守っている方だという気がするんですけど、  今の自粛ムードだったり行動制限みたいな部分から自分の普段の生活があんまり外れていないのは、単に自分があんまり被害を受けるような趣味嗜好を持っていないからというだけで、自分がライブとか観劇とかが、それがないと生きていけない、それがないことが強いストレスになって耐えられないのであれば、そしてそこのリスクとリターンを天秤にかけて問題ないと思ったら全然行ってたと思うんですよね。  だからそういうイベントに行かないだけで実家に帰ったりは全然しますし。外食とかも。それはそもそも普段テレワークしかしてないとか、長距離移動というほど遠くないとか、いろいろ考慮した上で、ですけど。  今のこういう問題に対して難しいというか酷だなと思うのは、今のこういうご時世の中で潰されているエンタメだったり娯楽だったりって数万単位であると思うんですけど、その中で自分がダイレクトに影響を受けるものって2個か3個くらいじゃないですか。多い人はもっと多いかもしれないけど。  「ディズニーランドが営業を続けることに反対ですか?」みたいな質問はそもそも意味がなくて、実際休業しててもしてなくても行かない、という人がほとんどだと思うし、そんな人たちに聞いても反対に決まってるというか。実際その休業が感染防止に対して与える効果がほんの少ししかなくて、クラスターも出していないし人数制限もちゃんとしていたとしても、休業するよりリスクが小さいということはないし、自分が行きたい娯楽以外は全部反対票を投じるのが合理的という。もっと言えば自分がいろんなことを我慢させられている状態だと、他の人の娯楽も奪った方が楽しいだろうし。  だからそこを個々人の利益ではなく全体としての利益として判断できる役割を政治家が果たしてくれるはずなのになー。という残念さがあります。もう今更という感じですけど。  そういう意味で、ライブハウスも映画館も寄席も、自分は別にやらなくてもいいと思うけど一切それについての当事者の判断に対して反対はしない、ということと、それを止めようとする政治や社会といった外部からの圧力に対しては一貫して反対し続ける、ということだけ決めています。GoToトラベルとかも、自分は利用しないかもしれないけどどんどんやってほしい。  ただ、それで言うとオリンピックもそこに入るんですよねー。あれに関してはさすがに中止してほしい気持ちは強いけれど、楽しみにしている人もいるのだろうし、コロナが全くなかったとしても観に行く気もなかったしテレビ中継でさえ一切観なかったと思われる自分が口出しものでもないよなと思いつつ、  しかしライブハウスや映画館に対してはしっかり口出ししてきた国や東京都が率先してオリンピックだけやろうとしているダブルスタンダードはやっぱりおかしいと思うので、どちらかにしてほしいなという気持ち。そもそも今回の緊急事態宣言も出さなくて良かったと思ってるし、感染者1000人くらい普通でしょ、というムードの中でオリンピックやるならそれでいいと思う。関わりは持たないようにしますが。 --------------------  あんまりこの手の話をしないようにしているのは結局書いても無駄だし、というのと、あとSNSとかで怒ってる人を見るとそれだけで関わりたくないなという気持ちになるので、あんまりこのブログを読んでる人にそういう気持ちを与えたくないなと思っているからで、  そしてこのブログを読んでる人とあらゆる感覚を共有できる、理解してもらえる、みたいなのもきっと幻想なんですよね。  全然ロックダウンとか私権制限とかガンガンしていってほしい、今の政府は温すぎるくらいに思ってる人もいるだろうし。  そういう意味で価値観の全てが一致することってないので難しいなと思います。それこそ自分が一番それを感じるのはスキャンダルへの反応で、割といろんなものの見方に関してなるほどな、という信頼を置いていた人たちが一様に東ブクロのニュースに対して「今回の件はさすがに許しがたい」みたいなことを当たり前のように言っていて、何がさすがになのか全然わからないので説明してほしいなと思うんですけど、  たぶんこういうことを書く私に対して「普段の考え方は良いけどこの件だけは擁護してるのが頭おかしい」と思われてるんだろうなとか、それきっかけにブログを読むのを止める人もいるかもしれないなとか。実際自分もそういう決定的な価値観のズレを感じて聴かなくなったラジオとかミュートしたツイッターとかたくさんありますしね。  だからと言ってそういうことに気を付けていると何も書けなくなるし、軋轢を生むようなことを言わないのはつまり何も言ってないのと同じなので、そういうものをある程度のバランスで吐き出す場所として機能させていきたいです。この記事がそこのバランスを崩していない自信はちょっとないのですが……。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 5か月前

1ヶ月

4月30日。ということで毎日更新1ヶ月です。 image-20210430002031333  カレンダーが埋まるのは嬉しい。ぶっちゃけ昨年のFirestore移行の時に捨ててしまっても全然良かったのですが、このカレンダーがないとやる気出ないなと思ったのでリニューアル時にどうにか持ってきたみたいなところがあります。先月とかのカレンダーを見れる機能も面倒臭くて辞めてしまったけどできれば復活させたい。  毎日更新をしたのは2015年5月以来なので、6年ぶり。とはいえ、当時は日付変わってから投稿日時を弄って帳尻合わせることに何の躊躇も持っていなかったので、ちゃんとやったのは中学以来とかそういう感じかもしれません。  自分が知っている限り(ほぼ)毎日更新を続けているブログで一番長いと思っているのが、『神のみぞ知るセカイ』などの作者である若木民喜さんのブログで、別にだからといって毎日読んでいるというわけではないんですけどw、 :: HoneyDipped ::  割と数年前からこういう形をやりたいな、と思っていたりしました。短めでも何でも良いので書き残すけど、長めに書ける時は1テーマでちゃんと話す、というか。  きっかけとなる何かが起きたわけではないけれど考え事をしていて、このテーマで何か考えをまとめたいけど数日に1回の更新頻度の中であえて記事にするほどでもない、とはいえ記事の中で複数のコンテンツの1つとして触れるほどでもない、みたいな時に、今までのスタイルだと結果的に書かないのが正解になってしまうのがずっと気になっていて、たぶんそれを解決するには毎日更新という形を取るしかないんだろうなというのは数年前から気づいていたのですが、いろんな環境が整って今ならどうにかできそうかな、と思った次第です。  やっぱり一人暮らしになった恩恵は間違いなくありますね。正直。実家暮らしだと、夕食とかお風呂とかを後回しにしてブログを書くみたいな奇行はなかなか取れないので、24時という区切りで動くのが難しかった。スマホで書ければ楽なんですけど、あんまり好きじゃないんですよねやっぱり。  PCのキーボードを叩いている時にこそ思考が整理されている感覚がある。あとスマホとかiPadのエディターはどうも使い勝手が……。 --------------------  そういうわけで30個記事を書いたわけですが、少なくとも記事のクオリティはそこそこを維持できたように思います。 2年後の世界 | Our Story's Diary  たぶん一番いいねのあった記事。少なくとも6人もこの記事を読んだと思うと驚きますね。  ちなみに個人的なお気に入り記事は一番いいねが少なかった昼と夜の顔の記事です。仕方ないとは思っています。  コメント欄があったら何らかの反応があったんだろうかと思いつつ、そういうものに一喜一憂したくないというメンタルの弱さでコメント欄を閉じたところもあるのでたぶん今の形の方が正しいんだろうな。もう少し安定したら考えます。軌道修正するという意味でgood/badボタンくらいはあっても良いのかも。 --------------------  まあこの記事の感じだったり、昨日の記事だったりで大体伝わっていると思いますが、とりあえず5月以降も毎日更新は継続したいと思っています。  クオリティはもう少し落とし気味で……と言いつつ4月後半くらいの感じが下限かなとも思うんですけど、ここからも続けると決めた以上はもう持久戦なので、もっと短い日があっても良いのかなと思っています。今日食べたものの写真を載せて終わり、みたいな。若手女優のインスタの写真に添えられてる文章くらいの分量で。……そのためには写真のクオリティ上げないとどうしようもないな……。  まあともかく読んでくださる方ありがとうございます。いいねがコンスタントに付いてることに驚きましたが、結構ちゃんとありがたいなという気持ちがあります。だからといって読んでいる人のことを考えて書こうみたいな意識はあんまりないので、飽きてきたなと思ったら離れてもらって全然良いんですけど、  自分の書いている文章を楽しいとか面白いとか思ってくださっている人が数人でもいるらしいということはかなり励みになりました。ずっといいね0とかだったらもう少し辞める方に傾いてたかもしれないのでありがたいです。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 5か月前

休暇

ゴールデンウィークが始まりました。30日に有給休暇を取っているので7連休です。  去年のGW何をしてたかもはや思い出せもしないのですが、その時に比べるといろいろやりたいことがはっきりしているし何だかんだで意外と予定もあるので、頑張って意味のあるものにします。一瞬で終わりそうで今から連休最終日のことを思って憂鬱になったりしています。  今の仕事が別にそんなにつらいという感じはなくて、リモートだしやりたいことやらせてもらってるし別に毎日が憂鬱というほどではないんですけど、それはそれとして働かなくて済むならそれに越したことはない。ゆっくり休もうと思います。  あと最近は会社の人とちょっとトラブル……いやトラブルと言っても100%相手が悪い案件なんで悩んではいないんですけど、単純にストレスにはなっているのでそこから解放されるだけでもありがたいです。GW明けにその件のミーティング入ってるので憂鬱ではありますけど。  このブログの炎上の仕方とかもそうなんですけど、下手に出る形のコミュニケーションばっかり取るので面倒臭い人を調子に乗らせてしまうのが自分の良くない部分なんだろうなーと思います。が、そこに対してちゃんと「あなたが間違っている」ということを正しく主張するためには自分がしっかりとした理論武装をして自信を持つ必要があるので、つまり社会経験が足りてないのだろうなとも。 --------------------  経験則上、意外と毎日更新が止まりやすいのは平日じゃなくて連休中なんですよ。1日出かけて友達と会ったり家族で出かけたりすると、時間を自分だけでコントロールできないので。  実際この連休も少し実家に帰ったりするので、時間作れるかなーという心配がありますが、まあ何とかします。今日中に4個くらい記事書こうと思ってます。  あとはブログのリニューアルもやりたいです。GW中に。といっても見た目はほとんど変わらないと思いますが、技術的にかなり手を入れたい気持ちが高め。Next.jsでの作り直しは結構面白そうなので。高速化したい。  技術的な話もしたいんですよね。逆にこのブログでちゃんと自分の技術領域の話、このブログを読んでいるような人に対して説明する形での話はあんまりしていなかったので、そういうオタクっぽい話をしても良いのかなと思っています。  とにかく話題を選んでいる場合ではないのをポジティブに利用して、今までは別に書く必要がないと思っていたことを発信するということをこの1ヶ月かなり率先してやっているので、いろいろ軽率にやっていきたいです。よろしくお願いします。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 5か月前

発見

ここ何週間かカウンセリングの話を何度かしていたと思うのですが、とりあえず5回ほど行ったので先週で一旦終わりました。また数ヶ月後に定期観察的な意味で相談に行くことはあるかもしれませんが。  とりあえず行って良かったなと思っています。  結構2月から3月前半あたりまでがメンタル的にかなりヤバい状態で、いろんな人に相談したりしていたのですが、  今回お世話になったカウンセラーの人が、優秀なのか相性が良かったのかわかりませんが、自分の根幹のところを完全に曲げなくて済む範囲で実践的なアドバイスをしてくれたし、  自分の方も思っていることとか納得できないことをその場でどんどん出して、それに対して否定することなく別の見方を提示してくれたりして、考え方を少しずつ修正していく作業を時間をかけてできたのかなと思っています。  自分が全く受け入れられない価値観をいきなり自分の中に入れて行動を完全に変えるということはなかなかできないので。  ここ2ヶ月くらい……他のカウンセラーも合わせると10回以上、たぶん13時間くらい話した気がするんですけど、それは必要な時間だったんだろうなと思っています。 --------------------  自分はたぶん自己分析とかそういうことが好きだと思っていて、だからこそこんなブログを10年以上やっているわけですけど、  その根本に、「人間の行動は一貫性のある何かに基づいていて、あらゆる行動は必然的である」と考えていた部分があります。  例えば誰かから何かを言われた時にそれに対してすごくキレてしまったとしたら、それは自分が必ずキレるポイントを刺激されたからであって、今後何回同じシチュエーションがあったとしても同じようにキレてしまうだろう、とか。それは他人に対してもそう思っていて、  だから、2ヶ月くらい前に、そういう形で他人とのコミュニケーションの中でトラブルになることが、複数人に対して同時にあって、ということは自分は誰に対しても必ず怒らせてしまう人間に違いない、それは一生治らないのではないかという絶望感がありました。  ここ数ヶ月くらいカウンセラーの人と話をしたりする中で、何となく違う捉え方ができるようになったなという部分が2つあって、  1つは、そういった根本の性格という変えられないものは確かにあるかもしれないけれど、それが原因の全てを占めていて解決できないというケースは意外と少なくて、それよりもその感情的な判断を補正する知識が足りていないケースの方が多いのではないかということ。  私は根本的に自分と異なる考え方を受け入れられない人間ではあると思うんですけど、それでも10年前とかよりそこのキャパシティが広がっているなと思うのは、そもそも他者の考え方のうち理解できる領域が広がったからだと思っていて、  例えば自分と異なる価値観の多くに対して、好き嫌いとは切り分けてそれを多様性の1つとして認められるようになったのは自分の知識がアップデートされたからだと思うし、  2ヶ月前は、「自分が少しでも理解できるものは受け入れられるけど、どれだけ考えても理解できないものはやっぱり嫌い」という考え方に固執していましたが、  カウンセリングなどを経て、「この世には自分が全く理解できない意見もあるけどそれも別に存在することは仕方ない」という考え方を知識として持てるようになって、それによって怒りを覚える対象がまた少し減ったように思っています。…そのくらい最初から知っておくべきと言われたらその通りなんですけど。笑  いろんなことを「そういう性格だから」という風に捉えるのは結局のところ言い訳でしかないし、たとえ実際にそういう側面があったとしても、そう考えたところで別に何も解決しないので、  性格だからといって乗り越えられないものは意外と少ない、という考え方をすることは大事なのかなと思いました。  実際にそういう考え方をすることで、ここ最近会社で嫌なことがいろいろあったんですけど、そこに対して強い反発を覚える前に、「自分の知識が足りなくて理解できないだけかもしれない」と思ってストップをかけたり、自分のポジショントークになりそうなところをもう少し下がったり、ということが、前よりも少し早めにできた感覚はあって、それを積み重ねていきたいです。  もう1つはそもそもそういう考え方に拘ることが自分の人生をすごく窮屈で苦しいものにしているのだから、少しずつ緩めていかなければならないという。  結局自分が好きなものと嫌いなものをはっきり区別しているのも、そういう「一つ許せないところがある相手のことを絶対に許さない」という部分にあって、  でもそれを言い出したら別に許せない部分や嫌いな部分が一つもない人間なんていないんですよね。まあ自分自身だけはそうではないかもしれないですけど、それくらいで。家族も友人も同僚も。  つい最近特に思うのは、会社の同じチームで働いている同僚の中で、どちらかと言えば良い人に分類していた人たちのダメな面とか好きになれない面が次々に見えてきて、  当たり前なんですけどある問題に対しては意見が合う人と全然意見が合わなかったりとか、でも人間ってそういうものだよなと思うし、私自身もたぶんそういう振る舞いをたくさんしているだろうし、  だったらできる限りそれまでのことを引きずらずに、全ての相手に対して極力フラットに接するべきだし、というかあらゆる人間に対して「嫌いだけどどうにか付き合っていくしかない相手」という目線で見ていくしかないんだろうなと。  ……これもまた書いてみると当たり前の話ですけど。  この記事ずっとたぶん当たり前にできている人にとっては「息を吸ったらちゃんと吐きましょう」とか書いてあるように見えてるのかもしれませんが、自分にとってはすごくハードルの高いことで、たぶんずっとこの程度のことに苦しめられる人生なんだろうなと思います。  実際こうやって書いていますけどやっぱりそう簡単には割り切れないですしね。それこそ父親のこととか、今までのことを許すかどうかとは別にして年1くらいで会ってあげるのが一番良いんだということはわかってますけど今は無理だなと思いますし、会社でもこの人はやっぱり苦手だなとかはありますし。  ただ、それも含めて諦めずにやっていくしかないなと思います。  今までの自分がどこかでそういう努力をしたくないなとどこかで思っていたのは、そういう自分の根幹の部分を譲ってまで得られる人間関係や地位に価値がない、それよりも自分が我慢することの方が耐えられないという考えがあったからなんですけど、  実際そこを我慢することで得られるものはたくさんあって、案外それも悪くないなと思えているからこそ、という部分もあります。だからそれがどうでもよくなったら、例えば自分のそういう頑張りが全く認めてもらえなくて会社でもプライベートでも居場所がなくなったら全然やらないと思いますけど。そうではないということは自分は人間関係にそこそこ恵まれている方だなとも思います。ありがたいですね。 ...

comment  0
favorite  0