ひとりごと 10か月前

時代の更新

4連休ですね。4連休ですが気づけばもう最終日。  そもそも最近土日が体感3時間くらいで終わっているので4連休になっても6時間くらいで一瞬なことに変わりませんでした。  まあここ数日に関してはデュエプレの新弾が出てずっと遊んでるのが悪いんですが……。 -------------------- お台場パレットタウン閉館。ヴィーナスフォートや大観覧車 - Impress Watch  ヴィーナスフォートやZepp Tokyoの閉鎖、それ自体は別にそんなにショックでもないんですけど、  『GO BACK TO VENUSFORT』が急に古い印象の曲になるのが悲しいなと思いました。10年後とかにこの曲について語る時に、「令和3年に営業を終了した商業施設の名前」って言われるわけで、やっぱり固有名詞は急速に古びていくのだなと。  ……いや、別にヴィーナスフォートとは本当に何の関連もないんですけどねこの曲。私は聴いた後でこういう名前の施設があることを知ってびっくりしたくらいなので。ただ格好いい地名としてのみ使われている感じ。  何ならDEEPERの曲の中では一番好きなんですけど、それはそれとして何で商業施設の名前?? というのは永遠の謎です。 --------------------  『さくら荘のペットな彼女』を久々に観直しました。

 このツイートを見て、試しにプライムビデオで検索してみたら配信されてたんですよね。数年前に確認した時はなかったはず。で、観始めたら止まらなくて3日で18話あたりまで観終わりました。  大体のストーリーは覚えていたのですがそれでも面白かったです。  それこそ先週の記事とも通ずるものがありますが、この手の学校という狭い世界の中で戦う系のアニメ、今観るとスケール小さい感じがしてあんまり楽しめないんじゃないかなあと思っていましたが、今でも全然感情移入できました。  近くにいる他人と才能を比較してしまって悩んでしまうあたりは特に今でもずっと考えているというか、  それこそ少し前は成績とか学歴だったものが、今だったら仕事で、自分が明確に下であるとか、自分が相手に対して価値を提供できていないと思う相手とずっと関わっているのが怖いと思う感覚があって、  それは自分が相手に心の中で馬鹿にされてるんじゃないかとか、相手の同情だけで関わってもらっている相手は、相手の心の余裕だったり気の持ちようだったりで急に見捨てられるんじゃないかとか、そういう不安を拭えない。実際にそうなるから嫌なのではなくて、そうなるかもしれない不安を一生抱え続けるのが嫌というか。  ……みたいに思う一方、自分がそれを思わない相手だとしたら相手がそれを思っているということでもあって、そこが完全に均等な関係というのはあり得ないので、お互いが別々の方向でリスペクトし合っている必要があって、かつそれが常に更新され続けていなければならないわけで、そんな関係を構築することが果たしてできるのだろうかとも考えてしまいました。  そういうすれ違いというか、別に誰も悪くなくて全員が優しいのにお互いを傷つけあってしまうリアルな苦しさが見事に描かれています。  改めて考えると
自分じゃぱんつもはけない。そんな天才少女の”飼い主”になりました。
 というキャッチコピーから想起されるものとは全く違う気がして本当にこの宣伝で良かったのかよくわからないのですが、ただ当時って今ほど深夜アニメがドラマ的な題材を描くことが許されてなかった気もするので商業的には仕方なかったのかなとも。  その意味で『Just Because!』はもっとまっすぐ人気が出ても良かったのに勿体ない……。次はあれも観直したいな。  それにしてもここ3年くらいアニメ全く観てなくて、1クール6時間もかけて観る体力も集中力ももうないと思ってたんですけど、面白いアニメはちゃんと観れましたね……。  青ブタのアニメにあんまりハマれなかったのも、普通にさくら荘の方がアニメとしての出来が良かったからかもしれません。会話のテンポが本当に良い。  いしづかあつこさん、さくら荘・ノゲノラ・ハナヤマタ・宇宙よりも遠い場所、と自分の好きなアニメしか作ってなくてもっと評価されてほしい。  あと、今考えるとサムゲタンで炎上してたの本当に意味がわからなさすぎて、そう考えると8年前よりは多少インターネットも良くなっているのかもしれない……。いやどうだろう。原作の不自然な改変というだけで今でも炎上するかもしれないな。  当時はアフィブログが炎上を拡散する役割を担っていたけど、今それをやってるのはYahooニュースとかライブドアニュースだから状況としては悪化してるのかもしれない……。 --------------------  オリンピック。今週の『ハライチのターン!』冒頭の岩井さんと完全に同意見なのですが、私はオリンピックに関しては別に今回に限らずずっと興味がないので、当然今回も別に観たい競技は1つもありません。
 オリンピックの日本代表とは言っても、羽生選手も高梨選手も、会ったことのない、知らない人じゃないですか。  知らない人っていう意味では、日本代表も韓国代表もアメリカ代表も私にとっては同じ距離感の人たちであるわけで、その中で日本代表が勝ったからって嬉しいですか?  それで嬉しいなら「誰かが勝ったから嬉しい」ってことだからアメリカ代表が勝っても嬉しいはずですよね?  知らない人と知らない人の対決の結果、どっちが勝ったとしても、湧く感情は全く同じだし、というかどちらが勝っても皆無。何の感情も動かない。 季節感 | Our Story's Diary
 3年前に書いたこの文章が言いたいこと全部言ってる。考えは全く変わってないです。まあ、何で楽しめるのかはわからないなりに楽しめる人がいるのはわかったので、中止してほしいってほどでもないんですが。  で、そもそもテレビもないので競技はたぶん1つも観ないんですけど、昨日は実家に帰ってたので開会式は何だかんだ半分くらい観てました。  ピクトグラムのところがちょうど観れて良かったです。あとは何も思いませんでした。あ、アナウンサーの解説が本当に邪魔だった。  開会式にまつわるいろんなトラブルを見ながら思ったのは、東京五輪が決まった時に、どうせ秋元康が演出するだろうとか吉本が関わるんだろうとか、散々言われていて、それが予想を裏切って椎名林檎さんだったりMIKIKOさんだったり小林賢太郎さんだったりが選出されて盛り上がったという流れだったと思うんですけど、  結果的にそうなった方が良かったというか、もしそういうメンバーで構成されていたら、今回のように直前で不祥事が発覚して解任みたいなことはなかったと思うんですよ。  それはつまり、そういう自分の経歴に傷をつけないことだけを上手くやって、それで成り上がってきた人たちだから。  自己の表現として何かを発信している人間ではなく、地位と名声を得ることだけを求めていて、自分自身の本当の姿とか本心とかを大衆に理解してもらうことに興味がない人たち。  だって秋元康なんて山口真帆さんの事件とか間違いなく関わってるし責任もあるに決まってるし、まともな感性を持った人間だったら良心の呵責に耐え切れなくて関わってることをどこかで言うはずなんですよ。でも言わない。それはアーティストではなくてビジネスマンだから。  それはそれで一つの生き方だし、何だったら、自分の弱さをさらけ出して許してもらおうとする人の方が弱いという見方もできる。  というのはこの弱さでしかないブログを読んでいる人なら当然わかってもらえると思いますけど。  当時のラーメンズにとってのあの表現も、もちろん今それを選ぶことはないでしょうけど、そもそも当時から攻めた表現であったことは間違いなくて、ただそれを避けるよりも、自分たちが一番面白いと思うとおりに表現することをあえて選んだのだということは想像に難くない。  そういう間違いかもしれない選択を積み重ねていき、自分の正しさについて問い直し続けている人間だけが新しいものを発明していき、それによって世界を変えていく。  ただそれはそれとして、そういう人たちは「今の」「日本の」「政治的な」イベントにはやっぱり出るべきではなかったのだろうなと。それが許容されるような社会ではない。  もちろん、結果的に小林賢太郎さんが演出したであろうテイストは明らかに残っていて、それによってまだ観れる開会式になってはいたので、最初から選ばれるべきでなかったとも思わないのですが。  だから本当に悲しいのは、結局そういう多様性を尊重するとか弱者に寄り添うみたいな考え方がどんどん社会の中で強い力を持っていて、それによって社会が良くなっていくはずなのに、  実際には価値観をアップデートしようと戦っている人たちがどんどん足を掬われて、そういうものに一切関わらずに保守的な表現だけをし続ける毒にも薬にもならない漂白された表現だけが残っていくことで、でももうそれは仕方ないのかもしれないですね。  個人の単位ではそうやって削られていったとしても、その意志を受け継ぐ人だったりがいて少しずつ変化を繋いでいくし、一方で漂白された表現だけをするつまらない人たちがどれだけ残っても社会に何の影響も与えないので。 --------------------  4連休、書きたい記事とかもあったんですが全然思うようにいかなかったですね。すみません。  旅行に行こうとかいろいろ考えてたんですけど気づけば全くできませんでした。単純にあえて旅行しようってならなかった。  よく考えてみると、別に観光がしたいわけではないので、一人暮らしで一人で旅行することにそこまで頑張ろうとならないんですよね。旅館だけが楽しみだからなるべく近場、神奈川か静岡あたりでどこか……。8月のお盆もタイミングなさそうなので、行くとしたら9月の3連休かな……。  映画も観たいようなそうでもないような。『竜とそばかすの姫』とか『100日間生きたワニ』とか、好き嫌いは別にしてたぶん観たら何かいろいろ感じるものはあるんだろうと思うんですが、しかしどうしても観たいという気持ちもないなと。  それこそ大学生の頃は映画観て感想記事書いたりしてたなーと思うし、昔書いた映画の感想記事とかたまにランキングに入ってたりするので、観に行っても良いかなと思いつつ、面倒なので放置してしまっています。時間よりも元気がない。  それはそれとして本当は仕事終わりに観に行きたいのにレイトショーやってないのが辛い……。20時開始くらいでやってたら全然観に行きたいのに。 --------------------  6月に自主的に頑張りすぎた反動で7月は仕事に対して多少意識的にペースダウンしてたのですが、ちょっとそうもいかないというか、やっぱりちゃんと頑張らないといけないなと思いました。  ぶっちゃけると、仕事として求められているところにコミットしようと思うと休日を使うしかない。良いか悪いかで言ったらあんまり良くはないと思うんですがw  結局どれを大切にするかになるんだろうなと。給料そこそこで楽な仕事とか、労働時間は短いけど働いている間はひたすら苦痛な仕事とか、いろいろある中で、自分の場合は仕事時間中のストレスが少なくてやりがいがあることと、給料が高いことの2つが優先順位として上にあるので、それ以外のことは犠牲になってもいいなと思っています。  というか、選択肢も別にないんですよね。いつも思いますけど、今より給料上がるとしても居酒屋の店員とか絶対にできないので。今の仕事は全然それに比べたら良いことづくめだから、頑張ります。  というわけで優先順位が低めのプライベートはどんどん犠牲にしていきます。ブログもその1つです。ごめんなさい。  やっぱり振り返ってみるとブログ毎日更新してた4月は全然仕事マジメにやってなかったなと思うし、それは良くなかったなと。すごく後悔してるというほどではないんですけど、しばらくはそういうエネルギーの振り方はしないだろうなと思います。  それこそ映画の感想記事みたいなこともそうだし、DTMとか、時間と体力があったらやりたい気持ちは変わってないんですけど、たぶんやらないしやらなくても生きていけるタイプの人間なのだなとも。根本的に向上心が本当にない怠惰な人間なので、そういう能動的な何かをせずに受動的に与えられる何かと戦っているだけで自分の存在価値を肯定してもらえる環境に居続けていたいし、それが今の仕事の一番ありがたい点です。  まあそう言いつつ、仕事に対してもより能動的に関わっていかないとやっていけないフェーズに来つつあって、それが今の最大の悩みかもしれません。対処法を模索中です。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 10か月前

パラレルワールド

梅雨が明けたそうです。暑すぎますね。  毎年夏になるたびに思うんですが、6月くらいに「暑いなー」と思うくらいの暑さから、7月中旬にもう1段ギアが上がる瞬間ありますよね。空気が重くなって肌が焼けるのが感覚的にわかるくらいの、「この空間にずっといたら死ぬな」と思うくらいの不快な暑さ。そういう感じになってきたなーと思います。たぶん30℃くらいから。 --------------------  QuizKnock、先週おすすめするのが難しいという話をした矢先に凄い動画が。  飛び抜けて伸びているのも納得の、タイムリーかつキャッチーな企画。サマーウォーズ観たことないけど面白かったー。サブチャンで制作秘話も出してほしい。 久保みねヒャダ こじらせナイト|民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」 - 無料で動画見放題  久保みねヒャダ観ていたら、数ヶ月前にこのブログでも触れた「結婚したらおめでとうを言わなきゃいけない風潮」に関する話があって面白かったです。共感。 ゴール | Our Story's Diary  あと、それに対する能町さんの「最近は『え~!びっくり~!』という驚いた反応だけで何となく祝福した感じを出して乗り切っている」というライフハックが最高でした。  あと先週の『日向坂で会いましょう』が面白かったです。キョコロヒーで発掘された齊藤京子さんの面白さをちゃんと引き出す素晴らしさ。ランキング1位を次々に当てる流れで爆笑しました。  ひなあい、基本的には好きなのだけど、『君しか勝たん』のヒット祈願企画のチアダンスだけは観てられなかったです。ただでさえいろんな番組出まくって忙しい時期に深夜の冠番組であんなにメンバーに負荷をかけて、結果として1st写真集発売直前の小坂さんが休養に入るという誰も得しない展開。本当に運営は反省してほしい……。 --------------------   Amazonのタイムセール祭り。今月はあんまり買うものはなさそう。 [amazon_link asins='B08CRCZ4NX' template='Original']  ↑少し前に買ったこれがとても良かったのでオススメです。 [amazon_link asins='B08J6MLWRF' template='Original']  iPad Air、元々欲しいところにセールになってるので衝動的に買いたくなるけどセールになっても高い。つらい。冷静に考えて6万円出すものではないんだよなー……。  どちらかというとGoogle Nest Hubが気になってます。Google Nest Miniは使ってますが、画面あった方がやっぱり便利そうだよなーという部分と、睡眠モニターと、画面が徐々に明るくなって起こしてくれる機能が気になる。 Google Nest Hub(第 2 世代) - Google ストア  少し前にも書いた気がしますが、最近とにかく何らかのガジェットを買いたい気持ちが高まってるというか、そこそこお金があるのにそのお金を使って買いたいものが今ないことにストレスを覚えています。Surface Pro 8早く来てほしい。何ならPro 7+で良いかなとさえ思ってるんですが、さすがにもう少し様子見。そもそもPro 7+ あんまり売ってないですしね。 --------------------  先週の記事、ちょっとコロナ関連のことをいろいろ書いてしまったことをちょっと翌日になって後悔したりしていました。というのは、自分がすごく精神的にしんどかった去年とかの時期に、「このくらいなら広く共感してもらえるラインだろう」と思って軽率にコロナの話題を出してくるラジオが本当に嫌だったので。  自分がある程度そこに折り合いを付けられたからという理由で意気揚々とそういう持論を振りかざすのはちょっと配慮が欠けていたなと思います。別に誰かからそういう意見が来たとかではないんですけど。そういうのはそもそもシャットアウトしてるし。ともかくもう少しマイルドに触れるべきだったなと反省しました。 --------------------  最近ふと高校の頃のことを思い出してなんというかこう、おぞましい気持ちになることがあります。  あんなに先生とか周りの人の目を気にしてたのとか、しょうもないルール守ってたのとか、必死にテスト勉強してたのとか、それが今と同じ世界の話と思えなくて自分のことが気持ち悪いんですよね。何をあんなに思い悩んでたんだろうとか。  もちろん、あの頃の延長線上にある今の自分の環境だったり境遇だったりはすごく恵まれていると思うので、例えばじゃあ高校中退しとけばよかったとか受験勉強する必要なかったとかは思わないんですけど。  結構未だに高校の頃の夢を見るんですよね。それも、授業に必要なもの、体操着を持ってくるの忘れたとか、朝遅刻して駅まで走ったのとか、そういう、自分が高校の時に凄く嫌でトラウマになっているような感情の景色。  意味わからない夢も多くて、3時間目まで授業を受けたあたりで急に「でも今仕事してるから授業マジメに受ける必要ないな」と気づいて途中で抜け出すところで目覚めるみたいな。  今たとえば会社に出社する時に必要なもの……パソコンそのものはアレですけど充電器とかを忘れて行ったとして、すみませんでしたで済むし別に怒られないじゃないですか。別にそれは自分の価値の源泉ではないから、忘れ物をしたとしてもちゃんと仕事で貢献している人間だから雇ってもらえるというか。もちろん企業文化にもよるとは思いますけど。  そういうことを考えた時に、学校で忘れ物をしたことで怒られてたのって、なんかほんとにしょうもないというか、全然本質じゃないところばかり責められていたなという気持ちになる。体育とかで走るのが遅くて馬鹿にされるのとかも、今考えたら本当にステータスとして何の意味もなくて。  単に人間としての得意不得意でしかないものを優劣や問題点であるかのように言われるのってめちゃくちゃ気持ち悪い光景だし、それを当たり前に受け入れていた自分も気持ち悪いなということを考えます。そんな経験は別にしなくても全然良かった。  そういう意味では大学の「どれだけ効率的にサボりつつ単位取るか」みたいな話も一理あるなと思うんですよ。今の自分だったら雪とか台風で休講にならなかったとしても当然自主判断で休むと思うし。それは当然、GPAが就活で全然役に立たないみたいなのを知って初めて得られる価値観なんで、その時点では無理だったと思いますが。  だから高校までの12年間のいろいろな……体育が特にですけど芸術関係とかもそうだし、勉強自体もそうだし、対人関係とか規則を守ることとか、いろんなことで最低限の点数は全員が取れることが期待されてる世界って、考えれば考えるほど凄く怖くて、  もっというと、今の自分がいろんな現象……例えば不祥事を犯した芸能人だったり、炎上している人だったりに対して、できるだけ否定から入らないようにしよう、どんな人にもできることとできないことがあるのだから1つの失敗でその人の価値の全てを奪うべきではない、みたいな目線を持つように意識していることに対して、  そういうポジションの取り方が一切許されない世界を、今日本に住んでいる全員が漏れなく10年以上経験しているわけで、それはその価値観が多数派になるのも当たり前なのかな……と思ったりしました。  ……いや、まあ別にこれが一般的な考え方とも思ってないんですけどね。高校までの学校に対してここまで制約に感じていなくてもっと自由に振る舞っていた人もたくさんいると思うし、逆に会社の方がもっと規則厳しい場合もたくさんあって、今の会社がたまたまそういうのが緩いだけだと思いますし。ただそれはそれとして、何というか、今の会社にしても高校にしても論理的な必然性があってそういう環境だというわけではないので、ああいう環境に二度と戻りたくない気持ちが強すぎて悪夢として見たりするんだろうな。 --------------------  大学3年あたりからの自分はギリギリ今の自分と同じ人間だと思うんですけど、大学2年より前の自分は今の自分と同じ人間とは思えないんですよね。  中学とか高校の時の自分の考え方とか行動は正直あんまり理解できない。それもある意味で高校時代のいろんな呪いからようやく解放されたのが大学3年くらいなのかなという気がしていて。  今考えても大学3年の時の行動、1人でハワイ行ったりとかは全然後悔してないんですよね。楽しかったし、時間とお金があったら今も全然行きたい。  合宿免許とかシェアハウスとかも、結果的には失敗だったけど、あれをあのタイミングでやってなかったら今でもそこに憧れを持ってしまっていた可能性はあるなと思っていて。今の価値観は大体そのあたりに形成されていたなと思っています。さすがにもうここから価値観が劇的に変わることもないだろうと思っていますがどうだろうな……。  それはそれとして毎週更新というのはちょっと慣れてきました。毎日少しずつ書いていくスタイル、うまく時間が作れると楽しいんですが、仕事が忙しくなると全く維持できないので、あれを続けるのはちょっと自分には無理だなと。そういえばHIKAKINが以前テレビの密着で、365日いきなりステーキみたいなことを話していましたが、マジメな話、毎日投稿を前提にするなら自炊とか無理なので全部アウトソーシングするしかないと思うんですけど、今の自分にとっては自炊とかを捨ててまでブログに力を入れるつもりはないので。  とはいえ来週の連休中はもうちょっと何らかで更新で来たらいいなとは思っています。良い感じの付き合い方を模索中。よろしくお願いします。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 11か月前

再挑戦

7月。昨日あたりから異常に暑くなってきましたね。  暑いのも好きではないのですが、基本的に家から出ないし冷房もガンガンにかけているのであまり困ることはなく、それよりは梅雨が明ける方が嬉しいです。雨だと傘を持って出ないといけないのと洗濯ができないのが辛い。 --------------------  先々週に断念したNext.jsへの移行を改めて行いました。iOSでのエラーは解消しています。  先々週にiOSで見られなくなる問題があって、リニューアル前のバージョンに戻していたのですが、先週からページ遷移がかなり重くなっていたり、タグ一覧やカテゴリー一覧のページが表示されなくなっていたり、という問題が起きていて、いろいろ調べたところ、数週前からビルドが正常に行われていないことがわかり。  これを解決しようとするとかなりの改修が必要になりそうで、一方Next.jsの新バージョンではこの問題は起きていなかったので、だったらiOSでのみ起きているエラーを解消する方が速いのでは? という。  結果、iOSには存在しないプッシュ通知の呼び出し方が間違っていたようです。と言ってもNuxtの以前のバージョンと同じ方法だったので何でエラーだったのかわかりませんが……。  とにかく改めてリニューアルです。速度はかなり良くなったと思いますのでよろしくお願いします。あと、記事を更新してからトップページに反映されるまでも速くなりました。  しかしこうなると次にNuxt V3で作り直しを試す場合に解決しなければならない課題が1つ増えてしまった。正直ブログの用途だとNext.jsの方が適しているのでこのままでも良いかなという気持ちです。そもそもNuxt V3いつ出るのかわかりませんが。オープンソースなので仕方ないんですけど、2021 Q2にalpha版公開しますと言っておいて未だに何も言ってないのはどうかと思う。せめて遅れてますってアナウンスは欲しい。 --------------------  先月観て面白かったYouTubeの話。  YouTube、この前確認したら1日8~10時間くらい観ててさすがに戦慄しました。まあYouTube Musicとかで音楽流してる時間が半分以上だと思うのですが。  QuizKnock、今年に入ってからさすがにネタ切れ感が出てきていて、朝それとか人狼とか、メンバーのキャラクターに依存した動画が増えていて、毎回面白いけどファン向けに寄りすぎている感じがしていたのですが、  この動画は久々に、初見の人でも何となく予想して楽しめる要素がありつつクイズプレイヤーの凄さが伝わる感じで良かったと思います。(と思いつつそこまで伸びてないけど)  QuizKnock、どれも面白いと思ってるんですけど、初めて観た人が面白いと感じる、これをおすすめしておけば良い! みたいな動画を選ぶの意外と難しいなと思ったり。いわゆる視聴者も一緒に考える的な謎解き動画の方が楽しみやすいけど、それはこのチャンネルの本質じゃなくて、どちらかというとスーパープレイを見て驚く系だと思っているので。  なので『0文字クイズ』とか『画像なし画像クイズ』あたりが個人的には好きです。  『100点は取り飽きたので人生最高得点を取る』は名作なんですけどメンバーのキャラクターある程度知ってた方が面白いと思うし。『3択かと思ったら4000択!?』は結構わかりやすくて良いんですけど、伊沢さんの今でしょボケがめっちゃ邪魔なので、そこだけ差し引ければ……。  フェアリーch。昨年秋にフェアプロが活動終了してしまってから地味にずっとロスを引きずっていたので、毎日更新ではないものの復活して本当に嬉しいです。本当に毎回構築がオシャレだし、撮り直しとかは当然あるんでしょうけど、環境デッキ相手に一矢報いているのが凄い。  TCGの対戦動画のYouTuberって「事前のデッキ構築」「対戦中でのプレイング」「喋り」「動画編集」が全部求められる上に、最低2人必要なのでハードル高いなーと思います。構築上手いけどプレイング微妙な人とかもいる中で、全部満たしてるのが本当に才能。  そして何よりも2人が楽しそうに対戦しているので観ていて本当に楽しいです。けみくろ放送局も時々観ますけど、あの対戦中のギスギス感どうにかしてほしい……。  フェアリーさん、本当はデュエチューブが始まった時点で公式が頭下げて引き入れるべき人だったと思うんですけどね。環境で強いカードなんてわざわざ公式が紹介する必要ない。……と言いつつ私は別に買ってないんですが。相手もいないし。  さらば青春の光 OFFICIAL CHANNELは毎週面白すぎて、今あるどの地上波番組よりも楽しみかも。  1つの企画から派生して次の企画に繋がっていく感じが、全盛期のアルピーANNのように、長く追っていればいるほど楽しめる。昨日のシアター関町企画なんてタイトルだけで爆笑できる。  ラジオはまあ仕方ないんですけど最大のコンテンツが奪われてしまってパワーダウンしてしまった感。もちろん東ブクロのリアルセフレとかもう呼べるわけがないので仕方ないんですけど……。アルピーも霜降りもナイナイもですけど、その行為だけを見ると擁護できないミスによって、別にそれまでは問題なかったところまでラインを下げることになってしまうのは本当に悲しい。  あ、あとサブチャンネルのネコ動画がさらばとか関係なく可愛すぎてヤバかったです。  ネコ、実家では飼っていて、ネコが家にいるだけで日々の生活の幸せ度がとても上がるということははっきりしているので、もちろん今のアパートでは飼えないんですけど、そのうち飼いたいなーとは思っています。  あと、家族とか夫婦の会話の緩衝材というか、ネコを介してコミュニケーションが増える効果は結構大きいと思っていて、なのでこれはずっと決めてるんですけど、自分がもし結婚したら飼いたいし、または結婚を完全に諦めてもそれはそれで飼おうと思っています。 --------------------  ワクチン、あの記事書いた後に熱が結構上がってその日の夜が一番きつかったです。普通の風邪と同じくらいのしんどさ。とりあえずこれからワクチンを打つ方は、打った次の日は平気っぽく感じてもなるべく安静にしているのが良いと思います。  そこから2日くらいは、夜すぐに眠くなったり体力落ちてる感じがありましたが、それ以外は何ともなく。ただ肩は3日間ずっと痛かったです。4日目でようやく痛いけど動かせるかな、くらいになって、5日目に全快という感じでした。  1回目でこの感じなので2回目の接種ほんとに行きたくないなーと思いつつ、仕方ないので受けます。  そうこうしているうちに緊急事態宣言だし、オリンピックも無観客だしROCK IN JAPANも中止だし、誰も幸せになってない感が凄い。私自身は別に生活として何も変わらないので平常でいられてはいますが。

 今のこういう問題に対して難しいというか酷だなと思うのは、今のこういうご時世の中で潰されているエンタメだったり娯楽だったりって数万単位であると思うんですけど、その中で自分がダイレクトに影響を受けるものって2個か3個くらいじゃないですか。多い人はもっと多いかもしれないけど。  「ディズニーランドが営業を続けることに反対ですか?」みたいな質問はそもそも意味がなくて、実際休業しててもしてなくても行かない、という人がほとんどだと思うし、そんな人たちに聞いても反対に決まってるというか。実際その休業が感染防止に対して与える効果がほんの少ししかなくて、クラスターも出していないし人数制限もちゃんとしていたとしても、休業するよりリスクが小さいということはないし、自分が行きたい娯楽以外は全部反対票を投じるのが合理的という。もっと言えば自分がいろんなことを我慢させられている状態だと、他の人の娯楽も奪った方が楽しいだろうし。  だからそこを個々人の利益ではなく全体としての利益として判断できる役割を政治家が果たしてくれるはずなのになー。という残念さがあります。もう今更という感じですけど。 5/1:行動指針 | Our Story's Diary
 2ヶ月前に書いたことそのままなのでそういう感じで。  なんというかこう、コロナに日本がしっかり負けた証が残るのは良いことなのかもしれないですね。別にそういう形では残らないとも思いますが。  そういえば霜降りのイベントは配信なかったら行かないかなーと先週書きましたが、今週のオードリーANNでチラっと冗談っぽく出ていた東京ドームでイベントやる話が本当に動いたらそれは行きたいなと思ったので単に熱量の問題かもしれない。けどまあ別にライブビューイングでいいな……。  人数絞って会場チケット+ストリーミング配信の組み合わせが一般化したことでライブビューイングという文化が一番消えかけている感じがしますが、映画館でイベント観るのって適度に非日常感あって好きなので戻ってきてほしい。周りのお客さんの反応も楽しめますしね。『明日のたりないふたり』も本当はライブビューイングで観たかった。 --------------------  今週はほんとにあっという間でした。本当に平日5日もあったかな? という感じ。そして土日もあっという間でした。そうやって時間が過ぎていくのだと思います。この前給料入ったと思ったのにそれからもう半月経っている。  とりあえず再来週が4連休なのでそこまで頑張ろうと思っています。GW終わってから2ヶ月半も祝日ないのが辛いのでどこかで有休取ろうと思っていたけど、気づけば走り切れてしまった。そう思う程度に仕事のストレスが少ないのはありがたいことですね。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 11か月前

決断

7月になりました。雨が多いので洗濯のタイミングがなくて困りますね。 --------------------  先週、水出しコーヒーを作れるフィルターインボトルを買った話をしましたが、それから1週間経った今もずっとハマっていて、2~3日に1回くらいのペースで作って飲んでいます。  で、もっと美味しい入れ方はないかなーといろいろ調べていたところ、「浄水器があった方が良い」という記事を見つけました。  実家にも浄水器はなかったのでそういう発想もなく、1年間お茶もご飯もパスタも水道水をそのまま使っていたのですが、調べてみたところ意外と安くて付けやすい。 [amazon_link asins='B003AZZS3Q' template='Original']  ということで買ってみたのですが、  感想としてはよくわかりませんでした。  美味しくなったと言えば美味しくなった気もするけど、プラシーボ効果かもしれない……。  まあ少なくとも不味くなることはないはずなので使い続けようと思います。こういう便利ガジェットは使いたいという気持ちを一時的に高めるために買うものだと思っているので。実際お米をどんどん炊きたくなるのでちょっとだけ自炊率が上がっています。 --------------------  昨日、ワクチンの接種を受けました。職域接種。  今のところそんなに強い副反応は出ておらず。  腕というか肩のあたりを動かすと痛い状態が丸1日続いているので、インフルの予防接種とかに比べるとかなり重いのですが、とはいえひじ掛けに置いていればブログも両手で書けるくらいなので、そんなに困ってはいません。  ただちょっとお昼過ぎに買い物とか料理とか普通に過ごしすぎたら軽く熱が上がりました。少し寝たら下がりましたが。これから打つという方は、熱などの症状が出ていなくても念のため安静にしていた方が良いと思います。  1回目でこの感じだと2回目ちょっと怖いなというのはありますが、1回目から結構症状出ている人もいるようなのでそれよりはマシなのかなと、その点はホッとしています。  気になるのは自分が体力なさすぎて筋肉痛が一週間くらい残るタイプなので、本当に痛みが明日には全快しているのかということくらいですかね。今週いっぱい左腕に痛みが残ってる状態とかだとちょっと困る。着替える時とお風呂入る時がつらいです。  ワクチン打つか打たないかはほんとに個人判断でいいと思っていて、正直リスクもよくわからないし打ちたくない気持ちもすごくわかるし、個人的にはどっちでもいいなと思ってはいるのですが、まあ自分の周りの家族とか友人とかが打つ方向だったので、だったら別に自分だけ打たないことを貫いてもあんまり意味ないなというのと笑、  もう少しワクチン接種率が上がった後、いろんなことにワクチンを打っていることが有利に働く可能性はありそうだなというのと、逆に打つことのデメリットはあんまりないだろうなと。  「ワクチン打った人だけは必ず出社してください、打ってない人はリモートワークでいいです」みたいな指示を会社として出すことはさすがにできないと思うので。  それであれば、少なくとも身の回りにワクチンを打つことで嫌な顔をする人がいないのであればまあ打つ方が良いのかな、くらいの気持ちです。  別に自分から周りの人に対しては、ワクチン打ってなくてもご飯一緒に行くくらいなら気をつければ問題ないと思っている側だし、逆にワクチン打ったことで急にノーマスクで生活できると思っている人とはあんまり関わりたくないし、あんまり生活態度として変えるつもりはないです。  旅行とかは別にリスク低いと思ってるのでワクチン関係なく行くかもしれないけど、ライブとかはちょっと行きたくない気持ちが強い。まあでもこのあたりは世間の情勢によるんだろうな。接種率が9割超えて完全に収束して、マスクしている方が過敏すぎて恥ずかしいみたいな風潮に完全になったら付けないと思いますし。そこまで楽観視していいものなのかはわかりませんが、自分自身に強いポリシーがないのでどっちでもいい。 --------------------  そんなわけでヒトリエの東京公演は普通に見送ったのですが、配信が決定したのでそれは観ようかなと思います。両日は別にいいので2日目だけかなあ。

 正直、コロナとか関係なく今のヒトリエのライブをわざわざ会場に行ってまで観たいかと言われると別にそこまでの熱量はないなと思うので、配信があって良かったと思います。数年後、バンドのライブにおける配信という文化が完全に廃れたら、たまには行こうかな、となるかもしれません。  霜降りANN0の番組イベントも、配信あったら観たいけど会場に行くことはなさそう。仕方ないけど意外と配信のないライブも増えてきて、これからどちらの方向に行くのかはちょっと気になるところ。正直、昨年末のCOUNTDOWN JAPANが配信なし→中止の流れは割と目を疑ったので。まあ配信オンリーだと採算取れなかったのかもしれませんが……。 --------------------  都議選も投票してきました。どう考えても期日前投票行くべきだった。投票率低すぎてびっくりしますね。雨だしコロナだし上がる要素もないんですけど。  別に誰が当選しても劇的に何かが良くはなったりはしないし、劇的に悪くなったりもしないので、現職の人たちにプレッシャーをかける役割しかないんだろうなと思い始めています。そう思う方がまだ1票の価値を感じられるというか。自分の入れた候補が落選したら死票、という考えだと本当に行く意味がない。勝つとわかってる候補に入れるなら入れなくても同じだし。当選はしたけど前回よりも僅差だった、となってほしい。そういうのの積み重ねで政権交代が起きるならそれはそれで。 --------------------  7月。下半期。  6月は本当に仕事だけして過ぎ去ったという感覚しかなかったので、もう少しバランスを取れるようにしたい気持ちです。  というよりも、がむしゃらにできる限りのことをするのではなく、チームとしてのスケジュールに沿って必要な成果を出す……みたいな。こう書くと当たり前のことですが。笑  先月みたいな働き方が当たり前になると普通に過労になってしまうので、無理のない範囲で適度にやっていきたいです。  最近チーム内のいろんな人と話したりしていて気づいたのは「自分より10歳以上年上で、自分よりもずっとレベルの高い仕事をしている人が、必ずしも自分の知っているレベルのことを全て知っているとは限らない」ということです。いや、これも本当に当たり前のことなんですけど、意外と「このレベルの人ならそのうち自分で気づくだろうし、わざわざ指摘して雰囲気悪くしなくてもいいか」っていう方向に流れがちだったんですよね。それはあんまり良くなかったなと。  結果的にそれが全然的外れな指摘になってしまうこともあってそのことで数日引きずったりもしてしまうので、本当はそういうことやらずに済めば一番いいんですけど、いつの間にか言われたことだけやっていればいいグレードを超えてしまっていたので、そうも言ってられないなと……。  最近、日々の中でやらなければいけないことが多い、仕事に限っても1日の間に3つくらい終わらせないといけないタスクがあって、たぶんそれをちゃんと意識できていたら時間を有効に使えている気がしています。  そういう日々のやることを本当はもっとちゃんと整理したくて、どこかノートとかアプリとか何かしらに書き出したいんですけど、なかなか良い方法がなくて模索中。です。メモ帳アプリってなんでこうしっくりこないんだろうな……。Apple Pencilの第2世代が使えたら解決しそうな気もしつつたぶん別にそんなこともないんだろうな。でもiPad Airはちょっと気になっています。miniよりもプロセカがやりやすそうなので……。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 11か月前

お詫びと反省

まず最初にお詫びから。  6/20~6/24まで、iOSで一切このブログが表示できない状態になっていたようです。  Next.js + Vercelへのリニューアルが原因だったのですが、事後報告になってしまったためiOSの方はアップデートされたという内容の記事を読むこともできないのでただただ急に見れなくなったという……。  一旦元のNuxt.jsに切り戻しました。すみません。  原因はおそらくiOSで使えない機能(通知かPWAあたり)のエラー制御だと思うんですけど、このあたり、手元にMacがないのでデバッグがかなり厳しいんですよね……。  何よりも、今回のアップデートは自己満足という感じで、実際の機能が大きく変わるわけでもなかったので、一旦今回のアップデートは中止にします。また次の機会に……それこそNuxt V3が出たタイミングで、今回リファクタしたコード資産は活用しつつのアップデートを目指します。    いやそれにしても今回は知り合いから教えてもらえたことで気づいたんですけど、それがなかったら数ヶ月放置してた可能性もあったので本当に良かったです。まさかAndroidとWindowsで問題なく表示されていてiOSだけ落ちてるとか思いつかない……。今後はiPadでも確認するように気を付けます。 --------------------  プライムデーがありました。壊れたものの買い替えとかも含めていろいろ買ったのですが、個人的に一番良かったのがこのフィルターインコーヒーボトルです。 [amazon_link asins='B07FRJXG7L' template='Original']  冷蔵庫に入れておくだけで水出しアイスコーヒーが作れるというもので、スタバのアイスコーヒーブレンドを買ってきて飲んでみたら本当にスタバで売ってるアイスコーヒーそのもので感動しました。  これが家から一歩も出ずに作れて、しかも大容量。最高。  コーヒーメーカーもあるんですけど、元々アイスコーヒーの方が好きなのと、そんなに多くは作れないし、あまり一気に作っても冷めてしまうのでなかなか使う機会がなかったり。たまに朝とかに作ると美味しいんですけどね。    価格も、1回55gで750ml作れて、スタバの粉は250gで1500円くらいなので、お店で買うのと比べると半額くらい。普段は週4くらいでスタバに通う人間なので、月で見ると5000円くらいの節約。粉の掃除とかは若干面倒ですが、続けていきたいです。まあ何だかんだ期間限定ドリンクとか買いに週1くらいで行くと思いますが。 --------------------  Windows 11が発表されました。  Windows 10が最後のOSという発言を覆すことにはなりますが、実質的にはWindows 10の延長線上にあるものなのは間違いなく。  ここ2年くらいWindows Updateが明らかに停滞していて、新機能がほとんど提供されていなかったので、大型アップデートを新しいOSにしてマーケティングしたかった、という感じなのだろうと思います。  無料アップデートが提供される時点でWindows 10と変わらないですからね。半期ごとのWindows Updateもファイル消失バグを出して以降様子見されていたりしたので、大型アップデートが当面は自動更新にならない(既存PCへの自動配信は来年以降らしい)のも良いことだと思います。    個人的にはWindows 10凄く慣れているし良いOSだと思っているので多少の不安はありますが……スタートメニューが真ん中になってタイルがなくなるのが使い勝手としてどうなのだろうという感じ。  ただまあ秋のSurfaceはますます楽しみになりましたね! Windows 10をデフォルトで搭載していたSurface Pro 4以降、最新のSurface Pro 7まで外観はほとんど変わらないまま6年が経過しており、こちらも変化がありそうです。とは言っても現行からこれ以上何か変えるところがあるかと言われると、Pro X的なベゼルレス化くらいしか思いつかないですが……。  正直Pro 7から1年半くらい新しいPCを買っていないのでちょっと飽きてきているところもあります。夏にボーナスもあるので、Pro 8に何か惹かれる要素があったら勢いで買ってしまうかも……。 --------------------  6月も終わりますね。この1ヶ月は本当にあっという間でした。  仕事は6月前半は「これ本当に6月中に形にするの間に合うのか……?」と不安になりながらだったんですけど、どうにか形にすることができました。  今は仕事が楽しいので時間さえあればいくらでもやっていきたいし、実際明日は1日仕事をするつもりでいて、それは本当に自主的な気持ちなんですけど、  それはそれとしてこれだけ頑張っているんだから何らかの評価が返ってこないとさすがにしんどいなという感じはあります。そういう意味でも7月の評価面談とボーナス査定は結構大事。正直これでちゃんと評価されなかったらさすがに心折れると思います。  2021年の上半期の終わりでもあるわけですが、結構この上半期は頑張ったと言って良いんじゃないですかね。  個人アプリという目標も、まあ結局中途半端な(一応Webアプリとして公開はしたもののアプリストアに持って行ったりもせず、宣伝や機能追加もせずに放置している)感じで終わらせちゃったんですけど、とりあえずサービスとして形にできたのは事実としてあるし、  そこで勉強したスキルをそのまま4月以降仕事に持ってきていて、それを作ってなかったら絶対こなせていないタスクをしっかり打ち返せているので、凄く良いタイミングだったなと。  ブログのNext.js移行も、まあ最終的には諦めることにはなってしまいましたが、とりあえず動いて公開できる形にしたことでReactについての理解度が飛躍的に上がったし、これも仕事に即持っていきました。Reactを使うようになったというよりは、ReactとVueを正しく比較できるようになったというか。    で、それに加えて4月はブログの毎日更新を6年ぶりにやりました。1ヶ月しか続きませんでしたが、何だか懐かしい気持ちになりました。たまにやりたくなるのできっとまたいつかやると思います。しばらくは忙しすぎて無理です。  自炊も続けているし、リングフィットアドベンチャーも途切れ途切れですが一応やっているし。仕事に加えてこの2つをやっているだけで日々の充足感を得られるというか、自分ができることの最大をやっているなという気がしています。  下半期は……仕事が落ち着いたらまたいろいろやりたいですね。作りたいものはあります。上半期に仕事とプライベートで頑張れたこともあって、今の自分は何でも作れるんじゃないかという全能感を感じていて、なのでJSでブラウザゲームとか作りたいなと思っています。まあ数ヶ月後には全然違うことを考えている気もするので、聞き流してもらえればと。  ブログはとりあえず毎週ペースを維持したいですね。今日の記事がまさにそうですが、こうして --------------------  仕事だったり作業が楽しくなりすぎて気づくと4時とか5時になってたりして、もうこれ寝なくていいんじゃない?と思ったりするんですけど、それはあんまり良くないと思って無理に寝ています。  まあそもそも出勤時間も遅いのでそこまで睡眠時間自体は削ってないんですが、  こういうところは自分の体力のなさと自分の身体に対する信用のなさがむしろプラスに働いているかもしれない。  身体がしんどい時に無理やり動きたくない、というより、そこで気持ちがどんなに前にあっても無理やり動かせるほどの体力や気力はないという感覚が強くて、その感覚はひょっとしたら合宿免許の授業中に居眠りして追い出されたところで身に着いたものかもしれません。自分はルールで身体をコントロールできないんだなという。今でも日中どうしても眠くて寝ちゃうことは結構あるし。    wowakaさんのことがあってから、ぼんやりと「人は不健康な形で頑張りすぎると死ぬ」と思っているところがあって、それは別にはっきりとした因果関係というわけではないんでしょうけど、ただの偶然であるわけがないと思わないとやってられないので。  なのでこういう働き方をあんまり続けるのも良くないんだろうなと思いつつ、  とはいえ人生の中で多少の無理をする時期はあっても良いと思うので、バランス取りつつやっていきたいです。どうせずっとこういう風にはできないので。体力的にも気持ち的にも周りの環境的にも。 ...

comment  0
favorite  0
最近の話題 11か月前

限界無限大ケン% など

最近聴いてる曲!

限界無限大ケン% / クマリデパート

 クマリデパート。サクライケンタ×玉屋2060%の共作第2弾。最高。  頭がおかしくなるほどの転調、カオスすぎる展開、そして歌詞も意味不明。  2日目くらいまで気づかなかったんですけど、1番に対して2番ではBメロを強引に飛ばして曲の密度を上げていたり、ラストで5拍子+6拍子のブクガ感満載なリズムがあったり、1曲に対して要素が極限まで詰め込まれています。  あまりにも好きすぎてこの数週間で確実に100回以上聴いてます。仕事中もずっと流してる。  ブクガロスをこの曲で埋めています。というか、この曲を除くと解散したアーティストの曲しか聴いてない日が最近多い。

トンデモワンダーズ feat.初音ミク (+KAITO) / sasakure.‌UK

 プロセカ、もう最近はやってないのですが、たまたまオススメに出てきたので聴きました。ボカロらしいボカロ。  自分の音楽の聴き方として、言葉を断片的にしか摂取していないなということに最近気づきまして、歌詞としてちゃんと全文を解釈しているというより、耳障りの良い言葉をただ流しているだけ、というか。なので、10回目とか100回目とかで急にそのフレーズが引っかかって、「あれ、この部分めっちゃオシャレな言い回ししてるな」と気づいたりします。  みたいな聴き方自体がたぶんボカロによって育てられたんだろうなと思います。ちゃんと言葉を追って聴くようなつくりではなかったですからね。そしてそれは当然辿っていくとwowakaさんにつながるわけですけど。

日向坂46個人PV

 1ヶ月くらい前ですが、『君しか勝たん』の特典映像で、各メンバーの個人PVの予告編が上がっていて、それが各メンバーの個性が出ていたので、気に入ったものいくつか。  ちなみにCDは買っていないのであくまで予告編の感想です。

宮田愛萌『私たちの未来』

 推し。決して歌が上手いというわけではないけれど、真面目さが伝わってくる綺麗な声。  井口・柿崎といったがな推しでコンビプレーを発揮していたメンバーが卒業してしまったことでなかなか難しい位置にいましたが、この前の料理企画のおっとりキャラが可愛すぎたのでこの路線で今後も観たい。小坂さんと2人でラジオやってくれたら安眠できそう。

金村美玖『水色、美玖色』

 とにかく曲が良い。まりっか推しらしいので納得の世界観。  金村美玖さん、ひなあいとかでもそうですけど、発想が良い意味ですごく普通というか、変わった人ではなくてまっとうに良い人なので、大喜利企画とかで頑張ってボケてるのを観るたびに一番共感性羞恥が働いてしまいます。なのでこういうところで存分に輝いてほしいです。

上村ひなの『明日はもうちょっとアイドル。』

 変わった人の代表。頭に残りすぎるフレーズ。ある意味で『一番好きだと~』に続くソロ曲、声は特徴的なのに歌える曲に幅があって底が知れない。  

髙橋未来虹『そういえば、あの頃』

 正統派。歌詞と映像の両方で、何となくコロナ禍の高校生活の様子も取り入れていて、現役高校生ならではの説得力があります。  あと屋外パートの左右で別の服をくっつけたみたいな衣装がハイセンス。ああいう洋服名前あるのでしょうか?  紹介はしませんが新3期生の他2人のPVも良かったです。

加藤史帆『5年間』

 他の全員のPVをフリにしていてさすがに笑いました。

松田好花『真夜中の松田さん』

 これも曲が良くて何度も聴きたくなる枠。ダサいジャージの中に一瞬だけ私服カット挟むのがあざとい。  それにしてもこれが再生数トップで伸びてるの、松田好花さんの人気は当然あるのでしょうけど、絶対的な人気で言えばもっと高い人もいるわけで、  ファン層のYouTubeとの親和性が高いというか、オードリーのラジオをYouTubeで聴いてコメントで盛り上がるけどお金を落とさないファンが大量についているのではと思ってしまいました。    あと個人PVと言いつつ全体的にソロ曲が多いの、この特典映像が唯一秋元康の作詞ではない楽曲を歌えるチャンスだと考えると奥行きがあって良いですね。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 11か月前

アップデート

6月も気づけば半分。……毎月そんなことばっかり言っている気がしますが、本当にあっという間でした。  先週からはいろいろ割り切ってクーラーつけてます。5月中は我慢してたんですけど。最近は仕事が忙しいこともあってちょっとしんどいなと。  今こうやって一人暮らしをしていること自体もそうだし、食洗機を買ったりとか、お昼買いに行ったりするのもそうなんですけど、せっかく給料を割と多めに貰っているのに、ちょっとの節約のためにストレスを溜めて、仕事のパフォーマンスが落ちるのは本末転倒だなと言い聞かせています。単なる言い訳だし、結局は自分の面倒臭がりな性格に起因しているので給料大して貰ってなくても変わらない気がしますが……。  それにしても更新空きすぎですね。すみません。  前回の記事がそこそこ良い出来で満足したので放置してしまいました。  ちょっと今のスケジュールだと毎日というのは非現実的なのですが、毎週くらいのペースには戻せたらいいなと思っています。1週間分の日記的な記事を土曜日に出しつつ、合間で最近の話題を書いていくような。……だとしてもこの2週間でいろいろ逃しすぎて取り戻せない感じにはなっているんですが。 --------------------  もう2週間前ですけど『明日のたりないふたり』を観ました。  ちょっとあまりにも凄すぎました。圧倒的。  『さよならたりないふたり』で1つのピークを迎えた上で、さらにその先を模索するという難題に対して、見事な回答を出していて、綺麗に終わったな、という感じ。  直接の内容には触れないですが、いわゆる「価値観をアップデートしていないことは悪だ」という論調について、個人的にはそちらの考えに近い人間ではあるんですけど、それをしないという選択も1つの多様性として受け入れる必要はあるし、ゼロイチではないよな、と自戒しなければなと思いました。  性差別的な発言にしても、それによって職を失って社会から追放されるレベルの発言と、公共の場では許されないけどクローズドな場だったら別に良い発言と、ちょっと不快に思う人はいるかもしれないけど別に問題視するほどでもない発言とあって、  でもそもそもそれって別に差別とか関係なくそういう発言ってあるじゃないですか。  例えば(具体的に身近にいるわけではないけど)奥さんのことを平気で貶すとか、部屋がめっちゃ汚いとか、服がダサいとか、借金があるとか、別に時代の流れとか価値観とか関係なく不快だし、  でもそういう人とは単に距離を置くだけで良いはずなのに、ポリティカルコレクトネスに関する事象に限っては単に距離を置くだけじゃなくてその意見自体を潰さないと気が済まない、というのが、何となく行き過ぎ感のある原因なのかもしれません。  とはいえもちろん9割の人が不快に思うことであればやっぱり言わないべきだし、テレビではアウトなラインがより高く設定されるし、というのはあるんですけど。山ちゃんに関してはもうそういう方向で戦っていく人なんだろうなと思うんですよね。だから『さよならたりないふたり』翌週の不毛な議論での、若林さんが倒れた件への「その場にいた全員が若林に注目していて自分を労わる人がいなかった」という感想も正直かなり引いたんですけど、それはまあ別にそういうのを好きな人が聴けばいいのであって、自分は聴かないけど別に否定する必要はないんだよな、という。  それこそ粗品の尖り方だったり東ブクロのクズさだったりも人によっては全然笑えないと思いますけど、自分は許容しているわけだし、それはダブルスタンダードとかではないと思うので。 --------------------  実はこっそり昨日深夜にブログのリニューアル作業を完了しました。  見た目は全く変わってないので何も気づかないと思いますが、コードとしては全く別のサイトに変わっています。一からリポジトリ作り直しました。  詳しい中身は明日あたりに別の記事で解説しますが、とにかくあらゆるページ移動が速くなりました。カテゴリーとかタグとか。ぜひポチポチ触ってみて、何かバグなどあったら教えてください。Twitterとかで来たら気づくと思います。  リニューアル、全体の8割くらいはGWにやって、残りの細かいタスクを潰しつつ進めた感じなんですけど、割とスムーズに進められたのはやっぱりこれまでの積み重ねというか、直近のリニューアルで少しずつモダンなコードに書き換えていったことと、移行自体が2回目なので大体の勘所が掴めていたことが大きいなと思いました。まあ、この1年の私のスキル面での成長も大きいと思いますが。笑  前回のFirebase移行の時にTypeScriptベースになっていたからこそ、今回もAPI部分など処理部分のコードはほとんどそのままコピーしてくるだけで良かったし、前回のFirebase移行も、一昨年にデザインのベースをBulmaに変えて、REST APIを試していたからこそシームレスに切り替えられたし。  今回のReact移行でより型付けが強固になっていたり、少しずつ基盤が安定してきている感じはします。  あと、React力はかなり上がりました。ReactというかJSX力かな。何となく毛嫌いしていましたが積極的に使っていきたいと思います。というか仕事ではVue + TSXで書いてます。  今回で結構気軽に移行できることがわかったので、次は夏休みにNuxt V3で書き直したいと思います。beta版がそろそろリリースされるはずなので。  自分が自由に管理できて、急に見れなくなっても別に怒られないけど、そこそこの規模とアクセス数があるのでモチベーションとやりがいがあるサイトがあるというのはすごくありがたいので、どんどんいろいろ試したいですね。 --------------------  先週と今週は本当にずっと仕事してました。休日も深夜も。  今月はそういう割り切りで進めると決めていたし実際それが楽しいと思っているので別にいいんですけど、7月以降元の世界に戻って来れるかなという心配はあります。メリハリをつけられなくなっているのではという。  でも結局自分が仕事に一番求めていることって「働いていて苦じゃない」という部分に尽きるなと思っていて、嫌な仕事はどんなにお金積まれてもどんなに労働時間短くても無理だろうなと。例えば今の給料の2倍になるとしても営業周りはしたくないし、週4勤務だとしても接客業とか無理だし。  だから今の仕事はストレスが少ないということが一番ありがたくて、それでいて給料もかなり貰えているので、とにかくこの仕事を手放したくないという気持ちが強いんですよね。もちろん会社が傾くとか社風が変わるとか、この先そうではなくなる可能性はたくさんあるし、そうなったら転職も含めて考えないといけないんですけど、今のところは満足している。そういう意味で、残業が多いとかは正直自分の中ではあんまり優先度として高くないので、別にいいかなと思っています。残業が少なくても同僚がクソな会社とかよりはよっぽどマシ。  まあそれとは別に、そもそも趣味がないので時間に追われていないというのはあります。ラジオとかYouTubeは別に仕事しながらでも聞けるし、それ以外、土日に何かしたいことあるかと言われると今は本当に何もないので。今はそういう時期ということでいいのかなと。  やっぱり会社の他の人とか見てると、それこそ子どもが体調崩したので早退しますとかいろいろあって、それはそれで大事なことだと思いつつ、一方でこんなに自分一人のことしか考えなくて良い生活ができるのは今だけかもしれないので。それこそ実家にいた頃はここまで生活時間コントロールできなかったですしね。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 12か月前

有限

どこから触れて良いかというくらいに、ここ数週間は話題が多かったのですが、ひとつずつ。  赤い公園の解散ライブについて。アーカイブで翌日ですが観ました。  といっても、私は津野米咲さんがいた頃の赤い公園のライブを観たことはなくて。厳密にはYouTubeに上がっている動画とかをちらっと観たことはありますが、それも基本的には石野理子さん加入前のものしかなかったので、あんまり比較はできないのですが……。  そういうニワカ目線で観た時に、ボーカルが変わったわけではないし、ギターもサポートメンバーが入っているので、何か不足を感じさせるようなパフォーマンスではなくて、  だからこそ、「これが最後である」ということと、「足りないメンバーがいる」ということ、その事実だけで見え方が変わってしまう、辛い空気が伝わってしまう音楽の凄みも感じさせられました。もちろん決して悲しいライブというわけではなかったんですけど。  ライブパフォーマンスの合間のトークの何とも言えないふわふわ空気感も良かったです。バンドのファンはああいうオチも何もない拙いトークを聞きたくてライブを観に行くみたいなところありますよね。たまにそうではないバンドもあると思いますが。  本当に良いライブだったからこそもう観れないのが寂しいし、去年のワンマンライブの配信を迷って買わなかったことも後悔してしまう。Blu-rayで出してほしいです。 --------------------  そんなタイミングでMaison book girl の解散が唐突に発表されました。

 新曲がたまに上がったら聴くだけのファンなので、ライブがあったことも知らなかったし、カウントダウンがされていたことも知りませんでした。なので本当に事後報告という形で初めて知りました。  まあもちろん衝撃的だし寂しいんですけど、ここに関してはただ曲が好きなだけで追い続けていたので、そこまでのダメージはないというか、仕方ないかなという感じもしました。  sora tob sakanaもCY8ERもそうでしたけど、やっぱりメンバー固定の女性アイドルという形態の宿命として(perfumeやももクロ・negiccoのような例外を除いて)期間限定のものにならざるを得ないし、その中では十分やりきったということになるのかなと。  アイドルとしての好きではありませんでしたが、その分楽曲に対する好き度で言えばめちゃくちゃ高くて、アルバムもほとんど家にあるし。割とヒトリエに並ぶくらい新譜・新曲が楽しみだったグループでした。  ライブとして観たのはリリスクとのツーマンの1回だけ……ああ、あと加賀温泉郷フェスもありました。あれももはや行ったのが遠い昔に感じますが……。  世界観が濃縮されたワンマンライブを一度も観なかったことの心残りはありますが、まあそういう好きではなかったんですよね。結局、そのラストライブの配信チケットもアーカイブで買おうとはならなかったので……。  この複雑なピアノを中心とした楽曲も、その世界観も本当に唯一無二だったし、少女を主人公に据えた上で綺麗な言葉だけを選んで構成されている歌詞が、ある意味でボカロ時代のwowakaさんに通じるところがあると思っていて、あらゆる意味で自分の好みのど真ん中な曲ばかり。  サクライケンタさんがこの先また新たなアイドルをプロデュースするのかわかりませんが、どちらにしてもブクガの世界観そのままではないだろうし、それも期待しつつ、ブクガの楽曲たちはずっと聴き続けると思います。  それにしてもブクガの活動終了は全然予想していなかったな。オサカナもそうですけど、いわゆる楽曲派のアイドルって傍目から見るとやりたいことを好きなようにやっているだけで、何か野心とか目標があるように見えないから、そういう兆候が見えない。見ないようにしているだけだったんだと思いますけど。
 2018年の1位に赤い公園の『消えない』を選んでいますが、この2010年から11年続けているランキングで、1位に選んだアーティストはwowaka/ヒトリエ・米津・ブクガ・リリスク・赤い公園の5組しかない
 と昨年末のベストソング記事に書きましたけど、ブクガも赤い公園も解散して、ヒトリエも作曲者としては残っていないし、リリスクに関してもベストに選んだのは旧体制なので微妙に作風変わってしまったし、  純粋に残ってるのがとうとう米津さんだけになってしまった。  新譜が楽しみなアーティストという枠組みでも、もう米津さんとパスピエしか残ってないし、本当に自分の好きなアーティストが全滅しそう。  そういう意味で、あんまり音楽に対して趣味という感じがなくなってきました。好きなアーティストを追いかけています! みたいなことを言えなくなってきたというか。  現代でいうサザンとかB'zとかをいつまでも追っているような、自分の青春時代の楽曲だけを聴き続けるおじさんになってしまうことを3年くらい前までは危惧していたんですけど、wowakaさんのことがあってから全部どうでもよくなってしまったので、それで良いと思っています。今もほぼ毎日ヒトリエの曲聴いてますしね。『ポラリス』とか。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 12か月前

無計画

5月も終わりですね。本当にあっという間。ついこの前ゴールデンウィークだった気がします。ネタではなく。   ゴールデンウィークで元々ボロボロだった生活リズムがさらに崩れたのか、夕方くらいに異常な睡魔に襲われることが増えたのが最近の悩みです。そして、その状態で椅子に座ったまま居眠りしても誰にも怒られないテレワークという環境がますます加速させてしまっている気がする。良くない……。と言いつつ当たり前にこんな時間なのですが。 --------------------  オンラインライブ。『さらば青春の光 単独ライブ 四季折々』と『勇者ああああ HP1 vol.2』を観ました。  どちらもさらば青春の光目当てって感じですね。ああいうことがあったので、お金は多めに落としておこうかなという気持ちで。それなりに面白かったです。  『勇者ああああ』のオンラインライブ、第1回は別にいいかなと思って観なかったし、第2回もまあ今後も絶対観よう!という感じでもなかったです。  アルピーチャンネルも一応登録はしているけどほとんど観てないし、自分は別にアルピーが出るコンテンツ全て追いたいというタイプのファンではないのだなと改めて。というか別に地上波放送時も毎週観ていたわけではない。  なんでしょう、ここ1年でオンラインライブちょこちょこ観てますけど、物凄い満足感というほどのものは意外となかったかも。というか、テレビ番組発のオンラインライブってあんまり体験として良くないかも。出る側も作る側も無料で観られることに慣れすぎてて、そんなに攻めたことも言わないし、結果的に何か損した気分になるというか……。そういう意味で『あちこちオードリー』のオンラインライブが一番良かったかも。あとは『小川のせせらぎTV』も。  仕事中でまだ観れていないのですが赤い公園の解散ライブ、来週はたりないふたりのライブがあるので何だかたくさん配信ライブを観る月になりました。まあこの2つは観ないという選択肢もないし、さすがにお金を払う価値が間違いなくあると思います。 山里亮太&若林正恭『たりないふたり』5・31ライブ開催 生配信も実施 | マイナビニュース (mynavi.jp) 赤い公園ラストライブのサポートメンバー発表、会場から有料生配信も決定(音楽ナタリー) - Yahoo!ニュース --------------------  前々回の記事、露骨にいいね稼ぎをしてしまってすみませんでした。7件。  なんかこう、ツイッターでこういうことして100いいねされたとしても、あんまり実感がわかなくて意味のある数字に感じないだろうなと思うんですけど、  7件ってなると逆にもう確実に7人の人間が押してるんだなという気持ちになりますね。ありがたいです。  で、それを受けて6月から毎日更新再開します! って言えれば良かったんですけど、ちょっと厳しそうです。  理由としては普通に仕事がめちゃくちゃ忙しい月になりそうなので……。  5月までにやってた仕事は全く減らないというか何ならちょっと増えるくらいのところに、プラスアルファでもう1つ案件が乗っかってくる感じで、これ今まで通りの働き方だとちょっとこなせないなというか。  でもそれが嫌とかではなくて、こう、やりたいことをやらせてもらえる機会だし、積極的に引き受けたい、他の人に取られたくないので、そこに時間を割きたい。  みたいな状態で24時間の中にブログを更新する時間を組み込むのはなかなか厳しい。  本当はこの記事も火曜か水曜あたりに書こうと思ってたんですけど、それどころじゃなかったという……。  改めてこういうのってなかなか自分ではコントロールできないなという気持ちです。  ……裏を返せば4月はすごく暇だったということでもあって、ちょっと4月は仕事に対する向き合い方が杜撰すぎて良くなかったなとも思っていて、やるべきことがあるタイミングではちゃんと仕事にエネルギーを割きたいなと。ブログ頑張っても給料増えないですからね。正直。優先順位は今の自分の中では決まっているので。  本当は趣味での開発とかもやりたいし、DTMとかも仕事が暇だったらたまには再開したいなとは思ってたんですけど、今はそこじゃないのだろうなと。  とはいえ、さすがに5月は極端すぎたので、ひとまずは週2くらいのペースで何とか更新していけたら良いなと思っています。 --------------------  あ、あと、ブログの速度改善リニューアルに関してももうすぐ。ちょっとだけ調整というか動作確認が終わってないところがあるので、それが完了したら数日以内の深夜に移行作業を行うと思います。  ……いや、本当はどう考えてもメンテナンスとかで閉じるべきなんですけど、個人ブログなので。急に繋がらない時間帯とか出ても、すみませんという感じです。よろしくお願いします。  具体的な更新内容はリニューアル完了後にお伝えしますー。と言ってもすぐには何も変わらないのですが……。 ...

comment  0
favorite  0
最近の話題 1年前

Bring the noise、君しか勝たん など

最近聴いてる曲。最近というか今月というか。

rinahamu『ヒーロー feat.4s4ki,KOTONOHOUSE』

 1年前の曲ですが。良い曲と良い歌詞。2番Aメロの「そんな態度じゃ許さんぞ なんて戯けてみるけど」の歌い方が好きすぎて、そこ目当てに何度も聴いてる。  元CY8ERのりなはむさん、今度はプロデューサーとして新アイドルを立ち上げたようですが、私の興味は楽曲をyunomiさんがやるかどうかだけなので、曲が好みなら聴くしそうでなければ聴かないと思います。

lyrical school『Bring the noise』

 ライブ映像。サムネから全部hinakoさん可愛すぎてつらい。  Bring the noise、近年のリリスク曲の中でもトップクラスに好きなんですけど、去年の割と最初の方に発表されてたので、年末にすっかり忘れてこっちじゃなくて『FIVE SHOOTERS』の方をランクインさせてしまったことに今更気づいてちょっと後悔。

日向坂46『君しか勝たん』

 クセになるメロディー、最高のMV、凡庸な歌詞、ダダ滑りした曲名。  曲名で食わず嫌いしかけてたんですが、歌詞に目を瞑れば普通に良い曲で、何だかんだ公開されてから何度も聴いてます。メロディーがとにかく頭に残る。  MVも今までのMVに比べて映像作品としてのクオリティが普通に高い。ワンカット風MVというのは割と使い古されてはいますけど、MVを撮る風景をMVに組み込む演出は新鮮だし、1番のサビでフロントメンバーが撮影役になることで後列のメンバーを目立たせるあたりに愛を感じる。それでいてラスサビはちゃんとセンターのかとしをフィーチャーしているし、振り付けも良い感じ。  いやほんと曲名がこういう流行語を適当に入れました系じゃなければ何でもよかった……。サイレントマジョリティー・サステナブル・インフルエンサー・ハッシュタグとかこの手のバズワードを周回遅れで入れるのはもう今に始まったことではないので仕方ないんですけど、さすがに……。  あと、2番終わりのCメロで「Sunday, Monday, Tuesday...」と英語の曜日を順番に入れるの、1stの『キュン』と丸被りしていてもう少し頑張っても良かったのでは……という気持ちになる。秋元康の作詞量考えたらある程度仕方ないというのもわかるんですが。 --------------------  余談ですけど、YouTubeのコメント欄、新曲に過去曲と同じ単語が出てくると、「○○の歌詞と同じ××が使われててエモい」みたいにやたらとエモを感じる人が多くて、優しいなと思います。  私は「この人この単語が好きなんだな、別の語彙が浮かばなかったんだな」と思うので。というか、明らかにたまたま単語が被っただけの普通名詞ですら過去曲との関連をこじつけるコメントを見ると、逆に厳しすぎるというか、もっと別物として見てあげた方が良いのではという気持ちになります。ちなみにDECO*27さんのコメント欄に多いです。 ...

comment  0
favorite  0