おすすめレビュー 6年前

Microsoft Band 2 を買って2週間ほど着けてみた感想

以前から気になっていたMicrosoft Band 2を購入しました。  en-intl-l-deimos-ns-mu5-00001-rm1-mnco-5158890  (画像はMicrosoft Storeより)  気になっていたというか、そもそもBand2発表後に値下がりしていたMicrosft Band(初代)を昨年12月に買って、それも相当に使い倒していたのですが、  昨年Band 2だけ日本語対応アップデート(Band1では文字化け)という酷い不意打ちを喰らいまして、やはりBand2が欲しいなと考え始めました。値段だけに釣られるのは良くないねやっぱり。  とはいえ、日本未発売・日本非対応だったMS Band 1との比較をしたところで誰も嬉しくないのはわかりきっているので、なるべくフラットにBand 2の話をしていきたいと思います。  前回の記事→Microsoft Bandが届いたので1日着けてみた感想 ——————–  Microsoft Band 2は、名前の通りMicrosoftが開発しているウェアラブル端末の2代目で、スマートウォッチ(Apple WatchやPebbleなど)とフィットネスバンド(FitbitやJawbone)との中間に位置するような端末です。  時計機能は当たり前として、心拍数測定・歩数計・移動距離・消費カロリーなどを記録し、内蔵アプリによってランニング・ウォーキング・自転車・ゴルフなどの運動の効果測定なんかもしてくれますし、睡眠の質の測定もできます。  2ではUV測定や最大酸素摂取量の記録なんかもできるようになりました。  他に、最低限の機能として、タイマー・ストップウォッチ・目覚ましなどのアプリが内蔵。このへんはiPod nanoとか持ったことある人はイメージしやすいと思います。    そして最大の魅力が、スマートフォンとBluetoothで同期して、予定表や天気情報を確認したり、着信やメール、TwitterやFacebookなどのアプリからの通知を受け取れること。  Microsoft BandはiOS・Android・Windows Phone全対応ですので、あらゆるデバイスと接続して使えます。設定だけならWindowsPCでも可能。知らないけどたぶんmacでもいける。  Microsoft Bandシリーズは日本未発売ではありますが、Band2はアップデートで日本語の表示に対応しましたので、ほとんど問題はなくなりつつあります。  システムメッセージや設定画面などは英語ですが、それなりの英語力(またはコンピューター知識)があれば難なく扱えると思います。 ——————–  Band1を買った時はイギリスのAmazonからの輸入でしたが、今回はアメリカAmazonのマーケットプレイスから輸入しました。  安かったのですが、外箱が明らかに公式ではなかった(というかパッケージらしきものがなく、段ボールを開けたらビニルで包まれたBand2が出てきた)のでちょっと不安です。さすがに中古ではなさそうなので普通に使ってますが……。  KIMG0027 1  なのでみんな大好き開封の儀はありません。 ——————–  着けてみたところ。 WIN_20160618_22_45_35_Pro  Microsoft Bandシリーズは画面オフにしていても省電力で時刻だけ表示させておくことができます。便利。 WIN_20160618_22_46_14_Pro  画面オン時。きれい。  Band1は解像度の関係で多少粗い感じでしたが、Band2ではだいぶ改善されました。画質はスマートフォンとあんまり変わらないと思います。Retinaディスプレイとかにはもちろん敵いませんが。  WIN_20160618_22_46_36_Pro  横一列に並んだタイル。これをスワイプで探していきます。 WIN_20160619_01_52_34_Pro  天気を確認したり、  WIN_20160619_02_05_27_Pro  予定を確認したりできます。  もちろんスマートフォン出せばいいじゃん、と言われたらそれまでなのですが、意外と「ポケットからスマホ出して予定表とか天気のアプリ開くの面倒だなあ……」みたいなシーンがあって、そういうときに手首にこれがあるというのは、結構よいものなのです。    また、アプリとは別に、パワーボタンを2回連続で押すとMusic Controlを開くことができ、  WIN_20160603_02_14_03_Pro_Moment(3)  このようにスマホの音楽アプリと連動して曲名・アーティスト表示、再生・曲送り・音量調節などのコントロールができます。 ——————–  Microsoft Band 2というかスマートウォッチ全般の機能として、最も便利な点は通知を受け取れることでしょう。  Band1の時は日本語が文字化けしていたので 1456384419608  こんな感じで絶望してましたが、Band 2では WIN_20160615_23_59_14_Pro KIMG0057 1  このように完璧に表示してくれます。  「通知が腕で確認できる」ことのメリットは、たぶんスマートウォッチ着けたことない人にはわからないと思いますが、想像以上の快適さがあります。  例えば上の写真でいえば、くら寿司からのメールだとわかった時点で、スマホをわざわざ取り出す必要ないじゃないですか。だって緊急度ゼロだし。  ポケットとかカバンの中に入っているスマホが振動したとき、スマートウォッチがなければ緊急度・優先度に関わらず取り出して確認するしかないわけですよ。そのへん気にせず放置できる人は別として。  あと、カバンに入れてあるスマホに着信来ても気づかない時とかあるので、電話を見逃さずに済むのは素晴らしいです。 ——————–  ヘルスケアの方は、正直ほとんどオマケみたいにしか使っていないのですが、歩数とか確認できるのは便利です。  歩数の詳細な確認、その他設定なども含めて、全てスマートフォンアプリのMicrosoft Healthで行います。Microsoft Health自体は日本のストアからも普通にダウンロードできます。中身は英語ですが。  Screenshot_2016-06-16-20-51-43  こんな感じで、歩数、消費カロリーを自動で記録してくれるほか、アプリを使って睡眠測定や自転車での運動なども記録できます。  Screenshot_2016-06-16-20-51-58  歩数。1日の時間帯別グラフと、1週間の曜日別グラフで確認できます。このように休日は家でスプラトゥーンしかしてないことが一目でわかりますscreenshotshare_20160616_205436screenshotshare_20160616_205544  ↑設定画面。壁紙とかテーマカラーとか設定できます。  アプリ(タイル)に関しては表示・非表示を指定できます。  横長でスワイプしていくインターフェース(DSiとか3DSで1段にした状態をイメージするとわかりやすいかも)の構造上、タイルをあまり多くしすぎると使いにくいので、使わないものはどんどん切っていきましょう。  ちなみにCortanaアプリがオフになっているのは、日本語版Cortanaが今のところWindowsとiOSにしか来てないからです。早く来ないかなー。    また、Microsoft HealthはアプリだけでなくPCブラウザサービスとしても提供されています。  Microsoft Health | Official Site image  PC版ではこのように月単位での表示も可能となります。……やっぱり土日が酷すぎる。  歩数の目標は5000歩にしてあります。万歩計という言葉もありますが、1万歩というのはなかなか厳しいです。5000歩なら割と自然に達成できる。  ……特に意識しなくても達成できる歩数を目標にしてどうするんだという感もなくはないですが、まあ、別に健康になりたくて買ったわけでもないので。まだ健康に気を遣う年齢でもないし……。 ——————–  また、Band 2で睡眠測定アプリに統合されたアラームは「Smart Alarm」として、ちょうどよく起きられるタイミングに自動で合わせてアラームを鳴らしてくれるようになりました。最大30分早まるらしいです。  ……まあ、鳴るわけではなく振動だけなので、それで起きられたためしはないのですが。結局スマホの大音量アラーム頼り。  リマインダー機能はかなり強化されていて、UVアプリは時々「UVを測定しませんか?」と聞いてくるし、  指定した時間ずっと座っていると「軽い運動したらどうですか?」と聞いてくれる設定もあります、……まあ、デスクでPC作業してると結局無視しちゃったりもするんですけど。    あと、アクティビティのAuto Pause機能も便利で、例えばサイクリング中に信号待ちだったり誰かに会ったりで一時的に立ち止まったら、アプリの方も運動の計測を一時停止してくれます。  しかも、一時停止したことを振動して教えてくれるのが超便利で、  例えば私の場合、駅から大学まで自転車で通っているので、駅でアプリをオンにして大学に行くのですが、大学に着く頃にはエクササイズアプリをオンにしてたことすら忘れてるわけですよ。  それを、止まった時点で振動してくれることで、「あ、エクササイズ終了させなきゃ」と気づくわけです。素晴らしいですよこれは。  今まではエクササイズ止め忘れて、1時間くらい自転車漕ぎ続けてるのに2kmくらいしか進んでない、みたいな判定されることが少なからずありましたからね……。 ——————–  このように書いてきましたが、もちろん不満な点も多々あります。スマートウォッチに共通する欠点(両手が塞がるとかスマホと役割が被るとか)は置いておくとして、 1.電池が持たない。  Band1より画質が良くなったからだと思いますが、電池の持ちはさらに悪くなった気がします。以前は1日は確実に持ってた(2日は絶対に持たない)のが、Band2は1日も怪しいことがたまにあります。たまに、ですけど。  Microsoft ...

comment  0
favorite  0
おすすめレビュー 6年前

Sculpt Comfort MouseとWindows 10のスタート画面の素晴らしさを説明したい

タイトルで全部言っちゃってる系の記事。  一昨年にSurface Pro 2を買った時に、相性の良いマウスとして同時購入したMicrosoft謹製マウス「Sculpt Comfort Mouse」。Pro 4に移行してからも愛用していたのですが、このたび壊れてしまいました。  壊れたといっても寿命とかではなく、床に落としたからなんですけど。  そして、別のマウスにするかどうかなども検討しましたが、最終的には同じものを買い直すことにしました。  4/10まで春のセールで10%オフです。まんまと釣られた。それでも多少高いけど、買うなら今。  で、せっかくなので、このマウスがどれだけ素晴らしいか、そして、その根拠であるWindows10のスタート画面の良さというのを、ちょっと書いていきたいと思います。 (この記事は、Sculpt Comfort Mouseの話とスタート画面の話が混在しているので、どちらかにしか興味のない方は適度に読み飛ばしてください) 3484 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 6年前

セーフティネット

相変わらずの春休み。  春休みだったので1泊2日の旅行なんかに行ってました。日光に。  華厳の滝とか東照宮とか。小6の修学旅行以来に行きまして、まあほとんど覚えてないんですけど。  小学校の時に、華厳の滝を見せられて、「こんなもの小学生で見たって何も感じないな…」と思った記憶はうっすらとあって、  10年ぶりに見た華厳の滝は、多少は良いものだと思いました。    ただ、自然の良さは多少わかってきているんですけど、文化的なもの、特に日本文化の良さはあんまりわからないままで、  お寺とか神社とか見てもあんまり心に響かなかったです。これはもう年齢とかの問題じゃないんだろうな。たぶん日光東照宮より越谷レイクタウンの方がテンション上がると思う。行ったことないんですよね。  歴史的な知識、つまり、日光には家康様のお墓があって、眠り猫の絵があって……という、自分の生活に直接関係なくて、たぶん一生使うことがないような知識が、頭に入っていようがいまいが何も変わらなくて、  何も変わらないものはなくてもいいものだろうと思ってしまうんですよね。これが、家康の人心掌握術の話とかだと、また違うんですけど。  政治とか経済みたいに今の暮らしに直接繋がっているものならともかく、文化史ってあんまり興味が湧かない。  そもそも過去の文化を継承することにあんまり興味がないというか、木造建築技術にしろ江戸時代の浮世絵にしろ、あとは歌舞伎とかもそうですけど、  それは現代に不要/不適だから使われて/必要とされていないのであって、必要とされていないそれを無理矢理に守っていくことの意味って何なんだろう? って時々考えます。あ、まあ、観光業のために必要って言われたら反論できないんですけど。  似たような理由で絶滅危惧種の保護とかも、大切だという感覚が全然理解できないんですよね。  人間が生まれる前から様々な自然環境の変化でいろんな種が淘汰されていたはずなのに、どうして人間が生まれた後しばらく経ったこの時代に限って、自然環境の変化についていけなかった種をわざわざ保護しようとするんでしょうか。  失われるべくして失われるものなんだから潔くバイバイしたほうがいいんじゃないのかな?って思います。 ——————–  話が一気に変わりますが、  ここ最近でいろいろと思うことがあって、割としんどいことになっています。  しんどいというか、完全に私に非がある話なので、自責の念に駆られているだけですけど。  要するにここ最近何度か話題に挙げている一人暮らし絡みで、金銭的なところをあまりにも他人任せ、というか両親任せにしすぎてたなっていう、それについて叱られて、なんというか、前提条件から見誤っていたなという……。  「両親に頼らざるを得ないのは当たり前だから、それを認めてもらえるかどうか」みたいに考えていて、それを指摘されるまでその考え方に疑問を持てなかった自分があることが本当に情けなくて。  で、そんなことを思いつつも、その話をした時の親の態度というか言い方についてもイライラしていて、まあその詳細はここでは書きませんけど、  とにかくもう親とは可能な限り早く距離を置いてしまった方がいいなと。そういう気持ちがとても強くなっていて、  なので、奨学金を借りようと思っています。……なので?かどうかわかりませんが。  自分の行動に対して自分で責任を負うことを避け続けていたなと思うし、おそらくそれができない人間だと周りから思われて、そのことで蔑まれているに違いないので、いい加減それをしなければならない。 ——————–  私は、自己の利益のため、とか、人間関係を円滑に進めるため、とか、面倒なことを避けるため、とか、  そういうことを理由・目的にして、自分の感情を抑制したり、我慢したりするのが、苦手だし、できない、というより、したくないので、  なるべくそうならないために、どんな相手に対しても、どんな物事に対しても、依存状態を作らず、「もしそれがなくなっても大丈夫なセーフティネット」を用意しておきたいと思っています。  それが1つあれば、つまり、最悪の失敗をしてしまった時の逃げ道、切り札があれば、多少無茶なこともできるし、いろいろなことを我慢しなくて済む。    例えば、どんなに仲の良い友人であっても、気に入らない部分、自分の中にある不満は外に出したい、ため込まずに放出したい、と思ってしまうのですが、  そのためには、「最悪その友人と縁を切っても後悔しない」、「本当に譲れない部分の齟齬があったら関係を断ってもいい」というスタンスをキープしておく必要があって。それは、逆に言えば、そうされてもいいという覚悟を持って人と接するということでもあるのですが。    で、成人した、ということは、家族というか両親に対しても、そういうスタンスを取り得るのだということに気づいていなかったなと。いや、これは別に、両親に感謝してないとか、縁を切りたいとか、そういうわけではなくて。  昨年末の重大ニュースでもちらっと触れたのですが、昨年秋あたりから家庭内でいろいろあって、結局、両親だって完璧な人間ではないのだという、当たり前といえば当たり前ではあることに気が付かされて。  私自身は、両親のことはすごく尊敬していて、いろいろな面で憧れているところもあるのですが、だからといって100%全てを肯定する必要はなくて、いいところもあれば悪いところもあると考える方がむしろ自然だったのに、そうしていなかったなと。  でも、親に対してそういう考え方をする、というのは、自立していなければ取ることができないスタンスであるので、それをするためにはやっぱり距離を置く……という言い方が適切なのかはわかりませんが、部分的にでもそこを離れる必要があるんじゃないかなと思いました。それは、物理的にも、精神的にも、様々なところで。 ——————–  必要不可欠でない相手に関しては遠慮なく関係を絶ったりしますけど、  その逆で、必要不可欠である相手に対してどうなるかといえば今年1月の例の記事みたいになるわけで、  そこの温度差というか、ある一線を越えた場合の心理的ハードルの低さみたいなものは時々友人から驚かれたりします。「第一印象は大人しそうなのに、仲良くなったら意外とたくさん喋る」みたいな。まあ、人と話すのが好きだからこんな ログにこんな長文を載せているわけなのですが。  で、そういう対応の差を作ろうと思うと、  「必要不可欠な相手が、自分の許せない行動を取った時にどうするか」というパラドクスがあって、  例えば私が絶対に間違っていると思うものを正しいと言い張って、しかもそこに私の納得できる論拠がない、みたいな場合。それでもその相手のことが大事で、関係を絶てない、という事態に陥らないのか、ということ。  それに対する今のところの答えは、「私が必要不可欠だと思う相手はそもそも自分の許容できない行動を取ることがない」で、  それは、「自分の許容できない行動を絶対に取らないと信じられる人間だからこそ、私が無条件に好きでいられる」ことの対偶だったりもします。    でも、それを言い出すなら、自分にとってどうしても許せないことをしたら、その時点でその相手は、「必要不可欠ではなかった」というカテゴリーに振り分け直される印象の改竄が行われるわけで、  その論理はある種無敵というか、結局のところ一緒なんじゃないのか、と思ったりもします。  だから別に不変的な話がしたいのではなくて、あくまで一時的な、今の時点での認識のカテゴリーなのだと思うのですが。  そのレベルでフィーリングが合う相手が見つかるのは幸せなことで、そういう相手と大学ではまだ知り合えていないので、やっぱり人間関係を広げていく必要があるのかなあ、なんて思ったりもします。  用意された環境で、気が合いすぎるほどに合うような相手と、偶然に出会う可能性なんてめっちゃ低いわけで、  でも、偶然に出会う可能性を信じて、その確率を上げようと思ったら出会いの試行回数を増やすしかないんですよね。この2年間、というかそれ以前の人生でもずっとそうですけど、そういう試行がほとんどできなかったので、増やしていかなければいけないなと思います。  特に、私は「気が合うかどうか」の要求レベルが高いのだから、なおのこと。ソシャゲのリセマラだって、単にSSRがほしいんじゃなくて、アイドル一致のSSRがほしい人はその分リセマラ回数も増えますしね。  ……他人との出会いをリセマラと表現している時点で、出会いなんて一生うまくいかないような気もしますけれど。 ——————–  他人との出会いがリセマラなら、出産・育児は気の長い投資だなあと最近思います。  両親が、稼いだ給料の大部分を子どもに20年も使うのは、そのあとの40年でそれ以上のリターンが見込めるからに違いないし、だからこそ、自分は少なくともそのリターンは親に返さなくてはなあと思います。  結婚して、子どもを産まずに貯金し続けていれば、老後を豊かに暮らすことができたはずなのに、子どもを産んだせいで老後が苦しくなるんだったら、わざわざ育ててきた意味がないっていう話ですからね。できる限りそうさせたくはないなあと思います。どんなところに就職するかもわからないので、そうしたい、という以上のことは強く言えないのですが……。 ——————–  久々にプライベートの暗い話になってしまってすみません。ろこどるの話とかMiitomoの話とかしたかったんですけどこの記事に混ぜるわけにもいかないのでまた今度。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 6年前

スタバアンバサダー

昨日の記事はスターバックスで書いていたのですが、  書き終わったあとというかその前後はずっとお仕事をしていまして、夜遅くまで粘っていたら新商品の試飲のプレゼントがありました。カフェラテ(Tall)1杯で6時間粘ったクソ野郎にも優しいスタバの店員さん。 20160301apricot-3875980  「アプリコット ハニー ソイ ラテ」というものらしいのですが、これ、めっちゃくちゃ美味しかったです。かかっているクランチの粒々も絶妙だし、いい感じの甘酸っぱさ! あと色もキレイ。  期間中にもう1回飲みに行きたいし、フラペチーノの方も一度味わってみたい。  試飲って実際どのくらい効果あるのかわかりませんが、SNSにシェアしてもらえる今の時代だと割と効果高そう。まぁそれを抜きにしても私はリピーターになりました。  あ、ちなみにおなかがすいたのでマックでシャカチキの新しいフレーバー(アメリカンBBQ)も食べました。そっちは……うん。まずくはなかった。というか美味しかった。ただ、これはシャカチキ全般に言えることですけど、あの粉のクスリ感が強すぎて、とにかく後味が悪いんですよね……。何度も食べる気にはならないかなぁ。  鶏肉が基本的に好きなのでシャカチキも好きなんですけど、なんかこう、食べるごとに味覚を破壊されてる感ありますよね……。あとあの値段ならLチキとかファミチキの方が普通に美味しいんだよなあ。  ミスドのドーナツはたまに食べると「さすが専門店」って気がするけど、マックのチキンとかコーヒーとかはコンビニに確実に負けてて「まあ居座れるメリット込みなら許せる」みたいになるのは何なんでしょうね……。 --------------------  ところでスターバックスで6時間作業してた話に戻ると、  ブログ書いてたのは1時間くらいで、あとドメイン取るのが10分くらい。あ、ドメイン取る時だけはフリーWi-Fiじゃなくてテザリング使いました。クレカ情報とかあったし、気休め程度にですが。  で、それ以外は動画編集とサイト制作の仕事をしてました。どっちも思いっきり溜め込んでてやばい。    ただ、スターバックスでそれだけ作業していて、改めて思ったのは、やっぱり作業は一人の時間を確保して行う方が捗る……というところで。  家族と一緒に生活しているとどうしてもこうはいかないんですよね。  勉強とか、片付けとか、そういうものに関して、例えば「今やろうと思ってたのに親に言われてやる気なくなったー!」みたいなのは確実にやらない言い訳でしかなくて、それは別に一人暮らしだろうとスタバだろうとやらないものはやらないんですけど、  動画編集とか、プログラミングとか、記事執筆とか、そういうものって、少なくとも私にとっては嫌な事ではないんですよ。ただ、ちょっとエネルギーを使うものなので、気が乗らない、というだけで。  で、そういうものって、始めるのが億劫なだけで、始めてしまえばのめりこめるのですが、  家族と一緒に生活している空間だと、そこにどうしても邪魔が入るんですよね。  それは、食事とか、お風呂とか、洗濯とか、片付けとか、寝る時間とか、そういう。まあ寝る時間はさすがに大学入ってからは何も言われなくなってきましたが。  たとえ5分、10分だけでも、ご飯の時間だから中断してー、とか言われると、また作業に戻るのにエネルギーを使うわけです。その億劫さは半端じゃない。    一緒に生活していると、どうしても生活リズムを縛られてしまう。そのストレスって結構大きいぞ、というのは留学から帰ってきて強く思ったことなのですが。  留学中、一度だけ授業が朝10時くらいで終わる日があったのですが、その日は昼食後の13時から27時くらいまでずっとWebコーディングしてた記憶があります。  そんなの、家族と暮らしてたら絶対無理じゃないですか。  で、プログラミングというのは特に、作業を細切れにするほど生産性も効率も著しく落ちてしまうので、まとまった時間を確保することはすごくメリットが大きくて。    だから、スタバとかドトールとかそういう喫茶店で作業するメリットって、  「家だとマンガやゲームなど誘惑が多すぎる」みたいな部分も確かに一理あるんですけど、そういう言い訳めいた要素だけじゃなくて、  実家暮らしとか既婚者とかにとっては、そういう「自分だけでコントロールできる時間と空間の確保」という面も、案外大きいんじゃないかな、と思いました。 --------------------  で、こういうことを考えるとやっぱり一人暮らししなきゃな、って思うわけです。  昨日の記事でも書いた通り、割とうちは家族間の仲が良いので、ぶっちゃけ友人よりも家族と離れる方で躊躇ってたりするのですが、そんなこと言ってたらいつまでたっても自立できないしなあ……なんて考える日々です。  一人暮らししない方が金銭的な負担は絶対に軽いので、しない理由もちゃんとあるのがまた悩ましいのですが……。  弟と一緒にSplatoonする夜の楽しみが失われるのが一番惜しいかもしれない……。でも弟とSkypeしながらSplatoonのタッグマッチするのもめちゃ楽しそうだな……。  ……なんかブラコン感出てて気持ち悪いな。止めとこう。寝ます。 ...

comment  0
favorite  0
おすすめレビュー 6年前

2015年買ってよかったもの

2015年の総括記事その3。まあいろんなブログでやっているので何となく。  今年は特にバイトで収入が増えた関係でいろんなものを買いました。    Xbox One  ゲーム機といいつつほぼメディアプレイヤーとなっていますが、いろいろ込みで割と活躍しています。Blu-rayとDVDとCDを全て再生できるのが意外と便利。  あと何より見た目がカッコいいです。白いバージョンなのでWii Uを上に置いてます。  ゲーム機としては「オリとくらやみの森」が一番面白かったです。Haloも割と良かった(クリアしてないけど)。     Microsoft Band  レビュー:Microsoft Bandが届いたので1日着けてみた感想  日本未発売のスマートウォッチ。  日本語表示できない、電池がApple Watchよりはマシ程度にしか持たない、と、多少の不満もあるものの、割と気に入ってます。値段もお手頃でしたし。  腕時計着ける習慣とか今まで一切なかったんですけど、実際腕時計があると便利だなって思いました。時間見るのにわざわざスマホ出すの面倒ですね。  円形のアナログ時計ではなくデジタル時計なのでパッと見でわかりやすいですしね。スケジュールや天気が手元で見れるのも意外と便利。  いつ日本で正式に発売されるのか知らないけど、3代目か4代目あたりでもう少し機能がちゃんとしたら、間違いなく買いなデバイスなんじゃないかなーと。  あと手の甲ではなく手のひら側に着けるのも、わざわざ肘を動かさなくても手をくるっと回すだけで確認できて良いんですけど、電車に乗ってるときにつり革を掴んでいると目の前の人にスクリーンが向いちゃうのでちょっと恥ずかしい。      Surface Pro 4 と その関連アイテム  レビュー:Surface Pro 4 に Pro 2から乗り換えた感想  最高。今年買ったものの中で最高のクオリティだし最高の価格。  レビューでも書きましたが本当に満足度が高い。画面サイズ、解像度、タイプカバー、薄さ・軽さ、などなど、どこを取っても不満がない。デザインもオシャレ。いつでもどこでもドヤ顔で取り出したくなる。  あと、関連アイテムとして背面保護フィルム、予備の電源アダプター、あとPro4買う前ですがArc Touch Mouseを買いました。背面保護フィルムはピカピカで良い感じ。  電源アダプター、付属のやつは便利なんですけど大きいし高いので、安い互換製品があると持ち出しやすいだけでなく遠慮なくコンセントから抜き差しできるのでいろいろとメリットがあります。付属のは寝室に置いてあります。  Arc Touch Mouseはいろいろありましたけど結果的には買ってよかったです。Pro4のタイプカバーのタッチパッドはかなり使いやすいなので、ネットサーフィンとかOfficeでレポート作成、ブログ書くくらいならマウスいらないんですけど、なんだかんだWebとか動画系の作業する時にマウスが1個カバンに刺さってると嬉しいです。  ところでネットサーフィンって言葉すっかり聞かなくなりましたね。死語かな。       バッグインバッグ  LOFTで買ったんですけどすごい良いです。  KIMG0502  こんな感じで使ってます。ちょっと出かけるくらいならこれだけで十分です。    大学生でクレジットカードをお持ちの方は、下のURLから登録するだけで1000円分のクーポンが私に入ってくるのでよろしくお願いします。ちなみに今のところこのブログ経由で登録した方は一人もいませんhttps://www.amazon.co.jp/gp/student/signup/info?ie=UTF8&refcust=YIUWBSEPGTMNIIHS4VM6EKCQ5U&ref_type=generic&ref=amzn_st_jp_ref_generic    Amazonプライム (Prime Music、プライムビデオ)  購入したもの?サービス?  ともかく良いです。完全にAmazonの上客です。  即日発送は本当に便利。Amazonプライムのスピード感に慣れすぎてMicrosoft StoreでSurface注文してから3日くらいの間ずっとやきもきしてました。  Prime Musicはメインの音楽プレーヤーがiPod nanoなのでそんなに愛用はしていないのですが、でも『ワールドエンドの庭』が入っていたことには驚きました。  ビデオは『ウレロ☆未確認少女』とその続編、『ガールズ&パンツァー』、『灼眼のシャナ』あたりが観れたのは良かったです。もう少しラインナップ拡大してくれないかなー。ハヤテとかゼロ魔とかが来ると非常に嬉しい。    スプラトゥーン  面白すぎます。兄弟合わせてのプレイ時間が500時間を突破しました。  あまりに面白すぎるので宇宙人が地球人の睡眠時間を奪って生産性を低下させて侵略するためにこっそり流行らせたんじゃないかと睨んでいるのですが宇宙人はイカではなくタコなので違いますね。   今年1年とかいうレベルではなくて、少なくとも2010年代のベストゲームくらいは言い切っていいんじゃないかと思っています。  コンシューマーゲームで「これは新しい!」「これは凄い!」っていう、アレンジレベルではなくもっと根底で驚きを与えられるアイディアがまさか出てくるとは、という感じです。  スプラトゥーンのちゃんとした考察記事はちゃんと年内に書こうと思ったんですけど、年末あまりに時間ないし、時間ない中で急いで記事をまとめることが申し訳ない魅力なので来年ちゃんと書きます。    とりあえずこんな感じでー。  細かいところだとピンドラBDとかWORLD END ECONOMiCCAとかBremenとかありましたけどエンタメ作品入れ始めるとキリがないので。  改めて見直すとそんなに面白いもの買ってないですね。Microsoft Band は日本で買った人100人いるのかってレベルでニッチなガジェットではあるのですが、でも機能としてはそんなに変なものもないですし。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 6年前

蓄積

こんにちは。気づけば12月も1週間ほど経ってしまいました。 今年もあと3週間!ですよー!死にたくなる!!  気分的には12月初めての更新みたいなものなんですけど、気づけばもう4回目だったりもします。 SurfaceとかMicrosoft Bandとか興味ない人にとっては絶対つまらない記事が連続してしまって申し訳ないです……。  基本的にSurface記事とか商品レビューとかは検索エンジン経由で探されて、読み終わったらブラウザバックされることを前提に書いてるので、別にその前後の記事が気持ち悪い電波だったとしても大した問題ではないと思っているのですが、  普段の私の記事を見に来ている人は、このブログのトップページを上から見てくださっている場合がおそらく多いわけで、こうも余所行きの堅苦しい、はてなブックマークに登録されたい欲望が見え見えの記事が並んでいるのはなかなかに苦痛だろうな……という。 本当はそういう読者の方こそ優先したいのですが……、悩ましいところです。 --------------------  先週から新学期が始まりまして、 まあ新学期スタートとMicrosoft Band到着とSurface到着が重なったせいでブログがこうガタガタになっているのですが。 ブログ自体のこともそうなのですが、Surfaceのセットアップとか元々の環境の復活とか、いろいろとね……。まぁ今やOfficeもAdobeもFL Studioも全部ネットからのダウンロードなんで、CDを繋いでどうこうとかしなくて良いので大した手間ではありませんでしたが。  で、新学期を迎えるにあたって、洋服でも買おうと思い立ったのですよ。 成人もしたというのにいつまで親が適当に買ってきた服を着るのか。 ちょっとお金に余裕もある今、買わなければ、一体いつ買う気になるのか。  そういうわけで服を買ってきました。 まあ洋服を自分一人で買うのはほぼ初めてですけど、なんせ私にはセレクトショップ店長経験がありますからね。 洋服の種類だって知ってますよ!ワンピースとかミュールとかキャミソールとかシフォンスカートとか!あれ?メンズコーナーに知ってるアイテムが見当たらないぞ??  ……いや、でも実際のところ、ガールズモードでインナーとかアウターとかの基本単語だけでも知っていたのは本当に助かりました。正直あれがなかったら何もわからなかった。 超初心者で自分のウエストサイズすら把握していない私にも優しくしてくれるユニクロ店員さん最高ですね。そのおかげで直後にPARCOに行っても何となくそれっぽい顔ができた。  あと美容院にも初めて行きました。 成人もしたというのにいつまで親に散髪してもらうのか。 ちょっとお金に余裕もある今、行かなければ、一体いつ行く気になるのか。  そういうわけで美容院行ったんですけど、こちらも何もわからない私にいろいろ教えてくれてとてもありがたかったです。あとシャンプーとかマッサージも気持ち良すぎた。 あたふたしすぎて会計時に「お釣りはチップとして渡した方がいいんだっけ……?」と一瞬思ってしまいましたがここは日本だった。  ……でもマジメな話、服屋とか美容院とか、ああいう「選ぶところから協力してもらうサービス」で、最終的に購入したものにしか対価を支払わないのって何だかおかしな気がするんですよね……。 それも込みの金額と給料設定だと言われればそれまでなんですけど。 というか美容院は次回から指名料取られるんで実質チップみたいなものですけど。  まぁとりあえず洋服を自分で買うことのハードルは超えたので、今後はどんどんオシャレを極めてInstagramに気持ち悪い自撮りとかを上げていこうと思います。……嘘です。 --------------------  そういえばμ’sが紅白出るとかMステ出たとか。  まあ、ラブライブ人気は実際すごいし、単純な層の広がりでいえばアイマスより上なのも事実なので(層の厚さは別として)、妥当ではあると思うのですが、  思い返してみれば、「声優ソングを世間に認めてもらいたい」という動きはラブライバー以前からあったわけです。 ハッピーマテリアルのオリコン1位運動、けいおんOPEDのオリコン2位3位独占、うたプリやデレマスのオリコン同時ランクイン、などなど。 で、もちろんそれらの動きは紅白にもMステにも繋がらなかったんですけど、  こういう一つ一つの成功が、結局アニソンの”商業的な”地位を高めていき、大きな企業がバックアップしてさらに大きな企画に繋がった。 少なくとも、アイマスの成功がなければラブライブという企画もなかった、というのは、主導がバンナムである以上は間違いない話で。  これはアニソンに限らず、 アニメコンテンツが大手チェーン店とのコラボを積極的にやりだしたのはおそらくけいおん×ローソンのキャンペーンの成功あたりからだと思うし、 深夜アニメの劇場版も、かなり映画館を絞って小規模にやったのに成功した「涼宮ハルヒの消失」から増えだしたように思います。 (私の記憶なので間違ってたらすみません)  だから、ラブライブがああいう大ヒットに繋がったのは、もちろんラブライブのコンテンツパワーもあるのですが、 そもそも、それだけ大規模に仕掛けてもらえる下地がなければ為し得ないヒットだったわけで、それを可能にしたのは「小規模の投資でもそれ以上の利益を出せる」というオタクコンテンツのそれまでの実績があってこそで。  ラブライバーの方々は、そういう数多のオタクの死体の山を踏み台として今、マスメディアに取り上げられているということを少しだけ思ってほしいし、  アニオタの方々は、「みんなが10年前から願っていた、『オタクコンテンツが世間に受け入れられる』というのは、つまりこういうファン層を呼び込むこととイコールだったんだよ」ということに思いを馳せるべきなのではないかな、と。  数年前の初音ミクにしてもそうですが、Mステに呼んでほしい、とファンが思っている程度のコンテンツは所詮その程度だからMステになんて呼ばれなくて、 「適切な規模はとっくに超えてるんだ、もう放っておいてくれ」というところまできて初めて食い物にされるわけです。  5年前の私はそんな仕組みには気づかなかったので無邪気に「放課後ティータイム紅白出ないかなー」なんて言っていたわけですが。 その結果がこれだよ!みたいなところです。いやラブライブ嫌いじゃないですけどね?  まぁそれはそれとして来年あたり米津さん紅白出ないかなー。ゲスの極み乙女みたいな枠で行けるんじゃない? --------------------  ところでMicrosoft Bandを着けて1週間が経ちました。  もうしばらくしたらBandの感想は改めてまとめる気でいるのですが、 レビュー記事ではどうにも固いことしか書けないのでざっくりとした感触を書きたいです。 これ、良い。  何が良いって腕で時刻が確認できることですよ。スマホを出す必要がないって便利ですね! ……などというApple Watch発売時に何百人もの人がやっていた鉄板ギャグは置いておいても、 スマホと違って常に手元に近いところにある端末に情報が表示できることのメリットは予想以上で、  時刻だけでなく、スケジュール、天気、簡易メモなどを表示でき、それでいて機能が絞られているが故に呼び出すのが簡単という、非常にバランスの取れた情報表示専用端末といえます。 KIMG0484  こんな感じで、時刻・教科名・教室名を登録しておくと、時間割を常に手元で確認できて非常に便利です。 もちろんスマホでも見れるんですけどね。「スマホを出す→アプリを探す→アプリ開く」という手間をかなり簡略化できる。今着ているコートのポケットがやたら深いので助かってます。  まぁもうしばらくしたら飽きるのかもしれませんが、今のところは気に入っています。ヘルスケアもできますし、QOLが向上した感じがします。 毎日の歩数の記録とか、心拍数のグラフとか見れるの結構楽しいですよ。 Screenshot_2015-12-08-02-56-26 土日の圧倒的不健康さがはっきりわかって素晴らしい。(月曜夜に撮りました)  これが11000円というのは正直破格だと思います。Apple Watch Sportの4分の1ですからね。 あとは日本語対応したものが日本で出れば周りの人に勧めたいのですが、おそらく日本で出るとしても新型のBand 2の方で、しかも価格もたぶん3万円前後になると思うので微妙なところ。 かといって「みんな輸入しようぜ!」とも言いづらいし、そこまでの価値がある?と問われると、個人の用途によってFitbitかWithingsかApple WatchかAndroid Wearを選ぶ方が良いような気がしないでもないです。  でも、こういう、フィットネスバンドの延長線上にありながら簡易情報表示ができる端末、ありそうで意外と少ないんですよね……。「機能を絞ったスマートウォッチ」というアプローチだとそれはそれで違いますし。 あ、強いて言えばSONYのSmartBand Talkは近いかもしれません。個人的にはあんまり惹かれないですが……。 --------------------  Surface Pro 4も購入してから5日ほど経ちました。   ...

comment  0
favorite  0
おすすめレビュー 6年前

Surface Pro 4 に Pro 2から乗り換えた感想

ここ1ヶ月ほど買うかどうかずっと悩んでいたSurface Pro 4を先日ついに購入しました。 KIMG0476  買うにあたって購入報告やレビュー記事などを、だいたいGoogle検索の8ページ目まで漁ったのですが、なかなかニッチで高額なデバイスなのと、Pro3からの変化がそんなに大きくなくて書くことがあんまりないせいか、ほとんど見つけられませんでした。  なので、私と同じようにレビューを読みまくりたい人の助けになれたらいいなと思って書くことにします。  特に、私が今まで使っていたSurface Pro 2からPro 4への乗り換えは、絶対良いと確信して買ったら本当に最高だったので、現Pro 2ユーザーに推すつもりで書きます。  2018年6月追記:さらにPro 4からNew Surface Proに買い替えました。今Surfaceを買う方はおそらくSurface Proを買うと思うので、こちらの記事も併せてどうぞ。 3442 ...

comment  1
favorite  0
おすすめレビュー 6年前

Microsoft Bandが届いたので1日着けてみた感想

予定では12/8到着だったのですが、12/1に到着しました。時差かな?  パッケージの宛先とかが全部英語だったのですぐにピンときました。  WIN_20151201_16_15_20_Pro  Surface Pro 4もポチったのでその話もしたいんですけど、とりあえずこのガジェットの話をします。  一応この記事でこのブログを初めて読む方もいるんじゃないかと思うのでちょっと丁寧に経緯も書きますね。 っていうか、私自身がMicrosoft Bandのレビューをめっちゃ探したけど日本語のレビューが全然なくて悲しかったので。(日本で発売されてないから当たり前だけど)   3440 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 7年前

手帳とかポーチとか

ようやく期末試験が終わったので晴れて自由の身です。やったー。  といいつつあと2週間もしたら3学期なんですけどね。いつも通り短い。  アプリ開発やるぞーとか大口たたいておきながら、スプラトゥーンやってピンドラ観てたら終わりそうな気配が。が、頑張らなきゃ……。  ……といいつつ、もう少し手頃なところで何かやりたいなぁと思いまして、動画編集の学内バイトに登録してきました。 授業の内容を録画して、それを編集してネットに公開して見られるようにする、という取り組みです。  動画編集経験者に限るという条件だったのですが、Premiereでの動画編集をこの夏にカナダで150時間ほど経験している身としては何の問題もありません。  時給は900円ほど。めっちゃ良くもないけど悪くもない。 昼休みとか空きコマに週2~3時間くらい入れれば、月に1万円くらいにはなるのでまあまあ美味しいかなーと……。  とりあえずこれで複数のバイトを掛け持ちすることができるようになったので収入を安定させられそうです。 企業のバイトの方は、忙しいときはめっちゃ忙しいし時給も良いからめちゃくちゃ稼げるんですけど、向こうから連絡ないと仕事がないのでとにかく不安定なんですよね……。  ……と思ったら来月から毎月30件動画頼むかもとかいう連絡が入って困惑しています。安定して毎月過労死するのでは……? --------------------  そんなわけでバイトが増えたので帰りにLOFTに寄って、買おうと思っていたものを色々買っていたらお買い物額が5000円に達してちょっとびっくりしました。 10%OFFクーポンがあったからって買いすぎた……。  ・ほぼ日手帳WEEKS スカイブルー(¥1800) ・キャリングポーチA4(¥2000) ・キャリングポーチ用ショルダーベルト(¥450) ・フリクションボール3(¥600) ・Cコレト用消しゴムリフィル(¥250) ※すべて税抜価格です。  ざっくり言えば「ポーチと、そこに入れるもの」ということなのですが。  まず、ほぼ日手帳は元々買う気でいたものの、Amazonで10%ポイント還元があったのでそっちで買うつもりでした。 しかし、10%OFFのクーポンがあったので、それならすぐに手元に来るLOFTで買うか、ということに。  今年は全く使いこなせなかったので、2016年こそは……。  で、なんで手帳を使わなかったかといえば、理由はたくさんあるのですが、 「鞄の奥底に落ち込んでいて取り出すのが面倒だった」「ペンケースに入らないからペンも探す必要があって二度手間だった」というのが地味に大きくて、  「手帳とペンをまとめて入れられるポーチが欲しい」と思って先月から探していたのですよ。  そして、できればそのポーチごとPCケースに突っ込んでしまえれば、Surfaceを取り出すときに手帳もまとめて取り出せて便利かな、ということで、もともとA6の手帳サイズのものを買おうとしていたのですが  ふとその下に、同じ会社のシリーズで、13インチまでのPCが入るA4のキャリングポーチを見つけまして。  この左から3番目のやつです。  PCが入る、そして小さなポケットに手帳が入る、あとペンも入る。……これ買えば十分なのでは?  というわけで購入しました。 決め手になったのは、13インチのPCまで対応で、後々買う予定のSurface Pro 4(12.3インチ)が入ることです。 Pro 2だと若干高さが余りますが、Pro 4ならほぼぴったり。 つまりMacbookAirの13インチモデルとかもぴったりということですね。というかおそらく本来はそれ意識。  で、これをバッグインバッグとして鞄の中に入れることを考えていたのですが、  ここで、「そもそも、手帳とペンとSurfaceが入るなら、バッグインバッグとかじゃなくて、これをメインバッグとして持ち運べば十分なのでは?」ということに気付く。  ということでショルダーバッグにするためのベルトも一緒に買いました。 KIMG0447  けど、まあ当たり前ですが所詮は大きなポーチなので、これ単体で持ち歩くのは若干不安ですね。特にPCは。 ちょっと出かけるくらいならともかく、電車に乗るとか学校に行くレベルだとやっぱり大きなカバンが必要になりそうです。  ただそのへんは薄さや持ち運びやすさとトレードオフというか、このサイズと収納力でこれだけ薄いのはとても良い感じで、かなり満足しています。まだこれ買ってから出かけたことないけど。  色はオリーブ。オレンジとかイエローとかも考えたんですが、これ単体で持ち歩くことを考えるとあんまり派手なものも……ということで。 しかし買った後でベージュとかネイビーの方が良かったなぁとか後悔したり。この手のものを決めるのほんと苦手です。 --------------------  で、このポーチ、ペンポケットが2つあるので、1つは前から持っていたCコレト(色を自由に選べるペンで、シャープペンシル機能も追加できる)、もう1つにフリクションを入れれば完璧だな……と。  冷静に考えて、大学で使うペンなんて、プリント・試験用のシャーペン、書類用の消えないボールペン、手帳用のフリクション、と、こんだけあれば十分だよね、という。 私の場合は講義ノートもSurfaceで取ってるんでなおさらです。  ただ、Cコレトには消しゴムが付いていないので、消しゴムを持ち歩かなきゃいけないのがなー……と思っていたところ、「消しゴムリフィル」というものを発見。 要するに、「黒のボールペン」「シャープペンシル」と同じように「消しゴム」を追加できるわけです。 KIMG0455  こんな感じ。 こちらもまだ使ってないんで、消しにくい!って思ったら考え直しますが、今のところこれを使ってみます。  ……冷静に考えてシャーペン・ボールペン(黒・赤)の組み合わせだったらカスタマイズペンにする意味が全然ないんですけど、ただこの柄が好きなんですよね。 昨年発売された期間限定のコラボデザインで、コラボ先が「アースミュージック&エコロジー」という、いかにも頭の弱い女子が好きそうな感じですけど私は気に入ってます。 earthcoleto.jpg  ↑これの左から5番目、「星ウサギ」ってやつです。ファンシー。かわいい。  で、もう片方のフリクション。こちらも黒・赤・青のスタンダードなやつです。 手帳に書き込もうと思うとやっぱり0.5mmだとちょっと太くて、0.38mmがちょうどいいと思います。 なんか以前にちょっと高級な「フリクションメタル」モデルにしようかなーとか言ったような気もしますが、結局は安い方にしました。  あ、一応値段以外にも理由があって、Surface Pro 4のSurfaceペンがデフォルトでシルバーなので、シルバーの方が色が合いそう、というところです。  ちなみにPro 2のペンは紛失しました。割とへこんでます。Pro3以降のペンがPro2とも互換性があったら買い足したいのですが、今更Pro2のペンを買っても仕方ないのでPro4を早く買いたいです。 --------------------  で、ペンと手帳を入れるとこんな感じ。  KIMG0449  割とぴったり入って良い感じです。 空いているポケットに3DSやモバイルバッテリーやSurfaceの充電器なんかも入るので、本当に私が持ち運びたいもの、使いたいものを丸ごと突っ込んで運べる形。  なかなか良い買い物をしたんじゃないかなー!という気になっています。 これなら手帳もペンも取り出すのが楽なので、ちょっとは使う習慣もつくのではないかと思っています。 --------------------  で、こう、一度こういうスタイリッシュな方向に興味が出ると、どんどん揃えたくなるのが人間というもので、  少し気になるのが、今使っている「Sculpt Comfort Mouse」が、持ち運ぶのに適していないということ。  このマウスは、Surface Pro 2を買った1年前に一緒に注文して以来愛用しているのですが、通常のホイールに加えてスタートボタンもあって、持ちやすさ・使いやすさ共にとっても満足しています。  が、しかし、普通のマウスなので、やっぱり、ちょっと、大きい。 WIN_20151121_22_40_31_Pro  明らかに膨れている。写真だと見づらいけど割とパンパンです。  そこで検討中なのが、「Arc Touch Mouse」、こちらもSurfaceユーザーにとっては鉄板のやつです。  en-INTL-PDP-Microsoft-Arc-Touch-Bluetooth-Mouse-Silver-7MP-00001-Large[1]  ↑こんな感じで、使うときは曲がって、使わないときは真っ平らになるという。  もちろん持ちやすさとかは普通のマウスに劣るのでしょうが、その携帯性は尋常ではない。   ...

comment  0
favorite  0