最近の話題 2年前

メランコリックサーカス、青ブタ新刊 など

最近聴いてる曲

メランコリックサーカス/ meme tokyo.

 でんぱ組の姉妹ユニット。らしいです。  歌詞の方向性としては『ぜんぶ君のせいだ。』に近いと思います。  こういう、数年後に聴かれることを微塵も考えていない言葉選び、メッセージ性も何もかも捨てて語感だけで成立させてる感じの歌詞、結構好きなんですよねー。  どこかで聞いたことあるフレーズの羅列みたいなJ-POP歌詞より全然良い。それこそ米津さんとかwowakaさんとかサクライケンタさんみたいに、既にある言葉の組み合わせで新しい違和感を生み出そうとしている人はまた別ですけど。  2番の
パリ シャルル・ド・ゴール空港 経由エッフェル塔バンジー
 のところのリズムが特に好きです。  ……いや、字面だけ見ても全く想像できないと思うんで、とにかく聴いてみてください。。。

しゅきしゅきしゅきぴ♡がとまらないっ…! / ねもぺろ from でんぱ組.inc

 こちらも似たような理由で好きです。歌詞にしろPVにしろ、いろいろな建前とかを全て捨てた感じが逆に新鮮なアイドルソング。ここまでストレートに媚びるの48Gでもなかなかできないのでは。

サクラになっちゃうよ! / クマリデパート

 クマリデパート。久々のサクライケンタ単独プロデュースですが、歌詞も曲調もブクガと全然違う世界観でありながらしっかり中毒性の高いメロディー。共作経験が完全に良い方向に作用してると思わされる。  ところでイントロで何となく『ホドモエシティ』のBGM思い出しました。

ワンダードライブ / ORESAMA

 別に新曲でも何でもないけどたまたま自動再生で流れてきてハマってます。  「鏡よ鏡 わたし世界を変えたいの」のフレーズがメロディーも歌詞も完璧。何かが始まる予感があってアニメOPとして満点。観てないけど。 --------------------

青春ブタ野郎は迷えるシンガーの夢を見ない

[amazon_link asins='B084CWQTSL' template='Original' store='galeglad-22' marketplace='JP']  久々のシリーズ新刊。大学生編スタート。  なんと前作が2018年10月。  高校生から大学生になってまた別の人間関係の問題が生まれてくる、という切り口で始まった大学生編。個人的には大学に入ってそういうものからいろいろ解放されて楽になったので、「ああこういうこともあったな」っていう感覚は高校生編ほどには得られませんでしたが、  一方でそういうことに悩んでいる人もたくさんいるのだろうから、  高校卒業で綺麗に完結でも良かったのでは、という感じもありつつ、しかも1年飛ばすという荒業まで使って入った大学生編で、鴨志田先生が何を描こうとしているのか? の片鱗は見えたような気がします。  青春ブタ野郎シリーズは、実のところ中身はかなりハードなテーマ……自己の存在価値、空気を読むことの強要、スクールカースト、自己犠牲、など、学生に共通する普遍的かつ深刻な悩みを、思春期症候群というファンタジーな設定と接続することで描いてきた作品でしたが、  でもそういう問題って別に高校生に限ったことではないし、もっと言えば今の社会のいろんな問題と同じルーツにあるんですよね。他者への無理解だったり同調圧力だったり。  だからこその大学生編。  あるコミュニティの中で誰かが得をして誰かが損をするとか、息苦しさを感じ続けているとか、そういうのってそのグループを構成する人たちのマインドチェンジによって変えられることが本来はできるはずで、  大学に上がってコミュニティの重要度が下がったから、それを我慢できる人の割合が高くなったから、もうそういう問題自体は許容していいよね、ということではない。  そういう社会の性質によって苦しめられている人は年齢層を問わずどこのコミュニティにも存在していて、実際に大学でもサークル内のノリで飲酒とか性被害とかの問題も起きるし、会社でも苦しんで自殺してしまう人がたくさんいるのが日本という国で、  それはどう考えても正しい形ではないので、ちゃんと真正面から解決しなければならない。そういう問題意識を持つ人が増えなくてはならない。  みたいなことを描いていく作品になっていくのかなと思うし、その意味では大学生編の後に社会人編が始まっても何らおかしくないような強度のある設定でもあるなと思います。  そして、そういう鴨志田先生の作家性と、『さくら荘』という作品がそういった社会問題に意図しない形で巻き込まれて無残に潰されたこととは無関係ではないのだろうなとも。 --------------------
 1年に1回だけ魚心くんが稼働する機会。よく「難民キャンプ」という言葉が使われますが、年に1回、ろこどるファンの生き残った精鋭が一堂に会するこのイベントほど、難民キャンプという言葉がふさわしいものもない……と思うのですが、  残念ながら。来年ありますように。  しかし、こういう機会になると自分が本当にインドアなのだなと改めて実感しますね。行きたかったイベントで中止になったのこれしかない。これも別にグッズ買うだけだから楽しみにしてたわけでもない。つまりノーダメージ。ラジコとTVerとNetflixとYouTubeがあれば全然生きていけるし、Firebaseがあれば無限に遊べる。  今はスターバックスとガストが営業休止になるのだけが怖い。あとは本当にどうでもいい。 --------------------  2月後半。ブログ更新頑張りました。いかがでしたか?  最近の話題カテゴリーを引っ張り出してきたり、わざとトピックを小分けにしたりしてみましたが、あんまり楽しくなかったですね。何のために書いてるんだろうと今この瞬間も含めて思う。そういう賢者モードに入る頻度が明らかにここ3年くらいで増えていて、だから楽しくないのだろうなと。  まあ定期的に「あなたの記事を読んで不快になりました」というご意見を頂いて本当に疲れたからだと思いますが。  こういう細々した内容はきっちりカテゴリー分けせずに一個の記事で乱雑に並べていく方が自分に合っているんだなと定期的に気づきます。読む側からしたらあんまり嬉しくないと思いますが……。なので3月はもう少し1個1個の記事が長くなるかなと思います。  あとはもう少しちゃんとした記事を書こうと思いました。それこそ先延ばしにしてるレビュー記事とかたくさんあるので、いい加減……。  とはいえ念願のFirestore移行もできて、ブログが爆速になって、モチベーション的な底の底は多少脱したかなと思います。引き続き頑張ります。 ...

comment  0
favorite  0
最近の話題 4年前

新約禁書21巻、トニカワ3巻など

新約とある魔術の禁書目録(21)

 前巻から引き続いて、尋常じゃなく面白い巻。  禁書旧約とか新約中盤で脱落した方も、新約19巻あたりから試しに読んでみても割と楽しめるのではないでしょうか? そのくらい総決算な展開です。 [amazon_link asins='4049120259' template='Original' store='galeglad-22' marketplace='JP']  笑えるシーンも可愛いシーンもありつつちゃんと熱い。  新約20巻でついに上条・一方通行・浜面の共闘が実現しましたが、  今巻はさらに美琴・操祈まで本筋に絡み出して、いよいよメインキャラクターの揃い踏み。  「上条軍団」的な言葉が初登場したのがいつだったか覚えていませんが、それがようやく成立するまで10年は待った。10年追ってきた読者のための展開。  最近、
ドラゴンボールを一気に読んでみてつまらなかったという記事が炎上していましたが、  まとめ読みに適した作品と、リアルタイムで追うことに適した作品はやっぱりあって、後者の方が強烈な思い出、人生の一部として刺さるから熱狂的なファンも生まれるのでしょうが、それは後追いだと体験できないので、後追いしても意味がないんですよね。先入観とか関係なく。  私自身も読んだら同じような感想になるのが目に見えてるからDBもワンピナルトハンタジョジョも読む気はありません。時間の無駄。  だったら今の時代のそれと同じ感覚を味わえるものを選ぶべきで。  私にとってのそれは禁書で、あれをリアルタイムで追えたことは強く刺さってますし、高校生の頃には馬鹿みたいに勢いのあった禁書スレ見たりもしてましたけど、  今の中高生がとっくに成熟した禁書を今から読んでもそうした面白さの半分も味わえないでしょうから、Re:ゼロやノゲノラやよう実を読んだ方が絶対良い。カゲプロもそういう位置にある作品だったでしょう。  『ハルヒ』はまだその点、後追いでも楽しめる強度がありそうですが、『禁書』はそうではないと思います。そして私も同様にドラゴンボールも読まないしRe:ゼロも読まない。  しかしいよいよ禁書もクライマックスという雰囲気がありますが、とうとう完結するのか、それとも新章突入なのか。  旧約冒頭から出ていたローラやアレイスターの伏線が回収された今、これ以上の盛り上がりを作れるのかという気になりますが、でも新約前半ラストのオティヌス戦の時もそう思わされつつ続いていったので、新展開があることを信じます。  

トニカクカワイイ(3)

[amazon_link asins='4091285570' template='Original' store='galeglad-22' marketplace='JP']  『ハヤテのごとく!』の畑健二郎先生新作、3巻。  本当に、全体に流れる空気もセリフの面白さも全てハヤテ。だがそれがいい。新作なのに懐かしさしかないこの感覚。  もっと言えばハヤテ初期の、「主人公が○○というヒトやモノに出会った」という1シチュエーションでの1話完結コメディが展開される心地よさが宿っている気がします。  自分がハヤテ脱落した中盤は、1話かけて本当によくわからない伏線と物語上必要なネタ振りだけで終わる回とかがあったような印象が……。  そういう「自分が好きだった頃のハヤテ」という匂いがあって、本当に良い。  ただ電車の中でKindle版読んだのですが、読み終わるまで12分しかかからなくてさすがにもう少しボリューム欲しいなと思ったりしました。  

『青ブタ』アニメ2話「初デートに波乱は付き物」

[amazon_link asins='B00NH9AZTM' template='Original' store='galeglad-22' marketplace='JP'] [amazon_link asins='B07HZ87CYW' template='Original' store='galeglad-22' marketplace='JP']  シュレディンガーの猫の例えってアニメで物知りキャラが語る知識としてはそろそろ見てて恥ずかしくなる気もするのですが、この作品はちゃんと物語の核を担うものなのでさらっと流すこともできないので難しい。  本当に小説で良かった部分がことごとく減衰していてもどかしい……。麻衣と母親のシーンなんて明らかにもっと時間を割いて描写しなくてはならないのに、あらゆる「間」が完全に省略されていて、感情が全然動かされない。  3話使った1巻でこれなのに、映画化から逆算して残り4巻をおそらく9話で消化しなくてはならないという絶望。  これだったらいっそ実写ドラマ化して毎週1時間流してもらった方が良かったのでは……。 ...

comment  0
favorite  0
最近の話題 4年前

『青春ブタ野郎はランドセルガールの夢を見ない』感想とアニメ1話のこと

現在私が追っているラノベは青ブタと禁書しかなくて、  10月から両方のアニメが一気に始まるとともに最新刊が同時に出てという個人的に最高のお祭りが先週あったわけですが、とりあえず青ブタの話からします。

アニメ1話『先輩はバニーガール』

 AbemaTVで配信中のほか、Prime Videoでも1話は無料(2話以降有料)なのでいろいろ観れます。まだの方はぜひ。  とはいえまあ……原作既読からするとどうももやもやしてしまいますね。  いろいろ展開早すぎて。アニメにする以上は仕方ないのでしょうけど。  アニメにするにあたって、「生理か?」みたいな作中でパンチのあるシーンばかり拾ってしまった結果、咲太が典型的なイタい中二病みたいになってしまうのも、うーん……という。  ニコニコだとそのへんの無粋で何もわかってないコメントが多すぎて最後まで観れませんでした。AbemaTV最高!  「お前誰?」「人間ですが」というぶっちゃけ原作でも痛々しかったやり取りをさらっと流したり、スタッフ側もそういう感覚は持ち合わせてるようなのが救いですけど、小説では魅力的なやり取りが声と映像で見せられると全然なくなっちゃってるなあと……。  何でもない会話だったり心理描写だったり地の文だったり、そういう細かいところの積み重ねと読者への揺さぶりがこの作品の最大の魅力だと思うので、あんまりアニメ向いてないんじゃないかなあと思いました。  まあでもこれは原作大ファンだからこそ感じる不満であって、アニメから入ったら全然気にならないのかもしれません。  アニメに関しては学校・社会への風刺・問題提起みたいなことを全部捨てて、心理描写の丁寧さも捨てて、  不思議現象を論理で解決するストーリーラインと伏線回収の美しさにフォーカスしようと最初から割り切っているのかもしれません。それでも普通に面白いアニメとしては成立するでしょうし。  でもアニメ気に入った方はその2万倍面白い小説読みましょうね!  

『ランドセルガール』感想

 そんなわけで青ブタ最新刊ランドセルガール。  気づかなかったのですが、いつの間にか文庫版発売日とKindle版発売日がズレなくなったんですね。  8巻は1ヶ月遅れという嫌がらせだったので、8巻9巻だけBook☆Walkerで買っちゃったのですが。  別に2巻くらい買い直すのは良いんですけど、禁書が相変わらずKindle版発売されてない……。  禁書もKindle版配信してくれれば心置きなくBook Walker捨ててKindleに絞れるんですけど。まあでも次から青ブタはKindleでいいかな。  まあそれはそれとして、ここからネタバレです。  小学生の麻衣が登場という前の巻の終わりがどう転ぶかと思ったら、そうではなく、今回は咲太自身の悩みを解決するという方向でした。  ちょうど個人的にも家族のことだったり兄弟のことだったり……まあいろいろあったので、そのあたりも含めてかなり心にくる回でした。人が誰かから必要とされること、必要とすること、必要とされているという確信を得られること。  ラストでは鴨志田先生の、物語的な演出のために勿体ぶらずに作中時間をぶっ飛ばすクセが発動。  Just Because!もさくら荘もそういうところがありましたが、その2つは最終巻の話だったので、今回は特に衝撃。普通だったら絶対引き延ばしそうなのに……。  とはいえ、時間軸としては大きく飛びましたが、8~9巻で張られた伏線や残された謎もいくつかあり、そこに踏み込んでいく話になりそうな気がします。  ……しかしそもそも大学生って「思春期」に含まれるのか?  ひょっとしたらそのあたりもテーマに組み込まれるのかもしれません。「いつ大人になるのか」みたいな話がちらほら出ていましたし。  映画化が発表された原作6巻『ゆめみる少女』と7巻『ハツコイ少女』で物語的にはひと段落していて、それまで張られていた伏線が一通り回収し終えました。正直あとがき読むまで終わるのかなと心配になりました。  7巻から8巻まで1年半空いたのは、Just Becauseだったりで鴨志田先生が忙しかったこともあるのでしょうが、作品スタート時に計画していたネタを出し切ったところで、次の展開をどう組み立てるかを考えていたのではないかと思います。  綺麗に高校生の話として終わらせずに、大学生編を銘打つのは、当然何か考えがあってのことでしょうし、  であれば次巻でいきなり終わることもなく、結構大きな仕掛けがこれから始まるのではないでしょうか。とても楽しみです。 ...

comment  0
favorite  0
最近の話題 4年前

青ブタアニメ、生徒会の周年、アンビバレントなど

青春ブタ野郎 アニメ化情報

 ブログであんまり触れないうちにどんどん進んでいた。だいぶ先の話だと思っていましたが、もう2ヶ月後にはスタートですよ。時間が経つのは早いなあ……。  スタッフ。さすがにいしづか監督リベンジはありませんでしたが、A-1 Picturesの新ブランドということで期待の高さが伝わってくる。声優も豪華だし。楽しみです。  土曜には記念生放送がありました。
「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」第1回ニコ生  しかしまあこの手の声優酷使番組、久々に観ましたけど、10年前のバラエティ番組の劣化みたいな内容ですね……。  いやまあテレビで観るのは一線級のバラエティスタッフで、二流が『ひらがな推し』とか担当して、もっと下の三流がこういう声優ニコ生とかAbemaのアイドル番組とか作ってるんでしょうけど……。あんな無茶振り大喜利させて何がしたいのかというか、あれでちょっと面白い女性声優を「もはや芸人」とか言っちゃうのほんと恥ずかしくて見てられないですね。まあ視聴者も求めてるからWin-Winなんでしょうけど。  まあそれはそれとして、青ブタはかなり変わった設定とストーリーなので、なかなか宣伝しづらい内容だと思いますが、  とにかく最高に面白いことは間違いないので、ブランドでも声優でも何でも頼って一人でも多くの人に届いて刺さればいいなと思っています、  皆さんもぜひ観てください読んでください! [amazon_link asins='4048664875' template='Original']

生徒会の周年

 まさかの新刊。生徒会の一存シリーズは読んでいたので久々に購入しました。 [amazon_link asins='4040727622' template='Original']  全体として面白かった、んですが……もうあまりにも昔すぎて設定をほとんど忘れているのが辛い。  いや、何となくのキャラは覚えているんですが、最終巻で結局どう終わったんだっけ、というのと、あと『新生徒会』がどういう話だったのかが全然思い出せず……。新生徒会だけでも読み直したいし、企業編とかそのへんのことももうぼんやりとしか……。ハヤテとか禁書とかはもう少し覚えてるんだけどなあ。あんまり読み直したりしなかったからか。  Kindleとかでセールされないかなあ……。Kindleで全巻セールされたらまとめ買いしたい作品がたくさんありすぎて困る。ハヤテとか。

最近の楽曲

欅坂46『アンビバレント』

https://www.youtube.com/watch?v=aeM6VF2XOn0  良い曲。サイマジョの次に好きかも。  欅坂のロック・ラップ路線、楽曲とダンスがカッコ良くても歌い方に合ってなくて妙にダサい感じがあったのですが、ようやく克服したように思います。  平手ちゃんの表現力も

でんぱ組.inc『おやすみポラリスさよならパラレルワールド / ギラメタスでんぱスターズ』

https://www.youtube.com/watch?v=7C52Clqg-lM  3月の楽曲ですが、たまたま聴いて好きになったので。  でんぱ組のパブリックイメージからちょっと外れてて、でもピアノメインの電波曲で中毒性たっぷり。 https://www.youtube.com/watch?v=NU9T4t5ge3U  こちらは逆にいわゆるストレートな電波楽曲。ヒャダインさん、すっかり「テレビとポケモンが好きなタレント」として目にすることの方が多くなりましたが、やっぱり作詞のセンスは唯一無二だなあ……と思わされました。

ぜんぶ君のせいだ。『メスゲノムフェノメノン』

https://www.youtube.com/watch?v=K0eHyU68eKU  もう毎回言ってますけどほんとこの歌詞を書ける人が天才。
鏡よ鏡 この世の中 あたしって生き物が宗教 回るよ回る 螺旋型 今こそ瞬間がイチバン 鏡よ鏡 見てただけ♡ 言わなくたってわかってる さいつよ みーつ さいきようだね JP産女子に万歳!
 こういうSNSを題材にした歌詞だと、どうしてもスイーツ(笑)インスタ(笑)みたいに馬鹿にする目線が入りそうですが、徹底的に主観だけで全肯定を貫き通してるのがもはや恐ろしい。 --------------------  宣伝です。先月投稿した「ニコニコ動画新星祭」というメドレーをYouTubeに上げました。 https://www.youtube.com/watch?v=trmGbWomWmU  いや、YouTubeに上げるつもりはなかったのですが、気づいたら勝手に転載されてまして、  しかも、無断転載されてそれが10000再生とかされてたら「広めてくれてありがとう」という気にも多少なりますが、12再生だったので、それが検索結果に表示されるとむしろネガキャンだろという。。。  なのでせめて50再生くらいは超えて転載動画を押し流してほしいので、ぜひこの記事を観た皆さん、1クリックだけして即閉じるだけで良いのでお願いします!笑 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 5年前

無責任

12月になったばっかりという気でいたのですがもう半分終わったんですね。怖い。。。  ちょっとブログ書きまくらないと年末何もできなくなるので頑張ります。 --------------------  最近ずっと悩んでいることがあります。  少し前に、DIGNO rafreがスペック低すぎてPokemon Goがまともに動かないため、iPhone 7に乗り換えたい、防水もおサイフケータイもあるから乗り換えない理由がない、みたいな話をしたと思うのですが。  個人的に「iPhone 7最強説」がちょっと冷めてきまして、  ・防水に関して言えばAndroidの方が安心感はある(ノウハウがあるので)  ・おサイフケータイが付いたと言っても、WAONやnanacoなどに対応していない上、Apple PayはVISAカードに対応していない(ここが最大の問題)  ・防水、おサイフケータイに並ぶガラスマ3大機能の最後の一角「ワンセグ」がiPhoneにない。意外と水曜日のダウンタウンとかネット配信してなくてワンセグ使う場面がある。  ・イヤホンジャックがないの、よく考えたら不便な気がしてきた。充電しながら音楽を聴きたい時もそうだけど、最大の問題は「Surface用とiPhone用で別のイヤホンが必要になる」こと。  ・何だかんだAndroid5年くらい使ってるので、乗り換えるのはちょっと不安。  ・高い。  このあたりの事情が重なってiPhone7絶対欲しい熱がかなり下がってきました。  しかし、Pokemon GOやその他のゲームが重たい問題は何とかしたい。  というわけで今考えているのが、iPad mini 4を買うという選択肢。  iPad mini 4のWi-Fi + Cellularモデルなら、テザリングしなくても問題なく通信もできるし、GPSもジャイロセンサーも付いてる。スペックはそこまで高くないものの、メモリ(RAM)は2GBあるからそうそう落ちないはず。  そして、iPadは元々iPhoneよりかなり安いのですが、iPhone7発表時に値下げが行われお得感が増しております。  しかも、現在auではiPadが15000円ほど割引で買えるキャンペーンをやってて、いろいろ込みで一括40000円程度で買えて、さらに毎月割のおかげで維持費は月1080円程度(3年間)。  データシェアプラン(スマホ+タブレットの合計通信量に制限)とはいえ、格安SIMを別に契約するのと大差ない維持費。現在は月10GBのプランなので、タブレット分で多少通信量が増えてもオーバーはしない。  これはいけるんじゃないか!と思いつつ、なかなか踏ん切りがつかないまま1ヶ月くらい経ってます。  元々ハワイ旅行した時に「あー今iPadあったら凄い便利だろうなあ」と何度か思って、日本に帰ったら買おうと決めてて、しかし帰国したところで改めて考えると別に今後旅行する予定はないのでどうしよう、という。  なかなか決められないので現在の欲しい理由を羅列します。Xbox Oneの時と一緒のやつ!  ・電車の中で使う。スマホでもいいけどiPad miniの適度なサイズは魅力的。  ・家で使う。スマホとSurfaceの中間のサイズのタブレットが欲しいと前から思ってた。Surfaceはタブレットとして使うにはちょっと大きすぎて、ソファに座りながら気軽に……というのができなかった。ノートPCとしてはもちろん最強ですが。  ・自転車での移動中は、iPadを鞄に突っ込んでおいてGO Plusを常時繋いでおく。ジムバトルだけスマホでやればOK。  ・動画を観る。Amazonプライムビデオを活かしきれてないしYouTubeも観たい。  ・単体で通信もテザリングもできるタブレットというのは、つまり2台目のスマホと言っても過言ではなく、それならスマホ用のモバイルバッテリーを家に置いていくことができるので荷物の重量は増えない。  ・逆にBTキーボードを買えば2台目のSurfaceにもできそう。Surfaceの電池が死んだ時に授業プリントのPDF表示やOneNoteでのノート取りをスマホで補うのはとても辛いので、多少補完になれば十分。  ・iOSデバイスを1つ持っておきたい。Webデザイナーとしての確認用もそうだし、今後iOSアプリを作る際のことも考えて。母親はiPhoneなので借りればiPhoneの表示確認はできるから、iPadが加わるのは更にちょうどいい。  これだけ理由が揃ってるのだから買っちゃいたい。明日には買いに行きたい……と思ってます。  逆に躊躇する理由は何かといえば、やっぱり「買ってから要らなかったパターンになるのが怖い」という点だけですね。  特に、普通のノートPCではなくタブレットなSurfaceと、さらに電子書籍専用端末のKindle Paperwhiteを持っているわけで、普通の人よりもiPad miniに求める領域が少ないという……。なのでかなりスマホに近い使い方になるような気がします。 -------------------- 最近のこと。

Pokémon GOに新ポケモン追加

 ついに来ました! 来ました、が……一部の進化前ポケモンに限られるという微妙な感じ。そこ出し渋るのかー……みたいな。  ここまで引っ張って置いてぬるっと少しずつ追加していくのは、ちょっと盛り上がりに欠けるなあというところも。  どうせなら100匹ごそっと追加の方がお祭り感あったと思うんですけどねー。「ジョウトに思い入れのあるポケモンがいるから、その子が追加されたら復帰したい」みたいな人の中には、微妙に復帰のタイミングを見失っちゃった人もそれなりにいそう。  そして今のシステムでジョウトのポケモンを追加した場合に生じる様々な問題(エビワラー・サワムラーのアメ問題、ニョロゾ・クサイハナ・イーブイの分岐進化条件問題など)の解決を先延ばしにする形の実装なので、今後どうするんだろうという不安はあります。  まあ何だかんだ言っても続ける気ではいます。さすがにちょっと目的なくなってきたところはありますが、そもそも移動中にやるので邪魔にならないんですよね。ただ、これ以上寒くなったらちょっとジムバトルは厳しいかなあという気がしています。  ちなみにサンムーンはマジで全然進んでないです。やること多すぎる……。  サンムーン、シナリオ面の評価が高いのは聞き及んでいるものの、システム面でいろいろ変わりすぎてて面倒という……逆に最近ポケモンやってなかった人には関係ないのでしょうけど……。   『IKI』感想の補足とコメント返し  まあ前回の記事でガッツリ書いたので、書ききれなかった小ネタ。    ・『KOTONOHA』の最初のオープンハイハット4つ打ちは『テレキャスター・ストライプ』と丸被りしてて混乱する。あんなの被らない方がおかしいとは思いますけど、最初の音まで一緒なのが困る。  ・『doppel』はわざわざゲスト呼ばなくても打ち込みで良かったのでは?イントロがむしろ不安定な感じがした。個人的に打ち込みピアノの方が好みというのもあると思いますが。  ・というか極論全部打ち込みの方が好きです。
前回の記事のM-1の話の「構造で既に面白いものが好き」という話と同じで、「作品には再現性があるべき」だと思ってます。偶然に左右されない形で構成されてほしい。  ・それはそれとして、ゲストアーティストに参加してもらうという選択肢がヒトリエに加わったのは素直にプラスだと思う。場合によってはライブでの表現の幅も広がるし。最終的に「ヒトリエ feat. 初音ミク」とかやってくれるといろいろな人が満足すると思う。    あとコメント来てました。結構強めにdisったのと、割と主観強めの意見だったから怒られるかと思ったけどそんなことなくてホッとしました。 >泉無地さん  どの曲のどんな歌詞が突き刺さるかって本当に人それぞれだし、その人がその時に置かれているシチュエーション次第で感じ方が全然違うから面白いですよね。  私は『daydreamer(s)』の歌詞が好きで、それは「自分自身の全部を見せたい」という思いを最近ずっと抱えてて、こういうブログをやってることもそうだし、プライベートでもそうで、「本音を言い過ぎて余計な軋轢を生む」みたいな経験がしょっちゅうあって、その悩みなんですけど、その個人的な感覚にピタリとハマらなかったら別に何とも思わない歌詞です。  でも時々それがピタリと自分の心を言い表してくれたかのように感じる瞬間があって、それが多いほど感覚が近いアーティストなのだと思います。きっと。  受験は……何とも言えないですね。私は結果的に凄い楽な乗り越え方をしてしまったけど、でも受験直前は凄い大変だったし。当時の(2013年後半あたりの)ブログとか読むと凄い息苦しさが垣間見えます。  うちの弟も高校受験控えてて大変そうです。まあそれを言ったら私も就活なんですが……。頑張ってください。月並みなことしか言えませんが、客観的な偏差値がどうこうではなく、本人にとって納得の行く結果が得られることを祈っています。  それにしても、以前にコメントしてくださった方が久々にコメントしてくれると、「まだ見放されてなかったんだ」という安心を覚えられてありがたいです。もちろん、どんな人からのコメントも嬉しいのですが。石左信者以外なら。  

『青春ブタ野郎はハツコイ少女の夢を見ない』

 ようやく!!kindle版が出ました。2ヶ月は長い……。今後は文庫本と両方買った方が良いのだろうか。  最高でした。ぶっちゃけ何を語ってもネタバレ感あるのですが、本当に良い作品です。  『さくら荘』も良かったけど、今シリーズはそれ以上。  そしてシリーズ完結なのかという不安もありましたが、まだ続くようで、次巻から新展開だそうです。良かった。人生の楽しみの1つだ。  何度も言ってるように、タイトルがあまりにもラノベラノベしてて買いづらいのはわかります、私もそうでした。でも、それで敬遠するのは勿体なさすぎる、高校生の青春モノとしては最高傑作の1つだと思いますので、ぜひ読んでみてください。  あと、こんなものも出てます。  電波ソングでおなじみMOSAIC.WAVとのコラボ。イメージソング集という扱いで、どの曲も各ヒロインをフィーチャーしつつ原作に忠実な世界観となっています。  iTunes配信なし、試聴できない、しかも5曲で2100円という微妙に高い値段で、ずっと躊躇してましたが、  最新刊があまりに良すぎたのでこの作品に少しでもお金を出すべきだと自分に言い聞かせて購入しました。でもせめてインスト版も収録してほしかった……。  どの曲も良いです。個人的に2曲目の「Get back me!!」、3曲目の「なして同じ朝を繰り返すと!?」が好み。特に3曲目、タイトルでもわかるように博多弁を前面に出してて、それがとっても可愛いことになってます。もしアニメ化されたら声優さんにカバーしてほしいですね。   ...

comment  0
favorite  0