ひとりごと 7年前

日常的

  長期休みのたびに言ってることなんでそろそろ飽きられてるとは思いますが、  春休みは時間があっても話題がないのでブログの更新はむしろ減るのです。これが真理。  人によってはこの機会にディズニーランドだのUSJだの行って思い出を作っているのかもしれませんが、  ここ数か月、私が友人と行く先は100%サイゼリヤなので何の思い出も生まれません。ペペロンチーノ美味しい。  --------------------  最近私が激ハマりしている声優・伊藤美来さんがついにソロラジデビューです。ラジオというかUstreamの生放送。  伊藤美来のなんでもない日ばんざい  かわいい。かわいい。  かわいい!!  何度でも観たくなるかわいさです。天使です。  あとStylipSのニューシングルのカップリングで本人名義のソロ曲も歌ってます。    元気の出る曲です。iTunesで買いました。 --------------------  3.11です。  4年前はちょうど中学卒業式だったので、電車が完全に止まりそのまま母親と中学校で一晩過ごしました。なかなか印象深い記憶です。  当然ながら布団が足りなくてほぼ寝れなかったし、そんな中で気仙沼が火の海と化してる動画をYouTubeで観たりして、あの夜は本当に異質な空気でした。  復興もだいぶ進んでいるとは思うんだけど、その一方で、4年の時を挟んで振り返ると、3.11は日本全体から見ると、あんまり社会を変えたりはしなかったのかなあ、とも。  結局原発もなくなりそうもないですしね。  現代日本って何から何まで閉塞感の塊みたいな状態だと思ってるんですけど、あの震災でもやっぱりそれは変わらなかったし、次は2020がその役割を期待されているけどたぶんそんなに変わらないんじゃないかなぁという気がしています。 --------------------  明日から旅行です。  高校の時の友人と、1年越しの卒業旅行みたいな。いろいろあるのです。  かばんの中にはWiiU一式が入っていてめっちゃ重いです。  そんなタイミングでこんな時間に更新しているあたり何かがおかしいのですが…。 ...

comment  0
favorite  0
映画・音楽・小説の感想 7年前

オールナイトろこどる

1つ前の記事で「明日も更新します」とか言っちゃっておきながら3日間更新しなかったことはいったん置いておきましょう。  いやね、いろいろ書くことあるなーと思ってたんですけど冷静になってみるとあんまりなかったことに、そもそも学校とかその他作業が忙しくてそれどころじゃなかったのが入り混じりまして、こんな感じに。  --------------------  昨日はろこどるスタッフによるオールナイトトークショーの第2弾でした。  当初の予定時刻を大幅にオーバーし、終了が朝6時半という凄まじいイベントでした。終わって外に出たら空が明るかった。  相変わらず制作陣とファンの強いろこどる愛を感じられる空間で楽しかったです。  今後の展開もいろいろあるようで、うまく繋がっていってくれればなーと願うばかり。  とりあえずろこどるBlu-ray&DVDの7巻は買おうかなと思っています。特典も豪華だし、ライブも行ってみたいし。  --------------------  何とかあと1週間で今学期、というか1年生の授業が全て終わるあたりまで来ました。まあ期末試験とかはありますが。  この1年、ちゃんと実になることができていたかはわかりませんが、割と充実した1年だったような気はします。  2年次には短期留学も控えているし、いろいろ挑戦していきたいなーと。  で、プライベートはそういう感じで割と満足いってる一年だったのですが、インターネットとの付き合い方には思うところもあり、  もう少しいろいろ試してみたいところです。  このブログに関することでもいろいろ試行錯誤してみようと思っていますので、ぜひお付き合いいただけたらありがたいです。  あ、とりあえずそのお試しなのか知りませんがスマホデザインの色を変更しました。  PCデザインの方が気に入ってはいますが、一度確認していただけたら、とか。  ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 7年前

ワンダーなワールド

たぶんUSJ行ったあたりからだと思うんですけど、最近ほんとに疲れが溜まっていて、  電車の中とか授業中とか、今までなら全然起きてられてたレベルの時間で隙あらば眠りに落ちてしまいます。いや授業はダメなんですけど。  しかし明日さえ乗り切れば土日で休める…と言いたいところなのですが、  すっかり忘れてたんですけど今週の土曜にヒトリエのワンマンツアーの東京公演があって、  私自身はチケット買わなかったんですけど知り合いでチケット余らせてた人がいたんで、それなら買いますよーって流れで行くことになりました。  決して自分から行きたがったわけじゃないからな!ヒトリエには冷めたまんまだからな!(ツンデレ)  いやでも、ここ最近ヒトリエに関しては自分でハードル上げすぎてた感は否めないんで、期待してないワンマンライブでいい感じにテンション上がってくれたらいいなーって思ってます。  --------------------  昨日Nintendo Directありましたねー。  この1年半ダイレクトを支えていたスマブラの参戦ムービーがないとパンチが弱く感じちゃいますね。ここはやはり一刻も早くDLCを!具体的にはディクシーを!  という念仏は置いといて、スプラトゥーンの新情報は嬉しいけど発売5月か…春休みにやりたかった…。  ムジュラの仮面はまず時のオカリナが最後までクリアできずに挫折してる人間としては手を出しても何もできる気がしません。ループものとか雰囲気は楽しそうなんですけどね。  あとミニマリオ、結構初期のDS版だけやったことあって、一時期ハマったものの新作は遊んでなかったのですが、  3DS版とWiiU版どちらか買うともう片方がついてくるシステム素晴らしいですね。あれで4000円なら買う価値あると思います。   3DSだとリズム天国とかミクmiraiDXとか気になりますけど、値段と収録内容次第かなー。リズム天国、wii版しかやったことないけどDLプレイあるのかな。  あとはポケトル…一応やってみようとは思ってますけど、スタミナ課金はちょっと一線超えちゃった感が。  ゼノブレはNewもクロスもお金と時間の余裕次第ですね…。  今のままだとゼノブレクラスのRPG終わらせられる気がしない。去年4月のドラクエ7でさえかなり苦しかったし。  大学に入ったら暇で暇で仕方なくなるという俗説を聞いて育ってきたのですが、今のところ暇になる気配がありません。絶対中学高校の方が時間あったって…。  --------------------  大学繋がりで、1つ個人的に大きなニュースですけど、  今年の夏に短期留学行くことになりました。  いやここからの半年で参加費滞納とか不祥事起こしたりだとかで取り消される可能性もありますけども。  行き先はカナダの大学です。6週間。  英語も心配なんですけどそれ以上にコミュニケーション能力の欠如が大きな問題でして、気づいたら毎日ブログ更新してるかもしれないです。  正直、現地の人たちと交流する以上に、同じ留学プログラムに参加する同級生とどう交流するかで頭を悩ませています。  ……いや、これだけいうとなんで参加したの感が半端ないし、実際留学が差し迫ったら不安と憂鬱で押しつぶされるのは目に見えてるんですけども、  やっぱり、せっかくの大学なんで、できる限り多くの経験を積んでおきたいし、  自分の世界を広げるまたとないチャンスだと思うのですね。  中3の時に学校のプログラムでアメリカ行った時は、まああれはあれで貴重な経験だったんですけど、最終的にクラスの人とのホテルでの下ネタ雑談しか記憶に残ってないですし。  もう一度海外に行っておくべきかなあと。将来のためにも、それ以前に打算的なことを抜きにした自分の成長のためにも。  …あ、ちなみに何でカナダなのかという話ですが、  選択肢にあったアメリカとかイギリスの大学は週末に3食自炊だったりホームステイ体験がプログラムに含まれていたからです。消去法です。  もちろんカナダ自体にも魅力を感じたというのもありますけどね。  --------------------  ブログ右側のサイドバーにTwitterのリンク貼りました。  今のところグリマスとユリ熊嵐とダイレクトの話しかしてませんが、まあ興味のある方は時々見てみてください。  結局高校の時の友人とかもフォローしたんで、よくわからない空リプ飛ばしてたりもするかもしれませんが。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 7年前

ユリクマ

学校が始まってしまいました。  初日からエッセイ提出&1限登校とかいう地獄を見たせいで今はクソ眠いのですが明日は明日で小テストがあったりしてしばらく死にかけの日々です。  しかし今週乗り切れば3連休…と思いきや、  なんとこの3連休を使って家族でUSJに行く予定があるのです。  年始からなんというハードなスケジュール!死んじゃう!  次の火曜日は休んでしまおうかと思いつつたぶん行くだろうな…。 --------------------  TOKYO-MXで『ユリ熊嵐』の1話を観ました。  「輪るピングドラム」「少女革命ウテナ」などでおなじみ幾原監督のオリジナルアニメ最新作です。  1話からびっくりするほどぶっ飛んでいます。わけわからないです。  女の子の裸とか百合シーンてんこ盛りだし、開始1分でクマ警報だの断絶の壁だの小惑星クマリアだの…もうとにかくイクニワールド全開です。  ただピングドラムに比べるとテーマは若干わかりやすい気もするので、ぜひ一度観てほしいなと思います。  BS11でも水曜深夜にやってるので、MX見逃した方も全然間に合います。あの濃厚な世界観は一度チャレンジする価値はあると思いますよ。    私自身は輪るピングドラムに放送当時どハマりした人で、このブログの紹介文はピンドラに由来しています。  紹介文とは?ページの一番上、タイトルの下に書いてある、「生きるってことは、罰なんだね」というやつです。  とにかく印象的な演出・台詞回しが素晴らしいので。感化されたいです。  今期は他にミルキィやシンデレラガールズなどなど期待できる作品が結構あるのですが、本数としては前期より減ると思います。夏・秋の週10本はやはり無理があった。  --------------------  「まにあいます」を変換したら「間にアイマス」って出てきてちょっとヤバいなと思いました。  アイマス別にそんなハマってるわけじゃないんですよ。ミリマスめっちゃマメに営業と劇場仕事してるだけで…。  --------------------  あ、そうそう、最近言いまくってるメドレーの話ですが、1月8日に公開します。その時はたぶんリンクも貼るのでよろしくお願いしますね。 ...

comment  0
favorite  0
映画・音楽・小説の感想 8年前

マネキン・イン・ザ・パークで見えたもの

昨日4月18日は、  ヒトリエの初ワンマンツアー「マネキン・イン・ザ・パーク」東京ファイナルでした。    私も行ってきました。LIQUIDROOM。    素晴らしかったです。      歌や演奏は当然として、MCがかなり上手くなっていたというか、    初ワンマンの頃の「手探り感」がなくなって、シノダメイン時々wowaka、みたいなものが確立されていて、ちゃんと楽しませてくれたというと上から目線みたいで嫌なのですが、そういう風になっていました。      アンコール後のwowakaさん、泣いてたのか泣いてないのかよく見えませんでしたが、  1200人ものキャパを満員にしてなお「ヒトリエはこんなところで終わるバンドじゃない」と言い放ったのがとても印象的で。    それは、ボカロP時代にあれだけのヒットを連発しながら、  「どうしても曲に集まるリスナーや人気、コメントや声に、ちょっと自分と乖離していく感覚があった」ことを理由にボカロから自分の声に戻って活動したwowakaさんが、    自分の曲に集まる人気に対する実感を完全に得たことの実証であって、  この場所はヒトリエとしてはもちろん一つの通過点にすぎないのだろうけど、でもそれは一つの到達点なのだと思いました。    --------------------    ええと、なんというか、とりあえず  前半はいいことだけを書こうと思ったのですが、何となく皮肉めいた感じが出てしまいました。    ということで本題、悪いことを書きたいと思います。ごめんなさい。      今回のワンマンライブで、私が強く感じたことは、    「ヒトリエはもう完成してしまったのではないか」        今回のワンマンライブ、今までのワンマンとは違って、未発表曲が1つもありませんでした。    hitori-escape(2013年4月)の時はnon-fiction e.p.の3曲が。    hitori-escape:非日常渋谷編(2013年11月)の時はセンスレス・ワンダー、アンチテーゼ・ジャンクガール、生きたがりの娘(仮題:mixture)が。    あって、「なんだこの知らない曲!?」という盛り上がりがあって、  今回もそれを若干期待していたのですが、残念ながらそれはありませんでした。    もちろん、前回のワンマン後に10曲発表しているんで、それだけでいっぱいいっぱいなのはわかった上で、なのですが・・・    そういえば新曲では唯一『さらってほしいの』やってないですね。他の会場ではやったのかな?        私自身、初めて行ったライブが企画ツーマン「その少女、おひとりさま」で、  「ドキ生R」「hitori-escape」「hitori-escape渋谷」と、  ヒトリエのライブには5回目で、こちら側が慣れてきた面は多分にあると思うのですが、    その上で、その上を行くような新鮮さとか、驚きとか、予想を裏切ってくれる感じが、思ったようにはなくて、ちょっとガッカリしました。    昨日一番驚かされたのが3曲目の「ワールズエンド・ダンスホール」で、  11月のワンマンではボカロ曲は8曲目までやらなかったので、    「ボカロ曲は来ても中盤~終盤、ヒトリエ曲増えたから最悪ゼロもあり得るな」くらいの覚悟で行ったので、いきなりワールズが来たのは嬉しいサプライズでした。      ・・・あとは、概ね予定調和というか、想像の範疇というか・・・    2ndシングル発表とか来るかなとちょっと期待してたんですけどね。早いけど。        『次はボカロ曲が来るのか、オリジナル曲が来るのか、新曲が来るのか』というところから含めて、    初めてヒトリエライブ行った時に感じた、「先の見えないワクワク、底知れないドキドキ」のようなものは、  今回のワンマンではほとんど失われていたというか、    まあ毎回ライブにそんなものを求めるなって話なんですけど。      もちろん、どのバンドにしてもライブというのはそういうものだろうし、  そうなるのが正しいのだと思うのですが、    老害とか古参気取りとか言われるのを承知の上で、    「ヒトリエはいま一番カッコいい、見た人を一発で虜にする最強の単なるロックバンド」になったのだと言いたい。        それは決して貶めているわけではなくて、正しく成長し続けていて。    ただ、今までの手探り感というか、試行錯誤感というか、  良くも悪くも「これからどうなるんだろう」という期待、「これから何でもやってやる」という貪欲さ、は、もうすでに過去のものとして、    ここからは確立された「ヒトリエスタイル」を真っ直ぐ進んでいくバンドになるんじゃないかなあと思いました。        なんというか、ヒトリエのライブの完成形が昨日だった、というよりは、    「hitori-escapeの時からの進化があまり感じられなかった」というか。  そのブラッシュアップに徹していた感じ。    もちろん完成度は相当高くて、「ロックバンド好き」からしたらこれ以上ないものだったのかなあとか思うのですが。RO69だとベタ褒めですし。      今まで常に新しい景色を見せてくれただけに、「真っ当にhitori-escapeを進化させたらまぁこうなるよね」みたいなとこでとどまってたのは残念だったな、という個人的な感想です。            私自身はwowakaファン・ヒトリエファンであることに変わりないんで、これからもCDとか出たら買うし、応援するつもりではあるのですが。      ライブはどうしようかな、と迷っている状態です。    行かなくてもだいたいわかってしまう状態になると、何となく冷めてしまうというか。      ・・・といいつつ、ワンマンなんて年1回か2回でしょうから、半年もすれば普通にまた行きたくなってる気もしますが。        あ、最後にこれだけは言っておきたいのですが、ヒトリエのライブは本当に素晴らしいし最高に格好いいので行く価値は絶対にあります。私も行ったことを後悔してるわけでは決してありません。それだけは強調。        改めてヒトリエの皆さん・関係者の方々・そしてヒトリエファン全員、ワンマンツアーお疲れ様でした!        最後に、    何かの間違いでシノダさんがレビュー巡りでここに来ることがあるかもしれないので書いておきますが、    ボカロカバーの音源化早くしてください。よろしくお願いします。    あらいやかしことのツーマンの時にwowakaさんに直接頼んだしセンスレス・イマジナリー連動特典のアンケートにも書いたのに全くやる気配がないので多分やりたくないことは想像つきますが私はどうしてもあのキーが半音下がったワールズエンドダンスホールをiPodで聴きたいのでよろしくお願いします。 ...

comment  1
favorite  0
ひとりごと 8年前

今さら7

書くネタがそこそこ溜まっているので軽く消化していきます。大学は、なぜか授業がまだ始まっていないです。延々オリエンテーションです。明日からいよいよ授業なので気を引き締めていきたいです。--------------------授業の予復習もないのに通学は往復4時間かかり、その間やることがなく、かといってグリマスやニコニコやってると電池が死ぬので、暇潰しに「ドラゴンクエスト7」を買いました。中古箱なしで1600円。なかなかお得。ただ、正直なところ、そこまで面白くない…。個人的にドラクエは4と5が大好きで、PS持ってない関係で7は初プレイなのですが、ああいう天空シリーズのテイストを期待すると結構ガッカリしますね。冒険感の欠片もない細切れのお使いゲーで、その割に移動が結構面倒(異世界ではルーラ使えない、船の移動だけランダムエンカウント、ダンジョン内にイベントでもなく普通に落ちてる石板を集めてないと次に進めないなど)で、3Dカメラの変な挙動と相まって冒険以外の部分でイライラします。LR同時押しで180度超えて回転するのとか、壁にぶつかると壁にズームして主人公が見えなくなるの、DS時代はなかった気がするんだけど…。単純に難度が高いというよりは、他のシリーズより不親切な設計という印象。これでもリメイク前よりは改善されてるらしいですが。ストーリーは、割と現代的な恋愛話とかあって新鮮ではあるのですが、ボスを倒すことすらなく町の中だけで完結するストーリーが時々あって、それは本当に「ただお使いのために走り回ってるだけ」という感じがしてなんだか虚しい。同じダンジョン2回行かされるのとかも苦痛が……町なんかは過去と未来で変化あってまあまあ楽しいんだけど、ダンジョンは大して変化ない場合も多いし。そして悪名高いアイツの離脱は…うん、離脱することを知ってたので「ああ、これは来るな」と思っていましたが、確かにクズい…使命投げ出したも同然だもんなあ…。あれが普通の家の子どもだったり、5のヘンリーみたいに弟がいればまだしも。あ、なんか愚痴ばっかりになってますね。ただマリベルのストレートなツンデレとかいい感じですよ。仲間の会話パターンものすごく省略されてるけど。フローラはもっとモブキャラのセリフに反応してくれたのに!ピザ屋手抜いてるだろ!って思っちゃいました。あれ、フォローに入るつもりがデメリットしか出てこない…。えーと、戦闘とかは普通にさすがドラクエって感じで楽しいです。ただパーティーのメンバーがなかなか増えないから編成の楽しみがなくて残念。馬車とか今作は出ないのかなあ…。3人固定だと転職する気にもなれないし。転職システムあるのかまだわかってないけど。えーと、とりあえず、ぶっちゃけフルプライスで買うのはオススメしませんがAmazonだと半額なのでそのくらいの価値はあると思います。ただこれやるなら4か5やった方が絶対面白いと思います個人的には。ああ5またやりたくなってきた。ちょうど1年前にもMOTHER2クリア直後にRPGやりたくなって5やったのに、またやりたくなってくる…。ちょうど小学校の時にやってたので思い出補正もあるんでしょうけど、ドラクエ5はやっぱり名作です。RPGの中でも一番好き。そうそう、7ってBGMもあんま好みじゃないんですよね。特に城のBGM、最初の1小節が5の城BGMに似てるせいでメロディーに違和感が…。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 8年前

僕の初恋の向こう側

書くことが貯まっているのにサボっているので少しずつ消化していきたいと思います。日常系ブログからいつの間にかレビュー系ブログになっているのは多分気のせいです。--------------------アイドルマスターの映画「輝きの向こう側へ」を、少し前の話なのですが2回目観に行ったのです。で、改めて、この話に対して思うことがあったので頑張って言語化します。1回目はアニマスを3年前に観たなあ、程度の知識で行ったのに対して、2回目はグリマスに割とハマった上で劇場に足を運んだので、自然とダンサー組、特に推しアイドルである志保に感情移入して観てしまうわけですが、そうなると、この話の構造が「ダンサー組の『輝きの向こう側』の捉え方を先輩方が無理やり統一する話」に見えてしまったのですね。可奈がレッスンサボり始めた結構早い段階で「これどうせ可奈の家に行くんだろ、さっさと行けよ」と思っていたのに、春香がなかなかそうせず、そのくせ可奈を切る選択肢は拒否するしでどう見てもリーダー失格だろと感じてしまったのです。だから志保の「なんであなたがリーダーなんですか」という発言は100%正論だと思うし、その言葉は「なんで可奈を見捨てないんですか」という意味では決してなくて、「なんでリーダーの癖に何にもしてないんですか」という非難だろうと。本番まであまり時間がない中、ダンス苦手な志保が頑張って追いつこうとしている、にも関わらず何人でフォーメーション合わせればいいのかすらはっきりしない、そういう焦燥感に対して、伊織が「あの子はちゃんと答えを出してくるから」とかカッコよく言っても、「春香の中ではとっくに答え出てるのに動いてないだけだろ」という感じで、そのイライラが募るというか、志保にとって「本番まで時間がない」のと同様、私の目線は「映画の尺がどんどん減っていく」なので、時間稼ぎなのか何なのか知らないけど春香が悩むシーンが長すぎて、合宿までは良かったのになあって思いました。で、何がムカつくって、ライブ自体は成功しちゃう春香さんのスター性ですよ。元々一番遅れてた可奈がレッスンサボった上に、家でこっそり猛練習してた的な展開もなく激太りしやがって、ダイエットとレッスンの両立とかそんな簡単に行くわけねーだろ!っていう。しかも春香が千早に話していた「練習辛いメール送ってくる」というエピソードがまた地味にイラっとくる。そこはせめて心入れ換えとけよ!なんというか、この話をアリーナ下見の際に志保本人が言ったような「アリーナライブという意味をダンサー組はちゃんと理解してなかった」という、『志保ちゃんもっと大人になれよ』的にまとめるのはあまりに理不尽というか、もっと春香も痛い目見ろよという後味の悪さが残りました。グリマスの可奈は好きなんですけどね。ムビマスの可奈は正直好きになれる要素がないというか。それを言うと1回目観た時は志保もあんまり好きではなかったのですが、そもそも映画の構成として志保は悪役ポジに追いやられてるんで仕方ないですね。いわゆるAS組がアニマス時点で成長しきってる感があるので、話を広げるにはシアター組にああいう役回りを割り振る必要があったと思うのですが、それならそれでもうちょっと「文句なしで閣下に賛成できるストーリー」はなかったのかなあ……と思ってしまいました。--------------------3日前?の夜にテレビで放送されていた「僕の初恋をキミに捧ぐ」を観ました。こちらは何も言うことがありません。ただただああいう青春を送りたかったという気持ちでいっぱいです。子どもの頃に幼馴染と婚約したかった。保健室でこっそりイチャイチャしたかった。真夜中に校内デートしたかった。弓道場でセックスしてみたかった。……あれ、こんだけ経験できたなら主人公死んでも文句言えなくね?と言いつつ、結末はまあその設定ならそうなるよな、というものではあるのですが、ストーリーは意外と予想を裏切ってきて、少しは感動しました。たぶん原作は連載漫画だからもっとどうでもいいエピソードが多いと思うので、それが圧縮された分「人が出てきては死ぬなあ」みたいな感じはしないでもないのですが、あのくらいの密度の方がまどマギみたいな展開でくるものはありました。とりあえず多少気になった方はYouTubeに丸ごと上がってるので観るといいと思います。 ...

comment  0
favorite  0