ひとりごと 5か月前

Living

6月になりました。なりましたというか終わりますね。 --------------------  先月末、いろんなライブに行ってました。もう1ヶ月前ですが……。  まずダウ90000単独『10000』。ついに生でダウ90000を観れて嬉しかったです。  6本のコントは多彩な切り口で言うまでもなく面白かったのですが、個人的な好みとしては演劇の方が好きかもなーとも。  これはさらばの単独を配信で観た時にも感じたのですが、どうしても<1~2分のフリから8分程度の笑い>というパッケージが繰り返されるので、そこで一度ぶつ切りになってしまう感覚があり、  一方でダウ90000は1本のコントごとに全然違う世界観!というわけでもないので。いや、今のダウ90000で観たいのは蓮見さんの純度100%の笑いなので変に作風を変えてほしいとは全然思わないのですが、  1つの世界観で70分くらい面白い会話がずっと持続し続ける『旅館じゃないんだから』『ずっと正月』という怪物級の傑作を観せつけられた後だと、それと比較すると物足りないというか、いや贅沢すぎるんですけど。そんな感じでした。  あ、あと、これを言うと演劇好きな人から怒られると思うんですけど、意外と生で観るより配信で観る方が好きかもしれないなと思いました。  なんというか、劇場のサイズの問題かもしれないですが、割と近い距離で演じてる人がいると、急にミスするんじゃないかとか、自分の携帯が急に鳴っちゃったらどうしようとか、そういう変な心配が出てしまってコンテンツに集中できないというか……w  仕切られていない同じ空間にいることの不安がありました。ほんとに生身のコンテンツを鑑賞するのに向いてないですね。  その3日後にlyrical school『L.S.』柏公演。現体制終了のアナウンスが出てすぐに、直近の関東圏のライブを探して行きました。  リリスクほんとに3年ぶりとかだったしもうちゃんと知ってる曲も半分くらいないレベルだったんですけど、楽しかったです。やっぱりメンバーのパフォーマンスはどんどんレベルアップしているしhinakoさんは可愛い。  ただまあこれは仕方ないのですが、ケチャとか合いの手とかがないのは寂しいなーとも思いました。こんな曲だっけ?となる曲すらあった。  でも終わった後の5ショット写メとか2ショットチェキとか撮れたのは楽しかったです。一応覚えてもらっていてびっくり。日比谷野音もさすがに行こうかな。  そして5/30のヒトリエ『HITORI-ESCAPE』。こちらもリアルで行くのは3年ぶり。3年前もLIQUIDROOMだったな。  モッシュとか声出しがないのが寂しいなーと感じつつ、思ったよりは楽しめました。しかし2日目の方がセトリ良かったのでそっちに行きたかった感も。  『風、花』のカップリング『Undo』もかなり良かったので、新アルバム『Pharmacy』も楽しみです。 --------------------  あ、あとライブではないですが映画『ハケンアニメ!』も観ました。佐久間P筆頭にいろんな方が勧められていたのと、登場人物のモデルが幾原監督という話を聞いて原作から存在だけは知っていたので。  けどまあ手放しでオススメできるものでもなかったかなーというのが正直なところ。前半の展開が相当しんどくてたぶん家でプライムビデオで観てたら途中で止めてブチギレてたと思うのですが、我慢していたら後半で急に気持ちよい展開になってトータル良い映画だったーとなる感じでした。……ということはかなり良い映画なのか??  これから観る方は、アニメ業界を忠実に描くことよりも働くことそのものをテーマに置いた作品である、というのは事前に構えていた方が良いかも。「覇権アニメ」という言葉の意味がポジティブに改変されすぎてるとか、視聴率が絶対的な指標になっているので年代がはっきりしないとか、そういう違和感はあるんですけど、そこはファンタジーとして割り切るしかないと思います。お仕事作品なんてどこかでデフォルメが必要なのはそうだろうとも思うし。  それとは別に個人的にあんまり刺さらなかったのは、今いる自分の会社に良い人しかいなさすぎるせいかなと思いました。良い人というかちゃんと仕事をしてくれる人というか。  適切なコミュニケーションを取って信頼関係を築くことも仕事の一環だと理解している人しか周りにいないので、「価値観の違いから主人公と揉めるけど実は裏では良い人だったことが後でわかる」みたいなストーリー展開を見ると、「いや、良い人だとしてもその価値観の違いをきちんと事前に説明するコミュニケーションを怠るなよ」という疑問を持ってしまう。価値観を仕事に持ち込んでる時点で非があるでしょう、という。それは私自身も日々反省しているのですが。  とはいえ現実世界がそんな人ばかりではないとも思うので、ほんとに今の会社の居心地の良さに浸かりきってこの先で転職とかしてやっていけるのかな……みたいな気持ちにもなりました。 -------------------- AuDee CONNECT・水曜日【蓮見翔(ダウ90000)・紗倉まな】|蓮見翔|紗倉まな|AuDee(オーディー)  4月から始まったラジオ、AuDee CONNECT水曜日の、蓮見翔×紗倉まなのラジオがかなり面白いです。  何となくタイミングを逃して開始当初は聴けてなくて、先週から聴き始めたのですが、かなり良いです。初回から聴けばよかった……。  紗倉さんも小説やエッセイ執筆といったクリエイターの面も持っていて、価値観の一致する部分と異なる部分が適度に噛み合いつつ、当然どちらも喋れてパーソナリティー経験もあるので会話のテンポも良い。そして蓮見さんの高すぎるワードセンスから繰り出されるツッコミがしっかりと笑いを作ってくれる。『ヨブンのこと』が好きだった人に刺さるタイプのラジオでもあると思います。  朝井加藤ANN0、ヨブンのこと、YOASOBI ANNX、男女ペアのラジオって独特の面白さがあって好きなんですよね。そもそも男女の1対1の会話って同性のそれと比べても覗き見る機会が圧倒的に少ないし、特に自分にそういう距離感で会話する異性の友人がほぼいないからこそ新鮮で面白いというか。  ちなみにAuDeeCONNECT水は、ジングルにヒトリエの『シャッタードール』が使われているのも推しポイント。このタイミングでジングルにヒトリエを使うの、どう考えてもヒトリエを知ってほしいという思いを持ったスタッフがいるはずなので嬉しい。  YouTubeで毎週更新されている『ダウ9000090000000』も毎週観てます。  普段の回は公民館で収録されていて音質的に聴きづらい部分があるのですが、公開収録の回は声も聴きやすく、エピソードもダウンタウンDXでの事件を筆頭にインパクトのある話が多くて、オススメの回でした。  何よりも観客がいることでメンバーもノっているのが良かったです。別にトークが武器のメンバーではないのでやっぱり観客がいない中で話すの難しいだろうな、と改めて。  それにしても蓮見さんのツッコミの瞬発力と精度、あまりにも凄すぎる。はすまなでもそうですけど、そもそもの才能に加えてラジオ好きだけあって引き出しも豊富なので「面白いラジオ」をちゃんと作ってくれる。 --------------------  YouTubeでいうと『NOBROCKドキュメント』も面白かったです。  青春高校の元メンバーが佐久間Pにプロデュースをお願いするところから始まるんですが、本当に驚くほどグダグダというか、しっかりした目標も将来やりたいことも描けてないし佐久間Pにお願いした理由もふわっとしてるし他人の時間を割いてもらうことへの想像力も足りてないし佐久間Pに支払うお金の話もしないしいろいろとマジかって感じなんですが、  でも普通の20歳前後の子ってこんなもんだよなというか、同じ年齢で覚悟決め終わってる坂道のセンターとかが異常なだけで、就活の時の自分とかと比べたら、やりたいこととか将来像とかを考えるための材料が足りてなさすぎて社会人から見たらあまりにも欠如したものしかアウトプットできないというか。  そもそも『青春高校』がそういう普通の子をあえてピックして芸人と絡ませることでの化学反応を楽しんだ番組でもあるので、卒業後もそういう形になるのは当たり前だし、そしてそういう普通の子に常設劇場を作ってアイドルなどの活動をさせて、という中途半端な甘い夢を見せて人生を歪ませてしまったことへの責任感も(動画内では語られていないので邪推ですが)佐久間Pの中には多少あるんじゃないかなあ……とも。  そして、これが『青春高校』の枠で起きた事件だったら、5人を説教して頑張らせる茶番だったと思うんですけど、佐久間Pは『ずるい仕事術』の中でも語っているように、人を頭ごなしに怒ったり何かを強制したり、という方向性ではないマネジメントを長年やってきたビジネスマンという側面もあって、  そういう本人の意思を尊重したい部分と、でも本人が内心そんなにアイドル活動に本気でなかったとしてもそれを口に出して認めるわけがない……みたいな葛藤の中で、どのようにアプローチしていくのか、が気になる部分でもありました。 [amazon_link asins='B09RWN3VF6' template='Original']  だから正直アイドル活動を諦めますっていうエンディングでも全然良かったと思うし、もう少し……それこそメンバー1人ずつと個別面談とかしてあげた方がドキュメントとして見応えがあった気もするんですが、  さすがにそんな終わり方をしたものが世に出るわけないよなあ……という感じの展開になってきたので、たぶんこの先は普通にアイドルドキュメントになってしまいそう。そうなったとしたらかつて私が失望した青春高校の焼き直しなのであんまり観ないかなーという感じです。  いや、ほんとに1~5話までの展開は、2022年のコンテンツで最もテラスハウスに近いものだったと思います。自分はこういうタイプの人間の出るリアリティショーが好きなんだなあと改めて思いました。  ラランドニシダとかもそうですけど、クズではあるけど決して悪人ではないというか。犯罪ではないけど他人に迷惑はかけているくらいの。  多様性の尊重が叫ばれる時代において、「どこまでが個性でどこからが欠点なのか」くらいの境界線上にいる人たちと向き合うことが一番困難で、それを見捨ててしまうのが最適解になってしまうのだけど、そう簡単に割り切れない人たちの戦い。それは自分自身が現在進行形で感じていることだから余計にそう思うのかもしれませんが……。  あとこの記事のアクセス数が伸びてて笑いました。どうやら「青春高校3年c組 いじめ」で検索するとこの記事がトップに出るらしいです。なんかその検索で求められてるものとは違う気もするのですが……。でもいま読み返しても割とわかりやすくまとまっていて割と良い記事だなと思いました。改めて2016~18年頃は一応ブログ頑張ってたなあ……。 --------------------  上半期も終わりですね。今年は……個人的には結構いろいろあったんじゃないかなと思います。  ブログには何も書いてないんですけどw それなりにハードな半年でした。  特に3月以降、プライベート、特に家族関係でいろいろ起きていて、その内訳は……年末記事には書けるかなあ、どうかなあ、みたいな感じですが……ともかく、そこにかなりエネルギーを取られながらもなんとか仕事も最低限で回す、みたいな動きはできていたかなと思います。  それをなんとかやりきれたのは良かったと思いますが、一方で仕事についてはもう少し頑張れたかな……という面もあり、もっと言えば仕事以外の開発とかはだいぶ後回しになってしまったので、下半期はそのあたりのバランスを見直したい部分もあります。Nuxt3も出ますしね。  直近は結構やりたいことがはっきりあるのでそれを頑張りたいと思います。そうこうしているうちにSplatoon3も出るので、7~8月が勝負かもしれないw  相変わらずブログは月1すら危うい雰囲気ですが、何だかんだで書きたいことはあるので時々更新したいと思います。よろしくお願いします。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 7か月前

永遠

4月です。暑くなったり寒くなったりで大変ですね。  1ヶ月ほど前についにリングフィットアドベンチャーを1周クリアしました。目標だったので良かったです。  今は2周目をプレイ中。ちゃんと敵のレベルだけが上がったモードが用意されていたのは嬉しかったですが、これ3周目以降はどうなんだろうなー。気分的に今さらLv1からやるのも虚しいので良い感じに相手のレベルを調節してくれたら嬉しい。何ならDLCでもいい。新規ワールド+スマホから運動の記録を確認できる機能があったら全然払える。  そんな中でSplatoon3の発売日がついに決定。

 いやー……まあ正直なところ期待よりはちょっと遅い。7月くらいに出てほしかった。けど楽しみです。 --------------------  4月。とうとうYOASOBI ANNXが終わってしまいました。  特に新しく聴く番組は増えていませんが、佐久間宣行ANN0は何となくここ最近ずっと聴いてますね。この前の親孝行の回はほんとに良かった。  あと3月末の霜降りANN、粗品が何の前触れもなく子どもの卒園式の話をした回も良かったです。珍しくリアルタイムで聴いてたのですが、ああいうのは一晩経って聴くとネットニュースでネタバレされてしまうので。若林さんの結婚とか出産とかは全部ネタバレを踏んでしまってから聞いていたので、リアルタイムならではの「これは何が起きてるんだ??」という感覚が経験できて嬉しかったです。  『菅田将暉ANN』最終回は聴きました。とても良かったです。  アルピー・三四郎・CreepyNutsなど数多くのラジオを担当している福田さんですが、そういうアルピーANNからのサイコリスナーの流れと、明らかなスターなのに謎に親しみやすい菅田将暉の化学反応が奇跡的に噛み合っていたなと思うし、ほんとに菅田将暉さんのイメージはあのラジオを聴いたかどうかで大きく違いがありそう。だからこそ終了は残念ですね……。毎週聴いても良かったなと今さらながら少し後悔してます。  4月から始まった新番組、『午前0時の森』の若林×水卜アナが担当する火曜日が本当に最高です。まだ2回ですが、本当にただのラジオ。  方向性としては『月曜から夜更かし』『かりそめ天国』みたいな感じなんですけど、そういう番組をこの組み合わせで観れることが幸せすぎる。  なんというか、若林さんってラジオを初めとして、人間性や価値観への共感で支持を得ている人だからこそ、『犬も喰わない』『激レアさん』とか観てても「いや、企画とかじゃなく水卜アナ/弘中アナとのトークを聞きたいんだけどな……それだけで絶対面白いのにな……」というモヤモヤがあったので、まさにこういうのをやってほしかった!! という感じ。  パイロット版で炎上したので短命で終わる気しかしないんですけどどうにか持ち直して永遠に続いてほしい。火曜だけでもどうか……。 https://tver.jp/lp/episodes/epiv9xkefo  なのでぜひ観ていいねを押したりしてあげてください。 --------------------  リリスクの現体制活動終了が発表されました。  この見出しほんとに心臓に悪い……。minanさん以外の4名が卒業。hinakoさんのYouTubeにリリスク運営が全く関わってなさそうだったあたりで予想できたのかなー。  minanさんについてはそもそも現時点でも一番の古株なので、ある意味でリリスクおよび運営チームに"最後"までついていく覚悟を決めた上での新体制なのかな、と思いました。2010年代女性アイドルにおける年齢の上限みたいなものはNegiccoやPerfumeがどんどん更新していっているし、長く頑張ってほしいです。  他の4名に関しては……前回の記事でも書きましたが、2017年の新体制スタートから5年間1人も卒業しなかったのがとにかく凄い。前体制からはほとんど新グループみたいなものなので、ここまでメンバーの入れ替えなしに走りきったアイドルグループって本当に珍しいと思います。  というのはそれだけ運営がメンバーと真摯に向き合っていた証でもあると思うので、別にもっと上を目指せたとかもないんじゃないかな……。やれることは全部やってたと思うので。もちろんコロナがなければ別の未来があったかもしれないと思いますが。  強いて言えば、アイドルなのかヒップホップユニットなのかはっきりしないことでのマーケティングの難しさという、根本のところに壁があったような印象で、それは新体制への宿題になるのかもしれません。  私自身の感想としては……まあコロナとか関係なく2019年後半からは完全に遠ざかっていたので、今回の活動終了にすごくダメージを受けているわけでもないですね。ブクガやオサカナの時と違って、新曲が聴けない悲しみみたいなものもないですし。  なのでただただ感謝とお疲れ様でしたという感じです。2016~17あたりのメンタル的に一番しんどいことが重なってボロボロだった時期を支えてもらったし、特に2016年はリリスクに出会ってなかったらもっと追い詰められてたんじゃないかなあ……。2017年も、就活とか両親の別居とかで大変だった時期に『夏休みのBABY』のCDを6枚買ってるわけで、それは今考えると現実逃避にかなり寄与していたんだろうなとか。逆に2019年以降に足が遠のいたのは仕事が楽しくなったりで精神的な安定を得たからだと思うので、一足先に卒業を済ませていたとも言えるかも。  とりあえずツアーには一度行こうと思ってチケットを取りました。しかし仕方ないけど握手会がないまま終わるの残念だな……。全員トーク会はあるっぽいけど、3年ぶりの上にマスクまでしてて果たして思い出してもらえるんだろうか…w  新体制の楽曲の中だとこの曲が一番好きです。これがライブの最後にかかるとほんとに歌詞が沁みてエモすぎる。 --------------------  最近聴いてる曲。

Creepy Nuts『パッと咲いて散って灰に』

 Creepy Nuts新曲。かなり好き。ヒップホップファン的にどう思われてるのかは知りませんが、真っすぐな応援ソングでサビでちゃんと盛り上がって、それでいてスキルフルな部分も前面に出ているしCreepy Nutsらしさが失われていないのも凄く良い。  少し前の『あちこちオードリー』でDJ松永が「露出が増えている今のタイミングで国民的ヒットソングを出さなければならない」と言っていたのが印象的で、本当にその通りだと思うものの、国民的ヒットってどうやったら出るんだろうな……と思ってしまいます。少し前なら「今の時代に日本中が知ってる曲なんてない」と言えたと思うんですが、実際『Lemon』も『白日』も『夜に駆ける』も明らかにマスに届いたし、それに匹敵する曲が出てないのも確かなので。  でも『かつて天才だった俺たちへ』も『のびしろ』もそういうヒット曲になり得るポテンシャルは全然あったような気がするので後はほんとに運だよなー……とも。紅白だって一昨年ならまだしも去年の時点で出られなかった理由ほんとわからないですしね。

the peggies『ドラマチック』

 ハライチのターン!でかかっていて聴いたのですが、あまりに好きすぎてもっと早く知りたかった……となりました。今年の暫定トップ。  メロディーも素敵だし、めちゃくちゃクールでカッコいい曲なのに歌詞はストレートな恋愛、というギャップも良すぎる。  先週リリースされた新曲『ハイライト・ハイライト』もメロディーがとにかく気持ち良いし歌詞も好き。割といま一番好きなバンドになったかもしれない。  ちゃんと追っていこうと思ってYouTubeチャンネルに登録しました。  しかしこうなるといろんな意味で先月のリリスク × the peggies 2マン行けば良かったな……。この曲を先に知ってたらチケット買ってたかもしれない。

ずっと真夜中でいいのに。『ミラーチューン』

 ずとまよ。ここまでポジティブかつキュートに振った曲、ずとまよとしては割と新境地な気がするのだけど別にそんなこともないかな? 相変わらず歌詞は自分の好みではないですが耳触りの良さは凄い。  しかしずとまよのMVとかのクレジット観るたびに思うんですけど、編曲の100回嘔吐さん、HN付けた時はここまで市民権を得ると思ってなかっただろうし絶対後悔してるんじゃないかな……。

IOSYS『スカーレット警察のゲットーパトロール24時』

 なんかTikTokでバズってるらしいです。あのIOSYSの、しかも(別に全盛期の曲ではない)2015年リリースの曲が今になってバズるのいろいろと凄い。  中毒性が高くて毎日のように聴いてます。それにしても、『おてんば恋娘』という楽曲の原曲としてのポテンシャルも、チルノというキャラクターのキャッチーさも、mikoさんのボーカリストとしての唯一無二さも10年以上色褪せてないのが凄い。  ところでコメントを見ていると、制作側は「どんな形でも知ってもらえるのは嬉しい」「今のTikTokは10年前のニコニコと同じ」「昔のニコニコでも無断転載&二次創作の結果で人気が出たので、無断で利用されることへの抵抗はない」という発信を何度もしていて、これも新しいお祭りとして楽しんでいるのですが、  ファンだけが(もちろん全員ではないにしても)本気で怒ってて、しかもその怒りの源泉が「東方(が好きな自分)を馬鹿にしてきた陽キャがこの曲を使って踊ってるのが許せない」というスクールカーストと結びついちゃってる根の深さがなかなかしんどかったです。  いやまあでも自分もいま高校生だったらそういう気持ちになるかもしれないかなあ……。東方ならともかくあの当時にボカロがそういう使い方されてたら嫌だろうし、その反射的な生理的嫌悪に何かしらの論理を後付けで見出そうとしてそういう帰結になる可能性は十分にありそう。  チルノのパーフェクトさんすう教室が公開された年に生まれた人がコメントしてたりするんで、まあ何というかそういう年齢だからしょうがないんだろうけど、早く大人になってもう少し広い視野を持てるといいですね、と思いました。

BPM15Q『共有夢』

 BPM15Q。活動再開。  BPM15Qの過去楽曲からの引用もあって明らかに文脈を踏まえた新曲なのは凄い良かったのですが、  でもまあコメントでも散々言われてますがBPM15QといえばやっぱりYunomiサウンドなので、新曲に期待したいです。CY8ER活動終了の穴をそれ以上に埋めてくれるはず。ライブ行きたいなー。 --------------------  4/5はwowakaさんの命日でした。3年。  まあヒトリエの楽曲もwowakaさんの楽曲も毎日聴いてるのでこの日にどうということもないのですが、明確に意識するタイミングがあるのは大事だなと改めて思います。  最近……ここ3年くらいの自分の価値観の変化ってどこから来たものなんだろうというのを考えることが多いんですけど、  wowakaさんのことがあって一番大きく変わったのって、今の自分の価値観を信用しなくなったことだと思っていて。  2018年から2019年にかけてのヒトリエの活動を、当時の自分はどう頑張っても好きになれなくて、どうにか擁護しようと考えれば考えるほど嫌いになっていくし、それを論理的に言語化しようとすればするほど嫌いがはっきりしていって、それはたぶんあの時点ではどう頑張ってもそれを好きになることはできなかったと思っていて。  でも今は『HOWLS』も『DEEPER』も全然嫌いじゃないんですよね。それは自分の価値観が変わったから。  というのはつまり、現時点での自分が、嫌いだとか生理的に受け付けないとか思っている対象について理解しようと考えを巡らせたところで、その時点での自分の脳内から生み出せるロジックの天井は凄く低いところにあるし、  逆にその時点での自分が正しいと信じ切っているものも、数ヶ月後には全然正しくないと感じる可能性が非常に高いので、あんまり意味がないというか。  それがあって、いま嫌いだなとか合わないなとか思うものがあっても、それを必要以上に突き詰めたりせず、そのまま棚上げしておこうという気持ちになりやすくなっているように思います。  人間の連続性とか一貫性に対する信用、「この人はこういう人である」というフレームへの依存が基本的にかなり高かったし、今も他の人よりは高い方だと思うんですけど、  自分のそういう価値観を一晩で明確に転換させられる経験があのタイミングであったことは、自分の人生に対してプラスに働いているんだろうなと思います。 --------------------   ...

comment  0
favorite  0
最近の話題 2年前

Bring the noise、君しか勝たん など

最近聴いてる曲。最近というか今月というか。

rinahamu『ヒーロー feat.4s4ki,KOTONOHOUSE』

 1年前の曲ですが。良い曲と良い歌詞。2番Aメロの「そんな態度じゃ許さんぞ なんて戯けてみるけど」の歌い方が好きすぎて、そこ目当てに何度も聴いてる。  元CY8ERのりなはむさん、今度はプロデューサーとして新アイドルを立ち上げたようですが、私の興味は楽曲をyunomiさんがやるかどうかだけなので、曲が好みなら聴くしそうでなければ聴かないと思います。

lyrical school『Bring the noise』

 ライブ映像。サムネから全部hinakoさん可愛すぎてつらい。  Bring the noise、近年のリリスク曲の中でもトップクラスに好きなんですけど、去年の割と最初の方に発表されてたので、年末にすっかり忘れてこっちじゃなくて『FIVE SHOOTERS』の方をランクインさせてしまったことに今更気づいてちょっと後悔。

日向坂46『君しか勝たん』

 クセになるメロディー、最高のMV、凡庸な歌詞、ダダ滑りした曲名。  曲名で食わず嫌いしかけてたんですが、歌詞に目を瞑れば普通に良い曲で、何だかんだ公開されてから何度も聴いてます。メロディーがとにかく頭に残る。  MVも今までのMVに比べて映像作品としてのクオリティが普通に高い。ワンカット風MVというのは割と使い古されてはいますけど、MVを撮る風景をMVに組み込む演出は新鮮だし、1番のサビでフロントメンバーが撮影役になることで後列のメンバーを目立たせるあたりに愛を感じる。それでいてラスサビはちゃんとセンターのかとしをフィーチャーしているし、振り付けも良い感じ。  いやほんと曲名がこういう流行語を適当に入れました系じゃなければ何でもよかった……。サイレントマジョリティー・サステナブル・インフルエンサー・ハッシュタグとかこの手のバズワードを周回遅れで入れるのはもう今に始まったことではないので仕方ないんですけど、さすがに……。  あと、2番終わりのCメロで「Sunday, Monday, Tuesday...」と英語の曜日を順番に入れるの、1stの『キュン』と丸被りしていてもう少し頑張っても良かったのでは……という気持ちになる。秋元康の作詞量考えたらある程度仕方ないというのもわかるんですが。 --------------------  余談ですけど、YouTubeのコメント欄、新曲に過去曲と同じ単語が出てくると、「○○の歌詞と同じ××が使われててエモい」みたいにやたらとエモを感じる人が多くて、優しいなと思います。  私は「この人この単語が好きなんだな、別の語彙が浮かばなかったんだな」と思うので。というか、明らかにたまたま単語が被っただけの普通名詞ですら過去曲との関連をこじつけるコメントを見ると、逆に厳しすぎるというか、もっと別物として見てあげた方が良いのではという気持ちになります。ちなみにDECO*27さんのコメント欄に多いです。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 4年前

地上

lyrical schoolの全校集会に行ってきました。  ライブも当然ながら、MCも中学校の体育館ということで独特の雰囲気があって面白かったです。  メジャーレーベル移籍発表後に出てきたCONNECTONEの高木さんの雰囲気が普通に校長先生っぽすぎて一人でずっと爆笑してました笑  その後の一人ずつのコメントで、初っ端から大号泣しているyuuさん、サプライズもありながら、それだけメンバーにとっては悲願だったのだろうなあとも……。  久々にちゃんと観たライブも盛り上がってました。新体制後の楽曲オンリーだったのも何らかの決意表明のようでもあり、ただどうせなら『プチャヘンザ!』でhimeさんの即興ラップやってほしかったけどなーという思いもあり。 lyrical schoolがビクターに移籍、アルバムリリースも決定 - 音楽ナタリー  メジャーアルバム、また新曲オンリーなのでしょうか。『NOW!』『GIRL'S QUEST』『秒で終わる夏』とか音源化されてない曲多すぎるから、そっちを収録してほしいんだけどなあ……『ブランニューガール』などのグループ内ユニット曲も含めて。あと当然ながら旧体制曲も新録してほしい。 https://twitter.com/Minan1205/status/1129621417039843329  まあリリスクの過去を考えたら、当然メジャーデビューを手放しには喜べないわけですけど、とはいえいつまでも地下でやっていても先はないので、進んでいくしかないのでしょうね。  ライムベリーの解散ということもあった中で、この2年間ひたすらポジティブなニュースが続いているのは本当に凄いことだと思います。  あと、大きな発表というアナウンスがあった時に、もちろん本命はメジャーデビューだろうなと思ってたんですけど、対抗は新メンバー加入かなと思ってました。  これもずっと書いてますけどメンバー変更なしで2年っていうのはまあまあ長いと思っていて、いつ誰が卒業してもおかしくない状況ではあるし、限られた時間の中でどうなるか……という感じ。やっぱりhinakoさんのことがどうしても引っかかる…… --------------------  昨夜は『ナインアワーズ赤坂』に宿泊しました。初めて。  同じ会社が運営していて何度も泊まったことのある『ドシー恵比寿』『ドシー五反田』と比べると、サウナもないしシャワー室も狭いしという使いづらさはあるのですが、  寝る場所が圧倒的に快適でした。  ドシーはただのカプセルで窮屈だし2段積まれているので登りづらいのですが、ナインアワーズはカプセルユニットが独立していて上がりやすいし、中もそれなりに整っていて快適。  サウナを求めないならナインアワーズの方が良いなあという感じでした。 -------------------- https://www.youtube.com/watch?v=Ywq4XR0G4Qk  昨日発見したこれを昨日から常に無限リピートしています。  『まりっか'17』の制作チームにアニメEDを発注するというのが凄いし、それでちゃんと評価されているのが何だか嬉しい。  ゴッドタンの佐久間Pなんかもそうですが、  実力があっても活動しているジャンルの規模で知名度が低い人たちを起用することでその人たちが潤うというのは理想的なカルチャーの在り方だと思うし、  今は深夜アニメもとっくにメインカルチャーの側に来ているわけだから、こういう垣根を超えて良いものを広めていく試みはどんどん増えてほしい。  ぶっちゃけそういう誰かが引き上げない限りは売れないんですよね。それこそUNISON SQUARE GARDENとかもアニメタイアップあってこそだと思いますし、  そういう機会が存在することで、どんなジャンルであっても「良いものを作っていればいつか売れる」が間接的に成立する世の中であってほしいと思います。  まあこういうことを考えていくと、wowakaさんとヒトリエについては、「いつか売れる」という希望すら取り上げられてしまったことへの虚しさが募るのですけど。 --------------------  本日は『ワールズエンド・ダンスホール』9周年、『アンハッピーリフレイン』8周年です。初音ミク・巡音ルカ オリジナル曲 「ワールズエンド・ダンスホール」  wowakaさん、ヒトリエ、というアーティストに対しての感情は、本人たちの変化と連動して常に揺れてしまい、そこに愛だけを持って見ることができなくなっている時期もありましたが、  「一番好きな楽曲は?」と訊かれたら『ワールズエンド・ダンスホール』だと答えることはこの9年一度も変わっておらず、今後も一生変わらないだろうなと思いますし、  それに関してはwowakaさんの訃報も全く関係なく、自分にウソをついていないということも言えます。一番好きなアーティストにヒトリエだと答え続けるのは、もちろんそうしますけど、それはああいうニュースがあったから好きなフリをしているんでしょと突っ込まれたら100%では反論できないですよね。 --------------------  5月ももう終わろうとしています。いろいろやりたいことはあるのになかなか……頑張ります。さしあたっては6月頭のヒトリエメドレー、GWで止まっているWordPressのFirebase移行記事の続き、の2本を軸に。その先も考えていかなければと思っています。 ...

comment  0
favorite  2
ひとりごと 4年前

緊張と癒し

『よるの湯会』行ってきました。というか今も「竹取の湯」にいるのですが。  21時半に特典会終わって、電車で2時間かけて帰宅するのが嫌すぎたのでこのままここで寝ます。  リリスク目当てに……というか正直に白状するとお風呂でのんびりしてたら他のアイドルさんほとんど観れなかったのですが、楽しかったです。  やっぱり『プチャヘンザ!』は高まるし、そこからはもうずっと夏曲。まだ4月だったけど気分は真夏でした。  また機会があればリリイベも行きたいし、今年も加賀温泉郷フェスやるならまた行きたいな。気が早いけれど。    そのあとの特典会、前回行ってからそんなに間も空いてなかったこともあって、特に話すことを決めずに行った結果、  hinakoさんと5秒くらいお互い無言で顔を見合わせるだけという最悪な事故を起こしてしまって猛反省しました。  無策は罪。コミュニケーション能力が低いという自覚を常に胸に刻んで生きていかなければ……。  あとyuuさんからまさかの「ブログ読んだよ」と言ってもらえてびっくりしました。なんかメンバーの方が読んでくださることが予想できるのに、全然関係ないNegiccoとかろこどるとかの話を混ぜてしまうのいつも申し訳ないです。……まあそう言いつつこの記事でも後半関係ない話をするのですが。    今日唯一の収穫としてはhimeさんにようやくCreepy Nutsの話をできたことなのですが、  その流れで「どっちが好き?」って訊かれた時にてっきり「リリスクとCreepy Nutsのどっちが好きか」という究極の二択を突きつけられたと思い込んであたふたしたのですが、  剥がされる間際に「私はDJ松永さん推しなんだよねー」と言われて、しばらくしてから「あ、Creepy Nutsのどっちが好きかの話だったのか」と気づいて反省しました。  私もDJ松永さん推しですし、himeさんがアトロクの朝井リョウさん特集    ……いやこれに関しては私の方の問題というより、「Creepy Nutsのどっちかを推す」っていう発想、単なるラジオリスナー(男)が反射で出すのは厳しくないですか……?  実際どちらと訊かれたらDJ松永さん推しです。  リリスクとCreepyはいつか何らかの形でコラボしてほしい……。ANN0もこれからあと1年あるわけだし、日本語ラップ紹介コーナーでフィメールラッパーのターンもそのうち来るはずで、リリスク取り上げられる可能性もゼロではないはず……。    握手会で話す内容って本当にどうすればいいんだろうって思ってしまいます……いやたぶん今日の正解は本当は「浴衣姿かわいいですね」とかだと思うんですけど、それを言う勇気もない……。かといって急に自分語りとかするのもどうなんだろうっていう。「実は今会社辞めて転職活動中で~」とか5人に順番に話すのも厄介すぎる……。 --------------------  『佐久間宣行のオールナイトニッポン0』『霜降り明星のオールナイトニッポン0』聴きました。どちらも最高すぎました。  ここ数か月のエピソードから持ってきたフリートークだったので、来週以降は大変そうですが、コーナーが楽しみ。  特に霜降りのコーナーは明らかに何年も続けるつもりのフォーマット。  霜降り明星のANN0、今聴き始めてハマることができたら、たぶん上の世代にとってのナイナイANNやオードリーANNのように、自分の人生の一部として10年追い続けられるラジオになるはずなんで、絶対聴いてみた方がいいです。  それと比較して三四郎ANNは……いや好きな人は好きなんでしょうけど、のんびりしすぎていて良くも悪くも2部感が凄い。来年4月から霜降りと交代でもよいのではないかと思うほど……笑    あとまだ聴けてないのは井口ANN0と日向坂ANNG、そしてこの後のオードリーANN。全部楽しみ。しばらくはラジオには困らなさそう。 --------------------  ヒトリエが変な形でトレンド入りしていてさすがに心配です。

 いろいろな推測が出回っていますが、杞憂であることを祈ります。単なる体調不良などであればいいのだけど、体調不良だったらすぐにそう書くだろうとも思うだけに何とも言えない……。振替ではなく公演中止というのも。少し前のインフルでは延期だったから尚更。    ヒトリエのHOWLSの感想記事は、とりあえず今ざわざわしている件の詳細が出るまではストップしますし、その内容によっては封印せざるを得ないのですが、  その記事を書くタイミングで伝えようと思っていた話だけ先に出しました。  こんな記事を上げておいて申し訳ないのですが、ちょっとそういうテンションになれませんでした。正直今ヒトリエに対してそういう情熱がなかった。HOWLS、ちょっといろいろ……あまりにもwowakaっぽさから決別しようという意志が強すぎてきつかったです。ただ、半年後とか一年後とか、また気分が変わることはもしかしたらあるかもしれないし、そのタイミングで作る気になることはあるかもしれません。裏表10周年とかワールズ10周年とかアンハピ10周年とか。  ただ、だからといって「無期限延期」とかいう気持ち悪い言い回しもしたくなかったので「中止」としました。すみません。 --------------------  Sarahah。 1554564025939  ありがとうございます。  なるほど、タイトルなんて何でもいいと思って付けてるんですが、そういう機能があるならちょっとは頭を捻ろうと思いました。  というよりもファーストビューで記事タイトル1個しか見えないし日付も目立たないっていうデザイン上の欠陥だと思うんで早めに直したいです。  ブログのデザインは本当にどうにかしたい。まあこっそり誰も使ってないと思われるYouTubeプレイリスト消したりしてたんですが、とにかく今の無駄の多いデザインをすっきりさせたいので早めに取り掛かりたいです。まあ、たぶん、GWになると思いますが……。    ちなみに就活の方は、
 ……いや、嬉しいのかどうかは微妙ではあるんですが、意外と就活調子いいんですよ。これを書くと死亡フラグではあるんですが、新卒の時より遥かにメンタルやられずに済んでいます。 ゆっくりと変わる
 ということを書いた2日後の昨日、  あんまり手ごたえのない面接が終わった直後に届いたメールで3社同時にお祈りされたという連絡が来てメンタルをやられました。  フラグ回収。実質4社同時に死んでさすがに辛いです。  まあだからといって何かできることがあるわけではなく……今の会社に残り続ける選択肢はもうないし、何とか頑張るだけです。    あ、ただ、最悪の場合でも今の会社に結構長めに残ることはできそう(というか引継ぎが難航している)なので、来月から無職とかではないです。なのでまだ大丈夫。  それ以外は、引っ越してからの生活は最高だし、ご存知の通りラジオも面白いものばかりなので、これで就職先さえ見つかれば本当に幸せの絶頂という感じ。見つけます……。    新卒の就活の時も思いましたが、面接と握手会って似てますよね。  どちらも、事前にシミュレーションしても絶対その通りには行かないけれど、シミュレーションしなくても何とかなるだろ~と思って行くと何とかはならない。  コミュニケーション能力の低い人間が甘く見て突っ込むと死ぬ。それを再認識させられました。次回からは気を引き締めて行きます。    いや本当に……別に3社落ちたのは正直そんなに響いてなくて、昨日の面接が……何でもっとちゃんと準備していかなかったんだろうとか、何であそこでああいう受け答えしちゃったんだろうっていう後悔がずっと引きずってて死にたいです。二次面接でしくじると可能性を自分で潰した感があって本当に辛い。リリスクのライブ中も温泉に入ってる最中も油断すると面接のトラウマが蘇って死にたくなりました。辛い……。 ...

comment  0
favorite  2
ひとりごと 4年前

理想の

土曜日、リリスクのリリースイベントに行ってきました。  前回が12月だったと思うので、おそらく3ヶ月ぶり。(その時はrisanoさんお休み中だった気がするのでrisanoさんとは加賀温泉郷以来かもしれない)  ライブもすっかりご無沙汰なので『Crawl (For You!)』を生で聴いたの初めてかもしれない。好き。『FRESH!』もノれるし、リリスクのライブは楽しいなーと改めて思いました。  そもそもリリスク現場にちゃんと通ってたのは2017年だけで、去年(というか就職以降)はまばらにしか行けてなかったのですが、  それでも「お久しぶり」と言ってもらえるのは本当にありがたいなと思います……。特にminanさんの記憶力にいつも驚かされる。  himeさんにはいつも「スプラトゥーンの服着てた人」って言われるので、2017夏にユニクロのスプラTシャツをしつこく着ていった甲斐があったなあと……今考えるとよくアレ着ていけたなという感じですが。自分が記憶力の弱い人間なので、握手会に並ぶ時はなるべく同じ服装で、というのを徹底していました。最近はそうでもないですが……。  Creepy NutsのANN0が大好きだという話を早めにhimeさんに伝えたいので近いうちにもう一回行きたい、と思い、とりあえず4/6の湯会のチケットを買いました。楽しみ。ライブも楽しみだしお風呂も楽しみ。ちょっとした旅行。  実は昨年末のシングルを1つ買い逃しているので、それで特典券が貰えれば一番嬉しいのですが……。もしくはグッズ。  やっぱり同じCDを複数枚買うのは抵抗があります。夏ベビのように複数形態あれば多少の免罪符にもなるのですが。実用性全然ないカラビナとかリストバンドでいいから特典券付きグッズを売ってほしい……。これはリリスクに対してというかアイドル業界全体に対して思うことですが。 --------------------  そして今回のイベント行った理由の1つでもあるのですが、リリスクhinakoさんが看護師国家試験合格との報。ちょっと凄すぎないですか……。

 試験直前に活動お休み的なことはありましたが、もっと長いスパンで、この2年リリスクとして活動しながら勉強をしっかりやってて、その大変な感じを全然見せずにイベントからインスタライブまで笑顔を振りまいてたわけで、もう何もかもが凄すぎる。  hinakoさん、アイドルとして間違いなく稀有な才能を持っている方だと思っているんですが、  それを「天性のもの」という言い方をするのも厳密には違っていて、  ディズニー仕込みのホスピタリティと努力家な部分が結実したプロ意識の高さだとすれば、それは偶然ではなく必然なのかなあと思ったりもしました。  そしてhinakoさん本人が凄いのはもちろんですが、その試験という部分を尊重してくれるリリスクも本当に良い運営ですよね。  hinakoさんは新潟出身ですが、ちょうど新潟のアイドルがあんなことになっているという皮肉……。まさに陰と陽。  本人の意思を何よりも尊重するという、本来当たり前のことができていないアイドル運営が驚くほど多い中で、リリスクはメンバーと運営が理想的な関係を結べているように思います。  結局、アイドルとしての活動だけ考えたら休まず毎週過密スケジュールで働かせた方がいいし、それが最終的にはメンバーの利益にも繋がるんですよ、っていう方針でやってる運営も、100%の大悪人ではないのでしょうけど、だからこそリリスクみたいな全員がハッピーであることを愚直に目指すアイドルが評価される時代でありますように。  アイドルに滝行とか総選挙やらせる運営が天下取るんだったらそっちが正解になっちゃいますけど、それでいいんですか、とはずっと言っていきたい。  新潟と言えば、NegiccoのNao☆さんが結婚というニュースもありました。少し前ですが。  結婚を祝うムードであること自体は素晴らしいんですが、だからこそ、「Negiccoが長く活動を続けてきたからこそファンが受け入れる態勢ができているのであって、他のアイドルグループがこれを羨んだり後に続こうとしたりするのは違う」みたいな発言を見ると、いや、それも変じゃない? と思ったりも。  なんか女性声優業界とかでも、30歳くらいまでは恋愛スキャンダルで炎上してクリスマスの動向監視とかを面白がる文化があるのに、  ちょっと年齢超えたら「早く結婚してください」とか謎の応援ムードになるの、すっごい気持ち悪いじゃないですか。20代に恋愛することを許さなかった犯人がなんで急に他人事なのっていう。  20代をアイドルに捧げたご褒美として30代になったら自由に活動していいよ、って、どうして、ファンがそれを許してあげる、みたいな言い方になるのか。そういうのって絶対に女性声優にしか起こらないことだからその点でも性別の非対称性が浮き彫りになってしまっているし。  それは恋愛以外でもそうで、最近だと、長濱ねるさんとかが顕著ですけど、「今と違う景色を見たい」っていう欲求は、一度持ってしまったら誰にも止められない。今のままの方が成功する可能性が高いとかそんなことは百も承知の上での決断でしょうし。だから卒業とか引退とかも本人の選択の自由なのだろうなと。ジャニーズも最近いろいろありますし、タレントであっても自分の人生を好きに生きられるようになってくる過渡期なのでしょう。  だから……まあ正直、hinakoさんも今回の試験合格を受けて、このまま何年もずっとリリスクで、というのは難しいんじゃないかなという不安もあるんですが、でもそれはちゃんと受け入れなきゃいけないんだろうなと思うし、それをちゃんと覚悟しながら今を応援していくしかないのだと思います。  ……あ、でも以前『セブンルール』に出ていた、看護師とファッションモデル両立してる青木美沙子さんみたいな例も一応ある……ので、もしアイドル活動が何らかの息抜きになるのであれば何とか続けてほしいなとも無責任に思います! --------------------  日曜日には流山産業博に行ってきました。  1年に1回、ろこどる難民の生き残りが集まる日。去年も一昨年も行きました。  日中に予定があったので朝イチで行ったのですが、9時前から行列ができていてTシャツが30分くらいで即完売したのは驚きました。来客数を全く予測できないから少なめに作ったんでしょうけど……。私はTシャツは買えなかったのでカレンダー、ラバスト、あと梅酒を買いました。  梅酒は去年も買いましたが、300mlを使い切るのに1年かかったので、今年も300mlを1本買いました。 20190325_011435  さっさと帰ってきたので魚心くんは見れなかったのですが、昼間にはちゃんと着ぐるみも登場したようで。普通に市のキャラクターに混じって深夜アニメキャラが受け入れられてるのは凄いことです。  もうそろそろアニメ放送終了から5年経つのに、今でもイベント出展が続いて、新規グッズが出ているのは本当に恵まれているなあと……。  この熱がどうにか広がってクラウドファンディングでOVAとかそのくらいまで繋がってくれればもちろん最高ですけど、それは難しいこともわかっています。それでもここだけは長続きしますように。。。  ろこどる、さくら荘、リリスク旧体制、いずこねこ、アルピーANN、スター名鑑、自分の好きなコンテンツがマスに刺さらなくて終わってしまう(または知ったときには終わってしまっている)という業を背負いつつも、良いものが形を変えながらも生き残ったり次に繋がっているのを見ると、まだまだ捨てたもんじゃないなあと思えるのかもしれません。 --------------------  3月もあと1週間。  つまり今の会社を退職するまであと1週間。  残念ながらまだ次の職場が決まっていないので、4月は社会に縛られないニート生活を1年ぶりに楽しもうと思います。  でも本当に、それこそhinakoさんを見習って自分も頑張らなきゃなって思いますね。転職活動に限らず……。きちんと自分の人生を充実させないと頑張っているアイドルに対しても向き合えないなあとも改めて思いました。握手会とかも、そういう権利のある人間ではないって思ってしまうので。良くない考え方ですが。朝井リョウさんの「原稿を書いていないと罪悪感から娯楽を100%楽しめない」みたいな話はまさに。  とりあえず今週も変わらず仕事と面接と引っ越しですが、今週さえ乗り切れば来週からはバイトと面接だけになるんで、ブログとかもガンガン書いていこうと思ってます。まあ今週もいろいろ書く気ではいますが……。よろしくお願いします。 ...

comment  0
favorite  1
最近の話題 4年前

シャダーイクン、Dr.Mario Worldなど

いろいろあって土日更新できなかったのですが、書きたいことは溜まっているので明日書きます。

最近聴いてる曲

クマリデパート『シャダーイクン』

https://www.youtube.com/watch?v=hP4tIlbXHag  でんぱ組の玉屋 2060%とブクガのサクライケンタのコラボ。結果的にクマリデパートでありながらブクガ色も強まっていて最高の中毒性。  ブクガは純度100%のサクライケンタ世界観で殴ってくる感じなので、その分冒険はしづらく、他の作曲者とコラボするならクマリデパートなんでしょうね。大森靖子とのコラボもありましたし。  中田ヤスタカがPerfumeときゃりーとCAPSULEでそれぞれ作風変えつつ相互に変化しているのと同様、こういうアウトプットのプラットフォームが複数あるとやれることの幅が広がって強いんだろうなーという感じ。

星歴13夜『おやすみ未来と恋乙女』

https://www.youtube.com/watch?v=_YLz_SDNTFw  こちらは「ぜん君」プロデューサーの新ユニット。同じ作曲家・プロデューサーが複数のアイドル手掛ける事例がどんどん増えてますね。それぞれのマネジメントが適当にならなければとても良いと思うのだけど。  ぜん君よりも作詞・作曲それぞれの個性を丸めた感じで、曲調も千本桜を筆頭に「需要はあるのに意外と供給がない」でおなじみの和風ロック。こっちの方が一般受けして売れそうな感がありますが、個人的にはやっぱりぜん君の唯一無二なメンヘラ歌詞の方が好き……。

lyrical school『Tokyo Burning』

https://www.youtube.com/watch?v=ZuB-bBpxlpU  最近のリリスクの脱アイドル的なヒップホップ偏重路線はあまり好きになれない部分もあるのですが、この曲は割と好きです。ただなんか根本的にどの曲もあんまり変化がないように感じられたり……何でしょうね、ヒップホップって明確なメロディーラインが少ないし、歌詞も韻を踏むという制限があるので情報量が少ないというか、割と似たり寄ったりになっちゃう……まあごちゃごちゃ言ってますがAxSxEさんまた起用してくれないのかなあ。  リリスク、昨日のネットサイン会、ちょうど買ってないCDだったし初参加するにはちょうど良いタイミングだったなあと今更後悔してます。握手会、行かない時期が長くなると本当に覚えられてるのか不安になって行きづらくなる負のスパイラル。だからこそ定期的に行こうというモチベーションにもなるわけですが。 https://twitter.com/hinako_805/status/1092070545770729479 https://twitter.com/Minan1205/status/1092084160124968963  学生の活動に配慮してくれるリリスク運営素晴らしい。最近は芸能界でも割と本人の意志と事務所の利益の対立みたいな問題が少しずつ出てきてはいますが、アイドルビジネスって結局人材マネージメントの問題になるわけで、  こういう部分で信頼できる運営であることが長期的にちゃんと報われる世界であってほしいですね。  ……しかしhinakoさん何年生なのだろう? インスタライブでちらっと言ってた感じ理系の医学部?らしいので、院に進むのかもしれませんが、どちらにしても大学卒業とアイドル卒業がイコールになりそうな経歴ではありますよね。青春の一瞬をファンのために消費したことが、ちゃんと良い経験として活かされてほしい。

ずっと真夜中でいいのに。『眩しいDNAだけ』

https://www.youtube.com/watch?v=VJy8qZ77bpE  あーこの方向性か……という感想。ガールズゆるふわラップ。DAOKOとかまさにですけど、この手のラップパートって好き嫌いはっきり分かれるから、先鋭的な信者とアンチの二分化がますます進むのでは……と思ったり。  ラップ、特にシンガーソングライターのラップパートってなかなか厳しいですよね……好きなアーティストがやる分にはいいけど、その本人のことが好きじゃないと聴いてて恥ずかしくなるというか。自意識がもぞもぞする。  ヒトリエのラップパートもファン以外からはなかなか厳しいんじゃないかと思うし、それをボカロの機械的な音声で緩和しつつも歌い手に感情を乗せる自由を与えたからこそ『裏表ラバーズ』『ワールズエンド・ダンスホール』が流行ったじゃないかとも。  だから最初から人間ボーカルのラップパートになってるこの曲は……ボカロファンがこの曲きっかけに冷めつつ、歌い手ファンから流れてきた人は絶賛、という感じに落ち着くんじゃないかと思います。それで十分ビジネスになると思いますし。  そういう意味では、ずとまよの短期的なゴール(今年末あたりに上手く進めば到達できるポジション)って今のナナヲアカリなのかな。ボカロ/ニコニコ出身の尖った客層をガッチリ掴んだという意味で。

任天堂×LINE『Dr.Mario World』

 DeNAのポケ森、サイゲームスのドラガリ、NianticのポケGO、と来て次なる協業。「スマホゲー会社ガチャ」という比喩にはちょっと笑ってしまった。  ディズニーツムツムや妖怪ウォッチぷにぷになど、一見課金に繋がりにくそうなキャラクターで利益を異常に上げる会社なので、任天堂との相性は良さそうですが、  別にキャラクター人気で売ってるわけではないマリオとの相性は果たしてどうなのだろう……?  LINEと組んで女性層狙うのであれば、ポケモンどう森カービィスプラのどれかで行くべきだったのでは。どう森ツムツムとか出たらポケットキャンプの100倍くらい稼ぎそう。  それにしても、最初にDeNAと組んだ時にはまさかここまで次々と提携を発表するとは思いませんでしたが、ブランドを貸し与えることでスマホゲーのメーカーに対してお墨付きを与える戦略で、AppleやGoogleと同じようなプラットフォーマーポジションをスマホゲー業界でも奪ったの凄すぎないですか。  ポケモンGOの大成功とマリオラン発表時の特別待遇で、GoogleやAppleとも対等に付き合えている印象もあり、結果的に業界の中心軸の1つになりつつある。  で、こうなると「次はどこと組むのか」という話になって、パズルゲーをLINEに取られたガンホーは完全に見切られたのかなという気もしつつ。  個人的な希望としてはPUBG Corpと組んで任天堂IPのバトルロワイヤルゲー出すというパターンですね。  PUBG×スプラのバトロワをスマホで出せば、少なくとも日本では今のフォートナイトと荒野行動とPUBGとその他もろもろのプレイヤー全部持って行けるくらいのインパクトがありそうです。スマホで動くなら当然Switchでも動くでしょうから、マルチ/クロスプレイの道もあるでしょうし。  それ以外には……いっそ岩田社長の遺産の1つである健康事業でFitbitかGarminかNokiaあたりと提携してNintendo Watchを出して打倒Appleという展開も見たいです。  モンスターボールPlusのようにスマホともSwitchとも連携できるようにすれば、3DSのすれちがい通信の進化系としての可能性も見えてくるのでは。 ...

comment  0
favorite  1
ひとりごと 4年前

リリスクランブル

lyricalschool リリースイベント@渋谷マルイ

 昨日、渋谷でリリスクのリリースイベントでした。  ミニライブ行ったのいつ以来だろう、加賀温泉郷フェスとその翌週のリリイベだから7月とか……。  なかなか難しいんですよね、土日のリリイベ行くの、大学の頃は暇だったのでエネルギーが有り余ってましたが、平日で体力消耗しちゃうので土日に都内まで出ていくのが億劫になっちゃう。あとそもそも起きられない。  今回はたまたま渋谷に行く用事が元々あったのですが。年末年始の特典会は行きたいなあ……。  そんなわけで久々だったので正直忘れられてるかなあと思いつつ、「久しぶりです」って言ってもらえたので安心しました。  まあ冷静に考えると「どっちか迷ったら久しぶりって言った方が良い」みたいなノウハウがあってもおかしくない……とかも考えますが、  ただhimeさんが「SplatoonのTシャツ着てた人だよね?」って言ってくれたのは間違いようもないので嬉しかったです。  いや本当に私自身が他人の顔を覚えるのが死ぬほど苦手なので、それを100人とかの単位でやってるアイドルさん全員尊敬しかないんですよ。凄い。  久々すぎてここ最近のCD全然買えてなくて、「WORLD'S END 南半球リミックス」持ってなかったんですよ。で、アルバム1枚買ったら特典券2枚貰えて、  レギュレーションが「1枚で全員握手、2枚で2Sチェキ」だったので、まあ2Sチェキだけでいいかなーなんて思ってたのですが、  握手会見てたら「やっぱり全員と話したいな」という気になって、でも全員握手に並ぶと特典券が1枚余ってしまうので、  結局急いで来月発売のCDの予約を足して特典券3枚にしましたw  2Sチェキの方はhinakoさんと撮ってもらったのですが、テンパりすぎてかなり酷い表情になってしまったので封印……。いつかいろいろリベンジしたいです。  あとhimeさんにいつかCreepy NutsのANN0の話とか振りたいんですけど、握手会でそういう雑談に持っていくのって難易度高すぎません?時間制限あるからちょっと向こうの会話に乗ると終わっちゃうし、かといって決め打ちで最初から全然外れた話題投げるのも……それは気にしすぎなだけでしょうか。いつか頑張ります。  正直ワンマンに無理に行かなかった時点でもう実質他界(自分の気持ちの在り方として)みたいなことも思っていたし、去年の夏ベビの頃のような熱量が復活することはない気もしますが、  ただやっぱりリリスクのライブだったり握手会だったり並ぶと純粋に楽しい、って思えるから不思議だなあと。それは理性ではないんですよね。  今のペースで時々通っていければと思うし、アイドル業界がなかなか厳しい中でもリリスクの活動が今後も続いてくれることを祈っています。

Design Scramble 2018

 で、渋谷に行った理由の方はこちらでした。IT企業の集まるイベント。  まあ私自身はデザイナーじゃないのですが、興味のある友人を連れて行ったり、デザイン関係なく転職相談会で話を聞いたり、それなりに楽しんできました。  12時からいろいろ回って、途中で抜けてリリスクのイベントに行ったりもしつつw、  唯一参加したトークセッション「経営者と共創して作ったIRIAMのデザインとプロダクトマネジメント」は、タイトルで何となく決めたら内容がまさかのバーチャルYouTuberというめちゃくちゃ興味のあるテーマで最高でした。ミライアカリの会社だとか。  内容はまあここで書いていいかわからないし、あと書いたところで…… https://twitter.com/dsgno/status/1066287061399785472  この感想がまさにという感じで、あまりに内容ぶっ飛んでいて参考にならないし、  よく(某全力2階建とかで)揶揄されるベンチャー企業にありがちな、いわゆる「俺らすごいことやってるぞ感」みたいな感じも多少はありましたが、  まあ実際めちゃくちゃ凄いことやってる人たちだから何一つ間違ってない。  参考にはならないけど目標にしたい部分はたくさんあって刺激は受けました、というか、もっとシンプルに、頑張らなきゃダメだなあ……という感じ。です。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 4年前

一瞬

7月もいよいよ終わりです。あっという間だった。まあまだ2日ありますが……。  昨日は渋谷ヴィレッジヴァンガードでリリスクのフリーライブに行ってました。  台風を心配しつつ、昼なら大丈夫そうだったので。  といっても着いたのがギリギリで会場の後ろの方だったのでほとんど見えませんでしたが……。

 実は『夏休みのBABY』を4種類しか集められていなかったのが地味に心残りだったのですが、今回の特典会のラインナップにあったので買っちゃいました。  アルバムは特典券目当てに買うの辛いからシングルも置いていてほしい……。いや、欲を言えばTシャツとかに付けてくれるのが一番いいんですけど! https://oswdiary.net/archives/5179
 からの、  言い訳がなくなった。  いや、不満ではなく純粋な感謝として、  Tシャツで特典会参加できるのはかなり珍しいし、地味にリリスクTシャツ買ったことなかった(キャップはある)のでちょうど良いかなと。  Twitterでも書いてますが、5人が2-3でちょっと間を空けているところにオタクが順番に入っていって写真を撮る形式だったのですが、緊張しすぎてどこまで下がっていいのかわからず後ろに下がりすぎて隣のyuuさんhinakoさんにぶつかってしまったことで本当にテンパってしまってもう何か会話をしたかどうかもよく覚えていません……。そもそもリリスクT着たらもう誰かもわからなかったのでは? スプラTの人として定着させたい気も少ししました。 IMG_tmjv7m  ズボンが無地だったのでメンバーカラー黒の人みたいになった図。  GSとかチェキとか恥ずかしいし、自分の顔も嫌いなのでそんなに撮りたくはないんですけど、記念として1枚くらいは持っておいて損はないと思いました。前体制でも解散直前に1枚だけ撮ったんですが、やっぱり後で見返せる思い出になりますからね……。 --------------------  ブログに本気を出すとこのくらい更新できる、という感じの1ヶ月でした。  前半の10日も、こちらで書いてなかっただけで、ニコニコの方で4回更新してるわけですし、  後半は20日で14回更新してますからね。今月中にもう1回くらい更新すると思いますし。  ただまあ……去年12月も書きましたが、これをやってると本当にブログ以外何もできなくなる感じはあって……まあブログを止めたからといって他のことができるかどうかはわからないのですが。  なのでまあ来月はそれなりに。7~8回更新に戻していければと思っております。  ちなみにブログの方のコード回りは長らく手を入れてなかったのですが、  PC表示で広告表示の場所が若干ずれてたり、ページ遷移時に全画面広告表示が出るとそのまま次のページに移動できなくなったり、なんかいろいろバグがあったので少し前に直しました。  Googleの広告収入、正直月給もらえるようになった今となっては微々たるものなのですが、それでも少しずつ増やしていきたいです。Amazonアフィと合わせて、今の20倍になったら仕事辞められるので何とか20倍になるようにお願いします。皆さんの周りの20人に勧めてください。笑  あ、あと、Rails勉強するーって散々言っておいてとてもアレなんですけど、これに関しては一旦保留にしました。  ちょっと自分的にこういう言語から入る勉強法が合わないかな……、というのと、  その代わりになるかもしれないサービスというか技術を見つけたので。 Firebase は Google  Firebaseという、Googleが提供しているサービスで、バックエンドのユーザー登録とかそのへんを代わりにやってくれるものだそうです。  これを使ってチャットサービスとか作れるらしくて、チャットが作れるなら私の作りたいサービスは大方手が届きそうな気がするんですよね。  Railsを習得した方が仕事の幅が広がるというのはそうなのでしょうが、一方でじゃあ自分がRubyのエンジニアとして働きたいのかと言われるとそうではない気もするし、  そこにエネルギーをかけるよりは……という部分もあって、とりあえず何らかのサービスを1個作ることを目標にしようと思ってます。  もっと言えば、Firebaseでやるにしても、PWAとVue.jsの方は習得必要なわけで、自分的に技術を磨いていきたいのはそちらかなあと……。まあもうここで何書いても仕方ないので頑張ります。8月こそは……。  うーん……本当に気づいたら1ヶ月終わってしまった感じがあってとても辛いというか自分のどうしようもなさが恥ずかしくもなるのですが……。Surfaceを修理に出したり、加賀フェスに行ったり、ブログたくさん書いたり、いろいろあったことも一因ではありますが、いや、全部言い訳ですね。何とか頑張ります。  でももう2週間後にはお盆休みらしいんですよね。恐ろしい話です。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 4年前

日常に

加賀フェス終えて帰宅、といいつつ空腹がすごいのでマックで記事書いてます。  良い旅行でした!兼六園はぶっちゃけ行かなくても良い気がしましたが、それ以降はずっと楽しかったです。  ちゃんとしたレビュー記事は今週書きます。 --------------------  帰省とか仕事は除いて、旅行に行く理由って、大きく分けると「観光・アクティビティ」か「リラックス」のどちらかだと思うんですが、  私は昨日も書いた通り日本国内で観光とかしてても全然楽しくないので、正直「旅館に泊まって気持ちよくお風呂に入って美味しい朝食があれば完璧」だと思っていて。  ただ昼から旅館にいるのはさすがに旅行としてもったいないので、その時間を音楽フェスで遊べて、しかも一切移動せずにそのまま部屋に戻って寝れるのが最高でした。 20180721_141339  ちらっと覗いたライブステージとかはちょこちょこあるのですが、最終的に観たセトリはフェス前に書いた記事の通りで、  土岐麻子、ブクガ、リリスク、yunomi、toreina。  いやTwitterにも書きましたがブクガとリリスク最高すぎました。この2組のあのパフォーマンスを観れただけで来た価値があった。  ブクガはまず明るいステージが珍しすぎてメンバーの顔がはっきり見えたし、セトリも温泉繋がりの『bath room』中心に、最近の『十六歳』『レインコートと首のない鳥』から『lost age』など、前の『MY DATE II』では聴けなかった曲がたくさん聴けてハッピー。  リリスクはもう……フェスということで盛り上げに徹したセトリで、『消える惑星』『オレンジ』『つれてってよ』などのしっとりエモい曲を完全に廃した、クール&キュートでハッピーなセトリ。旅行という非日常感も相まって、もうここ1年でトップクラスにぴょんぴょん飛び跳ねてノれました。  しかもそのパーティーチューンなセトリがほぼ新体制曲オンリーという新鮮さ。『FRESH』はありましたが。  もちろん『プチャヘンザ』とか『サマーファンデーション』も聞きたかった気持ちはありますが、新体制曲だけでもあそこまで盛り上げられるという幅の広さを改めて感じました。もうすっかり別グループな感じですねー。    そしてリリスクのステージではしゃぎすぎて汗かいたので、そのままお風呂に行って汗を流してから特典会に参加するという忙しい動き。リリスクライブ→お風呂→リリスク特典会→泡風呂。  実は『夏休みのBABY』を4種類しか集められていなかったのが地味に心残りだったのですが、今回の特典会のラインナップにあったので買っちゃいました。  アルバムは特典券目当てに買うの辛いからシングルも置いていてほしい……。いや、欲を言えばTシャツとかに付けてくれるのが一番いいんですけど!    その合間にプールステージを見に行って、外の屋台でいろいろ食べつつ、泡風呂イベントに参加したり普通にお風呂入ったり。  DOTAMAさん・tofubeatsさんを完全に諦めて、20時台にリリスクの特典会と泡風呂ステージを回りました。ただ泡風呂は意外と楽しくなかったので行かなくてもよかったかなあ……。    夜行バス+兼六園+フェスで昨日の夜は相当疲れてましたが、しかも友達もいないのでフェス終わったら速攻で0時半とかに寝て、翌朝7時に起きて朝食バイキングからの朝風呂。  フェスの合間に2回もお風呂入ったのだからと、その日の夜は入らずに寝て、朝にゆったり30分以上温泉に浸かりました。  極上の贅沢。新卒の7月にやっていいことではない。  でもこれぞ理想の旅行という感じでした!  来年行くかわかりませんが、来年いろいろ余裕があったらまた行ってもいいな、と思える程度には楽しくて癒された2日間でした。 --------------------  しかし一転して明日から会社で憂鬱。本当に現実はクソだ……。もう楽しすぎた反動で本当に会社行きたくない。先週が4日間だったからなおさら憂鬱。  早く辞めたい。ブクガのパフォーマンス眺めながら、会社辞めてもしフリーで仕事することになったら銀髪に染めようとかよくわからないことを考えてました。  今週は朝マックキャンペーンも利用してブログ書いていくつもりなのですが、青春高校と加賀フェスの記事があるので、ひとりごとはちょっとお休みになるかもしれません。 ...

comment  0
favorite  0