ひとりごと 6年前

6月です

6月になりました。  もう6月ですよ。Twitterで上半期を振り返るタグが大流行してたのでたぶん上半期終わったんだと思います。  私の5月は……びっくりするほどあっという間に過ぎていきました。考えてみるとズートピア観に行ったのが1ヶ月前なんですよね……。  まあ、考えてみれば、引っ越しがあって、しかも土日は実家に帰ってるから毎週慌ただしいし、  仕事も今年に入ってから一番ヤバくて、中間試験も挟んで、それでいてブログも結構な長文記事をたくさん書いて……よく時間やりくりできたなって感じです。あ、でもスプラトゥーンもやってました。  6月は……いろいろと頑張ります。仕事が相変わらず大変なのですが、その合間合間でやりたいことをちゃんとやっていきたいです。ブログもその1つです。  さしあたって明日はTOEIC受けます。大学で団体受験。  全然勉強してないながらに、試しに参考書買って練習問題一通り解いたのですが、自己採点したら予想スコアが880とかで目を疑ったし参考書を疑いました。本当にこの難易度でいいの……?大丈夫?  留学以降のここ1年くらい英語に全然触れてなかったので正直不安だったのですが、なんだかんだ留学の経験が残っていたのと、翻訳のお仕事にjavascriptのドキュメントにMicrosoft Band関連記事(日本にほとんどない)にAmazonからの直輸入と、よく考えたらちょくちょく英語に触れていたのかもしれません。  あとやっぱりポケモンXYを英語でやった経験が生きてるなあと思いました。英語に慣れたい人は年末のポケモンSMを英語でやるのほんとオススメですよ。舞台ハワイだから異国感が出てオススメです。  懐かしいなあポケモンXY。ミアレシティでタクシー料金の説明を理解できないままに乗ったらぼったくられた思い出が蘇る。 ——————–  そんなわけでSplatoonが2年目を迎えたわけですが、相変わらず遊びまくってます。もうそろそろ飽きてもよい頃だと思うのですが、ちっとも飽きる気配はないです。  なんとかガチマッチS+行きたいんですけどねー。厳しい。  ただ逆に、S+上がったら一区切りでちょっと冷めちゃうかもなあという気もします。S+カンストはさすがに無理な気がするし。  今のところ明確な目標があるから続けられているのであって、維持が目標になったときにどうか?というのはなかなか微妙なところ……。ま、そんな理由で離れるならもっと早く離れてそうな気もするのですが。むしろ私はいつまでSplatoonに拘束され続けるのかの方が……。    そしてブキ追加の発表もありましたねー。楽しみ。しかしラピブラ系列追加なしは辛い……。  と思ったら、ついに!ラピブラ・ラピエリの上方修正が!半年間待ち続けた強化が……!  私はずっとRブラスターエリートを使い続けてるし塗りポイントが999999ptでカンストしたくらい愛用してるのですが、ジャンプ中のばらつき軽減が本当に嬉しい。来週が楽しみ。 ——————–  この前の土曜日、lyrical schoolのメジャー2ndシングル『サマーファンデーション』のリリースイベント観に行ってきました。  1stリリイベを2回観に行って以来、イベントから遠ざかっていて、正直リリスク熱も軽く下がってきてたので、どうしようかなーと迷いつつ行ってみたわけですが、  最高でした。いや、最高。  アイドルのライブ、やっぱりコールとかファンの雰囲気とかが苦手だったりもするのだけど、それを差し引いてもその場の熱とか、生で歌って踊ってる感じとか、良いです。  あと2部制だったのですが2部で『ワンダーグラウンド』を聴けたのが超うれしかった!まあ1か月前にも一度生で観たのですが。2回目。  1部終了後、CD予約者向け特典の個別握手(メンバー1人選ぶ握手)でhimeさん(好き)とお話しして、その中で「ワンダーグラウンドが特に好きで」みたいな話をして、その後の2部の大トリがワンダーグラウンドですよ!なにそれ!落ちるでしょそんなの!!    良い曲。ぜひ聴いてください。iTunesで買って300回くらい聴きました。あ、でもこのPVにはhimeさん映ってないんですけどね。加入前だから。  そして2ndシングル『サマーファンデーション』はワンダーグラウンドと同じ方の作詞ということで、そりゃ期待も高まりますよ。楽しみ!!    個別握手初めてしたのですが、なんとなくハマる人の気持ちはわかりました。でも複数買いはしない…しないぞ……。  リリスク、一番好きなのは楽曲とパフォーマンスなので、CD積んだりライブ通ったり認知されようとしたり……まで行くつもりはあんまりないんだけど、やっぱり6人の中で誰が良いかと言われたら、自分が好きになったタイミングと近いところで(昨年末に)加入してるhimeさんなんですよね。過去のリリスクを知らないことに引け目を感じずに接することができるというか。  あとBUBKAのインタビュー記事読んだんですけど、himeさんのマジメなところとかすごい好きです。  http://ameblo.jp/hime-514/theme-10096102321.html  このブログとか見たらわかってもらえるんじゃないかなと思うのですが。こう、良くないですか?(語彙がたりてない)  高校生~大学生くらいの女の子が書くまじめな文章が好きなんですよ。  伊藤美来さんのブログとか、あと夏川椎菜さんのブログとかも近いところありますけど、面白いこと言いたいけど明るくボケられない、ただ読んでいる人を楽しませたいというプレッシャーを感じているのが伝わってくるような、やさしさのある文章。  himeさんのブログ見るとすごく描写が丁寧で、スラングにしっかり補足を入れたりしていて、受け手のことをしっかり考えている文章だなあと思います。  こういう文章書ける人は良い人です。尊敬するし、応援したいです。 ——————–  そういえばリリスクとは関係ないけどモー娘。の新曲『泡沫サタデーナイト』がちょっと話題になっているとか。聴きましたか?私は聴きまくったしiTunesで買いました。  いい曲。癖になる。  絶妙な古臭さと、歌詞の応援ソング感がLOVEマシーンとかを思い出させて、なんとなく聴いていたくなります。  で、これの作詞作曲を手掛けたのが、「赤い公園」というガールズバンドの津野米咲さんという方で、せっかくなので赤い公園の曲も聴きたいなと思い、  とりあえずPrime Musicで検索かけたら、アルバム、入ってました。Amazon有能か。    1曲目の「NOW ON AIR」が最高に好みでした。あと3曲目の「108」と10曲目の「サイダー」も。結構尖った曲も多いので、ヘビロテするとこまでは行きませんでしたが、、、でもかなり良いです。ぜひ。    しかしPrime Musicはきゃりーぱみゅぱみゅの新アルバムとか、こっそりはなまるぴっぴとか、地味にラインナップどんどん良くなってるので、オススメです。特にAmazon Studentは!半年間は無料どころかポイントもらえてむしろ得するので!ぜひ! https://www.amazon.co.jp/gp/student/signup/info?ie=UTF8&refcust=VC26VBVPLKZU7BKARXUGAZZFCE&ref_type=generic&ref=amzn_st_jp_ref_generic  ってこのブログで頻繁に言ってるけどブログ経由で登録する人全くいないですね。大学生あんまりいないのかな。相変わらず読者層を全く把握できていない。 ——————–  ……ええと、最後に、恒例?のお詫びタイムです。

 でも安心してください。目途は立ってます。というのも、  05/28 スプラトゥーン1周年でスプラトゥーン記事  05/29 ハーシェルサプライのリュックの話  05/30~31 普通の記事  と、ネタは既にあるので! きっとどうにかなると思います。  スプラトゥーン記事に関してはそもそも昨年末に上げようとして途中で止まってたのですが、ぶっちゃけ1周年を逃すともう一生上げるタイミングがないので、がんばって書き上げます。期待しててください。まだ半分も書き終わってないけど既に6000字近いです。    ……それにしても、先月末に普通の記事を書かなさすぎたことを反省したのに、結局今月もレビューと日常記事が半々になってしまいそうだという……。すみません。  まあリリスクとミリマスが半分埋めた先月に比べれば、今月の個別記事……ヒトリエとズートピアとスプラトゥーン(予定)とリュック(予定)は、割とこのブログのメイン読者さんを置いてきぼりにしない方向性だった、と思うのですが……。どうでしょう。
 この記事からの怒涛のスプラトゥーン記事3連投。これは怒られても仕方ない。  私、基本的に記事分割はしないタイプだったのですが、今回に限っては、あまりにも、あまりにも長くなりすぎた(全体で3万字程度)というのと、  1周年に間に合わなくなるのを避けたかったし、かといって強引にまとめて「あれ書いてなかった……」みたいな悔いが残るのも嫌だったのと、  どれか1つのテーマにしか興味のない人にも読みやすくしたかったのと、  それらが合わさってこういう形になりました。なので、たぶんもうやりません。よっぽど長くなるようなテーマがあれば別ですが。    で、いろいろ考えた結果、ブログの今後の方針について一つ思うことがあって、  「レビュー記事とひとりごと記事は完全に別のものとして運用しよう」と思います。  いや、今までと何が違うんだ、と言われるかもしれませんが、  つまり、今までは「単独記事にするまでもないことを雑記として載せるのがひとりごとカテゴリー」だったのですが、  今度からは、「あったことは基本すべてひとりごとカテゴリーに載せる」ことにします。だから今日の記事でも、Splatoonのこととか、リリスクのこととかを、割としっかり触れてるのですが。  で、その代わり、普通の記事でちょっとテクニカルな話をするときは、きちんと補足を入れる、という。  普通の日記を読みたい人は、ひとりごとカテゴリーだけ見てれば、内容をすべて見れるし、  書いてる側のメリットとして、レビュー記事では、「このブログを普段から読んでいる人向けの説明」を省略することができる。  そして、普通の記事でも同じ話題に触れられれば、レビューに書いたら買う気を削ぎそうなこととか、ファンが見たら怒りそうなことをこっそり補足できる。  リリスクの感想記事はメンバーが見る可能性も考慮してdisらないようにしつつ、ひとりごとの方でフラットにdisれるわけです。    そして、今月~来月こそ、WordPressサイトへのお引越しをして、  その際は、ひとりごと・レビューがきっちり区別されたデザインにしようと思っています。  2タブ構成まではさすがにいかないと思いますが、たとえば、トップページの記事タイトルの背景が色分けされてるとか……。そのへんは考え中です。    とはいっても、2ブログに分けたからといって私が2人になるわけではなく、ブログに割ける時間とエネルギーにはどうしても限界がありますので、更新回数は合計8回前後が限界にはなってしまうと思います。っていうかこの記事も本当は6/1に上げたかったんですよ……。TOEICの勉強とかお仕事とかで時間取れなかった。  今月はもう少しペース上げていければいいなーと思う一方、レビュー記事がたまり過ぎててもう今から土下座する勢いだったりします。ハーシェルサプライのリュック、Microsoft Band2、あと他にもいろいろ買ってたり、リリスク絡みでも記事上げたかったり……。でも日記の方もできるだけ挟んでいきます。  ……それならこの記事もっと短くして更新増やせば、と思われるかもしれませんが、そもそもこの記事がすでに分割後なので安心してください。本当はリュックとMSBand2の話もしてました。これも近いうちに上げます……。  ここ1年くらいずっと言ってるけど、やりたいこともやるべきことも多すぎて時間がない。頑張ります。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 6年前

GW振り返り

気づいたらGWが終わっていた。切ない。  3-3-2という分割のされ方、適度に休めてラッキーとか思ってたけど、冷静に考えると大型連休感ゼロで全然嬉しくなかったような気がします。というか、平日の前日って次の日早起きしないといけないから実質そんなに休み感ないよね。あと先週の金曜に授業あったせいもありますが。  この連休中なにをしてたかと言われると……まあ割と仕事してた気がします。と言っても10時間くらいですが。  あとは……大型商業施設にばっかり行ってた気がします。ららぽーととか。  イオンモール幕張に初めて行ったんですけど、端から端まで往復するだけでもう立派な運動でした。足が痛い。 --------------------  先週土曜、ららぽーと柏の葉にLyrical Schoolのリリイベを観に行きました。いや、リリイベ行くの既に2回目なんですが。割と家から近いし、暇だし、行ってみるかーみたいな。2部制の2部とも参加しました。フリーライブだけですが。  リリスクにハマったきっかけでもあり一番大好きな『ワンダーグラウンド』をついに生で観られて歓喜。最初は最前列のオタからちょっと距離を置いて遠目で観てたのですが、ワンダーグラウンドが始まった瞬間に我慢できずに真ん前まで行きました。いやー最高だった。この前の記事でも書きましたが、リリスクはライブで観てこそって感じです。  ただ……Twitterでも呟いたのですが、やっぱりオタ芸とかコールとかはどうしても好きになれなくて。  コールの中でも、イントロや間奏に入れるとか、あとは合いの手とかなら相互のコミュニケーションっぽくて良いし、曲の時点で用意されてるポイントに入れるのはありだと思うんですが。(brand new dayとか、アイマスで言えばHappy Darlingとか)  思いっきり歌に被さるコールは、正直、邪魔ですよね。オタクの野太いコールを聴くためにライブに行ってるんじゃないのですよ私は。  まして、ららぽーとで行うようなリリース記念のフリーライブって、基本的にはファンを増やすためのものなわけで、そこに古参オタクが取り巻きみたいにステージを取り囲んで、一般のお客さんから見えにくくなり、複雑なコールでハードルを上げる、というのは、むしろアイドルにとってマイナスなのでは……と思ってしまいます。  ……まあアイドル(事務所)側も別にそれでファンを増やそうとかは思ってなくてメインはその後の握手会とチェキ会での荒稼ぎなんでしょうけどね!知ってる!  リリスク自体は好きなんですけどね……、前奏以外コール禁止のライブとかやってくれないかなあ……。 --------------------  そういえばアイマスの3rdライブ記念イベント走りました。無課金で。  Screenshot_2016-05-02-16-23-32 Screenshot_2016-05-02-15-08-47  明らかにオーバーランしてしまった。でもこのポイントでも志保や百合子を狙ってたら足りなかったので、育ちゃんを狙ったのは妥当だったかなと。  Screenshot_2016-04-24-22-34-45 Screenshot_2016-05-01-01-04-21  アイテムも一気に減りました。  ただしかしこれ終わった後に始まった新シリーズがつまらなさすぎてちょっと引退を考えたりもする。  全体的に改悪なのはプレイヤーなら知ってるしプレイヤーじゃなければ興味ないと思うのでわざわざ触れませんが、個人的には新シリーズのコンセプトが「50人全員のレベルを上げていってね」みたいな仕様になってるのも微妙でして、未だに亜美と真美の区別がつかないレベルで偏ったプロデュースをしている私としては正直やる気が出ない……。 --------------------  そして『ズートピア』観てきました。超面白かったです。既にTwitterで感想言いまくってますが。  テーマ性とかの考察は後日別記事で上げるつもりなので今は省きますが、ストーリーも素晴らしかった。『シュガーラッシュ』でも思いましたが、伏線回収とかそういうレベルじゃなくて、無駄な要素が1つもなくて、全てのシーンに意味があって、テーマが一貫している。  フィクションだから、アニメだからこそ作れる、必要性だけで構成された世界。最高です。ぜひ観に行ってください。  最後の展開はシュガーラッシュやアナ雪に比べると割と予想しやすかったりもしますが、そこに辿り着くプロセスが見事すぎるので。そこで安易に裏切らないところもまた、良い。  あとジュディ可愛いですね。可愛い。”ズートピアはいいぞ”とか”ジュディがエロい”とか、その感想に終始しちゃうのは人として終わってると思いますが、しかしこの感想にたどり着く気持ちもよくわかります。可愛い。 --------------------  そういえばSurfaceに差すmicro SDカードを買いました。    元々Surfaceの256GBという容量が微妙に少ない感じがしていて、特に動画編集用の素材などが結構重いので。いや、足りないわけではなくて、ギリギリ回ってるんだけど、ちょっと余裕がない、みたいな。  で、よく考えたらSurfaceってmicroSDスロットあるんだから、ここをDドライブにしちゃって、音楽とか画像とかの、別に出し入れもしないしCドライブにある必要のないデータを入れておけばいいんじゃないかなと。  Windows10だと「ミュージック」「ピクチャ」みたいなフォルダの場所だけ変えるのもかなり楽で、20GBくらい空けることができました。オススメです。  128GBとも迷ったのですが、さすがに「ちょっと増やしたいなー」程度の追加投資に5000円は躊躇われたので、64GBにしました。これでもiPhoneの最高級モデルと同等って考えれば、動画・音楽・写真を溜め込むのには何の問題もないですよね。 --------------------  あ、あと、一人暮らしを始めました。  一人暮らしというか半分シェアハウス……みたいなことを前に言ったかなと思うのですが、そこに入りました。  どうしようかなと躊躇いつつも、GWを逃したらこのままズルズル先延ばしになりそうだったので。  まあ、入居した初日の印象としては、割と後悔してます。  今のところ挨拶以外で住人の誰とも会話してないんで、それでシェアハウスの何を語るのかって感じはあるんですけど、そもそも初日で会話できてないというか住人の目を避けてる時点で割とどうしようもないというか……だいぶ気が重い。  一応、こういう場所というか物件を選んだ理由が、どうせ通えないこともない家を出るなら、単なる一人暮らしじゃなくて新しい交友の輪を広げるきっかけにしたい、ということだったのですが、  そもそもコミュ障なのできっかけがあっても交友の輪なんか広がらねえよっていう当たり前の事実。  やっぱり居心地悪いというか、それ以前の問題で、元あったコミュニティに新規に入っていくのが死ぬほど苦手だっていうことを忘れてました。許してください。  まあ、ただ、私も一応20年生きてきてるとだいたい自分の性格と自分の人生の傾向を把握しつつあって、  第一印象で嫌だと思ったもの、辞めたくて仕方がないと思ったもの、例えば留学とか、あと幼稚園と小学校と中学校なんかは、ちょっと我慢してたら意外と楽しかったし、  逆に、第一印象で希望を持って入ったもの、例えば大学のサークルとか高校のテニス部とかは速攻で辞めたし、  まあ、もう少し我慢しようと思います。高い入居料も払ったし。  とりあえず今学期中は様子見です。とりあえずここから学期末までの2ヶ月は、通学時間が減るメリットだけでも享受することにして、  6月に入っても居心地の悪さが変わらなかったら、6月末でやっぱり退去しようかなと。シェアハウスだから埋没費用も少ないですし、7月に入ると大学ないからこっちで暮らすメリット薄いですしね……。    なんか暗くなってしまった。いや実際暗いんですが、とりあえず今日はこのへんで。眠いし。  とりあえずブログを書く時間は増えると思います。たぶんね。 ...

comment  0
favorite  0
映画・音楽・小説の感想 6年前

lyrical schoolのミニライブ&握手会に初参加してきました

最近MVがバズっているヒップホップアイドル・lyrical school。  以前の記事(主観だけで書くlyrical schoolの良さ)ですっかり魅力に憑りつかれた話をしましたが、  どうせなら生でライブ観てみたいなと思っていたところに、吉祥寺で発売記念のミニライブをするということがわかったので、  定期で行ける範囲なら試しに覗いてみよう、あとCDも元々買うつもりだったから購入予約特典の握手会に行ってみようということで、行ってみました。 ——————–  で、ミニライブの感想ですが、かなり良かったです。  初めてでも全然入りやすくて、メンバーの方のパフォーマンスも全力なのが伝わってくるし、ステージを降りて客のいる側まで来てくれて。とにかく楽しませようという気持ちが強く見られました。  1部と2部で選曲が違ったのも嬉しかったです。ただ、brand new dayとワンダーグラウンドを聴けなかったのだけが残念……。2部でやってくれることを期待してたのですが。  特にワンダーグラウンドは、たぶんこの曲がなかったらリリスクにハマってない(「ちょっと良い曲の多いアイドルグループだなー」で止まってたかもしれない)ので、聴きたかったなーと……。brand new dayの方は今回のCDに収録されてるから可能性高いかなと。  あとリリスク繋がりでライムベリーの曲も多少聴くようになって、中でも『SUPERMCZTOKYO』を最近かなり聴きまくってるんで、himeちゃんのラップが堪能できたのも最高でした。いやー全員可愛いかった! ——————–  セットリストの話でいうと、「MVで聴くより良い曲が多かった」です。MVでそこまでハマらなかった曲が、ライブで聴くと印象変わって好きになった。特に『おいでよ』『リボンをきゅっと』あたり。

 このツイートでだいたい言い終えてるんですけど、私はライブより音源派で、難ならライブは未完成なモノ、音源こそ完成形、くらいのことを思っていまして。ボカロとかの打ち込み音楽好きだったこともあって。  ただ、ラップとかヒップホップのような、語りに近い音楽になると、実際に生で聴くことでよりその説得力が増すこともあるのだなあと。。。  あと、バンドとかボカロとかと違って、アイドルは歌・ダンス・衣装・パフォーマンスが揃うことで完成する部分がある、というか。ももクロとかもそうらしいですけど、生歌だからこそ、未完成だからこそ良い、というか。  このあたりは、作詞作曲とボーカルが別だからこそ、なのかもしれません。  例えば米津玄師さんとかヒトリエとかは、もう音源の時点で彼らにしか作れない音楽なんですけど、リリスクに関しては、極端な話、音源の時点では替えがきくというか、それをライブパフォーマンスとして昇華させるところにこそ彼女たちが歌う意味があるのかな、と。 ——————–  私の個人的な話をすると、私はあんまりライブが好きではなくて、 ・ろこどるイベントの一体感と違和感(ろこどる) ・個人的ミリオン2nd(アイマス・ミリオンライブ) ・マネキン・イン・ザ・パークで見えたもの(ヒトリエ)  と、ここ数年ライブに行ってはガッカリして帰ってくるのが常態化していました。まあ、声優とかバンドとかなので、今回のアイドルライブとはジャンル違うのですけど。  理由はいろいろあるのですが、アイドルライブに関していうと、「コールとかファンに要求される量が多い」「アイドルが見たい・歌が聴きたいのにコールとサイリウムに邪魔されがち」「周りの人の盛り上がりに温度差を感じて冷めてしまう」など……。  なのでリリスクのライブもちょっと心配だったりしました。最前列に熱狂的なファンが並んでいて寄り付けないんじゃないか、とか、歌が聞こえないくらいのコールが入るんじゃないか、とか……。  ところが今回のミニライブでは、そういった不安は杞憂で、訓練されたファンの雰囲気に置いてきぼりにされるような感じはほとんどありませんでした。  強いて言えば、曲のイントロでちょっとコールがうるさい人はいましたが……。ドルオタの定番みたいなコール。ファイヤー!サンダー!みたいなやつ。ミリオンドールで観たことある。  ただ、曲中ではそういったことはほとんどなくて、そもそも楽曲の方でコール&レスポンスのタイミングが用意されていることもあってか、アイドルの歌とコールがほとんど被らないのがすごく良かったです。 ——————–  そして握手会。こっちはもう完全に想像のつかない世界で、  正直「私なんかがアイドルと握手していいのか……?」という申し訳なさの方が強かったのですが、もう思いっきり挙動不審な私に全員優しい笑顔で応対していただきまして、本当にありがとうございました……本当に……。  ぶっちゃけリリスク好きになってからもTwitterはメンバー6人中2人(リーダーayakaさんと上記のライムベリー繋がりでhimeさん)しかフォローしてなかったのですが、今回の握手会を機に全員フォローしました。全員いい人だった……(ちょろい)  あと、個人的に、自分より年下のアイドルをあんまり推したくない心理がちょっと残っていて、声優とかどんどん自分より年下の人(それこそ伊藤美来さんとか)をなかなか複雑な気分で応援しているのですが、  その点リリスクはhime以外みんな年上なので、その点でもなんていうか、引け目を感じずに話ができました。  なんていうか、自分よりも年下の人に「握手してもらう」っていう行為の虚しさというか……そういうものを感じなくて済むのが嬉しいというか……。  まあぶっちゃけ見た目には年上感ゼロだったんですけど。特にayakaさん。 ——————–  ただ、握手会に何度も並んでしまうドルオタ心理の一部を垣間見ることができて、  「わざと中途半端に会話が終わるように仕掛けてくる」んだなーって。  つまり、1人あたりの持ち時間はそんなに短くないので、こっちも言いたいことをある程度絞っていくわけで���。今回で言えば「初めて来ました」「ゴッドタンで知りました」みたいな。  ところが、こっちの想定してた話題が終わったからってさっさと次には行けないので、何となく他の話題を探そうとする。で、「あっ、あとMVとかも……」みたいなところで、貼り付いてるスタッフの方に強引に移動させられる。  この「消化不良感」が「もう一周して今度はあれを話そう……」みたいなことになるのかなと。その意味では課金ガチャに近いような気がしました。いや、それが悪いというわけではないのですが。こっちのタイミングで次に移動するわけにもいかないし。  とはいえここで何周もするのが不毛なことくらいはわかる判断力がまだ残っているので、何枚も買うつもりはないです。……あーでも2枚で2ショット撮れるのは……。 ——————–  あと『RUN and RUN』のMVについて、前から思ってたんですけど、あのMVは映像作品としては成功だとしても、曲の良さとかリリスクメンバーの可愛さがあんまり出ていなくて、PVとしてはあんまり出来良くないと思うんですよね。  RUN and RUNのYouTubeのコメント欄観ると、「動画は面白いけど出てる子が可愛くない」みたいな心ないコメントのオンパレードで、いやいやそう思う前にbrand new dayとかワンダーグラウンドとかのMV観よう?っていうかライブ観に行こう?っていう……。  ↑これの途中の「2つついてるツインテール」のところのayakaさん最高に可愛すぎてこれきっかけに大好きになりました。最初にフォローしたのもこれがきっかけ。  あと最近上がったインタビュー記事(本讀乙女 lyrical school 大部彩夏) で、読書好きな一面が出てたのですが、  その中で『ダレン・シャン』というワードが出てきてもうこれは推すしかない!!ってなりました。ダレンシャン好き!私も!    ……話が逸れましたが、なんていうか、RUN and RUNのMVはダンスもそんなにないし、っていうかインパクト強すぎて曲にもアイドルにも意識がいかないので、販促としては正直どうなんだろう……と思わないでもないです。  別に曲のテーマがSNSとかスマートフォンってわけでもないですし。『わらって.net』みたいなコンセプトに曲も合わせた方がよかったのでは……。  で、この感想は生で披露されるRaRを観て改めて確信しました。6人のダンスフォーメーションと組み合わさることで真価が発揮されるタイプの曲ですよ、これ。MV観て印象決めるのは絶対に勿体ない。 ——————–  とりあえずリリスクはこのミニライブで改めてかなりハマったので、今後も追いかけていきたいなって思ってます。  とりあえず木曜日のワンマンライブは急すぎる・授業入ってる・場所が遠いのに加えて、今行くとたぶんミニライブの数倍濃いファン空気についていけずに逆に嫌いになっちゃう心配があるのでスルーしてLINE LIVEだけ眺めようと思いますが、  今週の発売記念ミニライブはちょっと覗いてみようと思ってます。土曜日の柏の葉のやつとか行こうかなー。 ...

comment  0
favorite  0
映画・音楽・小説の感想 6年前

主観だけで書くlyrical schoolの良さ

最近、テレ東の深夜のバラエティ『ゴッドタン』を好きでよく観ているのですが、  先週の内容が「このアイドル知ってんのか2016」という、最近ちょっと来ているアイドルを紹介するもので。  そこで、「曲がいいアイドル」として紹介された中に、lyrical schoolというグループがありまして。  アイドルには珍しいヒップホップ系楽曲ということで、YouTubeで試しに探してみたところ、  この「ワンダーグラウンド」を聴いて、一発でハマりました。  何が良いのか。  曲はもちろん良い。歌詞も良い。ダンスも良いしみんな可愛い。  これは私の持論ですけど、「曲が良い」というのはぶっちゃけ当たり前で、曲が悪いアーティストなんてあんまりいないじゃないですか。いや、素人が作ったボカロ曲とか、そのへんのインディーズバンドとか、そういうクオリティに難があるものは別にして、世に出てくる時点である程度良いに決まっているわけで。  たとえば、サザンとか、AKBとか、平井堅とか、ナオトインティライミとか、ファンかと訊かれたらそんなことは全くないんですけど、楽曲として嫌いなのかと言われると、そうとも言えないわけです。  好きでも嫌いでもない。どちらかといえば好きかもしれない。ただ、ファンになるほどではない。    だから、この記事では「良さ」ということではなく「私がハマった理由」として、個人的な話をつらつらと書いていきたいです。    まず、歌詞。  私は今まで、ヒップホップとかラップという文化にはあんまり触れたことなかったのですが、  韻を踏んでいくという面では、よく考えれば『裏表ラバーズ』をはじめとするwowakaさんの歌詞だって近いものがあるわけで、  それを踏まえて、とにかくこの曲に感じたのは「気持ちよさ」なんですよね。  歌詞の頭と終わりが揃っていることの気持ちよさ、圧倒的な耳障りの良さと爽快感。  私はパスピエとかヒトリエとか米津さんの良さに、「期待しているところに期待通りの音を持ってくる自然なメロディーライン」というのを主張しているのですが、リリスクはそれを歌詞でも再現している。  2番の「乗ってるレール 険しいレース 傷ついてる フェアリーテール」のところとか、さながら音ゲーだと思うんですよ。聴いてて気持ちいい、歌ってて気持ちいい。この前この曲を歌うためにカラオケ行きましたが最高でした。  そして「フェアリーテール」の次が「まるでおとぎ話」っていうの凄まじいセンスですよね。韻が切り替わる部分でも意味が繋がってるという。    で、こういう言い方をすると反感を買いそうな気もするのですが、  私、今までは「ラップ」って基本的にかっこよくない、なんかダサいと思っていて、  なんでかというと、ダジャレと紙一重だからだと思うんですよね。  とりあえず似た単語を並べている、単語ありきで歌詞ができている、みたいなものをなるべく感じたくない、というか……。  たとえば『セツナトリップ』の歌詞とかはむしろ苦手で、あれはもうダジャレだと感じました。  ところが、lyrical schoolの『ワンダーグラウンド』は、そういうものをほとんど感じさせない、つまり、自然な文章として成り立っていて、一つのテーマに沿った女の子の言葉で、それでいてよく聴くとしっかり韻を踏んでいる。  別の言い方をすれば、「目でも耳でも完璧に成立している」。  このセンスは、まあ作詞者の力でもあるのでしょうけど、しかし凄すぎるなと。    で、PV曲でもう1曲はまったのが「brand new day」という曲で、  こっちも爽やかでいい曲です。  最近はこの曲かワンダーグラウンドをだいたいループさせてます。テンション上がります。  で、この2曲に共通して、というかおそらくlyrical schoolの特徴だと思うのですが、  「明るさと切なさが同居している」。  ここも個人的にとってもツボでした。  ワンダーグラウンドが特に顕著なのですが、一見楽しい日常を歌っているように見えて、「いつか終わる一瞬の輝き」を描いている。    この、焦りというか、追いかけられる感じが、もうドストライクというか、完全に共感できてしまって、  なぜかといえば今の自分が大学3年で、もう少しで就活とか卒業が控えている。  そういう、「タイムリミットがある自由」「永遠ではない楽しい時間」というものを痛いほど感じていて、  そこがまさにリリスクの描いている部分だし、それをアイドルという、ある種「女の子の若さを消費する職業」の人たちが歌っていることのリアリティ。説得力。  まさにこういう歌詞、こういう世界観に出会いたかった! という部分を突いてきた。  もう完全にハマりました。最高です。ありがとうリリスク。ありがとうゴッドタン。 --------------------  そしてリリスクの新曲にしてメジャーデビューシングル「RUN and RUN」のMVが公開されました。  ぜひ、スマホで、全画面表示でどうぞ。凄いです。    こういう新しい挑戦ができるのはアイドルというジャンルの強みだよなーと。バンドとかはどうしてもある程度スタイルを縛られてしまう。  とりあえずRUN and RUNは、買います。買うし、リリースイベントも行きます。大学近くでやるみたいなので。  いや、ほんと、この曲に、このアイドルに出会えたのが幸せだなーと、その幸せをかみしめて最近います。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 6年前

年度末

3月が終わる。年度が終わる。忙しい!  制作中のウェブサイトは4/1公開に向けてラストスパート。がんばってます。 --------------------  2015、2016と、ほぼ日手帳WEEKSを2年連続で買ったものの、結局使いこなせていなくて、  理由を考えてみたところ、「書くことが毎日あるわけではない」のに、「いざ書くときに、そのページの他の部分が空欄になっていることが気持ち悪い」からじゃないかな、と。  週に1回書いたら、ページの6/7が空白になってしまうわけで。  それで結局、ほぼ日手帳も巻末のメモページばっかり使ってしまうという。  で、ほぼ日手帳のWEEKSではなく1日1ページのものを買えば多少はその違和感も改善されるのかもしれませんが、それ以前に、  「私が欲しいのは手帳じゃなくてメモ帳なのではないか」ということに気づき。  新年度に合わせて……というわけでもないのですけど、買ってきました。    ミドリMDノート。ネットで調べていて、割と評判が良く、それでいて値段もお手頃という。  WEEKSが確か1900円くらいだったので、約1/3。この値段なら衝動的に買ってみても問題ない。  で、実際使ってみてですが、これは良い。  たとえ1週空いても2週空いてもやる気が損なわれない偉大さ。手帳なんていらんかったんや……。  スケジュール管理はOutlookがあるし、日記はブログがあるわけで、私には手帳は必要なかったというオチ。社会人とかになったらまた違うのかもしれませんけどねー。  ってこれだけだと別に100均のメモ帳でもよさそうですが、書き味とか紙の質感も好みです。あと、まあ、気分の問題ですけど、ちょっといいもの、使っていて満足感を得られるものの方が作業が捗るような気がします。Surfaceもそうなんですけどね。  生産ツールにお金をケチるのは良くないなぁと改めて思いました。そういうものです。 --------------------  お仕事でWordPressサイトを構築してみて、改めてその多機能性に驚き、  同時に、JUGEMのクソさにも気づいてしまうわけでして。  改めて移行を考えたいところです。デザイン作らなきゃなー。  作曲もしたいしブログの更新も増やしたいしアプリも作りたい。いろいろやりたいので、いろいろやるためのベースとして、やっぱり自分のサイトはもっと強化したいところです。  ほんと時間も足りないし能力も足りない。足りないなりに何とか頑張りたいです。  4月になったらブログを毎日更新したいなぁとか考えてるんですけど、無理そうな気もします。やっぱ5月かなあ。去年も一昨年も5月は毎日更新してるんですよ。逆5月病。  うん。5月までにブログをWordPress移行しよう。あとできれば5月までに一人暮らししてその環境を整えよう。  家族がいるところだとブログ書きにくいっていうのはどうしても要因として大きくて、土日とか長期休みにブログ更新減る理由の半分はそれなんですよね。だからこうやって週3ペースでスタバに来てるわけですけど。早く一人になりたい。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 6年前

思い出話

昨日は中学の頃に仲良くしていた同級生と久々に会ってきました。久々といっても同窓会以来とかなのでそんなにご無沙汰でもないんですけど……。  で、通っていた高校の近くで会ったので、話のはずみで高校にも遊びに行こう、みたいな話になり、先生方に会ったりしてきました。なんかとても卒業生っぽい。特に用事なく高校に行ったりとか、あんまりしたことなかったのですが。  でもいろいろな話ができてよかったです。  たまに会って話をすると楽しい相手と、定期的に会って話しても毎回楽しい場合があると思うけど、たまにしか会わない人はどちらのパターンであっても楽しいから安心ですよね。 --------------------  私の中学・高校時代……といっても中高一貫なので割と不可分ではあるのですが、  特に高校での3年間に関しては良い思い出も良い印象もほとんどなくて、嫌なことがあったり、つまらない時間を過ごしていたり、逆にトラブルを引き起こしたり、とにかくそんなことばかりしていましたし、  先生や同級生のほとんどが嫌いで、その多くを今でも憎み続けてすらいるのですが、  だからといって、「あの中高に行かなければ良かった」と思っているわけではなくて。  在学中は学校を辞めたいと考えたことも何度かあるのですが、結局、日本の義務教育とその延長にある高校というシステムの中では、私が学校を好きになる、とか、私にとっての理想的な学校生活を送れる、みたいなことは、どんな選択をしたとしてもありえなかった。  その前提で見れば、私みたいな人間がいじめられたりすることなく6年間過ごすことができたというのは、かなり”マシ”な方なのだろうなと思いますし、  何よりも、「あのような中学・高校が大嫌いである今の私」は、あの中高に行ったからこそ形成された人格なんですよね。  世の中には私の嫌いな、多様性を許容したり相手の気持ちを尊重したりできず、自分の頭で考えることを喜んで放棄するような人がたくさんいて、そういう人たちがむしろ社会を動かしていて、社会から賞賛される存在である、などということは、  もしも私が最初から、つまり中高の頃から、今通っている大学のような、多様性を許容して一人一人がマジメに物を考えるようなコミュニティにいたら、知ることができなかったし、そこへの問題意識とか対抗心を持つことも、おそらくできなかったに違いないので。  で、少なくとも私のいた中学校は、そのような考え方を推奨することは当然なくても、矯正したり弾圧したりするような先生や同級生は、ほとんどいなかったので、それだけでもありがたいことだと思っています。……まあ高校には割といましたけどね。    そもそも私みたいに今あるものに片っ端から噛みつくことに快感を覚えるタイプの人間は、どんな学校に行ったとしてもそこを嫌いになっていたと思うし、  「嫌いであることを許容してくれる」という懐の深さがあったことには感謝していて、あの学校に通っていたことは、ベストではなくてもベターな選択であったんじゃないかな、と考えていたりします。まあ、嫌いは嫌いなんですが。    っていうか1月頭の例の記事でもちらっと書きましたけど、私が嫌いなのは高校であって、中学は別に嫌いじゃなかったんですよ。中3の時は普通に楽しかったし……。  それこそ昨日会ったような人とか、先生方とか、それ以外の未だに連絡を取っている何人かを含めて、  なんだかんだで今の私を支えている交友関係のほとんどが中学でできたものでもあるし、それが必要不可欠で、大切な時間だったことの自覚はあるし、それを否定するつもりはないです。  まあ、そういう人たちの何人かと最近交流途絶えたりしてるんですけど。なので、もっと世界を広げなきゃなーとも同時に思う日々。 --------------------  あ、あとカラオケにも行ってきました。深夜に。  他の人たちがアイマス曲入れまくってる中、一人だけ米津さんとかパスピエとかカラスは真っ白とか邦ロック大好き感出してました。楽しかったです。  あと「るらるら」がいつの間にか入ってたので歌ってきたのですが、なぜかメロディーが全然わからなかった。ガイドメロディーがなんか変な音程だったのと、あと単純に最近聴いてないからかもしれません。あの曲がもう3年前ですよ。  最近パスピエすっごい好きなんですよ。「演出家出演」をずっと聴き続けてる。まあPrime Musicなんですが。  パスピエのメロディーってほんと聴いてても歌ってても気持ちいい、シンプルに良い曲。「ON THE AIR」のサビとか、もうほんと完成度高い。文句のないメロディーライン。  逆に言えばそんなに目新しさはないというか、ところどころ「あの曲に似てね?」みたいな感じもしたりするのですが。「△」とか。でもいいものはいい。  アルバムも買おうかなあ……最新アルバム割と出たばっかりなんでポチってもいいんですけどね。悩み中。 --------------------  一応「毎日更新するかも」的なことを一昨日に書いたので、何となく毎日更新してます。書くことが思ったよりいっぱいあった。  あと、URL変更を周知させるためにもちょっとペース上げていこうかなーと。  https://oswdiary.net/ です。お気に入り登録し直してもらえたらありがたいのです。 ...

comment  0
favorite  0