ひとりごと 5年前

update

この夏の間、たぶん週3くらいのペースで飲み続けていたスターバックスの期間限定商品「コールドブリュー クリームフロート バレンシア/ヘーゼルナッツ」、  どうやら正式に期間延長が決定したようです。嬉しい。  今後も飲み続けますのでぜひレギュラーメニュー入りしてほしいですね。  まだ飲んでない方はぜひ。特にバレンシア。本当に美味しいです。甘さと酸っぱさと苦さのバランスが絶妙。    まんまと術中にはまってるのはわかるんですけど、普通のコーヒーってワンモアコーヒーあるじゃないですか。あれのせいで、逆に1日2杯飲まない日に普通のコーヒー頼むの微妙に勿体ない感じするんですよね。  なので、1日2回行く日はコーヒー、1日1回しか行かない日はクリームフロート、みたいな感じで分けていこうかなと思ってます。  

iPod nanoを買いました

 先日、とうとう生産終了としてAppleさんに切られてしまったiPod nano。  私自身は割と発売直後に購入して愛用していたものの、最近はタッチスクリーンの反応が悪い(というか右半分が反応しない)などの問題に悩まされていました。  しかし、ネットでも販売価格がじわじわ上がっているので買い直すのも辛い……。    と数ヶ月悩んでいたのですが、ふと、「あれ、この壊れ方だと、今Apple Storeに持って行けば本体交換対応で実質新品買えるんじゃないか?」と気づきました。  Apple Careも入ってないし、タッチパネル不良で修理対応になるとは思えないし。  そういうわけで先週土曜にApple Storeに持ち込んできました。  行列できてたので「90分くらい経ったら呼び出します」って言われたのでお昼食べに行ったら30分くらいで呼び出されたのなかなかクソだと思いましたが、まあともかく対応自体はスムーズ。  予想通り「iPod nanoは部品交換とかないので丸ごと交換になりますね」と言われたので、「それでお願いします」と伝えました。  結果、12000円という新品並みの価格を取られはしましたが、とはいえ定価が15000円くらいだったことを考えると許容範囲。    交換なので5年使った旧iPodが手元に残らなかったことはちょっと悲しいですが、  色あせて傷だらけになっていたものから乗り換えてみると、iPod nanoこんなに綺麗だっけ?っていうくらい綺麗で感動してます。
WIN_20170907_20_56_31_Pro  カッコいい。無駄のないデザイン。さすがApple。  今iPod nanoとかiPod shuffleを使っていて、今すぐ買い直したいほどじゃないけど二度と手に入らないのは困る、みたいな方は、とりあえずApple Storeに持って行くのオススメです。  色にもよるけどしばらくは在庫もあるはず。というか、販売終了したってことは在庫を引っ込めたってことだから、しばらくは余ってますよね、まあ。  

wowaka VOCALOID楽曲がYouTubeにアップ

 これ自体は嬉しいんですが、なんかこう、YouTubeが名前まで「wowaka/ヒトリエチャンネル」になったのってヒトリエファン的にはどうなんでしょうね。  『アンノウン・マザーグース』を上げるだけなら一時的な場所貸し、というニュアンスに取れますが、  過去曲まで一気に上げるとなると、wowakaさん以外のヒトリエメンバーの比重が軽くなるというか、  「wowakaが主で他のメンバーが従」みたいな関係に見えてしまう、みたいな。  別にその方向で行くならそれで全然いいんですけど、  インタビューのたびに「ヒトリエは4人全員必要」みたいなことを語って、ワンマンバンド的な見方を否定し続けてきたwowakaさんの心境にどういう変化があったのか気になります。  とにかくwowakaさんが今後もボカロ曲を作るのかどうか、によるのではないでしょうか。さすがにDECO*27さんのLOVE LASTS FOREVERみたいにバンド活動がフェードアウトしてソロのボカロPに戻ることはないでしょうけど。  まあ、バンドと並行してソロプロジェクトやってる作詞作曲担当なんていくらでもいるから、過度に気にすることでもないのでしょう。相対性理論とかユニゾンとか時雨とか。  ヒトリエの場合、元々ソロでやってた人を中心として結成されてるから、若干ややこしいところはあるけど。    ところで、さっき修理というか本体交換に出した旧型のiPod nano、  実はwowakaさんにサインしてもらったという思い出があるので、手放したくない気持ちも若干はあったのですが……  KIMG0029  これはもはやサインしてもらったとは言わない。メルカリに出しても売れない。  もう少しインクが滲まないものにサインしてもらえばよかったなー。そんなもの持ってなかったけど。  でも確かアンハッピーリフレインとかhitorie-demoとか、あの初期に出たCDには大体サインしてもらってる気がします。ヒトリエメンバーが手売りしてた頃のライブが懐かしいなーっていう古参アピール!  そういえば『酒処 風船屋』とかいう神イベント、ミク10周年で復活してほしいんですけど無理なんだろうなあ。とくさんも普通に忘れてそう。  今考えても「BALLOOMレーベル設立、第1弾が『アンハッピーリフレイン』」の時の、これから何かが始まる感はヤバかった。実際はそうでもなかったんですけど。  とくPも何かのインタビューで答えてたけど、BALLOOMレーベルが設立されたあの2011年に、wowaka・米津・ナノウなどのメンバーを専属契約で囲い込んでたらどうなっていたのか、っていうのは凄く気になる。もちろん、米津玄師の才能が世に知られるのは多少遅れただろうけど。  

Apple & Microsoft 新製品発表会

 Appleの新iPhone発表の季節。iPhone 7sとiPhone Xの2種類で来る、みたいな予想が主流みたいですが、よくわかりません。  ともかくウェブ製作やってる身としてはiPhone Xが変な画面サイズ採用しなければいいなーって感じ。  無接点充電とかがiPhoneに採用されたからといってiPhone買う気はないけど、それを見た他のメーカーが追随してくれたら嬉しいからガンガンやってほしい。    Apple Watch新型の予想もあるものの、iPad対応もAndroid対応もしないだろうから私には無縁。iPad mini 5もないだろうし……。  それより気になるのはiOS11。iPad用のアップデートとAirPodsの操作進化が便利そうなので来たら速攻で上げたい一方、iOS11ではとうとう旧式アプリが互換切りされるのがネック。まあ特に困るアプリもないから上げちゃうかなー。あ、でもガルパとかミリシタでエラー出ると困るから数日は様子見するかも。    あと、クレカもキャッシュレスも全然普及してないスーパー後進国ジャップ的に、東京五輪の時に外国人のiPhoneで決済できるかどうかって経済効果を大きく左右すると思うんですけど、  そのためには今年あたりからグローバルモデルにもFelica積んでもらうよう日本政府と東京都がAppleに土下座しに行かないと間に合わないと思うんですけど大丈夫なんですかね。  この前も切符の買い方がわからなくて困ってる外国人観光客に話しかけられたんですが、切符なんてここ10年くらい使う機会ほとんどないから買い方忘れつつあって困った。    一方、Microsoftさんは10月末にSurface新製品の発表があるようです。  とりあえず確定しているのはSurface Pro LTEモデル。  Surface Pro、Laptopはこの春に発売されたばっかりだから秋のアップグレードはなさそうですが、Studioは新Surface Pen対応+CPUの世代アップくらいしたマイナーチェンジ出ても良さそう。  初代から2年経ってるSurface Bookの2代目は来そう。SurfaceBook、結構いい感じに値下がりしてきてて、これでBook2が来たら来年春あたりに買いたい感あります。Book2のスペック次第ではありますが……。  あとはなんだろ、ARM版Windows ...

comment  0
favorite  1
おすすめレビュー 5年前

新Surface Pro用タイプカバーをSurface Pro4用に使う

1ヶ月以上前に予約してからずっと待っていたものが、ついに届きました。 20170707_020403043_iOS  Surface Pro(2017) 用のタイプカバー!  元々Pro4とPro4タイプカバーを2015年末に買ってずっと愛用しているのですが、ちょっとカバーの端の方がボロボロになってきていまして、  そんなタイミングで新型Proと新色のタイプカバーが発表されたので、  どうせ買い替えるなら同じものを買い直すよりも新しくて良いやつにしよう、ということで値段は気にせずに買いました。    別に壊れたわけでもいないキーボードの交換に2万円って高すぎるんじゃないかと一瞬思いそうになりますが、よく考えてみてください、  普通のノートPCであればキーボードが汚れてしまったり、何となく色に見飽きたりした時でも、キーボードを変えようと思ったら本体ごと買い替えるか修理に出すかしかないわけですよ。  でもSurfaceであればキーボードを買い直すだけでまるで新品のパソコンのような気分が味わえる!  と、ノートPCの1年半のランニングコストとして2万円なら、まあそんなに悪くないかな、と思ってます。    タイプカバーは見ての通りパッケージもシンプルなので開封の儀とかは撮ってません。 20170707_020643135_iOS  箱の裏にはALCANTARAの説明。良い素材。  最初に付けた時にキーボードの配列がUSキーボードとして読み込まれるいつもの不具合に遭遇しましたが何とか解決。以前に記事に書いた設定からの方法で直らなかったので、 Surfaceで外付け日本語キーボードが英語配列で認識される場合の対処  このサポートを参考にしました。新Proではこのへんの不具合解消されてるといいのですが。    このカバーを付けたPro4、見た目はもうただの新 Surface Pro。 20170710_140122385_iOS  そもそもPro4と新Proは外見ほとんど変わってないので。  まあそれを言うならタイプカバーも見た目そんなに変わってないんですけどね。 20170707_020949657_iOS  以前使っていたタイプカバーとの比較。ティールグリーン→コバルトブルーですが、名前に反して色合いは結構似ています。  気分を大きく変えるためにプラチナとかバーガンディ(ワインレッド)でも良い気がしましたが、そもそも実物の展示を見れなかったので安牌に走りました。でもプラチナはちょっと惹かれたなー。  全体的に新タイプカバーは落ち着いた色合い。  どの色もビジネスで難なく使えそうですが、むしろ大学入ったばかりの学生とかが使うのであれば、新型とか気にせずPro4タイプカバーのシアンとかレッドを選ぶのも悪くない選択のように思えます。  あとPro4タイプカバーが汚い。もう少し大切に使いたい。   20170709_174816899_iOS  タイプカバーの機能としてはPro3→Pro4のように何か大きく変化したわけではないので、使い心地としては以前のPro4タイプカバーとあまり違いはないです。  強いて言えばキーの打鍵音が若干静かになっているような気がしますが、思い込みかも。  キーが薄くなったという記述をどこかで見かけたような気もしますが、ちょっと区別つかないです。  ただパームレスト(タッチパッド両隣の手を置く部分)はAlcantaraコーディングで確かにサラサラしてる感じ。タイプカバー特有のザラザラ感が軽減されたように思います。  あとはPro4では剥がれていってしまった端の部分も、以前より頑丈になっている感じがします。    正直キー配列とかは全く同じだろうと思って買ったのですが、実はファンクションキーの機能が微妙に変更されたようです。 20170709_174857429_iOS (2)  上がPro4タイプカバー、下が新タイプカバー。  以前のタイプカバーでは、F1とF2がキーボードバックライトの光量調節でしたが、  Signatureでは画面の明るさ調節になっています。  そして新タイプカバーではF7がキーボードの明るさ調節。明るさ最大の状態でもう一度押すと消えるように変更されています。  確かにキーボードの明るさの細かい調節ってそんなに頻繁にする機能ではないので、1つのキーにまとめてしまうのは良いかもしれません。  それ以降、PrtScnやHomeが一つずつ隣にずれ、Insertキーはファンクションキーのロック状態に関わらずFn+Delで切り替えるようになりました。  PrtScn(スクリーンショット)とか頻繁に使っていた人にとっては配列が変わって地味に困るかもしれませんが、  個人的にはファンクションキーのアイコン側の機能自体ほとんど使ったことがないのであまり気にならないです。 --------------------  総括として、Pro4ユーザーが現在持っているタイプカバーからわざわざ乗り換える価値があるかというと、別にそんなことはないと思います。  新Surface Proを買った人でも、迷ったらこっちを買え! と強く勧めるほどのものでもないし、Pro3ユーザーが買うならこれよりもPro4指紋認証付タイプカバーでいいとも思います。  ただ、ちょっと他の人と違うものを使いたい、とか、1年半も使っていてちょっと今のタイプカバーに飽きてきた、という人が、  Pro4タイプカバーとどちらにしようか迷っているのであれば、せっかくだからとこの高級な方を買うのはアリではないでしょうか。  キーではない側の手触りは確かに気持ち良いし、パームレストも落ち着くし、キーを叩いた時の跳ね返りも心地よい。値段は確かに高いけれど、値段相応の価値のある製品です。  そもそもPro4の通常タイプカバーだって別に安くはないのだから、そこで妥協する必要もないはずです。    そもそも、パソコンを単なる道具として捉えるなら高級感なんて要らないし、というか別にSurfaceじゃなくてスペック高くて安い2-in-1 だってたくさんあると思うんですけど、  その中でSurfaceを選ぶ理由って、デザインからコンセプトまでの完成度の高さが所有欲を満たしてくれるということが多分にあるはずで、  結局使っていて嬉しい気持ちになるデバイスって、それ自体が生産性とモチベーションを上げてくれるわけです。  小学生の頃に、新品のノートを買った日だけやたら張り切って自習してみたりとか。  そういう気持ちになれるという意味で、結構良い買い物だったと思っています。   ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 5年前

ストレス解消

就活のエントリーシートで「あなたのストレス解消法は何ですか?」的な質問があったので、  「ブログにその日あったことや思ったことを書き殴ることです」的な答えを書いたら珍しがられて面接で突っ込まれたけど普通に落ちました。  ESに書く内容って要するに自分語りじゃないですか、私は自分語りのプロなのでES書くのは結構得意なんですよ。  その代わり面接落ちまくってますけどね!  そんな中でのストレス発散ブログです。 --------------------

lyrical school @ タワーレコード吉祥寺

 行ってきました。これで4週連続。  最近は就活とか大学とかで心身ともにボロボロなのでリリスクが癒し。    先週までの新宿マルイメンは「暇だし行こうかなー」くらいだったんですけど、この吉祥寺イベントはどうしても行きたくて、というのも、  ちょうど1年前に初めてリリスクのリリースイベントを観に行ったのが吉祥寺だったんですよ。ゴッドタン→ワンダーグラウンドMV→リリイベ&握手会という経緯。  そういうのもあって、初めて観た場所でもう一度ライブを観に行くというのが流れとして完璧だったし、それがあれば握手会で話すネタに困らないという計算も働いて、もうこの日に吉祥寺に行くのはマストで、それに向けて仕上げていくくらいの感じでした。  具体的には、リリスクのイベント行くときは基本同じシャツなので、そのために数日前から着る洋服のローテを考えたりとか。  別に個人を認知されなくても私の方はいいんですけど、特に新メンバーの方に1回目か2回目か思い出すフックが多い方が、話してて余計な心配させずに済むかなという。自分の顔を覚えてもらっている自信がない、というのは、自分が他人の顔を覚えるのが苦手だからなんですけど。    で、握手会、最初にminanさんに「最近ブログ書いてる人だよね」って言われたのもう心臓が止まるかと思った。いや、握手会で話した内容をブログでも書いてて、その内容をツイッターにリリスクタグ付けて上げてるから、確かに特定できて当たり前なんですけど、でもそこまで尖った話をしたわけでもないし……。そもそもわざわざツイッターからブログまで読みに来る時点で感動的です。記事読まずにツイートだけいいねしてるものだと思ってました。ごめんなさい。  他の4人とは当たり障りのない会話を……っていうと何か格差ある感じ出ちゃいますが、当たり障りのない会話でもちゃんと話を広げてもらえるので凄い楽しいです。全員キャラ違うしそれでいてちゃんとリリスクのピースとしてかっちりハマってる感じ。あの5人と順番に話せるのとても元気をもらえます。  握手会、ほんと並んでる最中は毎回死ぬほど緊張するし、話し終わった後もこう返した方が良かったかなとかいろいろ反省しちゃうので、なんでこんなハマってるのか自分でもよくわからないんですけど、でもまた行きたいなって思うのでやっぱり楽しいんじゃないですかね。あと可愛い。可愛いから応援したくなるんだと思います。    とはいえ握手会で話したい内容割と話し終えた感もあるので、今後はどうしようかなーという感じ。  初回限定盤、全員分集めたい気もするけど、さすがにあと3枚は……うーん。悩ましい。  まあとりあえず、ライブ後のテンションとその週のバイトの入り方で決めようかなと思ってます。  

スターバックス新商品

 ストロベリーなんちゃらとか抹茶チョコレートなんちゃらとか出てますが、  今のおすすめは「コールドブリュー クリームフロート」。結構頻繁に頼んでます。美味しい。
20170508_055032777_iOS  これ、期間限定にしては地味だしレギュラーメニューにしては高いし、最初はどういう商品なんだろうと思ったんですが、  スターバックスラテの亜種として考えるとなかなかお得だと気づきました。  ショートコーヒーが¥280、トールだと¥320、スターバックスラテのトールが¥360、  そしてこれがトールで¥420。  スターバックスラテのコーヒーがコールドブリューになってミルクの代わりにクリームが入ってヘーゼルナッツかバレンシアシロップが入ってこの価格差、と考えれば結構良い感じ。  オススメです。ただ、ヘーゼルナッツとバレンシアどっちも要らないからもう少し安くならないかなー、と思うこともしばしばある。スタンダードなクリームフロートが飲みたい。  

グランドビッグマック

KIMG0020  マクドナルド、結局ビッグマックが一番美味しい説。  ビッグマック単品で300円くらいのクーポンあったら毎週頼んじゃいそうです。昼マックがある程度代わりにはなるけれど。    そういえば去年もグランドビッグマック食べてリリスクイベント行ったりしたなー。懐かしい。  冬のグラコロと一緒で毎年復活してほしいし、というかレギュラーメニュー入りしていいと思う。  

Microsoft E3 Briefing

 Xbox One X発表。 Microsoftの発表まとめ:新ハード「Xbox One X」、4Kが堪能できる新作ゲームの数々  たぶんこの記事が一番よくまとまってた。    Xbox One X、$499。スペックのことはよくわからないけど凄いのはわかる。  とはいえしばらく現行Xbox Oneで困ることもなさそうだし、そもそもXboxのゲームそんなにやってないので特に買う予定はありません。  どちらかというとXbox One Sの方が欲しいです。2台持ちするほどじゃないから、一人暮らしするなら、とかそういうレベルですが。     特に理由もなくAmazonで25%オフになってます。25000円は割とお買い得ではないでしょうか。  しかも『君の名は。』4K Blu-rayとセットで買うと3000円割引キャンペーンまでやってます。  Xbox One SはUHD BDプレイヤーにゲーム機がついてくると考えるのが一番良いので、おすすめです。UHD BDプレイヤー単体だと現状一番安いものでも50000円しますからね。ゲームできないのに2倍。意味がわからない。    E3の話に戻ると、発表されたソフトは『Forza Motorsport 7』とか、新作『Metro Exodus』とか。面白そうだしスケールも凄いけど、買うかと言われると別に……みたいな感じ。  さて、ジャパニーズオールドゲーマー的に気になるのは『Ori and the Will of the Wisps』でしょう。『オリとくらやみの森』の続編。  あと『Super Lucky’s Tale』というのも。  『Yooka-Laylee』もそうですけど、この手のアクションの再評価の流れ来てるんですかね。最高。  あとオールドアクションといえば2年前から注目されてる『Cuphead』があります。  この絵をゲームとして動かす発想が天才すぎる。楽しみ。ネタとして買ってみたいですよね。  このあたりの小規模タイトルはインディーズなので価格もそんなに高くならないでしょうし(前作『オリとくらやみの森』も2000円程度)、試しに買ってみようかなーというところ。  あとはWindows 10とのクロスプレイ対応なら最高ですね。    あとこれも。 【Xbox E3 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 5年前

NEW

lyricalschool 新体制お披露目ライブ「NEW GAME」

 行ってきました。凄く良かったです!  前体制含めてリリスクのフリーじゃないライブ行くのは初めてで、楽しめるか不安だったんですけど、いい意味でフリーライブの空気とそんなに違いがなくて、盛り上がれて楽しかったです。ジャンプしすぎて疲れたけど。    曲数とか選曲とか欲を言い出したらキリがないものの、この短期間であのクオリティで11曲?仕上げてきたことは凄すぎます。  新メンバーのキャラも結構立ってたし、今後が楽しみです。握手会も1回参加して新メンバーと話してみたいです。  新曲も良かった!耳に残る。早く音源で聴きたいのでMV上げてほしい。  あと出囃子が超カッコよかった。好き。ニンテンドーダイレクトの新OPもだけど、始まりがカッコいいのはそれだけでテンション高まる。あれの音源化もしてほしい。    しかし、チケット3500円の渋谷HARLEMは会場のど真ん中に巨大な柱があるせいで全然見えなくて、その日の夜のフリーライブの方が良かったのだけ全然納得いかない。  あ、あと、MCもうちょっと長くやってくれても良かったんじゃ?と思ったりしました。    前体制のリリスクにハマったのは1年前ですが、やっぱり何だかんだ言っても新参だからあんまりのめり込み切れないところがあって、  リリスクの初期からの歴史を知らないことでの、後ろめたさ?敷居の高さ?みたいなのがずっとあったようにも思います。  今回の新体制移行、もちろん初期からのファンは複雑な思いがあると思うし、当然私だって卒業したメンバーも好きだったけど、  新体制になったことで、少なくともminanさん以外の4人に関しては、リリスク加入後のことを全部知った状態になるので、あまり気後れせずに話ができるのではないかという気が、ちょっとしています。  コンテクストを完全に知らない状態で話をするの、なんか変なこと言って相手を不快にさせちゃうんじゃないかって心配になるから苦手なんですよね……。  いや、まあ、話が苦手なのはコミュ障なだけだから別に歴史関係ないですけど。  

New Surface Pro 発表

 されました。  モデル名はPro5ではなく「Surface Pro」。
mssurface_j_studio_elaina_8389_web Meet the new Surface Pro - Microsoft Devices Blog 【速報】Microsoft、シリーズ最軽量の「New Surface Pro」を発表  - PC Watch  とりあえず紹介ムービーがとんでもなくカッコいい。スマブラの参戦ムービー感がある。  ただ、ここまでシリーズの歴史を強調するならなおさらナンバリング止めてしまったのがとても残念です。  数字がちょっとずつ上がっていく感じってなんかわくわくしません?  あと単純に検索性とか区別しやすさとかいろいろ……。Appleと違ってMSはそのへんわかってると思いたかったのだけど。  4から大きな進化がなかったから……ということなら、「New Pro4」とかで良かったと思うんですけどね。Proにしちゃうと今後もPro5は出ないだろうし……。    基本的にはPro4を継承しつつ、バッテリーの持ちが1.5倍、静音性強化(i5モデルもファンレス化)。  LTE内蔵モデルも登場するようです。  ペンが強化されて、1024→4096段階にパワーアップし、傾き検知対応。ヒンジの最大角度が上がって165°まで開けるようになりました。  前からずっと言っているようにSurfaceはPro4の時点でほぼ完成されてたので、細かいブラッシュアップ(軽量化・高性能化など)を続けていくだけでも全然良いと思います。  その中でイラストレーター向け機能とLTE内蔵はSurface Pro4が応えられてなかった数少ないニーズだったので、きっちり満たしてきてますます隙が無い感じですね。    そしてキーボードは予想通りSurface Laptopと合わせたカラバリでAlcantara仕上げ。  とりあえずMicrosoft Storeの情報見たらPro3・Pro4にも対応してるのが確定したので、買いますacc_001_teal_web  今のところ一番惹かれるのはこのコバルトブルーですが、できれば実物見て決めたいですね。    ただ、日本MSがいつも通り仕事しないので、韓国や台湾などが世界同時発売に含まれる中で日本はリストに載っていないという悲惨な状態に。  世界的には6/15発売ですが、日本国内の発売日は5/26の「Microsoft Japan Surface Event」で Surface StudioやSurface Laptopと一緒に発表されるそうです。  まあ、ひょっとしたらそこで6/15発売とか、遅れても数日という可能性もありますが……。  タイプカバー、6月中に出してくれるなら待ちますが、発売日未定とかされたらもうUS版輸入も視野に入れたいと思います。  

TBS・テレ東などがネット動画配信の新会社設立

日経・テレ東・TBSなど6社、ネット動画配信で新会社  :日本経済新聞  テレ朝がAbema、日テレがHulu、フジがFODとかNetflixとか。  出遅れた2社が組む感じで普通に考えたら勝算なさそうですが、個人的には佐久間Pと藤井Pのタッグ見れたらもう何でもいいやみたいなところある。  テレ東ってAmazonプライムとかdTVとかニコニコとかいろんなところで配信してるので、ここに集約する気なのか気になる。プライム会員としては全部Amazonプライムに集まってくれるのが一番楽だし安いんだけどなあ。  

ARMS のびーるウデだめし

 5/27・28。楽しみですね。27は面接あるからそれ乗り越えたら! --------------------  ということで就活中です。  昨日は初の面接でした。緊張したしもうボロボロだった。面接といいつつ次のステップが確約されてる面談だったからまだ良かったけど。そうじゃなかったらもうお祈り確定でメンタル死んでるところだった……。頑張って取り返そう。  そして今週末も来週末も再来週も面接。当たり前といえば当たり前だけど気が休まらなくて辛い……。  今週末の面接に関しては新商品のプレゼンとかいうヤバい課題が出てて、それが詰みすぎててブログ書いてるんですけどね。死にたい。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 5年前

発表

GWです。  4月末で就活のES提出ラッシュが一段落しましたが、さすがにこれで終わり!とはいかないのでもう少し頑張ります。  あ、この前のグループディスカッションは通ってました。嬉しいけど面接は怖い。  通っても通らなくても辛いというか、そんなに志望度高くないので、何かの間違いで受かっちゃったとしても悩むことになるけど、  通らないと単純に精神的ダメージがでかいので嬉しいことは嬉しい。滑り止めですらない精神安定剤……。 --------------------

Microsoft イベント

 ありました。  目玉はWindows 10 SとSurface Laptop。  前に書いた「普通のノートPCは廉価版のこと」という予想は当たってました。嬉しい。  Surface Laptop、とうとう2 in 1ですらなくなってコンセプト的にNew 2DS LLっぽさを感じますが、でもめちゃくちゃカッコいいですね。  Windows 10 S そのものは教育市場で大量に使ってもらうための安価なバージョンなのでしょうが、Surface Laptopに関しては価格的にも「年内はWindows 10 Proに無料アップグレード可能」という施策的にも、  学校などで大量に使ってもらうというよりは、企業や大学生向けのモデルという気がします。  というかMacBook Airの息の根を止めるのが目的でしょう。  来春までには日本市場にも来るでしょうし、見た目カッコいいし薄いしUSBポートがちゃんとあるしで、新大学生への訴求力はかなり高いのではないでしょうか?  2 in 1ではないのでペン入力は難しそうですが、実際絵を描けない身からするとあんまり使わないんですよね。手書きでノート取るのは便利だけど、字が汚くなるのでキーボードの方が綺麗に読み返せるという……。    あと、こっそり発表された「Surface Arc Mouse」がヤバい surface_accessorym_cp_pane2_v1-png-9065566  私も持っている「Arc Touch Mouse」の後継なのでしょうが、前モデルの最大の欠点だった「横にスクロールできない」という点を潰してきました。  っていうかこれ機能的にはAppleのMagil Mouseと同等なんですかね。持ち運び性では圧勝してるし、普通に隙のないマウスという気がします。これだけ欲しい。  日本マイクロソフトは、マウスやキーボードなどの周辺機器のフットワークはそこそこ軽いので意外と早く出るかもしれません。Surface Studioまだ出てないのにSurface Keyboardは発表から1ヶ月くらいで発売されましたしね。    さて、そして結局来なかったSurface Pro 5。  Surfaceファンの関心は5/23のイベントに移ったようです。
 Surface Laptopは確かにスペックも見た目も十分なんですが、それでもSurfaceと言えば2 in 1でタブレットでキックスタンドでなきゃいけないのです。  もうPro 4の発売から1年半が経過しているので、早くアップデートしてほしいところ。タイプカバー買い替えたいので早く……。    ちなみにSurface LaptopではMacbookと違ってUSB 3.0、Mini Displayport、Surface Connect(Pro3, Pro4, Bookと同じ充電端子)を採用しました。  しかし、開発段階ではSurface Connectを廃止してUSB-Cを搭載する案もあったとか……。  共通端子で充電できる方が便利だと思う一方、約2万円(定価は2万7千円)のSurface Dockを買った身としてはSurface Connectも継続してほしいんですよね。  Pro5はUSB3.0、Type-C、SurfaceConnect搭載で充電はType-CもConnectも対応、みたいな感じだと理想的です。  

ミリオンライブ シアターデイズ PV第2弾

 ひょっとして音ゲーじゃないのかと思ったら音ゲーだった。  美少女音ゲージャンル、デレステスクフェスバンドリで割といっぱいいっぱいな気がするのだけど、ここにミリシタが入ってきたところで喰い合うだけなんじゃないかと思ったりします。そんなに大きなパイではない気がするのだけど……。    ゲーム画面見て最初に抱いた感想が「バンドリに比べてノートの見た目しょぼいな……」というもので、それだけで割とやる気出なかったのですが、  Twitterとかの反応見たらみんな「PVのクオリティやべえ!バンドリ終わった!」ってことになってて、そういえば背景のダンスPV全然見てなかったことに気づきました。    私のミリマスのプレイスタイルって、キャラ愛ゼロでひたすらデッキ強化と資産運用を目指す(楽そうなイベントを無課金で走ってバザーで売りさばき、溜めたドリンクで好きなキャラのカードを買う)ものなので、ミリマスの新アプリって言われても別にそんなに心動かないんですよね。  ライブ行ってないから曲もあんまり知らないし……。まあ始まったらとりあえず遊ぶとは思いますが。  バンドリの方も続けてはいますが、やること一緒なので割と飽きてきました。とりあえず全曲フルコン目指してますが、一生フルコン無理そうな曲もいくつかあって心が折れそう。そんなに音ゲー得意じゃないからこそエンドコンテンツになってくれるので、ありがたいっちゃありがたいんですけどね。  でも何だかんだやってるうちに上手くなってきて、「継続は力なり」ということわざを実感した。  

最近聴いてる曲

エキセントリック / 欅坂46

 『不協和音』カップリング。PV上がってないけどこっそり名曲だったので衝動的にiTunesで買っちゃいました。   ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 5年前

期待感

月末なので多少ペース上げての更新。  この、ただでさえ更新空きまくっているところに、  スマートウォッチ巡りだのSurface関連グッズだのといった、いわゆるアフィ媚び系記事を挟み込んでいくの本当にクソだなと思うし、  このブログの更新を楽しみに待っている3~4人をガッカリさせてしまっているのではないかとも思うのですが、  これは本当に、前から書きかけだったものがたまたま同時に仕上がっているだけなのです……。  Surface記事に関しては、さすがにPro5が発表される前に上げておかないとヤバいというのが主な理由でもあるのですが。 --------------------

Microsoft発表イベント

 5月2日に行われるイベント。まあ、秋のイベントのように新製品発表会ではないので、そこまで盛り上がるかわかりませんが。  5月2日に「Windows 10 Cloud」と「新Surface」が発表される? (1/2) - ITmedia PC USER  メインはChromeBook対抗で安価な機能制限版の「Windows 10 Cloud」が出るらしいです。  アプリしか使えないWindows10ってどうなんでしょうね。  教育分野として考えると、ブラウザとOfficeとSNSアプリ使えれば学生にとっては十分な気もします。私の場合はAdobeとかVisual StudioとかFLとかフルで使えないと困るのでナシですが。  実際大学でアプリしか使えないWindows RTのSurface 2使ってる人いましたが、あんまり困ってなさそうでしたよ。私が大学1年の頃ってSurface2がギリギリ現役だったので、犠牲になった同級生も結構いるんですよね……。    このWindows10Cloudを搭載した廉価版Surfaceの新型が出るという予想もありますが、そういえば、SurfaceBookの次世代機は2in1じゃなくなる、っていう噂もあるんですよね。  “Surface Book 2”は普通のノートPCスタイルになる? - エキサイトニュース  これ、ひょっとして同じものを指してるんじゃないでしょうか?  ChromeBook対抗なら2 in 1のタブレットに拘る必要もないし、「Surfaceブランドの安価なノートPC」というのがSurfaceBook2ではなく廉価版Bookのことだった、みたいな。  この推理が万が一当たってたら褒めてください。  実際、SurfaceBookの発表時も、事前のリークは「Surface Pro 4は11インチと13インチの2サイズ構成になる」という、まあ、大外れではないけど……みたいな精度だったので、今回もこういうオチに着地する可能性はなくもないんじゃないかなと思います。    あと個人的に期待しているのはやっぱりSurface Pro 5。  とはいえこちらも大きなアップデートではないらしいので、すぐに買い替えるつもりはないんですけど、タイプカバーの新型が出たら嬉しいですね。  希望する機能としては、取り外すとBluetoothで無線接続するJoy-Con機能と、カバー側にバッテリーが内蔵されていて本体を充電できるパワーカバー機能。どちらかが搭載されてPro4と互換があったら絶対買います。なくても買うかも。    あ、あとはMicrosoft Band 3……。ほんとにお願いします。  Gear S2にも良い面はたくさんあるんですけど、やっぱりMicrosoft Bandの機能の過不足ない感じは最高水準だったなと改めて思いました。  

スーパーボンバーマンR アップデート

 レビュー記事の方にも追記しましたが。  ステージ追加、CP強さ設定にカメラ修正などなど、  この内容のアップデートが有料だったとしても500円までは出すかなという感じの素晴らしいアップデートでした。これでVer2.0名乗らないのが不思議なレベル。  とりあえずお布施のつもりでLINEスタンプ買いました。  スーパーボンバーマン R - LINE STORE  しかしこのLINEスタンプのボンバーマン愛ゼロな感じ、いっそ清々しいですね。販売元がSONYになってるのも謎。    こんなに良くなると思っていなかった一方で、  この内容のアップデートが、発売後の不評を見て慌てて準備したものだとはさすがに思えないので、  やっぱり発売時点で未完成の状態で、アップデートで後からまともにするところまで織り込み済みだったんでしょうね、というところ。  ローンチに間に合わせた方が売れるのは確実だし、さらに邪推するなら、ローンチに出すことで何らかのサポートが任天堂から受けられたのかもしれません。  実際、ゼルダと1-2-Switchの次に売れてるので、大成功と言えるでしょう。  そういう未完成版を売りつける姿勢について不満が全くないと言えば嘘になりますけど、そういう話はコナミに親を殺された人たちがあちこちでしているでしょうから。    私としては、このアップデート前の時点でフルプライスくらいの価値はちゃんとあるゲームだと思っていたので、もう純粋にありがとうコナミという感想に尽きます。  実際、このアップデートがなくても「遊べないほどの致命的なクソゲー」では決してなかったわけですし、  ギリギリ及第点のものが無料アップデートを行ったのですから、それはもう高得点ですよ。  今後のアップデートも予告されているし楽しみです。キャラ追加だけでなくステージ追加まで継続的にあれば最高。    それにしても、マリオカート発売前に間に合わせないと誰も遊んでくれなくなるという強い意志を感じるような滑り込みのアップデートです。  オンライン対戦も結構やってますが、思ったより楽しいですね。  壁を通して反対側にボムを送れるので、他の人たちが戦っているところに爆弾を投げ込んで漁夫の利狙いができたりして、結構シビアな勝負になります。  1ミスで全てが終わるゲームシステム上、1戦ごとにかなりの集中力を要するので、あんまり長く遊び続けられないところはありますが。  Splatoonはそのへん多少雑に遊んでも楽しいから凄い。    ただ、まあ……ボンバーマンとしてはもう文句のないクオリティに仕上げてきたし、パーティーゲームとしてはもう十分な完成度ではあるんですけど、  じゃあ、ラグも操作性の難も解消されたオンライン対戦もめちゃくちゃ面白いかと言えば、意外とそうでもなくて、  根本的にボンバーマンというゲームが既に行き詰まってるところがあるというか……、  キャラクターの性能が同一になる時点で、スプラシューターしか選べないスプラトゥーンみたいなもので、オンラインで延々遊び続けられるようなゲームではそもそもないんですよね。  それは、コナミが悪いわけではなくて、ボンバーマンというゲームがそういうものなのです。根本的にランダム性がかなり低いので。  というか、操作性問題とオンラインバグとコナミ叩きで隠れていましたが、そもそもハドソン末期(DSやWii時代)のボンバーマンも大して売れてなかったわけで、   ...

comment  0
favorite  0
おすすめレビュー 5年前

Surface Pro シリーズと一緒に使って良かったアクセサリ30点をまとめて紹介

私は2014年末にSurface Pro2を買ってから、Pro4、Pro5、Laptop 2を経て、現在はSurface Pro 7を愛用しつつサブでSurface Goも持ち歩いている……というSurfaceマニアです。  それと同時に、関連アイテムも結構な割合で買い揃えており、気づけばかなりの数になりました。 (冒頭の画像はその一部です)  1つ1つ記事を書いていくとキリがないので、まとめて雑感とオススメ度を書いてみました。  巷にある「Surface向けグッズまとめてみた」記事とは違い、あくまで私個人が実際に使ってみた感想がベースですので、客観的なレビューとは異なることをご了承ください。  どちらかというと自分用の備忘録も兼ねており、定期的に見返して自分の物欲に愕然とするための記事です。なので何か買うたびに追記しています。 [amazon_link asins='B07Y2WDP51' template='Original' store='galeglad-22' marketplace='JP']  現在はPro 7をメインに使っているので、その視点での記事にはなりますが、Surface Pro X / Go / Laptop / Bookシリーズのユーザーでもある程度参考になるかと思います。 (一部のモデルに当てはまる内容にはできる限り補足を入れています)

公式アクセサリ

Surface Pro タイプカバー(ブラック)

おすすめ度:★★★★☆ [amazon_link asins='B071GPZWD6' template='Original' store='galeglad-22' marketplace='JP']  Surfaceを買ってタイプカバーを買っていない人なんて見たことがないけれど、一応別売。  昔は薄くて打ちにくいものでしたが、アイソレーションキーが採用されたPro 4以降のタイプカバーの打鍵感は、もはや一般的なUSBキーボードより全然良いレベルになったと思っています。  もちろん好みもあると思うんですけど、個人的にはノートPCのキーボードよりも断然このタイプカバーの方が好きです。  ブラックは他の色よりも約4000円安くなっていますが、両方使った身としてはAlcantara素材の方がオススメなので★4。

Surface Pro タイプカバー(Alcantaraモデル)

おすすめ度:★★★★★ [amazon_link asins='B07Y1LF49B' template='Original' store='galeglad-22' marketplace='JP']  素材にAlcantaraが使用された高級モデル。Pro 4の頃はSignatureなどと呼ばれていましたが、現在はブラック以外の色のタイプカバーは全てこちらに。  やはり見た目の高級感と手触りの良さはAlcantaraの方が優れています。  2万円のキーボード……というとやや尻込みしてしまいますが、その価格に見合う満足度ではあります。  使っていると汚れてきますが、キーボードだけ買い換えられるというのもSurface Proならではのメリットなので、汚れてきたなと思ったら1~2年おきに買い換えるものとして割り切るのもオススメです。  本体を買い換えなくてもPCを新調したような気分が味わえるので、ブラックのタイプカバーを最初に買った人はぜひ他の色にもチャレンジしてみてほしいです。

Surface ペン

おすすめ度:★★★☆☆ [amazon_link asins='B0721P53Z1' template='Original' store='galeglad-22' marketplace='JP']  ペンはPro 4まで同梱でしたが、第5世代以降は別売りとなりました。  別売りになったことによって、ペンの色を選びやすくなったというポジティブな面もあります。価格はさらに上がりましたが、4096段階の筆圧感知や傾き検知が付いたので、お絵描き用途としても十分使えそうです。  絵心がないので頻繁に使うわけでもないですが、大学の授業中にあると結構便利。  教授のスライドとか板書とか、文章だけならキーボードで打ちますが、図とかの場合はペンでOneNoteに直接書き写した方が早かったりします。PDFで配布された資料に書き込みもできますし、配布されたプリントもOffice Lensで撮影して取り込めば全てオンライン管理できます。  プリインストールの『Drawboard PDF』が割と便利でしたがPro 5以降では有料ソフトに。PDFでよく書き込みを行うなら購入推奨ですが、普通にMicrosoft Edgeで開くのが良さそう。  単なるメモ用途としてはやはり『OneNote』が定番。iOS / Android / Macとの同期も簡単にできて便利です。

Surface Dock

おすすめ度:★★★★☆ [amazon_link asins='B016ZYWG56' template='Original' store='galeglad-22' marketplace='JP']  USBポート×5、Mini DisplayPort×2、イヤホンジャック、有線LANポートがひとまとめになっていて、Surface Connectと呼ばれる充電端子部分に接続するだけで簡単にその全てが使えます。  このように、ケーブル1本をバチッと付けるだけで、ネットに有線接続できて充電もできてUSBポートも増設できる素敵なアイテム。外部ディスプレイと接続するにも便利。Mini DisplayPortに対応していないモニターの場合は変換アダプターが要りますが。  できることが増えるわけではないものの、この快適さは一度体験すると戻れない。USBと充電とディスプレイを別々に接続するのが面倒という方にはもってこい。  2本以上のケーブルを別々に繋いでいると、付けたり外したりするのがだんだんストレスになってくるはずです。USB-Cハブよりも着脱は簡単です。  ……とはいえやっぱり高いのがネック。余裕がある人は買えばとても便利、という感じです。定価だとさすがに高すぎるので、2万円切ってるならお買い得かなー、というところ。   ...

comment  2
favorite  3
ひとりごと 5年前

スマートウォッチ巡り

少し前に、Microsoft Band 2が壊れた話をしました。  一応ゴム接着剤で補修するというアナログな対処で使ったりもしてみたものの、どんどん亀裂が大きくなっていくのでさすがに諦めて、今は家に置いて行ってるのですが、  腕時計のある生活に一度慣れると、いちいちスマホを取り出して時刻を確認するのが面倒になり、新しい時計がほしくなってきました。  とはいえ、今さら時刻しか見れない普通の時計を着ける気にもならない。  というかBandなくなって困るのも時刻とかじゃなくて「電話が鳴った時に内容が確認できない」「そもそも電話に気づかない」の2つがメイン。  しかしMicrosoft Bandは2が生産終了でディスコン……。  せめて値下げとかされてたら買い直す選択肢もありましたが、むしろ品薄で高くなってるという惨状。  需要あるんだからせめて2は売り続けてほしかった。  というわけで、代わりとなる新たなスマートウォッチを探す長い旅に出ることとなりました。    ※この記事はスマートウォッチをあれこれ比較検討するだけの記事です。    条件としては  ・LINEやGmailなど全てのアプリの通知を受け取れる。(電話やSMSのみでは不十分)  ・Androidで使える。(最悪iPadとペアリングしてもいいけど、電話の着信が受け取れない問題があるので)  ・電池がそこそこ持つ。(毎晩充電するのは別にいいけど、1日は確実に持ってほしい)  ・そんなに高くない。(理想は1~3万程度)  ・見た目がダサくない。あまりでかすぎない(目立たない方が嬉しい)  このあたり。 --------------------

活動量計?スマートウォッチ?

 スマートウォッチ(ウェアラブル端末)には大雑把に3種類あるというのが私の認識ですので、カテゴリーごとに検討していきます。  まずは活動量計付き時計。  画面や操作はなく、歩数や運動などを計測してスマホに送る機能を持った時計。  Withings、Misfit、Fitbitの安いモデルなど。最近ではSONYのWena Wristとかも結構Web広告出してますよね(私がスマートウォッチ調べてたからよく表示されるだけかもしれませんが)。  安いのは良いですが、個人的にスマートウォッチの利点の9割は通知にあると思っているので今回は候補外。    次にスマートウォッチ。  最も高機能。良いものになるとほとんど小さなスマホ。  代表的なのはApple Watch、Android Wear、そしてPebble。  Android Wearは各社から様々な端末が出ていますが、有名なのはMotorolaのMoto 360、ASUSのZenWatch、国産だとソニーのSmartWatchあたりでしょうか。  ソニーはSmart BandとかPS VRとかもそうですけど、検索性を下げるこの手の安直ネーミング本当に辞めてほしい……。  Apple WatchはiPhoneとしかペアリングできないので無視。  iPad mini買ったので、iPadとペアリングできればまだ検討の余地もありましたが……。 なんでダメなんでしょうね。でかいiPad + 小さい腕時計って普通に相性良いと思うんですけど。LTE対応モデルならGPSも受け取れるから機能的にはほぼiPhoneだし。  そしてPebbleはFitbitに買収されて開発終了。Fitbitは今後本格的なスマートウォッチ出すつもりなのでしょうか?  考えてみると去年はMicrosoft BandとPebbleが死んでスマートウォッチ業界的にはかなり暗い年となりました。別に今年が明るくなる感じもありませんけど。  ともかく、消去法でAndroid Wearしか残っていませんが、Android Wearはあまり良い評判を聞きません。どうにも不安定らしく、またOSとしての操作性にも難があると。  Android Wear 2.0が来てある程度は良くなったようですが、バッテリーの持ちの悪さが改善されていないのもネック。  というわけで一旦スルー。  

Fitbit?

 上の2つの中間。画面はあるものの歩数や心拍数、機種によっては着信通知や天気などの情報を表示する程度。基本的にはアプリを動かしたりはできません。  Microsoft Bandはこのカテゴリーのうち最もスマートウォッチに近い、中間のような端末でした。なので、Band2の後継として探すならやはりここから。  まず代表格はFitbit。種類がたくさんありますが、この中で最もBand2に近いのは最新モデルであるCharge2とBlaze。  ところが、2つとも通知機能が弱い。  Charge2は着信のみ、Blazeは着信・SMS・カレンダーのみ(サードパーティーのアプリを入れればできるという話も聞くけど、スマホの機種によってできなかったりするようで不安定)。  カレンダー通知は良いとしても、やはりLINEとGmailとOutlookの通知を受けられないようでは意味がないわけで、ちょっと候補外。あとBlaze意外と高いよね。    と、正直ここまでの知識は(単純にガジェット好きでもあるので)今回調べる前から知っていました。  しかし、大のMicrosoftファンである私はBand2以外をほぼ選択肢に入れていなかったし、  知っている中では乗り換え先の筆頭候補だったFitbitもよく調べてみたら意外としっくりこなかったので、リサーチを再開しました。  

Garmin?Samsung?

 次に知ったのはウェアラブル市場で現在急成長中のGarmin。機能としてはまさしくフィットネスバンド。  中でも、このvivosmart HR Jはかなり評判が良く、機能としても歩数・心拍数計測に通知機能に音楽コントロール・天気確認と、Microsoft Band 2の持っていた機能をほぼ満たしています。 【腕時計×心拍計】Garmin vivosmart HR Jを2ヶ月使ってみた【レビュー】 | LOVE CYCLIST  このレビューを読んでも、私の求める機能は一通り揃っている感じがします。  バンド側から携帯に逆通知して居場所を調べる機能とかも便利そうだし。  ただ、問題は、私が欲しいのは別に活動量計ではない、という点。  Microsoft Bandもフィットネス志向ではありましたが、それをメインで買ったわけではなく。  サイクリングとか趣味でやる人にはうってつけの端末だと思うし、その副産物として通知機能があるのも便利だと思いますが、基本的に家から出ない、唯一の運動がポケモンGOである私にとっては、あまり欲しいものではない、というか……。   ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 5年前

大量

4月に入ったのにブログ書いてる暇あるならその時間でES書けよっていうその理由だけでブログから遠ざかっていたのですが、  定期的にブログ書かないと死んじゃう病なのでそろそろ溜まった話題を吐き出すためにブログ書いてます。そのためだけに大学帰りにマックに来てます。  大学の健康診断直後に不健康なものを食べるのもどうかと思うけど、とりあえず体重は増えてなかったので一安心。いや体重50kgないので健康には程遠いんですけれど、最近人との付き合いだったりで外食が増えてるのでちょっと不安だったんですよ。  こういうクズな性格でインドア気質の人間が太り始めたら割と救いがない感じがしてるので、だったら痩せてる方が全然いいなって思います。逆の人は逆のことを思ってるのかもしれないですけどね。  ちなみに今週ブログ更新してないけど別にES書いてたわけでもないのが悲しい。就活絡みで何もしてなかったというわけでもないですけど、あとは単純に仕事しまくってたのと遊びまくってた春休みだった。 --------------------

Windows 10 Creators Update

 Windows 10 Creators Updateが配信開始となりました。  通常のWindows Updateで全ユーザーに強制配信されるのは4/11ですが、ダウンロードサイト(
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10)から直接DLできます。  前回のAnniversary UpdateがWindows Ink、Edge拡張機能など割とわかりやすい機能があったのに対して、  今回のアップデートは一番のウリが「3D Paint」「Storeに電子書籍」というほとんどの人に関係ないものなので、微妙かなーと思ってたのですが、  Edgeの共有機能アイコンがわかりやすくなったり、「夜間モード(ブルーライト軽減に色を調整する、iOSのNight Shift)」が追加されたりと、細かいところでパワーアップしているようです。  というかたぶん変わった点を知る際に一番良いのは設定画面を一通り眺めることですよ。iOSでもそうだと思いますが。  最大9時間しか設定できなかった「アクティブ時間(勝手にUpdateで再起動したりされたくない時間帯)」が最大18時間に伸びてたり、なぜかコントロールパネルに飛ばされてた「テーマ」の変更・DLが設定アプリとストアに統合されたり。  やっぱりアップデートってわくわくしますね。もう少しスパン上げてほしい気もするけど、ちまちま出すよりもまとめて出した方が話題にもなるしちょうどいいのかもしれない。  あと、これはユーザーには全く関係ない話ですけど、Web開発者としてはついにEdgeが「CSS Custom Properties」に対応しました。ここで説明しても仕方ないのでググってほしいのですが、簡単に言えばCSSで変数が使えるようになるという神機能。  私は今まで使ったことなかったのですが、IE・Edge以外の主要ブラウザは全て対応済んでいるので、Edgeが最新バージョンで対応したとなればもうこれは実戦投入して良いはず。  しかし、ユーザー視点ではいろいろ文句も言われてますが、Windows Updateを強制的に全ユーザーに押し付けるの、バージョンごとの使用率とか考えなくていいので開発側としては感謝しかないですね。ありがとうMicrosoft。  ところで同様に他ブラウザが全対応しているbackground-blend-modeとmix-blend-modeへの対応はまだですか!!  

Maison book girl『Image』

 届きました。    えーと、まあ名盤なので早く買いましょう。  ポエトリーリーディングと10分超のインスト曲が挟まるので適当に流すには若干厳しいところありますが、とにかく他に類を見ないジャンルの音楽が詰まっているので、好きな人はもうこれだけで生きていけるのではないでしょうか?  個人的に『End Of Summer Dream』が好きですね。いや全部好きなんですけど、特に好きです。  

欅坂46『W-KEYAKIZAKAの詩』

 『不協和音』が劣化サイマジョ感あって微妙だと思ってたらカップリングがヤバかった。  歴代シングルの振り付け入れたり、グループの歴史を想起させる演出だったり、こういうの弱いので一発でやられました。スタッフロールでメドレー流すゲームが大好きです。  こんなのライブの最後に歌われたら死ぬに決まってるよなーって思います。  「君の声は聞こえているよ」っていうサビも、集団への反抗とか孤立をずっと歌ってきた欅坂だからこそさらに輝いてる気がしますね。良い曲。  

コーヒー&クリームラテ

20170404_070958637_iOS  スタバ大好き意識高い系なので新商品に飛びつきました。TwitterもInstagramもやってないのでなんか損した気分になる。  さくらラテとかマンゴーティーとかも別に嫌いじゃないんですけど、コーヒーが好きだからスタバに行ってるのであって、やっぱりこういう商品が一番好きです。  レギュラーメニューにしてほしいくらいなんですけど、12日までの期間限定だそうです。凄く美味しいのでぜひ。  

『キングちゃん』SP

 22時台。観たけど、正直期待値高すぎて思ったほど面白くなかった。  「嘘でしょ!?グランプリ」って要するに「嘆かせ王」を今後もやるための苦肉の策だったと思うんだけど、やっぱり無理があった。  これもそうだし「プロデュース王」とかもそうですけど、キングちゃんってドッキリ企画の割合が多くて、ドッキリ企画ってそう何回もやるものじゃないので、ゴッドタンでいう「マジ歌」「キス我慢」みたいに出演者が企画趣旨を理解してても面白くなる、ドッキリ以外の定番企画を早めに見つけないと息切れしそう。『水曜日のダウンタウン』みたいに企画を使い捨てる覚悟があるなら別ですけど。  

『ネプ&ローラの爆笑まとめ』と90年代アニソン

 たぶん全部観た。純粋に面白かったのはオードリーとか南海キャンディーズとかなんですけど、個人的に気になったのはおかずクラブのネタ。両親の再婚で義理の家族になった姉と弟が恋に落ちるっていう、少女漫画のパロディだったんですけど、その時に使われてたBGMが『ママレード・ボーイ』の主題歌。これ、94~95年に流れてた、30代にはそれなりに知名度のあるラブコメらしいです。私は少し前にバイト先の忘年会カラオケで初めて知ったのですが。  で、気になってYouTubeでこれの動画を観たりしてたら、90年代アニソンの関連項目にSURFACEの『さぁ』が表示されて。コロコロチキチキペッパーズがキングオブコントで優勝したあの卓球ネタの曲です。  つまり何が言いたいかというと、90年代サブカルが共通文脈としてお笑いで使われる時代が来てるんだなあってことです。もう少しすると、ハルヒ・らきすた・ひぐらしあたりも、飛び道具ではなく前提知識として使われる時代が来るのかもしれません。  

『しゃべくり007』

 今週のやつじゃなくて先週のやつです。  ところで  刺された。  冷静に考えて、例えば「毎日更新できなくてすみません」って謝るの、まるでこのブログを楽しみに待っている人がいることを前提にした表現じゃないですか。それってどうなんだろうと思うんですけど。  このブログ誰に向けて書いてるんだろうと思うことは凄くあって、だからエイプリルフールも完全に無視したんでうk、  そもそもこのブログ読んでる人なんてほぼいないのはアクセス数とかから私自身が一番理解しているし。  ただ、このブログが更新されていることで確実に幸せになっている人間が一人だけいて、それも私自身なんですよね。  こういう記事を書くこと自体が楽しいのはもちろんそうなんですけど、読み手としても、1週間後に読み返しても、1か月後に読み返しても、1年後に読み返しても面白いんですよ。何が起きたか、何にハマっていたのか、何を考えていたかを思い出せるので。  アーカイブ性というのはSNSにはないブログだけの力なので、1年後に「1年前どんなこと考えてたんだろう」っていうことを、まとまった情報として引っ張り出せるのは凄く楽しいです。  それならプライベートな日記でやれよっていう話もまあ確かにそうだと思うんですけど、  じゃあこういう文体、こういう客観的な書き方を、誰にも見せない日記でやれるかって言ったらそれはそれでヤバいやつなのは間違いないし、私自身のモチベーションとしてそれも無理なので、  やっぱりブログという形で一応誰でも読める体裁を取るのが私にとってもちょうどいいわけです。  そんなのに付き合っていただけている方がいることには感謝しつつも、誰も見ていないとしてもたぶんこのブログは続けていくんだと思います。  ……でも、びっくりすることに、時々Amazonアフィリエイト売れてたりするんですよ。意外と。ドメインとサーバー代と差し引きしたら相殺されるくらいですけど。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 5年前

欲望

気づけば3月も最終日。  前半の毎日更新が嘘のように空きまくってしまった。そしてもう半年が経過しようとしているハワイ記事。来月こそは……。 --------------------

Amazon春のタイムセール

 またやってる。  とりあえず注目すべきはSurface。プライム会員限定だけどセールが半端ない。  ウィジェットでは表示されていませんが、Pro4は25%オフ、Pro4のストレージ512GB以上のモデルとBookは30%オフ。  具体的には  Surface Pro 4 i7 / RAM 16GB / ストレージ256GBが¥147,258(25%オフ)。  Surface Book i7 + GPU / RAM 16GB / ストレージ256GBが¥191,117(30%オフ)。  どちらも買いでしかない。私が今使ってるPro4(i5 / RAM8GB)を買った時は19万くらいだったので、もう悔しさしかない。いや1年以上経ってるから仕方ないんですけど……。  1日限定セールなので、そう簡単に決心できる値段でもなさそうですが、新年度に併せてPC買いたい人とかはもう今しかないんじゃないでしょうか。    あと、そこまで高級じゃなくても、という方には地味にこんなものも。  Pro3の最廉価モデル(i3 / RAM 4GB)ですが、なんと¥52,989。しかも指紋認証タイプカバーをセットで買うと半額。  私みたいにガッツリ仕事とかに使うならともかく、ブラウジング・プレゼン・ノートといった一般的な学生の用途には十分なスペックと解像度だし、Pro3の排熱問題もi3なら逆にそこまで不満にならないでしょうし。  こちらは期間限定とかではなく単に在庫処分っぽいので今日中に買う必要もないですが、在庫限りなのでお早めに。(でもこの3日間はタイプカバーがこっそり15%オフなので、今セットで買うともっとお得)    いつも通りのKindle値引きとかはまあいつも通り。いい加減Kindle VoyageとOasisもセールしろよって思いますよね。Oasisなんて絶対売れてないでしょ……。  最近はiPad買ったのでKindlePWは持ち歩かなくなったけど、でも電子書籍で買ってるタイトルの新刊が出たら時々引っ張り出そうとは思ってます。やっぱりiPadより目が疲れないのは良い。  

Surface book with Performance Base 日本発売

 昨年秋のイベントで発表され、アメリカでは発売されていた、  Surfacebookが元々究極だったのにバッテリーとスペックをさらに強化した超究極なノートPC。  忘れたころに日本でも発売。いつものMicrosoft。いい加減Apple見習って全世界同時発売してほしいんだけど、別に全世界同時発売したからって売れるようなモノでもないのが悩ましい。
Surface Book (パフォーマンス ベース搭載モデル)を 4 月 20 日(木)より発売  スペックも高いけど値段も凄まじく高い。i7 / 8GB / 256GBですら30.8万、i7 / 16GB / 512GBで35.7万。  上のセール価格と比較するとちょっとなー……という感じ。  バッテリー改善は普通に羨ましいのだけど。Book2が出て値下がりしたら……ってところですかねー。  あとSurface Studioも日本で出るっぽいです。まあこれはiMac対抗、どちらかというとデザイン事務所とかが導入するタイプのものだと思うので、バイト先に1台入れてもらえるようにステマしていく所存です。  

クォーターパウンダー

 全然何の関心もなかったけど、頭の悪い消費者なのでなんかなくなるって言われると1回食べておきたくなった。  まあ普通。マックのバーガーなので別に良いも悪いもない。  代わりに新バーガーがレギュラー入りするらしいですね。たぶん釣られて1回は買っちゃうんだろうな。  

豚スタミナ丼

 バイト先の近くで安価にお昼を済ませられるのが吉野家くらいしかなくて、週1~2で行ってるのですが、  基本的に豚丼とか牛丼とかしか頼んでなかったのだけど、最近は豚スタミナ丼がお気に入り。  20170328_053646304_iOS  美味しいのでオススメです。¥450。豚丼より高いけど、生卵がセットでついてくるから意外とそんなに変わらない。  ニンニク多めなので口の臭いが若干気になるといえば気になるのだけど、大学の授業前ならともかく所詮はバイトなので別にいいか、と割り切ってます。狙ってる可愛い同僚とかも別にいないしな。  

ミリオンライブイベント

 ミリオンライブの4thライブ記念イベント。走りました。  20170328_061743000_iOS (2)   適当に走ってて気付いたら189万とかまで来てたのでいっそのことキリの良い数字に乗せました。ついでに500位報酬を2人分稼ぐあたりがセコい。  20170316_090329000_iOS 20170327_073348000_iOS  アイテム消費。iPadなので無駄に画面が大きくて見づらい。  昨年3000個くらい使ってたのでちょっと不安だったのですが、終わってみれば半分以上余る結果に。  きっちりデッキやSP育ててたのと4連アピール持ってたのがありがたかったな。去年のULA予選の志保が4連潜在で本当に助かった。  今年はさすがにみんな慣れてきたのもあってか、そんなに荒れなかったですね。  前半で余裕持って走りすぎて後半暇になってました。最終日も全然Splatoon2やってたし。  去年は志保も百合子も半端なく高かったので諦めもついたけど、今年はこのポイントなら志保さんのボーダーでも取れたし、何なら2枚取り狙っても良かったなあ……。来年あれば複数枚チャレンジしたいですね。その頃までソシャゲの方のミリマスがちゃんと盛り上がっている気は、あんまりしないですが。 --------------------  4月は就活とか新学期とかでいろいろ大変そうですが隙を見てブログは書いていきたいところです。  大学始まったらうまく時間作れるはず。……なんか本末転倒なところはあるけど。 ...

comment  0
favorite  0