ひとりごと 6年前

スランプ

寒いですねー。相変わらず。  今年は暖冬とか少し前に言われていたのが嘘みたいに寒いです。雪降ってるし。やめてほしい。手袋買わなきゃ……。  ようやく中間試験期間を脱出し、あと昨年末から引っ張っていた大きめの仕事が1つ片付いて、何となく解放感があります。  まあ実際には全然解放されてないんですけどねー! 特にウェブサイト案件抱えすぎて大丈夫かな私って不安になっていたりするのですが。  今抱えている案件はどれもこれも今までより一段高いところにあるというか、端的に言って現時点の私のスキルではできないことを引き受けているので、そのレベルアップも含めて頑張るしかないみたいな感じです。  なんでそんなもの引き受けたのか……って感じではありますが……。あ、いや、一応できるかどうかのジャッジはちゃんと考えて出してますよ。  そもそも昨年1月に引き受けた喫茶店のウェブサイトも、お金貰うお仕事だった割にあれがレスポンシブデザイン初挑戦だったので、まあ、「なせばたいていなんとかなる」というアレです。頑張りますー。 --------------------  そんなこんなで今月も8回更新に着地しました。  ただ、カレンダーを見ると更新がバラつきすぎて、定期的に更新したとはなかなか言いづらい……。 image  いや、ブログさぼってたわけではなくて、本当のことを言うと、先週に1~2時間くらいかけて書いた記事を2本没にしたんですよね。  没にした理由は簡単に言えば面白くなかったからなのですが。  割とスランプっぽい感じになってます。ブログ。  理由は結局のところ最近友人に連絡取りにくくなってるのと一緒で、  自分の精神面の悩みを誰かに話すのが最近申し訳ない気分になってるんですよねーすごく。こんなの読んでて誰が楽しいんだろうっていう。  まあそれを言ったら去年の記事なんて大抵そうだったのですが……。  ただ、去年の記事は一応、自分の話から入っても、それを客観的というか抽象的にした話に繋げることをなるべく意識してたのですけど、今回没にした記事はそこまでも行かなくて、本当に自分の考えをまとめるだけの記事だったので、  記事を書き終えた時点で考えはまとめ終わったので、別にこれ投稿しなくてもいいかなー……みたいな。感じです。  ……これだけ言及されて逆に読みたくなった方とか万が一いたら申し訳ないですけど本当に面白くないし時期も過ぎちゃったので公開はしません。  あと、最近そういう話をする際に躊躇ってしまうのは、これが自分だけに当てはまる話なのか、全員に当てはまる話なのかがわからない、みたいなことだったり。  バーナム効果じゃないですけど、「私にはこういう部分がある」って言っておきながら、読んでいる人が「いや、それ当たり前のことじゃね」って思ったりしてたらちょっとイヤだなー……みたいな。なんとなく。 --------------------  あと、この前の例の記事に個人的に莫大なエネルギーをかけすぎて、それ以降の記事のハードルが私の中だけで上がっていたりも。  あの件に関しては立ち直ったような未だに引きずっているような……お風呂の中とか自転車漕いでる時とか、そういう何も考えていない時間にふっと思い出して苦しくなったりします。  情緒不安定と言ったらそれまでなんですけど、ただ去年5月頃と違うのは今忙しくてそれどころじゃないのと、何よりも寒くてそれどころじゃないっていうのがあります。  5月頃には帰りに公園のベンチに座って30分くらい考え事したりしてたんですけど、今はそんなことしたら凍死しますからね。手袋もないし。  そういう意味で冬は嫌いです。あと通学時間が長いのも、夏だったら夜の方が涼しいので気にならないんですけど、冬は朝晩が地獄なのでただただ辛いです。早く夏になって……。  ……なんか話が逸れました。とにかくいろいろと病んでるってところです。  ブログ更新も……2月はむしろ少し減らそうかなと思っているのですが、まあ、いつも通り書きたいことがあったら書くので、何だかんだ普通の更新頻度になりそうな気もします。 --------------------  そういうわけで1月も終わりです。2016年が8%終わったとか信じたくないんですけど、それはそれとして進んでいきます。  あー、1月中にお知らせしようと思ってたことがあったのにできなかった。  というか、直近でやろう、それを終わらせたら報告しよう、と思っていたことが若干先延ばしになったので、どのタイミングでブログに書けばいいのかわからなくなった……みたいな。でも近いうちに何か書こうとは思っています。  いや、個人的に大きなことというだけで皆さんにとっては大したことないですけど。  あ、ただ、それとは別に、だいぶ前にちょこっと触れた気がする、このブログのお引っ越し作業は、いつか……お仕事がひと段落したらやろうと思ってます。ドメイン取得とWordPress移行。まあ、ひと段落するかどうかはわかりませんが……。春休みにできたらいいなぁ。  あとSplatoon記事も。近いうちに!書きます!  Splatoonは未だにほぼ毎晩やってます。楽しいよ。とっても。 ...

comment  0
favorite  0
アニメ・ゲームのこと 6年前

#私を構成する9本

ツイッターで昨日あたりに流行ってた「私を構成する9枚」という、好きなCD9枚を紹介するタグがありまして、  それをやろうと思ったんですけど、よく考えたら私の思い出の曲の大半はYouTubeかiTunesで聴いてるし、CD縛りだとwowaka・米津・ヒトリエ・ろこどるで全部埋まることに気づきまして断念。  そしたら「私を構成する9本」としてゲームジャンルでやってる人がいて、ああそれならできそう、だけど去年やった「思い出のゲーム10選」タグと何が違うの……?  と思ったんですけど、そういえばそのタグが流行った時に「ああ、これブログで詳細に1本ずつ解説すればよかった」と思いながら結局できなかったのを思い出しまして、  よし、じゃあこのタグに便乗してブログでリベンジしよう、ということにしました。  まあ面白いかはわかりませんが、「昔遊んでいて、今の自分のベースになっている思い出のゲームソフト」の話をする機会って意外とないんですよね。  そういうわけで9選です。   Moldiv_1454063311628  これがその9本です。まあ前に一度考えたのでそんなに悩みませんでしたが。  ドラクエとかポケモンとかドンキーとか上げだすときりがないので、シリーズものは被りなしに。  ……レア社ドンキーとレトロドンキーは別です。いいね?  ちなみにスーファミのゲームがやたらと多いのは、我が家ではWiiが出るまでずっと母親の結婚前からの持ち物であるスーファミが現役稼働していたからです。いやWii出た後もやってたんですけど。  ゲームキューブ持ってなかったので同世代の人と思い出話をしても噛み合わない。「エアライド?なにそれ?」ってなる。 3461 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 6年前

自意識と自覚

お久しぶりです。1週間以上も空いてしまいました。すみません。  いや、ちょっと先週から今週にかけて普通に忙しすぎてですね……。  昨年末は割と落ち着いていたバイト先の会社からの案件が結構連続で入ってきてるのと、個人的に請け負ったサイト制作の打ち合わせと、さらに大学が中間試験期間で、今週・来週にレポート2つ試験1つ。  あと週1で中学生に勉強教えてるとか、その合間に美容院行くとか、他にもいろいろ詰まってるのです。とりあえず今週で一旦落ち着くはずなのですが……。  そしてこう、時間に追われていて改めて気づく通学往復4時間の負担の大きさ。やることがないときは、暇な時間を通学中のアニメ観る時間に振り替えてるだけなんで別に気にならなかったんですけど、冷静に考えて1日4時間吸われたらそりゃ寝る時間も減るって……。  そしてそんな中、買って10日しか経っていない手袋を落としました。死にたい。  手袋をよく落とすことに定評のある私で、だいたい1シーズンに2~3回落としてるような気がするのですが、「今年こそは大切にするぞー」と思ってちょっとデザインとかも気に入ったものを選んだのに、史上最速ペースで紛失しました。しかも片方だけ。どうしろと……。  ……いや、しかしこれは逆に考えれば、同じものをもう1セット買えば予備が1つ生まれることに……!  はあ。悲しいのでやめておきます。ていうかこういう時に限って雪降ってきたりとかほんとやめてほしい。 --------------------  そういえばスプラトゥーンですが、とうとうブキ・ステージの追加がラストとなってしまいました。

 覚悟はしていましたが寂しいですね……。でも無料アップデートにいつまでも人員を割くわけにはいかないでしょうから、仕方ないところではあります。  個人的には有料DLCでも月額有料制でも何でもいいので続けてほしいっていうかこのゲームにもっとお金を払わせてほしいとすら思ってるんですけど、まあ言っても仕方ないので次世代機の続編に期待しています。  Wii UのSplatoonは、出た時点でゲーム機市場の趨勢はほとんど決着していたので、儲けることよりもとにかくIPの認知と普及を優先する戦略が取られていたように思えます。  その結果がこの大ヒットだったので、もちろん喜ばしいことではあるのですが、半年間無料アップデートなどという慈善事業を今後のシリーズでも続けていくのは、企業としてはおそらくあり得ないので、次回作ではいかにしてファンを離れさせることなくビジネスに繋げるかも課題になってくるのではないでしょうか。  ただでさえ任天堂がお金を儲けることを絶対許さない人たちがインターネットにはとても多いので、上手くやらないと炎上しそうで怖いところ。「前作はアプデ無料だったのに今回はお金取るのか!」みたいな批判になりかねませんからね。  リスクヘッジとしてはSplatoonで直接集金するのではなく、PSやXboxみたくオンライン有料にするのが一番単純だけど、ファミリー層がメインの任天堂がそれやるのかなあ……?という気も。  しかしNXの話は年明けても全然出てこないけどやっぱりE3なんですかねー。というかDirectを早く。 --------------------  ……ええと、それで、1週間も放置してしまった、前回の記事について触れようと思うのですが。  まあ、ねえ……。正直あの記事にこれ以上なにを付け足しても蛇足ではあるんですよね。  逆に言うと、あの記事だけで完結させるために、上げる前に何度も読み直して推敲しまくったんですけど。  客観的に見てあの記事がちょっと怖いなと思うのは、要するに「特定の異性にハマったストーカーの心理をストーカー本人が書いている」話なんですよねあれ。……そういう言い方すると一気に危険度が上がってくるけど。  そういうケーススタディだと思ってもらえればいいかなと思います。そして怖いのは、こう、この件に関して完全に脳が溶けていることを自覚しながら、なおそういう状態を脱することができない私自身なのですが。  心の動きがこうなることは読めていたのですが、それでも精神を安定させることはできないんですよねー。あの記事を書いた2日後の夢に件の相手が出てきた際の目覚めは地獄としか言いようがなかったです。そのまま自殺しかねなかった。何とか生きてますが。  まあただ、1週間経ってその感情もだいぶ落ち着いてきました。考えてみれば、留学中にその熱が冷めたのも、時間としては1ヶ月程度のことで、だから1ヶ月連絡を取らなければ済む話なんですよね。たぶん。まあカナダにいる間は連絡取ってたんですけど。  理性として正しいとわかることと、感情としてしたいこと・したくないことは違うし、後者はその時々の感じ方によって全く変わるのが難しいところで、私自身は割と後者の感情に重きを置いて何かを決断することが多いのですが、  しかし今回のケースは絶対的に理性の方が正しい、というか、一時の感情に振り回された結果が去年1年の無益さだったので、こういう風になるのかなあ。というところです。 --------------------  ところでこういうことを書くといつも、「メンヘラを自称してるやつはその時点でメンヘラじゃないのではないか」という命題に突き当たるのですが。  実際、自分以外の人がどの程度自身のことを客観視しているのかということを私は知らないので、あくまで私個人の見解として考えるしかないのですけれど、  本当に思い詰めている人って「あ、いま私思い詰めてるなー」とか思わないんじゃないのかな、という。  別にそれに限らず、例えば自分の知り合いのお葬式なんかに行った時に、もちろん悲しいはずなのですが、同時に「あれ、いま私悲しんでるのかな」みたいなことを考えるんですよね。  逆に、友人と会ってゲームをしている時に、「あれ、いま私なんで楽しいんだっけ」みたいなことを考えたりとか。  本来、感情というのはもっと直観的で、直情的でなければいけないような気がするのですが、私は常にそこから一歩引いた、というか、メタ的な視点で自分のことを見ているような気がします。自分が当事者ではない、もしくは、自分がそのシチュエーションの登場人物の1人であるような感覚。  その結果、中学の卒業式の最中、周りの泣いている同級生がツボに入って爆笑してたこととかがあるのですが。もう5年前か…。  で、そういうことを常に考えると、私のことをどう表現しても嘘を吐いているような感覚になるんですよね。もしくは、何もかもが例え話であるかのような。  例の彼女のことで酷く落ち込んだ。とは言っているけれど、落ち込んだ、というのは誰の目線で誰のことを語っているのか。  落ち込んだ本人が「あっ、いま私落ち込んでる」なんてことを考えている時点で、そいつ自身は至って平静ではないのか。「落ち込んでいる」のは自分ではない誰かなのではないか。  ……こうしてみると、私がブログを続けていることは何も不思議ではないんですよね。だって、ブログがなくたって常に自分のことを、コンテンツとして遠くから見て、それを頭の中で言語化する作業をしているので、それをただ清書しているだけなのです。  ただ、そうやって、自分の言動の1つ1つに、それをする理由の自覚が付きまとっていると、自分のしている何もかもが、一種のごっこ遊びのように思えてしまって、それを演じる自分がとても不純で、薄汚いような感じがしてしまう。  だって、本当にメンヘラであるなら、私メンヘラだわーとか言う前にリスカとか自殺とかするべきなんですよ。いや、これは冗談でも何でもなくて。さらに言えば、ちゃんとリスカしてた人も見たことがあるので、そういう人と比べて自分のそれはファッションメンヘラというか、そういう自分を演出したいだけじゃないのか、とか。 --------------------  その意味で、去年の4月からずっと悩まされたこの問題は、論理だけで割り切ることのできない自分の感情の存在を確かめられる瞬間でもあったのです。  それが良いか悪いか、というのは別にして、その人に会うたびに、合理性の全くない感情の動きと、合理性の欠片もない行動があった。  苦しいという言葉が先にあって、そこに自分の感情を合わせていくのではなくて、説明のできない感情が先にある状態。だからこそ、ここまで拗れてしまったとも言えるのですが……。 --------------------  説明のできない感情、という意味では、Splatoonも同様のもので。  ガールズモードとか、どうぶつの森とか、あとはアイドルのライブとか……そういったものは、「楽しいに決まっているもの」で、「お金を払ったのだから楽しまなくてはならないもの」で、そういう事前のフレームの中で、楽しんでいる自分を見つめている部分があったのですが、  スプラトゥーンはそういう感覚を抜きに、楽しい。楽しんでいる自分のことが見えないくらい楽しい。  そういう「頭を空っぽにして、ワンクッションを置かずに行動できる瞬間」というのは私にはなかなかなくて、だから「もっと肩の力を抜いてみればいいのに」と言われたりもしますが、まあ、それができないからこうなってるのであって……。ただ、そうならないこともある、ということがわかったので、何よりもそのことにスプラトゥーンには感謝しています。 --------------------  それをしている最中は、それで正しい、これをすることが楽しい、良い方向に向かう、そんなことを考えていても、やっぱり終わってみると悔やんでしまう。それはもうそういう性格なので仕方ないんだと思うのですが、  ただ、その最中だけは楽しんでいられるので、常に新しい環境に身を置き続けるのが正しいのかなあと、少し考えています。  今になって、2015年のことを振り返ると、いろいろと失敗してしまったことや、もっと上手くできたかもしれないことが、たくさんあって、凄く辛いのですが、  それは全て終わったからこそ感じることであって、留学にしろバイトにしろ、その最中はとても楽しくて、充実していると思っていたので、  今そういった何もかもに対して悲しさや後悔を覚えてしまうのは、今が何もしていない時期にあたるからなのだろうなと。  同じことの繰り返し、変化も刺激もない日々にいると、いろいろなことを考えて、思い悩んでしまう。  目の前のことに集中していられる時間だけが、それを忘れることができて、留学中は、その日々の全てに集中しているだけで十分に充実した時間だった。  それに対して今は本当に惰性で過ぎていく毎日なので、もっと自分を追い詰めて、追い込まなければいけないな、と考えています。  今の私に何らかの価値があるとすれば、他の人にできないことができるから、または、他の人のしていないことをしているからであって、何もしなくなれば本当に何の価値も魅力もない、いくらでも代わりがいる存在なので、ちゃんとしなきゃなーと思います。頑張ります。  ……いや、問題は、今の私は惰性で生きてますけど、惰性で生きてるだけで1日終わる程度には忙しいんですよ。冒頭に書いた通り。こっちから頼んだわけでもないのにお仕事が多い。いやありがたいことなのですが。  それをこなしているだけでもお金も入るし、暇にもならないのだけど、  それをこなしているだけで残りの大学生活を終わらせたくないなあ、という思いが最近強くなってきたので、どうにかしようと思ってます。近いうちに……。たぶん……。  ……いや、いろいろと準備していることもあるのですよ。まだ言いませんけど。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 6年前

楽しく

お久しぶりです。…久しぶり?  前回の記事で書きすぎたので今日は普通に趣味の話をさらっとします。  ただ今週普通に忙しいのが困りものなんですけど……。主に大学とお仕事。いや他に何があるのかって感じですが。  新年早々に小テストで死んだので今年はもっとマジメに授業を受けようと思いました。 --------------------  昨晩はろこどる新年会に行ってきました。  ろこどるスタッフによるロフトプラスワンでのトークイベントは今回で3回目ですが、  初めてプレゼント抽選に当たりまして、原作者・小杉先生のミニイラスト入りの熊手を頂きました。嬉しい!  キャンセル待ちで取った整理券が逆にめちゃくちゃ早い番号だったおかげで、初めて最前列に座れました。まぁ勇気がなくて最前列中央には行かず端っこにいたんですけど、結果的には関係者席の反応とかが見やすくてかなり良い席でした。  当然のように名和監督と直接乾杯できるのよく考えたらすごく不思議な空間ですよね。でも暖かかったー。今回は初めて成人になってからのロフトだったのでカクテルも飲みました。少しですけどね。基本はカフェオレ飲んでました。  ただ隣の人が超マナー悪くて、プレゼント抽選に外れるたびに舌打ちするわ、私のプレゼントを恨めしそうに見てくるわで最悪でした。異常に民度が高いとされる流川市民にもろくでもないやつはいるんだなって感じでした。  話の方も今回は楽曲スタッフが初参戦で楽曲の裏話や拘りを聞くことができたり、シリーズ構成・綾奈さんが急きょ参加されて、生オーディオコメンタリーがただのファンの感想だったり、とにかく最高でした。オールナイトじゃないのが残念だった……。あの時間だと逆に終電ヤバくて最後の方は時計を頻繁に見ながら聞いてました。  綾奈さんの「ここが百合萌えポイントです!」っていう視点がいちいちマニアックで熱量が凄かった。ツイッターで昨年流行ってた「わかりて」って言葉あんまり好きじゃないですけど綾奈さんは確かにわかりてって感じです。  名和監督をはじめとしたスタッフ陣も2期をやりたがっていることがひしひしと伝わってきたのでぜひ応援していきたいと思っています。とりあえず2月のキャラソンアルバムは買います。OVAは悩み中……だけどたぶん買うんじゃないかな……。 --------------------  ヒトリエ新曲「ワンミーツハー」PV出てますね。  なんていうか、前回のシャッタードールもそうですけど、もうヒトリエの新曲を聴いてもテンション上がらなくなっている自分がいて悲しい。普通に好きなんですけどねー。  昨年のモノクロノ・エントランスはメジャーデビュー以降の最高傑作クラスに良かったので、アルバム単位で聞き込めばハマっていくような世界観はまだヒトリエから出てくる可能性があると思うんですけど、  ワンミーツハーに関しては1曲収録という仕様のガッカリ感が凄い。なんだアコースティックバージョンって。やるとしてもボーナストラックでしょそれ。  バンド初のアニメタイアップというまたとない新規ファン開拓の機会に、カップリング曲なしという判断を下したのがSMEなのかヒトリエなのか知りませんが何を考えてるんだと言いたい。あのCDでヒトリエファン増やすの無理でしょ……。各楽器をフィーチャーした特典映像とか、既存ファンは嬉しいと思いますが。  というわけでヒトリエの次のミニアルバム発売を待ってます。あ、でもワンミーツハー自体はiTunesで配信されたら買おうと思っています。……いくら何でも今回はiTunes配信するよね? --------------------  そういえば新年まだスプラトゥーンの話をしていませんが、  今年に入ってからスプラトゥーンをしていない日はありません。  毎日やってます。楽しい……。  Rブラスターエリート、デコもいいけど無印もやっぱりいいなぁと思い始めています。たまーに無印でチェイスボム投げてるとなんか勝手に相手が死んでくれる。  他のボムと違ってチェイスボムは避けようと思えば基本避けられるので、自分でチェイスボムでやられた時の自己責任感が強くて悔しさが溜まります。……逆にいうと、チェイスボム使っても相手が上手いと全然当たらないんですけど。  ポイズンボールはA+くらいで使うと強いんですけど、Sになるとポイズン当てても全く狼狽えずにエイムの上手さで殺しにかかってくるので、ポイズンボール当てながら接近戦仕掛けても普通に押し負けるんですよね。……エリートで接近戦狙う方が間違ってるんですけど。  そんなわけでA+とSの間を行ったり来たりしています。S+いつか上がりたいなー……。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 7年前

2015を振り返って

2015年も最後の1日、そして当ブログとしても最後の記事となりました。  ……スプラトゥーン記事を上げると言ったな。あれは嘘だ。  いや、前回の記事でも触れた通り、本当に申し訳ないのですが、思った以上に年末時間が取れなかったのと、思った以上に大変な内容になりそうなのと。  何より、急いで仕上げることで雑な内容にしたくない、と思ったので。来年1月、おそらくスプラトゥーンの大きなアップデートが終了した頃に改めて上げようと思っています。すみません。 --------------------  記事のテイストの問題と、単純に気づくのが遅れてしまった関係でちょっと空いてしまいましたが、  めーこさんコメントありがとうございます。何度かWeb拍手も頂いているのですが、本当にありがたいです。  いつもコメントとか反応を貰うたびに、このブログを読んでくださっている方が現実にいるということに少なからず驚くのですが。  私自身、特にひとりごとカテゴリーの記事は本当に独り言のつもりでしか書いていないので、それで楽しんでもらえないとしても合わないのだから仕方ない、と思いつつも、  合う人が実際にいるのであれば私の文章も感覚もあんまり捨てたものではないのかもなーと思うことができます。ありがたいことです。  Neon Sign良いですよね。正直ヒトリエとか米津さんとかは上位独占しすぎないように調整してる部分があるので順位は参考程度にお願いします。サイドバーにも書いてますがBremenはTr.07~Tr.11が大好きです。  ……しかし、このブログ、基本的に外部からの流入はヒトリエかスマブラなのに、その両方をdisりまくってるの頭おかしいよな。  いや、ヒトリエは未だに大好きというか実際ここ3時間くらいずっとモノクロノエントランス聴いてるんですけど、そもそもモノクロノが好きってことは私はヒトリエじゃなくてwowakaさんのファンなのだと最近気づきました。イマジナリーも好きだけどW&W合わなかったのはそのへんじゃないかなー。 --------------------  2015年に起きた社会情勢や時事問題なんかの話をしてもいいのですが、別に私がこのブログでやる必要も特にないので、この記事はあえてプライベートなことだけに集中してまとめたいと思っています。ここ最近よそ行きの記事多かったし。  ということで個人的に今年印象的だった出来事・ニュースを時系列順に10個。 1. 喫茶店のサイト制作のバイト。(1~2月)  1月頭に頼まれました。初めてWeb制作が趣味から仕事になった。  これがなかったら次のバイトにも繋がってなかったのでかなり大きかったです。 2. ベンチャー企業のバイト?として働く(3月~)  単発バイトのつもりが気に入られてその後も定期的にお仕事の依頼を受けることに。  バイトというか時給制ですらない案件もたまにあるので、半分フリーランスみたいな感じです。  割とこき使われている感もありますが、いろいろな意味で自分に自信が持てるようになりましたので良かったです。 3. 精神的に大変な感じになる(5月)  とある人と会って精神的になんかボロボロになってました。 4. Splatoon(スプラトゥーン)にハマる(5月末~)  今年の趣味の時間はほぼ全てこれに吸い尽くされた。神ゲーという言葉では表し尽くせない。  個人的にここまで熱量が持続している趣味は久しぶりです。 5. カナダ留学。(7月~8月)  今年の最大のトピックです。本当に貴重な経験でした。  6週間程度で価値観なんてそうそう変わらないでしょーと思ってましたけど予想以上に変わりました。  それは、もちろん、カナダや留学先の大学やそのプログラムの1つ1つが素晴らしかった、ということもそうなのですが、  もっと根本的に、日本から離れて暮らすこと自体の何もかもが新鮮で、あまりに日常すぎて実際に経験しない限りわからないことがたくさんありました。  あと大学で初めて友人ができました。同性ですが。  6. 任天堂・岩田前社長の逝去。(7月)  突然プライベートでも何でもない話になりましたね。でも今年起きたことを考えたときに、自分に大きく影響を与えたことの1つだと思います。  ここ数年ずっとNintendo Directや社長が訊くやその他インタビューを追っていて、岩田社長の人柄や言葉、そして何よりその思考の1つ1つが大好きで、常に刺激的でした。  そして同時に、就活の際、会社説明会でその話を直接聞いてみたい、できることならいつの日か直接話してみたい、という思いがあったので、それが永遠に叶わなくなってしまったことはとてもショックでした。  7. とある異性にアプローチして普通に断られる。(8月~11月)  ノーコメントで。  8. SEALDsのデモに行ってきました。(9月)  政治系のデモに私が参加する日が来るとは…って感じでしたけどあの一体感は生で味わってこそかなーという趣でした。  あのエネルギーとそれを適切に広げるイメージ戦略は、ちょこちょこ失敗していたとはいえ、見習うべきところがある……というかもっと私も頑張らなきゃなと思いました。意識高い系って馬鹿にされがちですけど、それは「他の人と違う雰囲気を出しながら実際大したことない」からであって、大したことなくないラインまで届けばカッコいいですよね。  あとそれはそれとしてデモの帰りに宗教勧誘されたんですけど論破して逃げてきました。怖かったです。  9. 両親が割と険悪な感じになって家庭崩壊の危機が危ない感じになる。(9月~)  ノーコメント。  10. Surface Pro 4を購入。(12月)  今年はXboxとかMS Bandとかいろいろ買ったんですけど、その集大成がこれでした。19万。まあ来月1.3万返ってくるんですけど。  自分も周りの人も大学生・成人になって、収入も支出もそれ以前と比べて桁が変わることが多くなる中で、何にお金を使うかということは結構難しいテーマだなあ、と課金沼とアイドル沼に落ちていく友人たちを眺めながら思っています。 --------------------  一部詳細を明かせないものが混じってましたが、とにかくいろんなことがありました。  私にとっての2015年は、おそらく5年後、10年後に振り返ったとしても確実に私の人生におけるターニングポイントと呼ぶべきものになるだろうと、強く思うような一年でした。  今年起きたことを振り返ってみて改めて感じたのですが、1月~2月にメドレー上げたこととか、雪まつりやヒトリエワンマンに行ったこととか、すべて遠い昔のように思えます。  それだけ濃い1年だったということで。 --------------------  そしてそんな年の瀬に、私に大きな影響を与えた、そして私が強く尊敬している方に関する記事が2つ上がりました。  BUMP OF CHICKEN がいて、RADWIMPSがいて、自分がいること。|米津玄師、心論。|米津玄師|cakes(ケイクス)  【岩田 聡氏 追悼企画】岩田さんは最後の最後まで“問題解決”に取り組んだエンジニアだった。「ゲーマーはもっと経営者を目指すべき!」特別編 - 4Gamer.net  私にとっての理想の生き方、とか、理想の人間像って、おそらくこの2人だと思うんですよね。  もちろんタイプは全く違って、一方はアーティスト・イラストレーター、一方はプログラマー・経営者ですけど、  自分の人生における確固たる目標があって、そこに向けて努力していて、  また、そのための方法論に、他人の力を借りる、とか、誰かと協力して一緒に進む、みたいなものが多くない。  岩田さんは温和なコミュニケーションの人のように見られがちですけど、上の追悼記事を読んだりすると、根本のところではもっと、独善的、というと言い方悪いですが、自分一人で解決することを前提にしているのではないかなーと。  そもそもプログラマーというのは他人に最終責任を押し付けたくない人、つまり他人を信用できない人に向いていると思うんですよね。それは、他人への思いやりが強いともいえるし、他人への疑いが強いともいえる。  私自身もそうだと思います。誰かから仕事を振られたら受けるけど、できる限り他人に仕事を振りたくない。全て自分自身で片付けてしまいたい。  おそらく、そういう感情が強ければ強いほど、何から何まで自分でやろうとして、結果的にマルチな才能だなんて言われるんじゃないかと思います。  特に岩田さんは「何をやらせてもすごい」というイメージとそれを裏付けるエピソードがたくさんありますが、「何もかも自分でやりたい」というエゴの裏返しでもあるんですよね。きっと。  それは前述の追悼記事で明かされた、決算説明会の原稿やスライドも社長が作っていたという事実でも裏付けられるのではないかと思います。  私自身はどうかと言えば……まだまだだなあ、と思います。  文章作成、作詞作曲、Web制作、動画編集、なんて、並べれば聞こえがいいけれど、1つ1つはそのへんにいくらでも転がっている大したことないスキルです。もっと頑張らなくてはならないな、と思います。 --------------------  今年はプライベートや仕事の面でもいろいろあったのですが、  それに比例してか、ブログもたくさん更新した1年でした。  ということで個人的に今年のブログで好きな記事を10個上げます ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 7年前

クリスマスプラ

年末ということでいろいろなことを片付けなければいけないシーズンですが、  私が何に追われているかといえば仕事とブログ話題の消化です。これに尽きます。  ブログ話題の消化にどれだけ必死かは、今週の更新が5回目というところでわかっていただけると思いますが。  キャバルリィとアスタリスクの比較記事なんかは「書いておきたかったこと」の典型なのですが、そういうものはまだまだあります。  それでも先週予告した内容の半分くらいは消化できています。あと少しです。買ったものの記事とスプラトゥーンの記事。頑張って書きますよー。  ……小説は知らない……。書きたいんですよ!でも!もう時間がないんです!  いや年末納めで引き受けた……っていうか断る選択肢もあんまり与えられてなかった案件がいくつかあって、それが思ったより重たくてですね……。 案件3つあるうちの1つに関して7~8時間作業してますけど半分くらいしか終わってないです。面倒くさい……。 --------------------  それはそれとしてスプラトゥーンですよスプラトゥーン!  新しく追加されたRブラスターエリートデコが最高です。最高!  もともとRブラスターエリートを追加当初から愛用していたのですが、メインウェポンとサブのチェイスボムとスペシャルのスーパーショットがすべて「遠くの敵を殺す」で役割かぶっていた面があって。 中距離の敵を倒す際に何を使えばいいのかわからない……みたいなところがあったんですよ。  近距離の敵に対しても、一応チェイスボムで応戦できるかもしれないけど不安定……という。  そこへきてエリートデコはポイズンボールとメガホンレーザーを手に入れて、完全に「後方支援することだけ考えればいい」という割り切った性能で、それゆえに何をすればいいのか明確なのですね。 チェイスボムはないから、近づかれたらポイズンボールで足止めして逃げるしかない。  とにかく味方との連携が大事で、味方と敵がもみ合っているところにポイズンボールを投げて殺してもらう、みたいな使い方がメインになります。 そのため、わかばシューターやスプラローラーなどの近距離武器と組むのが最高です。うまく噛み合うと手が付けられない制圧力。楽しいです。  あと個人的には、相手に超接近して、相手を飛び越えながらRブラスターを真上からゼロ距離で撃って殺すのが好きだったのですが、 エリートデコはポイズンボールで足止めすることでさらにインファイトしやすくなったのも嬉しいです。チェイスボムとかいらんかったんや……。 --------------------  そういえば先々月くらいに予約していたスプラトゥーンのキーホルダーが届きました。 KIMG0497  シオカラーズのキーホルダー。かわいい!!超かわいい!!最高!!  もうこれだけで幸せです。これをつけたバッグを持ち歩くのが幸せです。  で、これを購入した2日後に、ぼっち闇声優でおなじみ三澤紗千香さんのブログの更新通知を見て、  三澤紗千香『♡届いた♡』  読む前からタイトルだけで何が届いたのかわかったけどやっぱりスプラトゥーンキーホルダーでした。  人気声優もみんなやってるスプラトゥーン!今ならまだ間に合う! というわけで皆さんも買いましょう。スプラトゥーンセット生産終了したけど。    ちなみにうちのスプラトゥーンはめでたくプレイ時間が500時間を突破しました。本当にありがとうございました。 ここまで遊び続けられるゲームを作ってくれた任天堂とスプラトゥーンスタッフに心から感謝しています。 --------------------  任天堂といえば「ニンテンドー2DS」が発売されるそうですね。    「ニンテンドー2DS『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ』限定パック」2016年2月27日発売! | トピックス | Nintendo  2DS自体は海外で2年前から発売されていて、カナダ留学時にも実物を見たことはあったのですが、 「廉価版だし日本では出さないだろうなー」と思っていました。  それを、単に3DS販売促進、ではなく、「赤緑に合わせたレトロゲーマー向けの商品ラインナップ」という形で出すのは、本当に頭いいなーと。  この見るからにオモチャな感じが逆にいいですよね。 任天堂はDS Lite以降「大人が持っても違和感のないオシャレアイテム」に方針転換していたので、ここでこういうゲームボーイを思い出させるクリアカラーというのは素晴らしいです。  ……まあ、買うか……?と言われたら困りどころではあるのですが。New3DSLLもあるし。  でも勢いで買っちゃいそうな価格と魅力なんだよなー……。かなり迷ってます。 --------------------  話は変わりまして、ろこどるのOVA放送がありましたね。いつも通り幸せな時間だった。  なんでしょうねー。同じ日常系でも「ごちうさ」とか「ゆるゆり」は苦手なのに「ろこどる」は大好きなんですよ。 でも放送時の前半はそんなにピンとこなかったので、やっぱり後半、特に11~12話の演出がよかったからかなー。ストーリーが一本通っているのは素晴らしいです。  そしてそんなろこどるのスタッフトークショーが新年すぐに!!  私はイープラスのクソサーバーに負けて取り逃しかけたのですが、めげずに毎分F5連打してたら15分くらいでキャンセル分が発生して無事に獲得しました。 しかも整理番号ひと桁でした。びっくり。  これでスタッフトークショー3回皆勤だし、これはもうデザイナー業界風に言えば上級流川市民でしょ……。いや第1回流川祭りもオールナイトトークショーも外してるんですけどね。  正直ろこどる絡みだとみっくと同じくらい一迅社宣伝担当のミスティさんも好きです。 --------------------  そういえば昨日はクリスマスでした。  クリスマスなのでうきうき気分で出かけて、買い物を楽しんで、カフェで一息ついてました♪  充実した一日だったなー( ´ ▽ ` )ノ  みたいなことを書いたところで面白くもないし書いてる方も読んでる方も惨めになるだけです。一人で買い物して一人でドトールで仕事してました。あと昨日のキャバルリィ記事もそこで書きました。  でも一人で買い物したりコーヒー飲んだりするの割と好きです。たぶん明日も同じ事をします。 最近LOFTにすっかりはまってます。ああいう生活を豊かにするワンポイントみたいなのすごい好きです。基本的にはケチなのでそんなに次々には買いませんけど、でもついつい買っちゃう魅力がありますよね。ああいうの。  ただそれはそれとしてクリスマス……っていうか別にクリスマス関係なく最近割と精神的に疲れていて、 なぜかわからないけど、最近一人でいることに急に耐えられなくなってきて辛い。  高校の頃からずっとぼっち通してたので別に何をいまさらって感じはあるのですが。  でも強いて言えば留学なのかなー。留学中、同じ大学から行ったメンバーで、特に最後の2週間あたりはかなり楽しく過ごすことができて、「ああ、男女混じってどうでもいい話をしてキラキラした感じで過ごすの、こんなに楽しいんだ」ってことを思って、  でもその留学中のコミュニティは帰国と同時にほぼ瓦解したので、なんかこう、宙に浮いちゃってるんですよね。心が。大学でそういうコミュニティにはまったく所属していないので。 こう、下手に経験してしまったからこそ諦められなくなるわけで、それは数か月経っても突発的に思い出しては悶えています。 まるで麻薬がフラッシュバックするのと同じ現象です。友達は麻薬だった……?  まぁ別に一人でも楽しいは楽しいんですけど、それはそれとして誰かと一緒にいることも楽しいんだろうなーって気づかされまして。  今の私にとって必要な存在がどういうものか……みたいなことはこのブログでもさんざん書いてきた通り、「1から10まで何でも話せて、何を話しても楽しい」みたいな関係性なんですけど、やっぱりそれは難しいんだろうなとも思うし。   ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 7年前

lasts

今年度の授業が終わりまして、今日はお休みでした。  まあそういうわけでこっから1週間はスプラトゥーンやるぞー?  って言いたいところなんですけど死ぬほど仕事が溜まってます。  いや、溜めてたわけでは決してなくて、22日くらいになって続々と新規のお仕事のプレゼントがあったというか……。  いろいろと大変なんですけど頑張ります。年内納期ばっかりだ。  そして年内納期とは別に、年度納期のちょっと大きなサイト制作のお仕事を個人的に請け負いまして、  そちらの方が責任重大なのですが頑張ります。  ほんとこの1年はいろいろあったけれど、特にこの方面では飛躍的に成長を遂げた気がする……。まさかこんなことになるとは。年明け時点ではWeb制作のお仕事を受ける可能性なんか一瞬も考えたことなかったのに。 --------------------  今年の大学の授業が全部終わったところで、なんとなく考えたのは、  「この、何となく毎日出席して何となく単位もらえてる授業、なにか自分の実になっているのかなあ」ということで、  うちの大学は、3期制だったり、教養科目が多かったりする関係で、その学期に受けた授業の内容が、次の学期に持ち越されないことがとても多いのですね。  それは、いろんな分野に触れることができてもちろん良い面もあるのですが、  しかし一方で、あんまり意識しないと次の学期になる頃にはその内容を忘れてしまったりもして。  実際、1年の時に受けた教科のいくつかは、完全に頭から抜けていってしまっているなあ、とも思って。  そういう風に日々を過ごしていくのがちょっと勿体ないように思えたので、  先月買った『ほぼ日手帳』を、2016年は日記として活用し始めようと考えました。  いや、もう去年からわかっていたことなんですけどスケジュールを手帳で管理するのは無理です。  Surfaceとスマホの時点でカレンダーをクラウド化しない理由がなかったのに、Microsoft Bandまで買ったんだから。  それなら、日記だなあ、と。  日記もブログがあるから書くことないだろうと思ったんですけど、意外と手帳日記とブログって差別化できそうなんですよね。  たとえば手帳には、「今日の授業はこんな話だった」「今日は友人と会った」「今日は○○を買った」みたいなことを書いているのですけど、  ブログに載せるのはそこからフィルタリングされたものですし、  載せるとしても数日分の話題をまとめているので、  厳密にその日ではなく「その近辺に起きたこと」になってしまうし。  自分のために残す記録と、他人に向けて残す記録は別物だなあ、と。  まあ面倒臭くなって止めちゃう可能性もそこそこ高いのですが、  少なくともスケジュール管理用途で使おうとしたら間違いなく今年もまた全ページ白紙で終わってしまうので、手帳日記、ちょっと続けてみようと思います。 --------------------  そういえば明日は「ろこどる」クリスマス特別編の放送日ですよ!    ろこどるクリスマスオールナイトイベントは無事にチケットをご用意されませんでしたのでおとなしく家で観ますが、  それはそれとして年明けすぐにスタッフトークショーが!!  正直ろこどるに関しては声優イベントよりもスタッフトークショーの方が好きなのでとても嬉しいです。……いやでもクリスマスみっくは観たかったけど……。  まあともかく皆さんOVAは観ましょう。そしてできれば本編も観ましょう。ろこどるは良いぞ。 --------------------  ところで2016年ももうすぐ終わりですが、  私としてはまだまだ書き足りないことがたくさんあるので今年中にまだまだ更新するつもりでいます。少なくとも3~4回くらいは?  そういうわけで忙しない年末になるかもしれませんが、よろしくお付き合いください。  あとコメントとかWeb拍手とか送ってもらえたら心底嬉しいです。年末だし?1年の感想とか送ってくださってもいいんですよ?? ...

comment  1
favorite  0
ひとりごと 7年前

クレーマーズ

Surface Pro 4を購入して2週間が経過しまして、 このガジェットのあまりの完成度の高さに日々幸せを感じており、まるで彼女ができたばかりの童貞のように毎日惚けた顔で使っているのですが。  ……なんだこの表現。ウレロ☆未体験少女の観すぎでちょっとした下ネタを言いたい病気にかかってる。  まぁともかくそんなわけでSurface Pro 4に関してはいい買い物をしたなー!って感じなのですが、  去る今週月曜日(12/14)、Microsoft Store(公式オンラインストア)でサイバーマンデーセールなるものが開催されまして。  10000円分購入するごとに777円オフという、回りくどいですがほぼ7.77%オフのキャンペーンを1日限定で始めたのです。 しかも学割10%オフと併用可能。  ……で、普通ならその2週間前に購入した私は悔し涙を流しながら眺めるしか選択肢がないわけですが、  Microsoft Storeには「購入から1ヶ月間は理由を問わず返品可能」という規約がありましてですね。 つまりこのタイミングであれば、「一度返品して同じものを買い直す」ということができるのです。  ……いやいや、しかし。 そうはいっても返品可能というのは本来、商品に満足しなかった人が使う制度であって、こんなゲスい使い方をすべきものではない。 そもそも学割10%オフの時点で十分安いと思って買ったし、その価格に不満があるわけでは決してない。 おまけに再設定とか返品梱包とかいろいろ手間もかかる。 そこまでして、返品して即同じものを購入なんていうクソ消費者みたいなことをしたいのか?  悩みぬいた末、私は断腸の想いで image  買い直しました。  …………。  これが例えば、2000円とか3000円の値引きだったら迷わずスルーしたし、 6000円とか7000円だったとしてもやらなかったと思います。  ……しかし、13200円。  5桁を超えたら、さすがに、大金の範疇になる。  再セットアップなどの手間賃を考慮してもさすがにちょっと見過ごせる額をオーバーしていました。  Surfaceを買うためにわざわざ自分のクレカの限度額を一時的に上げてもらったのに、結局は母親のクレジットカードを借りて買うことに。 ……いっそ母親のクレカが限度額15万とかだったら諦めもついたのに……。  そんなわけで早くも2代目Surface Pro 4が届いたので改めてセットアップしています。 1代目は今週中に返送します。短い付き合いだった……。 KIMG0491  ↑2台のPro4が並ぶ異質な光景。  セットアップ自体は当たり前ですけどつい最近やったばっかりなのでそんなに苦労しません。そもそもPro2⇒Pro4の時もそんなに大変じゃなかったし。 だいたい、今のスマホとかPCの移行で何が一番大変かと言えば、様々なネットサービスのパスワード管理なんですけど、EdgeもChromeも勝手にパスワードまで同期してくれるので全然困らないという。ある意味怖い話ですけどね……。  それにしても、購入履歴が既にあるので開き直ってサポートの方に「セールがあって買い直したいので返品させてください」と申告したのですが、一切嫌味とか言われませんでした。いやそれ言ったら企業として問題なんですけど。 っていうか発売からそんなに経ってないタイミングでのそこそこな値引率だし、割と返品多かったんじゃないかな……。 むしろ「新しく届いたパッケージに今使っている本体を入れて送ってくださっていいですよ」とかいうアドバイスを頂きました。 最初に届いたパッケージを丁寧に保管するなんてことはしてなかったのでとてもありがたかったです。  i7が12月発売だったらいっそのことお金足してそっちに乗り換える手もあったんですけど、延期されたので断念。 というか本当は海外みたいにi5でRAM16GBのモデルがあれば良かったのですけど……。 --------------------  あと最近の話題といえば……。  スマブラ最後の特番。ありましたね。その話、します?  まぁ何というか最後まで失望させられっぱなしだった……。ぶっちゃけFEプッシュどころか逆にFEアンチ増やしてる気がするんですけど本当にあれでいいんでしょうか。 ジーノコラボだけはテンション上がりましたが、Miiコスチュームとか買う気は一切ありません。クルールとかクロムとかイカの時もだけど、あれ嫌がらせでしかないでしょ……。アシュリーとか参戦無理そうなキャラでやるならまだしも。  ただ、桜井さんのやりたいこともわからないではないんですよ。「格ゲーとしての魅力を最優先させたい」っていう。 そもそもforの新キャラ、人型ばっかりじゃないですか。ドンキー・カービィ・スターフォックス勢が増えず、 増えたのはFE勢を筆頭にリトルマック・シュルク・リュウ・クラウドと、パッと見もう普通の格ゲーじゃんみたいなビジュアル。  でもその方が派手で楽しいのは間違いないんですよね。 原作シリーズとしての好みでディクシー参戦をずっと唱えてましたけど、実際ディクシーとカムイどっちが面白いキャラになるかと言われればカムイに決まってますし。  ……つまりロイ(FE)は許されない。 コンパチでDLC枠潰すのもクソだし、どうせそれやるならせめてウルフ助けてあげるべきでしょ……。あの時点ではまさかFEからもう1人増えるなんて思ってなかったのでそこまで突っ込まれなかったけど、新キャラ揃った上で見たら完全に場違い。  まぁそれはともかく。  論点としてはスマブラをキャラゲーと格ゲーのどちらで見るかでの乖離があるんだろうな、と思うんですけど、  そもそも投稿拳やる必要あったの?? 結局投稿拳から参戦したのベヨネッタだけで、(クラウドはFF7復活絡みで投稿拳なしでも選ばれてそうだし、)人気無視してカムイとか入れるんだったら最初からやる必要なかったと思うんですけど。 「次回作があれば参考にします」的なコメントが出てたらまた別でしたが。  ひょっとすると桜井さんは、「投稿拳の上位キャラのうち、作ってみたいキャラは参戦ファイター、作りたくないキャラはコスチューム」みたいな仕分けで全部を掬ったつもりだったりするのかなあとか邪推してしまいます。  夢の競演を謳うのであればちょっと今のメンバーはおかしなことになってるし、かといって格ゲーとして見れば今の方針が間違ってるとも言えないので、  次回作では「任天堂スタッフの作った八方美人スマブラ」と「桜井さんの作った趣味全開スマブラ」の2バージョン作るのが一番良いと思われます。 前者はもうシリーズ人気とキャラ人気だけを考慮して作る。技のチョイスもバランス調整もちゃんと分業制にして、とにかく数を増やす。ディクシーとかしずえさんとかアシュリーとか技足りなさそうでもとりあえず増やす。 後者はFE10枠パルテナ5枠でディディーもリストラで。どうでしょうか。 --------------------  そういえばそのスプラトゥーンですけど国内売上100万本とかシオカラーズライブとか新ステージとか。 完全な新規タイトルが据置機で100万本って改めて考えたら凄まじいことですね。マリオですら同梱版で投げ売りしてギリギリだったのに。  スプラトゥーンの同梱版はプレミアム+スプラトゥーンで34000円ですけど、 マリオUの同梱版はプレミアム+マリオU+パーティUで30000円でしたからね。これでしっかり本体牽引してるイカは凄い。  Splatoonについては実はちゃんとしたレビュー記事を書いていないので、年内には1個上げようと思っています。 まあSplatoonに言及した箇所をまとめたら記事10本分くらいにはなると思いますけど……。  ちなみにうちは今Wii U GamePadを修理に出しているのでSplatoonできていません。そろそろ禁断症状が……。  仕方ないので昨日久々にスマブラWiiUをしました。仕方なく。 でも面白くて悔しい…っ!って感じでした。 何だかんだベヨネッタとか魅力的なので買うつもりだったりします。  いや、スマブラほんとよくできてるし、スプラトゥーンほどではないけど久々に遊んでも飽きない面白さだなあとも思うんですけど、 これで自分の愛着のあるキャラが参戦していたらどんなに楽しめたんだろうなあ……。なんて。  私、ドンキーシリーズ好きですけど別にドンキーとかディディーが好きではないし、MOTHER2も好きだけどネスが好きなわけでもないので、 そういう意味で好きなキャラはスマブラにはいないんですよね。ロゼッタ&チコとかはスマブラキャラとしては好きなのですが。   ...

comment  0
favorite  0
アニメ・ゲームのこと 7年前

Wii Uがゲーム機版Windows Phoneである考察、とNX(仮)予想

現在のゲーム業界において、日本以外での主戦場は据置機です。  で、PS4・Xbox One・Wii Uがそのメインプレーヤーなわけですが、 videogames8thgen-5520179  ※画像はThisGenGaming.comより  「プラットフォーマーのシェア争い」というのはゲームに限らず基本的にどこの業界でも見られる話でして。  なぜかといえば、プラットフォームというのは、争いに勝ってシェアを獲得しさえすれば、何もしなくても利益が得られる美味しい商売になり得るからです。  Apple MusicとSportfyとか、モバゲーとGREEとか、ジャンプとマガジンとか。  そして現在、世界中で最も強大なプラットフォームといえばスマートフォン・タブレット市場で、  iOS(iPhone)を売っているApple、Androidを売っているGoogleの二大プラットフォーマーといえば、もはや国家権力並みの決定権を握っています。  そしてそこに出遅れているのがWindows Phoneを売っているMicrosoftです。今年になってWindows 10 Mobileに名前が変わりましたが。  一応ヨーロッパやアメリカでは多少のシェアがあるものの、iOSやAndroidに比べるとかなり小さいです。日本では言うまでもないことですが。  で、だいたいの場合こういうプラットフォーム争いは、一度シェアが確立されると容易にはひっくり返すことができないのですが、  ゲーム機業界というのはその点特殊で、毎世代そのシェアがリセットされるので、そのたびにシェアが変わったり、変わらなかったりします。  PS2で圧勝していたSONYがWiiで任天堂に逆転され、その任天堂はWii UでPS4に逆転されました。  3世代連続で2位を取りそうなXboxは凄いのか凄くないのかは置いといて。  ただ、前世代~今世代は実績やオンライン有料などの会員システム、要するに囲い込み的なアレがだんだんとゲーム機にも浸透してきて、その点でWii Uはかなり先行き不安だったりもするのですが、  この据置機における「PS4・Xbox One・Wii U」の関係が、「iOS・Android・Windows」に似てるんじゃないかなぁ、というのがこの記事の主題です。  ※この記事の内容は、そこまで詳しくない人がふんわりとしたイメージで書いている話なので、適当に読み流しつつ、事実と異なる部分を発見したら指摘していただければ幸いです。 --------------------  まず、どのように共通項を整理するかについて。  市場におけるプレーヤー  Apple→SONY、Google→Microsoft、Microsoft→Nintendo  iOS→PS4、AndroidOS→Xbox One、Windows Phone 8.1→Wii U  は、まぁ何となくわかってもらえるとして。  PC市場→携帯機  だとすると、こう、「衰退傾向にある市場ではシェアが高い」というところも共通してるんですよね。  ハードメーカーおよびアプリ開発者→サードパーティー  機種およびアプリ→ゲームソフト  つまり、スマホにおいては(Apple以外)「プラットフォーマー=OS会社」ですが、  ゲーム機においては「プラットフォーマー=OSとハードの会社」です。  なので、それ以外の部分、つまりスマホにおけるOEM(Samsungとかソニーとか)やアプリ会社(ガンホーとか)を、  まとめてゲーム業界におけるソフト会社(セガとかバンナムとか)との関係になぞらえてみる。ということです。 --------------------  Windows Phone 8.1とWii Uがどういう風に似ているか  1. アプリ/ソフトメーカーは市場を広げるためにマルチプラットフォーム戦略を取っているが、2つで十分なシェアなのでアプリ・機種/対応ソフトを開発してもらえない  2. アプリ/ソフトがない→売れない→売れないのでアプリ/ソフトが出ない、の負の連鎖  3. 関連した別市場でほぼ寡占状態にあるが、そちらもスマホ市場の成長に伴って縮小傾向  (Windowsの場合はPC市場、任天堂の場合は携帯機市場)  4. 自社ソフト(Microsoft Office / マリオなど)のパワーが強いので、独自市場を作っているが、一般消費者に広がらない(Windows Phoneの場合は企業向け)  5. そのスマホ/据置機のダメージが決算に響いている(MSはそれでもクラウドとかで利益を出してるけど)  なんか共通点マジックみたいな感じもありますが、まぁ「市場に必要なのは2社くらい」「知名度は高いけどあんまり」みたいなところは近いんじゃないかなーという。  で、ここから本題なのですが、Wii Uと似た苦境にあったのはWindows Phone 8.1なんですよ。  Windows 10 Mobile、およびWindows 10に伴うここ数年、  Microsoftは何とかスマホ・タブレット・PC市場で成長するために様々な改革を新CEOサティヤ・ナデラ氏の下に行っていて、  まぁそれが成功するかどうかはもう1~2年くらい見ないと判断できないわけですが、  その方策は来年登場すると予告されている任天堂の次世代ゲーム機 NX(仮)における戦略のヒントになるのではないかな、と思ったのです。 -------------------- surface-book-pro-4-8887683  Microsoftがここ数年で行った改革。  1. Windows 10でUIおよびアプリの完全共通化(PC・タブレット・スマホ・Xbox・IoTなどで動くユニバーサルアプリ)で、Windowsアプリを作るメリットを開発者に提示。  2. iOS・Androidアプリを簡単にWindowsに移植できるシステムを自ら構築、提供。  3. Windows 7 & 8.1、Windows Phone 8.1からWindows10への無料アップデート。とにかくWindows10世代にユーザーを集める計画。  4. 自社デバイスSurface / Surfacebookを開発して自らタブレット市場におけるシェア拡大をリード。  5. Windows Phoneメーカー最大手だったNokiaを買収して自社で支える方針に。  6. Microsoft OfficeをMac OS・iOS(iPad)・Androidなどで使えるようにマルチプラットフォーム化。機種を問わず使ってもらうことでソフトのシェアを拡大。  7. 定額制のクラウドサービス Office 365 ...

comment  0
favorite  0