アニメ・ゲームのこと 7年前

はじめてのガールズモード

「GIRLS MODE 3 キラキラ☆コーデ」を購入しました。  前作までは一切興味持ったことなかったので、正真正銘初体験です。  HNI_0070  どのくらいハマっているかといえば発売翌日には3DSの着せ替えテーマも購入しちゃうくらいなのですが。  何が面白いのかをできる限り言語化しようとしてみます。 --------------------  「ガールズモード」は、基本的には服屋(セレクトショップ)の店長(といっても従業員は1人)になって、買いに来たお客さんの好みや見た目に合う洋服を勧めてあげることで買ってもらい、街中みんなをオシャレにしていくゲームです。  このあたり、あえてオシャレ要素を抜きにして語ると、経営ゲーム的な面があって、  「服を仕入れる→客に買わせる→新しい服を仕入れる」というサイクルでだんだんと品揃えを増やしていく必要があるわけです。  お客さんは「オレンジのトップスが欲しい」「ポップな帽子を見せて」「無地のインナーがほしい」などなど様々な注文をしてくるため、その全てに対応するには様々なブランドの商品をちゃんと仕入れておく必要があるわけです。  これを繰り返していくと、だんだん店長は客からの信頼を得ることができ、ついには全身コーデを頼まれたりするわけです。  お店の外観や内装を変えたり、店頭にマネキンとしてコーデ一式を展示して置いたりすることもできるなど、経営ゲームとしても十分楽しめる作りとなっています。  さらに言えば、お客さんは勧めた服を着てくれるので、「街中の女の子を眼鏡っ娘に!」みたいな改造計画も進めることができます。 --------------------  しかし!このゲームの本質はそこではない!いやそこだけでも面白いんだけど!  仕入れた服は、サンプルとして店長本人の家にも送られてくるので、主人公(私)の着替えができるのですが、これがまあ面白い。  メインだけあって「ポケモンXY」なんかとは比べ物にならないほどの幅の広さです。  例に出すのは私がやったことあるコーデできるゲームがそのくらいしかないからなのですが。  ゲーム開始時にある程度のサンプルを無料で貰えるのですが、いや、ぶっちゃけこのサンプルの中で可愛いコーデを探るだけで数時間は潰れますHNI_0071 HNI_0072 HNI_0082 HNI_0074  いくつかサンプルにはない服も混ざっていますが。とにかくいろんなコーデが楽しめます。  全部私です。主人公の店長ちゃんが自室で着替えているのです。  正直なところ自室で着替えして写真撮ってツイッターに上げるだけで楽しいです。  自撮り女子ってやつです。たぶん。  個人的には2番目の服が好きですね!  もう清楚系なんて言わない。フェミニン。フェミニンでシンプルなコーデが最強なのです。  ゲームが進んでいくと新たなブランドの服を買うことができるようにもなります。  HNI_0087  いわゆるロリータファッション。リアルにいたらなかなかドギツイ感じではありますがゲームの中なので良いのです。  自分が着たい服を買っていくと、どうしても店の在庫が偏ってしまい客のオーダーに対応できなくなってしまうことがよくあります。  それでも自分の好きな服を買いたいんだ…! HNI_0091  というわけでうちの店の在庫はフェミニン系とガーリー系ばっかりです。 --------------------  このゲームのまた別の魅力として、出てくるキャラクターの可愛さがあります。  舞台となるルミナスタウンにいるのは基本的に女の子。  なのですが、ギャルっぽい子もおとなしめな子も、みんないい子。  リアルとは違って陰で誰かの悪口を言うような女子はいないのです。優しい世界。  ゲーム序盤から主人公のサポートをしてくれるお友達「ノノちゃん」は天然気味で明るくて優しいいい子。  HNI_0067  この若干アホの子な感じが最高にいい!可愛い!!  HNI_0068  途中でノノちゃんと仲の良い男が出てきた時は失望しかけましたが、この男性は後に変態紳士であることが発覚するので心配しなくて大丈夫です。ノノちゃんの相手は店長ちゃんです。  HNI_0064  来るお客さんもみんないい子!  私の酷いセンスで選んだ服にも文句を言わない!傷つかない!  HNI_0065  序盤からこんなぶっ飛んだ子もいる。  HNI_0081  猫耳ボクっ娘もいる。しかもメインキャラクター。  この子はお部屋コーディネイトの時の家具を売ってくれます。ただし高い。  HNI_0080  大学生になったのにあんまり新しい出会いがなかったというミサキさん。  やめるんだ…プレイヤーの心を抉るのはやめるんだ…。    とにかく店に来る女の子の話を聞くのが楽しい。  女の子しかいない日常系アニメの一員になったかのような感覚です。  というかアニメ化してくれませんかねこれ。深夜に。絶対人気出ると思いますよ。    でもまあ一番可愛いのは店長ちゃんです。  もちろんゲーム開始時に自分の好みでアバター設定できるのですが。  HNI_0075  クレープ食べて喜んでる可愛い。  HNI_0092  最近はツインテールにハマってます。ツインテ最高!俺ツイ!  サロペットとかいう言葉を聞いたこともない服を着ては新しい世界を見つけた気分になれます。 --------------------  今作からの新要素として、単に洋服を売るだけではなく、  メイクサロン、ヘアサロン、おへやづくり、ファッションショー…などなど、できることが物凄く多いです。  まあ、ファッションショーはすべての集大成という感じで、私みたいなコーデ見習いにはまだ早いのでチャレンジしていないのですが…。  あとメイクもまだあんまり手を出せてない。全く未知の世界ですからね…。  髪型も奥が深い。  私のイメージだと「ロング=大人」だったのですが、「大人っぽい髪型」のオーダーでロングどころかミディアムでも怒られるという…。精進します。  --------------------  とにかく独特なゲームなので「こういう人におすすめ!」みたいなことは全然言えないのですが、  ?どう森やポケモンXYなどの着替えやお部屋づくり・ひみつきち作りが楽しかったけど、「オマケではなくこの要素をメインに楽しみたい」と思ったことがある。  ?女の子は洋服のバリエーションが豊富でいいなあってたまに思う。  ?おしゃれに興味がないわけではないけど現実世界でやるにはハードルが高い。  ?女の子に興味がないわけではないけど現実世界に女の子の知り合いがいない。  このような方にはお勧めできます。ちなみに私は全部です。    あと、前回の記事でも書きましたがオープニングが本当にいい曲・いい映像です。  ムービーは相当力が入ってます。ぜひ観てみてください。    私自身はダウンロード版買いましたが、この手のゲームはダウンロード版を買うのが一番良いと思います。  ちょくちょく触るのが楽しいゲームです。  なかなか買うと決断するのに勇気のいるゲームですが、少しでも興味を持った方は食わず嫌いせずに、「社長が訊く」やAmazonレビューなどを見たりして、いろいろ情報を仕入れてみると良いのではないかなと思います。  そうこうしているうちに買いたくなるはずです。私みたいに。 ...

comment  0
favorite  0
アニメ・ゲームのこと 7年前

スマブラforのDLC予想的な

まぁ前回の記事で予告したので軽く。  4/2のDirectで発表された通り、スマブラ投稿拳のユーザー意見で追加キャラを決めるとのことですが、「投票」ではなく「投稿」ですので、  まぁ「票が多かったから参戦!」みたいなことはないんだろうなーと思いつつ。  シリーズごとに候補を書き連ねていこうと思ったんですが、ほとんど遊んでないシリーズの方が多くてニワカ丸だしになりそうだったのでやめました。  直球で「これが来る!」って感じで出します。  第1弾(E3)…ウルフ、トゥーンゼルダ、インクリング(スプラトゥーン)  第2弾(夏)…マッシュ(リズム天国)  第3弾(秋)…ディクシーコング、(バンジョーとカズーイ)  第4弾(年末)…ペーパーマリオ、レイマン  いや、一応書いてみたけど、こんなもん当たるわけない。  当たるわけないけどダメ元で根拠を書いとく。  ・こんなにDLCが望まれてるソフトもないので結構多めに投入する。実際売れそうだし。  ・2~3か月に1回くらいダイレクトをやるのでそのくらいの間隔で発表。  ・レトロ枠は宣伝にならないのに手間がかかるだけなのでわざわざ作らない。  ?E3…ウルフ、トゥーンゼルダ、インクリング  とりあえず「DLCがあるよ!」というムードを盛り上げるために早めになんか出したい。  できれば1体くらい、さっと出せるキャラが欲しい。  しかし完全新規は時間がかかる。  ということでウルフさん。Xから使い回せるっぽいので。スタフォ新作も出るし。  トゥーンゼルダ。  ゼルダ最新作が延期した今、E3のDigital Event 2015(仮)でゼルダ要素を入れて外人に納得してもらうにはこれしかない。  去年も一昨年も、E3では「Direct本編で2体+翌日にPVで1体」発表してるんですよね。  というわけで、一昨年のFitトレーナー、去年のパックマン的なびっくり枠でイカちゃん。  Amiiboも出るし。サプライズ枠としてイベント発表にぴったり。  発売直前のこの時期に出さないともう手遅れになりそうなのでさっさと発表する。  リュカとウルフが時間を稼いでくれるのでDLC発売は秋くらい。  ?夏…マッシュ  リズム天国出るし。インパクト重視。  …というくらいしか書くことはないのですが。  ?秋…ディクシー、(バンカズ)  そろそろ他社キャラを呼びたい。ということでXbox責任者がGOサインを出しているバンカズ。  Nintendo Directで「マイクロソフトさんのご協力で」という言葉を聞けたらそれだけでちょっとテンション上がる。  まぁでもXboxで続編が出てるマイクロソフトのIPをスマブラに出すのか?って言われると何とも言えないので括弧でくくってあります。  レア社つながりでディクシー。  1つのPVにまとめて出てもあんまり違和感ないし、バンカズなしでディクシー単独でも違和感ない。  ディディーのコンパチ。Xの頃から参戦の噂あったんだからさすがに来るよね?  この流れでスムーズに「ディクシーコングも出演するトロピカルフリーズのNew3DS移植が決定しました」という発表がされて私が泣いて喜ぶ。  ?年末…ペーパーマリオ、レイマン  このへんで打ち止めじゃないかなという予想。  最後なので他社キャラと看板キャラを投入。  スーパーマリオ30thもあるし。    参戦しそうなキャラはキリがないけど、そのキャラが参戦しない理由ならかいつまんで書ける。  なので上のリストに入れなかったやつの理由を一応。  ・デイジー、ワルイージ、キノピオ、キャサリン、その他マリオファミリー  さすがに個性とか知名度とかが足りなさすぎる。前3人はすでに何らかの形で出てるし。  というわけでこの中だとキャサリンが有力だとは思うんだけど、こういう「知名度のなさをサプライズ感で補うキャラ」ってDLC向きではないと思うんですよね…。  しかもマリオファミリーの誰得枠はクッパJr.がいるという。  ・キングクルール  岩田さん「ドンキーキャラの要望が多いんですけど、ディクシーとキングクルールどっち作ります?」  桜井さん「(どっちもよく知らないキャラだし、コンパチで行けそうな)ディクシーで」  たぶんこんな流れ。  まぁ、最新作の販促にならないし…。優先度は低いんじゃないかなぁ。  私個人としてはディクシーのAmiiboが欲しいのでクルールよりもディクシー推しです。  ・バンダナワドルディ  1、桜井さんが関わってないカービィの要素は基本採用されない。  2、フィールドスマッシュにワドルディいる  3、シリーズ人気はあってもキャラ人気があるわけではないからそんなに売れなさそう  ・リドリー  ボスギミック。2足歩行じゃない。大変そう。  ・クリスタル(スターフォックス)  forのアイク・ルカリオ続投、クロム・ゾロアーク非参戦の流れでわかると思うんですけど、  「既存キャラをリストラしてまで同シリーズの新キャラを投入することは基本的にない」  クリスタルが入るならウルフが入るだろうという。スタフォからさらに2キャラ追加も考えにくいし。  ・クロム、ロイ、if主人公  FEさすがに多いし、販促枠にしてもDLCだとあんまり…みたいな。  スプラトゥーンと違って、シリーズとしての知名度は十分上げてもらった後ですし。  ・アイスクライマー  仮にWiiU版限定だったとしても、現時点でスペックギリギリの8人乱闘があるから無理そう。  ・スネーク  MGS5がPS4/XboxOneの時点でもう…  ・ベヨネッタ  セガのキャラが2体になるといろいろ揉めそう。    書いてて眠くなってきたのでこのへんで止めときます。  こんなにつらつら書いてきたけど実際は予想全部外れてスネークとリドリーとワドルディとウルフ参戦!ドンキーなんてなかった!  みたいなことになるんだろうなーという思いも強いです。その場合は次回作のスマブラを買わないだけなので別にいいんですけど。  あーあともはや予想でも何でもないけどステージ追加来るといいですね。ハイカラシティとか。  あ、ついでにSplatoonとスマブラWiiUを両方持ってたらスマブラにイカちゃん無料プレゼントとかやったらいいんじゃないでしょうか。    6/5追記:続き書きました。スマブラDLCをあらためて予想 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 7年前

春風邪

体調を崩してました。  何が悪いかといえば、ここ最近調子に乗って朝4時とかまで起きてたことが多いからだと思うのですが。  昨日は夜0時半には布団に入って9時間睡眠、からの17時から4時間ほど眠ったので、今はだいぶ良くなりました。  やはり睡眠は大事です。 --------------------  春休みであまりに暇すぎてやることもないので、ピアノでも弾こうと思い、  とりあえずDragon Nightとアイネクライネがある程度弾けるようになりました。  私はここ数年DTMメインでやってましたけど、元々はピアノで耳コピとかするのが好きだったんで、結構楽しいです。  まぁピアノアレンジとかするほどの力はないんで、適当にメロディーとコードだけコピーしてそれっぽく弾く程度ですが。  そして、母親が自治会で児童対策とかやってる関係で、町内会の卒業を祝う会に参加して、ちょっと有名な曲を弾きました。  Let It Go、ようかい体操第一、ドラゲナイ、千本桜など。  人前で音楽を披露する、またはそれを観る機会は、小学校の頃とかそれなりにあったのですけど、  発表会とかそういうものを除いて、たとえばクラスのお楽しみ会なんかでやる「技術以外に見るところのない演奏」はつまらないなーとずっと思っていたし、  どんなに上手いクラシックをやるよりも、みんなが知ってる曲をそこそこの耳コピで披露する方が反応も良いので、  それができるくらいの演奏技術をキープできればいいなーと思ってます。 --------------------  Mステで聴いてから気になっていた、セカオワの「ムーンライトステーション」をiTunesで買いました。  阿波踊りのメロディーがモチーフに使われてるとか、そりゃ釣られずにはいられないですよ。  RPGとか炎と森の~とかの頃はなんか普通のメロディーだなーって感じなのですが、これとかドラゲナイとかだいぶ面白い曲が出てきて、だんだんと好きになってきています。  アルバムも欲しいんですけどさすがに一気に買っちゃうには値段が…。  CDレンタルとかもう少しハードル下がってくれれば、というかうちの近くにレンタルショップがあれば借りに行ったかもしれないんですけど。 ...

comment  0
favorite  0
アニメ・ゲームのこと 7年前

マリドンとポケとるとパズルゲー課金のあれこれ

最近…と言っても発売日なんでもう10日前ですけど、  3DSで「マリオvsドンキーコング みんなでミニランド」を購入しました。  任天堂ソフトでは珍しく、完全に互換のある3DSとWiiUの2バージョンで発売されたいわゆるマルチソフトで、  しかも片方を買うともう片方のDL番号がついてくる仕様のため、WiiU版は弟に(有料で)遊ばせてます。  税込3000円ちょいで2バージョンとかお得感満載すぎて買うしかない!って感じです。  マリオvsドンキーコングは、たぶん2作目?のDSで発売されたやつを小学生だか中学生だかの頃に遊んだのですが、そのあとのDSiや3DSで出たやつはタイミングを逃して買ってなかったんですね。  で、久々に3DS版やってるんですけど、なんかもうほんとに頭を使う。  DS版の時はタッチでミニマリオを方向転換させたりジャンプさせたりできてたんですけど、今作ではミニマリオは一切操作できないので大変です。  そんなせいでステージエディットもなかなかうまくいきません。  頭を捻る同時並行系のステージが作れなくて、結局パズルというよりアクションに近い動きになってしまうのは逃げですよね…。  そのうちパズルステージもちゃんと作りたいところ。いや、アクションステージも完成してないんですけど…。    で、それと並行してポケとるもやってるんですけど、改めて思うのはパズルゲーとスタミナ課金の相性の良さですよね。  パズルゲーというのは、全ての行動が連続して結果に繋がるという性質上、とにかくリプレイ性が高くて、失敗した時に「どこがダメだったのか?」という反省に行きつきやすい。  で、その反省はすぐにリトライしたくなるので、そこに課金させるのはとても効率的だなぁと。  ポケとるとかたぶんパズドラとかもそうですけど、このあたりはパーティ構築の時点で考えさせるため余計にリトライを煽る形になっているのが上手いなーと。  パズドラのスタミナ課金というのは、システムとしてはソシャゲの流用ではあるんですけど、ソシャゲのスタミナ課金は「もっとスタミナ使わないと他の人に勝てないよ」という競争性に基づいてるんで、実状としては結構違うんだろうなーって思いました。  対戦要素のない一人用ゲームに課金する気持ちってあんまりわからなかったんですけど、ポケとるをやってちょっとわかりました。  まあそれでもポケとるは無課金なんですけど。 --------------------  で、じゃあマリオvsドンキーコングがスタミナ課金になったらどうなるか?といえば、  たぶんストレスしか溜まらないわけです。  そこがパズドラやそのフォロワーがスタミナ課金に適しているもう1つの理由で、適度に運が絡んでいるところだと思うんですよね。  「次あともう1回やればいけそう」という気分にさせられるレベルデザインというか。  マリドンの場合は「あと100回やってもできねえよ…」みたいなところから、無限コンティニューを前提に何度もリトライしていくうちに攻略法を見つけていく過程に魅力があるわけで、これをF2Pでやられたら即投げ安定です。  …でも冷静に考えると、運が一切絡まないリトライ前提の「音ゲー(リズムゲー)」は、10年以上前からコンティニューにお金を取る、しかもそこそこ高額、にもかかわらずしっかり儲かってるわけで、  お金を際限なくつぎ込む人はどんなゲームにもいるという結論に落ち着くのかもしれません。  ということで任天堂さんはマリドン新作をスマホに出すと良いと思います。  本家マリオやその他シリーズと違い、現時点でCS版がタッチアクションオンリーなのでスマホとの相性は良いはず。  身も蓋もない話ではありますが、ステージエディット・公開などのユーザー主導型コンテンツは、Twitter等とも連携できるし隙間時間を使えるスマホでこそ輝く部分はあると思うんですよね。  ピコピコメーカーとか地味に流行ってるっぽいですし。  私は2個くらい相当レベルの高いステージを作って弟にやらせたあたりで満足したので止めましたが。  --------------------  ところで「ポケとる」なんですけど、現状は難易度が相当低めに設定されているので、あまり課金を煽る形にはなっていないと思うのですね。  私自身は一応現時点で実装されているステージはほぼ全てクリアしているのですが、その中で思った「ポケとるは今後こういう機能追加をしてほしい」という要望をあげていきます。  ?ライフを2~3個、一気に消費する「トレーナー戦」の実装  基本的にほとんどのスタミナ制ゲームは、ステージが進むごとにスタミナの消費量が上がっていくシステムになっていると思うのですが、  ポケとるはどこまで進んでもライフは1ステージに1個消費する形です。その代わり上限も変わりませんが。  で、ここで提案したいのが「トレーナー戦」。  たとえばタケシのステージであれば、ライフ2を消費してイシツブテとイワークとの連戦になり、両方に連勝すればステージクリアとなるわけです。  この機能には3つのメリットがあります。 ・ライフが余り始めるエンドユーザー向けの調整が可能になる  言うまでもないですが、F2Pの最大の目標はいかにしてユーザーをそのゲームに縛りつけていられるかです。  エンドユーザーは、「日課なのでログインはしてるけどライフをさっさと消費してしまいたい」という捻れた感情でゲームを続けている場合があります。  ということで、ちょっと難易度の高いステージをライフ消費高めに設定してあると、たとえ即死したとしてもライフを無駄なく使いきった感が得られて良いのではないかと思います。 ・ライフを複数消費するので、宝石によるコンティニューの価値があがる  …今のポケとるでは、リトライのライフが軽いので「宝石使ってコンティニューするくらいならリトライした方が良い」という感じなのですが、これがライフ3くらい使うステージの、3戦目で負けてしまった場合、コンティニューしよう、という気持ちになる可能性が高いです。  これは本家ポケモンの、ジムリーダー戦の直前でキズぐすり使うくらいなら一度ポケモンセンター戻るけど四天王戦なら回復のくすり買い溜めしとくわ理論の応用と言えます。 ・ポケモンのネタ切れが防止できる  いくらポケモンの数が700体以上いると言っても、メインステージ・エキストラステージ・イベントステージでどんどんポケモンを投入していったらいつかは底を尽きます。  しかしトレーナー戦であれば堂々とポケモンを使いまわせます。こうなれば第7世代がスタートするまで食いつなぐことも容易です。  と、こんな感じです。  それから、これも本当に名案だと思うのですが、  ?宝石1個を消費することで、捕まえたポケモンのアイコンをバッジに変換してHOME画面に飾れるシステム  さっきのトレーナー戦とかは、ちょっとエグイ形での課金促進ですが、こちらはとっても健全。  「バッジとれ~るセンター」のポケモン版を、ポケとるに組み込んでしまうという発想です。  ポケとるはパズルゲームになっている関係上、基本的にすべてのポケモンが顔アイコンのみで表示されているので、バッジとの相性は最高。  これによって、たとえスペック低くてもジラーチやミュウやシェイミを捕まえに行くモチベーションになりますし、ポケとる特有の「進化前がどうあがいても無価値な下位互換になる問題」も解決できます。  とりあえずこれが実装されたらチルタリスとデンリュウとそのメガは確定でHOMEに飾ります。  本家ポケモンで使っているパーティを揃えて並べるなんて使い方もできます。  ぜひ!任天堂さん、株ポケさん、ぜひ!  --------------------  まぁ、あと、これは言うまでもないことですけど、  スマホ移植は全然やっちゃっていいんじゃないでしょうかね。  ボタン操作非対応って時点でスマホ睨んでるの確実だし、せっかくDeNAとも組んだのだからさっさとリリースしていいと思う。  何ならあの業務提携会見の直後に配信でもよかった。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 7年前

つながり

旅行に行ってきました。  旅行といっても別に観光したい場所とかがあるわけではないので、旅館にWiiUを持ち込んでひたすらゲームをする不毛な3日間でした。  2日目なんてそもそも旅館から出てないですからね…。  大学生らしく旅行中は極限まで睡眠を削ったので正直疲れ果てています。  そもそも旅行前日というか月曜火曜にバイトがあったので週前半もあんまり寝れていないという…。  遊び呆けてた割にそこそこ過酷な1週間でした。 --------------------  で、その週前半のバイトの話。  前に行ったときはイラストレーターやフォトショップを用いた紙媒体に関する作業だったのですが、  今回はホームページに関する作業が主でした。  バイト先の会社のホームページのリニューアルということだったのですが、  htmlとかCSSを書けるのが私だけだったので、もらった画像や資料を元にひたすらコードを書く作業を、  2日間で22時間ほど行いました。  いや、コードを書く作業はそんなに嫌いじゃないので、ボロボロになりながら…みたいなことは別にないのですが…。  まぁただ、これで私もhtmlコーダーを名乗ることはできそうです。  今までは自分のPC関連技術のスキルがどの程度「使える」ものなのか自信がなかったのですが、とりあえず仕事として振られてもどうにかなる程度であることが証明されたので…。  とはいえこの、直球に言えばブラック職場感を目の当たりにしているだけに、これを仕事にしたいか?と言われると悩みどころではあります。  仕事自体はそれなりに楽しいのですが、それは責任を負わない立場にいるから、という面も大きいでしょうし…。 --------------------  ところで、ウェブサイト作れますよーっていう話をすると、  「情報科どころか理系でもないのになんでコードが書けるの?」という質問をされることがたまにあるのですが、  中1の時に『涼宮ハルヒの憂鬱』シリーズに出てくるSOS団のサイトを作る話を読んで自分のサイトを作りたくなったのがきっかけです。  元々ブログをやっていて、その頃は小説も書いていたので、サイトに載せるコンテンツが一応揃っていたのが大きいですね。  その後、汎用性ゼロな素人向けソフトとして悪名高きホームページビルダーを購入して一通り遊んだ後、  高1だか高2だかの頃にニコニコ関連でのサイトを作ろうと決意。  その頃にはホームページビルダーによって作られたサイトが、自由度も低く、一目見ただけでビルダー作なのがバレるものであることなどを理解していたので、テンプレに頼らずに一からデザイン設計を行い、  そこで初めてhtmlとCSSを組み合わせてサイトを作りました。  まぁ、ブログサービスであるJUGEMがhtmlとCSSに基づいたデザインだったので、存在は何となく知っていたのですが、CSSまで弄るようになったのはそこからですね。  その頃はMicrosoft Expression Web 4やDreamweaverのような便利なソフトを知らなかったので、htmlもCSSもメモ帳で書いてました。  htmlは基本的には文章や画像などのコンテンツに触れるフォーマットなので、CSSまで使うとピクセル単位でデザインを弄れるようになるので便利、というか、CSSなしではさすがにまともなサイトは作れないです。今になって思うことですけど。  で、つい2か月前に依頼されたウェブサイト制作では、新たにレスポンシブデザインを勉強しました。  …これ、別に怒られることではないと思うので、作ったサイト紹介しますね。  http://colorful-cafe.main.jp/  「Dining Café から風流」という喫茶店と地域交流とサロンの合体したような、不思議なカフェです。  内容そのものは読んでいただくとして、  トップ画像の下のメニューが、PCでは1段、スマホでは2段構成で表示されるなど、初めて作ったにしては結構うまく対応できているんじゃないかなーと思います。  レスポンシブ以外だと、ランチメニューのページのタブカレンダーとかスムーズスクロールとか。  …スムーズスクロール、向こうのサイトに実装して楽しかったのでこっちのブログにも貼ったんですけど、重くなったのですぐにやめました。  で、これを受けて今はバイト先の会社のホームページを作っているわけですが、  振り返ってみて面白いなーと思うのは、中1からウェブサイト制作に馴染んでいく過程で、  どこか1つでもタイミングが違っていたら今の状態に辿り着いていないな、ということ。  最初にブログをやっていて、その上でハルヒを読んでいなかったら、サイト制作に触れようとも思わなかっただろうし、  そのあと、高2の時にCSSに挑戦していなかったらカフェサイト制作の依頼も受けなかったと思います。  そして、その制作で相当頑張ってから1か月足らずというタイミングでなければ、今のバイト先での仕事もおそらく満足にこなせないか、もっともっと時間がかかっていたわけで。  即戦力として評価されるレベルになっているのは本当に奇跡だな、と…。 --------------------  そんなわけで、バイトでめちゃくちゃ働いたことによってそれなりの収入が見込めるようになったので、  ついにXbox Oneを購入しました。  キャンペーン終了後しばらくして、ビックカメラが5000円引を再開していて、  「これは今度こそ買わなければ後悔する」と思い、衝動的にポチりました。  E3で新型とか値下げとかあるかもしれませんが、少なくともホワイトカラーはまずしばらく出ないだろうと。  期間限定といいながらほぼ常に何らかの形で白黒両方が購入できる状態にあるWiiUとは違うのです。…たぶん。  とはいえ、届いたのは絶賛旅行中で、昨晩はセットアップする気力もなかったので、まだ段ボール箱の中なのですが…。中身すら確認していません。  ただ噂通り段ボール箱はほんとにでかいです。  縦横がそれぞれWiiUの2倍というレビューをどこかで見たのですが、本当ならゲーム機を置いてある台から先代のWiiが退くことになりそうです。  WIiUもXbox Oneも白だから、Xboxのファンじゃない方の半分に乗せたらいい感じに馴染むんじゃないかな。うん。  …しかし、勢い余ってXboxを買ったものの、任天堂機に出てないソフトのうち多少欲しくなくもないアイマスとかペルソナとかDQHもPS独占ですし、実際どの程度稼働するかは未知数。  が、最悪でもBlu-rayプレイヤーとしての活躍が保障されているのでどうにかなりそうです。  とりあえずはろこどるvol.7と、ピングドラムのBlu-ray BOXですね。  あとバックトゥザフューチャーのBlu-ray BOXとかも若干欲しい…。それからトムとジェリーのDVD詰め合わせとか…。  ……Blu-ray再生環境が整ってしまうのは、非常に罪深いものです。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 7年前

真っ暗

2月は28日しかありません。  31日ある3月と比べると、だいたい7/8くらいの長さです。  何が言いたいかといえば、2月は7回更新でも仕方ないのです。  …いや、何だかんだこの前の更新から5日空いてるんで、その間に1度くらい更新できれば…と思っていたのですが、前回書いた通り期末の課題が重く、  火曜日の夜はオールナイトカラオケに行った帰りにそのまま水曜期限の課題をやって朝10時就寝したり、  そして昨夜(水曜夜)は期末試験の勉強に追われたり、  とにかく時間がなかったのです。すみません。  いや、その理由の1つ、ポケとるに時間を吸われてこの1週間のタイムマネージメントがゴミクズだったことについては言い訳の仕様もないのですが……。 --------------------  昨日は期末試験だったのですが、その帰りにちょっとしたご縁からIT関係の小さな会社の作業のヘルプに入りました。  IT業界の闇を垣間見ました。修羅場でした。  フリーランス的な人たちもやはり上下関係の重圧からは逃れられない定めなのですね…。  あとまぁ、何だかんだ言ってイラストレーターとかそれなりに使えるのはやっぱアドバンテージなんだなーと思いました。使えると言ってもほんと触れる程度ですが。  …と、いうか、私の感覚からすると、  どんなソフトでも1~2時間くらい触ったら何となく基本機能としてできることは掴めてくるし、それ以上の機能は必要になった際にググれば出てくるから、  「全ての機能を暗記しているイラレマスター」になることは一生ないし、この程度で使えるとか言っちゃっていいのかな…と思ってしまうわけですが、  実際のところこのレベルでも割と十分なのかなぁ、と、ちょっと考えを改めるというか、もうちょっと自信を持ってもいいのかな、なんて思いました。  --------------------  そのヘルプの仕事の報酬がそれなりに良いので、ちゃんと貰えたらそれで白箱が買えそうな気がします。ようやく最後のピースが揃うかもしれない…。  というわけで明日は昼間からヘルプに入る予定なのでもう寝ます。おやすみなさい。 ...

comment  0
favorite  0