ひとりごと 3か月前

お詫びと反省

まず最初にお詫びから。  6/20~6/24まで、iOSで一切このブログが表示できない状態になっていたようです。  Next.js + Vercelへのリニューアルが原因だったのですが、事後報告になってしまったためiOSの方はアップデートされたという内容の記事を読むこともできないのでただただ急に見れなくなったという……。  一旦元のNuxt.jsに切り戻しました。すみません。  原因はおそらくiOSで使えない機能(通知かPWAあたり)のエラー制御だと思うんですけど、このあたり、手元にMacがないのでデバッグがかなり厳しいんですよね……。  何よりも、今回のアップデートは自己満足という感じで、実際の機能が大きく変わるわけでもなかったので、一旦今回のアップデートは中止にします。また次の機会に……それこそNuxt V3が出たタイミングで、今回リファクタしたコード資産は活用しつつのアップデートを目指します。    いやそれにしても今回は知り合いから教えてもらえたことで気づいたんですけど、それがなかったら数ヶ月放置してた可能性もあったので本当に良かったです。まさかAndroidとWindowsで問題なく表示されていてiOSだけ落ちてるとか思いつかない……。今後はiPadでも確認するように気を付けます。 --------------------  プライムデーがありました。壊れたものの買い替えとかも含めていろいろ買ったのですが、個人的に一番良かったのがこのフィルターインコーヒーボトルです。 [amazon_link asins='B07FRJXG7L' template='Original']  冷蔵庫に入れておくだけで水出しアイスコーヒーが作れるというもので、スタバのアイスコーヒーブレンドを買ってきて飲んでみたら本当にスタバで売ってるアイスコーヒーそのもので感動しました。  これが家から一歩も出ずに作れて、しかも大容量。最高。  コーヒーメーカーもあるんですけど、元々アイスコーヒーの方が好きなのと、そんなに多くは作れないし、あまり一気に作っても冷めてしまうのでなかなか使う機会がなかったり。たまに朝とかに作ると美味しいんですけどね。    価格も、1回55gで750ml作れて、スタバの粉は250gで1500円くらいなので、お店で買うのと比べると半額くらい。普段は週4くらいでスタバに通う人間なので、月で見ると5000円くらいの節約。粉の掃除とかは若干面倒ですが、続けていきたいです。まあ何だかんだ期間限定ドリンクとか買いに週1くらいで行くと思いますが。 --------------------  Windows 11が発表されました。  Windows 10が最後のOSという発言を覆すことにはなりますが、実質的にはWindows 10の延長線上にあるものなのは間違いなく。  ここ2年くらいWindows Updateが明らかに停滞していて、新機能がほとんど提供されていなかったので、大型アップデートを新しいOSにしてマーケティングしたかった、という感じなのだろうと思います。  無料アップデートが提供される時点でWindows 10と変わらないですからね。半期ごとのWindows Updateもファイル消失バグを出して以降様子見されていたりしたので、大型アップデートが当面は自動更新にならない(既存PCへの自動配信は来年以降らしい)のも良いことだと思います。    個人的にはWindows 10凄く慣れているし良いOSだと思っているので多少の不安はありますが……スタートメニューが真ん中になってタイルがなくなるのが使い勝手としてどうなのだろうという感じ。  ただまあ秋のSurfaceはますます楽しみになりましたね! Windows 10をデフォルトで搭載していたSurface Pro 4以降、最新のSurface Pro 7まで外観はほとんど変わらないまま6年が経過しており、こちらも変化がありそうです。とは言っても現行からこれ以上何か変えるところがあるかと言われると、Pro X的なベゼルレス化くらいしか思いつかないですが……。  正直Pro 7から1年半くらい新しいPCを買っていないのでちょっと飽きてきているところもあります。夏にボーナスもあるので、Pro 8に何か惹かれる要素があったら勢いで買ってしまうかも……。 --------------------  6月も終わりますね。この1ヶ月は本当にあっという間でした。  仕事は6月前半は「これ本当に6月中に形にするの間に合うのか……?」と不安になりながらだったんですけど、どうにか形にすることができました。  今は仕事が楽しいので時間さえあればいくらでもやっていきたいし、実際明日は1日仕事をするつもりでいて、それは本当に自主的な気持ちなんですけど、  それはそれとしてこれだけ頑張っているんだから何らかの評価が返ってこないとさすがにしんどいなという感じはあります。そういう意味でも7月の評価面談とボーナス査定は結構大事。正直これでちゃんと評価されなかったらさすがに心折れると思います。  2021年の上半期の終わりでもあるわけですが、結構この上半期は頑張ったと言って良いんじゃないですかね。  個人アプリという目標も、まあ結局中途半端な(一応Webアプリとして公開はしたもののアプリストアに持って行ったりもせず、宣伝や機能追加もせずに放置している)感じで終わらせちゃったんですけど、とりあえずサービスとして形にできたのは事実としてあるし、  そこで勉強したスキルをそのまま4月以降仕事に持ってきていて、それを作ってなかったら絶対こなせていないタスクをしっかり打ち返せているので、凄く良いタイミングだったなと。  ブログのNext.js移行も、まあ最終的には諦めることにはなってしまいましたが、とりあえず動いて公開できる形にしたことでReactについての理解度が飛躍的に上がったし、これも仕事に即持っていきました。Reactを使うようになったというよりは、ReactとVueを正しく比較できるようになったというか。    で、それに加えて4月はブログの毎日更新を6年ぶりにやりました。1ヶ月しか続きませんでしたが、何だか懐かしい気持ちになりました。たまにやりたくなるのできっとまたいつかやると思います。しばらくは忙しすぎて無理です。  自炊も続けているし、リングフィットアドベンチャーも途切れ途切れですが一応やっているし。仕事に加えてこの2つをやっているだけで日々の充足感を得られるというか、自分ができることの最大をやっているなという気がしています。  下半期は……仕事が落ち着いたらまたいろいろやりたいですね。作りたいものはあります。上半期に仕事とプライベートで頑張れたこともあって、今の自分は何でも作れるんじゃないかという全能感を感じていて、なのでJSでブラウザゲームとか作りたいなと思っています。まあ数ヶ月後には全然違うことを考えている気もするので、聞き流してもらえればと。  ブログはとりあえず毎週ペースを維持したいですね。今日の記事がまさにそうですが、こうして --------------------  仕事だったり作業が楽しくなりすぎて気づくと4時とか5時になってたりして、もうこれ寝なくていいんじゃない?と思ったりするんですけど、それはあんまり良くないと思って無理に寝ています。  まあそもそも出勤時間も遅いのでそこまで睡眠時間自体は削ってないんですが、  こういうところは自分の体力のなさと自分の身体に対する信用のなさがむしろプラスに働いているかもしれない。  身体がしんどい時に無理やり動きたくない、というより、そこで気持ちがどんなに前にあっても無理やり動かせるほどの体力や気力はないという感覚が強くて、その感覚はひょっとしたら合宿免許の授業中に居眠りして追い出されたところで身に着いたものかもしれません。自分はルールで身体をコントロールできないんだなという。今でも日中どうしても眠くて寝ちゃうことは結構あるし。    wowakaさんのことがあってから、ぼんやりと「人は不健康な形で頑張りすぎると死ぬ」と思っているところがあって、それは別にはっきりとした因果関係というわけではないんでしょうけど、ただの偶然であるわけがないと思わないとやってられないので。  なのでこういう働き方をあんまり続けるのも良くないんだろうなと思いつつ、  とはいえ人生の中で多少の無理をする時期はあっても良いと思うので、バランス取りつつやっていきたいです。どうせずっとこういう風にはできないので。体力的にも気持ち的にも周りの環境的にも。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 8か月前

初めから終わりを

あけましておめでとうございます。  もう1月も中旬ですが、今年もよろしくお願いします。 --------------------  Microsoft、第11世代Core搭載でLTE対応となった「Surface Pro 7+」 - PC Watch (impress.co.jp)  新年早々、急に発表されました。  Surface Pro 8でなく7の理由は、中身のアップデートにとどまるから……だと思うのですが、Pro 6→7の時も、というかPro 4あたりから基本的に外観はアップデートされていないので8でも良かったような?  と思いつつ、ただ、この手のナンバリング、7とか8あたりまでは進化した感があってワクワクさせられますが、「Surface Pro 13」とか言われるとさすがに製品名っぽいさが薄れてしまうので、このあたりで刻みつつ完全なモデルチェンジを狙っているのかもしれません。  個人的に買うかどうかと言われればさすがに買わない……つもりです。公式ページに書いてある「2.1倍高速化」が現行Pro 7比なのだとしたらちょっとそそられるものはありますが……。プロセッサ1世代で2倍ってなかなかでは?という。  今年からボーナスが出る給与体系に移行する予定なので、その金額によっては勢いで買ってしまうかもしれません。  札束で殴る前提だとすると、今度はRAM 32GBとLTEを両立できないのが若干気になるところ。どちらが優先度高いかというとやっぱりメモリかなあ……。  まあ今は法人向けのみなので、一般消費者向けに発売されて、16/32/LTEの価格差が出てからですね。  個人的に今欲しいPCの優先度としては先にMac mini (M1) だったりもします。Mac mini、安いしコスパは抜群なのだけど、ポチっと買うにはちょっとだけ高いんですよね。何だかんだ16GB積むと10万超えちゃうし……。 --------------------  auの新料金プラン、1月13日に発表へ - ITmedia Mobile  昨年の炎上を受けてついに。リークされている月20GBで2480円というのが本当であれば、家族割などとのバランスを見つつですが、乗り換えるかもしれません。  以前は20~30GBでも足りなくて無制限に乗り換えたという経緯があるのですが、さすがに在宅勤務で家にWi-Fiあるなら20GBで十分ですよね、という。主に行き帰りの電車の中で動画を観たり、あとは実家だと電話する場所がなくて外でLINE電話をしていたりというのが容量消費の原因だったので。  個人的には携帯料金に対してはそんなに不満はなくて、家族割やau ひかりなどの割引がガンガン効いていたのもありますが、格安SIMも検討した上で、本体割引・通信品質・スマホが壊れた場合の格安での本体交換サポート・au Pay カードとの連携特典……などで納得してauを選んでいますし、  利益を出すことが目的であるはずの会社に対して政府が大幅な値下げを要求するのはどうなんだろうというもやもやもありました、が、  実際月3000円で20GBというプランを出されると、じゃあ結果的に今まではマジでぼったくってたんだなという怒りが湧いてきますね。その料金設定で赤字にならないんだとしたら今までが高利益すぎる。  まあそれが携帯ショップの閉店などに将来的には繋がっていくのかもしれませんが……。 --------------------

 あまりにもショック……。当たり前のように続いていたので、完全に油断してました。  深夜ラジオを聞くようになってそろそろ5年くらいになるのですが、幸運なことに今まで自分が毎週聴いている番組が終了したことなかったんですよね。朝井加藤ANN0、アルピーANN0、どれも知った時には終わっていたので、何で続いていないのかとは思ったものですが。Creepy Nutsも佐久間Pも霜降りも無事に乗り越えてきていたので。 “余聞”から小説家の思考をトレースできる稀有なラジオ番組『高橋みなみと朝井リョウ ヨブンのこと』 - QJWeb クイックジャパンウェブ  面白い番組という意味ではもちろん他にもたくさんあるんですけど、面白いだけでなく考えさせられるところがある、思考のアップデートに繋がる、interestingという意味での面白さは本当に唯一無二だったので、ただただ残念。  この2人の組み合わせもずっと聴き続けたいけれど、それ以上に、朝井リョウさんという、タレントではないにも関わらずずば抜けた喋りの才能を持つはずの人が、毎週人前で喋ることがなくなってしまうというのがあまりにも惜しい。  惜しいけれど、かとちえさんがそうであるように、年に1~2回程度ゲストでラジオ出演するだけの人になってしまう未来が容易に想像つくのでさらに悲しい。  YouTubeとかやってほしいけど性格的に絶対やらないだろうしなあ……。  ラジオの改編で言えば、自分が他に聴いている番組だとやっぱり心配なのは霜降りANN0。スケジュール的にだいぶ大変そうではあるものの、どうにか続いてほしい。Creepy Nutsと佐久間Pも続いてほしいけれど別に毎週は聴いていないので終わってしまってもダメージという意味では少なめ。Creepy Nutsは今の勢いと番組の長さを考えたら1部昇格で良い気もしますけどねー……空いた火曜日にYOASOBI、木曜日にマヂラブ、他継続が一番しっくりきそう。ファーストサマーウイカさんはよくわからない。  あとはまあJUNK……アルピーDCGが生放送になったら毎週聴きます、とだけ一応言っておきます。 --------------------  2021年になりました。  年末年始は何だかんだで普通に実家で過ごしました。長距離移動というほど離れてもいないので、まあ。自粛という感じは特にない動きをしていましたが、何とか感染することはなく現在に至ります。  ただ新年1週目は寒暖差で完全に体調をやられて一瞬熱を出したりしてました。今この時期に熱が出ると「もし感染していたらどうしよう」という気持ちになって精神的に辛いですね。自宅待機になるのもいろいろと困るし、何よりここ最近会った人に迷惑かけるし、という……。  そういうこともあってしばらくは出社しないことにしました。今までも週1くらいだったんですが。  年末年始の特番だと『クイズ!正解は一年後』『笑う!ラストフレーズ』『久保みねヒャダ こじらせナイト』が良かったです。久保みねヒャダのハワイ旅行、何か凄いことが起きるわけではないんですけど、なんか普通に楽しそうで良かったな。いろいろ落ち着いたらハワイにまた行きたい、という気持ちがさらに高まりました。できれば今度は誰かと……。 --------------------  2021年の目標、の前に、去年どんな目標を立てていたかな……と振り返ると、
    大きな買い物を減らす 友人を減らさない 会社に貢献する Nuxt/Firestore移行(目標2月) React Hooksやってみる(目標3月) ポケモン剣盾を英語でやる 英語の勉強をする Twitterへの依存度を減らす
 上4つはまあできたと言って良いと思います。いや、大きな買い物は一人暮らし全般で浪費したからどうなんだろう……? ただまあ一昨年のSurface3台買うみたいな状態から考えると改善したはず。5万円以下のものを大きな買い物と認識しなくなっただけという説はありますが…。  あ、それで言うと友人もそういえば大学時代にできた唯一の友人を失ったのでダメでした。家族とも実質的に離れてしまったし失敗では……? ただまあ、最低限この人たちがいなくなるとちょっとどうしようもなくなるなという人、2人くらいしかいませんが、そことの繋がりはギリギリ保てたので良かったです。  Nuxt/Firestore移行は無事2月に達成しました。それ以降はメンタル崩したりして個人開発という意味では停滞しきっていたので総合的にはもうちょっとどうにかならなかったのかとは思いますが……。  React Hooksは「やってみる」レベルで言えばちょっとやりました。やった上で、どちらかと言えばやっぱりVueの方が好きだなーと思って今はVue 3.0に傾倒気味。そもそもVue Composition APIを割と理解した時点で実質それと同じみたいな気持ちもある。そう考えるとこの1年でTypeScript力とVue力は本当に上がった。  英語の勉強は全然でした。というか、別に海外旅行したいとかそういうモチベーションは特にないので、TOEIC受けると決めてその2か月前くらいからスタディサプリに登録しようと思ってたのですが、COVID-19でTOEIC受験を積極的にしづらくなったのでまあ一旦お預けかなあ……という気持ちです。そういうゴールがないとさすがに難しいなあと。  Twitterの依存度は減りました! 3月あたりの鬱になってた時期にもうTwitter見てると精神が終わるなと思ってアプリをアンインストールしたので。ブラウザ版でちょくちょく見てはいますが、通知も来なくなったし、見る時間は減ったと思います。スマホを観る時間があんまり減ってないのが問題ですが……。 --------------------  そして2021年の目標。
    時間を有効に使う 個人アプリを作る/Webサービスを作る リングフィットアドベンチャーを続ける
...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 11か月前

消えない

気づけば10月も終わりとなりました。本当に急激に寒くなりましたね。  Tシャツ1枚で出かけていたところからマフラーが欲しくなるレベルまで一瞬過ぎて、体感的には秋が3日くらいしかなかったように思うのですが……。  今日は引っ越してきて3度目くらいに暖房を入れました。来週からは毎晩お世話になりそう。というか、部屋の温度をある程度暖めておかないと、始業時間に布団から出られる気がしない……。  冬が憂鬱なのはただでさえ苦手な朝がさらに起きられなくなることと、洗濯物を干すのを面倒臭がって昼間とかに始めると夜になっても乾かなさそうだなあという点です。 --------------------  ちょっともう更新が空きすぎていて何を書けばいいかわからないので、買いたいものと最近買ったものの話をします。  Surfaceの新製品 Surface Laptop GoとSurface Pro X (2nd)。 [amazon_link asins='B08HSSVQZS' template='Original']  Surface Laptop Goは本当に魅力的。軽くて安めでカッコいい。  去年Surface Goを買ってなくて、かつテレワーク期間じゃなかったら買っていたかもしれません。ということはテレワークが終わったら……とも思いつつ、さすがにSurface Goがある限りは微妙ですね。Surface Go、もうメルカリで売ろうかな……。  AppleのiPad Air、買う予定はないですがグリーンとスカイブルーが最近のApple製品にはなかった色で良いですね。 [amazon_link asins='B08J6MLWRF' template='Original']  特にこの感じのグリーン、昔使っていたiPod nanoを想起させるのでとても愛着があって良い。  何だかんだで黒とか青とか緑とかに惹かれるあたりに、無意識の男性性を意識させられるのでそういう色が好きな自分のことは好きではないのですが、それはそれとして次のiPad miniにこのカラーがあったら2年後くらいに買うかも。  iPhone 12はラインナップが多すぎてよくわかりません。もちろんスペックやカメラは順当に進化しているのでしょうが、さすがにちょっと新機能に頭打ち感が出てきたような……。1年周期のiPhoneですらそうなので、半年周期のGalaxyが行き詰まって折り畳みに逃げる気持ちもわかる。  5Gは真価を発揮するのはだいぶ先という気がしますが、とりあえず5G対応スマホが売れれば自ずと対象エリアも増えるし料金も下がっていくのかなあと期待しています。  スマホで言えばPixel 5の方が気になります。スペックを抑えて価格をお手頃にする判断が良い感じ。  RAM 8GBは確かに欲しいですが、最新のチップセットまでは要らないとは思いますし、その一方でFelica・防水・ワイヤレス逆充電などの機能面では妥協してない。  スマホゲームをほとんどやらない身としては、ベンチマーク全振りの自称高コスパスマホよりも断然魅力的です。  何よりもauで取り扱いがスタートしたのが嬉しい。さすがに去年Galaxy S10を購入したばかりなので、この感じの後継機種が来年出たら買うと思います。  ガジェット周りだとPS5&Xbox Series X|Sの発売なんかも。気づけばもう2週間前!  何だかんだでXbox Series Sが結構欲しくなっています。 [amazon_link asins='B08GG459RG' template='Original']  価格とサイズがあまりにも魅力的。特にサイズ。  ミニスーファミくらいのサイズだし、これならとりあえず1個置いておきたくなる。というかXbox Series XもPS5も大きすぎて日本の一人暮らしの部屋に置くのは無理では?  XSSの予約が復活したら買うかもしれません。ほんと、無理を承知で言いますがこれでディスクドライブがあれば即購入だった……。別にその分高くなっても良いので。何だかんだで言うほどゲームをやらないので、「DVD/Blu-rayプレイヤーとして潰しが利く」という保険をかけられないのは痛い。じゃあ買うなって話ですが……。 --------------------  9月のタイムセール祭りと10月のプライムデーで大量にいろいろ買ってしまいました。 [amazon_link asins='B084KSDYWS' template='Original']  ロボット掃除機。とにかく最近仕事が忙しいこともあって、日々の家事の負担を減らすことに積極的に投資したいと思って買ったのですが、思ったほどの効果は得られませんでした。そもそも部屋が狭いので、コードレス掃除機で十分だったかも。 [amazon_link asins='B087634WPG' template='Original'] [amazon_link asins='B07HZGV2KZ' template='Original']  どちらも1年くらい前から気になっていた製品ですが、ほぼ底値かなーという感じになっていたので。  Omnia Mixはまあ期待通り。充電速いし小さいし軽い。  Logicool Crayonは、以前持っていてメルカリで売ったApple Pencil (第1世代) よりは使いやすいという印象。  いちいち電源を付ける必要があるのがストレスですが、使おうと思ったら絶対電池切れしてるApple Pencil (第1世代) よりはマシ。Surface Penの方があらゆる面で優れているのだけど、iPad miniサイズのSurfaceがないし、あとWindowsは立ち上げが遅い。  なんかこう、「今ちょっとメモ取りたいなー」っていう時に、ペンを持ったら数秒でサッと明日の予定とかメモを書いておける感じの小さめタブレットが欲しいのですが、アプリ含めた体験としてなかなかしっくりくるものがない。もう普通にアナログのホワイトボードでも買おうかなと思ってます。 [amazon_link asins='B08JVFFNN3' template='Original']  Surface Laptop Goと一緒に発表されたMicrosoft Ergonomic Bluetooth Mouse。MS周辺機器マニアとして買ってしまいました。パステルブルーの見た目がオシャレ。  普段使っているPrecision Mouseの廉価版という趣。サイドボタンが3→2に減らされているのが残念ですが、充電式から電池式になったことでバッテリーが切れにくく、かつ軽くなったのは一概に欠点とも言えない感じ。  Precision Mouse、さすがに1万円強のマウスを携帯するのがちょっと怖い部分もあったので、自宅ではPrecision Mouseを使って、オフィスやカフェに持っていく時だけこのマウスを使うことにしました。  それにしても一人暮らしでそこそこお金があると本当に物欲に歯止めが利かない……。 --------------------  ヒトリエのオンラインライブも観ました。全体的には昨年のツアーのアップデートという感じでした。  ミューコミでレコーディングを行ったという話が唐突に出てきたので新曲をやるのかなと思っていましたがまだ。  バンドのフロントマンが亡くなるたびに、昨年Mステにも初出演したフジファブリックが引き合いに出される印象がありますが、  あのような活動の形がその後のバンドやファンに対する希望を与えた一方で、「フロントマンを失ったバンドは残されたメンバーで力強く復活するもの」という、ある種の呪いになってしまっているのではないかとも少しだけ思います。別に誰も悪くないんですが、モデルケースがあるが故に余計身動きが取れなくなっている印象も少しだけ。  前回記事の直後にハライチ単独ライブ『けもの道』(ゲスト:オードリー)がありました。もはや遠い昔という感じ……。  言うまでもなくとても面白かった一方で、良くも悪くも2組ともテレビスターなのでそこまで攻めてる感じもしないというか、オールナイトにゲストで来ても同じくらいの濃い話にはなったのかなという気も。まあ『せせらぎTV』とか『余韻と脚色』とかとは前提が違いすぎるのですが。  その点、『 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 1年前

エンド

もう5月も終わりですね。 --------------------  Surface新製品がいろいろ発表されました。 Microsoftが発表した6つのSurfaceブランド製品まとめ 日本でも5月と6月に発売 - ITmedia NEWS  Surface Book 3は順当にCPUアップデート。とはいえ1年前に会社から支給されたばかりで特に買い替えてほしい理由もないのでBook 2を引き続き使います。  Surface Go 2は若干の画面サイズアップと高性能化。どちらも既にType-Cポートを搭載していたので大きな変化はなく。 [amazon_link asins='B08761H9DV' template='Original']  Surface Go、確かに初代はちょっとスペックに不満が残る部分があったので、m3モデルは気になるし、LTEモデルにしなかったことも少し後悔していたので、Go 2はかなり魅力的ではあるのですが、とはいえ10万で買い換えるほどの動機はないし、何より今はタイミングが悪すぎますよね。  外に出ないんだからSurface Goを使う必要性がほんとにない。夏くらいになったら考えます。それこそXbox Oneの時と同じようにメルカリで売って差額で買い換えるのも選択肢。  それ以外に大量に投入されたアクセサリは……Surface Dock 2、Surface Headphones 2、Surface Earbudsなど、どれも待望のアップデートではありますが、さすがに買うには至らないかなあというところ。  Surface Earbudsは良さそうですけど、今使っているAirPods Proからわざわざ買い換えるほどの優位性も特にないし……。  逆にテレワークがこのまま1年くらい続く前提なら、Surface Headphonesとか軽率に買っても良いんですが、何とも見通しが悪い時期。 --------------------  『ワールズエンド・ダンスホール』10周年。10年前。  wowakaさんのことはそれ以前から知っていましたが、やっぱり圧倒的に存在を感じて、自分の中で唯一無二の存在になったのは、この曲を投稿初日とかに聴いて、あまりにハマりすぎて1ヶ月間ずっと聴き続けた中学時代の思い出があるからだろうなと思います。  10年前に初めて聴いた時から一貫して自分の生涯で一番好きな曲だし、そうあり続けるだろうなと思います。  何度聴いても曲も歌詞も完璧。コードもリズムもそんなに複雑なことはしていなくて、にもかかわらず完成している。それ以降のボカロのテンプレートを作り上げながら全く誰も超えられていないなあと。  そしてアンハッピーリフレイン9周年でもありました。  『日常と地球の額縁』ヒトリエカバーが音源化された時に、「アンハッピーリフレイン10周年に全曲をヒトリエでカバーしたアルバムが出る」という可能性が0.0001%くらいはあるのかもしれない、と思った記憶があります。 --------------------  すっかり暑くなってきました。そろそろ自室での仕事が暑さによって辛くなってきたので扇風機を買いました。 [amazon_link asins='B071D69VK6' template='Original']  高い。こんな高いの買う必要あるのか1週間悩みましたが、ご時世的な空気清浄機能とデザインに惹かれました。  高いだけあって気持ち良い気がします。結局こういうものを衝動的に買ってしまうからお金が貯まらないのだろうな。 --------------------  Flutterを少しだけ触りました。クロスプラットフォームのアプリ開発ツール。 Screenshot_20200518-225842  チュートリアルアプリを一通り動かして実機に入れるところまで。この画面を見ても何が凄いのか伝わらないとは思いますが、自分で書いたコードがAndroidの実機で動いているのはなかなか嬉しいものでした。  まあ、チュートリアルの丁寧さと型補完の強力さのおかげか特に考えることもなく平日夜×3くらいで終わってしまったので、自分で書いた感じはあんまりないのですが。  JavaScriptに慣れていると他の言語との違いで混乱する。C# を前にちょっと見た時はJSに似ていて読みやすいなあと思ったし、Dartも割と似ていて入りやすいという評判を目にしたのでチャレンジしてみましたが、実際にはやっぱり細かいところ……(){} やセミコロンの使い方が微妙に違っていて困る。  まあ全く同じだったら使う理由がないので、ちゃんとメリットがあるからこそわざわざ新しい言語をGoogleが立ち上げたのでしょうけど。  この後はどうするか……Flutterこのまま続けてもうちょっと実用的なアプリを作るかなあと思いつつ、Web制作者が覚えるならReact Nativeの方が良いのではという気も。いろいろ試してみます。 --------------------  理由は不明なのですがブログの検索順位が先週あたりから急激に落ちたようで、ここ数ヶ月調子の良かった収益が壊滅的に落ちました。まあ状況としては1年前くらいの水準に戻っただけなのですが。  改めてこういう広告収入みたいなものの不安定さを感じました。Googleのちょっとした変更で前触れなしに収入3分の1になるとか、自由気ままな暮らしからは程遠すぎる。ちゃんと働かなければならないなあと改めて思いました。  と思いつつ何とか巻き返すためにAMP対応でもするかなあと考え中。既存サイトのAMP化ちょっと厳しすぎるので別リポジトリで作るかなあ……といったところ。  正直リモートワークは今週で終わるかなと思っています。楽観視しているわけではなく。  別にリモートワークのストレスもだいぶ軽減されてきたので延長されてもそれはそれでいいし、  かといってどうしてもリモートじゃなければ嫌だ! というほど快適でもなかったし、  家族と仕事と人間関係のストレスはリモート関係なく続く一方でどちらに転んでも死にたさも増すばかりなので、どっちでも良いかなあと思いつつ。でもそろそろスタバには行きたいなあ……。  これを機にスタバ中毒を脱して無駄遣いを減らすべきだとも思うものの、潰れてしまうと困るので支援という口実でたぶん出勤し始めたら通うだろうなあ。というよりも、それ以外に日々の楽しみがない暮らしが戻ってくるだけ。 --------------------  余談ですがこのタイトル付けるのどうやら4回目らしいです。あんまり気にしたことはないですが。たまに1ヶ月くらいの間隔で同じタイトル付けてるとボキャブラリーの貧弱さに泣きたくなりますが、実際自分の感情を1単語で括ったらだいたいいつも同じようなものだとも思います。ずっとデクレシェンドだしずっと甘えている。 ...

comment  0
favorite  0
おすすめレビュー 1年前

Surfaceシリーズはどれを選べばいいのか、全て実際に使った上での個人的見解

私は2014年末にSurface Pro2を買ってからSurfaceファンになり、その後Pro 4、Pro 5、Laptop 2を経て、  現在はSurface Pro 7を愛用しつつサブでSurface Goも持ち歩いているというSurfaceマニアです。  加えて、仕事では会社支給のSurface Book 2を使っています。  つまり、2020年5月現在、Pro / Book / Go / Laptopという現行のSurfaceファミリーの、最新もしくは1世代前のモデル全てに触れていることになります。 20200419_183740  自宅の写真です。左端にごちゃごちゃっとした配線とか映っていることで察せるはず。  で、実際に一通り全てのラインナップに触れてみて思うのは、「Surface、選ぶの難しいな……」ということ。  というのも、載っているOSは全て同じWindows 10で、「タブレットとPCの中間」「携帯性とパフォーマンスの両立」というコンセプトも基本的には共通。  できること自体は非常に近いにも関わらず、Pro / Book / Laptopがそれぞれ特性の大きく異なるハードウェアになっているからです。  比較対象になりやすいMacBookが現在は「エントリー向けのAir、プロ向けのPro」という2ラインに絞られており、基本的には性能と画面サイズだけ気にして選べば良いのに対して、Surfaceのラインナップはなかなか複雑です。(AppleはAppleでiPad ProとMacBookの比較に悩まされますが……)  なので、スペックや公式サイトの説明だけを見ても、何が違うのか、どれを選べば良いのかを見極めるのが難しいでしょう。  事実、私自身も、Laptop 2を買ったもののしっくり来なくて半年でPro 7に乗り換えたりしています。  この記事では、それぞれのモデルの特徴を整理しつつ、実際に使ってみないとわからない違いをいくつか挙げながら、用途別におすすめのSurfaceを紹介したいと思います。  記事の流れとしては、 ①Surfaceシリーズ全体の概要と、他のPCと比べてSurfaceを選ぶべき理由を書きます。この項を読んで、他のPCにしようと思ったらこの記事を閉じてください。 ②1機種ずつの大まかな概要と特徴を書きます。ピンとくるものがあればそれに決めてください。 ③具体的な用途に対してどれがオススメか?を書きます。当てはまるものがあればそれに決めてください。

Surfaceシリーズを選ぶ理由

 まずはSurfaceと他のPCの違いを見ていきます。  「Surfaceシリーズの中でどれにするか」の前に、「そもそもSurfaceシリーズで良いのか」を考えるべきですよね。  もう絶対Surfaceを買う!迷わせるような情報は要らない! とすでに心を決めている方は読み飛ばして頂いて大丈夫です。

Surfaceシリーズとは?

 この記事を見に来ている時点である程度はわかっていると思いますがおさらい。  Surfaceシリーズは、Windowsを開発しているマイクロソフトが2012年に立ち上げたPC・ハードウェアのブランドです。  マイクロソフトが初めて手掛けるPCとして、最初は賛否両論ありましたが、年を追うごとに完成度を高め、今ではすっかりWindows PCの顔になりつつあります。最近はどこの家電量販店のPCコーナーでも一番目立つところに置かれていますね。  元々Surfaceといえば2 in 1タブレットのことでしたが、今はLaptopやBookといったノートPCも展開されています。  それどころか、Surface MouseSurface Headphonesなどといった周辺機器にもSurfaceブランドが与えられるようになり、マイクロソフトのXbox以外のハード全てを指す名称になりつつあります。  が、この記事ではあくまでメインのPCブランドに絞って話を進めます。

他のWindows PCより高い?

 WindowsはAppleのMacBookと違い、様々なメーカーからPCが発売されています。大手メーカーのハイエンドモデルもあれば、5万円前後で買えるものまでいろいろです。  Amazonで販売されている3万円前後の格安ノートはさすがにSurfaceを検討するユーザーが満足するレベルではないのですが、  調べていくと「Surfaceよりちょっと安くて同等のスペックの製品」はいくつか見つかります。 [amazon_link asins='B07XD49Z8D' template='Original' store='galeglad-22' marketplace='JP'] [amazon_link asins='B07YMQR9QM' template='Original' store='galeglad-22' marketplace='JP']  例えば、Amazonで検索して上位に出てきたDELL Inspiron 14 5490HP 15s-du1000。CPUにはPro 7と同じIceLake世代のCore i5を搭載し、RAM 8GB、SSDストレージは256GB。十分に使えるスペックです。 [amazon_link asins='B07Y2VZ9N2' template='Original' store='galeglad-22' marketplace='JP']  同じスペックのSurface Laptop ...

comment  0
favorite  0
おすすめレビュー 2年前

Surface Pro 7レビュー:全てを満たす2 in 1の決定版!

Surface Pro 7を発売日に買いました。  Surfaceシリーズを使い続けてとうとう5台目。Pro 2→Pro 4→Pro (2017)→Laptop 2と来て、またProに戻ってきました。  変更点はそこまで多くない新モデル、しかもSurface Laptop 2を買ってからまだ半年程度しか経っていないにも関わらず、なぜ購入したのかを含めて書いていきます。  主に今Pro 4 / 5 / 6 や Laptop 1 / 2 などを持っていて、買い換え検討している方の参考になれば幸いです。 [amazon_link asins='B07Y2VWWG6' template='Original' store='galeglad-22' marketplace='JP']  ちなみに購入したのはこのモデル。RAM 16GB / Core i7 / ストレージ 256GB / プラチナです。

Surface Pro シリーズの特徴

 Surfaceを使い始めてもう4年くらい経っているので、Surfaceの良さなんていうのは自分の中ではもはや説明不要になっているのですが、  Laptop 2で一時的に伝統的なラップトップを触ってみて改めて気づいたこともあるので、  ここで一度初心に返ってSurface Proの良さを挙げていきます。 img

持ち運びやすいサイズ・重さ・カバー

 Surface Laptopを買った時に、「同価格なら画面サイズは大きい方が良いに決まっている」と思っていたのですが、実際使ってみると、「大きいとそれだけバッグから取り出しにくいしテーブルにも置きにくい」という落とし穴がありました。  200gという重量差はそんなに気にならないのですが、12.3インチのタブレットと13.5インチのPCではサッと取り出せる頻度が違いました。  もちろんiPad Proに比べるとやや重いですが、そこはスペックが全く違います。タイプカバーなしで持ち歩くことはないでしょうが、タブレット単体790gに最大で16GBのメモリを積めるのは感動的です。  あと、取り回しで言うと「両面とも硬いノートPC」って結構使ってて怖いなと思いました。それが普通なのですが、傷とかつきそうで。Surface Proを多少雑にバッグに突っ込んでも、タブレット側がバッグの布と接していれば少なくとも傷つくことはないという安心感があります。

革新的で美しいデザイン

 Surface Proシリーズの外観は、キックスタンドが多段階化したSurface Pro 4以降、ほとんど変化していません。  それほど完成されたモデルと言えるでしょうし、今でも古い印象は全く受けません。  総合的に見たデザインでMacBookにも対抗でき、スタバで使うことが許される唯一のWindowsマシンです。  強いて言えばベゼルの太さですが、このサイズのタブレットであればベゼルの幅は「掴む時に指を置いても問題ない位置」にもなるので、一概にデメリットとも言い切れません。  ……まあ
Surface Pro XDell XPS 13を見た後に写真を眺めると若干野暮ったい感はありますが、どうせ下端のベゼルはキーボードの折り返しで隠れますし、使っている分には別に気になりません。

キックスタンドによる携帯性と機能性の両立

 Surfaceの最大の特徴であり、新しいカテゴリーを作った発明でもあるキックスタンド。  よく、「SurfaceはノートPCと違って膝の上で安定しない」「フットプリントが大きいので新幹線で使えない」などと書いているレビューを見ますが、それは記者という職業特有の現象であって、実際ほとんどのユーザーは膝に置いて使うことも新幹線に乗ることも滅多にないはずです。  むしろカフェやファミレスで作業することが多い身からすると、「キーボードを外しても画面のみで自立する」「タッチしても画面が揺れない」という点で、ノートPCより便利かつ安定する場面が多いなとさえ思いました。  例えば、スタンドを立てたままカバーを閉じることで、狭いテーブルであってもPCをいちいち片付けることなく、PCを使わない作業をしたり、ケーキを頼んで食べたりできます。 20191115_015106  これはラップトップにもiPad Proにもできないテクニックです。  伝統的なラップトップに慣れていると「ノートPCをタッチしたいなんて思ったことがない」という方もいるでしょうが、ウェブブラウジングをしている時にタッチでスクロールした方が快適な場面って意外とあります。 image-20191115013245427  こんな風に、人差し指と中指でキックスタンドを挟み込むように手を差し込んでガシっと掴んでスクロールさせるのが地味に安定します。これもSurfaceにしかできないスタイル。

Windows Hello、Micro SDカードスロット、タイプカバー

 Windows HelloはSurfaceに限ったことではないけど、ひたすら便利。  Micro SDカードがキックスタンド裏にあることで実質的な追加ストレージとして扱えることの便利さは、Nintendo Switchを持っている方なら想像がつくでしょう。Switchのおかげもあって大容量Micro SDがどんどん価格下がっているのも追い風。  タイプカバーも、過小評価されがちですが、この薄さでありながらしっかりとした打鍵感があります。  何なら若干の傾斜がついているおかげでLaptopやBookよりも打ちやすいと個人的には思っています。ここは好みだと思いますが。

前世代(Pro 6)からの進化

念願の USB-Cポート 搭載

 Pro 5ではキックスタンドの最大角度向上、Pro 6ではブラックモデルの追加などがあったものの、Pro 4以降ハード面では基本的にマイナーチェンジに留まっているProシリーズ。  Pro 7も外観の変化はほとんどありませんが、一点だけ、  ついにUSB Type-Cが搭載されました!   ...

comment  0
favorite  2
おすすめレビュー 2年前

「Surface Laptop 2」レビュー、欠点がないからこそ上級者向けSurface

3月末にSurface Laptop 2を購入しました。 20190323_001530  Surface Pro 2、Surface Pro 4、Surface Pro (5th)と来て、自分のPCとしては4台目。といってもSurface Pro 5は会社支給だったのですが、  退職が決まったので新たにPCを買うことにしました。

なぜSurface Laptop 2なのか

 まず、自分の中で、次に買うPCもSurfaceにするのは規定事項でした。  例えば、「Surfaceと同スペックで価格が5万安い」というPCはたくさんありますが、それらは一見気づかない部分で絶対にコストカットをしているのです。例えば、ディスプレイ解像度が低い、タッチパネルじゃない、重い、見た目が安っぽい、発熱が酷い、など……。  最低でも2年くらいは毎日使うものだからこそ、買った後でそういうマイナス点に気づくと絶対に後悔します。  その点、デザイン・スペック・機能性のどれをとっても、「Surfaceを選んでおけばとりあえず間違いがない」という安心感がSurfaceブランドにはあります。  そして何より、選択肢が豊富すぎると逆に迷ってしまうので絞り込めた方が優柔不断な私にとっては有難いのです。DellもLGもSurfaceに負けないプレミアムノートを作ってるのは知ってますが、比較すること自体が不毛。  メインマシンに使うつもりだったのでSurface Goは除外され、  選択肢はPro 6・Laptop 2・Book 2の3択になりました。
比較Pro 6Laptop 2Book 2
重さ1078g / 1092g1,252g / 1,283g1,534g / 1,905g
CPUi5 / i7i5 / i7i5 / i7
GPUCPU内蔵CPU内蔵外部GPU(上位モデル)
画面サイズ12.3インチ13.5インチ13.5インチ
外部端子USB, MiniDP, MicroSDUSB, MiniDPUSB, USB-C, SD
価格¥168,696 (i5 256GB+タイプカバー)¥158,544(i5 256GB)¥200,664 (i5 8th / 256GB)
 重さはタイプカバー込み、価格もタイプカバー込みかつi5 256GBモデルに絞って書いています。128GBとか絶対止めた方が良いです(私見)。  実際にどのモデルを選べば良いのか迷っている方向けのアドバイスは記事の最後に載せますが、  個人的な選択で言えば、  ①タブレットとして使う機会があんまりなかった  ②12.3インチの画面がちょっと狭いと思うことが時々あった  ③200gの重量差はあまり気にならないが、さすがにBook 2は重い  ④Laptopが一番安かった  といった理由からLaptop 2を選びました。  もう一つ付け加えるなら、今年大学生になった弟がSurface Pro 6を買うことになり、だったら自分はLaptop 2でいいか、ということもあります。

パッケージ

 選んだモデルはi5 / RAM8GB / ストレージ256GB。  今までもこの標準的なスペックのSurface Proを使っていて特に不満はなく、しかもPro 6 / Laptop 2はi5同士でも前世代比67%の性能向上が謳われており、   ...

comment  0
favorite  1
ひとりごと 2年前

ゆっくりと終わる

前々から気になっていた「ティラミス クラシック フラペチーノ」  飲むことができました☕ 20190328_135539  Rewardチケットで無料、かつエスプレッソショットを追加して苦味をプラス。  甘すぎない大人めの味。美味しすぎて感動しました✨  TOKYO ローストムースフォームラテも延長。このまましばらく残ってほしいです --------------------  前回の記事から、少しだけ空いてしまったのですが、  実は前回の記事で、誰も気づくわけのない伏線が張られていて、 20190325_011435  これの背景に映っているキーボードが、 20190323_002536_HDR  先週購入したSurface Laptop 2でした!

 では私は買うの? と聞かれると、今のSurface Pro (2017)は会社支給なので今すぐ買い替える選択肢はそもそもありません。会社辞めたら買います。 Surface新製品が発表(Pro 6 / Laptop 2 / Studio 2 / Headphones) | Our Story's Diary
 会社辞めるから買っちゃいました。  厳密にはProを返却するのはもう少し先なのですが、データの引っ越しとかいろいろ考えると早めに持っておいても損はないかなと……どうせ買うし。  Pro 6ではなくLaptop 2にした理由も、まあいつも通りアフィレビュー記事的なところでいずれ書きますが、
    Pro6とほぼ同価格なのにタイプカバーが不要なので、安い 今のProの「画面がちょっと狭い」という不満を解決してくれるし、目の疲れも軽減してくれそう ここ数年、タブレットとして使った覚えがない 今は「オフィス内で近くの人に見せに行く」という用途でタブレットモードを使うことがあるが、今後はたぶん自宅かスタバでしか使わないのでますますラップトップで良い 自分に絵を描く才能はないことがわかったのでタブレットである必要はないし、欲しくなったらiPad mini+Apple Pencilを買えば良い
 ちなみに色はブラックにしました。
 ブラック追加もされましたが、個人的にはシルバーの方が好きです。  このシルバーこそSurface! みたいな。Windows PCでブラックはありふれてるというか、Thinkpadとかあのへんのイメージが……。
 こんなことを言った以前の自分を裏切る感じになりましたが、黒にした理由は単純に一番汚れにくいからです。Alcantaraの汚れやすさは以前Pro4のタイプカバーを買い替えた時にわかっているし。  まあただ買った割に、まだあんまり使ってないんですよね。  結局会社に持って行くのはProの方なので、今もProで書いてますし。さすがに2台持って行くのは重すぎる……。  正直、気持ち的にも早くプライベートはLaptopに絞ってProは会社に置いていきたいんですが、それはそれで帰宅後に緊急の修正とかが来ると困るので。Laptopに現職のFTP情報入れたら何も意味がないしw そういうわけでちょっと待ちです。  土日はLaptop2を使いますが、本格的に使い始めるのはたぶん4月後半。 --------------------  『根本・長井のANN0』最終回、あとその1週前のニセ結婚式聴きました。  私はどうしても最後までこの番組の内輪に入ることができなかったのですが、たぶん楽しめた人にはめちゃくちゃ刺さる1年間だったんじゃないかなと思います。  根本長井、朝井加藤、Creepy、アルピー、ラジオ番組なんて全部内輪だし、それはオードリーだって内輪の規模が馬鹿でかいだけでやってることは同じなんだから、内輪受けであるかどうかは批判材料ではないよなと思うし、「一部の人に深く刺さる」番組よりも、広く浅く、みたいな受け方をするコンテンツを取ってしまう姿勢を改めない限りマスメディアはどんどんオワコンになっていく一方だろうともやっぱり思います。  でも本当に、ニューヨークや羽田圭介さんのような、ニッポン放送に切られたメンツがYouTubeで自由にラジオをやってるのを見ると、  朝井さん・加藤さんもたまにはやってくれればいいのになあ……と思ってしまいます。2人とも既婚だし普通に忙しそうなのでいろいろと難しいのはわかっていますが……。YouTubeでアーカイブを漁って楽しんでいます。  とりあえず気づけば来週からは『佐久間PのANN0』『霜降り明星のANN0』が始まります。楽しみー。 --------------------  そんなこんなで、3月も終わろうとしています。  退職を決めたりしてから1ヶ月、と考えると……つい最近だったような気もするし、遠い昔のような気がする。結構長かった気がします。この1ヶ月は。  そうは言いつつ、とりあえず来週は週4日行きます。全然変わらない!笑  まあお金は欲しいのでちょうどいいかなと思います。  上手く次のエンジニアが見つかれば、4月後半は週3くらいに抑えて束の間のニートを満喫……まぁどちらにしてもGWなので別にいいんですけどね。  それでも最終日ということでお菓子配ったり軽く送別の言葉をかけられたりすると、何だかんだ寂しくなりました。  3月前半はいろいろ揉めたりしていて会社内での立場もなかなか微妙だったし、辞めるしかないと思って決めたのですが、いざ実際に退職という2文字が現実のものとなると、名残惜しくなりますね。  バイトから数えると4年もいて、割と会社の立ち上げメンバーに近い立場なので、もう少し何かが違えば、運命共同体としてずっと残っても良かったと思うのですが……なかなかそうもいかないものです。  他人事のようですが、あとはもう自分と自分の選択を信じるだけです。
 私にとっての2015年は、おそらく5年後、10年後に振り返ったとしても確実に私の人生におけるターニングポイントと呼ぶべきものになるだろうと、強く思うような一年でした。 2015を振り返って – Our Story’s Diary
 4年前にここでバイトを始めなかったらエンジニアになることはたぶんなかっただろうと考えると、自分の人生を大きく変えたものではあるわけで、  そういう過去を否定しても仕方ないし、当然、感謝しています。もちろん、自分が会社に対して行ってきた貢献もそれなりにあるので感謝だけではないですけど笑  ただ、そう思う一方で、感謝があることと、その人に一生逆らわない人生を送ることは別だよな、とも。  それは、「感謝した上で決別する選択もある」ということと、「決別する選択をしたからといって感謝することまで止める必要はない」ということと、両方の意味で。  ちょうど……もうここ何年も続いている父親との関係もそうなんですが。予備校に行かせてもらった、大学の学費を出してもらった、それはもちろん感謝しているし、感謝を止めることもないけれど、だからといって一生その恩に縛られたりもしないです。過去は過去だし、自分の中では、その恩が帳消しになるくらいのことがあったと思ったから離れるだけなので。会社も。 --------------------  とりあえず目下の問題は、転職先を早く見つけること。  GWまでに見つからないとせっかくの歴史的な10連休を心から楽しめなくて悲惨なことになるので、どうにか早めに……。  で、たくさん受けた結果、来週はなんと5日間で6個の面接が決まっています。月~木は19時までバイトで20時から面接。金曜日は昼と夕方に面接なのでバイト休み。あと金曜は午前中に社会保険を自分で払いに行くという面倒なタスクまである。  さすがにこれは……。新卒の就活でもここまでのラッシュはなかったし、ここ数年で一番しんどい一週間になる気がします。が、ここを乗り越えればあとは4月は楽になる一方だと思うので、あと1週間、頑張ります。  ここさえ乗り越えれば週末には湯会もありますしね。楽しみです。  あ、4月はブログも書きます。まあなかなか時間が取れないんですよ、取れないことはわかってもらえると思いますが笑 面接の準備も当然あるし、土日も引っ越しの準備があるからなかなか出かけられないし……という。来週からはもう少しどうにかなると思います……。ヒトリエ記事も書きかけではあるので、4月になってすっかり時期を逃してしまいましたが、何とか書き上げようとは思っているので、よろしくお願いします。まあファンの方は読まない方が良い系の記事になるんですが笑  あとブログのデザインリニューアルも今月中にやりたいですよ。jQueryを早く捨てたいです。  そういうプライベート関連のやりたいことを考えるとできれば4月後半は徐々に現職からフェードアウトしたいところなのですが……後任のエンジニアがいつ見つかるかと、次の転職先がちゃんと見つかるかが問題なので、まあ、最悪GWで全部やります!  ではまた。 ...

comment  0
favorite  1
おすすめレビュー 3年前

「Surface Precision Mouse」レビュー、機能性も満足感も最高級

『Surface Precision Mouse』を購入しました!  バラエティ豊かなSurfaceブランドのマウスの中でも、最も高性能で、最も高額な、プロ仕様のマウスです。 [amazon_link asins='B0798JX189' template='Original' store='galeglad-22' marketplace='JP']  今まで使っていたマウスとは方向性がだいぶ異なるので、購入するかどうかかなり迷ったのですが、  意を決して買ってみたところ、文句なしにオススメできるグッズだったのでレビューを書きます。

読むのが面倒な人向けの概要

    とにかく持ちやすい、サイドボタンが使いやすい チルトホイールよりも水平スクロールを制御しやすくて便利 意外と軽いので持ち運びも問題なし 価格以外に欠点がない

特徴

 Surface Precision Mouseとは、2017年10月にSurface Book 2と同時に発表されたMicrosoft製のマウスです。
類まれな正確さ、快適さとコントロールを実現するよう設計された新しい Surface Precision Mouse は、完璧なスクロールとプログラミング可能な 3 つのボタンで高い生産性を維持します。 ─ Amazon商品紹介ページ
 「Precision(精度)」を冠するだけあって、最大のウリはプロフェッショナルユースを意識した高機能性。
    人間工学に基づいた左右非対称デザイン カスタマイズ可能な3つのサイドボタン Micro USBによる充電式で、有線接続とBluetooth接続の両方に対応 最大3台までのデバイスに同時に接続でき、簡単に切り替えられるマルチペアリング
 単純な価格や携帯性よりも、製品そのものの完成度を第一に求める人のためのマウスだと言えます。

Precision Mouseを購入するまで

 元々私はSurfaceを使いだしてからMicrosoftのファンになっており、特にマウスに関してはマイクロソフト製品以外のものを買わないようになっていました。比較の軸がいろいろあると選ぶのが面倒だからという理由があります。  で、「マイクロソフト製」「Bluetooth」という条件で考えると、基本的にはSurfaceブランドしか選択肢がなく、  「Sculpt Comfort Mouse」「Bluetooth Mobile Mouse 3600」を使っていたのですが、前者は非常に壊れやすくてクリックボタンがすぐにダメになる、後者は……特に不満はないけど飽きてきたので、乗り換え先のマウスを探していました。  第一候補であった「Surface Mouse」「Surface Mobile Mouse」は、チルトホイール(ホイールを左右に倒す操作)が搭載されていないため、水平スクロールができないという大きな問題があり、 [amazon_link asins='B07FDWM4DQ' template='Original' store='galeglad-22' marketplace='JP']  Surface Arc Mouseは水平スクロールこそ対応していますが、特殊な形状故に毎日8時間以上使うものとしては普段使いに不安がありましたし、ここまでの携帯性も求めていません。 [amazon_link asins='B074VT2PR8' template='Original' store='galeglad-22' marketplace='JP']  で、「Surfaceブランド」「水平スクロール」の両方を満たすのは、『Surface Precision Mouse』しか存在しないという結論に至りました。これも厳密にはチルトホイールではなく、サイドボタンの同時押しで代替しているのですが、  ただ水平スクロールもないと困るだけで頻繁に使うものではなく、チルトホイールの、横方向のスクロール量を正確にコントロールできないという欠点にイライラすることも多くなってきたので、いっそサイドボタンの方が合理的ではないかと思うようになりました。  後の問題は値段。とにかく値段。12000円高すぎる……という気持ちもありましたが、しかし毎日10時間は触るものなのだから多少のコストはかけてでも生産性を上げるべきだと言い聞かせ、1月末に購入しました。

使用感

見た目と使い勝手を両立するデザイン

 Surfaceと同じ高級感のあるシルバーで統一された見た目も、さすがのSurfaceブランドで所有欲を満たしてくれますが、  人間工学に基づいた左右非対称デザインのおかげで非常に持ちやすいのが最大のポイントです。 20190202_123457[5]  3つのサイドボタンも、真ん中のボタンがやや小さめになっていることで、ボタンの位置を目で確認しなくてもどのボタンか判別できるなど、細かい配慮がされています。  全てのボタンに自然に手が届くデザインは人間工学の謳い文句通りといったところ。   使っていてストレスがなく、長時間握っていても疲れません。

豊富な機能で生産性アップ

 何と言っても3つのサイドボタンが非常に便利です。  チルトホイールに対応していないため、サイドボタンを押しながらのホイール操作で水平スクロールを代替することになりますが、この操作方法も直感的かつ合理的だと思いました。  スプレッドシートを1行分だけ横に移動したい、みたいな時に、チルトホイールだと「反応するかしないかのギリギリで一瞬だけ横に倒す」というeスポーツみたいな操作を求められてしまうので、慣れてくるとチルトホイールより断然使いやすいです。  ホイールの下にある小さなボタンはフリーホイール切り替え。  一度押すと「カチッ」という音がして、ホイールのコリコリッという引っかかりが解除され、滑らかなアナログスクロールに切り替わります。  ……まあ正直言ってほとんど使わないのですが、ただこのボタンを押したときの「カチッ」という感触が驚くほど気持ち良くてクセになるので意味もなく解除してすぐに戻したりします。  他には複数PCをシームレスに切り替えられるスマートスイッチ機能もありますが、PC複数持ちもしていないので未設定です。勿体ない。Surface Goが欲しい。  ただ、「マルチスクリーン」ではなく「複数PCを同時に操作する」というシチュエーションが実際どれだけあるのか? という疑問はありますが。2台持ちだとしても、両方を同時に起動して操作する理由はあまりないと思いますし。WindowsとMacbookの2台持ちで開発環境整えている人とかは便利なのでしょうか?

サイドボタンの機能をカスタマイズしてさらに便利に

 Microsoft製品ユーザーお馴染みの「マウスキーボードセンター」でボタンの機能やDPI設定などを細かくカスタマイズできます。  デフォルトでは奥から「ブラウザの進む」「タスクビュー」「ブラウザの戻る」に割り当てられていますが、  ブラウザでしか使わない操作に2枠割くのは勿体なく、水平スクロールの方が大事だったので「進む」を削除しました。  タスクビューを使う場面もそんなにない、そもそもあの機能、昨年のWindows Updateで「タイムライン」に統合されてから動作が重くなりすぎて正直邪魔なので、『Sclupt Comfort Mouse』同様のスタートメニュー呼び出しに変更しました。 ...

comment  0
favorite  0
おすすめレビュー 3年前

Surface ProをType-C充電!『BETOP Surface Connect to USB-C Charging Dongle』でSurface+USB PDの未来を先取り

1ヶ月ほど前ですが、「BETOP Surface Connect to USB-C Charging Dongle」を購入しました。  名前の通り、Surface ConnectとUSB-Cの変換ケーブル(充電専用)で、写真のようにType-Cケーブルを差し込むことでSurfaceを充電できるようにする画期的なアイテム。 20190107_222059  Surface Connect端子で充電できるUSBケーブルが海外で発売! 日本発送可能。 - WPTeq  他のサイトでも紹介されている製品ですが、実際どうなのかと思って買ってみました。  結論から言えばSurfaceユーザーなら間違いなく買って損はないです。

なぜUSB-C変換ドングルが必要なのか

 2018年に6世代目が登場したSurface Proシリーズ、未だに搭載されていないことへの不満が聞こえるUSB Type-Cポートですが、実際USB-Cポートって欲しいですか?  結局USB-Cをデータ通信やLAN接続する際は変換ドングルを噛ますし、会社や家で使う分にはマグネットで簡単に着脱できるSurface Connectの方が取り回しが良いわけで、  実際に「SurfaceにUSB-Cポート欲しい」と思う場面を考えると、充電、しかも、「モバイルバッテリーで充電したい時」と「出張・旅行・ノマドなどで重くて大きいアダプターを持ち歩きたくない時」の2パターンだけだという結論に至ります。  ただ、実際モバイルバッテリーに対応していれば……と思うことは結構あって、せっかく軽量でどこでも作業ができるデバイスなのに、電源問題のせいで場所が制限されてしまうストレスがずっとありました。  馬鹿重いDCのモバイルバッテリーを13000円で買ったりもしましたが、重いし、充電にも時間がかかるし、そのくせ半年ほどで使えなくなったり……。  私のように出先やカフェで作業する人間にとって、Surfaceをモバイルバッテリーで充電するのはまさに長年の悲願。  もちろん理想は「Surface Book 2」のSurface Connect & Type-C両搭載なのですが、それとほぼ同じ使い勝手を実現してくれるのがこのドングルです。  このドングルを使えば、外出先のみSurfaceをType-C充電対応端末としても使えて、いいとこ取りできるのです。しかもたった4000円で! 20181129_015005_HDR  ちなみにこの製品は日本未発売ですが、Amazon.co.jpで輸入品が売られています。 [amazon_link asins='B07HTW87DB' template='Original' store='galeglad-22' marketplace='JP']  Amazon.comでも日本への発送に対応しています。ちょっと検索すればわかりますが、クレジットカードさえあれば問題なく買えますのでオススメです。 Amazon.com: BETOP Surface Connect to USB-C Charging dongle  USB-Cのオス側になっている「BETOP Surface Connect to USB-C Charging Cable」もあります。  Dongleを買ったのはそちらしか在庫がなかったからです。交互に在庫切れになったり復活したりしているようですが、使い勝手は基本同じなのでどちらでも良いと思います。 20181221_235932  Surface Connect側は何の問題もなくピタッとSurfaceに差さります。  以前、某メーカーの安い互換充電器を使った時は、コンセントに差すだけで(充電開始していなくても)ランプが点灯していましたが、このケーブルは純正品と同じく、実際に充電されている時のみ点灯します。

実際の使い勝手

 控えめに言って、最高です。  Power Delivery対応モバイルバッテリー、USB-Cアダプター、USB C to CのPower Delivery対応ケーブルという3点を追加で手に入れる必要がありますが、  これらを揃えればSurface Proの不満点を全て解消してくれます。  具体的なメーカー等は後述しますが、  まず20100mAhのモバイルバッテリーとのセットで、輝度最大でもコンセントなしで7時間は持つようになりました。  Surface Pro単体のバッテリーの持ちが約3時間だったので、2.5倍。  今あなたが使っているSurfaceのバッテリーの持ちが、このモバイルバッテリーとSurface Connect to USB-Cケーブル(またはドングル)を買うだけで2.5倍になるというのは、革命です。  重さも普通のモバイルバッテリーより少し重い程度ですし、何よりNintendo Switchやスマートフォンなど他のデバイスと共通なのが便利。「Switchをプレイしながら充電」もできます。USBポートもありますし。 20181215_171208  こんな感じ。Surfaceをモバイルバッテリーで充電するという夢が見事に実現されています。  Web編集のVisual Studio Code、動画編集ソフトのPremiere Proや音楽制作ソフトFL Studioといった、処理の重いソフトを起動していても余裕でバッテリーが回復していきます。  アダプターの方はそちらに比べるとやや出番が少ない、というよりもモバイルバッテリーでの充電が便利すぎて、わざわざコンセントのあるカフェを探すことが減ったのですが、  「とりあえずカバンに入れておけばどんな状況でも充電できる」安心感があります。  今まで、Surfaceの充電器を持ち歩くためには、Surfaceのためだけにアダプターを丸ごと携帯する必要がありましたが、この小さなアダプターと変換ドングルだけ持っておけば良い。例えば旅行に行く時もこれで十分。  USB-Aポートが搭載されているアダプターならスマートフォンやタブレットも同時充電できるので、USB-A to Cケーブルをおまけで持っておけばそれだけで足ります。  少し前に泊まったカプセルホテルのラウンジで作業した時も、このアダプターのおかげで身軽に動けましたし、寝る時はそのまま同じアダプターでスマホが充電できるのでSurface充電器もUSBアダプターも両方兼ねてくれます。  正直Surfaceのアダプターも別にそこまで重くはないのですが、とにかく大きくて持ち運びづらい。重さ以上にサイズ面での恩恵がかなり大きいです。とりあえず鞄の中に入れておくこともできるサイズなので。 ...

comment  2
favorite  1