おすすめレビュー 5年前

Surface Pro シリーズと一緒に使って良かったアクセサリ30点をまとめて紹介

私は2014年末にSurface Pro2を買ってから、Pro4、Pro5、Laptop 2を経て、現在はSurface Pro 7を愛用しつつサブでSurface Goも持ち歩いている……というSurfaceマニアです。  それと同時に、関連アイテムも結構な割合で買い揃えており、気づけばかなりの数になりました。 (冒頭の画像はその一部です)  1つ1つ記事を書いていくとキリがないので、まとめて雑感とオススメ度を書いてみました。  巷にある「Surface向けグッズまとめてみた」記事とは違い、あくまで私個人が実際に使ってみた感想がベースですので、客観的なレビューとは異なることをご了承ください。  どちらかというと自分用の備忘録も兼ねており、定期的に見返して自分の物欲に愕然とするための記事です。なので何か買うたびに追記しています。 [amazon_link asins='B07Y2WDP51' template='Original' store='galeglad-22' marketplace='JP']  現在はPro 7をメインに使っているので、その視点での記事にはなりますが、Surface Pro X / Go / Laptop / Bookシリーズのユーザーでもある程度参考になるかと思います。 (一部のモデルに当てはまる内容にはできる限り補足を入れています)

公式アクセサリ

Surface Pro タイプカバー(ブラック)

おすすめ度:★★★★☆ [amazon_link asins='B071GPZWD6' template='Original' store='galeglad-22' marketplace='JP']  Surfaceを買ってタイプカバーを買っていない人なんて見たことがないけれど、一応別売。  昔は薄くて打ちにくいものでしたが、アイソレーションキーが採用されたPro 4以降のタイプカバーの打鍵感は、もはや一般的なUSBキーボードより全然良いレベルになったと思っています。  もちろん好みもあると思うんですけど、個人的にはノートPCのキーボードよりも断然このタイプカバーの方が好きです。  ブラックは他の色よりも約4000円安くなっていますが、両方使った身としてはAlcantara素材の方がオススメなので★4。

Surface Pro タイプカバー(Alcantaraモデル)

おすすめ度:★★★★★ [amazon_link asins='B07Y1LF49B' template='Original' store='galeglad-22' marketplace='JP']  素材にAlcantaraが使用された高級モデル。Pro 4の頃はSignatureなどと呼ばれていましたが、現在はブラック以外の色のタイプカバーは全てこちらに。  やはり見た目の高級感と手触りの良さはAlcantaraの方が優れています。  2万円のキーボード……というとやや尻込みしてしまいますが、その価格に見合う満足度ではあります。  使っていると汚れてきますが、キーボードだけ買い換えられるというのもSurface Proならではのメリットなので、汚れてきたなと思ったら1~2年おきに買い換えるものとして割り切るのもオススメです。  本体を買い換えなくてもPCを新調したような気分が味わえるので、ブラックのタイプカバーを最初に買った人はぜひ他の色にもチャレンジしてみてほしいです。

Surface ペン

おすすめ度:★★★☆☆ [amazon_link asins='B0721P53Z1' template='Original' store='galeglad-22' marketplace='JP']  ペンはPro 4まで同梱でしたが、第5世代以降は別売りとなりました。  別売りになったことによって、ペンの色を選びやすくなったというポジティブな面もあります。価格はさらに上がりましたが、4096段階の筆圧感知や傾き検知が付いたので、お絵描き用途としても十分使えそうです。  絵心がないので頻繁に使うわけでもないですが、大学の授業中にあると結構便利。  教授のスライドとか板書とか、文章だけならキーボードで打ちますが、図とかの場合はペンでOneNoteに直接書き写した方が早かったりします。PDFで配布された資料に書き込みもできますし、配布されたプリントもOffice Lensで撮影して取り込めば全てオンライン管理できます。  プリインストールの『Drawboard PDF』が割と便利でしたがPro 5以降では有料ソフトに。PDFでよく書き込みを行うなら購入推奨ですが、普通にMicrosoft Edgeで開くのが良さそう。  単なるメモ用途としてはやはり『OneNote』が定番。iOS / Android / Macとの同期も簡単にできて便利です。

Surface Dock

おすすめ度:★★★★☆ [amazon_link asins='B016ZYWG56' template='Original' store='galeglad-22' marketplace='JP']  USBポート×5、Mini DisplayPort×2、イヤホンジャック、有線LANポートがひとまとめになっていて、Surface Connectと呼ばれる充電端子部分に接続するだけで簡単にその全てが使えます。  このように、ケーブル1本をバチッと付けるだけで、ネットに有線接続できて充電もできてUSBポートも増設できる素敵なアイテム。外部ディスプレイと接続するにも便利。Mini DisplayPortに対応していないモニターの場合は変換アダプターが要りますが。  できることが増えるわけではないものの、この快適さは一度体験すると戻れない。USBと充電とディスプレイを別々に接続するのが面倒という方にはもってこい。  2本以上のケーブルを別々に繋いでいると、付けたり外したりするのがだんだんストレスになってくるはずです。USB-Cハブよりも着脱は簡単です。  ……とはいえやっぱり高いのがネック。余裕がある人は買えばとても便利、という感じです。定価だとさすがに高すぎるので、2万円切ってるならお買い得かなー、というところ。   ...

comment  2
favorite  3
ひとりごと 5年前

欲望

気づけば3月も最終日。  前半の毎日更新が嘘のように空きまくってしまった。そしてもう半年が経過しようとしているハワイ記事。来月こそは……。 --------------------

Amazon春のタイムセール

 またやってる。  とりあえず注目すべきはSurface。プライム会員限定だけどセールが半端ない。  ウィジェットでは表示されていませんが、Pro4は25%オフ、Pro4のストレージ512GB以上のモデルとBookは30%オフ。  具体的には  Surface Pro 4 i7 / RAM 16GB / ストレージ256GBが¥147,258(25%オフ)。  Surface Book i7 + GPU / RAM 16GB / ストレージ256GBが¥191,117(30%オフ)。  どちらも買いでしかない。私が今使ってるPro4(i5 / RAM8GB)を買った時は19万くらいだったので、もう悔しさしかない。いや1年以上経ってるから仕方ないんですけど……。  1日限定セールなので、そう簡単に決心できる値段でもなさそうですが、新年度に併せてPC買いたい人とかはもう今しかないんじゃないでしょうか。    あと、そこまで高級じゃなくても、という方には地味にこんなものも。  Pro3の最廉価モデル(i3 / RAM 4GB)ですが、なんと¥52,989。しかも指紋認証タイプカバーをセットで買うと半額。  私みたいにガッツリ仕事とかに使うならともかく、ブラウジング・プレゼン・ノートといった一般的な学生の用途には十分なスペックと解像度だし、Pro3の排熱問題もi3なら逆にそこまで不満にならないでしょうし。  こちらは期間限定とかではなく単に在庫処分っぽいので今日中に買う必要もないですが、在庫限りなのでお早めに。(でもこの3日間はタイプカバーがこっそり15%オフなので、今セットで買うともっとお得)    いつも通りのKindle値引きとかはまあいつも通り。いい加減Kindle VoyageとOasisもセールしろよって思いますよね。Oasisなんて絶対売れてないでしょ……。  最近はiPad買ったのでKindlePWは持ち歩かなくなったけど、でも電子書籍で買ってるタイトルの新刊が出たら時々引っ張り出そうとは思ってます。やっぱりiPadより目が疲れないのは良い。  

Surface book with Performance Base 日本発売

 昨年秋のイベントで発表され、アメリカでは発売されていた、  Surfacebookが元々究極だったのにバッテリーとスペックをさらに強化した超究極なノートPC。  忘れたころに日本でも発売。いつものMicrosoft。いい加減Apple見習って全世界同時発売してほしいんだけど、別に全世界同時発売したからって売れるようなモノでもないのが悩ましい。
Surface Book (パフォーマンス ベース搭載モデル)を 4 月 20 日(木)より発売  スペックも高いけど値段も凄まじく高い。i7 / 8GB / 256GBですら30.8万、i7 / 16GB / 512GBで35.7万。  上のセール価格と比較するとちょっとなー……という感じ。  バッテリー改善は普通に羨ましいのだけど。Book2が出て値下がりしたら……ってところですかねー。  あとSurface Studioも日本で出るっぽいです。まあこれはiMac対抗、どちらかというとデザイン事務所とかが導入するタイプのものだと思うので、バイト先に1台入れてもらえるようにステマしていく所存です。  

クォーターパウンダー

 全然何の関心もなかったけど、頭の悪い消費者なのでなんかなくなるって言われると1回食べておきたくなった。  まあ普通。マックのバーガーなので別に良いも悪いもない。  代わりに新バーガーがレギュラー入りするらしいですね。たぶん釣られて1回は買っちゃうんだろうな。  

豚スタミナ丼

 バイト先の近くで安価にお昼を済ませられるのが吉野家くらいしかなくて、週1~2で行ってるのですが、  基本的に豚丼とか牛丼とかしか頼んでなかったのだけど、最近は豚スタミナ丼がお気に入り。  20170328_053646304_iOS  美味しいのでオススメです。¥450。豚丼より高いけど、生卵がセットでついてくるから意外とそんなに変わらない。  ニンニク多めなので口の臭いが若干気になるといえば気になるのだけど、大学の授業前ならともかく所詮はバイトなので別にいいか、と割り切ってます。狙ってる可愛い同僚とかも別にいないしな。  

ミリオンライブイベント

 ミリオンライブの4thライブ記念イベント。走りました。  20170328_061743000_iOS (2)   適当に走ってて気付いたら189万とかまで来てたのでいっそのことキリの良い数字に乗せました。ついでに500位報酬を2人分稼ぐあたりがセコい。  20170316_090329000_iOS 20170327_073348000_iOS  アイテム消費。iPadなので無駄に画面が大きくて見づらい。  昨年3000個くらい使ってたのでちょっと不安だったのですが、終わってみれば半分以上余る結果に。  きっちりデッキやSP育ててたのと4連アピール持ってたのがありがたかったな。去年のULA予選の志保が4連潜在で本当に助かった。  今年はさすがにみんな慣れてきたのもあってか、そんなに荒れなかったですね。  前半で余裕持って走りすぎて後半暇になってました。最終日も全然Splatoon2やってたし。  去年は志保も百合子も半端なく高かったので諦めもついたけど、今年はこのポイントなら志保さんのボーダーでも取れたし、何なら2枚取り狙っても良かったなあ……。来年あれば複数枚チャレンジしたいですね。その頃までソシャゲの方のミリマスがちゃんと盛り上がっている気は、あんまりしないですが。 --------------------  4月は就活とか新学期とかでいろいろ大変そうですが隙を見てブログは書いていきたいところです。  大学始まったらうまく時間作れるはず。……なんか本末転倒なところはあるけど。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 5年前

多様性

皆さんは、夜ベッドに入ったのになかなか眠れない、みたいなことありませんか。  特に、寝る前にスマホを見たりして、その後スマホを消して寝ようと思ってても目が冴えちゃって、15分経っても寝れないので適当にYouTubeでラジオ流したりするけど当然寝れない、みたいな。  私はそれが凄く多くて、すっと寝れることもあるけど、  それで、そういう時の対処法をずっと模索していたのですが、ここ5日間くらい試していて5夜ともすぐに寝られる方法を発見しまして、  それがPrime Musicで配信されている「眠りのためのヒーリング・ミュージック」というプレイリストを枕元のiPadで流すというものです。  具体的に何で効くのとかはわからないのですが、とにかくこれを流しておくとすぐに眠れるんですよ。音があることで気が紛れるというか、適度に思考を遮断してくれるというか、とにかくこのプレイリストの3曲目を聴いた記憶がないです。その前に寝てるので。  「眠りたいのに眠れない時間」って人生の中でも有数の時間の無駄遣いじゃないですか。  ベッドに入ってるから何の作業ができるでもなく、ただ翌日の生産性を下げるだけっていう、それが本当に嫌で、何ならドリエルでも買うべきなのかとか考えてたんですけど、とりあえずこれで眠れるようになったのでちょっとQOLが上がった気がします。  ……まあ、睡眠時間が確保できたからといって、翌日眠くならないわけではないので、眠い時は寝ちゃうんですけどね。  中学、高校、大学に至るまで、授業中とかそういう「寝てはいけないシチュエーション」で、眠りたいという身体の欲求を意志の力で抑えられた経験が一度もないんですけど、他の人ってどうしてるんでしょう。大学なのでコーヒー飲みながら授業受けたりとかしてるけどやっぱり寝ちゃうし。もしくは、起こしてくれる友達が周りに1人もいないというところが最大の問題なのかもしれません。 --------------------

Surface Pro 4が大幅な価格改定

Surface Pro 4 がお求めやすくなりました - Microsoft atLife  てっきり「どうせいつもの1万円キャッシュバックを反映させたくらいでしょ」とか思ってたんですけど、 image  値下げ幅が半端ない。特にi7機種。  私がCore i5 / RAM 8GB買った時と同じ価格でCore i7 / RAM 16GBのモデルが買えちゃうじゃん……。ずるい。  Surfaceってどうしても他のノートPCに比べると割高なところがあるのですが、今回の値下げでだいぶ緩和されたのではないでしょうか。  まあPro5が春に登場という噂もあるにせよ……正直Surfaceシリーズは初期不良結構多いし、Pro4の完成度はほとんど不満がないレベルに達してるので。それこそこの春から新生活な方とか、ぜひ。  ペンとタッチが使えてOfficeがついてくる時点で、ノート代わりの端末としてMacbookよりも確実に便利なことは保証します。Macbookと比べると圧倒的にバッテリー持たないけど、それ以外はパーフェクトです。  あと本体だけじゃなくてタイプカバーも価格改定してほしい……。ちょっといよいよタイプカバーのボロさが気になってきたので買い替えたい。Pro5タイプカバーが互換性あればベストなんだけど。  

最近買ったもの

   ポケモン公式のLightning&MicroUSB兼用ケーブル。  iPadとAndroidスマホを充電するのに2本ケーブル持ち歩くの面倒だなーと思ってたところだったので、ちょうどよかったです。値段もケーブル2本買うことを考えれば良心的。    あと、パスピエの『&DNA』が今週発売です。    初回限定盤買おうと思ってたけど、冷静に考えてDVDなら画質はYouTube程度だし、それなら通常盤でいいというかDL購入でいいかという結論に至りました。  本も音楽もですけど、DL購入だと買った瞬間に手に入るから良いです。あと、CD取り込みが面倒になってきた。SurfaceにCDドライブがないことも含めて。  

Nintendo Switch予約開始

   土曜日なんて普段なら13時くらいまで寝てるんですけど、何とか9時に起きて予約成功しました。  ヨドバシが無限予約受付してたところから考えて、今回の予約戦争は一次入荷であって、発売日までに何度か予約復活してそのうち即完売もしなくなるんじゃないかと思うんですけど、どうなんでしょうね。転売屋には何とか死滅してもらいたいところ。  ……っていうか、単純に発売日までに在庫がまともになればAmazonさんが5%オフくらいはしてくれて最低価格保証が適用されるんじゃないかという期待。  マイニンテンドーストアでJoy-Conストラップも赤青にしようかと思ったんですけど、そこまでしなくてもいいかなーという。全然繋がらないし。    まだ本体以外は予約してません。とりあえずソフトはボンバーマンをDL版で買う予定。1-2-Switchは悩み中。発売までに店頭試遊とかできたらいいなー。  キャリングケースは買うとして、あとJoy-Conもう1セット……。出費がヤバい。これで翌月にはマリオカート8DXだし、その翌月あたりにはARMS出そうだし。遊びきれない。  Switch初週どんな感じかはさっぱり読めないんですけど、Splatoon2がちゃんと夏休みの時期を外さずに出れば盛り上がるんじゃないですかね。9月発売とかになったらキレる。いや9月も夏には入るけど、そういう問題ではなくて、許されない。  

Switch体験会について

 行ってきました。もう1週間以上前なんですけどね。  イベントとしては普通に面白かったです。任天堂公式の単独イベントというのが珍しいので、空間的にワクワクした。USJのエリアがオープンしたらあれの100倍くらい楽しい空間になるのでしょう。 20170114_014423324_iOS_thumb1  ステージイベントはどれも濃密。特にシオカラーズ以外のSplatoon曲のライブはずっと望まれていたので最高でした。歌もキーボードの方が生で入れてるっぽくて凄かった。  エフェクトかけまくってたのでわかりづらかったものの、シオカラーズのような創作言語を普通に歌えるとは思えないので、元は普通に英語なのかなーなどと想像。  イベント後のアンケートにも書きましたが、Splatoon単独ライブやってほしいですね。1と2の曲合わせたらバンドとシオカラーズで2時間くらいは余裕で持つだろうし、全然お金払いますよそういうイベントなら。    ただ、肝心の試遊の方は……出遅れたりどれから遊ぶか迷ってたりしてるうちに次々に上限に達してしまい、結局『ARMS』と『SUPER BOMBERMAN R』の2つしか体験できませんでした。  任天堂側としては客入りが全然読めなかったこともあるのでしょうが、一人一人にそのソフトの魅力を出来る限り伝えようとするあまり、一人当たりの体験時間がちょっと長いために回転悪くなってる感じが。  例えば開場前に上限に達したことで話題となった『Splatoon2』は、TVモードで2戦+2戦目に買った人のみ携帯モードでもう1戦。携帯モードの方はスクリーンに映されるので予選としてTVモードは必要なのでしょうが、それでもTVモードは1戦で良かったのでは?  私が体験した『ARMS』も、チュートリアル→2本先取の対戦×2セットで、試合が長引くと6戦遊べることに。まあ『ARMS』や『1-2-Switch』は新規タイトルなので、長く知ってもらう必要があったのでしょうけど、『Splatoon2』とか『マリオカート8デラックス』あたりはもっと遊べる人数を増やす方向に持って行く方が良かったんじゃないかなあと……。  その点『ボンバーマンR』はゲームシステム上、回転が凄く速かったので、あんまり並ばずに遊ぶことができました。    『ARMS』は凄く面白かったです。Splatoonに続く任天堂の新規IP。  Splatoonと違ってローカル2人対戦に対応しているので(Joy-Conを買い足す必要があるのがネックですが)、Switchの持ち出しやすさも相まって口コミで広がっていくポテンシャルがあるのではないでしょうか。  『ボンバーマンR』はボンバーマンのCS機復帰作、とりあえずシステムとか感触は完全にボンバーマンでした。ただ、元のボンバーマンが完全に十字キー前提の作りなので、Joy-Conのスティックだと少しやりにくく感じました。  そもそもJoy-Conが小さいなという印象もありますが、このあたりは結局やっているうちに慣れる部分でもあるはずなので、数分の体験版では断言しきれませんね。  

記事紹介:インターネットの原理主義

元旦の朝、私が東京ディズニーシーで目撃した「ある不気味な光景」 数千人がスマートフォンを手に…(現代ビジネス) - Yahoo!ニュース  タイトルだけ見ると「老人の若者批判か」という感じで、私も大して興味なかったのですが、後半部分が実は面白くて。4ページ目に載ってる話です。
 最近とみに、神社での拝礼のしかた「二礼二拍手一礼」というのが、やかましく言われるようになった。その昔は、ここまで言われなかったし、もう少し適当であった。  つい先だってまで(二十年前くらいというところ)神社に行ったときは、お賽銭を投げ入れて、かしわ手を二つ、あと合掌して、(願いごとがあるなら、ここでお願いする)、少し拝礼ぎみにお祈りを終える。こんなものだった。これで大きく間違っていないとおもう。二礼二拍手一礼に比べて、やや簡素化されている、というのにすぎない。 (中略)  神社では二礼二拍手一礼、というのは(それをやや強制するのは)、私はインターネット文化だとおもっている。インターネットが広めた文化だ。  インターネット世界は、かなり原理主義的である。  あまりにヨタ情報が多いため、この世界は、真面目な人たちはより正しい姿を求め続ける、という傾向がある。神社での拝み方について質問があったら、いろんな経緯をたどるにしても、おそらくすべての回答が「二礼二拍手一礼しなさい」ときっちりと指し示すだろう。  どんどん原理的に意見が統一されていく。曖昧なものが排除されていく。  それが正しいように見える。正しいように見えるから、厄介である。
 これ、日の出程度の話だからピンと来ない人も多いと思うのですが、ふと思い出したのが、  「10~20年前は就活の時の服装にもっと幅があった」という話。同じ現象なんじゃないかなと思うんですよね。  就活生が1万人いて、1万人がそれぞれの親か、大学の就活サポートの人に聞いたとしたら、たぶん1万通りの別の答えが返ってくる。それは、細かい表現とかそういうところで。  ところが、1万人の就活生が「就活 服装」でGoogle検索したら、基本的には同じページがヒットするわけですよ。これでは多様性が失われるのも当たり前。  インターネットは複製コストを無視できる世界なので、どうしてもゼロサムゲームになりやすい。2番目のものに需要がなくなってしまう。  今はどうか知りませんけど、数年前にボカロ入り浸ってた頃に、「ニコニコはCDショップと違って昔の名曲が永遠に聴かれ続けるから新曲が埋もれてしまう」という話があって。  そういう行動をしてしまう消費者を責めることはできないのだけど、それってただ闇雲に生産者を疲弊させるだけの流れなので、どこかで解決策を探らないといけないのでしょうね。  

キングコング西野さんが炎上

 うん。まあ。この件はあんまり突っ込みたくないので掘ってないんですけどね。  クラウドファンディングとかフリーミアムモデルとか、やってることは別に悪いことじゃないのに、なぜか叩かれてしまうというのは、伝え方の問題なんでしょうけど。  共同制作なのに他のクリエイターを軽視しすぎ、というのも、確かに悪いことなのだけど、一方で、参加したクリエイター本人が直接抗議してるのか、という疑問もあって。もしそれがないなら、結局「グレーゾーンなことを全て悪く補完する」っていう、去年のキムタクと同じような攻撃のされ方をしてるわけですよね。それもどうなんだろうっていう。もちろん、悪く補完されるような日頃の行いと言ってしまえばそれだけなんですが。  ちらっと調べてみたら、イラストレーターは買い切り契約だからネットに公開しても儲からない、とかいう意見があったけど、それ買い切り契約なら当たり前に起きることのような。その代わり全然売れなくてもお金入るっていうシステムなんだから、結果論でしかないじゃんね。  日頃の行いが悪いと認定された人はもう何をしても再起不能なのかな。  でもそれってインターネット関係なくごくごく普通のことじゃんって言われたら確かにそうなのかなという気もするし。難しい。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 6年前

イベント

またまた大変な1週間を何とか乗り切りました。  月曜:英語のリーディング(6ページくらい)  火曜:小テスト  水曜:英語のリーディング(28ページくらい)  木曜:期末テスト  金曜:エッセイ提出&  なんか今学期はずっとこんな感じというか、隔週でガッツリ英語のテキスト読んでくる課題を出す授業が2つあって、その2つの隔週が見事に毎回一致してたので、「死にそうな週」が定期的に訪れて定期的に死んでました。  今学期、普段より単位数減らしてたのにな……。全然キツかった。  とりあえずテキスト読んでくる系の課題はもうなさそうなので一安心。来週と再来週にプレゼンテーションあるけど、グループワークだから一人当たりの負担はそこまで重くないし、あとスライド作ったりプレゼンしたりというのは結構好きなので大丈夫です。  事前に構成組めるプレゼンは割と得意なんですよね。中高でそこそこ慣れてるというのもありますが。 --------------------

Microsoftの発表イベント

 昨日。ありました。    ありがたいことに90秒でイベントの内容をまとめた動画が上がっております。  Surface Studio……まあ主なターゲットはデザイン系の事務所かちょっとお金のある絵師だと思いますが、カッコいいですねやっぱり。うちのバイト先のオフィスにはimacが置いてあるので、ぜひSurface Studioも! と推していきたいところ。  まあ私以外mac派なので難しそうですが……。私だけWindowsなので入ってるフォントの違いとかで定期的に迷惑をかけてます。  あとはSurfaceBookがマイナーチェンジ。GPU性能2倍・バッテリー時間延長ってことで、持ち運べるゲーミングPCとしてかなり期待できそう。もちろんクリエイティブにも。  SurfacePro4(i5)も別に悪くはないものの、やっぱりPremiereとかAEで動画書き出しとかすると時間かかっちゃいます。最近はhtmlとかPHPとかコード書いてばっかりなのであんまり気にしてないですが……。  そもそも大学卒業したら自分のPCを使う機会も減るはずなので、そんなハイスペックなPCが必要なのかどうかという問題はありますが、せっかくなら卒業時にBook2かPro5買いたいなあと思ったりもします。  しかし、こういうガジェット系の発表会を見ていると、改めてこの世界の幸せはお金と直結してるんだな、という気に。  まあお金ないならないなりに楽しいとは思うけど、こういうものをパッと買えちゃう人の方がやっぱり人生において無駄なストレスを感じずに済むだろうなあと思います。PS4とかPSVRとかも。  あ、そういえばWindows10向けのVRヘッドセットを来年に$299~で発売するという情報もありましたね。正直それが一番楽しみかも。  本当はMicrosoft謹製かOculusが良かったけど、まあHPでもAcerでもちゃんとVRできるならいっかって感じです。あとはXboxで使えるかどうかと、コンテンツ次第。もしくはOculus値下げしないかなー。  

Appleの発表会

 こちらも。  Macbook Pro、性能アップは順当だし、ファンクションキーのタッチバーもSurfaceとは違うタッチパネルとPCの融合へのアプローチというところで、便利かどうかはともかく面白いと思います。  が、ポートのType-C一本化はさすがに早すぎたのでは……? モバイル優先のmacbookはともかく、Proを標榜するなら現在使われているポートは切るべきではなかったような気がする……。  次のSurfaceがどうなるかわかりませんが、Surface用充電ポート・USB・microSDはしっかり残した上でmini displayportをType-Cに変えていただけるとありがたいです。    あと、どちらかというと大きいのは価格改定のような気も。  
アップルがMac既存機種を大幅値下げ、12インチMacBookやiMacは2万円前後安価に。米国での価格と逆転 - Engadget Japanese  Macbook AirはRAM8GBで10万円を切っていますし、こっちもお買い得な気がします。  別にmac嫌いというわけではないし、良さそうではあるのですが、わざわざSurfaceと2台持ちしてOS操作を混乱させたくはないので、別にいいかなーというところ。弟が大学に入ったらプレゼントして時々借りるかもしれない。    そういえばiPhone 7 のApple Payもスタートしたようで。……ただ、よく考えたらApple PayってVISA非対応なんですよね。  ついにiPhoneにおサイフケータイが!というところに釣られていましたが、WAON・nanacoはまだ対応してないし、来年3月くらいに改めて考える、というのは割と賢い選択かもなあと思いました。 --------------------

アメトーク西野回

 先々週のアメトーク。  面白かったんですけど、観てて辛くなった。  ああいう性格の人は何をやってもどう動いても全否定される以外の道がないんだなあと思うし、同時に私自身がそういうタイプであるという自覚もあるので。  影響力がないからあそこまでの規模ではないけれど、私もTwitterとかで定期的に炎上しているし、2chとかでも時々突っ込まれて傷ついたりしていて、  だからこそ、キンコン西野とか、あと最近だと長谷川豊アナとか、そういう炎上する側の人の感覚が凄くよくわかって。  それを言っている最中は「自分は正論を吐いてる」とか「他の人が触れられないタブーに触れた」みたいな謎の高揚感があって、だから叩かれるほどエンジンがかかってどんどん本当の自分の見られ方がわからなくなっていく。  そういうところまで理解できてしまうので、ああいう人を寄ってたかって叩く気は起きなくて、根っからの悪人とかじゃないんだから、そんな鬼の首取ったかのようにバッシングしなくてもいいのに、とは思うのですが、  私も含めてそういう感覚に至らない人の方が圧倒的に多数派で、少数派は排除されるべきなので、キンコン西野も長谷川アナも死んだ方がいいし、それを死んだ方がいいと思わない私もやっぱり死んだ方がいいんですよ。それはすごくよくわかります。    それで、同じ毒舌キャラでも坂上忍とかあのへんは、私とは違うタイプだなあと思うんですけど、  要するに「自分の意見が間違って伝わったことを許せるかどうか」「相手の反論を無視できる強さがあるかどうか」なのだろうな、と。  強い一次発信に対して反論があった時に、そこに再反論をぶつけた時点で相手と同じフィールドに立ってしまう。  意見が本来の意味を無視して単なる言葉として広がっていくことを上から許容できるなら、そして、それにいちいち傷つくことなく生きていけるなら、ある程度の説得力を持ち続けていられるのだろうけど。  そこをスルーできない自尊心の強さが、つい「いや、私は本当はこう思っているんですけど」みたいな反論に繋がって、その様を客観的に見た時に、小物臭、ダサさに繋がる。  常に話題の中心を自分でコントロールして、相手の提示した話題には一切乗らない、という姿勢ができるかどうか……。  だから私の場合はTwitter止めたことはやっぱり正解だと思っていて、Twitterはそういう反応がダイレクトに可視化される世界なので。  エゴサーチした結果をRTする人って100%小物ですよね。でもやっちゃうんだよなー。  常に周りからの目を気にしてる。  私のヒトリエdisとかの意見表明系の記事、読んでもらうとわかるんですけど、常に予防線張ってるんですよ。「人によってはそう思わないかもしれないけれど」とか「これが好きな人ももちろんいるだろうけど」とか。要するに自分の想定と違う読まれ方を許したくないんですよね。でもそんなことはできない。  だったら最初からそんな保険かけても意味ないとは思うんですけど、ただTwitterはそういうフォローまで入れる余地がないんですよね。だからどうしても自分の思っていることの単純なアウトプットよりも強い言い方、言葉足らずな表現、シンプルなメッセージになってしまう。そういうメディアでこそ輝ける人もいるけど、私はそうではないので。  と、そんな流れの中、  

ヒトリエ記事へのコメント

 が、来ていました。それも、なぜか旧ブログの方に。
非常によく分かります。 僕もwowakaさんの、あの緻密で繊細でいてカッコいい楽曲、具体的に言えばエスケープのアルバム内の曲全部でしょうか、それにとても惹かれて初めて当時ライブに足を運んだものでした。しかし今ではあなたの言う有様に。 僕はその原因はシノダにあると思います。エスケープの段階ではバンド自体あまり融合してなくてwowaka氏の個性が色濃く出ていたのですが、センスレスワンダーあたりでシノダのクソダサいリフを受け入れ始めてから、彼の個性が侵食されていったように思います。あまりこんな話はしたくないですが、wowaka氏は東大卒であるということもあり知的に音楽に向き合っているように感じられましたが、シノダは見るからに知性がなく低学歴臭がするので、まずこの2人相容れないし融合させてはいけない組み合わせでした。でも結局そうなったのはwowaka氏が彼をバンドメンバーにしヒトリエ4人で音楽をやっていこうと決めたからなので、仕方の無いことかもしれません。もちろんバンドは常に同じ方向性を持っている訳ではないのは重々承知です。然しながらやはり、米津玄師みたいにソロでやって欲しい、そう願うばかりです。 by.さかん 2016/10/28 11:29
 ええと先に断っておくけど私はそこまで言ってない。というかシノダの名前すら記事には出てないぞ。  ただまあ、そこまで言わなかっただけで私もこの人に同意できる部分はあって、ヒトリエのフロントマンって今4割くらいシノダなんですよね。ライブのMCもシノダメインだし。  ヒトリエファンのほとんどは4人とも好きだと思うんですけど、私みたいなwowakaファンだったのが否応なくヒトリエファンに流されたパターンだと、やっぱりシノダいらないって思うのは自然。あとはその度合いだけで。あ、たまたまどっちの音楽性も好きだから合体してもっと好きになった!って人もいるでしょうけど。  前回のライブ、基本的には満足したけど、MCでのシノダのインスタでウニがどうこうとかのくだりはクソつまんなかったし。それに影響されてwowakaさんのセンスも劣化してる……と思わなくもない。  でもまあ、それを選んだのはwowakaさんだし、それが合わないならお前がヒトリエから離れろ、目障りだ、ライブに来ない懐古厨がグズグズ言うな、というメッセージをヒトリエは常に発信している(と私は思ってる)ので、それでいいんじゃないかな。  米津玄師とパスピエとカラスは真っ白とリリスクとmaison book girlをローテーションしてたら最近ヒトリエなんてどうでもよくなってきました。全然聴いてないし、wowakaさん以外のメンバーはフォローしてません。    ワンダーグラウンドなんてもう800回くらい聴いてるんですけど、実は裏表・ワールズあたりの早口ロックってむしろヒップホップに近いんじゃないかと。オケもメロディーも単調で、サビのメロディーを強調する構成……。  なんかマッシュアップとか作りたくなってきた。そのうち。 --------------------  最近主要な話題ばっかり取り上げててどうでもいい話をしてないので、明日あたりに小見出しすらつけられないくらいの記事を上げたいと思ってます。思ってるだけ。  そして10月もそろそろ終わりですねー。本当にあっという間だった。つい先週くらいが9月頭で、「Surfaceのイベントもスター名鑑初回もリリスクアルバムもまだまだ遠い先だなあ」なんて思っていた気がする。 ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 6年前

衝動的

今週前半、地獄のような3日間を何とか乗り切りました。  月曜日:英語のテキスト26ページ読んでディスカッション  火曜日:グループプレゼンのテーマ決め(に向けて各自アイデアを出す)、小テスト  水曜日:英語のテキスト36ページ読んでディスカッション  まあ9月にも似たような週はあったし、授業にも慣れてきたのである程度覚悟できてはいたのですが……。  今週に関して言えば、土曜日も日曜日も友人と遊ぶ予定を入れてしまっていたために、全て前日夜と当日昼に片付けることになって地獄度が3割増でした。毎晩課題に追われてた。  今日は課題がなかった代わりに朝が早かったです。そして明日はバイト。すごく疲れてます。 --------------------  今学期に取った講義、結構プリントを紙ではなくPDFで配る先生が多くて、  まあ別に印刷してもいいんですけど、せっかくなのでSurfaceで表示してやってます。  プリインストールされている(ストアでも無料でDL可能)Drawboard PDFというアプリがとても便利で、紙と同じようにペンで書き込めてなかなか良い感じです。  改めてSurfaceペンの「お尻側が消しゴム」という機能が便利すぎる。むしろPro2のペンでどうやって消していたか思い出せない。    ところが、ただ一つ問題がありまして、Surfaceのバッテリーが全然持たない。  元々1年弱使っている分のバッテリー劣化もあるのですが、だいたい3~4時間ほどで切れてしまい、何とかSurfaceを生き延びさせるために昼休みのたびに図書館で充電したり、画面の輝度を先生が動画を流している間だけスリープさせたり、休み時間のたびに10分だけ教室の隅で充電したり、と涙ぐましい努力をしていました。  しかし、もういい加減耐えられなくなったので、意を決して、  Surfaceでも使えるモバイルバッテリーを購入しました。    12300円。高かった……。久々に衝動的に高い買い物をしたなーと思ったけどKindle Paperwhite買ってからまだ3ヶ月くらいでした。その前はMicrosoft Band 2(5月くらい)だし、さらに前はSurface Pro 4とMicrosoft Band(12月)だから本当にシーズン制っぽさがある。  およそモバイルバッテリーとは思えない高価格ですが、その代わりSurface 4.5回分・iPhone 12回分とかいうふざけた容量になっております。Surface 4.5回に関しては正直なところ半信半疑ですが……まあ1回フル充電できれば十分です。  WIN_20161011_23_35_57_Pro_thumb  KIMG0220_thumb  サイズはこんな感じ。でかい。重さも割とずっしり来ます。    ちなみに、ノートPCに使えるモバイルバッテリーは他にもあって、中にはこれより安かったり同価格で容量の大きなものもあったのですが、    (例:36000mAhでこの価格)  その中でLizoneにした理由は、単純にSurface用の充電ケーブルが付属しているからです。  Surfaceの充電器はノートPCに一般的なDC出力ではないので、その変換ケーブルが別途必要になるわけですが、別々に買うのも面倒だし、ケーブル込みだと価格差もあんまりないし、だったらもう最初から付属してるコレでいいかなー、と。  LizoneのこのバッテリーはSurface用ケーブルの他に定番のUSB- microUSB、そしてUSB-USB type Cケーブルもついてきます。  USB Type-Cのケーブル初めて見た。当然うちには対応デバイスがないので、特に使い道もありません。  Macbookは当面買う予定ないし、Microsoft Lumia……月末のMicrosoft発表会でPokemon GOがWindows10に来たら考えます。  もしくはPixelでもいいのかもしれないけど、あれ買うならiPhoneでいいような気がするんですよねー。    バッテリーの話に戻ると、届いたのが火曜日なのでまだガッツリと使ってみたわけではないですが、全然電池残量がなくならないです。  とりあえず土日あたりファミレスにでも入ってコンセントなしで粘ってみようかと思ってます。  実際、これで本当にSurfaceを数回分充電できるなら、一気に行動の選択肢が広がるんですよね。  昼休みに充電しなくていいなら学食やラウンジのコンセントのない席にいられるし、というか昼休みに別の用事を済ませてもいい(コンセントの近くに張り付いている必要がなくなる)し、土日だってコンセントのないカフェやファミレスで作業できるし……。    やはりモバイルデバイスの高性能化の唯一の敵はバッテリーだよなあと改めて考えさせられます。まあそれを言ったらWi-Fiもだけど、そっちは無印Surfaceとかあるからあとはコストと対応機種の問題でしかないし。  電池がこれ以上進化しないのだとしたら、IoTに囲まれるであろう未来のバッテリーはどうなるのでしょう。無線充電が進化して、街中を電気が飛んでいるから常に充電されていて電池切れという概念がなくなる、的なことになるのかもしれません。  実際そういう技術の研究も進んでるらしいですよ。宇宙太陽光発電でソーラーパネル飛ばして空から電気の雨を降らせる、みたいなの。 --------------------  それはそれとしてMicrosoft発表会。  Microsoft、10月26日にイベント開催。「iMac風の一体型PC」が発表される?|ギズモード・ジャパン  昨年の今頃はSurface Pro 4とMicrosoft Band 2でわくわくしながら発表会を待っていた記憶があるのですが、今年は……。  Pro5やBook2は来年まで出ないらしいし、そもそもPro4で満足してるから買い替える予定もないし。  最大の期待だったBand3がほぼ絶望的、Lumiaもなさそうとなると……SurfaceブランドのBTキーボードくらいしか期待する要素がなくて困ってます。オールインワンも別に要らないというか、Surface+ドックで全く困らないので……。  しかしAppleと違ってMSはリークされてない発表があったりもするので(去年のSurfaceBookみたいに)、一応期待してます。MicrosoftがBandじゃなくて本格的なスマートウォッチ出す的なサプライズ待ってます。 --------------------  Microsoft絡みでもう1つ。  Xbox Oneが投げ売り中。……いや投げ売りなのかどうか知らないけど、とにかくめっちゃ安くなりました。  Halo:TMCCがついて2万3000円。私が買った時より1万円以上安い……。  いつも言ってますがXbox OneはBlu-ray・DVD・CDプレイヤーとしても一定の価値があるし、Haloだけでも十分面白いので、ちょっと気になったら買ってみて良いのではないでしょうか。「FF15のためだけにPS4買う」的な人はこっちも一応選択肢に入れていいはず。  まあもうすぐ小型化・4KBD対応などしたXbox One Sが出るらしいのでそっちを待ってもいいと思いますが、4K blu-rayって今のところそんなに需要なさそうですし。というかまず4Kテレビ持ってる人がどれくらいいるのか。    Xbox Oneというハードは、スタートダッシュで躓いてPS4に大きく差をつけられて以降ずっと苦戦しているわけですが、  Microsoftとしては何とか逆転するために、必ずPS4に先手を取る方針を取っています。  399ドルから349ドル、299ドルといった値下げもPS4に先行して発表していたし、PS4 Proの前にXbox One Sを発表し、来年末の次世代機Project Scorpioも既に発表しています。Xbox 360の下位互換やWindows PC リモートプレイも先に実装しました。  ……にもかかわらず、日本マイクロソフトの動きが遅いせいで日本市場では常にソニーの後手に回るという最悪な展開を見せていたのですが、今回は珍しく仕掛けてきたなーという印象。  まあ、「力を入れないから売れない」「売れないから力を入れない」というのは鶏と卵みたいな関係なので、日本MSだけを責める問題でもないだろうとは思いますが……。  ただ、PS4 Proは4K Blu-ray(UHDBD)再生ができないのに対して、Xbox One SはUHDBD再生に対応しており、しかも4K Blu-rayプレーヤーは安くても7万円台のようなので、そこの需要でゲームとかやらない人に売れるかもしれません。  ……っていうかMicrosoftは何でこんな価格付けられるんでしょう。他メーカーがぼったくってるとも思えないのだけど……。 --------------------  あとPS VRも出ましたねー。遠目に見てますがやっぱり楽しそう。  Facebookに買収されて以降なんだか嫌われまくってるOculus Riftですが、せっかくXboxとの連携も発表されているし、できればOculusを買いたいところ。値段もうちょっと下がらないかなあ……。PSVRより高くなるのは仕方ないとしても、せめて6~7万くらいに。   ...

comment  0
favorite  0
ひとりごと 6年前

attracted

『君の名は。』を観てきました。まあ感想記事を既に上げてますけど。  普段なら「ひとりごと」の方で軽く触れてからがっつりレビューするのですが、  あの作品に関しては何を書いてもネタバレになるし、ネタバレを避けてそれとなく感想を書くのが億劫だったので、最初から全力で書きました。  なので特にこの記事で触れることはないのですが、めっちゃ面白い作品なのでぜひ観に行ってください。  とはいえまだまだ語りたいことがあるので、たぶん今後の記事でちょこちょこ君の名の話は書き足していくと思います。その時はネタバレ含むのでその話題ごと読み飛ばすかさっさと観に行ってください。  しかしやっぱこういう話をするのに関してTwitterは不向きすぎますね。 --------------------  Appleのイベントありましたねー!  正直ノーマークだったのですが、思ったよりいろいろびっくりしました。  今年も相変わらず、冷静に考えると他社の後追いしかしていないわけですが、  しかしそれをApple風に表現するだけでなんかすごい斬新に見える。  スマートフォンもスマートウォッチも防水は別に珍しくないはずなのに。    そして、ガラケー時代から防水機種を買ってお風呂に持ち込み続けている私としては、  「防水とおサイフケータイがないからiPhoneは選択肢に入らないわー」と言っていたのですが、  その両方に対応したなら、ぶっちゃけ、欲しい。    あと、Pokémon GOやmiitomoなど、任天堂がゲームアプリを配信し始めたことで、スマホでゲームをやる機会が増えてきたのですが、  そうなると、ミドルスペックのAndroid端末ではちょっと不満を感じるようになってきたんですよね……。  ミリマスは、ブラウザゲーだから大してスペック使わないし、それ以前にSurfaceのブラウザでもアクセスできるから、別に良かったんですが。  特にPokémon GOが重い。miitomoはもうやってないから別にいいけど、どう森とかはたぶんまた処理重くなるだろうし……マリオランも(Androidに来たとしても)処理落ちしそうだし……。  と、「何だかんだ、ハイスペックスマホ、いいなあ」と思いつつ、かといってGalaxyやXperiaが欲しいとも思わず、  一応SurfaceとXbox OneとMicrosoft Bandを所持するMicrosoft信者ではあるのですが、さすがにLumiaを輸入して使うとかいう罰ゲームをするほどの愛着もなく……。  そんな中でのiPhone 7、これはちょっと惹かれます。  なんだかんだ言っても日本で使うには日本向けサポートが充実していた方がいいに決まっているし、その点に関してMicrosoftはやっぱりクソすぎる。Surfaceはまあ割と頑張っている方ではありますが。  Microsoft Band 2も、日本語表示だけはできるようになったのでそれなりに満足してはいるのですが、しかし「アメリカではスタバでの支払いにも対応している」とかいう話を聞くと絶望してしまうわけで。  こんな人生いややー!来世はアメリカかカナダのイケメン男子にしてくださーい!って感じです。    ところでMicrosoftさんの方は、今年は10月20日に新イベントを開き、iMacのような据え置きSurfaceを出すとの噂が流れています。  さすがにその一製品だけってことはないと思うのですが、他に何を発表するのか。  やはり一番盛り上がるのは発表会に宮本さんを呼んでPokemon GOとマリオランのWindows版を発表でしょうが、他に何があるのか。Surface Phoneかなあ。  Microsoft Band 3がいい感じにカッコよくて魅力的だったら、11月に旅行先で買っちゃおうかなと思ったりしています。どうせ日本では発売しないでしょうしね!!  Apple Watch 2が防水対応にGPS内蔵に……と、もうMicrosoft Bandの勝ってるところが価格と対応OSしかないわけで、何とか頑張ってほしいところ。あとデザインをもう少し良い感じに……。 --------------------  私が根本的に、気を抜くとすごく思い出とか記録とかに拘りたくなっちゃう性格なので、  「別にこういうことで意地張らなくてもいいのでは」ということに関して、目的と手段が逆になっていたらさっと捨てよう、というのは常に意識していて、  例えばブログの毎日更新とかも、楽しいときは楽しいんですけど、そのせいでブログを書くのが楽しくなくなってたらパッと止める、とか。  そういうわけで、なんと8年も京セラ製の携帯を使い続けている私ですが、それに拘る必要がないなら拘らなくてもいいのかな、とも思っています。    iPhoneにしろmacbookにしろ、何となく「あれに乗るのは安直すぎてなあ」という気がしなくもないのですが、  別にわざわざiPhoneを避けていたという意識もなくて。  iPod nanoはずっとお世話になっているプロダクトですし、Appleが嫌いというわけではありません。  やっぱカッコいいですよね。Androidスマホは、カッコいいなーと思う端末が少ない。好みではありますが。  どうせAndroidスマホの時点である程度ダサいから、それなら割り切ってDIGNO rafreとかいう女性向けスマホで可愛い感じにしたのですが……でもiPhoneはやっぱいいなあ。  PCに関してはSurfaceのカッコよさはmacbookに匹敵するか超えてると思います。何だかんだ言っても、今の私にとってスマホとPCは一番長く接するモノなので、見た目とか満足感って大事だなと。 --------------------  ところで大学始まったのですが、最近、Surfaceを持ち歩くときはたいていスタバとかタリーズとか会社とか、とにかくコンセントに繋げる場所ばっかりだったので忘れていたことがあって、  Surface Pro 4、死ぬほど電池持たないですね。  授業2時間受けたらだいたい半分以上持ってかれてる。午後まで耐えきれない。ちょっと辛い。  なのでSurface用にも使えるモバイルバッテリーを買うかどうか検討中。です。    これとか割と良さそう。ただやっぱり高いですねー。妥当っちゃ妥当なのですが、ただ気になるのは、アメリカではもっと安く売られているということ。  しかし日本への発送に対応していない……!悔しい。  あれか、もしかして海外旅行中にホテル受取にして持ち帰ってくれば行ける……の?  ちょっといろいろ考えよう。  っていうか理想はMicrosoftが10月の発表会でパワーカバーを復活させることなのですが。 --------------------  そういえば誕生日プレゼントは来ませんでした。知ってた。  ……というか、冷静に考えてブログやってる知らない人にお金払ってプレゼント贈るって、どういう発想で行われるのだろう。  私だったら……うーん。ちょっと考えつかない。どんなに面白いブログ書いてる人でも、何かあげようとは思わないだろうなあ。クラウドファンディング的な見返りがあるならまだしも。  考えてみれば、このブログ、私が楽しめる内容であることを第一にやってるわけで、私に近い感覚の人が読んでいると考えるのが自然で、私に近い感覚の人は知らないやつへのプレゼントにお金出したりしないよね、という……。  でもプレゼントは一年中歓迎です!  http://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/JR8OVNMQCP5N/ref=cm_sw_r_tw_ws_x_clO0xbA9EQ2MG --------------------  そういえば、映画レビュー記事が増えてきたことで、「おすすめレビュー」と「メディア・カルチャー」の境界線がだいぶ曖昧になってきたような気がしますが、  一応私の基準としては、「その記事を読み終わった後に手に入れたくなる商品があるかどうか」というところです。  なので映画もレビュー。ライブは……微妙。場合による。  なんかこのへん明確に分けない方が良い気もしますが、まあ、適当です。適当。  どちらかというとレビュー記事の中に「レビュー」と「感想」を作った方がいい気がしてきた。Microsoft Bandの関連記事に君の名は出されても困るしな。  そのうちやります。  具体的には、今月中にブログのアップデートする予定なので、その時に……。  といいつつ今月中に終わるかどうかわかりません。もしかしたら来月にずれ込むかも……。やることが少なそうで多い。ニコニコまで再開しちゃったしな……。 ...

comment  0
favorite  0
技術・Web 6年前

Windows 10 アプリの半角英数での記号入力がおかしくなる問題と対処法

日本時間8月3日についに正式公開されたWindows10 Anniversary Update。  うちのSurface Pro 4も配信開始直後にアップグレードアシスタントを使って意気揚々とアップデートしました。  基本的には良くなってて大満足なのですが、  アプデによって一部の設定がリセットされるという不具合?仕様?があるようです。  とはいっても既定のアプリとかContinuumの挙動とか、大したことないものが多いのですが、  一つだけ意味の分からない不具合が起きまして、  それがこの記事タイトルの、「Windows10 アプリ(UWPアプリ)で半角入力にした時だけ記号の入力がおかしくなる」というもの。    WordやChromeなどのデスクトップアプリでは、問題なく入力できるし、  全角入力時は何も起きないが、  Microsoft EdgeやTwitterを開いて半角入力に切り替えたところで、  [ キーを押したら ] が入力される。  ] キーを押したら \ キーが入力される。  全く意味がわからない。  その後もいろいろ触っているうちに、Shift+2を押したら “ ではなく @ が入力されることがわかり、  このあたりで、どうやらUSキーボード配列と認識されているのではないか、と推測しました。  ……しかし、「半角英数入力時のみ」「UWPアプリ時のみ」という狭い条件でのキーボード認識バグなんてのは、全く聞いたことがないし、検索しても全然出てきません。  デバイスドライバーの更新とか、何となく追加してあった英語言語パックの削除とか、いろいろ試してみて、  最終的に何とか対処法を突き止めました。私以外の環境でも同様の結果になるかは不明ですが、一応書いておきます。  参考までに私の環境は Surface Pro 4 + TypeCover(日本語)です。つまりアップグレードではなくWindows10プリインストール端末だし、Bluetoothキーボードでもありません。    

認識バグの対処法

 まず、「言語と地域の設定」を開きます。  Windowsユーザーにとってはまず「設定アプリ」を開いてから階層で探っていく方がお馴染みかもしれませんが、  ここは説明が楽なので  
thumb-5561181  検索(Cortana)欄に「言語」と入力。これで行きましょう。  検索を呼び出すショートカットは「Windows+S」。  ドキュメントのところはプライベートなファイル名が表示されるので隠してあります。   image_thumb-1-4331486  こういう画面が表示されたら、「日本語」をクリック(またはタッチ)。   2_thumb-7837522  オプションを選択。   3_thumb-1682766  明らかにおかしい。絶対これのせい。  というわけで「レイアウトを変更する」をクリック。  4_thumb-7350646  これで「日本語キーボード」を選択して一度サインアウト。  すると、ちゃんとUWPアプリで半角入力しても日本語キーボードに準拠した記号入力ができるようになりました。  以上です。やり方自体は単純でした。  --------------------  正直なところ何が悪かったのかはさっぱりわかりません。  言語ごとのオプションなんて今まで弄った記憶もないので、アップデート以前からこういう設定だったのかどうかも不明……。  Surfaceでのみ起きるのか、どのPCでも起きるのかも不明だし、Twitterで軽く検索かけても全然ヒットしないので、同じ症状の方が果たして存在するのかも不安ですが、誰かしらの参考になれば幸いです。   --------------------  余談ですけど、今回のこの説明記事、Anniversary Updateで追加されたWindows Ink「画面スケッチ」の機能を使ったのですが、これ便利すぎてヤバいですね。  タスクバー右側のアイコン欄、キーボードの左隣のアイコンから呼び出せます。  名前的にペンデバイスがないと使えないように見えますが、Snipping Toolの進化形ですよこれ。  もちろんペンデバイスがあると最強。  今までは「スクリーンショットの一部を切り抜いてペンで注釈をつける」というだけの動作も、OneNoteやペイントなどの別アプリを経由しないと行えなかったのですが、これで一発。  欲を言えばEdgeやOneNoteみたいにキーボードからの入力や図形も入れられると嬉しい……。けどそこまでするならOneNote開けってことなのかな。 ...

comment  2
favorite  3
おすすめレビュー 7年前

Surface Pro 4 に Pro 2から乗り換えた感想

ここ1ヶ月ほど買うかどうかずっと悩んでいたSurface Pro 4を先日ついに購入しました。 KIMG0476  買うにあたって購入報告やレビュー記事などを、だいたいGoogle検索の8ページ目まで漁ったのですが、なかなかニッチで高額なデバイスなのと、Pro3からの変化がそんなに大きくなくて書くことがあんまりないせいか、ほとんど見つけられませんでした。  なので、私と同じようにレビューを読みまくりたい人の助けになれたらいいなと思って書くことにします。  特に、私が今まで使っていたSurface Pro 2からPro 4への乗り換えは、絶対良いと確信して買ったら本当に最高だったので、現Pro 2ユーザーに推すつもりで書きます。  2018年6月追記:さらにPro 4からNew Surface Proに買い替えました。今Surfaceを買う方はおそらくSurface Proを買うと思うので、こちらの記事も併せてどうぞ。 3442 ...

comment  1
favorite  0
ひとりごと 7年前

手帳とかポーチとか

ようやく期末試験が終わったので晴れて自由の身です。やったー。  といいつつあと2週間もしたら3学期なんですけどね。いつも通り短い。  アプリ開発やるぞーとか大口たたいておきながら、スプラトゥーンやってピンドラ観てたら終わりそうな気配が。が、頑張らなきゃ……。  ……といいつつ、もう少し手頃なところで何かやりたいなぁと思いまして、動画編集の学内バイトに登録してきました。 授業の内容を録画して、それを編集してネットに公開して見られるようにする、という取り組みです。  動画編集経験者に限るという条件だったのですが、Premiereでの動画編集をこの夏にカナダで150時間ほど経験している身としては何の問題もありません。  時給は900円ほど。めっちゃ良くもないけど悪くもない。 昼休みとか空きコマに週2~3時間くらい入れれば、月に1万円くらいにはなるのでまあまあ美味しいかなーと……。  とりあえずこれで複数のバイトを掛け持ちすることができるようになったので収入を安定させられそうです。 企業のバイトの方は、忙しいときはめっちゃ忙しいし時給も良いからめちゃくちゃ稼げるんですけど、向こうから連絡ないと仕事がないのでとにかく不安定なんですよね……。  ……と思ったら来月から毎月30件動画頼むかもとかいう連絡が入って困惑しています。安定して毎月過労死するのでは……? --------------------  そんなわけでバイトが増えたので帰りにLOFTに寄って、買おうと思っていたものを色々買っていたらお買い物額が5000円に達してちょっとびっくりしました。 10%OFFクーポンがあったからって買いすぎた……。  ・ほぼ日手帳WEEKS スカイブルー(¥1800) ・キャリングポーチA4(¥2000) ・キャリングポーチ用ショルダーベルト(¥450) ・フリクションボール3(¥600) ・Cコレト用消しゴムリフィル(¥250) ※すべて税抜価格です。  ざっくり言えば「ポーチと、そこに入れるもの」ということなのですが。  まず、ほぼ日手帳は元々買う気でいたものの、Amazonで10%ポイント還元があったのでそっちで買うつもりでした。 しかし、10%OFFのクーポンがあったので、それならすぐに手元に来るLOFTで買うか、ということに。  今年は全く使いこなせなかったので、2016年こそは……。  で、なんで手帳を使わなかったかといえば、理由はたくさんあるのですが、 「鞄の奥底に落ち込んでいて取り出すのが面倒だった」「ペンケースに入らないからペンも探す必要があって二度手間だった」というのが地味に大きくて、  「手帳とペンをまとめて入れられるポーチが欲しい」と思って先月から探していたのですよ。  そして、できればそのポーチごとPCケースに突っ込んでしまえれば、Surfaceを取り出すときに手帳もまとめて取り出せて便利かな、ということで、もともとA6の手帳サイズのものを買おうとしていたのですが  ふとその下に、同じ会社のシリーズで、13インチまでのPCが入るA4のキャリングポーチを見つけまして。  この左から3番目のやつです。  PCが入る、そして小さなポケットに手帳が入る、あとペンも入る。……これ買えば十分なのでは?  というわけで購入しました。 決め手になったのは、13インチのPCまで対応で、後々買う予定のSurface Pro 4(12.3インチ)が入ることです。 Pro 2だと若干高さが余りますが、Pro 4ならほぼぴったり。 つまりMacbookAirの13インチモデルとかもぴったりということですね。というかおそらく本来はそれ意識。  で、これをバッグインバッグとして鞄の中に入れることを考えていたのですが、  ここで、「そもそも、手帳とペンとSurfaceが入るなら、バッグインバッグとかじゃなくて、これをメインバッグとして持ち運べば十分なのでは?」ということに気付く。  ということでショルダーバッグにするためのベルトも一緒に買いました。 KIMG0447  けど、まあ当たり前ですが所詮は大きなポーチなので、これ単体で持ち歩くのは若干不安ですね。特にPCは。 ちょっと出かけるくらいならともかく、電車に乗るとか学校に行くレベルだとやっぱり大きなカバンが必要になりそうです。  ただそのへんは薄さや持ち運びやすさとトレードオフというか、このサイズと収納力でこれだけ薄いのはとても良い感じで、かなり満足しています。まだこれ買ってから出かけたことないけど。  色はオリーブ。オレンジとかイエローとかも考えたんですが、これ単体で持ち歩くことを考えるとあんまり派手なものも……ということで。 しかし買った後でベージュとかネイビーの方が良かったなぁとか後悔したり。この手のものを決めるのほんと苦手です。 --------------------  で、このポーチ、ペンポケットが2つあるので、1つは前から持っていたCコレト(色を自由に選べるペンで、シャープペンシル機能も追加できる)、もう1つにフリクションを入れれば完璧だな……と。  冷静に考えて、大学で使うペンなんて、プリント・試験用のシャーペン、書類用の消えないボールペン、手帳用のフリクション、と、こんだけあれば十分だよね、という。 私の場合は講義ノートもSurfaceで取ってるんでなおさらです。  ただ、Cコレトには消しゴムが付いていないので、消しゴムを持ち歩かなきゃいけないのがなー……と思っていたところ、「消しゴムリフィル」というものを発見。 要するに、「黒のボールペン」「シャープペンシル」と同じように「消しゴム」を追加できるわけです。 KIMG0455  こんな感じ。 こちらもまだ使ってないんで、消しにくい!って思ったら考え直しますが、今のところこれを使ってみます。  ……冷静に考えてシャーペン・ボールペン(黒・赤)の組み合わせだったらカスタマイズペンにする意味が全然ないんですけど、ただこの柄が好きなんですよね。 昨年発売された期間限定のコラボデザインで、コラボ先が「アースミュージック&エコロジー」という、いかにも頭の弱い女子が好きそうな感じですけど私は気に入ってます。 earthcoleto.jpg  ↑これの左から5番目、「星ウサギ」ってやつです。ファンシー。かわいい。  で、もう片方のフリクション。こちらも黒・赤・青のスタンダードなやつです。 手帳に書き込もうと思うとやっぱり0.5mmだとちょっと太くて、0.38mmがちょうどいいと思います。 なんか以前にちょっと高級な「フリクションメタル」モデルにしようかなーとか言ったような気もしますが、結局は安い方にしました。  あ、一応値段以外にも理由があって、Surface Pro 4のSurfaceペンがデフォルトでシルバーなので、シルバーの方が色が合いそう、というところです。  ちなみにPro 2のペンは紛失しました。割とへこんでます。Pro3以降のペンがPro2とも互換性があったら買い足したいのですが、今更Pro2のペンを買っても仕方ないのでPro4を早く買いたいです。 --------------------  で、ペンと手帳を入れるとこんな感じ。  KIMG0449  割とぴったり入って良い感じです。 空いているポケットに3DSやモバイルバッテリーやSurfaceの充電器なんかも入るので、本当に私が持ち運びたいもの、使いたいものを丸ごと突っ込んで運べる形。  なかなか良い買い物をしたんじゃないかなー!という気になっています。 これなら手帳もペンも取り出すのが楽なので、ちょっとは使う習慣もつくのではないかと思っています。 --------------------  で、こう、一度こういうスタイリッシュな方向に興味が出ると、どんどん揃えたくなるのが人間というもので、  少し気になるのが、今使っている「Sculpt Comfort Mouse」が、持ち運ぶのに適していないということ。  このマウスは、Surface Pro 2を買った1年前に一緒に注文して以来愛用しているのですが、通常のホイールに加えてスタートボタンもあって、持ちやすさ・使いやすさ共にとっても満足しています。  が、しかし、普通のマウスなので、やっぱり、ちょっと、大きい。 WIN_20151121_22_40_31_Pro  明らかに膨れている。写真だと見づらいけど割とパンパンです。  そこで検討中なのが、「Arc Touch Mouse」、こちらもSurfaceユーザーにとっては鉄板のやつです。  en-INTL-PDP-Microsoft-Arc-Touch-Bluetooth-Mouse-Silver-7MP-00001-Large[1]  ↑こんな感じで、使うときは曲がって、使わないときは真っ平らになるという。  もちろん持ちやすさとかは普通のマウスに劣るのでしょうが、その携帯性は尋常ではない。   ...

comment  0
favorite  0